09

21

コメント:

埼玉県最高峰 後編

今日はこれからみん箱に参加します。なんかいい天気ですね。
18区での参加でしたが余力があれば19区も走るかも。20区は絶対に走らない(笑)
とにかくよろしくお願いします。

というか、アフターだけ参加のジョギンガーさん、ブレてないところがいいと思います。
また怪盗さんを無事に送ってくださいね(笑)

+++++++++++++++++++

さて、埼玉県最高峰という三宝山を制覇した埼玉県人である我々は、すっかり気が抜けて、あとは、ゆっくりゆるゆるなだらかな斜面を歩きながら景色を楽しむ、というご褒美区間に突入した。と思っていた。

三宝山から甲武信ヶ岳へ戻り、まき道を使って甲武信小屋へ到着。この時点で10時34分。ちょっと早いが昼ご飯ということでおにぎりを食べる。もう、達成感やら充実感やらでおにぎりもうまい。
15分ほどの休憩で先へ進む。

今回の行程はあまり迷うような道もなくわりとすんなり行けるのだが、一応、ザキさんが山地図アプリをダウンロードされていて、それとザキさんのガーミンで高度を確認しながら先へ進んだ。
なので、甲武信小屋出発後、ここから300mほど下るようです、と教えてもらう。まぁ、そりゃそうだ。だって2400mもあるんだから、ゆるゆる下っていかなくては高度が下がらない。

しかし、なんというか下りはけっこう急だ。ゆるゆるという感じではない。そして、また、急な下りで目を輝かし始めるザキさん。走り出したくてうずうずしているようなので、私の熊鈴が聴こえる範囲内で先へ行ってかまいませんよ、と子どもが迷子にならないように優しく教える感じで話す(笑)
それにしてもザキさん、下りが速い。以前、スキーと同じだと気付いた、と仰ってからますます速くなった。

しばらく行くと賽の河原という場所へ。
振返って下りてきた山を写した写真。
140914RIMG0038.jpg

そして、これから行く先を写した写真。
写真右上にある湖のところがゴールだ。山がどんどん下がってるでしょ?ゆるやかな下りが続くと思うでしょ?
140914RIMG0040.jpg

この先も急な下りを下り続け、ザキさんは颯爽と走り続けていると、いきなり視界が開けた場所に出る。
そこが破風山避難小屋だということはわかっていたのだが、とても不穏な空気が流れる。
この目の前に聳え立つ山。実物は写真の2倍くらいの近さと高さで聳え立っていた。
140914RIMG0041.jpg
ザキさん、あれって?まさかね?まさか、これ上らないよね?
僕が誘って、僕が案内しているのに、この現実から目を逸らしたくて、ザキさんに訊ねる。まぁ、愚問というやつなのはわかっている。

こっから200mくらい上りますね、とザキさん。

僕はため息とともに、200mって東京タワーよりは低いな、でも東京都庁よりは高いんだろうか?どうなんだろう?とりあえず都庁の階段上ると思えばいいのか?つーか都庁に上ったことないけど、と思いながら先へ進む。

やはり山が近いだけあって、完全な急登だ。しかも大きな岩がゴロゴロしてあって、四つん這いになって岩を掴みながらでないと登れない。なんだ?誰だ?ご褒美区間とか言った奴は?いや、誰も言ってないけど、あぁ、ちくしょう、などとブツブツ言いながら上る。

途中で動けなくなり、休む。ここはつらかったけど眺めはここが一番よかった。下を見るとキュンキュンするけど(笑)
写真真ん中の木々が生えていない場所が先ほどの避難小屋。
140914RIMG0060.jpg

少し休んで元気が出て、なんとか破風山へ。
西破風山(2317.7m) 山梨百名山。
140914RIMG0061.jpg

ところがね、この破風山ってなぜか西破風山とも言うらしいのよ。そんで西があるっていうことは東もあるのよ。
そんなわけで、また下って、また上る。あぁ、なんて不経済な、なんて不合理な、普通にゆるゆる下ればいいじゃないか。
標高差は数十mでもこの間に、見えない下りと見えない上りと戦っているわけです。まぁ、好きで行ってはいるんだけど。

東破風山(2280m)
140914RIMG0063.jpg

雁坂領というところまで行けば、その先に上りはないという情報は知っていた。だからあとは雁坂領まで行くだけだ。
ところがこの雁坂領への道のりでは3回も偽ピークがあって、そのたびに打ちひしがれ、心砕かれ、疲労困憊状態になった。
雁坂領(2289.2m) 関東百名山・山梨百名山
もう、あまりの疲労で顔をお見せできるレベルにない(笑)
140914RIMG0068.jpg

ずっと我慢していたのに、やはり今日も我慢できなかった(笑)
140914RIMG0072.jpg

ここでもおにぎりを食べて、とにかくあとはゆっくり下るだけですよ、我々はついにやりましたよ、とザキさんに話して先へ進む。

しばらく行くと日本三大峠である雁坂峠にたどり着く。
雁坂峠(2082m)
140914RIMG0080.jpg

で、ザキさんが、ここからあと5~6kmでゴールですと教えてくれる。

え?ちょっと待ってください。は?あと5~6kmでゴール?ここってまだ標高2000m越えてますよ?そんであと5~6kmしかないって、ゆるゆるな下りなわけがありませんよ、誰だ、雁坂峠がゆるゆるだなんて言ったやつは?って誰も言ってないけどさ。

たとえばハセツネ最後の日の出山からゴールまでは700m下るのに11.5kmあるわけで、このくらいでゆるゆるの下りのはずだ。
ハセツネより急なキタタンコースでも1100mを11kmで下る。
それなのに、雁坂峠からゴールまでは1000mを5~6kmで下らなくてはいけないので、完全に急な下りじゃん!きついにきまってるじゃん!ってなわけである。

もう、げんなりである。いつものように、ったく、ケーブルカーとかねえのかよ、とやさぐれていると、その僕らが下ろうとしている急な坂道を必死で上ってくるランナーを見かける。

雁坂峠越え秩父往還142kmに参加しているランナーだった。このレースが今日あることは知っていたし、トレイル区間があることも知っていたけど、まさかこんな2000mの峠を越えて行かなくてはいけないとは知らなかった。しかもこの2000mを越えても、ゴールの川越までまだ100kmくらいあるのだ。

制限時間を考えると、この時間にここにいるということはちょっと関門に間に合わないと思われるのだが、でも、なんかこっちまでウルウルしてきて、頑張っているのは知っていても、ナイスラン!がんばって!と声をかけずにはいられなかった。

そして、そんな彼らを見ていたら、たかが25kmくらいの山道でやさぐれて毒を吐いている自分がいつも以上にみっともなく思えるので、まぁ、仕方ない、先へ進むことにする。ホント、仕方がない(笑)

そんな感じで先へ進むも、けっこうなアドベンチャー的なコースで、こうやって沢をロープでつたって渡る場所とかあって怖かった。
140914IMG_9434.jpg

雁坂峠からの下りもやっぱりグダグダ言いながら、それでも何とか9時間40分くらいでゴールにたどり着いた。
とにかくキツくて、とにかくつらかったよ。ここ。

道の駅みとみ(5:40)
徳ちゃん新道登山口(6:20)
近丸新道合流(7:33)
木賊山(8:58)
甲武信小屋(9:08)
甲武信ヶ岳(9:28)
休憩(9:33)
三宝山(9:58)
休憩(10:07)
甲武信小屋(10:34)
休憩(10:49)
破風山避難小屋(11:20)
西破風山(12:03)
東破風山(12:20)
雁坂領(12:59)
雁坂峠(13:27)
道の駅みとみ(15:19)

一応、上記のとおりタイムを書いておきました。
なぜ、こんなタイムを書いたのかというと、すべての埼玉県人の方々のために書いておきました。
富士山に登るのもいいでしょう。でも埼玉県人であるならば、一度は埼玉県最高峰のとても地味な三宝山へ上ってみることをお勧めします。
たぶん、あんな地味な山、埼玉県人でなければ上る理由を思いつけない(笑)
なのでそんな方々の参考になるかもしれないのでタイムを残しておきます。

ちなみに、私はもう行く気はありませんので誘わないでください(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

bg

埼玉県人としてメッセージ受け取りました
すごく興味深く。タイム参考にさせてもらいます

あーー来年はもちろん雁坂峠秩父往還のレースでられるんですよね?

09

21

16:07

ザキ

もういい思い出になってきています(笑)。帰りの渋滞がなければ、また行ってもいいかも?

09

22

05:52

アレキ


bgさん

ぜひぜひ上ってみてください。
そんで秩父往還も出てみてください。
もちろん内緒で参加してください(笑)

09

22

06:03

アレキ


ザキさん

やっぱり(笑)
最初があの行程の山だと、次はどこへ行っても大丈夫な気がします。
とりあえず他も含めて行きましょう。

09

22

06:05

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/696-45e1bd2d

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad