--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hide

ハセツネ、お疲れ様でした。みんな、無事、戻ってこれたようで、本当、よかったです。

松本大洋、私、大好きです。ストーリーも好きだし、描き出される世界は、ホント、凄いですよね。ピンポンでいえば、ペコも好きだけど、やはり、スマイルやドラゴンが、格好いい。ドラマだなって思いますね。

で、アレキさんの中で、ピンポンとハセツネが重なるのが、また、嬉しいです。w

11

03

12:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

11

03

12:31

アレキ


hideさん

返信遅くなりまして申し訳ありません。
松本大洋いいですよね。私はもう漫画は読まないのですが、この人のだけは読んでます。
とにかくハセツネ完走おめでとうございます。
今度打ち上げでもやりますか。

11

16

20:46

アレキ


鍵コメさん

返信遅くなりましてすいません。
それにしてもそんなに褒めたたえられると恥ずかしいような嬉しいような。
いずれにせよこのブログが何かの役に立っているのなら、そんなに嬉しいことはありません。
お互いに、これからもがんばりましょうね。
まぁ、私はゆるゆるといきますけど(笑)

11

16

20:49

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/918-338ba13e

11

03

コメント:

ピンポン

ハセツネゴールしたのが11時半ころで、家には1時半ころには着いた。
洗濯をして、風呂に入って、なんだか寒気がしたので、寝た。
夕方5時ごろ目が覚めて、また夜になって寝て、朝5時半に起きて仕事へ行った。

仕事中は眠いというか身体中の機能が止まってしまったかのように使いものにならなかった。
家に帰ってきてから10時くらいにまた寒気がしたので寝た。
しかし、深夜1時半ころに目覚めると、今度はそこから眠れなくなった。時間がメチャクチャになっている。
ダメージ深いなぁ、と思った。

ベッドで横になり、しばらく携帯を弄んでいて、ブログでも書こうかなぁ、と思ったけど、午前3時にブログを書くとろくなことを書かないということを知っているので書かなかった。
案の定、そんな時間にボーっと起きていることなんてしばらくなかったからか、10代の頃に好きだった女の子のことを思い出したりなんかして、そのことをブログに書こうと思って、それを必死で思い止どめているうちに、朝になった(笑)

6時になったら眠くなってやっと眠ることができた。それで9時に起きた。そして今。

ハセツネのレポを書こうにもそんな時間もないので、夜中にボーっとパソコンを見ていたら、なぜだか僕が昔に書いたものが発掘されたので、それをここに晒しておくことにした。
それだって充分恥ずかしいことだけど、好きな女の子のことを書くことに比べたら全然マシだ。

そんなわけで、たくさんの応援ありがとうございました。レポはもう少し待っていてください。

+++++++++++++++++++++++++

*この記事は僕が32歳のときに書いたもののようです。

『ピンポン』

ちょっと前にテレビで 『ピンポン』 を観た。
これはレンタルしようと思っていたのだが、最近レンタルビデオ屋さんへ行っていなかったので観ていなかった。
この映画の原作は漫画で松本大洋という人の作品である。
僕はもう何年も漫画を読んでいないのだが、この松本大洋の 『ピンポン』 は2年前に買って読んだ。

ちょうどその頃 『青い春』 という松田龍平が主演で松本大洋が原作の映画の記事をたまたま読んだ。
その映画監督の話の中で「この映画にはミッシェル・ガン・エレファントの曲を使わせてくれることが監督を引き受ける条件だった」というのがあったので興味を持った。
さらに記事を読むと、映画監督も脚本家も原作者もミッシェル・ガン・エレファントも同世代だということだった。
記事の終わりでは同世代が共有している空気みたいなものがこの作品を作り上げたのだろう、と書いてあった。

それを読んで軽いショックを受けた。なぜなら僕もその同世代だからだ。
僕と同世代の人たちが厳しい世界で活躍しているのかぁ、と思った。
映画監督とか漫画家とかって僕よりも上の世代の人たちが活躍しているもんだと思っていたのだ。
そういう意味で興味を持って松本大洋の 『ピンポン』 を買って読んだ。

今回、映画を観て、さらにまた原作も読み返したのだが、まぁ映画は映画で面白かった。
でも当然のことだけど原作の方が丁寧に描かれているし、すごく繊細だ。
映画ではペコ(窪塚クン)が主役っぽかったけど原作ではスマイルが主役にも見えるし、すごく微妙な2人の立ち位置が描かれている。
それに最後の大会でペコは膝を痛めるが、原作ではあの膝を痛める部分がけっこう重要な意味があるのに映画ではそこには触れられていなかったのが残念だった。

で、話は変わるけど僕は中学の時に卓球部だったのだが、この漫画を読むと中学3年の最後の大会を思い出す。
最後なんだから関東大会まで行こう!という先生の指示のもと、普段なら個人戦シングルスに出場するのだが僕とパートナーはダブルスに出場させられた。シングルスだとよくて県大出場くらいの実力だったのだ。
当然、各学校の主力選手はシングルスに出場するからダブルスの方が可能性がある。

僕とそのパートナーは県大会まで進み、そこであと一つ勝てば関東大会出場というところまで勝ち上がった。
その関東大会出場をかけた試合の1セット目に僕は、このタイミングで、この角度で、このコースに打ったら誰も取れないだろうというスマッシュを打った。
しかし相手はそれをあっさり返した。
それで僕は「これを取られるんじゃ、無理だ。勝てない」とあっさりあきらめた。
1セット目は当然、負けた。

2セット目に入る前にパートナーが
「さっき返されたやつは偶然だよ。よーく見てみろよ。勝てない相手じゃないから」と言った。
僕はいつも市の大会で2位だった。そしてそのダブルスのパートナーが1位だった。いつも市の大会の個人戦決勝では彼と対戦するけど、一度も勝ったことがなかった。
2セット目に入ってよーく見てみると確かにそんなに実力差があるとは思えなかった。そして2セット目は勝った。

3セット目になると、もう作戦とか、攻め方とか言っていられなくなった。
拮抗した試合と大事な一戦という緊張感と体力の消耗ということから、とにかく拾い続け、打ち続けることしかできない。
何も考えずに体が反応するのに任せている感じだ。
体が勝手に反応するということは単純に練習の量によって決まると僕は思う。

とにかく、まさに「考えるな、感じろ」といった具合だ。

そのまま試合はもつれて最後は何度もデュースになって、そして負けた。
相手はそのまま決勝まで進み、準優勝した。

その中学生の最後の試合のことを思い出した。
別にその試合のことが今でも悔やまれるということでもない。精神的に僕はそこまでの人間だったのだろうと思う。

ただ、あのときのようなすごく張り詰めた緊張感というものは、ああいう場所というものは、今の僕にはもう手に入れることができないのだなと思った。

練習だって辛くて苦しくて先生には殴られるからドキドキしながらやっていたけど、今になるとすごく貴重なことだったのだなって思った。
もちろん、あのときにはそれが貴重なことだとは全然思っていなかった。

ああいう、勝ったときの喜びとか負けたときの悔しさとか、辛さとか苦しみとか、気持ちが悪くなるくらいの緊張感とか、それを乗り越えたときの充実感とか、そういうものはもう手にいれることができないんだなって思った。

ま、今になってそんなものを手に入れることができても、それはそれで困るような気もするけど・・・。

+++++++++++++++

これ10年以上前に書いたものだけど、そしてここで書かれているようなものとは少し違うかもしれないけど、ハセツネに参加することって、これを書いたときの僕にはまったく想像できないような非日常の世界だと思う。

そういう意味では未来に何が起こるのかってわからない。いいことも悪いことも自分の想像の範疇を越えるような出来事が待っているんじゃないかと思う。

まだまだ、これからだよ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

hide

ハセツネ、お疲れ様でした。みんな、無事、戻ってこれたようで、本当、よかったです。

松本大洋、私、大好きです。ストーリーも好きだし、描き出される世界は、ホント、凄いですよね。ピンポンでいえば、ペコも好きだけど、やはり、スマイルやドラゴンが、格好いい。ドラマだなって思いますね。

で、アレキさんの中で、ピンポンとハセツネが重なるのが、また、嬉しいです。w

11

03

12:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

11

03

12:31

アレキ


hideさん

返信遅くなりまして申し訳ありません。
松本大洋いいですよね。私はもう漫画は読まないのですが、この人のだけは読んでます。
とにかくハセツネ完走おめでとうございます。
今度打ち上げでもやりますか。

11

16

20:46

アレキ


鍵コメさん

返信遅くなりましてすいません。
それにしてもそんなに褒めたたえられると恥ずかしいような嬉しいような。
いずれにせよこのブログが何かの役に立っているのなら、そんなに嬉しいことはありません。
お互いに、これからもがんばりましょうね。
まぁ、私はゆるゆるといきますけど(笑)

11

16

20:49

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/918-338ba13e

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。