08

20

コメント:

リベンジャーブルース キタタンその2

鐘撞山を上りはじめるも、やはりぴったりと後ろを付いて来るアンコニーさん。
なんか僕の心肺がいつもよりも息苦しく感じて、なかなかつらい。
せっかく秩父ウルトラへ向けての練習でここまで来ていらっしゃるので試しに、先へ行きますか?と訊いてみると、そのままサクサクと上って行った。

アンコニーィィィ!

速い(笑)どんどん置いていかれながらも、いつものようにマイペース。というか苦しくて苦しくてすぐに立ち止まる。
う~ん、やっぱり体調不良なのだろうか?でも何となくここでがんばれれば荒療治で逆に体調がよくなるような気もする。復活もあるかもしれないし。

そのままゆっくりと淡々と、いや休み休み上り続ける。しかし、ついに苦しくて動けなくなり、座り込む。
アンコニーさんはすでに見えない。山の中に一人。まぁ、この状態は嫌いではない。慣れてるし(笑)

とにかく呼吸が苦しい。何度大きく息を吸ってもうまく体に空気が入ってこない。しばらく動けずに座っていたが呼吸は乱れたままだ。
鐘撞山の山頂まではあと少しだということはわかっていた。アンコニーさんもそこで待っているのだろう。
でも立ち上がれなかった。それどころかもうここから下りたかった。これ以上、登れる気がしなかった。

しかしそうも言ってられない。下りるにしてもアンコニーさんにそのことを伝えなければならない。
とりあえず鐘撞山山頂まで進もうと立ち上がる。その後もゆっくりとしか進めず、ブツブツ毒づきながら、ぼやきながら、なんとなく心が折れたままゆっくり上る。

これ、レースの時よりもさらに遅い。これじゃ、フルコース走るの難しいかも。こんな序盤でもうヘタってしまってやっぱりダメなんだなぁ。暑さとかじゃなかったんだ。元々完走できる走力がなかっただけじゃねーか、などとぶつぶつ思いながら上っていると、急に風が吹いた。

その風は5月に吹くような爽やかな風で、そんな心地よい風に吹かれたのはずいぶんと久しぶりのことなので、わりとびっくりして斜面に立ち止まり、空を見上げた。
太陽の日差しが、木々の葉の緑を照らし、その木々の葉は太陽の光を反射させ、遠くの山の木々の濃淡の深さを背景に、目に見える景色を色鮮やかなものにしていた。
その中を5月のような風が通り抜ける。
0817004.jpg

なんか、完走とかタイムとかもいいけど、今、この時に、この場所にいられるだけでラッキーなんじゃね?と思った。
とりあえずゆっくりと上って鐘撞山まで行こう。その後のことはそのときに決めよう。

そんな感じで鐘撞山まで上り、その後もアンコニーさんはサクサク上って、僕はゆっくりと上る。
アンコニーさんは先に行きながらも要所要所で心配しながら待っていてくれる。

県境尾根分岐。本日1回目のごろ寝(笑)
0817009.jpg

そのまま下って第一関門の神ノ川ヒュッテに着いた。5時間超えてた。レース時より遅い。

川の水を直接ひいてきた水をグビグビ飲んで、顔を洗い、頭に水をかけ、うっひょーとか言いながら、帽子をグショグショに濡らして、その帽子の中に水を溜めて、それを被ってまた、うっひょーとか言って、そんで水を飲む。

ハイドレにもその水を入れ、ペットボトルにも入れて、だから後半の僕の水分は全て川の水だ(笑)

さて、ここで作戦会議。
予定どおりフルコース行くのか?どこかでショートカットするのか?途中でやめてスタート地点までロードを歩くなりで帰るのか?

現実的な案はここで第二関門までショートカット。
どうしますか?アンコニーさん?

そうしましょう。

でも、アンコニーさんは明らかに僕の体調を心配してショートカットに同意している。
それは悪い。僕が誘っておいてこのザマだし、もしキタタンコースを走りきれたら秩父ウルトラに向けてかなりの自信になるだろうし、ショートカットするコースはウルトラの練習にもなるロード部分だ。

なので、ここでしばらく休みながら何度かホントにショートカットしますか?と尋ねる。
0817011.jpg
ほら、日差しは強くなってきたし、山頂と違って風すら吹かなくなったし、ロードの部分は日影なんてないし、かなりキツくて、フラフラになるけど、でもどうします?やっぱフルで走りますか?

いや、ショートカットで。

一応、フルコース走れないのはとても残念だという表情を作ったまま、そうですか、アンコニーさんがそう言うのならショートカットで(笑)

しかし、このアンコニーさんの英断がその後の僕らを救ってくれたのだった。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

ジュンボー

キタタン練習お疲れ様です。
道端に寝そべって、ヒル君は大丈夫でしたか?
私は先日(といっても7月)大山で吸われてしまいました。

08

20

23:54

アレキ


ジュンボーさん

ジュンボーさんのあの記事衝撃的でした(笑)
でも、まぁ吸っている途中のヒルに気付かなくてよかったですよね。
そんなの見たら恐ろしいなぁ。
私はキタタンコースはもう5回目ですがまだ一度も会ったことがありません。
いずれも晴天だったからかもしれません。

08

21

04:40

ひこ

走っているのは辛いのでしょうが、写真では綺麗な場所でヨサゲですね~

08

22

11:29

アレキ



ひこさん

そうなんです。まぁ、それがないとわざわざ高速乗って遠くまで行く気がしないんですけどね(笑)

08

23

04:38

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/444-f669372a

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad