--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K12R2

2500人位が走っているはずなのに一人ぼっちって、71.5kmってそんだけ長い距離って事ですよね!!
無理だわ。
来年も応援だけにしようっと・・・。

10

25

12:43

ローズリング

幻覚ですか?!
クマ&イタチの幻覚!
ごめんなさい、笑える。
今でこそ笑い話ですけど、さぞかし怖かったことでしょうね。
他の皆さんはどんな幻覚を見るのかなあ。

10

25

17:55

アレキ


K12R2さん

いや、ただただ単純に僕が遅かっただけです(笑)
ホントはもっとたくさんの人たちと進めるはずですよ。
どっちがいいのかわかりませんけど。
ただ、一人でも山で立ち続けるスタッフの方々には助けられました。

10

27

11:38

アレキ


ローズリングさん

幻覚なのか、ライトの光の加減なのか、よくわかりませんがかなり焦りました(笑)
でもそれでも10数分寝ただけである程度復活するので人間ってすごいですよね。

10

27

11:40

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/503-dce330e6

10

25

コメント:

ハセツネレポ その9

闇の入口へ入ると、そこは広い原っぱのような下りで、すり鉢状に見える斜面を下りて行く。闇だから見通しがいいわけでもないけど、なんというか斜面全体が地の底へと向かっているかのようで、アリジゴクの巣とでもいえばいいのか、何とも薄気味悪く、やっぱり先へ進むんじゃなかった、と早くも後悔した。
粘土質の土だからか、深夜で土が湿っているからか、時折り滑りそうになるのをポールで支えながら下る。

これから第2のボスキャラ的な御前山(標高1405m)へ向かう。しばらく下り続けるとそこは地の底ではなくて、上りの始まりだった。アップダウンを繰り返しながら高度を上げていくのだが、いつの間にか周りには誰もいなくて、この区間はほぼ一人旅だった。

深夜3時過ぎに一人で山奥を歩いているという事実に気付くと恐ろしくなり、どんぐりが落ちる音でも、どこかで鳴いている得体のしれない動物の声にもいちいちビクビクしていた。
だから道端で寝転がっている人を見つけると、そこでちょっと休んだりもした(笑)

それでも圧倒的に人がいなくて、すぐに一人になる。怖えぇ。深夜3時の一人は怖えぇ。誰もいないとライトも僕一人の明りなので山がさらに暗く感じる。
単調で暗い道を歩いていると、疲れと寒さと眠気がピークに達してきて、そのうち真っ直ぐ歩けずにフラフラするようにもなった。

そんなときに子熊くらいの大きさの黒い影が僕に向かってすごい勢いで走って来た。

うえぇぇぇ!と思って身体を強張らせるが、何もいない。なんだ?今のはなんだ?え?なに?

ただの気のせいだったようだ。

びっくりしたなぁ、と思いながら歩き続けてしばらくすると、今度はイタチくらいの大きさの黒い影がすごいスピードで僕に突進してくる。

へ?なになに?だからなにって!

気のせいだった(笑)

どうやら完全に疲れているようだ、と思った僕は、得意の寝床探しを始めるとちょうどよくベンチがあったので、すかさずそこで寝た。

寒くて目覚めた。10分くらいだったと思うが、それでも幾分すっきりしていた。
その後もしばらく一人旅で、この時間帯の闇は本格的な闇で、たぶん一日のうちで一番深い闇の時間なんではないだろうか?と思いながら進んだ。

そんな深い闇の中にスタッフの方が一人でポツンと立っていて、ここからは足場が危険なので気をつけてくださいね、と言ってくれた。
この深い闇の中に一人でずっと立っていなくてはならないことを考えると、たとえ上りでも先へ進めるって素晴らしいことだと思えて少しだけ元気が出た。

御前山の上りが始まるとちらほら人を見かけるようになったのでホッとしたが、この上りがとても長い。何度も何度も頂上か?と思いながら騙されて、このあたりで道を譲ってくれた人たち全員に、まだですかねぇ?と話しかけていた。

そのうちにうっすらと山の稜線が見えてきたので、あれ?もう夜明けなのか?と思う。

当初の予定では日の出山で日の出を迎える予定だった。それが今は御前山…。
このあと大岳山、御岳山、日の出山へと進むから、まだ3つも手前じゃないか!

これ、本格的に制限時間まずい。間に合わないかもな。
次の大ダワは道路があるからリタイアするならそこが最終地点だ。それ以降だとリタイアしても帰るのがとても面倒になるし、下手したらゴールまで行くのが一番早く帰れることになるかもしれない。

大ダワだ。すべては大ダワで決まる、と思いながら先へ進んだ。

御前山(46.6km) AM5:33
目標time 1:25 実time 2:11
total time 16:33

御前山山頂に着いたときにはもう明るくなりつつあった。僕はたぶん制限時間ギリギリだと思ったので休まずにそのまま先へ進んだ。大ダワへ着いた時間でその先どうするか決めよう。

御前山から大ダワまでは下りだが、けっこう急で僕にとっては走れるような下りではなく、それが長く続くイメージがあった。
昨年ここを試走したときには下りの衝撃で足首が痛くなった覚えがある。そのことがあったので今回は靴を変えてみた。
今のところ右足の親指の付け根にマメができているようだが足首とかの関節や骨の痛みはないので、靴を変えてよかったのかもしれない。
とにかくポールを使いながらリズムよくゆっくり進もうと思っていた。

これね、日の出の力は偉大だよ。
この区間は淡々と着々と先へ進むことができた。

でもこの区間のことはほとんど何も覚えていない。
どんな景色だったのか?人には会ったのか?誰かと話をしたのか?まったく覚えていない。
大ダワにいるスタッフの人の声が聞こえてきて、あぁ、着いたぁ、と思ったことしか覚えていない。早朝の山はやっぱり気持ちいいなぁ、と思いながら進んでいたことしか覚えていない。

いずれにせよ、この夜明けの、御前山から大ダワまではとても気持ちよく進めた区間だった。
夜明けの力はすごいよ。

大ダワ(49.7km) AM6:33
目標time 1:00 実time 1:00
total time 17:33
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

K12R2

2500人位が走っているはずなのに一人ぼっちって、71.5kmってそんだけ長い距離って事ですよね!!
無理だわ。
来年も応援だけにしようっと・・・。

10

25

12:43

ローズリング

幻覚ですか?!
クマ&イタチの幻覚!
ごめんなさい、笑える。
今でこそ笑い話ですけど、さぞかし怖かったことでしょうね。
他の皆さんはどんな幻覚を見るのかなあ。

10

25

17:55

アレキ


K12R2さん

いや、ただただ単純に僕が遅かっただけです(笑)
ホントはもっとたくさんの人たちと進めるはずですよ。
どっちがいいのかわかりませんけど。
ただ、一人でも山で立ち続けるスタッフの方々には助けられました。

10

27

11:38

アレキ


ローズリングさん

幻覚なのか、ライトの光の加減なのか、よくわかりませんがかなり焦りました(笑)
でもそれでも10数分寝ただけである程度復活するので人間ってすごいですよね。

10

27

11:40

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/503-dce330e6

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。