--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たーはるパパ

あの記事読んで、軽い気持ちで子供を富士山に連れてく
親御さんがいたらどうしようと心配してたら、
まさか大人で騙される人がいたとは(笑)
御殿場口キツそうですね。
いつか一緒に登りましょう〜

09

02

12:45

このコメントは管理人のみ閲覧できます

09

02

21:22

アレキ


たーはるパパさん

普通に騙されてましたよ。
ほとんど御殿場口しか上ったことがないのでキツイのかどうかわからないんです(笑)
いつか上りましょうね。

09

04

06:00

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/870-29e0f1ec

09

02

コメント:

富士山御殿場口より 後編

20150823RIMG0002.jpg
このように早々に置いていかれて一人旅を始める。

しかし、そこはそれ。僕は走る人なわけで、いくらみんなに置いていかれても実際のスピードはまぁまぁ速かったりする。高速ハイカー的な感じでね。
なのでハイカーの人たちよりもサクサク進めることを確認することによって、心折れることなく淡々と上り続けることができるのだ。

う~んと、あれ?
今日はハイカーの人々にもガンガン抜かれるんですけど(涙)
どんだけダメージ負っているんだ、オレの脚。それとも。

いろいろ観察してみると、通常のハイカーの方々にはガンガン抜かれて、初めて富士山にやってきちゃいました!って感じの人々と同じペースで上っていることに気づく。

これで、信越五岳なんて大丈夫なんだろうか?

落ち着け。
気持ちを落ち着けよう。オレには経験というとても貴重な財産があるではないか。無駄に年数を重ねているわけではないのだ。
まずは落ち着いて、リズムにのって淡々と上り続けよう。脚が重いくらいで止めるわけにはいかないのだ。とにかく先へ進むしかない。まだ1500m以上上らないといけないのだ。

とりあえず100歩進んだら10呼吸分、休んでいいというルールを設定する。何も考えずに100歩を数え、そこで立ち止まりゆっくりと10回呼吸をする。そしたらまた100歩を数えて10回呼吸。余計な動作を挟まずにその繰り返しだ。
だんだんとリズムにのって、120歩に10回の呼吸で休むようになる。

120歩、歩くとだいだい10m上る感じだ。いいぞ、その調子だ。それでも速くなることはなく、初めて富士山の方々と一進一退の攻防を繰り返す。
ハイカーにはあっさりと抜かれ続ける。

抜かれざまに挨拶を交わしながら、何気なく、いやぁ、昨日は30kmも走ったりなんかしちゃったんですよね、峠道を30kmですよ、まったく無謀というかなんというかバカですよね。なんなら、その前日も18kmも走ってるんですけどね。脚がね、ふふ、脚が重いですよ、はははは。

などと訴えたくなるのを必死でこらえて歩いていると、遥か前方に僕よりペースの遅い人を見つける。
おぉ、ようやくオレ立ち直ったか?やっぱりリズムだな。重要なのはリズムだよ。よし、やっぱり普段走ってるからね。歩いている人よりは早くないとさ。

なんて思いながら近づくと、その人は撃沈中のK12R2さんだった。

K12R2さんは、昨日たーはるパパさんの富士山レポ読んで、そしたら小さなご子息まで登頂されてるから大丈夫だと思って。富士山なめてましたよ。こんなにきついと思わなかった。たーはるさんに騙された、と仰るので、

まぁ、あれですよ、たーはるさんは走ってない詐欺ですからね。もしかしたら一子相伝の技かもしれませんから、ご子息も月間100kmは走ってるんでしょうね、いや、走ってますね、間違いないです。だから仕方ないですよ、と慰めておいた。

3000mあたりで、ここから先はもう各々のペースで行こうということにする。☆ponkoさんとiwatobiさんはもう僕らを待たずにサクサク山頂まで行ってもらって、山頂でも待ちきれなくなったら下山してください。それで下山しながら遅れた僕らを回収して帰りましょう、ということにする。

その後は、もう地獄(笑)
歩いても歩いてもまったく進んでいる気がしない。とにかく一歩一歩足を出すくらいしかすることがない。

早々に山頂に着いた☆ponkoさんとiwatobiさんは14時40分になっても来なかったら下山しようと話していたそうだ。
それでどうみてもその時間に僕らが山頂に着くのは無理そうだと判断して、山頂で僕らの分のお守りまで買ってくれていた。

そんな中、14時39分に山頂到着。いつもギリギリの男、アレキ(笑)
20150823IMG_1451.jpg

いやぁ、もう無理。もう動かないぞ。剣ヶ峰どうします?と訊かれたけど聴こえないフリをした(笑)
20150823IMG_1448.jpg


20150823RIMG0017.jpg

K12R2さんを待つも15時になっても現れなかったため、下山開始。
ところが下山開始後5分で、諦めずに必死に上ってくる男発見。さらにギリギリの男、K12R2だ(笑)
これはもったいないということで、☆ponkoさんとiwatobiさんはK12R2さんと一緒に再び山頂へ。

ワタクシは、その場で寝ながら待ってました(笑)

その後は、海から富士山という壮大でバカげた企画を遂行していたハンサムネコさん御一行様に出会う。
あんなに疲弊しているチャレさんとネコさんを初めて見た(笑)
僕らの余った食料を手に入れて多少は復活されたようだ。
しかし、それにしてもすげぇ。すごい方々だ。

その後はご褒美の大砂走りを、ヒャッホーと言いながら転げ落ち、無事に下山して、お風呂入ってご飯食べて、またもや魔の中央道渋滞により、上野原で降りて、怪盗さんちの近所を通り抜け、日付が変わる頃に家に着いた。

3日間のポイント練習の最終日の富士山を終えることができて、その翌日は呼吸をするだけで精一杯だった。
まぁ、タラタラ歩いただけだけど。これが役に立つのかわからないけど。
でも、やらないよりはマシ。

お付き合いいただいた皆さま、ありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

たーはるパパ

あの記事読んで、軽い気持ちで子供を富士山に連れてく
親御さんがいたらどうしようと心配してたら、
まさか大人で騙される人がいたとは(笑)
御殿場口キツそうですね。
いつか一緒に登りましょう〜

09

02

12:45

このコメントは管理人のみ閲覧できます

09

02

21:22

アレキ


たーはるパパさん

普通に騙されてましたよ。
ほとんど御殿場口しか上ったことがないのでキツイのかどうかわからないんです(笑)
いつか上りましょうね。

09

04

06:00

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/870-29e0f1ec

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。