04

30

コメント:

チャレンジ富士五湖100kmレポ その5

30kmを過ぎても快調に進む。古河はなももマラソンでは歩き倒していた距離なのに今のところずっと走っている。
さぶろうさんの言う通り河口湖までは下り基調なのでそのまま走る。わりと順調にというか思っていたよりも走れてはいるのだが、だからと言って楽なわけでもないし、こうやっていつまで走り続けなくてはならないんだろう?とも思い始めていた。

「ウルトラってあれですかね?50km過ぎたあたりから楽しくなってくるんですかね?」とさぶろうさんに訊いてみる。

そうですね。と返ってくる。

ウルトラ特有の苦しみとかつらさとか痛みとかはこれから襲ってくるのだろうという思いと、後半はタラタラ歩きながらも含めて前に進めるんだろうと思ってそんなことを聞いてみた。

~35km(32:58
平均ペース 6:35

ちなみにエイドはだいたい4~5km毎にあって、とりあえず最初の4.4km地点以外はすべて寄っている。ただ滞在時間はだいたい1分くらいだと思う。
35km過ぎて、ちょうど富士急ハイランドとかがある車の往来も激しい通りを走っていたあたりで、なんか急激に疲れてきた。
目標である33km地点は過ぎたし、後はさぶろうさんにすべてお任せしようと思った。ここから先を乗り切る術を僕は知らない。

もう歩いたり歩いたり走ったり歩いたりしたいですと言って、連れてってもらう(笑)
とりあえずこの先に坂があるので歩きましょうと言って、40km手前で初めて歩く。
しかし、その上りはほんの数十メートルしかなくて、すぐにフラットな道になるので、また走る。

~40km(37:54
平均ペース 7:34

もう40kmも走ったのかぁ、と思った。そう。もう40km?と思った。

でも、やっぱり数字を意識するとダメだ。40kmも走り続けたなんて、オレって偉い、と思い始めたら一気に疲れが出てきた。そして、また、あと60kmもあるのか?という考えが頭をよぎり、さらにクラクラし始めた。

もう、つらく苦しく感じつつも、楽しみが待っているぞ、とそのことを考えた。41km、44km、46km、としか考えてなかった。とにかく41、44、46だ!

41kmあたりで、うーぱぱさん。幟が見えたときは嬉しかったよぉ。ありがとうございました。
140420077.jpg

河口湖に入り、また淡々と走る。ここで僕は何となく気づく。
さぶろうさんは、上りは歩き、フラットと下りは走りましょうと言っていた。僕のイメージでは山で上りは歩くというような、そんなイメージだった。山での上りなんて半分以上はあるからね。
でも、このコースって…。なんかフラット多くね?登り坂あんまなくね?

これって、もしかして、ほとんど走るって意味なんだろうか?と思いつつも、そんなことを考えても何の解決にもならないので、次の44km地点を目指すことだけを考えた。

44kmあたりでtenkoさん。この名前入り横断幕。すげえよ、すげぇ。始めましてなんだけど、こんなもの用意していただいていてとても感激した。
14042020140426105926067.jpg

~45km(40:12
平均ペース 8:02

そんで、あとは46km。昨年アレキ専用椅子を用意していただいたのにたどり着くことができなかったあの場所へ。
ついに、ついに、僕はやってきた。長かった。とても長かったよ。
どこからともなく歌が聴こえてきた。

はるか~草原を♪ ひとつかみの雲が~♪
あてもなく~さまよい♪ とんで~ゆ~く~♪

あっ、すいません。歌は聴こえませんでした。

やっときた、レイさんエイド。ここが僕のゴール地点だ!ゴ~~ル!!!
140420P1170365.jpg
感極まったゴールシーン。涙を誘うな。
140420NORI7408.jpg
やった、やったよ、オレ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村



あっ、すいません(笑)

いやぁ、ここ天国かと思った。というか天国でいいと思った。今年は応援の方々もたくさんいらっしゃって、というか昨年たどり着いてないからよくわからないけど(笑)
140420P1170169.jpg

ほら天国。ちやほやされてる。日常の暮らしの中で、こんなにちやほやされることはない(笑)
140420NORI7410.jpg

どこからともなく歌が聞こえてきた。

ここは天国じゃないんだ♪ かといって地獄でもない♪

見えない自由がほしくて 見えない銃を撃ちまくる♪
本当の声を聞かせておくれよ♪

本当の声はどっちだろう?ここがゴールでいいんじゃないだろうか?(笑)
140420P1170385.jpg

これだけ多くの方々に応援していただいているのに完走を目指さないわけがない、と思ったかどうかは忘れてしまったが、こういう応援の一つ一つが本当に沁みる。嬉しくて、嬉しくて、しかたない。

そんなわけで、またさぶろうさんと二人で出発だ。出発間際にチャレさんとハイタッチして先へ進んだ。
かっこよく先へ進んだものの、この確変か!と思うほどの応援充足地帯を越えてしまった僕は、これから何を心の拠り所に生きていけばいいのだろうか?と思いながら、よろよろと先へ進んだ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/599-5bc547d0

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad