10

10

コメント:

信越五岳トレイルランニングレース レポ ラスト

ようやく、レポ、ラストです。
今までお付き合いいただき感謝です。ちょっと長かったけどね。

で、まだこれ以外に雑感的なこと。メモ的なことを書くかもしれません。
とりあえず、レースレポはこれがラストです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ラスト7.2kmの林道。制限時間まであと58分。すぐさま二人で走り出す。

ところが、だ。

走り出してすぐに違和感を感じる。

僕が今までに出たことのあるトレイルレースは、ゴールまでの最後の区間っていうのはどう考えても下りだ。
だって山から下りてくるんだから下りに決まってる。今回だって当然そうだと思っていた。
それなのにこの林道はゆるやかとはいえ上りだ。なんで?なんでここ上りなの?
そんなことを思っても何も変わらない。とにかく走り続けるしかない。必死に走る。

砂利の林道を走りながら、その砂利の白い部分が夜の闇の中に鮮やかに浮かび上がり、その白いラインはゆるやかな曲線を右に左に描きながらいつまでも続いている。
その白いラインに沿って走りながら、その先に続いていく白いラインを見続けながら、黙々と走る。
何度カーブを曲がっても、その先に見えるのは上っていく白いラインだ。その度に絶望的な気分になり、その度に気を取り直して走り続ける。

靴紐がほどけてしまったので、止まって靴紐を直した。
そのときに、ネコさんに、つーか、なんで上り基調なの?と話しかけたが、ネコさんはその言葉に反応しなかった。
そうだ、ネコさんはネガティブなことは口にしないんだった。そして僕もそういうペーサーを求めていたはずだ。すぐに走り出す。
ネコさんは時折り、いけるよ、とかこのまま、とか声をかけてくれる。そして力強く走る。僕も遅れずに走る。たぶんキロ7分は切っていたと思う。

ところが、必死で走り続けていたのに15分走ったところで僕は苦しくなって立ち止まってしまう。これをあと45分も続けることはできないと思った。
呼吸が苦しくて走れない。いや、正確に言うと、身体全体の酸素が足りなくて、身体中が酸素を求めているのに、口や鼻から呼吸をするだけでは酸素が間に合わずに身体中に行き渡らない。そのおかげで脚も動かない。そんな感じだった。

その後は歩いたり、走ったりの繰り返しで、歩いたら間に合わなくなるのは自分でも充分わかっているのに、それでも体を動かすことができない。
ネコさんは、このままじゃ間に合わないみたいなことは一言も言わずに、集中して走ろう、とかいける、いける、とかあと少しだよ、とか声をかけてくれたり、先に走って行ったり、立ち止まって待っていてくれたり、僕の横を歩いたり、僕の後ろからライトを照らしてくれたり、いろいろなことを考えながら行動してくれていた。

途中に立っていたスタッフの横を走り過ぎたときにその人が、残り3.3kmだよ、でも距離が正確かどうかわからないからとにかく走り続けて、と声をかけてくれたけど、それでも僕は走り続けられずに、歩いたり走ったりを繰り返していた。

ネコさんが数十m先を走っていて、僕がタラタラ歩いているときに、またもや石川弘樹がやって来て、走れば間に合うのに走らないんだ?と、たぶん鼓舞してくれたんだろう、声をかけてくれたときも走り出すことができなかった。

僕は、そういえばオレっていつもあと少しのところでも簡単にあきらめるような人間だったよ、と遠く深夜の山の中で、自分の半生を思い返して反省したりして、なんでこんなところで人生振り返ってるんだよ、走れ!と思うものの、脚は思うように動かない。

ついには走っている速度も体感でキロ10分を超えてしまっているようで、これじゃ、走っても間に合わないじゃん、無駄じゃん、なんでここまで来てダメなんだ?あと少しなんだよ、と泣きたくなった。
キロ10分でも走り続けられずに、歩いているときには半分よろけながら歩くようになる。

ホントにここまで来てあきらめるの?なんで?と思うけど、やっぱり走り続けることができない。
くそっ。応援してくれる人とか応援に来てくれた人とかネコさんとかになんて言えばいいんだろう?
なんであとほんのちょっとがんばれないんだろう?ああぁぁぁ、と思いながらキロ10分で走っていた。

すると、残り2.5kmあたりで、数十m前を走っていたネコさんが、突然、大きな声で僕を呼んだ。

アレキさんっ!ここから先、下りっ!

マジすか?マジですか?そこから走り出す。下りは重力に逆らわなければ僕の体重が連れて行ってくれるはず。重量型ランナーの特権だ。
とにかく脚を回転させて転げ落ちるように走る。もう、前を走るネコさんのふくらはぎだけを見ながら走る。
いけるかもしれない。まだ間に合うかもしれない。必死で走り続ける。

スタッフの人が、あと1.5kmだよ、このままずっと走り続ければギリギリ間に合うぞ、と声をかけてくれる。
あと1.5km。もう立ち止まってはいけない。歩いてはいけない。とにかく今の自分が走れる最大のスピードで走り続けなくてはならない。

110kmのうちのたった1.5kmなのに気が遠くなるほど長く感じる。走れ。とにかくネコさんのふくらはぎだけを見て走り続ける。
脚の感覚がなくなってきて走っているのかどうかよくわからないけど、景色は流れていくので、このまま動き続ければいいんだと思う。

なんとなく遠くのほうから微かに声が聴こえてくるような気がする。まだか?まだなのか?
ネコさんが林道の脇のトレイルの道に入る。え?ここからまたトレイル?しかも少し上ってる。

でも止まるわけにはいかないと思って走っていると、夜の闇の中から、急に視界が開けて、そして眩いライトに照らされる。
僕らはゲレンデに立っていて、そこから見下ろした先にはゴールゲートが見える。そのまま光に包まれるようにゲレンデを下りて行くと、女性の声が聴こえてきて、あと3分を切りました!と言っている。

ここからゴールゲートまでは100mもない。やった、オレ、間に合った!と思うと、自然と、うおおぉぉぉ!と声をあげていた。
そのまま僕はネコさんの手を取り、一緒に走り出す。
ネコさんと一緒に両手を上げて、ゴールゲートをくぐり、ゴールしたあとは、その場にへたり込んで、しばらく立ち上がることができなかった。

Goal(17.7km) total(110km
time(3:55) total time(21:57

20150924150922052.jpg

僕たちはスタート前にしたときと同じように、固い握手を交わした。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

ケン

完走おめでとうございました。レポもお疲れ様でした。
長い間読んでいましたが、初めてコメントさせて頂きます。
過去のスタイルから一転しての情熱一直線なレポート、過去数年間の文章が全て前フリだったかのようですね。結果速報には申し訳ないですが驚いたし感動したし、毎日更新を楽しみにしていました。(もちろん過去の文章からも緩さに隠された真剣さを感じてはいましたが)
自分は記録向上を目指して一人で黙々と走っている同年代ですが、ランニング仲間が居るって羨ましいな…って初めて思いました。
お互い引き続きランニングを楽しみましょう!

10

10

06:53

R2

アレキさん、改めて完走おめでとうございます。
ネコさん、ペーサーお疲れ様でした。
やっぱ二人とも凄いです。
ラストはまた泣いちゃいました(笑)
諦めない気持ち見習わなきゃです。

10

10

07:19

ussyi

レポお疲れさまでした。そして、改めておめでとうございます。

ネコさんと素晴らしいコンビになりましたね。あ、コンビと
いうか先生と生徒のような雰囲気もありますが(笑)。

自分最近若干やさぐれ中だったのですが、お陰様で沢山の勇気
をいただき、モチベーションもアップしました・・・が、
こちらは間もなくシーズンオフで、もうエントリーできるレースも
無いという(笑)。
なので来シーズンの活力にします!

本当にお疲れさまでした!

10

10

07:55

mizore

ものすごく感動して、自分がアレキさんになったかのように疲れ果てながら(笑)読んでました。
レポ終わっちゃうのが寂しいような、アレキさん、ネコさんお二人に、お疲れさまでした!って心から拍手送りたいような。
でも、何はともあれお疲れさまでした。刺激受けまくりました。

10

10

08:10

マーマン

改めて完走おめでとうございます!!
うるうるしちゃいました。
想像を超える辛さだったんだろうなって。

お疲れさまでした!

10

10

10:01

ホシヲ

改めて完走おめでとう!
読み終わって、何かさぶろうさん思い出した(笑)
サブ4の時といい、アレキさんパートナーに恵まれてるよね。
応援に行こうかと思ったけど、リタイアが怖くて行かなかったのは内緒(  ̄▽ ̄)
ネコさんとどららさんのやり取りも面白かった。
富士山ぐるりの時は応援に行くからね(  ̄▽ ̄)
ネコさん(*^ー゚)b グッジョブ!!

10

10

10:16

す~

改めまして完走おめでとうございます♪

アレキさんのレポ(ブログ)面白いから全然長く感じないです。
今回も堪能しました。ネコさんとのリンクしてのレポも
新しい形で面白いです~(*´∀`*)

旦那は特にトレイルレポが大好きで必ず2、3回は読みます!!
今回の信越レポも必ず2、3回は読むと思います(笑)
どんだけ好きなんだか(´∀`*)

10

10

18:37

けんいち

石川弘樹に鼓舞されても歩き続けるアレキさん(笑)
すいません、笑い事じゃなくて極限の状態だったんですよね。
そのアレキさんを一言で走らせるハンサムネコさんかっこいい!
山の3分なんて一瞬だと思うので、そこで走り出してなかったら完走出来なかったのでは?
奇跡のゴール、魂の走りだったんですねえ。

10

10

19:15

まー

アレキさん凄いな~
お疲れさまでした!
自分がその状況なら多分諦めちゃってたかもしれません。。。
でもその反面ブログ読んでるとなぜか挑戦したくもなります^^

10

10

20:27

iwatobi

石川弘樹はカッコイイ。
ネコさんもアレキさんもカッコイイ!!
大作レポ、堪能しました。
お疲れ様でした♪

10

10

21:30

sayurin

レポ、毎日楽しみにしていました。
少し前に信越公式?YouTube見た後なんで、アレキさんとネコさんのゲレンデ下ってのゴールを想像し涙してしまいました。
それにしても弘樹さんの声掛けも凄いですね。
今日はアレキさん追っかけ初燕岳でしたが、高山病の症状がでたので山荘手前で下山。白馬以降、足不調でランオフでしたが、下りで久々にとばしました。やっぱり下り楽しい♪

10

10

23:02

チャレ

なんか凄く嬉しいです。
完走おめでとうございます。
けどこれで終わりじゃないですよね(笑)

10

11

13:45

NG

毎日レポを楽しみにしていました。
気力、体力、心の動き、色々な事がたくさん伝わってきて毎日感動してました。
本当に凄いです。
改めて完走おめでとうございます。

10

11

22:59

ひよパパ

レポ読み終わってはじめてコメントします。
完走おめでとうございます。
長い道のり色々ありましたね。
最後うるうるしていまいました。
元気いただきました。

10

11

23:47

さかおR

かっこいいー、なんか漢です。
トレイルでも上位の高い。
やはり凄い。将来的にはUTMFとかエントリーされみては

10

13

22:51

あんどー

完走おめでとうございます。その節はどうも。
個人的に映画化希望なカンジっす、本人主演で(笑)

走力もそこまでワタシと変わらないと思うんですが
どうして成し遂られることがこうも違うんだろう。

10

13

23:32

アレキ


ケンさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
今回はやはりネコさん筆頭に他人事なのに真剣に取り組んでいただいた皆さんのおかげで完走できましたのでレポも自然とそういうものになりました。
私は一人だと隙あらば甘えるのでいろんな方々に支えられてようやく走り続けていられます。
ま、それが楽しいんですけどね。
実際に一緒に走らなくてもこうやってお互いの存在を認識して刺激を受け合ったりできるのもいいですよね。
お互い、頑張りましょうね。

10

14

07:21

アレキ


R2さん

ありがとうございます。
また、改めて、応援にきていただきありがとうございました。
レース中に何度もネコさんペーサーでよかったぁ、って思いました(笑)

さ、次はハセツネ。頑張りましょうね。

10

14

07:24

アレキ


ussyiさん

ありがとうございます。
おっしゃるとおりコンビというよりは師弟という感じでした。
それも出来の悪いタイプ。ま、出来の悪い子ほどかわいいと言いますし(笑)

せっかくやる気が出たのにもうレースないんですね。
マラソンシーズンこれからなのに(笑)
春を目指して頑張りましょう。

10

14

07:29

アレキ


mizoreさん

ありがとうございます。
mizoreさんは何となく楽しみにしてくれているだろうな、と思いながら書いてました(笑)
ヘタレランナー代表として、いろんな人の力を借りましたが、何とか形にできてよかったです。

10

14

07:32

アレキ


マーマンさん

たしかにつらかったんですが、すでに忘れかけてます(笑)
これがよくないんだよね。

それにしても練習とかの記事からずっと励ましてくれてて本当にありがとうございました。
とても力になりましたよ。

10

14

07:34

アレキ


ホシヲさん

さぶろうさんですか。
ま、一応、伝承者なので(笑)

いつもいろんな人たちがいろんなところで助けてくれるので、がんばれてますね。
それが楽しいし、感謝です。

富士山?ないない(笑)

10

14

07:37

アレキ


す〜さん

今回のサプライズ応援本当にありがとうございました。
あきらめかけたところをわかっているかのようなタイミングで現れて、そんで持ち直すってホントにすごくて何度か泣きました(笑)

ハセツネ、また一緒に頑張りましょうね〜。

10

14

07:40

アレキ


けんいちさん

石川弘樹は本当に非の打ち所がないほどかっこよくて、そして人格者でした。
ま、信頼度ではネコさんのほうが上です(笑)
どこかで緩めてたら完走できなかったでしょうから、すべてが繋がってるというか、すべてに意味があったんだな、と思いました。

10

14

07:45

アレキ


まーさん

私一人なら半分も行かずにあきらめてました。
こういうウルトラ的なものはエントリーしてしまえば勝ったようなもんです(笑)
とりあえずエントリーしてあとでオロオロすることですね。

10

14

07:47

アレキ


iwatobiさん

石川弘樹は本当にかっこよかった。
ネコさんはもっとかっこよかった(笑)

あまりに長かったのでしばらく記事更新する気になれません(笑)

10

14

07:53

アレキ


sayurinさん

石川弘樹はかっこよくて熱い人間でした。
燕岳行ったのですね。
山小屋が他とは違っていていろいろ工夫されてました。
なのでまたチャレンジしてみてくださいね。
生ビールもあるし(笑)

10

15

07:22

アレキ


チャレさん

ありがとうございます。
このレースも出たくても出られない人がたくさんいるので、完走できてホントよかったです。
次?(笑)

10

15

07:28

アレキ


NGさん

ありがとうございます。
私はあまり系統だてて物事を考えないので、その時の気持ちとか雰囲気とかそういう曖昧なものを書くようにしています。
ま、そこに需要があるのかはわからないですけど(笑)

さ、いよいよ大阪ですね。がんばってください。

10

15

07:32

アレキ


ひよパパさん

ありがとうございます。
レースも長かったけどレポも長かった(笑)
なので、こうやって読んでいただくと嬉しいです。

10

15

07:34

アレキ


さかおRさん

ダメですよ、気軽にU○MFとか書いたら。
伏字でお願いします(笑)
ま、マジメに書くとU○M○は数段難易度が高くなるので難しいと思います。

10

15

07:40

アレキ


あんどーさん

本人主演の映画化って(笑)
赤字になりそう。
成し遂げるですか。なんででしょう。
ま、いろんな人に助けてもらいすぎてて成し遂げた感はあまりないんですけどね(笑)

10

15

07:44

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/907-a0746f09

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad