04

27

コメント:

チャレンジ富士五湖レポ その4

颯爽と走り出すつもりが足が重たい。それほど速くは走れない。これはキロ6分50秒くらいだろう。それでも歩かなければ第一関門は突破できるだろうと思っていた。
今から考えると何の根拠もなく、なぜそんな風に思ったのかわからないが、とにかく走り続けていれば大丈夫だと思っていた。

ヒザも少し痛くなってきた。でもそんな痛みにかまっているヒマはない。ただ走ればいいのだ。何も考えなくていい。
走り出してすぐにエンジンをかけたまま停まっている車を抜いた。それにしても誰も走っていない。コースはこのまままっすぐでいいのだろうか?

誰もいないので道がわからない。不安だ。不安すぎる。何気なく後ろを振り返ると、先ほど抜かした車が僕の30mくらい後ろでゆっくりと動いているのが見えた。
ハザードランプを点滅させながらゆっくりと動いている。
はて?なんだ?あれは?僕が振り返ったまま立ち止まると、なぜかその車も止まった。

なんだ?だるまさんがころんだ?
う~んと、なんだ、あれ?車の前に何かが貼ってあるのでその文字を見てみる。

『最後尾』

ぶほっ。え?オレ、まさかの最後尾?思わず吹き出してしまった。
うぉぉ、これが噂の最後尾か?オレ、今、最後尾車を従えて走ってるよ。すげぇのか、なんなのか…。

でも、そういえばローソンのトイレにはまだあの2人組がいるではないか。僕が最後尾ではないぞ、と思って最後尾車に、僕ではありません、僕がペケではないんですよ!と言いに行こうと思ったが、30m後ろの気遣いというのか、車は常にそのくらいの距離を保っておられるため、いちいち戻ってそれを伝えに行く元気はない。

仕方がないのでそのまま走り続ける。とりあえずコースがわからなくなっても大丈夫だ。最後尾車が教えてくれるのだろう。
僕は今、一人で走っているんじゃないんだ、と強く思った。ような気がする。
でもあれか?あの2人組が置き去りにされてしまうのか?それもまた困る。そして僕の名誉のためにもペケではないと証明する必要もある。

10kmのエイドを通る。時間がないのでスルーしようと思ったら、すでに片付けが始められていた。
そこにいた係りの人に、僕の後ろにまだ人がいますよ、と伝えた。なんとなく言い訳っぽいというか、告げ口っぽいというか、そんなに最後尾を否定したいのか?君は?と思わなくもないが、でも彼らが置き去りにされてはかわいそうだし、それにそれが事実だ。

05km~10km 1:02:44
ローソントイレ待ち含むラップタイム

とにかくこれで最後尾車から離れられる。僕はペケではないんだ!ペケではないんだぞぉぉぉ、と冷たい雨が降りしきる空を見上げて叫びたくなる。
気を取り直して、しばらくの間、気分よく颯爽と走っていた。雨は強いし、靴はグチョグチョだし、手先は冷たいし、前に走る人はまったく見えないけれど、最後尾車から離れられた気持ちがそれらを上回っていた。
気持ちいいぜ。

そんなときに本当に颯爽と走ってきた2人組が、軽快に僕のことを抜き去って行った。

あれ?
恐る恐る後ろを振り返って見る。

『最後尾』

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

怪盗紳士

電車の中で読んでますが、笑いをこらえるのが非常にツラい腹筋を刺激する記事です。

04

27

06:19

BJ

はじめまして。BJと申します。
しばらく前から拝読しています。
いつも思いますが、抜群のユーモア感覚ですね。これからも楽しみに読ませて頂きます。

04

27

06:57

さぶろう

確かに面白い。(笑)

04

27

07:11

新横の雅

ローソンのトイレ、そして最後尾。いまからでもがんばれと応援したくなります。おそらくこの先あたりですれ違ったはず。すれ違うランナーが少なくなったなぁと思ってたけどアレキさんと最後尾の車はわからなかった。もっと後ろにランナーいたような気もする。

04

27

07:38

tenko

はじめまして
訪問ありがとうございました
スルーするつもりでしたが・・・つい・・・
早く続きが読みたいです

04

27

08:22

san-an

さすがです。引きが強過ぎ(笑)

04

27

10:05

アークアシヤ

アレキさんの文章ってすごい!
のんびりと部屋の中で読んでいても、どしゃぶりの富士五湖にワープできる感じです。
それでいて、笑える(^^)

04

27

11:57

あやた

あ、そうか。
まだ寒くて雨降ってたんだ。
なんか、ウンコと最後尾で楽しそう過ぎて、
もうそれ以外のこと忘れてたw

一言で言うと、
オレじゃなくて良かった~(笑)

04

27

12:38

たーはるパパ

ここのくだりをずーっと待ってましたよ!(笑)

いや〜、流石です!
笑わせていただきました(゚∀゚)!!

04

27

16:01

iwatobi

ランナー的にはものすごく絶望的状況なのに・・・。
面白すぎるんですけど~。

04

27

19:43

アレキ


怪盗紳士さん

気分的にはおもしろい記事など書きたくないのですが、どんどん文章が出てきます(笑)
楽しんでいただければ幸いです。

04

28

10:33

アレキ


BJさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
楽しんでいただければ、私も嬉しいです。
今回のように失敗だらけで終わっても、そう言ってくださる方がいらっしゃるとブログ書いててよかったと思います。
BJさんはかすみがうらを走られたようですね。
悪天候の中、おつかれさまでした。

04

28

10:39

アレキ


さぶろうさん

お金と時間かけたのに、普段の練習くらいの距離しか走れませんでしたからね(笑)
そう言っていただけるとありがたいです。

04

28

10:41

アレキ


新横の雅さん

私も一週間経った今でも、あと少しなんで頑張れなかったんだろう?って思ってます。
なんとなくで走ってはダメですね。

04

28

10:44

アレキ


tenkoさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
おもしろかったのはここまでなので続きはそれほどではないかもしれません。
でも、まあ、読んでいただけるのは嬉しいです。
リンさんのお友だちなんですよね?
私は古河はなももでリンさんにサブ4へ連れてってもらった者です(笑)

04

28

10:50

アレキ


san-anさん

ホントはリタイアした悔しさとか過酷な天候とかNHK的なドキュメンタリータッチの話を書きたいんですけどね(笑)

04

28

10:53

アレキ


アークアシヤさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
そんなたいそうな文章ではありませんが、誉められれば嬉しいのでそういうことにしておきます(笑)
負の感情でも笑えるように書いてしまえば、わりと浄化されるような気はしています。
ってそんな真面目な話はいらないですね(笑)

04

28

10:58

アレキ


あやたさん

私が走ってるときはずっと雨です(笑)
あの、多分ですね、あやたさんが今回参加されてたとしたら、楽しくてしかたないと思ったんじゃないかと思いますよ。
自分でなくてよかったなんて思わなかったと思います。
まあ、来年はすぐに来ますよ(笑)

04

28

11:01

アレキ


たーはるパパさん

お待たせしました(笑)
先ほど、たーはるパパさんの昨年の富士五湖の記事を読み返してみましたが、やはりめちゃくちゃ面白かったです。

04

28

11:03

アレキ


iwatobiさん

そうなんですよ。悲し過ぎるでしょ?
寅さんになった気分です(笑)

04

28

11:05

COHARU

面白い〜!(笑)
30m後ろの気遣いが、不気味(笑)
スピルバーグの「激突」を思い出しました〜。

05

02

02:49

アレキ


COHARUさん

ありがとうございます(笑)
これ、気温0度で冷たい雨の中での出来事ですからね。
ホント、つらいんだかおもしろいんだかわからないな、と思ってました。
当然、このときにブログネタはもらったと思いましたけど(笑)

05

03

04:25

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/341-f07af5a6

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad