02

14

コメント:

センチメンタル・ドランカー

いきなりだけど僕はお酒が飲めなかった。働き出した頃はビールをコップ1杯飲むこともできなかった。
それでもまぁ付き合いだから少しは飲むようになっていたけど、やはりそんなに飲めなかった。
それが一気に覚醒したのは30歳くらいのことだ。

たまたまその時の部署で一緒に働いていた人たちが毎日のように飲みに行く人たちだったので、自然とほぼ毎日のように飲みに行くようになり、その時の仕事のこともあったのかもしれないけど、ほぼ毎日ヘロヘロになるまで飲んでいた。
ホント3月4月なんて飲みに行かない日が2日くらいしかなかったし、年度末で毎日9時10時まで仕事をして、そこから終電まで飲みに行こうとかそんな感じだった。今あれやれって言われてもできない。家庭崩壊するかと思った。

今では、あれから時代も変わったし、人も組織も変わったし、走るようになったしで会社の人と飲みに行くことなんて年に数回しかなくなった。
で、その頃の僕はお酒がおいしいというよりはベロベロに酔っぱらっていたいから飲んでいるという感じだったので、毎回まともに歩けなくなるくらい飲んでいた。たぶん好きな言葉は自堕落だったと思う(笑)

その頃に仲のよかった後輩がいたんだけど、彼はいつもそんなベロンベロンになる僕の面倒を見るというか優しく寄り添うというか、そんな存在で、いろいろと迷惑をかけていた。
でも、まぁ、お互いに楽しかったんだと思う。

池袋駅のホームで、帰れますか?と訊かれて、大丈夫大丈夫と答えて、新宿方面へ向かう彼と別れて、そんでそのままホームでしゃがみこんだまま15分くらい動けずにいると、とっくに電車に乗っていたと思われる後輩がなぜか後ろに立っていて、ほらやっぱり帰れないじゃないですか、と言われ、そのまま素泊まり2000円の常宿のある恵比寿まで行って、また飲んで、翌日の朝、ボロボロの状態になりながら、さびれた喫茶店のモーニングを食べて仕事へ行くようなこともあった。

たまに早く帰れたときに、今日は早く帰れるな、なんて言いながら彼と駅まで行って、駅の中にあるプロントっていうコーヒー屋のくせに夜になると酒を出す店に、ちょっと30分だけ飲んでいく?改札もすぐ近くだしここならすぐに帰れるしさ、なんて言いながらも気が付くといつも閉店の時間だった。

あっ、そういえば前記事の曲だけど、このプロントで流れてて、そんでお店のお兄さんにこの曲誰の曲?って訊いて、そんでCD買いに行ったんだった。

働き出していろんな出会いがあったけど、その彼とは今度もずっと付き合っていくんじゃないかと思っていた。
でも、あれだな。もう15年も前の話なんだ、これ。ホント時の流れは無情だな。

その彼は8年くらい前に突然会社を辞めてしまった。元々自分からいろいろ話すタイプではなかったけど、事前に何の話もなかったことが寂しいような気もしたけど、まぁ、でもその頃は働いている場所も違っていてたまに飲むくらいだった。

なんでこんな話を書いたのかというと、そんな彼と金曜に飲んだからだ。8年ぶりだった。時間経つの早過ぎ。
それで最近の僕はお酒を飲んでも歩けなくなるほど酔っぱらうことなんてなかったんだけど、久しぶりに真っ直ぐ歩けなくなるまで飲んだ。

酔った勢いなのか、あの頃、楽しかったよなぁ、なんて言っていたように思う。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/765-df3976ba

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad