04

18

コメント:

2015年4月19日

昨日までの記事。
マラカテでしかもチャレ富士前だというのに全く関係ないものを無造作に更新したのに、いつもと変わらずに読んでいただき、この場にきていただく方々には感謝の言葉しかない。

あの日に起こった多くのことはそれほど鮮明には覚えていない。なので昨日までに書いたことはほとんど適当に書いていると思う。
細部についてはずいぶんと違っていることだろう。あそこで書かれた僕は正確には僕自身のことではないし、また僕自身のことでもある。
どうでもいいことを言えば、僕は当時高校生だったのでお金もなく、また部活もやっていたので、頭も普通だったし、ラバーソールもDr.マーチンのワークブーツも買えなかった。だから本物の安全靴を履いていた(笑)
彼女といっても友だちだけど彼女が履いていたのは本当にラバーソールで、それがとても羨ましかった。あれ、あとで見つかったよ。

なんとなく、そのときの空気というか匂いというか、そんなものがわかればいいかと思いながら書いた。

あの日、家に帰ってテレビのニュースを観て、事の重大さに気が付いた。
みんなあんな変な格好をしているし、変な頭もしているし、だから人のことも考えずに我先にステージに詰め寄ってあんな事故が起こったんだみたいなことを言う人もいた。

それまで500人くらいの小さなライブハウスで楽しむような音楽に圧倒的な速さで人が集まるようになり、大規模な会場で楽しむノウハウがなかったこともあるのかもしれない。
そうそう、この3ヶ月後にブルーハーツのデビューライブが同じ場所で行われた。もう別の会場かってくらい鉄柵だらけだった。

みんな見た目は怖いけど、それに基本的には自分の身は自分でなんとかしろってことだけど、それでも誰かの肩を掴んで自分が這い上がっても誰も文句は言わないし、倒れ込んでなかなか起き上がれない人がいれば、手を差し伸べたり、引っ張り上げたりする人たちがいたし、気持ちが悪くなって後ろへ行きたい人がいればギューギューの満員電車のような状態でもみんなが道を空けてくれた。
少なくとも、人でなしではなかった。

ただ、それでもあの日から時が止まってしまった人もいるわけで、正しいとか正しくないとかいう問題でもないとは思うけど。

毎年4月19日が近づくと、もうすぐ4月19日だなぁ、と思う。あるいは今日は4月19日かぁ、と思う。

だからといって、その日に、とくに何をするわけでもなく、何かについて考えるわけでもなく、誰かのために祈るわけでもない。
ただ、もうすぐ4月19日だなぁ、とか今日は4月19日だなぁ、と思うだけだ。

今年はけっこう前から、そうか4月19日かぁ、と思っていた。
その日がチャレンジ富士五湖の日だったからだ。

時が止まらないってこともある意味では大変だけど、でもそれでも進んでいけるわけだから、まさか自分が何十年後かの同じ日に100kmを走ろうだなんて考えもしなかったので、今回はがんばろう、なんつって思っていたわけだけど。

いくつになっても何年経っても、人間なんてそうそう変わらず、相変わらず自堕落な僕は、グダグダなまま明日を迎える。

空気の抜けたテニスボールみたいな顔をした彼らは今でも同じような顔をしているんだろうか?
昔、あの場にいるときだけは解放されたように、今でも解放される場所があるのだろうか?

明日はチャレンジ富士五湖。もはや完走など狙ってない。それほどウルトラあまくはない。
でも、少しでも長く、少しでも遠くへ、行ってきます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

季節外れ

少しでも長く、少しでも遠くへ
問題は誰に愚痴を聴いてもらうかでしょうか(笑)
逝ってらっしゃい

04

18

12:57

アレキ


季節外れさん

ありがとうございました。
自分で思っていたほど長くも遠くへも行けませんでしたが、まぁ、またこれからです。

04

22

06:23

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/806-2b5e133a

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad