--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

し~やん

限界を突破したようなお姿を色々なブログで見るのですが
あれはうそ?(笑)

今後とも宜しくです・・・

07

25

08:20

ペス

おはようございます。おんたけは第二関門でリタイアしました。時間は間に合ったのですが足が本当に限界でした。でも限界を越えればゴールできたかもしれません。残念です。来年のリベンジに向けて今度、足を鍛えるために奥多摩に行こうかと思っています。

07

25

08:34

メガネくん

ボクも肉体的限界の前に精神的にすぐ折れちゃいますね。
ちっちぇ〜、俺の器ちっちぇ〜wと毎回思います。
家でもたまに半分本気で子供とケンカしたりとかしますから。ちっちぇ〜w
大人の余裕が欲しいです・・・
でもそのせいで健やかな人生を送れているのだと、変に前向きに考えてみたり。

07

25

13:01

ローズリング

良いお話です。
思わずおんぶしてあげたくなりました。笑

07

25

15:39

まんちん

わかる(笑
そんな私でも、第63回の富士登山競走初参加から
ようやく、今回山頂コース完走。
五か年計画。ソビエト連邦か。

07

25

20:13

アレキ


あれは限界を突破した姿ではなくいろんなものが折れた後の姿です。
充足した姿ではなくやさぐれた姿ということですね(笑)

07

26

11:20

アレキ


ペスさん

おんたけお疲れさまでした。残念でしたね。でも限界を超えてまで進まなくても、ほら、我々には日常の生活もありますから(笑)
また走れる時間が取れるようになればペスさんなら軽くリベンジできますよ。
奥多摩行きましょう。私と一緒だとあまり練習にはなりませんが(笑)

07

26

11:22

アレキ


メガネくん

器の小ささ、すごく共感できます(笑)
私も子供に、大人らしく穏やかに相手をしているうちにたいしたことでもないのに本気で怒りだすことがよくあります。
ま、でも子供がそういう理不尽なことを乗り越える練習だ、と思うことにしています(笑)

07

26

11:26

アレキ


ローズリングさん

ありがとうございます。
おんぶしてもらえるようにキッチリ痩せたいと思います(笑)

07

26

11:26

アレキ


まんちんさん

やはりわかってもらえますか(笑)
それにしても富士登山競走完走おめでとうございます。
このレースを完走したってことは速くて強いってことですから、ホントかっこいいです。
限界超えずに完走するところがまた素晴らしい(笑)

07

26

11:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

07

26

12:07

ひこ

本当に限界を超えたら本当に故障するとか死んでしまうとか、廃人のようになってしまうとか、そうなってしまって二度と戻ってこれないのだと思います。
そういう意味で、川内も限界は超えていないし、アレキさんも我々も、同じような所で、ちょっとだけ力を出したり出さなかったりしているのだと思う。おんなじだと思う。

07

26

14:17

アレキ


ひこさん

限界というよりは限界ギリギリと言ったほうがよかったかもしれませんね。
私の場合はもう無理、と思った時点でもまだ余力を残してるような感じでなかなか限界ギリギリまで追い込めないということが言いたかったのです。
ひこさんはあれですか?ある液体を飲むと追い込めるのかな?(笑)

08

04

07:07

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/646-5f68c1b2

07

25

コメント:

限界突破せずとも

子どもの頃から、限界を超える、という体験をしたことがない。
わかりやすいたとえだと、川内くんみたいに走り終えたら倒れてしまうとか、もうこれ以上ないってくらいがんばりました!ということがない。
ま、それは運動に限らず、勉強とか仕事でも同様だし、そもそも生きていくうえで、全く限界を超えたことがない。

ほら、あの、人間の身体は30%しか使ってないから残りの70%を使う的な限界突破な感じ?

前にテレビで学者の人が川内くんの場合は通常の人間が生命維持のためにブレーキをかけるような場面でも簡単にリミッターがはずれてしまうみたいなことを言っていた。
それもどうかと思うけど、まあ、限界を超えるっていうのも得難い体験なのだろうな。

一番は気持ちなんだろうけど、自分の場合は肉体的にもそうだし、とにかく全てにおいてすぐに折れるからな。
ま、そんな自分が嫌いではないけど(笑)

とにかく今後も自分の限界を超えるようなことはないだろうと思う。

最近は赤ん坊を抱っこする人が増えて、おんぶする人が減ったというのを随分前に聞いたことがある。

抱っこだと赤ん坊は親の顔しか見えないけれど、おんぶだと親の目線でいろいろなものを見ることができるから、それがあらゆる刺激となって赤ん坊にはいいということらしい。ホントかどうかは知らないけれど。

人間で一番ストレスを感じているのは赤ん坊で、ストレスとは外的な刺激のことだから、赤ん坊なんてそりゃ、目に見えるもの全てが外的な刺激になるわけで、でも同時にそれらは彼らの成長に必須なわけだ。

だからストレスってマイナスなイメージがあるけれどバランスの問題で、適度なストレスは必要だということらしい。
外的な刺激。

話がずれたけど、僕はそもそも自分が限界を突破できるような人間だとは思っていないんだけど、なんというか、おんぶされた赤ん坊のように、そこから見える景色を見ていたいという思いはある。

もちろん僕は赤ん坊ではないから、誰もおんぶはしてくれないけど、自分でその場所まで辿り着ければ、そこからの風景を見せてくれる人たちはいる。

最近は、その場所まで辿り着くことができてないし、まあ、その場所もどんどん先へ行ってしまうけど、とにかくその風景が見えるところまで、がんばりたいな、と思う。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

し~やん

限界を突破したようなお姿を色々なブログで見るのですが
あれはうそ?(笑)

今後とも宜しくです・・・

07

25

08:20

ペス

おはようございます。おんたけは第二関門でリタイアしました。時間は間に合ったのですが足が本当に限界でした。でも限界を越えればゴールできたかもしれません。残念です。来年のリベンジに向けて今度、足を鍛えるために奥多摩に行こうかと思っています。

07

25

08:34

メガネくん

ボクも肉体的限界の前に精神的にすぐ折れちゃいますね。
ちっちぇ〜、俺の器ちっちぇ〜wと毎回思います。
家でもたまに半分本気で子供とケンカしたりとかしますから。ちっちぇ〜w
大人の余裕が欲しいです・・・
でもそのせいで健やかな人生を送れているのだと、変に前向きに考えてみたり。

07

25

13:01

ローズリング

良いお話です。
思わずおんぶしてあげたくなりました。笑

07

25

15:39

まんちん

わかる(笑
そんな私でも、第63回の富士登山競走初参加から
ようやく、今回山頂コース完走。
五か年計画。ソビエト連邦か。

07

25

20:13

アレキ


あれは限界を突破した姿ではなくいろんなものが折れた後の姿です。
充足した姿ではなくやさぐれた姿ということですね(笑)

07

26

11:20

アレキ


ペスさん

おんたけお疲れさまでした。残念でしたね。でも限界を超えてまで進まなくても、ほら、我々には日常の生活もありますから(笑)
また走れる時間が取れるようになればペスさんなら軽くリベンジできますよ。
奥多摩行きましょう。私と一緒だとあまり練習にはなりませんが(笑)

07

26

11:22

アレキ


メガネくん

器の小ささ、すごく共感できます(笑)
私も子供に、大人らしく穏やかに相手をしているうちにたいしたことでもないのに本気で怒りだすことがよくあります。
ま、でも子供がそういう理不尽なことを乗り越える練習だ、と思うことにしています(笑)

07

26

11:26

アレキ


ローズリングさん

ありがとうございます。
おんぶしてもらえるようにキッチリ痩せたいと思います(笑)

07

26

11:26

アレキ


まんちんさん

やはりわかってもらえますか(笑)
それにしても富士登山競走完走おめでとうございます。
このレースを完走したってことは速くて強いってことですから、ホントかっこいいです。
限界超えずに完走するところがまた素晴らしい(笑)

07

26

11:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

07

26

12:07

ひこ

本当に限界を超えたら本当に故障するとか死んでしまうとか、廃人のようになってしまうとか、そうなってしまって二度と戻ってこれないのだと思います。
そういう意味で、川内も限界は超えていないし、アレキさんも我々も、同じような所で、ちょっとだけ力を出したり出さなかったりしているのだと思う。おんなじだと思う。

07

26

14:17

アレキ


ひこさん

限界というよりは限界ギリギリと言ったほうがよかったかもしれませんね。
私の場合はもう無理、と思った時点でもまだ余力を残してるような感じでなかなか限界ギリギリまで追い込めないということが言いたかったのです。
ひこさんはあれですか?ある液体を飲むと追い込めるのかな?(笑)

08

04

07:07

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/646-5f68c1b2

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。