08

31

コメント:

奥武蔵ロード

かっとび伊吹レポにいきたいところですが先週の話。

土曜日に奥武蔵へ行く。
最近は土日でがっつり走ることが多いので金曜日は自然とランオフだ。

しかし、ここのところ毎週行なっている帰宅ランを今週はできていなかったので、仕方なく18.6kmも走ってしまった。

当初の予定では土曜日に奥武蔵ロード30kmくらいと日曜日には富士山御殿場口からの登山だった。

それに加えて金曜日に帰宅ランなんて、大丈夫なのか?
富士山で行き倒れたりしないだろうか?
いっそのこと奥武蔵をやめて土曜日は休息にあてるっていうのは?

でも、信越五岳はその何倍もキツいはず。

やるなら今しかねえ、やるなら今しかねえ。
誠意っていったい何だね?

そんなわけで3日かけてのポイント練習ということにした。

ただ土曜日の朝、ちゃんと起きられるだろうか?なんて思っていたら、きぐまさんから奥武蔵へのお誘いがあったのでちょうどよかった。約束すれば起きられる。

きぐまさんはサラッと20km走って帰られるとのことだったので現地に6時50分集合で7時スタート。7時00分20秒できぐまさんの姿は見えなくなった。

とりあえず歩かないを目標にタラタラ走る。
この日は湿度が高くて汗がとんでもないことになっていて、まさかの初靴までグショグショ?と思いビクビクしながら走っていた。

上りで何度も歩きたくなったけど、僕の近所には平地しかなく、この奥武蔵だって車で1時間かかるので、そう考えると貴重な上り坂だ、歩くのなんてもったいない、と言い聞かせながら走った。

そんな感じで顔振峠を越え、傘杉峠を越えて高山不動尊まで走った。ここまでの往復で32kmくらいにはなるだろう。
ちなみにコース上に高山不動尊はなく、道をはずれて、ちょっと下ったところにあるのだが、僕は一度も行ったことがなかったので、試しに行ってみると、思ったよりも遠くにあり、また下った分、上らないといけないので少し後悔した。

ま、お参りして下った坂道を登って復路へ。復路は下り基調だ。

顔振峠までやってくると茶屋に立ち寄りノンアルビールとニンニクとまとで小休止。
メテオデさん主催の奥武蔵試走組と会えるかと思ってここで待つことに。

1時間もマッタリしてしまったがメテオデさんたちは来ないので先へ進む。後でわかったが僕が時間を勘違いしていたようだ。

タラタラ走っているとその集団はやってきた。


お会いできてよかった。

mizoreさんから本当にカール食べてないんですか?と訊かれたけど、今日現在もカール断ち中、48日!

皆さんと別れた後もタラタラと走り、トータル33.5kmを5時間もかけて走った。
ま、かなり遅いけど遅ければ長い時間体を動かせたということでOKだ。
追い込みが足りないとかメンタルが弱いとかって反省なんてしないんだから(笑)

翌日の富士山は大丈夫なんだろうか?と思いながら家に帰った。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

08

30

コメント:

【速報】夢のような夢だ



ご褒美(笑)

かっとび伊吹。
制限時点にわずかに届かなかったものの、山頂までは行けました。

ご一緒させていただいた皆さん、ありがとうございました。

とても楽しかったです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

08

29

コメント:

真夏の夜にバリバリ!で夜狼刺苦(よろしく)

たぶん昨年も同じようなタイトルで記事を書いたかもしれない。
まぁ、この歳になると、むしろ成長しないことがいいことなのかもしれない(笑)

そんなわけでかっとびロックンロールで行くぜ!前泊の名古屋へ!

オーケー、ベイベー、聴いてくれ、横浜銀蠅で羯徒毘璐薫'狼琉(かっとびロックンロール)


え~と、かっとび伊吹に参加される皆さま、かっとび伊吹には参加されないけど、前日の名古屋での集まりに参加される皆さま、今年も無事に旅行できることを感謝しつつ、よろしくお願いいたします。

かっとび伊吹とは滋賀県と岐阜県にまたがる日本百名山である伊吹山(1377m)を一気に駆け上がるという、上り一辺倒のレースである。だいたい10kmで1100mくらい上るのかな。
舗装路である1合目まででほぼ半分の4.8kmあるので、そこまでががんばりどころだと思う。

制限時間が2時間30分で昨年の僕のタイムは2時間24分でギリギリだった。いや、バリバリだった。
山頂間近になって渋滞が始まるという非常に悩ましいレースである。

昨年のタイムで見る限りでは5合目に1時間30分以内で着けば、完走はほぼ確実で、あとは流れに沿って歩けばいい感じだと思う。
ちなみに僕のアドバイスはいつも完走ギリギリ目線だ。いや、バリバリ目線だ。

とにかく今年も伊吹山の、あの頂を目指して、オレは行くぜ!行くんだぜ!


待ってろ!伊吹山!
140831IMG_3157.jpg

あれ?これ違った?
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

08

28

コメント:

コピー機の教え

コピー機を使うと、たまに前の人が使った設定のままだったりとかして、いきなり大量にコピーし始めたりとかいうことがある。
慌てて取り消しボタンを押したりする。急いでいる時なら舌打ちの一つも鳴らしたりするかもしれない。

そんなふうにイラついた人がするのか、コピー機にはテプラなんかでコピー機を使用した後はリセットボタンを押すこと!なんてものが貼られていたりする。

この注意喚起文を読んで、またイラっとすることもある。なんだこの命令口調は?と思う。
とくにのマークにイラっとする。

10年くらい前に読んだ雑誌か何かに、そのことが書かれていた。

コピーを使い終わった誰かにリセットボタンを押すことを啓発するよりは、コピー機を使う前に自分がリセットボタンを押すことを習慣づけるようにしましょう、ということだった。

コピーを取る前に自分でリセットボタンを押せば確実だし、仮にリセットボタンを押し忘れたとしても、人間は誰しも自分には甘いものだから、そんなにイラついたりしないものである、とのことだっだ。

なるほど。少なくともテプラを貼るよりいいかもしれないと思って試してみた。イラッとしなくなった。

不思議なことにというか当然のことなのかもしれないが、リセットボタンを押し忘れて大量にコピーが始まったとしても、あ、リセットボタン押すの忘れちゃった、てへっ。ってな感じで全然腹が立たない。

僕は自分にはとことん甘いのだ(笑)

だから今ではコピー機が大量にコピーを始めても、清らかな心でそれを許すことができる。

しかし、だからといってすべてのことをそんなふうに考えられるわけでもない。
最近というか、ここ数年、僕は自分の居場所にとても違和感を感じるようになった。
居場所というのは働く場所のことだ。そしてそこで働く人々のことだ。

単純に僕が歳を取ったからかもしれないし、少しずつ立場が変わったからかもしれないし、大幅に組織が変わったからかもしれないけど、とにかく、今まで僕が常識だと思って、それに準じて動いてきたことが、どうやら僕を取り巻く人々には通用しないんじゃないか?って思うようになった。
そのことを、ずっと僕が常識で彼らが非常識だと思っていた。

でも、当然のことだけど、彼らからみれば彼らが常識で、僕が非常識だということになる。

これって、僕がリセットボタンを押すってことなのかなぁ?なんて思う。そうすれば、てへっ。って思えるのかなぁ?なんて思う。

いずれにせよ、もっと柔軟に考えていかないといけないのかもしれない。
常識とか非常識とかって立ち位置でどうとでもなるからな。

それにしても、たかが僕を取り巻く小さな社会の小さな話だからいいけど、日本の人口が減って積極的に移民の受入れとか始めるとそういった価値観の多様化ってどんなふうになるんだろう。それまでにリセットボタンを連打できるようになろう。

働き始めてすぐの頃で、僕は残業をしていた。
フロアには僕と隣の課の課長だけが残っていた。その課長と話をしたことはなかった。
その課長の声がしたので振り向くと、その人はコピー機とけっこう本格的にケンカをしていた。

えええぇぇぇ?とまだ20代前半の僕は、かなり驚いた。コピー機に本気で怒ってるよ、この人?マジで?と思った。
その課長はしばらくすると長期の病気休暇に入ってしまった。

それ以来、僕は、コピー機とケンカするようになったらやばいな、と肝に銘じるようになった。

今のところ、まだコピー機とケンカしたことはないけれど、そうなったときには潮時かもしれないなと、そんなふうに考える。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

08

26

コメント:

奥武蔵ウルトラマラソン レポ 後編

とりあえず昨日は13km走った。
今日は雨だね。ふんふん。今日は雨だ。

この前編書いたの1ヶ月以上前なんだ。びっくりだな。

そんなわけで後編。
K12R2さんとmizoreさんが待っている顔振峠まで行くことを目標にタラタラ歩き続け、なんとかたどり着く。
20150607RIMG0015.jpg
こんなふうにエイドごとに細かく距離表示があるし、次のエイドまでの距離も書いてあるので、とてもよかった。
で、これを見ると次のエイドまでは2.4kmだ。これだと何となく次を目指そうという気になってしまうのが、またいい。

ここの給水にはなんとノンアルコールビールがあった。
早速、グビグビ飲みながら、ずっと待っていてくれたK12R2さんとmizoreさんとお話をする。

もうリタイアしたいんだけど、ここで勝手に止めても勝手に帰らなくてはいけないんですよね。
リタイアした後に10km以上走らなくてはいけないなんてそんなの無理ですよ。
K12R2さんたちと一緒に帰っても高麗駅だと10km以上ありますよねぇ。
あと10km先へ進むと、たぶんそこで関門に引っかかるだろうから、そこまで行こうかな。
収容車があるかもしれないし、それに先へ進む10kmはリタイアじゃないから、ほんの少しの希望を持ったまま走り続けることができるしね。

そんな感じで先へ進むことにする。浴衣姿の金髪のおねーちゃんに水をかけてもらい少しだけ元気が出た。

顔振峠まではけっこうなアップダウンがあるのだが、ここから先はほぼ上りのみだ。それなのに何で先へ進んじゃったんだろう?なんて後悔しながらも走って上る。

あれ?今までずっと上りは歩いてきたのに何で走ってるんだ?
K12R2さんとmizoreさんに会って、元気が復活したのか?それとも浴衣のおねーちゃんか?
まぁ、どっちもでいい。とにかく走れるのなら走って先へ進もう。

前を走るおじいちゃん。

けっこう前からよく見かける。同じようなペースなんだろう。でもずっと気になっていた。
そのおじいちゃんはまったく歩いてはいない。走っている。でも見た目は走っているというよりは倒れそうになるのを必死で耐えているという感じだ。

あの、僕は勝手に、初めて人類が二足歩行をしたとき、本当は歩いたのではなくて走ったんじゃないかと思っている。
二本の脚で立ち上がる。初めて立ち上がったからバランスが取れずに倒れそうになる。倒れないために足を出す。またバランスを崩しそうになる。反対の脚を前に出す。そんな感じで脚を出し続けたとすると、歩くより走ったほうが自然な感じがする。
倒れないために走り続けたのではないかと思う。

そして、そのおじいちゃんはそんな走り方をしていた。おじいちゃんには失礼だが、大丈夫かな?と思った。まぁ、他人の心配をするほどの走りを僕もしていないのだけど。

上り坂でも走れるようになった僕は、そのヨタヨタ走るおじいちゃんを抜かしつつ、きついですねぇ、と声をかけた。

おじいちゃんはエイドにもほとんど寄らず淡々とヨレヨレと走っていた。
僕はエイドに着くたびに、コーラやらお茶やらカフェオレやらファンタグレープやらをグビグビ飲んでいるので、そこで抜かれて、また前をヨタヨタ走るおじいちゃんを抜かすという繰り返しになった。

何度目かに抜かす時に、おじいちゃんのゼッケンがグリーンなのに気が付いた。
今朝、メテオデさんが奥武蔵ウルトラを10回以上完走している人はグリーンゼッケンなんですよ、と教えてくれたのを思い出した。

このヨタヨタの、僕と同じく制限時間に間に合いそうもないおじいちゃんはこの奥武蔵ウルトラマラソンを10回も完走しているのか?

なので、おじいちゃんにグリーンゼッケンなんですね?と訊いてみた。

するとおじいちゃんは、ええ、10年前の話ですけどね、と答える。

へ?10年前に10回完走したの?

あれ?たしか今回の大会って22回くらいだったよな。それじゃ、このレースが始まったころから毎年参加して完走していたのか?それがなんで10年ぶりなんだろう?

おじいちゃんは、10回完走した後、膝を痛めて走るのを止めていたそうだ。
今回は知り合いに誘われて、それじゃ、出てみよう、でも膝のこともあるし、鎌北湖までの20km走れたらリタイアしよう、と思って参加されたんだそうだ。

ところが鎌北湖まで来てみるともう少し走れそうだ、ということで行けるところまで行こうと決めたらしい。

関門に引っかかって止めるのと、自分から止めるのでは違いますからね。だから関門に引っかかるまでは行こうと思ってるんですよ。

やっぱ、10回も完走している人は違うよ。すごいよ、おじいちゃん。

ということで、そんなおじいちゃんと僕は熾烈なデッドヒートを繰り広げて、二人揃って刈場坂峠で関門に引っかかった。
20150607RIMG0020.jpg

刈場坂峠の柵に二人で寄りかかって、おじいちゃんといろいろ話をしていた。
膝を痛めて10年も走っていなかったおじいちゃんは45kmも走れたことに充分満足したらしく、とても充実した表情をしていた。
そんな、おじいちゃんの隣にいると、なぜだか僕まで充実した気分になった(笑)

おじいちゃんは僕と話をしながら折り返してくるランナーをずっと見ていた。その中に知り合いがいたらしく、その女性のところへ駆け寄って、嬉しそうに応援していた。
その女性は奥さんだった。たぶん、10年ぶりにこのレースに参加したのも奥さんのためなのかもしれないと思った。

そして力強く走って行く奥さんの後姿を、おじいちゃんはとても穏やかで優しい表情でずっと眺めていた。

ずっとDNF続きで、もうレースに出ること自体が誤りなんじゃないかと思っているけど、それでも今回の奥武蔵ウルトラはこれでよかったような気がする、と自分に都合のいいように解釈できるレースだった(笑)

来年もまた出ようと思えた。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

08

25

コメント:

みんな愛のせいね

いや、ホント慣れないことはやるもんじゃない。

疲労が全身を覆っている。
でも、まあ、筋肉痛とかは思ったほどではなかった。
少しは強くなっているのかな。

内蔵がやっぱり疲れるね。お腹が鈍くて重い。

週末は名古屋、そして伊吹山だからね。
今日から毎日ビオフェルミンでも飲んでおけばいいのかな。

なんか、あまりに疲れてあまりに内蔵がムカムカするので、気持ちいいことをしようと思って、普段はiPodに入っている全曲をシャッフルして聴いているのを、お気に入りの曲だけをシャッフルして聴くことにした。

何となく満遍なく聴きたいから全曲シャッフルで聴いているんだけど、正直、つまらない曲もあるし、こんな曲あったっけ?というのもある。

だけど、お気に入りだと、だいたいの曲は10代とか20代の頃に聴いた曲が多いので、ホントに身体の中にスッと入ってくるような曲ばかりなので聴いていて疲れない。

疲れないっていいな。

昨日はランオフだったけど今日はこれから家に帰ったら走ろうと思う。
どのくらい走れるかはわからないけど、でも、きっと走れるさ。

ごはんを食べるのも、眠るのも、お風呂に入るのも、みんな愛のせいだとしたら、走るのだって、愛のせいだから。

そう、みんな愛のせいね。

たぶん、オレ、疲れてるね。
駅に着いたら豆腐を買ってお家に帰ろう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

08

24

コメント:

遥かな距離

金曜日は帰宅ランで18.6km
土曜日は奥武蔵ロードで33.5km
日曜日は富士山御殿場口から登山で20km

疲れた。今日一日は廃人のように過ごすのだろう。

それにしてもこの3日間の合計距離が信越五岳の距離に遠く及ばないという事実。

22時間で山の中を110km。

遥かな距離だ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

08

21

コメント:

さいたま国際マラソンにエントリー!!!

なんといっても地元だしね。

記念すべき第一回の大会だしね。

やはりこれは参加でしょう!ということで。

エントリーしました!

ボランティア。

一度やってみたかったんだよね、ボランティア。

走らなくていいと思うと楽しみ~(笑)

さいたま国際マラソンに参加される皆さま。

大会スタッフとしてお待ちしております(笑)

がんばってくださいね。

昨日の帰りの電車の中でエントリーしてたんだけど、いきなり猛烈に気持ち悪くなって途中の駅で降りてしまった。

飲んでる時は平気で、今日もスッキリなんだけどな。

ポケットにレシート入ってた。
生ビール1杯にハイボール7杯だった。

ま、楽しかったからいいだろう。
距離感がね。ちょうどいい。

3人で飲んでたけど、僕らのその姿を見て、僕らがランナーだと思う人は誰もいないだろう。

大型基準。TEAM75の本質。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

08

15

コメント:

奥武蔵ロード

今日は☆ponkoさんにお付き合いいただき奥武蔵ロードを走ってきた。
7時スタート。涼しいと思っていたものの、蒸し暑かったようで汗、汗、汗。

あぁ、もちろん☆ponkoさんは5分もしないうちに遥か前方へ進んでしまい、その後、すれ違いで一瞬会っただけだった(笑)

いつも書いてるけどスタート直後の2kmくらいの坂道が一番つらくて、そこを歩かずに走れれば、その日はなんとかなる!って思っているんだけど、だからがんばって走った。

何とか走り切って、オレ、やったぜ、ご褒美、と思って給水しようとしたら、眩暈が。
なんだ?なんだ?と思いつつも走れない。揺れるし、揺れると気持ち悪いし。

仕方なく、歩く。今日の奥武蔵はロードだからロードで歩くと負けた気持ちになる。
負けた気持ちになるから帰りたくなる。今日は帰ってまたリベンジだと思う。
これがレースだったら、レース序盤で眩暈がして走れなくなったら?
どうすればいいんだろう?

とりあえず、給水して、ゼリーを流し込んで、上りをゆっくりと走る。下りは揺れて気持ち悪いので歩く。
そんな感じで1kmくらい続いたら、なんとか持ち直したので、そこから先はゆっくりと、でも歩かずに走り続ける。

蒸し暑かったし、今日も短パングショグショになったけど、やっぱり靴はならない。よかった。

そんな感じで傘杉峠まで行き、折り返す。顔振峠ではコーラタイム。
ここらあたりで晴れてきたので景色がよくなった。

20150815IMG_1432.jpg

もう、☆ponkoさんはとっくに先へ進んでいるので先を急ぐも、まぁ、そんなに急げるほどの走力はない。
でも、まぁ、それなりに走る。

晴れた分、蒸し暑くはなくなったけど、単に暑くなって、それもつらい。
これから先へ向かって走る人たちと挨拶を交わしながら、オレはもう戻ればいいんだぁ、というのが単純に嬉しい。

なんとか駐車場までたどり着くと、☆ponkoさんは着替えも終わっていたので、僕も5分で着替え終えて、すぐさま帰る。
風呂もアフターもなく、帰りのコンビニでアイス買ったくらい。昼には解散だ。

トータル26.3km。いい練習だった。一人だとね、行くのもかったるくなってしまうので、ホント助かった。
お付き合いいただきありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

08

14

コメント:

30日連続

家の最寄り駅の改札を抜けるとすぐにドラッグストアがある。

そこではカールとかサッポロポテトバーベキュー味とかかっぱえびせんが週に何度かのセールの日に70円くらいで売っている。
普通に買ったら100円は超える高価な品物だ。まさに僕のためにセールを行っているとしか考えられない。

そんなマイ・ドラッグストアを30日間も連続で素通りしたよ!
正確には土日は素通りしてないけど、そんな瑣末なことはいいんだよ!
すごいよ、オレ!まったくもって、オレ様だよ!

もう、そろそろ禁断症状が出てきたよ。そんなに必死で我慢しているのに、思ったほど体重は減ってはいない。
それでも微妙に減り続けてはきている。

元々、あまり食べないから朝はトースト一枚とコーヒー一杯は変わらず。
昼は以前よりさらに小さくなったお弁当箱での弁当持参。
今は白米を昼にしか食べてないので昼が一番楽しみだ。

夜はきゅうり一本と豆腐半丁と納豆。
それにその日の気分で何か一品追加する。トマトとかサラダチキンとかキャベツとか炭酸水とか。

元々、あまり食べないからか、劇的に体重が減るようなことはない。
これに加えて毎日60分のジョギングなんてできない。
土日に山へ行った疲労は金曜日あたりに抜ける。
でも金曜日は明日は山だからランオフだ!となる(笑)

なのでとにかく電車を降りてしまえ!ということで週に一度は帰宅ランをする。
走らないと帰れない。それかグショグショのTシャツでそこそこ混んでる電車に乗る勇気を手に入れるしか帰る方法はない。

今週は豆腐の上にキムチをのっけてみた。醤油の代わりになるし、何となく基礎代謝があがりそうな気がする。

面倒なので容量多めのキムチを買ってきて4日かけて食べ終えたけど、キムチって劣化が早いんだね。
別に腐ったとかではなくて、日が経つにつれて明らかに味が落ちていく。キムチって鮮度が命なのかな?

だから僕は、フランス人がフランスパンの買い置きをしないように、韓国人はキムチの買い置きをしないんだな、と人生の真理を一つ見つけたかのようにそっとさりげなく呟いたら、そもそも韓国人は自分の家でキムチ作ってんじゃないの?と家族から訂正が入った。

そうなの?

こういう生活を続けていると、たまに凄まじいほどの空腹感に襲われることがある。それはもうまったく理不尽なほど突然やってくる。

そんなときに僕はキャベツを食べる。
キャベツを4分の1くらい用意して、それをザク切りにして、和風ドレッシングを少しポタポタ垂らして、そんでポリポリとキャベツを食べる。
そのために家の冷蔵庫にはマイキャベツが入っている。お小遣いで買った(笑)

ザク切りにすることで噛みごたえもあるから、よく噛むことで満腹中枢神経を刺激するだろうし、けっこうお腹いっぱいになる。
さぁ、たらふく食べてやるぜ、なんて思いながらキャベツをポリポリ食べている。

この世に生を受けて四半世紀近くなって初めてわかったことがある。

満腹感とは、お腹がいっぱいになり幸福に満たされる感じ、という意味なんだ。

ったく、キャベツで満腹感など得られるか!

あと40日を切った。引き続きできることをやろう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

08

13

コメント:

龍馬伝

一昨日のことだ。

ねぇ。『おととい』って言う?それとも『おとつい』って言う?
ま、どっちでもいいけど(笑)

夜、走りに行こうと思っていたら、運よくお腹が痛くなったのでランオフにした。
暇だったので、HDDに録画されまくっているリストを眺めていた。
ほとんど僕が録画したものなので家族からはいつもなんとかしろと言われている。

僕は大河ドラマが好きではない。だからどの話も全話通して観たことがない。
僕の父親は大河ドラマが大好きなのでいつも見ているが、子どもの頃はそんな父親が小憎らしかった(笑)

一度、父親が観ていたのを途中から一緒に観て、その後も見続けたことがあり、それは『おんな太閤記』というやつだ。
佐久間良子が主演だったのかな?あまり覚えてないな。

前置き長いな。それで龍馬伝の話だった。
龍馬伝が始まった時、僕はこれを初めて最後まで欠かさず観る大河ドラマにしようと思い立って、第1話を録画した。

なぜ龍馬伝を観ようと思ったのかというと、僕は18歳まで恐ろしく本を読まない子どもだった。年に1冊くらいしか読まない。
なぜ1冊読むのかといえば、それは読書感想文があるからで、仕方なく読んでいた。

ちなみに6、7年前からもまったく読まなくなった。本を読まなくなって残念なこともあるけど、その本を読む時間ってけっこうな時間を費やすので、すっきりした感じもする。

それで中学3年だったか、その頃にたまたま図書室でパラパラと読んだ本をそのまま借りてきて家で読んでいた。
その本が司馬遼太郎の『竜馬がゆく』だった。でも、あれ何冊もある。まったく本を読まない中学3年生が持続して読み続けられるような本ではなかったようだ。

とりあえず1巻だけ読んで、その先を借りることはなかった。
そしたら、よくわからないが何かの時のプレゼントで『竜馬がゆく』全巻を母親が買ってくれた。

また、余計なことを(笑)

結局、全巻読むことはなくて、最高で4巻の途中までしか読んだことはなく、1巻については4回も読んだ。
その本、まだどっかにあるんだろうけど、たぶん一生読まれることはないと思う。

でも、せっかく母親が買ってくれたのに、あの頃、お金だってそんなになかったろうに、と思うと少し心苦しい気がしたので、手軽にドラマで坂本龍馬の一生を細かく知ろうと思ったのだ。

だいたいにおいて坂本龍馬っていまいち何をやった人なのかわからない。
いや、わかるけどなんか全体的にふわっとしてる。

そんなわけで龍馬伝の第1回を録画し、その後も録画し続けた。
そして、その録画したものを一度も観ることはなく、全48話を録画し終えた。コンプリートだ。
家族はみんな怒っていた(笑)

それにしても福山雅治の、あの肌のツヤとかハリはいったいなんだ?あの年であのツヤとハリってちょっと説明がつかないくらいの肌だ。アンチエイジングすぎるだろ。僕より年上というのがさらに解せない。

そのせいかどうかわからないけど、龍馬伝全48話をそのまま1年寝かし続けて、やっと気が向いて、観始めることができた。
観てみると龍馬伝はすごく面白くて、汚すぎる弥太郎とかすごくて、もうすでに誰も話題にもしない龍馬伝に対して、一人興奮していた。もう家では一人土佐弁だった。

そんで楽しく観続けてとうとう最終回までやってきたのだが、そこでまたパタッと止まって、最終回を観ることはなく、さらに数年そのまま放置していた。

最終回にはSIONとか中村達也とかが出ると聞いていたので、楽しみにしていたのだが、それを観ることはなかった。

なんでかというと、殺されるとわかっていることをわざわざ観たくなかったからだ。
僕は基本的にハッピーエンドが好きだ。だからなんだっけ?『誰も知らない』だっけ?あれも20分で観るのを止めた。最後まで観てないからわからないけど、あの映画に救いはあったのだろうか?

そんで、坂本龍馬はたぶん志半ばで殺されてしまうわけで、それは無念の死なんだろうから、そういう悲しい死の場面をわざわざ観たくないな、と思うと観る気にはなれなくて、その最終回はそのままHDDに取り残されていた。

僕が観ても観なくても、もう歴史が変わるわけでもないし、一応、史実だからハリウッド映画みたいに何通りかのラストシーンがあるわけでもないんだろうけど、まぁ、気分がのらなかったんだろう。

それを一昨日、とうとう観た。もしお腹が痛くならなかったらまだ観ることはなかったかもしれない。

中村達也もSIONもすごくよかったけど、まぁ、観なくてもよかったような気もする。

どうでもいいのに長い話だな。

このままじゃ、あれなんで。
昨日も帰宅ランで24.8km走った。
なんか走りたくなくてこのまま電車に乗って帰ろうかと思ったけどギリギリのところで降りた。走れてよかった。

で、考えてみたら24.8kmってなんだよ?と思った。
あと0.2km走って25kmにするという思考はないのか?と昨日初めて思った(笑)

まあ、この0.2km足りないあたりが僕の存在意義なのかもしれない。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

08

12

コメント:

奥武蔵トレイル

メテオデさんが雑誌に信越五岳へ向けての練習方法が書いてあったよ~って教えてくれたので読んでみると、信越五岳に向けての練習は山インターバルがいいらしいとのこと。

山インターバル?

なんだ?その山インターバルって恐ろしそうな練習方法は?と思ってよく読んでみると、2~3時間くらいかかる里山を周回する練習ということらしい。

信越のようなロングトレイルだとエイドからエイドまでを目標に進むので、その区間がだいたい2~3時間ということで、そのような感覚で山インターバルをするらしい。

なるほど。

それであれば、奥武蔵だ。奥武蔵がうってつけだ。2~3時間で帰ってこられるし、家から近いし、高速代もかからないし。

ってなわけでいつものようにK12R2さんをお誘いして奥武蔵へ行くことにした。

しかし、その奥武蔵行きを決めてから、僕はずっと悩んでいた。
悩みに悩んで悩み抜いていた。

若きアレキテルの悩みくらい悩んでいた。

周回コースということは一度スタート地点に戻ってくる。
そこには車があってエンジンをかければ冷たい風だって流れてくる。
着替えだってあるし、あとはアクセルを踏むだけで家に帰れる。

そんな場所に2~3時間も山をウロウロしたあとに戻ってきて、また2~3時間も同じコースへと向かってスタートをきれるのだろうか?

だいたい奥武蔵なんてせいぜい標高5、600mしかない。山とは言え暑くてしかたない場所だ。
暑さでドロドロになってのリスタートなんて、無理、無理~。

なので、やっぱり、あっさり、周回コースは却下する。

そして以前から気になっていた、奥武蔵の奥の方へ行くことにする。
奥でも手前でも奥武蔵。ぷぷぷ。

ルートはこんな感じ。

正丸駅~正丸峠~伊豆が岳~天目指峠~子の権現~吾野駅~顔振峠~カスリ山~物見山~日和田山

高麗駅から電車で正丸駅まで行って戻ってくるコース。
伊豆が岳ってよく聞くし、子の権現もよく聞くものの行ったことなかったので行ってみようということに。
途中で吾野駅があるので、いくらでも逃げられるのが、なんか僕らしくていい。常に逃げ道から考える(笑)

そんな感じでスタート。

登山口までの舗装路がいきなりつらい。
なんとかがんばって走っていたが走りきれずに1.4km地点で歩いてしまった。そしたら登山口までは1.5kmだった。あと100mなぜがんばれない。

開始早々、けっこうなきついコースが続き、奥武蔵なんて標高500mくらいだし丘みたいなもんだろ?って思った自分を、いつものように呪い、そして奥武蔵さんすいませんでしたと、いつものように謝り倒した。

この日は灼熱ではなくて、それは助かったものの、湿度がすごくて、汗が止まらない。
すぐさまTシャツはグショグショになり、普段はそんなことはないのに、短パンまでもがグショグショになってしまった。

あれ、この間、オレ、汗かきジョニーって記事書いたばかりだぞ。それなのにまさかの靴グショグショになるのか?
あっ、すいません。今日は波乗りジョニー的な感じで。

とにかく言ったそばから靴グショグショはまずい。ほら見たことか!ってなるに決まってる、と思いながらもなす術はなく、汗が理由でリタイアするわけにも行かずに、ただひたすら前へ進む。

伊豆が岳は男坂の壁みたいな岩を登るのが有名らしいが0.2秒で女坂のほうを選ぶ。

このコースホントにつらい。それといつものオクムのコースよりも山深い感じがする。
その後も、しつこくアップダウンがあり、また走れる区間もあり、蒸し暑さも含めて、ヘロヘロだった。
天目指峠から子の権現までの上り下りがとくにしつこくて、そこですべてを奪われた。

ようやく子の権現にたどり着く。
あれかね。子の権現は健脚の神様?らしくて、でかいわらじがあるんだけど、あのしつこい上り下りをさせることによって、この神様のありがたみをさらに増すといった意図なんだろうか。

すっかり術中にはまったかどうかわからないが、とにかく切実にお祈りをしておいた。
20150808IMG_1429.jpg

その後は、吾野駅までほぼロードを走る。まぁ、下り基調なのでなんとか走る。

あっ、ちなみにここらあたりで日が差してきて湿度が下がったのか、ロードを走るうちにグショグショの短パンは乾いてきた。

よかった(笑)
まあ、顔の汗は変わらないけど。

日が差せば差したで暑いし、山で脚を使い果たしたので、駅に着いたときにはヘロヘロで、でもここまでで16kmくらいだし、まだ時刻も10時半を過ぎた頃なので、リタイアする理由を思いつけない。

とりあえず駅前でマウンテンデューを飲んでいると、その先へ進むことを脚が頑なに拒んでいた。さっきお祈りしたのにな。

でも顔振峠まで行けば、にんにくトマトが食べられますよ、という思い一つでようやく腰を上げて、出発した。もちろん上りでは後悔しながら歩いた。

ご褒美のにんにくトマト。ノンアルビールも飲んで完全に寛いでいた。
20150808IMG_1422.jpg

ここの茶屋の人たちはとても優しい人たちで、ゆっくり休んでくださいね、と言いながら頼んでもいない梅干しやお新香をいただいたり、水がなくなればすぐに注いでくれて、ゆるやかな世間話を楽しんでいるうちに、ここから10kmもの距離を走って帰ることなど考えられず、このままここで寛いでいれば、最後にはタクシーを呼んでくれるんじゃないか、と思えてきた。

もちろんそんなことはなくて、かなりの時間休んでしまったけど先へ進む。

ここから先はいつもの奥武蔵グリーンラインなんだけど、普段は舗装路を走るのだが今回はトレイル部分を進み、なんかいつもと景色も違うので新鮮だった。
20150808IMG_1425.jpg

そんな感じで32km弱を休憩抜かして7時間40分くらいかかった。

まだまだ走れる場所でタラタラ歩いているし、すごく遅いけど、上りに脚が慣れてきているのが わかるし、7時間動ける脚になってきたことは素直に嬉しい。

これも毎週のように付き合ってくれるR2さんのおかげだ。
ホントいつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

08

08

コメント:

僕にできること

山ん中ウロウロするくらいしかないから。

K12R2さんに付き合ってもらって、31.8kmを7時間42分かけてウロウロしてきた。

詳細は後日。たぶん。

山ん中で、走ったり速く歩ったりとかは無理だけど7時間以上動き続けることはできてきたようだ。

今後も週末はいずれかは山へ行き、5時間~7時間くらいはウロウロしよう。

平日は週に一度は帰宅ランしよう。

それにしても2週続けて帰宅ラン24.8km走っても、2週続けて30kmも走られたら、僕がかすんでしまうじゃねーか!

くそっ(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

08

07

コメント:

汗かきロメオ

僕は子どもの頃からすごく汗っかきだ。
僕に会ったことがある人ならよくわかると思う。
そこまで汗かくか?というほどかく。
とくに顔と頭がひどい。いつも顔中に汗をかいているし、頭からも汗が流れ落ちる。

顔だからホントにジャマくさい。
子どもの頃というか思春期の頃はかなりのコンプレックスだった。
常にタオルが欠かせない。ハンカチなんて何の役にも立たない。タオルを忘れてしまったりなんかすると、世界の終わりのような気持ちになる。

思春期の頃に、好きな女の子の前で顔中に汗をかいていたら、それだけで、あっ、無理だな、って思うじゃん。
だから僕の汗を気にしないだけで、その人がとてもいい人に思えた。
さらには自分の手で僕の汗をぬぐってくれたりなんかされると、その人のことを好きになってしまう(笑)
そのくらいコンプレックスだった。

どんくらい汗っかきなんだよ、と思う人もいるかもしれない。
走っているときに帽子やサンバイザーを被っていたら、ほぼ確実につばから汗がポタポタ落ちている。
ほぼ確実に100%。もちろん冬だってそうさ。

いやいやいや、さすがに冬はポタポタしないだろう?と思われるかもしれない。

いやいやいや、冬だってポタポタするんだよ。しかもそのポタポタが凍ってつららになっちゃうんだよ。



ほら。これ汗だから。季節は2月だから(笑)
0209050.jpg

ま、とにかく汗っかきで、それはやはり一生治らないみたいで、だから、汗かきロメオと呼ばれてた~♪って感じ。

すいません。タイトルは適当です。プライベーツの気まぐれロメオから。
それにしてもプライベーツ、今や子どもが活躍してるんだから時の流れってやつは。

で、まぁ、昨日も帰宅ランやりました。24.8km。平日になんてオレは偉いんだと思いながら走りました。
もちろん帽子からはポタポタ汗が落ちていたけどね。

それで、ふと思った。

僕は顔や頭からはとめどなくすごい汗が流れるんだけど、身体中にすごい汗をかくわけではない。
よく満員電車に乗っていると、ワイシャツが湿っている人がいるけど、僕はそんなふうにはならない。まぁ、よっぽど暑い場所へ行けばなると思うけど、通勤でそんなになることはない。
もちろん顔には汗かくけどね。

で、走ってて汗で靴がグシュグシュになるから、靴を毎回洗っているという記事を最近よく見かけるんだけど、そんなことになったことはない。
走っているわけだから当然顔以外にも汗はかくのだが、靴がグシュグシュになるような汗をかいたことはない。

タイツとか膝サポーターしてるからかな、なんて思ったけど最近は長い距離も生足で走れるようになったけどとくに変わらないので関係ないようだ。

実を言うと、ランシューなんて洗ったことがない。トレイルシューズは洗ったことはあるけど、あれは泥がすごくて洗う感じで、靴が臭って洗うってことではない。

いや、ランシューだって真剣に臭いを嗅いだことがあるわけじゃないけど、普通に使ってて気になるような異臭を放ったりもしていないので、とくに洗ったりはしない。

だから、たぶん、僕の足はサラッサラなんだろう。キレッキレではないけどサラッサラなんだろう(笑)
あれかな。下半身にかくべき汗がすべて顔と頭にやってきてるんだろうか?

いずれにせよ、走るたびに靴を洗うなんて面倒だ。

こういうこと書くとあれかもしれないけど、今まで生きてきて、僕ほど汗に悩まされている人間はいないんじゃないか、とさえ思うこともあったけど、そうでもないのかもしれない。

毎回ね・・・。靴洗うのか・・・。大変だな・・・。

なんか、ほっこりした(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

08

06

コメント:

東京マラソン レポ その4

まさかの東京マラソンレポ(笑)

いえね、東京マラソンレポをずっと待ってるのにいつ書くんだ?というお言葉をいただきまして。

そんなレポがあることすら忘れてましたよ。
でも、まあ、書いてみますよ。もうほとんど忘れてるから、すべて脚色してありますよ。

では、さて。

今はあれですよ、2月ですよ、寒い寒い厳冬期の2月なんですよ。
猛暑日記録更新とか間違ってもそんな季節じゃありませんからね。

レポのおさらいをすると、わずか5kmでリタイアしそうになるが、リンさんの励ましで何とか走り続け、ブログ村大応援団の壮大な声援を受けて感激し、品川までのすれ違い区間で多くの知り合いと声を掛け合い元気をもらい、品川からの折り返しで、あれ?どうやらオレがブログ村関連ランナーではペケらしいぞ。へ?オレがみんなを寒い中、待たせ続けなくてはならないのか?それはやばい。たしか、たーはるパパさんが実力以上に突っ込んでいるはず!たーはるパパさんを拾ってペケは免れよう。もしくはセーラ・・・。今はNGワードかな。とにかくペケはまずいんだぜ~。って感じで、再度のすれ違い区間である銀座~浅草間に突入した。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ブログ村大応援団の皆さんを極寒の中、ずっとお待たせするのはまずい。

ペケはまずい。

と脱アレキ待ちを誓いながら走る。

ハーフ地点を通過したのは2時間20分を過ぎていて、これって後半も今までと同じペースで走らないと5時間切れないじゃん、と思った。

ふっ、まぁ、いいさ。
このまま歩かずに今までのペースで走り続けよう。そうすれば前半飛ばし過ぎてヘロヘロになって落ちてくる予定の人を拾えるだろう。

オレは淡々とリズムを崩さずに走り続けるだけだ。
アリジゴクが口を開けて獲物が落ちてくるのをただ待っているように、オレも淡々と走りながら待ち続ければいいのだ。へへへ。

そうして、いつの日かオレは立派なウスバカゲロウになるのだ!もうアレキ待ちなんて言わせないぞ!

そんなことを思いながら走っていると、リンさんがお腹すきましたね?と仰るので、たしかに空いた、空いた。あれ?もうすぐ22kmの給食地点じゃなかったっけ?

うまい!
20150222015.jpg
ちなみにこれ、両手と口の中にパンがあるけど、すでに1個食べた後なので、4個も食べた。

一応、ジェルを持っていったけど、結局摂らなかったので今回も補給はエイドのみ。
ミニトマトもあったので2~3個つまんで食べる。うまい。今回はミニトマトがうまかった。

花の都大東京、東京のバカヤローが、の銀座のど真ん中でチョコパンをもぐもぐしながら走り続ける。

浅草まではすれ違い区間なので、反対側にも目を凝らすが、サブ3ランナーはすでに走り去った後のようだ。
それにしても反対側を走っている人はすでに33kmあたりで、こっちは22kmあたり。あぁ、向こう側が羨ましい。

しーやんさんに声をかけ、たまさん、華さんに声をかけてもらい、あれ?たーはるパパさん、速くね?全然落ちてないぞ、と思いながら声をかけた。
たーはるパパさんがあんなに秘密練習をしていただなんてこの時は知らなかった。あんな秘密特訓を。あんな地獄合宿を。

そして、かなり久しぶりにフルマラソンを走られたようで、確実に復活の序章を刻みつつあるsan-anさんがやってきた。

ま、簡単に言うと、この時点でかなり出し切っておられたようだ。
20150222016.jpg

21km 7:33
22km 6:46
23km 押し忘れ
24km 14:46 (平均ペース 7:23)
25km 6:56

total time 36:01 (2:52:12) 平均ペース (7:12)

そんな感じで走り続けたものの、僕が最終ランナーであることに代わりはないらしく、また久しぶりにこんな長い距離を走ったダメージも着実に積み重ねていて、かなり絶望的な気持ちになっていた。

至る所に地下鉄の駅はあるし、いつでもリタイアばっちりの状況だ。
ったく、もう走ってなんかいられるか!っつーの!


あっ、リンさん、リンさん、雷門だよ、撮って、撮って!
20150222017.jpg
まだ余裕があったみたいだ(笑)

やっと浅草か。忘れているわりには長いレポだ。

マルさん、すいません。今回も登場させることができませんでした。

あっ、マルちゃんだった(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

08

05

コメント:

お墓

若い頃はお酒が飲めなかった。
少しずつ飲めるようになって、30歳ぐらいの時には、ほぼ毎日飲みに行っていた。

日本酒以外であれば記憶をなくすことはないし、10杯くらい飲んでもそんなに酔わないこともある。

でも、たぶん、基本的にはお酒があまり好きではないんだと思う。
すげえ、うめえ、と思うほどではないし、家ではほとんど飲まない。

じゃ、なぜ飲むのか?ってことなんだが、それは飲む場が楽しいからだと思う。

飲み会がすごく楽しければ10杯くらい飲んでもそんなに酔わないし、そんなに楽しくなければ3杯くらいでもう飲めなくなる。

だから僕にとってはお酒よりも、その場所が重要なんだと思う。

どうせ飲むのなら楽しい場で飲めるといいと思う。
最近、会社の人と飲みに行かなくなったのはそういうことなのかな。

そうそう。最近は歳のせいか飲んだ翌日がつらい。
たくさん飲んでも少ししか飲まなくても、けっこう酔ってもそんなに酔わなくても、翌日がつらい。

ウコンとかヘパリーゼとか飲んだほうがいいのだろうかとも思ったりする。
それにしてもヘパリーゼとヘパリンはなんか関係があるんだろうか。
ヘパリンは嫌いだからなんかヘパリーゼも嫌いだ。

昨日は場の雰囲気に流されてビールを2杯も飲んでしまった。ビール1杯200kcalなのに。
それから先はハイボールに変えた。糖質カットだぜ~!と思いながら飲んだ。

そこそこ飲んで、そこそこ酔ったのに、今朝は全然つらくなかった。すっきりだ。
朝ランすればよかった(笑)

そこそこ飲んで、そこそこ酔ったのに、すっきりしているのは、昨夜の場の雰囲気がとても心地よかったからだろう。

楽しかった。

お誘いいただきありがとうございました。

タイトルですが当初は『お酒』でした。
でもなんか『お墓』と字面が似ているなぁ、と思って、そういえばRCサクセションに『お墓』って歌があったなぁ、と思い出した。

その歌が入っているアルバムは『OK』というアルバムで、僕が初めて聴いたRCサクセションのアルバムだ。中学2年生だった。
初めて聴いたRCサクセションなので、今でも僕はこの『OK』が一番好きだ。
だから今も電車の中で『OK』を聴きながら、これを書いている。

何年か前に、中学2年生の娘を持つ友だちが

子どもは中2の夏が危ない、とくに女の子は中2の夏が要注意だ!

と言っていた。

なんで中2の夏なのかよくわからないけど、親としては中2の夏を乗り越えることが子育ての中での重要なポイントの一つらしい。

そういえば僕の息子が中2だった。
言われてみると最近帰りが遅いような気がしないでもない。

中2のお子さんを持つ皆さん、ともにこの夏を乗り切りましょう!

これ、なんの話だ?(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

08

04

コメント:

おまえなめてるだろう ラスト

勝手に一人で盛り上がっている、おまえなめてるだろう三部作のラスト。

以前から気になっていたレースがある。
しかし、あまりにも壮大なレースのため躊躇していた。

いつかは挑戦してみたいな。

そう思っていた。

昨年、そのレースのことをきちんと調べてみたら、お金もけっこうかかることがわかった。

25000円のエントリー代に加えて、前後泊が義務なので、その宿代。そして交通費と、どんだけセレブなレースなんだよ?と思い、諦めた。

いや、ホントはホッとしたのかもしれない。

昨年までは抽選だったこのレースが今年は先着順に戻った。

とりあえずクリックしてみようかな?なんて思った。

ちょうどチャレ富士が終わった頃で、完走できなかった僕は、こうなったらすぐにでもウルトラに出て、完走してやるぅ、と思っていた。

体重減らない心の友であるカブトムシさんに、チャレ富士リタイア後のコテージで、私も丹後に出ようかなぁ、なんて言っていた。

でも、どうせ出るならクリック合戦に参加してからでもいいかな?と思った。

エントリーは4分で終了した。
そして僕は3分22秒でエントリー完了していた。


信越五岳トレイルレースに参加することにした。

110kmのウルトラトレイルレース。

ため息しか出ねえ(笑)

このレースは日本で唯一のペーサー制度を設けているレースらしい。
66km地点からペーサーが合流して、その後は一緒にゴールまで行ける。
ちょうど夜間走行になるところなのでペーサーの助けはかなりの力になるだろう。

自分の知り合いにペーサーを頼んでもいいし、事務局で用意してあるボランティアのペーサーを依頼してもいいし、もちろんペーサーなしで走ってもいい。

ヘタレランナーの代表である僕は当然のごとくペーサーを依頼した。

当初は気軽な気持ちで依頼したのだが、考えてみたら、ペーサーの人も9月の大事な連休なのに、仕事や家族と調整をして、それも他人のレースのために諸々準備してくれるのだ。

これで、もし、僕がペーサー合流地点である66km地点に辿り着けなかったら?と思うとゾッとする。
その前に関門に引っかかったら?
あぁ、プレッシャーが。

そんなことを思いながら日々過ごしてきたけれど、思っていたように日々頑張って過ごすことはできなかった。

まさに、おまえなめてるだろう?だよ。

でも、まあ、とにかくまだ時間は残っている。
あと50日を切ったくらいかな。

当日はもっとやっときゃよかったと確実に後悔するんだろうけど、それでもとにかくペーサーのもとへ辿り着けるようになりたい。

そして、一緒にゴールしたい。

いや、ホントにDNF続きでなに言ってるんだ?って話だよ。

あぁ、ドキドキするぜ(笑)

ペーサーはこの方にお願いした。

僕にはもったいないペーサーだ。
快く引き受けていただいて感謝の気持ちでいっぱいだ。

マジで66km地点に辿り着けなかったら坊主頭にするとかしないとまずいかな(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

08

03

コメント:

20と200と1200

カール断ちをしてからもう20日になるよ。

カールだけじゃないよ。サッポロポテトバーベキュー味もかっぱえびせんだって断っているんだから。

誉めて(笑)

7月はなんとか200km走ったのにさ。

それなのに。

体重が減らねえ。

1kgしか減ってねえ。

マジでやばくなってきた。

80kgオーバーで完走できるようなレースじゃねえ。

あまりに追いつめられて、試しにGoogleに泣きつこうとして、1ヶ月でと入力してみたら、その後に5kg痩せる方法と出た。

すげえ。僕のことよく知ってる(笑)

そんで調べてみたら、1kg痩せるのに7200kcalかかるので5kgだと36000kcalになり、それを1ヶ月で減らすとなると1日1200kcal減らす必要があるらしい。

食事だけで1200kcal減らすのは大変なので適度な運動と食事制限で減らすといいでしょう、とのこと。

それぞれで600kcalずつ減らしましょうとなると、運動で600kcal消費するには60分のジョギングで、食事制限は夕飯時に減らすのが効果的らしい。

1ヶ月間、毎日60分も走ったらほぼ300kmペースだし、夕飯で600kcal減らしたら200kcalになり、これって納豆と豆腐半丁で終わりだ。

マジかよ(笑)

適度な運動って・・・。

できるのか?
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

08

01

コメント:

家族ゲーム

今日はチーム中部のリレーマラソンとかビアぼっちとか楽しそうなイベントがありますねぇ。
なんか、ザ・夏!って感じがしていいですねぇ。ザ・夏!って言葉が古臭いセンスでまたいいですねぇ。

今日は、全然関係ないんですけど妻の誕生日なんです。
だからリレマラとかビアぼっちとかとても楽しそうなんですけど、ワタクシは家族至上主義ですからね。それはもう何をおいても家族優先ですよ。
僕は家族サービスって言葉が嫌いなのです。家族に奉仕する。しかもなんか仕方なく嫌々奉仕するって感じが滲み出てきませんか。
僕が自分で選んだ家族ですからね。家族と一緒に過ごすことは僕にとってすごく自然なことです。呼吸をするのと一緒といっても過言ではない。
なので、山へ行くときやご近所ランも早朝スタートにして少しでも家族と一緒に過ごしたい。僕はいつもそう思っています。

家族のために奉仕するというような気持ではなく、もっと自然に家族と寄り添いながら生きていきたい。それが僕にとっての家族。そう思います。

そんな家族と、今日から一泊で小旅行へ行ってきます。
家族との思い出作り。楽しみだなぁ。

まぁ、去年の妻の誕生日は華さん主催の真夏の夜の皇居に参加してましたけどね。
妻の誕生日なんてすっかり忘れてましたよ。おかげでちょっとした修羅場を見るのかと思って冷や汗もんでしたね。
そういえば華さん元気かなぁ。

家族サービスも、家でダラダラと過ごすのは好きだけど、とくに奉仕の心はないので、まぁ、でくの坊扱いですよね。
それでも、まぁ、家族のほうが僕のことをとくに求めていないとしても、僕のほうは家族と過ごしたいので山とか早朝スタートで午後には家に帰るけど、家には誰もいなくて、犬を相手に寂しさを紛らわすということもままありますけどね。

なんかね、今日から旅行に行くと思ったからではないと思うけど、なんか風邪ひいたみたい。体調が悪いね。首も寝違えたみたいだし。
山へ行くときは3時起きとかあまり苦にならないけど、今日は6時起もつらかった。なぜだろう。
おまけに早く用意しろと言われているのに、こんなブログ書き始めてるし。

庭というか土地の死角的な場所に生えてる雑草がとんでもないことになってて、なんかそれの処理は僕の役目になっているらしいんだけど、なんだろう?山とか行って帰ってきてからまた草と、それも雑草と対峙する気力がない。
仕方がないので、その無秩序に伸び放題な雑草を眺めながら、僕はそこをビオトープと名付けた。
早く秋になってあの雑草全部枯れてしまえばいいのに。

ま、だから何が言いたいのかというと、いくら自分が家族を求めていても、家族が同じように求めてくれるとは限らないということですよ。

違うな。

よく、わからないから、屁こいて寝る。

あ、違った。早く旅行の準備しなきゃ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

プロフィール

Author:アレキ
走りだして5年目に突入!!!
このまま走り続けたい

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad