08

26

コメント:

夏休みの思い出 その2

翌朝の朝食の時間は8時。
だから最低でも8時までには戻ってくればいいのだが、さすがに汗だくだくで朝食を食べるわけにもいかないからお風呂に入る時間も欲しい。
そうすると宿に戻るのは7時。以前、上ったときには全部歩きで4時間かかった。今回もそんなに変わらないだろうけど、3時間半あれば戻ってこれるかな。

なので3時起床、3時半スタートにした。
真夜中の山に一人なんて考えただけで怖いけど、でも1時間も我慢すれば夜明けがやってくる。そこまでの辛抱だ。
そんなことを考えつつ、やっぱり家族旅行で深夜の山中とかおかしいよ、ゆっくり寝ようよ、行きたくねぇ、と思う自分も当然のようにいる。

とりあえず夕飯のときに山荘のおかみさんに、3時半に外へ出ることはできますか?と訊くと、まぁ、当然、なぜ?と訊かれる。
山に行くと言うと、それなら通用門を使ってくださいと教えてくれて、そんで五合目の神社へ行かれるのですか?と訊かれたので、いや、山頂へと答える。

は?山頂?

という反応になり、3時間半で戻ってこようと思うと言うと、なんかおかみさんの方が盛り上がって、いろいろ話しかけられて、この方、夜中に山頂まで行ってくるんですって、とかってなり、なんつーのこれ、やらないわけにはいかなくなった(笑)

結局、3時に起床。ライトを持ってきておいてよかったと思いながら準備をしていると熊鈴を持ってくるのを忘れたことに気づく。
大山に熊がいるのかはわからないけど、昨日の散策コースにも熊出没とかって看板があったし、とりあえず用意しないで会ったらマジで不覚だ。熊なんてそうそう会うわけないじゃん!って言いたいけど、実際会ったことあるし(笑)

う~ん、どうしよう?いや、もしかしたら?と思って調べると、あるもんですね。熊鈴アプリ(笑)
速攻ダウンロードして、ほんで3時半にスタート!

山荘の前から走る。参道の入口まで500mくらいだろうか。傾斜のある舗装路。
なんか最近、坂道を走ることに抵抗がなくなってるな、と思う。もちろん速くは走れないけど、でも走る。

参道に入る。登山口までは街灯で明るい。昨日金髪くんがリタイアした道だ。
参道が終わると男坂と女坂に分岐していて、男坂は夜間通行禁止になっていた。

ま、禁止でなくても女坂行くけどね。
でも、こういう時って女坂が楽だと思いがちだけど、上りに楽な道などない。

つらい。加えて暗い。そして怖い。
何が怖いって熊鈴アプリだ。音が、なんつーか修験者?そんな人が持ってる杖の先に付いてるシャリィーンって音がするやつ。
ああいう音がする。それもアプリだからやたら正確な間隔で。
熊鈴が鳴るたびに後ろを振り返って、白装束の人とかいるんじゃねーか?とビクビクする。

したら、目の前を大きな物体が横切る。

ふぁゃあはぁ~

なんて声にならない声を上げるとそれは鹿だった。

怖ぇ。やはりあと少しで明るくなるんだからそれまで待ったほうがいいのでは?
でも、それだと3時間半では戻ってこられない。途中で引き返すのもイヤだ。

とにかく行くしかない。
五合目まで40分くらいかかったかな。また深夜の神社も怖ぇ。
一応、手を合わせて無事下山を祈り、そそくさと先へ急ぐ。

途中で蒸し暑さと何も食べていないからか、気持ち悪くなったのでガスター10を飲み、ゼリーを食べ、ペースをおとす。
それでも少しづつ明るくなってくると、身体が元気になるのがわかる。
いつも思うが夜明けの力ってすごい。
140815RIMG0016.jpg

高度が上がり風も強かったからか少し寒いくらいになり、そうなるとわりかしサクサク上れる。さすが75(笑)
140815IMG_7337.jpg

もう、なんというか明るくなると、夜明けの景色を含めて山頂までの道のりはご褒美みたいなものだと思う。
140815IMG_9531.jpg

140815RIMG0019.jpg

山頂までは宿から1時間40分かかった。1時間30分を目標にしていたので少し遅れたが、まあ、あまりタイムにこだわる感じでもないし。
140815IMG_1094.jpg

それでも帰宅時間は決まっているのですぐに下山。
帰りは見晴し台経由で少しだけ遠回り。
もうすっかり明るいからゆっくり走る。気持ちいい。早朝の山を駆け降りるのも気持ちいい。

そんな感じで3時間14分で宿へ帰ってきた。
お風呂へ入って朝食。

充実だよ、充実した時間だったよ。

そのまま海へ。
海では釣りとかよくわからないのでただ海辺でボーッとして、子どもを見ていた。
140815IMG_1126.jpg

隙あらば走ろうかと思って短パンだったので太ももが日焼けですごいことになってしまった。
あれから10日も経つのに、まだヤケドっぽくなっている(笑)

山では早々にリタイアして、もう登山は懲り懲りとか、釣りも興味がないので海はつまんねーとか言っていた金髪くんは、そもそもなんで今回の旅行に来たのだろう?と思っていたら、生しらす丼が食べたかったらしい(笑)

なのでそれを食べて帰った。
ま、こういう旅行もいいものかもな。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

メテオデ

一人で早朝のお山もいいですね!
丹沢の大倉尾根で夜シカに遭遇して腰を抜かしたことがありますが、眼が光りますよねσ(^_^;)

08

26

23:17

アレキ


メテオデさん

終わってみるといい思い出になっているのが怖いです(笑)
でも、一人で上っても、こうやって話を聴いてくれる方々がいるから上れるのかもしれませんね。

08

27

00:38

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/666-95ec98f2

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad