05

05

コメント:

リーヴァイス・トレイル in 高尾 その2

あっ、そうそう。昨日書き忘れたけど、彼のスタイル。あと軍手を用意されていました。

AM6:09スタート。

ここから高尾山山頂まではずっと上り。

もちろん走らずに歩く。今まで走ったことがないのに、まぁ、しかたないな、今日は歩きで行くかぁ、と残念な素振りを見せながら歩く。
僕が先に歩いていく。歩きとはいえ、やはりハイカーの方たちよりは歩く速度は速いので、どんどん抜いていく。
後ろからは彼の、いやぁ、体動かすの久しぶりだなぁ、とか、もう本格的な運動なんて20年くらいやってないよ、などという声が聞こえてくる。

そうか、そうか、そうなのか。つーか、なんだ?いきなり、オレ、息切れてるのに、なぜおまえは呑気に話しかけてくる?
その後も、久しぶりに会ったからだろう、近況だとかそんなことを話しかけてくる。あの~、まぁ、そういうつもる話は上りばかりのこの道が終わってからでいいんじゃね?オレ返事するのもつらいんだけど…。

前を歩いていてよかった。ギリギリっぽい顔を見られずに済む。それにしてもいつの間にこんなにおしゃべりな奴になったのだろう?昔は僕ばかりが話していたような気がする。ただの気のせいだろうか?当然僕は無口だ。

僕は歩く速度を緩めることはなくゼーハーしながら歩いていく。しかし彼も僕の後ろにぴったり付いて歩いてくる。
後ろからはゼーハー音は聞こえない。足取りも軽やかに感じる。う~ん、う~~ん。なんか思ってたのと違う(笑)

道が少し広くなったところで彼が僕の横に並んできて、そして僕の顔を見た途端に声をあげた。

「おまえ、すごい汗だな!大丈夫か?」

「え?へ?あぁ、あぁ。汗ね。うんうん。大丈夫。ほら、汗っかきだから。うん」
「そういえば汗っかきだったな」

ダメだ。もう現状を受け入れよう。このまま貫き通すのは無理だ。そういえばこいつ昔から地力というか基礎体力だけはやたらあったような気がする。

一緒にバンドを組んだこともあって、彼はドラムだったけどとにかく大きな音を出すことができた。思い切り叩けば大きな音になるわけでもないんだけど、でも彼はそんな音を出し続けるのを苦にしなかった。
その大きな音につられて、ギターもベースもどんどん音量を上げるので、最後にはボーカルの人にうるさい!と怒られる、といういつも同じ結末になった。

話がずれた。
とにかくその後も僕は速度を緩めることはなくゼーハー、汗かきかきしながら上り続け、彼は僕の後ろにぴったりと付いてきた。
あとは階段を上れば山頂というところまで着いたときに、いつもはこの最後の階段を走って上るんだよね。でもオレは1回も最後まで走りきれたことないけどさぁ、と言った。

僕の心の棘が取れて、素直になっていくのがわかった(笑)

彼は階段を見上げ、すげぇ、急な階段だぞ?しかも上までずっと続いてるよ、と言いながら階段を走り出した。

ちょっ、あっ、 走った…。

つられて僕も走り出す。そしていつものように半分を過ぎたところで歩き出す。見上げると彼はまだ走っている。
あいつ…。マジでか?

そんな感じで高尾山山頂へ辿り着く。

念のため、山頂で時計を確認すると48分だった。ちなみに僕の最高タイムが45分。ほぼ変わらない。ジーンズとほぼ変わらない…。

時計を見ながら呆然としていると彼は景色を眺めて浮かれながら写真を撮っていた。その後ろ姿。

0505003.jpg

僕はその後ろ姿を眺めながら、これ書くのか?今起こったことをオレはブログに書くのか?そしてこれから起こるであろうこともブログに書くのか?マジでか?と思っていた。

いやいやいや、そんなの書きたくないことは書かなくていいはず。何を書こうが自分で決めていいはず。

なんつーか、オレにはこういうネタしか転がっていないのか?オレのネタは転がり続けてこんなとこに辿り着くのか?
オレはうまく笑えているか?オレの笑顔は卑屈じゃないのか?オレは真実へと歩いているのか?
あぁ、誰か優しくオレをしかってくれ、そして強く抱きしめておくれ、あぁ、オレは歌う、愛すべきものすべてに

とまったく理解不能なことを考えながら、今回の話は一話完結は無理だという結論に達した。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

RUMIOKAN

もう面白すぎてニヤニヤが止まりません(笑)
彼、しかも結構ゴツイ系じゃないっすかww

続きも全力で期待しておりますo(^-^)o

05

05

07:38

ちゃらら

期待通りの展開ではあるんですけど(失礼!)、
アレキさんの分面白過ぎるなあ~!

意味もなく見栄を張っちゃう心理、すごくよく分かります!
そしてそれが崩れ去る時の絶望も…(笑)

05

05

07:43

リンガンガー

ジーンズくん面白い(笑)

アレキさんはもっと面白い(笑)

この後の展開も楽しみにしてます。

05

05

07:51

あやた

ちょwww
面白すぎるwww

ジーンズ君、背中というか肩周りが厚い。
これチーム75超えちゃってませんか?

こっから先、楽しみだなぁ。

05

05

09:10

えーかわ

すいません。笑うしか出来なかったです。

05

05

13:28

井出浩一

ジーンズさん、
そんなに走れそうな体型でないところが
また、せつない。

05

05

14:36

たーはるパパ

また最後に飛び道具使ってるし…(笑)

写真の後ろ姿を見るに、相手が悪かったと…(゚∀゚)シェリー…

05

05

19:37

COHARU

「ジーンズとほぼ変わらない…。」で爆笑!
ジーンズさんが山でコテンパンになるものだと思ったら…。
あ〜、面白いわ〜。
 
そして、ジーンズさんの後ろ姿でまた爆笑!
商店名入りの白いタオルは首に掛けているものだと思っていたら、しっかり頭に巻いてる!
お尻のポケットには軍手?
完全にコントに出てくる「引越の手伝い」の格好じゃないですか〜!(笑)

05

06

01:52

やす

いやあ、一気に読みました。相変わらず楽しい文です(笑)

自分も職場の後輩と山の予定があるんで、立ち位置の参考にさせてもらいます。

あ、ちなみに私もバンドやってました。担当はベース。バンド内で一番でかい音出してまして、ボーカルに(略)

05

06

09:01

むーみん

ニヤニヤが止まりませんw
アレキさん、最高に面白いです(°▽°)

ジーンズさんの後ろ姿、ウルトラでも走れそうな雰囲気が漂ってます。

05

06

14:12

shoki

尾崎豊の心境になったんだ。

はやく次が読みたいです。

05

06

15:18

アレキ


RUMIOKANさん

返信遅れて申し訳ありません。
面白いですか。そう言っていただけると嬉しいです。
彼は元々筋肉質なんですが以前は痩せていました。
太っても筋肉はあまり落ちないそうです。
うらやましい(笑)

05

08

07:37

アレキ


ちゃららさん

私も高尾山山頂で、なんだ?この期待どおりの展開は?と思ってました(笑)
見栄を張るまでもなく当然の言動だと思っていたのでさらに絶望的でした。

05

08

07:39

アレキ


リンガンガーさん

私もリンさんのように、かっこいいとか感動した、とか言われてみたいです(笑)

05

08

07:41

アレキ


あやたさん

そんなおもしろいのか。
やはりコメントいただいてわかることもありますね。
彼は身長がそうでもないので75もないと思います。

05

08

07:42

アレキ


えーかわさん

どうぞ、気になさらずに思う存分笑ってやってください(笑)

05

08

07:44

アレキ


井出さん

そんな彼に終始ピッタリついてこられました(笑)

05

08

07:45

アレキ


たーはるパパさん


あれは最初の、こんなネタしか転がっていないのか?と書いた時点でいきなり出てきたんです。
使い勝手がいいですよね(笑)

05

08

07:48

アレキ


COHARUさん

そうです。まさに引っ越しの手伝いでした。
そしてその引っ越しの手伝いに追い立てられていました(笑)

05

08

07:50

アレキ


やすさん

山へ行かれるのですね。
私の経験から言いますと、山では何が起こるかわかりませんから終始慎重に、ということです。
とくに言動に(笑)

05

08

07:53

アレキ


むーみんさん

ありがとうございます。
そっか、来年富士五湖誘ってみようかな?(笑)

05

08

07:55

アレキ


shokiさん

記事を書いているうちにあの歌詞が降ってきました(笑)

05

08

07:56

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/348-7a9458c6

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad