--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10

10

コメント:

ハセツネ応援記 ラスト

ゴール地点である五日市会館にたどり着くと、そこには煌々と明かりが灯っており、道路を走ってきた僕でさえ、その明るさに安心した。

続々とゴールに向かうランナーがやってくる。
3時前なので13時間台でゴールする人たちだ。

71.5kmも、それもほとんど夜の山の中を走り続けてゴールする人たちを見て僕が最初に思ったことは

なんでこんなことしてるんだろう?

ということだ。
たぶん、ゴールしてくる人たちは普段は普通の社会人だと思う。
それがなぜこんな過酷で壮大で現実的ではないレースに、わざわざ自ら参加しているのだろう?

バカげてる。
なんで自ら、しなくていいような苦しみを味わいに来るのだろう?それも夜中の山の中。
いくらつらくても、いくら苦しくても、それは彼らが自ら選んだレースだ。自ら、つらい思いや苦しい思いをしに来ている。
そしてそんな人たちを応援している自分もバカげてる。

でも、なぜか彼らを見ていると涙が出そうになる。
ゴールした瞬間の彼らの姿はなんとも言えない説得力がある。

不思議だ。

そんな思いでゴールする彼らの姿を見ていた。

暗闇の中から現れる彼らは、突然眩い光に照らされてゴールゲートをくぐるためか、自分の置かれている状況が理解できないように見える。
明るさに戸惑っているというかそんな感じ。

今までずっと夜の闇と対峙してきて、それがいきなり人工的な眩い光の中に飛び込んだからか、空虚な目というか、ここはどこで、自分は何をしているのか?といった少し怯えた表情にも見える。

そんなときにその人の知り合いとかが喜びながら声をかけると、それによって我に返りすぐさま歓喜の表情を浮かべる。

だから知り合いのいない人がゴールして、その戸惑った表情を見るたびに、肩をぽんぽん叩きながら、大丈夫だよ、もうレースは終わって、あなたはちゃんと完走したんだ、と言いたくなる。

ま、言わないけど。

だから、せめて僕の知り合いの人たちがゴールしたときには、すぐさま声をかけようと思いながら、じっと見ていた。

ちなみに深夜の住宅街なので大きな声で応援とかはできない。

女性がゴールゲートをくぐり、その横のベンチに座ってチップを外したりしながら休んでいた。
その1分後くらいにゴールした女性もその隣に座り、同じようなことをしていた。

その数分後に、彼女たちは顔を見合わせ、いきなり歓喜の声を上げながら二人で抱き合っていた。どうやら知り合いだったらしい。

それを見て、えぇ?今まで気づかなかったの?と思う。
連続でゴールしてきたからレース中だって前後を走っていたかもしれないのに、全く気づかないんだ。
夜の闇は恐ろしいと思った。

日が昇ってからゴールした人たちのほうが表情に余裕があった気がする。
それほど日の光というものが重要なんだと思った。
もちろんその分、ゴールするまでの間に夜の闇と対峙してきたのだろうけど。

ハセツネの応援に行って、僕が一番印象に残ったことは夜の闇についてだ。
このレースの一番難しいことは夜間走行なんではないか?と思った。

エイドが1ヶ所、しかも水のみというのも補給的に厳しいのはもちろんだが、そのことが、さらに夜の闇を深くしていると思う。

エイドがあって、そこにバナナとかチョコとかがあれば、山にはないものがあることによって文明の匂いというか、そういうものを感じて、それが安心を与えてくれる。普段居る場所にあるものがあるということが安心を与えてくれるような気がする。

ハセツネの試走をしていて、林道を通ったときに、そのアスファルトになぜだかホッとしたことがある。
それと同じような意味合いでエイドがあって食料があるだけで、それを見ただけで安心するんじゃないかな。

しかし、そういったものがないことによって、夜の闇はさらに暗く、深くなるように思える。自然の奥深さみたいなものの中に放り出されたように思える。

そんなことを考えながら、ゴールする人たちを見ていた。
なんて怖いレースなんだ、と思った。そんな怖いレースは絶対に出たくないと思った。

でも、それはあくまで僕の想像だ。

そう、あくまで想像。本当のことはそれに参加してみないことにはわからない。

いやいやいや。そんな怖いレースはまっぴらごめんだから。
出ないから。絶対に出ないから。

それが1年前に思ったこと。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

10

08

コメント:

ハセツネ応援記 その2

誰もいない深夜2時30分過ぎの武蔵五日市駅前を左折し、さらに走っていると前方からわずかに人影のようなものが見える。
あれは人か?と思いながら見ていると、その人影はこちらに向かっているようで、どんどん大きくなる。

深夜2時30分とはいえ、決して都会的とはいえない武蔵五日市駅前とはいえ、そこは文明の発達した現代社会である。民家もごく普通に建っている。

その中を、うっすらとした靄に包まれながら、こちらに向かって歩いているその人は、頭にライトを装着したまま、リュックを背負ったまま、手には完走証らしい紙だけをしっかりと握りしめて、深夜2時30分の闇夜の中から僕に向かって歩いてきたのだった。

街灯の明かりに照らされたその人の姿は、黒のランシャツに黒の短パン。体のほとんどの部分は服ではなく筋肉に覆われていて、その筋肉が滑らかな流線型を描いている。
筋肉は汗の影響なのか、艶がかって見え、さらに泥で汚れているようにも見える。

ひえぇ。なんでこんな時間にこんな人とすれ違うの?姿がリアル過ぎる。マジで怖えぇ。

一瞬、僕は自分がタイムスリップかなんかしてしまったのだと思った。
その男の姿、その男の眼を見ると、ここは戦国時代のような気がした。男は合戦の後で、命からがら戻ってきたところだ。それでもしっかりと戦果を挙げてきていて、手に握りしめていたものは敵将の首かなんかだと思った。

すれ違う瞬間に、ヤられる、と思ったが、彼は僕の存在にすら気付かないようで、その先を見据えたまま、駅へ向かって歩いて行った。

なんだ?ハセツネってどんなレースなんだ?これから向かうゴール地点にはあんな人ばかりいるのか?
マジ怖いんですけど。

たぶん、その人は駅前に車を停めていたんだと思う。だからレースのままの姿で歩いていたんだろう。
でも、どんな理由があるにせよ、深夜2時30分に街を歩くのにふさわしい格好ではない。

ハセツネの応援に来ただけなのに、黒武士のおかげですっかりビビっていた。そのまま帰ろうかと思ったくらいだ。

夜通し山の中を71.5kmも走って、それでこんな深夜にゴールをするレースが存在すること自体が、理解できなくなった。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

10

05

コメント:

ハセツネ応援記 その1

1年前の話。

僕はハセツネの応援に行った。
その日は流山ロードレースに参加して、helloweenさんと10kmを並走して、それでみんなで昭和的な中華屋で飲んで食って、夕方家に帰って、それから少し寝ようと思ったけど寝られなくて、夜中の1時過ぎに家を出た。

武蔵五日市駅前のコインパーキングは出場者の車でいっぱいだろうと思ったので、秋川駅前のコインパーキングに車を停めて、そこから6.5kmくらいを走って行くことにした。夜中の2時スタート。

それにしても車をどこに停めようか悩んでいて秋川駅前にたくさんコインパーキングがあるのを見つけたときに、ふ~ん、6.5kmならいけるね、と思うようになった自分の思考回路がよくわからなかった。それも夜中の2時。

でも、今、このときに山の中を71.5kmも走っている人たちを応援に行くのだ。それに比べれば夜中の2時に6.5kmを走ることなんて通学路をスキップしながら学校へ行くようなものだ。

リュックには着替えと、缶ビール2本と缶コーラ1本を流山の帰りに100均で買った保冷バッグに入れたものが入っていた。
走り出すとけっこう暑く感じるほどの程よい気温だった。たまに新聞配達のバイクに会うくらいでタラタラと静かに歩道を走る。途中のコンビニで水を買った。

もうすぐ武蔵五日市駅だな、と思いながら小さな橋を渡るとその川の上流にある山の形が真っ暗な中でも影のように見える。そしてその山の中には小さな明かりがいくつもパラパラと見える。

えええぇぇぇ!

あれってランナーのライトの明り?本当に真っ暗な中、目を凝らさないと山の形も認識できないくらいの暗闇の中に、頼りなさげなライトの明りが見える。本当にみんな夜中の山の中を走っているんだ、と思う。
そう思ったときに、なんかうすら寒いというか背筋が凍るというか、とにかく恐ろしいと思った。

街灯もアスファルトもあるこの道を夜中の2時に走ることくらい、どうってことない。

そのまま走り続け、武蔵五日市駅前に着いた。深夜2時35分。誰もいない。車もいない。まぁ、当たり前だ。深夜2時半だもの。
少し湿度があるのか多少靄がかかっているかのような、いや、それは単純に深夜2時半という時間がそう思わせるのかよくわからないが、少し湿気を含んだ風も吹いていた。

ハセツネゴール地点は駅から徒歩10分くらいのところにある。走り続けながら武蔵五日市駅前を左折して、ゴール地点の五日市会館へ向かった。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

02

26

コメント:

応援して思ったこと

さすがに昨日の記事だと、ただ泥酔して帰ってきました、っていう記事になってしまうので、応援レポというよりは思いついたことを書き連ねてみる。

今回は14km地点と41km地点で応援をした。

14km地点。
トップランナーは思ってたより体ががっしりしていた。筋肉がすごい。走りは全く参考にならない。なるはずがない。
サブ3ペースの速さって見ていて気持ちがいい。走っている人もそんなには多くないので見やすい。
さすがにランナーの皆さんは元気。笑顔で走っている人も多数。
仮装とか特徴のある格好をしていると応援しやすい。また応援すると返してくれるので、さらに楽しくなる。
うーぱぱさんの記事とブログ村の幟のおかげで、ブログ村の皆さんが声をかけてくれたのでほとんどの人と会うことができた。今回の応援の一番の目的だから、ちゃんと皆さんと会えたのは嬉しい。
14km地点は沿道の応援もそれほどは人がいなくて、その中で僕らはうるさかったからか、途中からたくさんのランナーがハイタッチしに来てくれて、それがとても楽しかった。
これってお祭りだ。

41km地点。
僕らは電車で数十分のラクな移動、しかもその間に冷えた体も暖かくなったけど、当たり前のことだけどランナーの皆さんはここまで走ってきているので、景色が一変した。
苦しい、つらい、寒い、痛い、そんな感情が理解できる。それでも多くのランナーは前を向いて走っているわけで、14km地点の応援はただただ楽しかったけど、41km地点の応援はこちらも必死だった。
今回僕は個人的にサブ3.5あたりの人たちをよく見ていた。41km地点にいると時計を見ればすぐにサブ3.5を達成できる時間かどうかがわかる。
そこで、どう考えてももうサブ3.5には間に合わないだろうという時間帯に走っている人々が、それでもあきらめずに力を振り絞りながら走っている姿、もうここまで来る段階で心や体やいろんなものを削り取られているのに、ただひたすら前を見つめて走っている姿は、何とも言えないものがあった。
サブ4あたりが応援としては一番盛り上がっていた。いつも紳士でおとなしい怪盗さんが熱い檄をランナーに飛ばしていて、そちらのほうが感動的だった。さすが怪盗紳士。目標を達成する人の心の強さを垣間見た。
san-anさんとジョギンガーさんは、走ってここまで来た姿を見ただけで感動した(笑)いや、でもホントに。よくぞこの姿で、無事に走ってきた。すごい!すごい!と肩を叩きたくなる。
寝ないで新潟からやってきて前日は山へ登り、仮装しながらしかもサブ4でフルを走りきる。それも淡々と走るリンガンガーさんは相変わらずすごい。

応援していて、自分もフルを走りたい。この大会に出たい、と痛烈に思わせるいい大会だった。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

02

25

コメント:

東京マラソンの応援に行ってきたけど

うーぱぱさんの企画で東京マラソン応援に行ってきました。
行ってきたけど…。行ってきたけど…。

アフターの飲み会が終わって、帰ろうということで電車に乗って、そしたらトイレに行きたくなって、途中下車して、そんで気付いたら居酒屋にいたという件(笑)

あまり覚えておらず、帰巣本能の赴くまま?に家に帰り、出かけたままのジャケットも着たままの姿でベッドで寝ていました。
↓の写真のままで。
0225IMG_0935.jpg

あっ、さすがに日本人なので靴は脱いでいました。
それにしても皆さん、外出用の洋服というものは寝るための用途には向いていないようです。全然疲れが取れない。
そんなわけで応援レポ。これから電車の中でも書こうかな?それともこのままでもいいかな。なんかよくわかりません。まだ酔ってるのかな?

それでは今週もがんばってお仕事しましょう!(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして6年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。