10

28

コメント:

ハセツネ2014レポ その11

僕はいつもハイドレーションには水しか入れないのだが、ハイドレってゴムのような味がしてとてもまずい。普段は、なんかの罰ゲームかよ、と思いつつも仕方なく飲んでいる。高尾とかだったらハイドレではなくペットボトルを持って行く。そのくらいハイドレが好きではない。

だけど、このレースの間、ずっと水がうまくてうまくて仕方なかった。一口水を飲むたびにうまくてうまくて、それが多少ゴム臭くてもそんなことまったく気にならなかった。
一口ごとの水を飲むたびに、幸せな気持ちになった。

そういうのがいけないんだろうな。水とか太陽とかさ。だからつらいこと忘れちゃうんだ。

レース中に僕が撮った写真は3枚だけだった。レースから15時間が経ち、ようやく記念すべき1枚目の写真(笑)
大ダワ。
141012IMG_0554.jpg

ハセツネコース最後のボスキャラ、大岳山へ向かう。目標タイムは1:15。
昨年は、すでに夜が明けていて、そんで、ハセツネ同志でんさんと出会い、二人でもうこれ以上ないってくらい軽快な歩きでサクサク進んだコースだが、今回はそんなことはなく、ただつらかった。

だって今回寝てないし、休んでないし、膝は痛いし、足裏も痛いし、と思いながらも、ここまで来ると、休んでいるほうがつらいというか、休むということはそれだけ長い時間、山の中に居続けなくてはいけないわけで、それはそれでつらいので、先へ急ぐ。

大岳山への上りがキツくなってからはホントに嫌になってきたが、でも、試走のときの無言のアンジープレッシャーに比べれば楽かもしれないな、だってあんとき途中で動けなくなったもんなぁ、とか思いながらヨレヨレ進んで行くと、だんだんと明るくなってきて、危険な岩場の連続箇所は今年も明るい時間だったので、あまり危険ではなかった。

大岳山(53.7km) AM5:48
目標time 1:15 実time 1:20
total time 16:48

ちなみに、さぶろうさんは16:12だそうで、その差は36分か。追いつきそうで追いつかない。それでこそだ(笑)

大岳山山頂ではもう明るかった。2枚目の写真。
141012IMG_8293.jpg

あっ、そうだ!この大岳山山頂で携帯を取り出したら電波がわずかに繋がって、LINEを見ることができて、ここでさぶろうさんが僕より先に行っていることを知ったんだ。
だから、御前山で寝なかったのね?と思った(笑)

ここも休まずに通過。さぶろうさんを追いかける余力はなかったものの、休まずに動いていればもしかしたら?って感じで。

次は御岳山(第3CP)で目標timeは0:55。
大岳山からの下りは急な岩場で、夜中の雨で岩は濡れており、とても滑る。ここまで来て転倒したくないので、かなりゆっくりと下りた。けっこう抜かれたけど、でもやっぱり転びたくない。
そんな感じで岩場だらけの下りを終えて、神社のような場所が見えてホッとした瞬間に、大きな岩で滑って転げ落ち、左の腰と肘を強く打ちつけた。

クソっ。気を抜いた瞬間にこれだ。泥まみれにもなりつつ肘からは血が流れてた。しばらくそこから動けずにいると、後ろからランナーがやってきて、大丈夫ですか?と言った後に、言いにくそうに、申し訳ないがそこをどいてもらってもいいですか?とのことなので、あっ、そうですねってことで、それがきっかけで、なんとか立ち上がることができた。

で、そっから先は多少ガレているものの岩場などなくなるのに、さらに慎重になるアレキ(笑)
ようやくオアシスである水場にたどり着き、顔を洗ったり、肘の泥を洗い流したり、水をぐびぐび飲んだりしてリフレッシュして、また進む。

御岳山(58.0km) AM7:06
目標time 0:55 実time 1:19
total time 18:06
さぶろうtime 17:22

次は日の出山。目標タイムは0:35。
昨年に比べると、もう明らかに今年のほうがダメージが大きくて、とにかく止まらず、でも走れずに進んでいたけど、つらくて仕方なかった、だって昨年は一刻も早く日の出山に着いて、そっから魂の走りだぜ!って多少ウキウキしながらサクサク歩いてた区間だったもの。

あまりのダメージに、日の出山が近づくにつれて、そこから先の金毘羅尾根の11kmの下りを走り続けることなんてできるのか?魂の走りなんてできるんだろうか?つーか、そもそもそんなことする必要があるのか?などと思いながら歩いていた。
いや、これ、走るのなんて無理だよ、この脚じゃ。走る自分が想像できない。最後だけ走ったところでどうなるんだよ。

でも、チャレさんの言う、魂で走れって、それって、日の出山までで精根尽き果てるくらい力を出し切ってしまって、もう何も残っていない状態になっているけど、それでも走れってことなんだろうな。

もう出し尽くして何も残ってないから、使えるものは魂くらいしかないってことなんだろうか?だから速いとか遅いとか関係なく、きっと日の出山から先は、体はもう無理なんだよ、無理だから魂で走るんだよ、そっか、そうなんだ。

自分でもよくわからないけど魂について考察しながら、日の出山へのきつい階段を上った。

昨年ほどではないが、やはりのどかな日の出山(笑)
141012IMG_1621.jpg

日の出山(60.6km) AM7:43
目標time 0:35 実time 0:37
total time 18:43

さぁ、ここからは魂の走りだ!
と思いつつも、ここで予定にはない休憩を入れる(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

アンジー

復活しましたね。あの試走が役に立って良かったです(笑)

10

28

08:24

ホシヲ

転ぶとこまでいいコンビだ(笑)
そういや、最後尾の方に2Lのペットボトル両手に持ってたお茶目な外人さんがいたよ。
すごい身軽な格好だったけどゴール出来たんだろうか?

10

28

12:16

アレキ


アンジーさん

あの試走をしておいて、またプレッシャーをかけていただいて、本当によかったです(笑)

10

30

07:11

アレキ


ホシヲさん

レース中はお互いのことを知らないわけで、レポ読んで驚きますよね(笑)
そんな外人さんいたんですか?すごいな。

10

30

07:13

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/727-5cb83b62

プロフィール

Author:アレキ
走りだして6年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad