08

19

コメント:

リベンジャーブルース キタタンその1

キタタンで第一関門を制限時間オーバーでDNFとなってから、もう一度このコースを走っておきたいと思っていたのだが、でも考えるだけで行くことができなかった。
だって暑いし、キツイし、ツライし。まぁ、だから完走できないんだよって話だけどね。

で、何となくこの日に行こうとは決めていたものの、一人だと絶対に行かない自信があったので、以前から都合が合えば一緒に山へ行きましょうと言っていたアンコニーさんを誘うことにした。

なんというか、キタタンフルコースをこの時期に付き合ってくれる人などそうそういないと思うから、いや、僕が逆の立場なら断っているから、キタタンコースがどういうものか、あまりよくわからない人のほうがいいと思った(笑)

ちょうど、アンコニーさんは秩父ウルトラにエントリーして気合いが入っている時なので、キタタンコースは長い時間動き続けるにはうってつけのコースだし、ロードの部分もけっこうあるからウルトラの練習にもなるよ、と囁いてお付き合いしていただくことになった。

しかし、先週、広島から帰ってきてから、何となく体調が悪くて、動悸息切れ眩暈という夏バテ?更年期障害?よくわからないけどそのような症状が続き、木曜には背中の張りや関節の節々が痛み、夏風邪?とも思ったが、とりあえず寝るという療法を続けた。

歳とともに寝ても治らなくなってるけど、普通に仕事へは行けてたので、まぁ、とにかく完走が目的だから、ゆっくり行けば大丈夫だろうと、まぁ、いつもゆっくりだけど、さらにゆっくりと、様子見ながら行こうではないかと思っていた。

ということで、朝6時スタート。
秩父ウルトラへ向けての意気込みなのかスタートと同時に先へと進む衝動が抑えきれないアンコニーさん。
0817001.jpg

登山口までのロードは僕も走ってはいるものの、アンコニーさんはグングンと先へ進み、登山口を通り過ぎてもさらに元気に走り過ぎて行く。

なので僕は登山口から大声で『アンコニーィィ!!』と叫ぶ(笑)

最初の山はキタタンコース的にはウォーミングアップ的な山だが、僕にとっては険しい山だ。
そんで、これを読んでいる皆さんは、もうすでによくわかっていらっしゃると思うからあっさり書くけど、トレイル2回目というアンコニーさんは僕の後ろにピッタリと、息も乱れずに付いてきていた(笑)

そのままピッタリとつかれたままロード区間へ突入すると、いきなりグイッと前へ出るアンコニーさん。
このロード区間はずっとアンコニーさんの背中を見ながら走る。

このロード区間がつらいのだが、この時点では日も当たっていなくて、風も少し吹いていたので、レースの時よりは涼しかった。
それでも足取りは重く、でも何とかアンコニーさんの背中が小さくならないように走っていた。

立石建設まで2時間かかった。試走時よりも15分、レース時よりも7分遅い。
体感的にはそんなに遅いと思ってなかったので何となくグッタリした。
0817002.jpg

ここで少し休憩をしながら、僕は世の中の真理ということについて考えていた。

よく、上りが苦手だという方々を見かける。
坂道が苦手だとブログに書かれている方々を見かける。
僕自身もよくそんなことを書く。

でも世の中の多くの方々が思う上りが苦手だという意味は、平地に比べて上りが遅いからという理由に他ならないのではないだろうか?

平地での物差し的な標準タイムはあるけれど坂道での標準タイムはあまり聞かない。
比較対象があまりないのに、上りが苦手だと思うのはあくまでその本人の体感的な、感覚的な気持ちであり、なぜそんな風に思うのかというと上りでは平地を走る自分に比べて遅く感じるからではないだろうか?でも本当はそれは当たり前のことだ。だって上りだから。

そして、僕はいろんな人たちと山へ行き、いろんな人たちと上りを走ったり歩いたりしたけれど、平地でのタイム的には変わらない人たちに上りでは圧倒的に離されていく。
体感でも感覚でもなく、現実的な事実として、離されていく。圧倒的に。

これはもう、完全で純粋な事実として、上りが遅いということなのではないだろうか?
皆さんが、上りが苦手だと仰るのが感覚的な意味だとしても、自分の場合はそれが現実として突き付けられているということではないか?

そんなことを、おにぎりを食べながら考えていた。

そして、それが僕の考える世の中の真理だ(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

ハンサムネコ

登りの指標ね1時間で何メートル登れるか?
僕はマックス850m 普通で650~700くらい
ほら馬返し680m1時間
あざみライン1200m1時間半 
富士山富士宮口1350m1時間35分
富士山吉田口1500m1時間50分
高尾山約400m 30分
ロード トレイル関係なしに登る高さは同じだよ
だいたいあってるね
アレキさんもやってみて
30分で何メートルいけるか その数字よりも低い時は自分の中で頑張ってない認定になるっていう遊び


僕は1時間に900m登ってみたいと思ってる


08

19

20:19

小春

アレキさんの凄いところは何度でも何度でもチャレンジするところですね。クタクタにてなって倒れて休んでも、またチャレンジする。素晴らしいです!弱い自分を反省し秋の大会に向けて走り込みたいと思いました。機会が有れば一緒にお願いします!

08

19

20:52

iwatobi

私は平地では一緒に走れる人に、
登りでは置いていかれます。
なので、登りは間違いなく遅いです。
そして、下りも遅いです。
坂は、もれなく歩くものです。

08

19

22:06

えーかわ

大丈夫です。私より登りが遅い人はブログ村にはまずいません。それだけ遅さには自信があります。

ご一緒すると、さっさと登って行くアレキさんが間違いなく居ます。

08

19

22:59

アレキ


ハンサムネコさん

おぉぉ、すごい。登りの指標なんて初めて見ましたよ。
なるほど。坂道を愛し続けたネコさんならではのデータだ(笑)
キタタンでいうと、私は姫次までの800mに2時間ちょっとかかるので、1時間に400mです。
ネコさんはその倍登れるんですね。すごい。BMI値は一緒なのに(笑)

08

20

04:38

アレキ


小春さん

そんなにすごくはないんですけど、あまり誉められないので嬉しいです(笑)
秋に本命のレースがあるのですか?私と一緒だと練習にならないかもしれませんが、山でもロードでもご都合が合えばいつでも大丈夫ですよ。
ただ、私と一緒だとゆるジョグですけど(笑)

08

20

04:42

アレキ


iwatobiさん

お互いに歩いていても圧倒的に離されて行くんですよね、ワタクシ(笑)
でも、まぁ仕方ないことだし、それに歩いていても山は楽しいですよね。
北関東のほうの山も行ってみたいなぁ、と最近思うようになりました。最近かよっ(笑)

08

20

04:44

アレキ


えーかわさん

あれ?なんでしたっけ?関東のえーかわさんか。私はそれを目指してますから(笑)
けっこうお互いにいいペースで上れると思いますよ。楽しく(笑)
いつか一緒に山へ行きたいですね。

08

20

04:46

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/443-b5eeb060

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad