11

20

コメント:

つくばへ向けての高尾トレイル

日曜日の話。

つくばまであと一週間。どんな練習をしよう?20kmペース走?25kmLSD?

いや、やはりここは山だろう。それしかないはずと思い山へ行く。今回はいつも山へ連れて行ってくださる方がレースのため、なんと『はじめてのひとりやま』デビュー。高尾へ。

AM6:00に高尾山口駅着。駐車場にいつもよりたくさんの車が停まっている。はて?あまり気にせず用意する。
ちょっと思うところがあってこの高尾山口駅~陣馬山往復にどのくらいの時間がかかるのか確認したかった。
前回、初めて行ったときが休憩時間抜いて5時間30分。今回は5時間を切れればいいかと思っていた。よし、がんばるぞ~、と思いながらスタート!

あの~、いきなり稲荷山コースの入り口がわかりません(笑)

そうなんだ、いつもただボーっと後をついて行くだけだった。しかもスタート時は緊張とワクワク感からどうでもいいことをペラペラと話しかけているから何にも覚えてない。迷惑だったろうな(汗)
本当に『はじめてのおつかい』みたくなってきた。とりあえずしばらくうろうろするもわからないという結論に達したところで、登山客の方々をよく見かけることに気付いたのでついていく…。まぁ、結局はそういう作戦。

気を取り直してAM6:20スタート。前回ここから山頂までのタイムトライアルは47分だった。でも今回はあれから成長しているはずだし、なんといっても今回はタイムを気にしている。うん、うん。行くぞぉ。走るぞぉ。
たぶん、この区間、走ったの20mくらい。もう、すぐに歩いた。結果46分。微妙に1分成長していた…。

その後もタイムトライアルとは言えないような歩きと走り。いや歩きと歩きと歩きと走り。まぁ、いいじゃん、山なんだから、と訳のわからない気持ちも芽生え、陣馬山へ進む。陣馬まで2時間30分以内に着けばいいなぁ、と思っていたが無理だった。2時間43分。
1118004.jpg

今日は富士山もよく見えた。
1118005.jpg
陣馬山山頂にはけっこうたくさんの人がいた。山登りのシーズンなのかなぁ、と呑気に思う。あっ、高尾から陣馬まではほとんど人に会わなかった。

とりあえず復路は2時間17分以内に帰らなければ5時間以内にならない。無理だろう、いやでもたしか帰りは下り基調なはず。たぶん。うろ覚え。
そう、こういうかかった時間とかコースとかもおまかせだったからよくわからないな。緊張感が足りない。いかに頼り切っていたことか。

まぁ、行こう。この時期、捻挫とかシャレにならないので、下りはゆっくり走る。そして普段走らないちょっとした登りとか、きつい登りを登り切ったすぐ後とかを走るようにする。全体的にゆっくりと、でもいつもより走る区間を多くする。

でも、あれだ。時間を気にしながら走ると山は一気につまらなくなる。時間を気にせずに走りながら、あれぇ?こんなに速かったのぉ?っていうのが理想だな。一人もあまり面白くない。まぁ、話相手がいないからね。それでもなんと言えばいいのか、足が地面を踏んでいく感覚?そういうものが嬉しく感じる。

一丁平?もみじ台?あぁ、調べる時間がない(笑)とにかくそこの坂道を走り切ることを目標にしているので走る。ゼーハーからゼーヒーになる。たぶん歩くほうが速い。それでも走る。ここだけは何としても。
その坂を乗り越えた時点で陣馬から1時間30分。あれ?これって2時間きれんじゃね?と思う。う~ん、時間とかコースとかやっぱりわからないので根拠はまったくない。でもいけそうな気がする。

いけそうな気がしただけだった。そこからすごい人。なんで?なんなの?今日はなんかのお祭り?走るどころか歩くのも大変。
時間が気になる。でも危なくて走れない。あ~、あ~。やっぱり時間なんて気にしてはいけない。
ケーブルカー乗り場のあたりは身動きできない。すごいな、これ。ようやく1号路へ辿り着くと、驚くべき光景が。
道が人で埋まってる。登ってくる人たちで道が見えない。なんだ?今日はなんだ?ず~っと下まで人で埋まっているのが見える。
これ、何万人って規模の人が今、高尾山にいるのではないだろうか?たぶんその人たちの重みで標高が3mくらいは下がっているだろう。すごいな、これ。

2時間切りはあきらめ、下る。1号路の道はほぼ埋まっているので道の端の砂利の部分をジョグで走る。そんなところジョグしている人は僕しかいない。
たくさんの登ってくる人たちに奇異の目で見られる。久々に使ったよ、『奇異』なんて言葉。まれに、「あの人、走ってるよ」なんてささやき声まで聴こえる。

いや、でも2時間切りがぁ。

2時間12分かかった。計4時間55分。まぁ、いいか。
ゴール地点でなぜ今日こんなに混んでいたのかやっとわかった。
1118006.jpg
1118007.jpg
紅葉の季節だったようです(笑)

いや、山の上はまだ紅葉になってなくて、この辺りは朝はまだ薄暗かったので見てなかったので気付かなかった。
元々、完全インドアなので紅葉の時期だから出かけようではないか!という考えも持ち合わせていない。

まぁ、そんな感じで『はじめてのひとりやま』無事に終えることができた。ケガなく終えることができればつくばへ向けたかなりのいい練習になったのではないか?と根拠なく思う。

それにしてもあれだ、もう少し自覚を持とう。
でも、今度はまた一緒に行こう(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

みわっち

こんにちは~
つくばに向けての山って‥よく分かりませんが(笑)
紅葉の写真綺麗ですね~ヒトが多いのも納得!
アレキさんとなら置いてけぼりにされず一緒に山走れそう~笑


11

20

09:23

チャレ

はじめてのひとりやま
お疲れ様~。
筑波山の紅葉もいいですよ。
是非、フルの前日に(笑)

11

20

11:24

san-an

フルを終えてすぐ筑波山に行くというプランはいかがでしょう?
あ、もちろん私は行きません(笑)

ひとりやまは喋らないので、いろいろ心に溜まりますよね。
お疲れ様でした!

11

20

12:37

iwatobi

今日、筑波山下見しときました。
やっぱり紅葉で混んでます。
大丈夫、アレキさんなら、フルの後でも行けますよ。
いってらっしゃーーーーい。

11

20

21:26

三升

それいい。アレキさん、つくばの後に筑波山。語呂もいい。是非一緒に行きましょう。たぶん、kantokuさんも行くはずです(笑)。

11

20

23:03

bg

ナイスラン!
高尾山口駅の左脇を抜けて橋を超えたら稲荷山こーすですよ。笑

一人で高尾はすごいな。俺はそこまでいくのが面倒だから奥武蔵いっちゃいます。人はいなくてたまに不安になりますが。

今まで高尾登っていつも曇りor雨で富士山みたことないです。羨ましい

11

20

23:15

アレキ


みわっちさん

コメントありがとうございます。
つくばへ向けての山はですね、フルと同じくらいの時間、体を動かせて、心肺はメチャクチャ追い込めるのに足に優しいという素晴らしい練習法です。
まぁ、今のところその成果は出ておりません(笑)

今度一緒に山へ行きますか?私に置いてけぼりにされることはありませんが、私が置いてけぼりにされることは充分に考えられます(笑)

11

21

05:51

アレキ


チャレさん

ひとりは緊張しましたが、まぁ、楽しかったです。

筑波山ですかぁ。最近やっとわかってきました。
こういうフリに反応してはいけないってことに(笑)

11

21

05:54

アレキ


san-anさん

そっか。san-anさんも本来は山へ行かれる方ですもんね。
今度ゆっくりと山へ行きたいものですね。
ロードのシーズン終わったらぜひ行きましょう!
あえて、プランは無視(笑)

11

21

05:56

アレキ


iwatobiさん

たぶん、下見ではないと思いますが、下見お疲れ様でした(笑)
レポ楽しみにしています。
筑波山には一度行きたいと思っているのですが、今月はもういいです。
なのでレポはゆっくりと書かれてください(笑)

11

21

05:59

アレキ


三升さん

よくないから(笑)語呂とか関係ないから(笑)

でも筑波山は一度行ってみたいと思っています。
今度kantokuさんに連れて行ってもらいましょうね。
歯だけは気をつけてくださいね(笑)

11

21

06:01

アレキ


bgさん

そう、まったく覚えてないんです、道。自分でもびっくりしました。

あの、今は圏央道あるから、ただアクセル踏んでれば高尾に着いてしまうんですよ。
一般道を行くより楽なんでついつい利用してしまいます。お金はかかりますけどね…。

11

21

06:04

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://alekithunder.blog.fc2.com/tb.php/189-bd52ae39

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad