--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/938-c114f815

02

21

コメント:

ハセツネ2015レポ その2

今さらハセツネレポの需要があるのかもわからいけど、なんとなくずっと気になっていたから、書いてしまおうと思う。
ブログを書かない間に、何度か全部消してさっぱり辞めてしまおうかと思ったこともあったんだけど、そうすると未完のレポとかそういうものの存在が気になって、そういうのをきれいにしてからにしようと思った。

今も、だから毎日更新続いているけど、とりあえず気になったことをきれいにしていきたいという気持ちもある。
でも、そうすると、あれかな。日光東照宮の逆さ柱みたいに、不完全なままのほうがいいのかもしれないな。

よくわからないけど、とりあえず書きたいことを書こう。

+++++++++++++++++++++++++

さぁ、ハセツネだよ!切り替えてくださいね。時は10月31日正午頃。
京都とか泉州とか青梅とか北九州とかがんばってくださいねという時期ではありません。
あっ、いや、がんばってください(笑)

20151030IMG_1793.jpg

ホシヲさんとローラさんも応援に来てくれて、す~さんとも会えて、とても賑やかになると緊張も完全にほぐれてきて、そうこうしているうちにスタートまで1時間を切ったので、みんなで外へ出た。

20151030IMG_1788.jpg

ローラさんが姫さんもハセツネに出るって教えてくれたので、R×Lソックスのブースへ挨拶に行った。
20151030IMG_01783.jpg

グランドへ戻る途中で昨年の覇者、上田瑠偉選手を見かけたので思わず話しかけてみたら、以前、三頭山でお会いしたときのことを覚えていらして、がんばってくださいと声をかけてもらった。

三頭山での思い出。
20150725IMG_1405.jpg


アンジーさんも応援にきてくれて、その後、グランドに並んでいるとメテオデさんとも合流できた。携帯のバッテリーが切れてしまって連絡が取れなかったらしい(笑)
す~さんの旦那さんとも会えて、信越完走のお祝いとお礼ということで抱擁をして喜びを分かち合う。改めて本当に感謝。
2年半ぶりの鈍足親父さんともお会いして、どんどん賑やかになってスタートへの気持ちが高まってくるような気がする。
20151030IMG_1786.jpg

スタート前には姫さんもやってきて、そのまま姫さんと一緒に並ぶ。というかmakoさんと双璧の変態2トップの姫さんがなんで僕と同じところに並んでいるのかと思い、なぜここに?と訊ねると、全然走ってないからほぼ歩きで行くとのこと。
そんなわけがないと思いながらも、そのままカウントダウンが始まり、第23回ハセツネCUPがスタート!

スタートゲートをくぐるあたりに、どららさんが応援してくれていて、姫さんと写真を撮ってもらう。
ってあっさり書いたけど、姫さんと一緒に写真を撮り、しかもそれをどららさんに撮ってもらうなんて、僕がブログを始めた頃にはこんな日がくるなんて考えもしなかった。
なんてぜいたくなんだ。オレもとうとうここまで登りつめたのか、と感動で打ち震えていたが、その余韻に浸る暇もなく、人の波にのまれながらロードを走り出す。
20151030IMG_1777.jpg

今回はとくにタイム的な目標は掲げていなかったので、とにかく前へ、という気持ちもなく、わりとゆったりめに走る。オレ、信越完走したし、とか思うとあまり力も入らない(笑)

トレイルに入る手前で、ホシヲさん、ローラさんの応援があり、渋滞になるあたりではハーレーさんが応援してくれていた。
20151030IMG_1784.jpg

昨年、雑誌の写真を撮られたあたりは変わらずの渋滞で、しばらく動かない。

これね(笑)
141102IMG_3372.jpg

ようやく変電所に出て、またロードになるが相変わらずゆったりと走る。昨年は、前を走るさぶろうさんに追いつくために必死で走ったなぁ、とか思いながら走る。
トレイルに入るとそこから入山峠まではほぼ渋滞が続く。渋滞の流れの中で、姫さんは十数m先へ行ってしまったが、そもそも一緒に走るのも畏れ多いので、気楽な気分で流れに着いていく。

入山峠(7.0km) time(1:51

昨年が1:48で一昨年が1:50だったので、ゆっくり進んだわりにはそれほど遅くはないな、と思う。
階段を上る姫さんを見かけて声をかけたが気づかないようだった。

ここから先は細かなアップダウンが延々と続き、徐々に高度を上げていく。
渋滞で動かなくなることはないが、列はずっと連なっているので、この流れから落ちないようにできればOKだ。
とりあえずは序盤なのでがんばって流れに着いていく。走ったり歩いたり上ったり下りたりを繰り返して進む。

入山峠あたりで僕の前にいた女性にそのまま着いているうちに、この女性が何ともいえないいいペースで進んでいることに気づく。
なんかわりとドタバタした走りで決してきれいな走りではないし、下りもドタバタしながら下っていくのだが、足の置き場が絶妙で、瞬時に的確な場所を探し出して下っていくので速い。
あとを着いている僕は下りがすごく楽に感じるし、彼女が選んだ足の置き場は滑ることもなく、安心して進めるのでスピードも速くなる。

信越五岳のラストの下りで石川弘樹に置いていかれた人間とは思えないほどの下りのスピードだ(笑)

2週間前の試走リタイアからほぼランオフだったので脚も軽く感じる。
そんなわけでその女性に遅れないように着いていく。なんかこの女性のドタバタ感が妙に好感が持てるというか、あきらめずにがんばれる気持ちになれる。

なんか、オレ、今日、いけんじゃね?と思う。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/938-c114f815

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして6年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。