04

29

コメント:

チャレンジ富士五湖100kmレポ その4

競技場を出て会場内のコースを走ると、けっこうな応援の人たちがいて、その人々の行ってらっしゃ~い、という声援を聞き、なぜかうるうるしてきた。
あれ、なんでうるうるするんだろうね。でも、会場の外へ出ると、すぐに静寂がやって来て、聞こえるのはランナーの足音と息遣いだけ。それも道路を取り囲む木々や細かな雨が、幾分音を消してしまうようで、より静寂を感じながら、ただただ走る。

さぶろうさんとこれから長い時間一緒に走ることになるのだが、とくにプランを立てていたわけではなく、とにかく最初は僕の走りやすいペースで走ってください、とのことなので流れに沿って走る。
すこしペースが速いような気もしたけど、ウルトラでなくてもフルでもハーフでも最初の数kmって、歩いたら人間失格的な雰囲気があるので、一応、周りに合わせて走る。とりあえず流れについて行きたいので最初のエイドはスルー。

まぁ、自分の目標としては30km過ぎまで休憩含まずキロ6分30秒で走れればいいかな、と思っていた。
ま、ホントの目標は、焼き鳥ふじまでは本気出す!と思っていた(笑)

~5km(31:12
平均ペース 6:14

ちょっとつらい(笑)
しかも昨年とコースが変わったようで、途中から信じられないくらい長い上りがあって、もうすでにゼーハーしていて、脚が重くて、えぇ!!まだ10kmも走ってないのに?と思う。

~10km(34:19
平均ペース 6:52

10km地点に着いたときに、あと90kmか、と思ったらゾッとしたので、それ以降はあと何kmということは考えないようにした。
たしか、この10kmあたりで15分遅れでスタートしたはずの、す~さんに抜かれたんじゃないかな?す~さんはふなっしーの被り物を被って、涼しい顔で跳ねるように走ってきて、とても楽しそうに、そして風のように進んで行った。ちょっと信じられないスピードだ…。

気を取り直して自分のペースで進む(笑)

昨年であれば10kmよりも手前にあのローソンがあったのだが今年はコースが変わり、そこは通らずに山中湖へ行くようになっていた。しかし、山中湖の帰りに通るようだった。
とりあえず山中湖へ入る。

~15km(32:20
平均ペース 6:28

さぶろうさんは、まぁ、コースが狭いのもあるけど、僕の後ろに着いて走っていた。僕のペースを邪魔しないように気を使って走ってくれていたのだと思う。たまに横に来て、いいペースで走ってますよ、とか、もう少しゆっくりでも余裕ですよ、とかアドバイスしてくれていた。
18kmのエイドで、僕は乳首に絆創膏を貼った。ファイントラックを着るようになってから、絆創膏は不要だったのだが何となく気になってきたので、早いうちに対処した。さぶろうさんはトイレに寄った。

この後くらいから、なんだか僕は楽しくなってきて、テンションが上がってきた。昨年、走った見覚えのあるコースで、今年は昨年と違ってたくさんのランナーと一緒に走っているのが嬉しくて仕方ない。
焦っているわけではないのだが、このまま早く焼き鳥ふじの関門を通過したくてうずうずしていた。

~20km(37:08
平均ペース 7:25
乳首に絆創膏貼っててこのペースは速いと思う(笑)

昨年の雨の中をもがくように走っていたのを思い出したからか、山中湖が終わりに近づけば近づくほど、足取りが軽やかになってきた。
後ろを走る、さぶろうさんの息遣いが荒いことはわかっていた。やはり、ケガの影響や故障による練習不足もあるのだろう。ただ、普通の人とはそこからが違うこともよくわかっていた。
ウルトラやトレイルでは復活があるとさぶろうさんに教わったが、さぶろうさんほど復活する人を僕は今まで見たことがない。
だから、つらそうにしていたとしても、さぶろうさんがこれ以上落ちることはないことも僕は知っている。中盤以降、さぶろうさんに着いて行く展開になることもわかっていた。僕ががんばらなくてはいけないのはそこからだ。

なので今は躊躇せず気持ちよく走った(笑)
140420IMG_2916.jpg

~25km(32:57
平均ペース 6:35

山中湖を終えて、いよいよ焼き鳥ふじへ向かう。もうそこを越えられれば、そこで終わりでもいいや、なんて思いながらペースが速くなる。とりあえず昨年のあの場所を越えられることは確実になってきた、と思うだけで嬉しかった。

焼き鳥ふじに着いたのは関門の43分前だった。ひゃっほ~!
2分ちょっと補給で立ち止まり、スタートから3時間4分で焼き鳥ふじを通過した。

もう焼き鳥ふじを通過したら、それで気が抜けて、あとはタラタラ走ったり歩いたりするんだろうと思っていたが、思いのほか余力が残っている。
そうなると第2の目標33km地点だ。昨日、コテージで散々弱音愚痴を吐いていたが、他の方々の仰る、72km参加のランナーと合流する33kmあたりをなるべく早く通過すること、という話もきちんと聞いていたのだ。

僕が33km走ってそこそこヘロヘロになっている時に、まだ6kmしか走っていないフレッシュな脚の状態の72kmのランナーと合流するらしく、それはもうペースから何から狂ってしまうらしいのだ。
元気な彼らに惑わされないためには、彼らが合流するよりも早くそこを通過するといいらしく、そのためにはキロ6分30秒ペースで走れればいいらしいのだ。

そんなことを思っていると、さぶろうさんがここから河口湖までは標高が下がりますから基本下りです、と教えてくれた。
ふむふむ。それはもったいない。この重い体を下りの重力に任せてこのままのペースでがんばろう、と思った。

そんな風に、快調に進んでいると、その先には、あの、あの、あのローソンが!!!
140420IMG_1717.jpg
急いでいたけど、きちんと立ち止まって写真を撮ってもらった(笑)
140420IMG_1503.jpg
よし!ローソンリベンジ終了(笑)

ローソンのすぐ先でmakoさんが応援してくれていた。ありがとう。

~30km(33:43
平均ペース 6:44
焼き鳥ふじでの休憩も含むからやはりいいペース。

でも、このあたりでそろそろもう走り続けずにタラタラ歩いてもいいポイントを探し始めていた。いつまでも走り続けていられるか、だって100kmだよ?と思っていた(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

さぶろう

面白いなぁ。(笑)

04

29

09:30

レイ

うんうん、アレキ節 いいなぁ。
臨場感があってドキドキします。

04

29

09:44

し~やん

うんうん
さすが文才がありますね
丹後のレポも書いて欲しいわ

今後とも宜しくです…

04

29

10:26

のべ

あぁあのローソンが一瞬で終わってしまった
やはり今年は違いますね(笑)

04

29

17:45

アレキ


さぶろうさん

そう言ってもらえると嬉しいです。
でも、もうあれですね。つらかったことばかりのはずなのに、忘れてきている自分が怖いです(笑)

04

30

00:08

アレキ


レイさん

アレキ節(笑)
ありがとうございます。
もう忘れつつあって、それがちょうどクドくならずにいいのかもしれません(笑)

04

30

00:10

アレキ


しーやんさん

あの、ひょっとして、しーやんさんは丹後の運営の方なんでしょうか?(笑)
丹後愛がすごすぎます。

04

30

00:11

アレキ


のべさん

たしかにローソンで一話は無理でした。
昨年走ってない分、レポに力入れられたのかな(笑)

04

30

00:13

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/598-e86b3e54

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad