--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R2

治療代が2ハセツネ(笑)
仕事中に読んでひとりでニヤニヤしちゃいました。
本当、名作だ〜。

02

18

19:38

アレキ


R2さん

これ名作ですよね。
たぶん、書きながら気分が乗ってきた感じが伝わってきます。

02

19

05:49

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/935-3ca96d17

02

18

コメント:

しあわせな踵とふこうなお尻 後編

走り始めて1年が経った頃。
まだフルマラソンを走ったことがなかった僕は、ランニング1周年ということで金曜日の夜に42kmの帰宅ランを決行した。
もう4年近く前の話だ。なんてモチベーションの高さだ。19時に会社を出て、1時過ぎに家に着いたと思う。

すごいな、これ。誰の話だ。想像できない。

で、その代償なのかわからないが、その後、僕のお尻に異変が生じた。
帰宅ランの後で出てきた初めての症状なので帰宅ランが原因なんじゃないかと思った。
だって42kmもの間、体を上下に揺らしているのだ。いろんなものが移動しても不思議ではない。

しばらくは知らんぷりしていたのだが、その違和感は日増しに増えていくので仕方なく病院へ行った。
場合によっては手術しなくてはならない。それも本人にとっては深刻だけど端から見ると微笑ましいというか滑稽な種類の病気だ。

そういえばこの病気について、いつかさぶろうさんが秀逸なレポを書いてたなぁ。あれ名作だったはず。

あった。

Gとの闘いレポ
Gとの闘い 続編

改めて読み返すと、マジで名作です。さぶろうさんの全記事でベスト5には入るんじゃないかな。ランニングブログだけど(笑)

とにかく僕は病院へ行き、お尻から管を入れられたりした。そのときの話はここ。

で、その結果を書いてなかったけど、結果はGではなく、リンパが腫れているということだった。
そのリンパを削って調べてみたけど、悪性のものではないしGと違ってこれといった治療法もないから長く付き合っていくしかありませんね、と言われて診察は終了した。

Gではなくリンパが腫れている。
リンパという響きがGに比べると滑稽な感じではなくなり、なんとなく品格があるというか、繊細な雰囲気を纏うというか、そんな感じがしてホッとしたものの、長く付き合っていくという言葉には慄いた。

Gに比べ少し高尚になったとはいえ、違和感は違和感だ。
簡単にいうとお尻に何かが挟まっているかのような違和感だ。

今、お尻に何かが挟まっていると湾曲した表現で書いたけど、ごく普通に想像すればお尻に挟まる何かなんてアレしか思いつかない。
つまりは常にお尻にアレが挟まっているような状況なのだ。あれ?もしかして漏れた?的なことなのだ。

そんなものとこれから一生、いいお付き合いをしていくことなんて可能なんだろうか?

とりあえず僕は勤続20年を越えて、初めて会社の椅子の上に座布団を敷いた。
それもあれだ。真ん中に穴の開いているやつだ。ドーナツ型座布団だ。

僕の思いつく限りでは、ドーナツ型座布団を使用する人は、出産後の女性かGの人だけなんじゃないかと思う。
男性である僕がそれを使えば、僕はGなんです!と高らかに宣言しているようなものだ。

いいえ、僕はGではないんです!リンパが腫れているだけなんです!と会社中に言って回りたかったが、それが逆効果だということも理解していた。まさに男は黙ってサッポロビール状態なのだ。

あぁ、まったくもう。国の条例かなにかでドーナツ型座布団しか販売できないようにすればいいのに、とかクラスのみんなが坊主にしてきたからもう恥ずかしくないよ、的な感じで、会社中の人がドーナツ型座布団を使うという奇跡的な光景に出くわすとかないのかよ、と思っていた。

ま、でもそんな奇跡は起こらずに、転勤したときも、そのドーナツ型座布団は手放さないわけで、自己紹介よりも先に個人情報が洩れるみたいになっていた。

それでもその違和感は少しずつ、少しずつ、少なくなり、まったく違和感のない日も増えてきて、あまりそのことに悩まされることはなくなっていた。
もちろんドーナツ型座布団を手放すことはできないので、毎日高らかに宣言していることは変えようもなかった。

そして、もうリンパが腫れていたという事実も忘れかけていた頃に、信越五岳、ハセツネとハードなレースを連戦したことで、あの違和感が復活の狼煙をあげたのだった。

寝ていても、立っていても、座っていても、いつもお尻にアレが挟まっている、あの感覚が戻ってきたのだった。

ここで、日々のランニングを愛し、マラソンに情熱を傾けている皆さんに問いたい。

あなたはお尻にアレが挟まっている状態でも走り続けることができますか?
アレが挟まったままで、インターバルやらビルドアップ走やらができますか?

僕の答えは、ノーだ! 断固たるノーだ!(笑)

そんなわけでハセツネ以降、僕のランオフ生活が始まった。
ちなみにその違和感は1ヶ月が過ぎた頃に、治まってきたけれど、その頃にはどっぷりはまったランオフ生活から抜け出すことは不可能だった。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

R2

治療代が2ハセツネ(笑)
仕事中に読んでひとりでニヤニヤしちゃいました。
本当、名作だ〜。

02

18

19:38

アレキ


R2さん

これ名作ですよね。
たぶん、書きながら気分が乗ってきた感じが伝わってきます。

02

19

05:49

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/935-3ca96d17

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして6年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。