05

14

コメント:

ヒザ経過 ラスト

古河はなももの翌週にsan-anさん企画の多摩リバー53K走破があった。
これまでヒザの痛みから富士五湖の練習となるロング走ができていなかったので、これはどうしてもやっておきたかった。
でも、前日まで痛みは残っており、仕方がないので途中から参加。10kmくらいの参加にしようと思っていたが23km走り、まぁ、途中からヒザが痛くなり、帰りに階段を上るときにはヒザが曲がらなくなった。

4月6日20km走ろうとするも9kmで痛み発生。折返しなので歩きながら18km走る。
4月7日青梅高水山10kmでヒザが曲げられない。15kmでリタイア。

これで富士五湖、完全に無理だろうと思い、整体の先生に泣きつく。
なんか足底を尖った棒とかでグリグリやられて気を失うかと思った。あとお尻も痛かったな。

1週間後にまた整体の予約を入れていたので、その前に走ってみろ、ということで前日4月12日に帰宅ラン。
整体であんなに悶絶したのだから治ったかも?と思いながら走っていたが、18kmで痛みが出て、その後は歩き。
歩いてても痛いし、帰宅するにはまだほど遠い場所だし、これでどうやって100km走る?って思うとなんかトボトボ歩くしかなくなってた。
でも、あれだね。一人で勝手にやっていることとはいえ、あきらめて電車に乗ってるときの寂寥感といったらないね。

翌日、整体へ行く。いつも月に一回の整体がここのところ何回も通っているので、体全体はほぐれていてとてもいい状態だとのこと。足やそれにまつわる筋肉も固まっているようなところはないとのこと。
それでも痛むということは靭帯を痛めているのかもしれない。靭帯を痛めているのなら休んだほうがいいけど、ウルトラ出たいの?というのでとりあえずそこまでは何とかして、とお願いする。

一人でできるケアとテーピングのやり方を教えてもらい、あとは散歩とか体幹トレとか腹筋とかやって富士五湖へ臨む。まぁ、そのくらいしかできることないし。

4月20日前日5km走るも3kmで痛み発生。残りを歩く。さすがに3kmで痛みだと100kmという数字が一気に現実感がなくなりかえって気持ちが吹っ切れる(笑)
4月21日富士五湖。27.6km関門に引っかかる。ヒザの違和感はあったものの痛みまでは出ず。この日はロキソニンを2錠飲んだし、レースだから痛みを感じなかったのかもと思った。
ただ、ここ最近27kmも走って痛みを感じないことあったかな?もしかして?とも思っていた。まぁ、基本は楽天的なのかもしれない。

4月29日道志村試走。久しぶりの山も極度の体調不良のため完全歩き。それもかなり遅いペース。棒も使って常に右ひざをかばっていたが終盤ヒザの痛みは出た。

4月の月間走行距離は100kmちょっとで6日しか走っていない。右ヒザの痛みのため平日はランオフし、休日に富士五湖のためにロング走を実行して途中で痛くなるということの繰り返しだった。
そのため道志村試走では心肺が追い付かず、苦しくてしかたなかった。走力自体が衰えていると感じた。

もう当分はウルトラのためのロング走もやらなくていいし、フルのためのスピード練習もやらなくていい。
だったら足が痛まない、10km以下の距離でキロ6分半くらいのスピードで小刻みに走ったほうがいいかな?と思う。
5月からは今までのような平日ランオフの休日ロングはやめて、常にチマチマゆっくり走ることにした。

5月3日高尾。完全歩き。ネタ的には皆さんに喜んでいただいたジーンズくんとの高尾。これ、まったくヒザの痛みが出なかった。ここがすごく大きい。
なんで出ないのかはよくわからない。整体は富士五湖前に行ってから行ってない。一人ケアとか足底グリグリとかは暇さえあればやっている程度。

普段の10km以下のゆるジョグでは着地する足に気を使った。なんかよく見たら自分ではフラットに足全体で着地していると思っていたのに、重心が足の外側に偏っていて、そこで着地していることに気付いた。
自分の感覚では全体だと思っていたのが外側なので、自分の感覚で内側だけで着地しているイメージで走ってみる。それでも若干外側だった(笑)

走る日数が増えたからかヒザの違和感は終始感じていた。ランオフしているときは走ってみるまで痛みはなかったけど、今回は歩いていても違和感は感じる。それでも短い距離でゆるジョグなので痛みまでは出なかった。

何より、短い距離でも走れることが楽しかった。走り始めた頃の毎日5kmしか走ってなかった頃を思い出した。
あの頃は戦略的ランオフとか積極的休養とか疲労抜きジョグとかそんなのは関係なかった。ただ、ただ、走ればよかった。
いろいろ考えるのが面倒になってきていたので、ただただ走れることが嬉しかった。

で、一昨日の道志村。道志村の下りはけっこう急だったけど、最初の歩いたほうがいいと思っていた下りは走ってしまった。
でも痛まなかった。思わず昨日は朝ランして坂道走ってみたけど、今も痛みはない。あっ、筋肉痛の痛みはかなりあるけど(笑)

これ、治ったのか何なのかまったくわからない。今も違和感はある。でもきっといい方向へ進んでいるよね。
それにしてもヒザ経過、話が長すぎるな。これ読んでも面白くないな。
まぁ、いっか。今のところ痛くないからめでたいということで。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

helloween

ヒザは快方に向かっているようで良かったです!
多分短い距離を頻繁に走った方が脚には良いんでしょうね。
動かすと血行が良くなって、患部に栄養が回るなんて話しを聞いた事があります。
このまま完治しますように。

05

14

07:31

まつよし

アレキさん、おはようございます。
これ、関係ある話か分かりませんが、ランニング雑誌で読んだ高橋尚子さんの話に、マラソンで30キロを過ぎて、ヒザなとが痛くなるのは、脚に負担がかかる走り方をしているからだ。だから、序盤は脚に負担がかからないような楽な走り方をした方がいいという話を読んだことがあります。
たぶんあんまり関係ありませんね。すみません。
でも、楽しく走れるようになったのは良かったと思います。このまま良い方向にいきますように。

05

14

07:57

bg

調子悪そうですね。
診断結果がないから対処の方法が
わからないから整体もいいですが
一度整形外科いかれては?
状況を拝見する限り脹脛靭帯炎かと
思います。
そしたらインソールで矯正と柔軟アップですね

05

14

08:23

ナツオ

初めまして。少し前から拝見させていただいております。
ヒザ経過、私にはすっごく参考になるというか、なるほど、というか、ウンウン、というか、こういうのもありです。

05

14

23:10

アレキ


helloweenさん

ありがとうございます。
たぶんいい方向へ向かっているような気がします(笑)
いずれにせよ無理せずゆるゆると短い距離を走っていこうと思っています。

05

15

06:08

アレキ


まつよしさん

アドバイスありがとうございます。
楽な走り方ですか。それってどんな走り方なんでしょう?
今度教えてくださいね。
このまま楽しく走り続けたいです。

05

15

06:10

アレキ


bgさん

一時期よりはよくなっているような気がしています。
脹脛靭帯炎なんでしょうかね。それだと太ももの外側も張りますか?
そこがとくに張りがないのでよくわからないのです。
一度行こうかと思っているのですがね、何となくズルズルと。

05

15

06:12

アレキ


はじめまして。コメントありがとうございます。
あぁ、これ書いてて、読む人はまったくおもしろくないだろうなと思ってたので、そう言っていただけると嬉しいです。
これからもあまりおもしろいとか考えずにとりあえず書いてみようかと思います。
その際には気軽にコメントしてくださいね(笑)

05

15

06:14

まつよし

アレキさん、おはようございます。
高橋尚子さん曰く、なるべく脚の力を使わず腰から上の筋肉(腹筋・背筋)を使って走るのが、楽な走り方とのことです。確かに腹筋・背筋を意識して走ると楽に走れているように感じます。もしかすると、謝った理解をしているかもしれませんが。自信はありません(-_-;)

05

15

07:39

アレキ


まつよしさん

ありがとうございます。上半身が重要ということですかね。
ちょっと難しいですが試してみようかと思います。

05

16

06:24

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/355-6a54073e

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad