02

11

コメント:

青梅高水山トレイル試走 後編

ず~っと、ず~っと続く登り道に心へし折られながら、それでも登るしかないわけで、まぁ、そこは山へ行けばそういうこともあるわけで、登り続ける。

あの、僕はいつもけっこうな汗っかきで、帽子の先端から汗が滴り落ちるのだが、その汗ができって、滴り落ちなくなった頃に何となく調子がよくなってくるというか、一応、そういう目安になっている。すごい目安だな(笑)
デトックスなの?よくわからないけど、まぁ、そんな感じでバロメーター?

ところが今日はまったく汗がひかない。いつまで経っても帽子の先端から汗がポタポタ落ちてくる。あれ?今日は調子悪いのかなぁ?それともこのコースがすごいから?おっかしいなぁ、と思っていた。

帽子取ってどびっくり。汗ひいても滴り落ちるはずだ。凍ってつららみたくなってるし(笑)
0209050.jpg

登りの山道を終えると舗装された道になる。ここでまたどびっくり。雪がすごいことになっている。
でも、最近雪が降っても迷惑というか、そんな感情しかなかったのにここでは別に電車とか車とか仕事とかそんな心配しなくていいから、ザクザク雪を踏みしめる感覚を楽しみながら歩いた。それでもなかなか進まず足を取られているうちに、富士山の御殿場コースの砂利道の苦い記憶が蘇り、また行かねばと新たに思った。
0209051.jpg

そんなこんなでやっと折返し地点の常福院へ到着。
0209054.jpg
往路でさぶろうさんは足をグネっており、この時点でちょっと先へ行くのは困難だとのことで、さぶろうさんはここでエスケープ。
後で聞いたところによると、全治3週間の捻挫ということだった。ここまでフルへ向けてかなり内容の濃い充実した練習をされてきているので、とても残念だが、これがいい休養となって完治した時にはさらに調子がよくなっているといいな。
0209056.jpg

ここから先はもっちもっちさんと2人で進む。
常福院で折返しなのだが、ここから第一関門だった榎峠までは違う道になる。まず急な下りから始まる。まぁ、急な下りと言っても僕でもがんばれば走れるくらい。でも走りたくない。そのくらいの急な感じ(笑)
この時点で、着地すると右ひざの外側、腓骨?のあたりに痛みが出るのと、もう前半で疲れきっていたのとで、まぁ、タラタラと歩いてしまう。山では基本歩きだが、そういう前向きな歩きですらなく、まぁ、タラタラと歩いてしまった。
もっちもっちさんには、せっかくコースの案内をしていただいているのに、そんな歩きにつき合わせてしまって本当に申し訳なかった。
0209058.jpg

その後、舗装された道。ここはゆるやかなアップダウン。ここも本番は走るだろう。いや、今も走れ、と思いながら歩く。
0209059.jpg

そしてふかふかのゆるい下りのトレイル。ここ走らなくてどこ走るといった感じだ。ここはさすがにすごくゆっくりと走る。いや、歩きも交えていたような気がする。
0209060.jpg

また舗装された道へ。なんとなく趣のある家というか時代を遡ったような風景だったので写真を撮ってみた。
0209061.jpg

ここ、民家です。でもなぜかこの民家がコース。この道を進むと右側に…。
0209064.jpg
こんな道があります。ここを登ってしばらく行くと第一関門の榎峠になる。
0209065.jpg

榎峠までくると、あとは完全に来た道を帰るのみ。でも、ここからが本当の苦しみだった。前半もそうだけど、ここは急な登りと下りを4~5回繰り返す。
ここまできてのその連続は僕の心を根こそぎ持っていくくらいのつらさがあった。すごいコースだよ、ここ。絶望とか失望とかそんな言葉しか出てこないよ。走りやすい初心者向けのコースだ、なんて誰にもはっきりと言われていたわけではないけど、勝手にそう思っていただけだけど、騙された気分だった。もう山に暴言を吐きながら進んでいた(笑)

それなのに山はこんな景色を見せてくれるので、まぁ、写真を撮って心を落ち着かせてみたり…。
0209066.jpg

そんな感じで試走は終わった。6時間ちょっとかかった。もうまったく完走できる気がしないということがはっきりとわかった試走だった。
もう全然無理。僕のような走力の低い人間がこんなレースにエントリーして申し訳なかった。本当にごめんなさい。許してくださいと、そんな気分だった。

それでも、さぶろうさんと落ち合って3人でお昼ご飯を食べに行くと、そこではどうやったらあそこを完走できるか?ということをすでに考え始めていた。
人間って素晴らしい。いや単純なだけか。さぶろうさん、もっちもっちさん、ありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

今日はこれから森林公園完走マラソンというハーフのレースに参加してきます。完走マラソンというだけあって制限時間がありません。
山へ行ったダメージがまだけっこう残っているので、今日はその制限時間がないレースというところを楽しんでこようと思います(笑)
関連記事
スポンサーサイト

みわっち

アレキさん~私も去年試走6時間だったけど本番4時間代で走れました。本番はきっと大丈夫ですよ〜
初トレイルレース応援してます!

02

11

12:33

アレキ


みわっちさん

ありがとうございます。いや、ホントに自信がないです。つらかった。
みわっちさん、すごいですよ。改めてついていこうと思いました(笑)
いや、ホントに。

02

12

02:56

もっちもっち

お疲れ様でした〜。

自分も心おられてばかりの辛いレースでした…けど、試走を生かして戦略を考えれば完走できると思いますよ!
ありがとうございました〜。

02

12

07:59

チャレ

大丈夫です。
僕も初めてのトレイルレースは関門アウトのDNFでしたから!

02

12

09:42

アレキ


もっちもっちさん

コース案内していただきありがとうございました。
私にとってかなり厳しいコースだと思いましたが試走しておいてよかったです。
本番までにいろいろ考えて完走したいと思います。
今度はゆる~いのも行きましょうね(笑)

02

13

06:00

アレキ


チャレさん

えぇ!初トレイルは関門アウトですか?
チャレさんでそうなら私もそれでいいような気がしてきた(笑)
いえいえ、がんばります。

02

13

06:02

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/262-f4504d86

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad