04

28

コメント:

2015チャレ富士レポ その4

今回のチャレンジ富士五湖100kmはウェーブスタートになっており、4時30分、4時45分、5時と3段階でスタートする。
それぞれゼッケンの色が違っていて、4時45分スタートの僕は紫色のゼッケン、5時スタートは緑色のゼッケンだ。

ちなみに4時30分スタートは何色か知らない。だって追い付くことなんてなかったもん。

で、山中湖を走りながら僕の周りに紫ゼッケンが少なくなっていて、緑ゼッケンが多くなっていることには気が付いていた。
僕が自分で設定したタイムより遅く走っていることもあるが、このあたりにいる緑ゼッケンの人たちは5時スタートでも速いほうの人たちなんだろうと思っていた。
実際に昨年は10分遅れでスタートしたす~さんに10km手前で追い付かれてるし。

なので、あまり気にしていなかったのだが、カブトムシさんに出会い、そしてカブトムシさんにどうしたんですか?と問われると、さすがに、あれ?オレってかなり後ろのほうなの?下手したら紫ペケなの?でも、あれか、紫ペケは緑ペケに抜かれなければ最後尾車つかないよね?ラッキー!などと思った。

カブトムシさんは、しんどい、と一言だけ言うと流れに乗って僕を抜き去って行った。
そう、だから僕は集団の流れの速さについていけなくて、そして、その集団のほとんどの人は緑ゼッケンだったのだ。

このどんどん抜いていかれる展開はやはり疲れる。悔しいというか悔しいフリをするというのか、でも仕方ないよな、だって脚が痛いんだから、という言い訳めいたことを思いながら、とにかくゆっくりでもいいから走り続けようと自分を励ますくらいしかすることはない。

そのまましばらく走っているうちに前方20mくらい先を走っているカブトムシさんがいつまで経っても20m先を走っていることに気づく。

周りの緑ゼッケンは流れるように先へ進んでいるのに、カブトムシさんだけずっと僕の20m前だ。
しばらくその20m先のカブトムシさんの背中を見ながら走っていたが、その間隔は変わらないので、がんばってペースを上げて、カブトムシさんに追いついた。

ペース落ちてますよ、とかジャケット暑いんじゃないですか?と話しかけたが若干つらそうだったので、話しかけるのをやめた。

この時にはすでにカブトムシさんは足の調子がよくなかったのかもしれないが、そういう弱音を吐く人ではないので気づかなかった。
僕なんかは訊かれなくても訴えるタイプだけど体型は同じでも性格は様々なのだ。

歩道が狭くて並走も邪魔なので前に出てしばらく走っていたが、後ろを振り返るとカブトムシさんはかなり遅れていた。

一度ペースを上げたことで集団の流れに付いていけるようになっていた僕は、また会うだろう、と思いながらそのまま進んだ。

それにしても今、自分はホントに紫ペケなんだろうか?いや、そんなはずはない。それだったら第一関門の時間に間に合わないはずだ。
19.2kmの第一関門はもうすぐだ。僕は初めて時計を見た。
大丈夫だ。第一関門の時間までまだあと40分くらいあるじゃないか。

余裕だ。たしか第二関門と第三関門の制限時間が厳しかったから、そこが勝負だな、と思っていた。

そのまま淡々と走り続け、ようやく第一関門の撫岳荘キャンプ場(19.2km)に到着。

僕が関門のマットを通り過ぎるときにタイムの表示板の横に立っていたスタッフのおじさんが、僕に向かって僕の目を見ながらすげえ大きな声で、しかも身振り付きで

セーフ!!!

と言うので、なんて失礼な!と思った。確かに周りは緑ゼッケンばかりで久しぶりの紫だからって、おじさんも多少は気分が高揚したのかもしれないが、関門時間なんてまだまだ余裕なのにあんなに大げさに言うことはないではないか。恥ずかしい。もう、プンプン。

そう思いながらエイドにあるホットココアをもらってそれを啜りながら、落ち着きを取り戻し、第二関門の時間を確認するために携帯に保存してあるペース表を見た。

ちなみに今回のペース表はエクセルで作成し、それを印刷したものを写真に撮って携帯に保存するという、アナログなんだかデジタルなんだかよくわからない手法をとった。

とにかくそのペース表を確認すると、そこには衝撃的な事実が書いてあった。

第一関門の制限時間が3時間だと思っていた僕はかなり余裕があるのだと思っていたのだが、実際の制限時間は2時間30分だという事実が発覚する。

そして僕が関門マットの上を通過したのは

2時間29分52秒

だった。

あのおじさんは至極まっとうなことをしただけなんだ。
自分の任務を忠実に遂行しただけなんだ。

と温かなホットココアを飲みながら改めて思った。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

季節外れ

「体型は同じでも性格は様々」
この表現にステレオタイプを強要されてきた歴史というか、悲哀みたいなものを感じました(笑)

04

28

12:24

アレキ


季節外れさん

見た目で人を判断してはいけないという好事例ですかね。
返信すご~く遅くなり申し訳ありませんでした。

05

13

23:32

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/814-af1dc49d

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad