04

25

コメント:

君が僕のことを忘れても僕はかまわないさ

とくに走ってもないので、このままブログを更新するつもりもなかったんだけど、昨日起こったことを書き留めておきたいと思ったので書いてみる。

昨日の夕方、仕事中。
僕は資料をPCの画面で見ていた。

するといきなり脳の中でその資料の画面とか、そうでないものとか、とにかくよくわからないけどたくさんの記憶というか、脳に入っている画面のようなもの、写真のようなものがパラパラとすごい速さで捲れていき、え?なんだこれは?と思った。

あまりに早く画面が切り替わるのでなんだか車酔いのような気持ち悪さというか、頭がグワングワンとしてきた。

少しの間、目を閉じて、それをやりすごしていた。しばらくしてそれが終わったとき、僕の中から記憶の一部がなくなっていた。

まず、机の上に僕がこなさなければいけないいくつかの書類が置いてあるんだけど、それらの処理の仕方がわからない。思い出すことができない。

え?なんで?と思う。

しばらく戸惑っていると電話が鳴ったのでそれを取る。

手続きに必要な書類はなんだ?という問い合わせだ。

今まで何度も答えている質問だ。

でも思い出せない。へ?なんで思い出せない?と思う。
それなのに僕の口からは必要な書類を案内している。

その書類は本当に必要なものなのか、正しい答えなのか、僕自身まったくわからず、自分で、え?それでホントに大丈夫なの?それで合ってるの?と思う。
それでも僕の思いとは関係なく、僕の口からは書類の名前がすらすらと出てきて、話を終えた。

電話を切って、なんだか怖くなってきたので、僕は必要な書類の一覧が書いてある紙を取り出した。

次の電話はその紙を見ながら答えた。
それでもその紙に書いてある書類が何なのか、なんでそれが必要なのかまったく思い出すことができなかった。
ただただその文字の羅列を読みながら、本当にこれで合っているんだろうか、と思っていた。

電話を切ってから、机の上にある書類を手に取って中身を確認してみた。この書類の処理が自分の仕事だということは理解できる。でもこの書類を処理するために何をすればいいのか、ということを思い出すことができない。
それであればと思い他の書類を手に取る。いろいろとこなさなければいけない書類は他にもある。

思い出せない。そもそもこの書類が何を意味するのかよくわからない。

こえーな。オレ、こわい。

と思った。

よくわかんないけど脳梗塞とか若年性アルツハイマーだとかそういった病気の兆候なんだろうか?

記憶はまったくなくなるわけでもない。
脳の中に雲がかかっていて空が見えない。
雲に厚く覆われているときはまったく空は見えないけど、雲はゆっくりと動いていくし所々薄い雲もあるから、うっすらと空が見えるときもある。

そんな感じだ。

不安なまま仕事を続けていたんだけど記憶は曖昧なままだし頭のぐワングワンもひどくなってきたので、この症状を周りの人に話してみた。

いったいオレどうしちゃったんでしょ?

上司が、病院に行ったほうがいいんじゃないの?たまたま明日お休み取ってるんだから病院行ってみたら?と言った。

え?オレ明日休み取ってるんですか?え?なんで?

自分が明日休みを取っていたことを覚えていない。わざわざ休みを取ったということは銀行へ行くとか平日にしかできない用事があったからだと思うけどその用事もなんなのか思い出せない。

あれ?そもそも明日はなんにちだ?つーか今日はなんにちだ?あれ?今は何月だ?

オレ何の用事で休むんだろう?子どもの学費でも銀行に払いに行くのかなぁ?と呟くと同僚からそれはこの間払ったって言ってたよと言われ、え?オレもう金払ったんですか?そうか払ったのか。全然覚えてない。

そんな感じで仕事を続けていたんだけど仕事になるわけもなく、しかしたまった仕事をそのままにするわけにもいかず適度に残って仕事をしていたんだけど、だんだんと少しずつ雲が薄くなってきて、空が見えるようになってきた。

あっ、これで治っていくのかな?と思いつつ、いったいこれなんなんだろう?理由もなく始まったということはまた始まることがあるのだろうか?今度はもっとひどいことになるのだろうか?
それともそのひどいことっていうのは、今で、だんだん回復しているように思えるけど今からもっとひどいことになったりするんだろうか?

考え出すとキリがない。

それでも帰る頃には雲はうっすらと覆うだけで空が見えるようにはなってきた。
記憶は何となく曖昧だけど、いろんなことを思い出せるようにはなってきた。
ただ曖昧なだけにそれが正しい記憶なのかどうかがいまいちよくわからない。

帰りの電車の中で携帯をいじっていた。
ハンサムネコさんの記事を読んだ。

ネコさんの記事は昨年の奥三河パワートレイルの記事だった。

あぁ、オレ知ってる。それ知ってる。それ覚えてるよ。わかるわかる。
ネコさんの記事を読みながら、僕の頭の中から雲がなくなり空は澄み渡り、太陽の光が差してきた。
晴れやかな光とともに、僕の記憶がくっきりはっきりしていくのがわかった。

電車の中でちょっと泣きそうになった。

最寄り駅について自転車置き場に行くと僕の自転車がなかった。
あれ?自転車盗まれたのか?と思った。

自転車置き場の僕の自転車があるであろう場所の前で5分ほど立ち尽くしていた。
5分後に今朝は雨が降っていて、子どもに駅まで車で送ってもらったんだということを思い出した。

僕は脳ドッグはおろか人間ドッグも受けたことはない。
毎年会社でやってくれる健康診断は受けているけど。

こういうことあると考えちゃうな。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

13

コメント:

感謝

まさか散歩でマラカテ1位になるとは(笑)

応援いただいた皆さん、改めて本当にありがとうございました。

まぁ、上位の方々がお休みに入ったり、怪盗紳士の粋な計らいらしきことで1位になったのは重々承知しておりますが、それでもわたくしごときが1位になるなどなかなかないことなので素直に喜んでいます。

僕は今までマラカテランキング1位になったことが2度ほどあり、1度目はサブ4を取ったときで、2度目は信越完走したときでした。
どちらも僕なりにがんばった結果だったので嬉しかったです。

で、そのどちらも1位であった期間は3日ほどでした。とくに信越完走のときはくろいわさんに抜かれたんですけど、いや、それはくろいわさんは人気ブロガーですから抜かれるのは当然のことなんですけど、ただね。

そのくろいわさんに抜かれたときにくろいわさんが書いた記事が『スポブラが臭い』とかそんな記事で、えぇ?オレの信越完走はスポブラの臭いに勝てないのか、と少しだけ思いました。

いや、かなり愕然と思いました(笑)

名古屋のアフターできんきんさんに話したけど、マラカテって怪盗紳士とか工場地帯なんていう硬派な場所がマイコースのあやたさんとかそれこそぱっきーさんとかそういった日々地道な努力を続けてマラソンに向き合っているような方々が絶対王者として上位にいることが正しいことだと僕は思っていて、でもそういった方々がいるからこそ僕だとかたーはるパパさんとかもちろんきんきんさんもそうだけど隙間産業的に自分の居場所を見つけて、せかせかとどうでもいいことを書くことができるわけだし、またそれを許してくれる器の広さがマラカテにはあって、それが居心地のよさなんだと思う。

だからこれからも僕ら隙間産業グループはくだらないことを書きながら、たまに少しだけしかがんばれない走ることを書ければいいんだと思う。

とにかく今回の旅はもうすでに楽しい思い出に変わっていることを、応援していただいた皆さんに報告しておきます。

ありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

10

コメント:

アレ散歩最終日 その2

本日の結果。


トータル100kmオーバー!

終わったぁ。終わったったら終わった。

今朝は足がひどい状態だったけど、でもあと10kmだから、なんて軽い気持ちでスタートしたら、やっぱ気も緩むんだろうねぇ。

ラスト4kmあたりから全然動けなくなって、コンビニ休憩したりとかしてなんとか目的地まで行こうとするんだけど、ラスト2kmで、これ以上一歩も先へ進めねえ、とか思った。

で、目的地の駅は、このアレキの大冒険の幕を下ろすにふさわしい何かがあるのだろうか?と少しだけワクワクしながらゴールしたけど、とくに何もなくて、でもそれじゃ、あまりに僕がかわいそうなので、とりあえず目に飛び込んできたものを写した。


これ名古屋の人に訊いたらめっちゃ有名なやつだって言ってたんだからね!

ちなみにお店の人に、これは、だいあんまきなんですか?それとも、おおあんまきなんですか?って尋ねたら、しばらく考えてたんだからね!


ま、そんな感じでひっそりとゴールした(笑)

#########

今回、この計画を立てて、でも全く準備してこなかったから何となくなかったものにしようとしていた。
ほら、元々ネコさんの企画だし、きちんとできなかったらなんか悪いっていうか汚しちゃうみたいになっちゃうし。

で、東京マラソンの前日にたーはるパパさんが仕事で東京にやって来て、だからたーはるさんを囲む会みたいのをマルさんに開催してもらった。

そしたら東京マラソンの前日だから東京マラソンに参加する人も来てくれて、あやたさんも一緒に飲んだ。

あ、あやたさんは烏龍茶ね。
烏龍茶でも僕は帰ったりしないからね。

で、そのときにその計画の話をして、でもそれはやらないと思うみたいなことを言ったら、あやたさんが、いやぁ、それはどんな形になってもブログに書いてほしいわ~って仰った。

そんな、ねえ?そんな何年も毎日ブログ更新してる人からブログ書けって言われたら書かない訳にはいかないじゃんね?(笑)

結果として、ネコさんも楽しんでくれたみたいだし、久しぶりに真剣にブログを毎日更新できた。

あやたさんのあの言葉がなければ全く書かないか未完リストに入るかだったろうから、今回はなんとなく感謝している(笑)

たぶん他の人に言われても書かなかったと思う。
やっぱ何年も毎日更新しているほぼ同期みたいな人が言うとね。説得力というか。

そういえば、たーはるさんは奥三河レポ毎日更新しなかったけどね(笑)

とにかく今回久しぶりに楽しかった。
Twitterとかその他直接応援いただいた皆さんはもちろん、インポイントもえげつなくて、だから足裏痛くてもがんばれた。
本当にありがとうございました。

今回の旅でまだいくつか書いてみたいことはあるんだけど、とりあえずそれはまたの機会に。

明日は名古屋ウィメンズマラソン。
僕の思い入れのある大会でもある古河はなももマラソンもある。

明日のレースを走られる多くの皆さんの結果を楽しみに待ってます。

いや、実際のところ、その結果の中身についてはあまり興味はない。
その結果をあげる皆さんの心の揺れ動きに興味がある。

楽しんで!

そんなわけでアレ散歩。

たくさん応援いただきありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

10

コメント:

アレ散歩最終日 その1

おはようございます。

昨日の夜中にトイレに行きたくて目覚めたんですが、全く立ち上がれる気配がない。
右足の踵が痛くて力が入らない。
かといって左足が元気なわけでもない。

2m先のトイレへ行くのがちょっとした大冒険になりました。

これは明日は無理だな、と思った。

今朝も立ち上がれる気配がないのでトイレを我慢していた。

宿は朝食付きなので1階の食堂へ行けばご飯が食べられる。
1階の食堂まで行けばご飯が食べられる。

もったいない。

その言葉のみでリハビリを始めた。

人間の身体って不思議だ。
なんとか1階まで行けるようになるんだもんね。

ウルトラとかロングトレイルとかは復活があるからあきらめるな、とよく言われたけど、アレ散歩にも復活はあるな。

みんな、あきらめなければ復活はあるからね。

そんな偉そうなことを言いつつも今日どうするかはまだ決められずにいる(笑)

ここ数日、普段の、痛みもなく普通に歩くことができる身体、というものにとても感謝している。

そして、ここ数日の痛みに耐えて歩き続けるこの状況が、もうすぐ終わることが残念な気持ちになっている。

楽しくはなかった。でもつまらなくもなかった。
この非日常感を手に入れられた環境に感謝だし、その非日常感をあきらめなくて済むよう応援してくれた皆さんにも感謝だ。

さて、出かける準備をしよう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

09

コメント:

アレ散歩3日目 その2

本日の結果。



なぜだか昨日より距離は増え、平均ペースは1分以上早くなってる。
誰も歩くスピードなんて気にしてないだろうから自分から言い出しておく。
ちなみに時計は一度も止めてない。めんどくさいから。

昨日の夜、今日の計画を立てていた。
宿は56km先だけどそんなはるか彼方は無理。
初日に36km進み、2日目が26kmだからそれよりは短い距離だろうと調べると23km地点に駅があるのでそこにすることにした。

することにしたって、翌日は嵐になる予定だからポーズとしての計画だ。机上の空論だ。

とにかくそうするとトータル85kmになるからあと15kmで100kmになる。
土曜日に15km進んで100kmにするのもありかなぁ、と思った。

100kmにすることになんの意味があるのかわからないけど、それを言ったらここ数日の僕の行動そのものに何の意味があるのかわからない。

ま、嵐だからな。関係ない。取らぬアレキの皮算用だ。

夜中に脚が痛くて起きた。
ハンサムネコさんの天気予報のブログを読んだ。
悪い夢に違いないと思ってまた寝た。

強風吹き荒れるなか、でも雨は一滴も降っていないなか、スタートした。

最初の1kmは17分弱だった。歩き始めたときの感覚では20分越えるんじゃないかと思ったけどとりあえずこのスピードなら23km地点まで行けるかもしれないな、と思った。

足裏が地面と接地してると痛い。
歩きと走りの違いは宙に浮く時間があるかどうかだから、歩きだと常にどちらかの足が地面に着いている。

つまりずっと痛い。

そしてグーグルマップではわからない高低差。
しばらくすると道は上りばかりになった。
目の前の上り坂を見てうんざりした。

しかし、上りだと足裏の痛みが少しだけ軽減されるし、さらには最近山に行ってないので久しぶりの上りが楽しい。

そして、それまでキロ16分を超えていたのになぜだか上り坂でキロ14分台になった。
それをきっかけに足裏の痛みは変わらなくてもキロ14分台で歩けるようになった。

不思議。痛みが日常化したのだろうか?
そんなの嫌だな。

ま、そんな感じで、電車とか使った区間はあるにしても、ようやく愛知へ突入!


心なしか隣にある看板も僕を祝福してくれているようだった。


この山なんて山なんだろう?なんか不思議な山。



愛知へ入ってからコンビニに寄りたいのにコンビニはなくて、それなのに喫茶店はやたらあって、どの喫茶店もそこそこ客が入っててなんか文化の違いがおもしろかった。

歩くスピードが速くなっても足裏が痛いのは変わらないから、この店の前で自転車を買ってしまうかしばし悩む。


相変わらず14分台で歩けるのでもう一駅先へ行こうかな、なんて考えが浮かぶ。
今まで下方修正ばかりなのに初めて距離をのばそうとするアレキ。
とうとう頭がおかしくなったか?ではなくて明日のことを考え始めたから。

明日15kmってけっこうきつい。
しかも明日の夜は名古屋ウィメンズマラソン前夜祭が開催される。
15km歩いてヘロヘロのままで参加したくない。はじめましての人だってけっこういるし。
もう髭だって3日も剃っていないから泥棒みたいになっている。
身だしなみを整える時間がほしい。それなら今日のうちに距離を稼いで明日は10kmくらいにできないかと思う。

いや、本当は身だしなみなんかどうでもいい。なんなら泥棒のままで参加してもいい。

ただ単に楽しく飲むためにサンダルを買いに行く時間が欲しいだけだ。

もう靴なんて履きたくない。
履くときも脱ぐときも痛くて涙が出る。

そんなわけで一駅先まで距離を伸ばして28kmにした。

明日10km歩けばトータル100kmだ。

いや、マラカテの人たちなら4日で100km走れちゃう人だってたくさんいると思う。

それなのにこうやってたくさん応援していただいてとても嬉しいというか申し訳ないような、でも素直に嬉しい。

一人で勝手にやっていることだけどいろいろな方々の応援がなければここまでできなかったことは間違いない。

とりあえずここまで来たら明日も歩きたいけど、今は足裏が熱くてすごいことになってるから、まあ、明日は明日。

全然関係ないけど今日何度も見かけたこの看板がずっと気になってた。


愛知にはちくわ専門店があるんですか?
学校帰りに学生とかがちくわを買い食いしたりするんだろうか?
それともちくわという名の高級和菓子店とか?

不思議だ。

僕はお酒を飲みながらブログは書かないのでこれでやっと飲める。
飲んだら寝よう。

そういえばキクチは名古屋に来るのか?
いや、返事はいらない(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして8年目に突入!
そろそろどうにかならないかな。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad