08

13

コメント:

龍馬伝

一昨日のことだ。

ねぇ。『おととい』って言う?それとも『おとつい』って言う?
ま、どっちでもいいけど(笑)

夜、走りに行こうと思っていたら、運よくお腹が痛くなったのでランオフにした。
暇だったので、HDDに録画されまくっているリストを眺めていた。
ほとんど僕が録画したものなので家族からはいつもなんとかしろと言われている。

僕は大河ドラマが好きではない。だからどの話も全話通して観たことがない。
僕の父親は大河ドラマが大好きなのでいつも見ているが、子どもの頃はそんな父親が小憎らしかった(笑)

一度、父親が観ていたのを途中から一緒に観て、その後も見続けたことがあり、それは『おんな太閤記』というやつだ。
佐久間良子が主演だったのかな?あまり覚えてないな。

前置き長いな。それで龍馬伝の話だった。
龍馬伝が始まった時、僕はこれを初めて最後まで欠かさず観る大河ドラマにしようと思い立って、第1話を録画した。

なぜ龍馬伝を観ようと思ったのかというと、僕は18歳まで恐ろしく本を読まない子どもだった。年に1冊くらいしか読まない。
なぜ1冊読むのかといえば、それは読書感想文があるからで、仕方なく読んでいた。

ちなみに6、7年前からもまったく読まなくなった。本を読まなくなって残念なこともあるけど、その本を読む時間ってけっこうな時間を費やすので、すっきりした感じもする。

それで中学3年だったか、その頃にたまたま図書室でパラパラと読んだ本をそのまま借りてきて家で読んでいた。
その本が司馬遼太郎の『竜馬がゆく』だった。でも、あれ何冊もある。まったく本を読まない中学3年生が持続して読み続けられるような本ではなかったようだ。

とりあえず1巻だけ読んで、その先を借りることはなかった。
そしたら、よくわからないが何かの時のプレゼントで『竜馬がゆく』全巻を母親が買ってくれた。

また、余計なことを(笑)

結局、全巻読むことはなくて、最高で4巻の途中までしか読んだことはなく、1巻については4回も読んだ。
その本、まだどっかにあるんだろうけど、たぶん一生読まれることはないと思う。

でも、せっかく母親が買ってくれたのに、あの頃、お金だってそんなになかったろうに、と思うと少し心苦しい気がしたので、手軽にドラマで坂本龍馬の一生を細かく知ろうと思ったのだ。

だいたいにおいて坂本龍馬っていまいち何をやった人なのかわからない。
いや、わかるけどなんか全体的にふわっとしてる。

そんなわけで龍馬伝の第1回を録画し、その後も録画し続けた。
そして、その録画したものを一度も観ることはなく、全48話を録画し終えた。コンプリートだ。
家族はみんな怒っていた(笑)

それにしても福山雅治の、あの肌のツヤとかハリはいったいなんだ?あの年であのツヤとハリってちょっと説明がつかないくらいの肌だ。アンチエイジングすぎるだろ。僕より年上というのがさらに解せない。

そのせいかどうかわからないけど、龍馬伝全48話をそのまま1年寝かし続けて、やっと気が向いて、観始めることができた。
観てみると龍馬伝はすごく面白くて、汚すぎる弥太郎とかすごくて、もうすでに誰も話題にもしない龍馬伝に対して、一人興奮していた。もう家では一人土佐弁だった。

そんで楽しく観続けてとうとう最終回までやってきたのだが、そこでまたパタッと止まって、最終回を観ることはなく、さらに数年そのまま放置していた。

最終回にはSIONとか中村達也とかが出ると聞いていたので、楽しみにしていたのだが、それを観ることはなかった。

なんでかというと、殺されるとわかっていることをわざわざ観たくなかったからだ。
僕は基本的にハッピーエンドが好きだ。だからなんだっけ?『誰も知らない』だっけ?あれも20分で観るのを止めた。最後まで観てないからわからないけど、あの映画に救いはあったのだろうか?

そんで、坂本龍馬はたぶん志半ばで殺されてしまうわけで、それは無念の死なんだろうから、そういう悲しい死の場面をわざわざ観たくないな、と思うと観る気にはなれなくて、その最終回はそのままHDDに取り残されていた。

僕が観ても観なくても、もう歴史が変わるわけでもないし、一応、史実だからハリウッド映画みたいに何通りかのラストシーンがあるわけでもないんだろうけど、まぁ、気分がのらなかったんだろう。

それを一昨日、とうとう観た。もしお腹が痛くならなかったらまだ観ることはなかったかもしれない。

中村達也もSIONもすごくよかったけど、まぁ、観なくてもよかったような気もする。

どうでもいいのに長い話だな。

このままじゃ、あれなんで。
昨日も帰宅ランで24.8km走った。
なんか走りたくなくてこのまま電車に乗って帰ろうかと思ったけどギリギリのところで降りた。走れてよかった。

で、考えてみたら24.8kmってなんだよ?と思った。
あと0.2km走って25kmにするという思考はないのか?と昨日初めて思った(笑)

まあ、この0.2km足りないあたりが僕の存在意義なのかもしれない。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

moto

オレも初めて全話コンプリートした大河ドラマが「おんな太閤記」だった。小学生の頃。
おんなじだ(笑)
なんか 嬉しい。

08

13

09:17

mizore

私もきっと24.8kmで終わる存在意義な立場だと思います。
そして、同じく親が観るから付き合わされた子供のころ以来、龍馬伝だけは自ら観ました。理由は、福山ファン(笑)。オープニングの音楽と映像が、日曜大河ドラマっぽくなくて、かっこ良かったなー。

08

13

09:57

むーみん

私も歴史物好きですけど、大河ドラマで覚えてるのはほとんどないです(笑)
龍馬伝は見てました。
理由は夫が福山ファンだからw
音楽や演出が現代的で面白かったのは印象に残ってますね。
後は西島英俊のマッチョな上半身(笑)

08

13

22:12

アレキ


motoさん

私も小学生でした。
当たり前か(笑)
同じ時代を生きてきたって感じますね。

08

14

05:59

アレキ


mozoreさん

福山ファンってmizoreさんくらいの年代の女性にけっこうたくさんいらっしゃるんですよね。
まぁ、あの肌ツヤがちょっとうらやましいですけど(笑)

08

14

06:02

アレキ


むーみんさん

だんなさんが福山ファンなんですか。
男性にも人気あるんだ。
私は子どもの頃、大河ドラマを見て、それは本当に忠実に歴史をなぞっているんだと思ってて、そうじゃないことがわかってかなり失望した覚えがあります(笑)

08

14

06:07

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/858-e5248139

プロフィール

Author:アレキ
走りだして5年目に突入!!!
このまま走り続けたい

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad