05

27

コメント:

視察の森 後編

鎌北湖からの道はとにかく上り基調だ。キロ9分とかそんくらいでしか進めない。それでもつらくて歩きたい。
しかし、トレイルだと歩くことに何の抵抗もないのに、なぜか舗装路で歩くと屈辱感でいっぱいになる。
なので『オレ、ブロガーだから』を合言葉に、少しでも興味を持ったものは、すぐに立ち止まって撮影タイム!

早速、なんだこの岩は?でかっ!これはしょうがないだろう?撮るしかない。参ったな、ホントは走りたかったけどさぁ(笑)
0525008.jpg

正面からも撮ってみよう。あれ?岩に割れ目があるよ?
0525009.jpg

それなら今度は近づいてみよう。先へ急ぎたいのはやまやまだが、仕方ない。伝えなければいけない何かがあるのだ。
0525010.jpg

なんか江戸時代の学者がこの岩の割れ目に入って勉強していたという説明が書いてありました。なぜ?…。

そんな感じで、ブログではすべて書かないけど、なんかほんのちょっとでも変わったものがあればすぐに立ち止まり、写真を撮り続けた。でないと僕の足がどうにかなってしまう(笑)
ちなみにこの道、車はほとんど通らず、バイクとバイク(自転車)は通る。人も走っている。ただ僕は朝7時過ぎに走り始めたけど行きはほとんど車もバイクもバイク(自転車)も人にも会わなかった。

ずっと山の中という雰囲気だったのにけっこう高いところへ来たら、いきなり集落がありちょっと驚いた。それまではまったく人の気配がなかったから。
なのでこれも撮影タイム!とばかりに立ち止まって民家を撮る(笑)
0525015.jpg

撮るものが何もないけど休みたかったので、坂道を表現するために寝そべって写真を撮ってみたけど、あまり変わらなかった。
0525016.jpg

まぁ、そんな感じで、誰かがおまえやる気あんのか!と言ったら謝るしかないような状況で、何とか顔振峠までやってきた。当初はこの先の高山不動まで行きたかったが、ここへ着いた時点で精魂尽き果てていたので、ここで折返し。
0525018.jpg

顔振峠からの風景。
0525019.jpg

帰りは下り基調。これはかなりの下り基調。なので往路はつらいことはつらいのだが、帰りは下りばっかでラクだぞ、と思えるから多少はがんばれる。あくまで多少は。
ヒザが不安なので下りもゆっくりとキロ7分くらいで走った。復路は上りが2箇所あって最後の上り区間はけっこう長かったけど、何とか走りきった。
そのため、その後の下り区間でも休みたくなって、とくに何と言うことはない竹林を撮影タイム!
0525023.jpg

そんな感じで22.5kmを3時間かけて走った。ここへまた来て走るってちょっと考えられない気はするものの、今年の夏はここで坂道練習をしてみよう。
週末は基本的には山へたくさん行こうと思っているので、空いた日はここへ来て、トレイルには足を踏み入れずに舗装路のみのストイックな練習をしよう。
ストイックに舗装路のみだけど、僕はブロガーだから撮影タイムは時間無制限で設けよう。

ちなみに僕は今までいろんな方のマイコースを走らせてもらったけど、この奥武蔵のアップダウンの厳しさは、さぶろうさん家の近所と同じくらいで、怪盗紳士のマイコースよりは少し楽だ(笑)

10時半に走り終えたので昼前には家に帰れるな、なんて思いながら車に乗り込んだ時点で、急に思い出した。
ここからちょっとだけ遠回りしたら、あそこへ行けるんじゃないか?
あそこかぁ。写真撮りに行ってみるか。

というわけで少しだけ遠回りして写真を撮りに行った。
それが、これ。
0525024.jpg

なんだこれ?って思うでしょうね。ただのドフラットで田んぼに囲まれた道。とりあえずこの道は数十年前となんら変わってはいなかった。

これはね。人の自転車に乗って帰った道。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

bg

無事に顔振までいけたんですね。
あれ?途中の隠れ家的カフェは
いかなかったんですか?

あそこで練習していると登板力
つきますよ。
トレイルへの誘惑が沢山ありますが。笑

05

27

09:31

kantoku

走らなくてもいいはずのトレイルの上りを走らなければならない・・・・
だからトレイルの大会は嫌いです(笑)・・・いやマジで

ボクの故郷は、まぁ今も住んでいるんですが、変わったとはいえまだまだ田舎です、カブトムシもザリガニもまだまだたくさん捕れます

カーブミラー自撮りの秘訣は、デジカメのズームと出来上がった写真のトリミング(トリミングした後にカーブミラーの一部を入れる)、それと、およそ写真では分からないだろう指先にまで力と気合を入れたポージングです

05

27

11:17

アレキ


bgさん

隠れ家的カフェは休みって看板があったような…。
でもやっていても立ち寄りません。だってストイックですから(笑)
撮影タイムは無制限ですけどね。

05

28

05:01

アレキ


kantokuさん

トレイルの上り。以前奥久慈試走?マイコース?(笑)でご一緒させてもらったときにはkantokuさんは軽快に上りを走ってらっしゃったのですごいなぁ、と思ったものでした。

自撮りの秘訣。技術ではなかったのですね。やっとわかりました。写真には写らない力と気合。納得です(笑)

05

28

05:03

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/368-44de3627

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad