--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ponko

ひぇ〜((((;゚Д゚)))))))。
何と、鬼がでるとは!しかも橋の上で!!
その鬼のヒト、今も会えますか?今度見にいってみようかな。
ホントに会えたら、
恐くてある意味スピード練習になるかも〜( ´艸`)

07

04

13:02

COHARU

きゃぁぁぁあああ〜!!!出たーーッ!鬼ーーーッ!!!
それ、すっごい怖い!
遭遇したくないわぁ〜。(鳥肌)
日本昔話の山姥に追われるのは怖い!
子供の頃、怖くて眠れなくなったのを思い出しましたよ。
今でも鬼は毎晩走り続けているんでしょうか。
ふと、思ったのですが、彼もまた、「何か」に追われて走っているのかも…。

07

05

02:09

アレキ


★ponkoさん

あの橋の上で夜ですからね。マジで怖かったです。
それにしてもさすがは★ponkoさん。
会えますか?って(笑)

あの日以来会っていません。怖くて行けません。
だいだい8時半くらいに走ってましたよ、あの方。

07

05

06:04

アレキ


COHARUさん

ね?ね?怖いでしょ?(笑)
絶対に会いたくないですから。
ヤマンバ怖かったですよねぇ。
山を越えて追いかけてくるんですよね。
あの日以来、あの時間に走ったことがないので今も走っているのかはわかりません。
そうか、鬼ではなくて何かから逃れるために必死の形相で走っている…。別の物語ができそうです(笑)

07

05

06:07

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/406-50e83c89

07

04

コメント:

1st year 【19:鬼、現る】

この話の続き

決してもったいぶったわけではないのですが、ずいぶんと時間が経ってしまいました。
すいません。続きです。

+++++++++++

10kmコースは橋を渡り終えたところで折り返すコースなのだが、その頃は震災の影響で橋の電灯が間引きされて点灯していたので歩道は暗かった。

その橋を折り返して走っていると、前方から、死の舞いか?と思うような動きをしながら走ってくる人がいるのが見える。道が暗くてもあの独特の動きでいつものあの人だということがわかる。

つーか、あれだ。今までは追い抜かれていたけど、すれ違うのは初めてではないか?
あんな人とすれ違うのは怖い。しかも橋の上は歩道も狭く、もちろん逃げ場もなく、そして暗い。あの衝撃波で橋から落ちてしまうかもしれない。

ぶんちゃか、ぎゅんじゃか、ぎゅん、ぎゃん、ぐわぁん、という意味不明な音を立てながら走っているかのようだ。すごい速さで近づいてくる。
全身の波打つ動き、理解不能なストライドの長さと大きな足音。腕は両脇から斜め上に向かってブルンブルン振り回している。
そんな彼の姿がすごい勢いで大きくなる。あの~、マジで怖いんですけど…。

とうとうすれ違う瞬間がやってくる。
道が暗いため表情まではよくわからないものの、息の荒さと動きがハンパない。

しかし、彼とすれ違うちょうどその瞬間に、車のヘッドライトが彼の顔を照らした。

鬼だ。

ヘッドライトが彼の顔を照らした瞬間は、永遠に時間が止まったのかと思うほど長かった。
やはりダッシュの速さで走っているからか、その顔は苦悶に歪み、まさに鬼の形相だった。

そんな鬼と、狭くて暗くて誰もいない橋の上ですれ違った僕は、頭を抱え込んでしゃがみながら「ひえぇぇぇ」と言いそうになったが、彼は瞬く間に僕の脇をすり抜けて、足音を響かせながら夜の闇へと消えていった。

げぇ、マジこえぇ。アレ、完全に鬼だよ。怖えぇ。マジで怖かった。角刈りの横にツノがあったよ。

そんなことを思いながらも遠く離れていった鬼にホッとしながらタラタラと走っていた。
しかし、ふと悪寒が体を駆け巡る。戦慄が闇を包み込む。もしかして……。

鬼も橋で折返しか?あの速さで折り返して戻ってくるのか?

うげぇ。急げ。

今までにない速さで走れ!
とはいうものの、この頃の僕はキロ6分を切って走れていない。急いでもたかがしれている。それでも逃げないわけにはいかない。
今まで追い抜かれていたのとは訳が違う。だって鬼の顔を見てしまったから。あれは鬼だったから。僕は生きて帰れないかもしれない。とにかく必死で走った。しかしキロ6分は切れない。

つーか、これ、あれだ。子どもの頃にやってた『まんが日本むかしばなし』で観た、ヤマンバが山をいくつも越えて追いかけてくるやつだ。オレは追いかけ回されて逃げる人だ。
そっか、そういえばあいつの走り方はヤマンバに似ている。どうりで常識外れな走り方だと思った。常識なんて通用しないよ。だって鬼とかヤマンバとかそういった類のものだからだ。

ひたひたと音が聴こえてくる。音楽を聴きながら走っているのに、音が少しずつ大きくなるのがわかる。
あんな怖い顔をした鬼がまたやって来るのか?今度こそやられるのか?来る、来るぞ。

ひええぇぇぇ。

またもやすごいスピードで追い抜いていき、瞬く間に姿は小さくなっていった。

その翌週から10km走るときも定時では帰らずに、10時過ぎから走るようになったことは言うまでもない。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

★ponko

ひぇ〜((((;゚Д゚)))))))。
何と、鬼がでるとは!しかも橋の上で!!
その鬼のヒト、今も会えますか?今度見にいってみようかな。
ホントに会えたら、
恐くてある意味スピード練習になるかも〜( ´艸`)

07

04

13:02

COHARU

きゃぁぁぁあああ〜!!!出たーーッ!鬼ーーーッ!!!
それ、すっごい怖い!
遭遇したくないわぁ〜。(鳥肌)
日本昔話の山姥に追われるのは怖い!
子供の頃、怖くて眠れなくなったのを思い出しましたよ。
今でも鬼は毎晩走り続けているんでしょうか。
ふと、思ったのですが、彼もまた、「何か」に追われて走っているのかも…。

07

05

02:09

アレキ


★ponkoさん

あの橋の上で夜ですからね。マジで怖かったです。
それにしてもさすがは★ponkoさん。
会えますか?って(笑)

あの日以来会っていません。怖くて行けません。
だいだい8時半くらいに走ってましたよ、あの方。

07

05

06:04

アレキ


COHARUさん

ね?ね?怖いでしょ?(笑)
絶対に会いたくないですから。
ヤマンバ怖かったですよねぇ。
山を越えて追いかけてくるんですよね。
あの日以来、あの時間に走ったことがないので今も走っているのかはわかりません。
そうか、鬼ではなくて何かから逃れるために必死の形相で走っている…。別の物語ができそうです(笑)

07

05

06:07

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/406-50e83c89

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。