07

31

コメント:

なんだかんだ言っても結局は

昨日はなんとか帰宅ランをやって、今月は200kmに到達した。
でも、200km走ってもキロ7分を切って走ったことが一度もない。

それほどタラタラ走りだ。意味あんのか?って感じだけど、今は走ることで精一杯。
なので、キロ7分でもいいから300kmくらい走りたかったのだが、ヘタレに300kmは無理だという結論に達した。

最近よく言うけど、ホントに僕の脚力はとんでもないことになっている。
キロ8分とかだって、普通にある。

まぁ、山の翌日のセット練ということで、そんなの一人じゃ無理だから、ご近所のザキさんや☆ponkoさんの力を借りてなんとかゆるジョグしていたので、そんなのはいつもキロ8だった。

昨年は3月くらいから月に2回くらい帰宅ランをやっていた。
帰宅ランといっても会社から走ると35km以上あるので、途中の駅で降りて走る。
24.8kmのコースと18.6kmのコースがあって、その時によって変えていた。
というか、ほとんど18.6kmのコースだった。だって短いほうがいいもの(笑)

平日夜を走る距離としては、僕にとってはけっこう長い距離なので、それはもうつらい以外の何物でもない。
長いし、駅のトイレで着替えるのが虚しいし、走りにくい歩道はあるし、リュックは重いし、暑いし、並行して走る電車の音に誘われそうになるし。

でも、これ確実に強くなる。速くはならないけど強くなる。
昨年、それほどは走っていなかったのにチャレ富士を完走できたのは、もちろん完走請負人の力だが、この帰宅ランの影響もあると思っている。
ハセツネでの脚も、この帰宅ランで作られた部分が大きいと思う。

でも、今年は一度も帰宅ランをやってなかった。
なぜなら、長いし、駅のトイレで着替えるのが虚しいし~以下略。

まぁ、踵のこともある。今年はあまり長い距離走ってない。途中で痛くなったら嫌だなと思うから。

で、昨日は止むに止まれずというか、一応200kmに達成するために帰宅ランをしたが、やはりつらかった。

長いし、駅のトイ~以下略。

15kmまではキロ6分40秒ペースで、信号待ちとか含めトータルキロ7分になる感じだったが、その先はヘロヘロでキロ7分半ペースでトータルキロ8分くらい。

何度も止めようと思ったけど、これやっとくと強くなるんだよなぁ、と言い聞かせながら走った。

それにしても15km過ぎからのダメージっぷりはすごかったな。
今じゃ、フルも走り切れる気がしない。

で、タイトルの件だけど、昨日走りながら

走った後は、スポドリでもコーラでもビールでもハイボールでもなくて、なんだかんだ言っても結局は麦茶だなぁ。

と思った。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

07

30

コメント:

夢をあきらめないで

この間、ある人のブログを読んでてさ。

あっ、それが誰かっていうのは、最近はほら、個人情報とかいろいろあるからさ、あえて伏せておくけどさ。

ま、とにかく◯さんの記事を読んでたのよ。
◯さんっていうのは伏字ね。
◯さんって誰ですか?って秘密コメもらっても教えないからね。
でも純粋な心の眼で見ればわかると思うけど(笑)

ま、とにかくその記事では、最近、宇宙に行った人のことを書いててさ、あの中年の星とか言われてる人ね。

僕は宇宙とかホントに興味がないからよく知らなかったんだけど、その宇宙に行った夢をあきらめない中年の星と◯さんは同学年らしくて、だから、その彼に、勇気をもらったとか、そんな感じのことが書かれていたのよね。

で、僕は、なるほど、ふむふむ、って感じでその記事を読んでいたんだけど、ふと気になって、その星の年齢を調べてみたのよ。

したっけさぁ、その夢をあきらめないで宇宙へ行った中年の星は僕と同学年だったのさ。

あまりの驚きに岡村孝子の『夢をあきらめないで』が脳内大音量で流れたからね。
その曲を聴きながら高3の夏の淡い想い出が蘇ってきたからね。

で、そうなると、僕と◯さんも同学年ということになるわけで、さらにびっくりしたね。

これには僕も参ったねって感じでさ。

ほんで、同学年ということがわかったら、いきなり二人の距離は急接近でさ、あっ、ホントはどうだか知らないけど、でも僕の心の中では◯さんから◯ちゃんって呼び方変わったからね。

いつかお会いしたらいきなり◯ちゃんって呼ぼうと思ってるからね。

でも、いきなりそんな風に呼ばれたら、頭おかしくなったのか、アレキ?と思われるかもしんないから、記事にしてみた。

それだけ(笑)

7月はがんばるぞ!なんて言ってみたものの本日現在の走行距離は175km。
オラ、筋金入りのヘタレみたいだ。

せめて200kmと思って、退路を断つ意味でも今朝は走る道具持参した。
ランシュー持って会社へ行くなんてよっぽど走るの好きなんだな、オレ。

武蔵浦和から帰宅ランすれば25kmだ。
さぁ、走れるのかオレ。

昨日テレビ観てたら柔道の篠原信一が僕より歳下だと知って軽くヘコんだ(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

07

27

コメント:

山練習 7月25日編

おはようございます。

好きな言葉はなだらかな斜面です。

土曜日はハセツネコース第一関門の浅間峠から鞘口峠までを走って、いや歩いてきた。
このコースは、僕が初めて山へ連れて行ってもらった思い出深いコースで3年振りになる。

もちろんハセツネコースなので昨年も一昨年もレースで通ったコースなのだが、なんせ夜間走行なので、どんなコースだったのか全然わからない。

なので、今回は初めて山へ行った頃のことを思い出しながらじっくりと進んだ。

ハセツネ本番ではこの区間からポールを使用していいことになっているので、今回はK12R2さんの練習の意味も含めて、最初からポールを使用することにした。

今日のコースは、先週のスタート~第一関門より距離も短くて、最後にハセツネコース最高峰である三頭山が控えてはいるものの、基本的にはなだらかな斜面が続く、走りやすいコースだと認識していた。

そう、僕の記憶ではなだらかな斜面だった。それをポールを使用しながら進むのだ。はっきり言って楽勝だと思っていた。
そんな感じで気が抜けていたのか登山口を通り過ぎてしまい、いきなり道に迷う。

気を取り直して、浅間峠まで40分かけて上り、そそくさとポールを組み立てて、スタート!

え~と、誰だ?なだらかな斜面とか言ったのは?

たしかにスタートからのアップダウンを続けながら高度を上げていく区間や、御前山や大岳山といったボスキャラ的な山が続く区間に比べると、これといった難所はないのだが、でも、やっぱ、山じゃん?つらいよね?

とそんな感じで上り下りしていた。
でも先週に比べれば少しは涼しくて、またそれほど長い上りもないので、少しだけ楽しみながら山を歩いた。

初めて来たときには初対面のhideさんとチャレさんに挟まれながら走ったのだが、その重圧ぶりからけっこうがんばった。
たぶんその時のほうが速かっただろうな、と思いながら進んでいたが、実際にそのときのほうが全然速かった。

やはり、僕の脚力ひどいことになってる。

とりあえずこの区間も数馬峠の開けたところくらいしかないのでそこで1枚写真を撮る。
富士山も見えた。
20150725IMG_8211.jpg

ハセツネコース最高峰である三頭山は、まぁ、何度も毒づきながらひたすらゆっくりと上る。
昨年のハセツネで幻を見た避難小屋の前で小休憩して、それなりにつらかったけど、今日は水分も足りたし、ゆっくりだったし、ポールも使えたし、上りはあとほんのわずかで終わりだし、あとは下るだけだし、ということで、先週よりは少しだけ楽しい気持ちで先へ進んだ。

三頭山山頂を簡潔にスルーして、すぐに下る。
急な下りもポールがあると着地衝撃が和らぐのでつらくない。

ふと下を見ると、そんな急な斜面をちょっと信じられない速さで駆け上がる人がいて、またその姿を写真に収める人がいた。

すれ違いざまに挨拶をして、何をされてるんですか?と訊ねると雑誌の撮影ですとのことで、そのすごい速さで斜面を駆け上がる人の顔を、どこかで見たことあるなーと思いつつ、お名前を伺うと、なんと、昨年のハセツネの覇者、上田瑠偉さんだった。

もう、僕はおばちゃん並の図々しさと興奮で、えぇ!あのハセツネ優勝者の上田さんですか!かっこええ、ちょーかっこいいんすけど!などと言いながら握手を求め、すごいっすよね!だってハセツネコースキロ6分切っちゃうんだから!いやぁ、本物マジでかっけえわ~、あ、そんな場合じゃない、すいません写真撮ってもらってもいいですか!K12R2さん、早く撮って!ほら、今度はK12R2さんも撮ってもらいなよ、ほら、早く、とかなりの前のめり気分で写真を撮ってもらう。

上田瑠偉さんは、まだ弱冠21歳の早稲田の大学生で、当分破られることはないだろうと言われていたハセツネコースベストをあっさりと18分も短縮して7時間1分で走り優勝した。

これね、ハセツネコースは71.5kmだから、平均ペースキロ6分切って走っていることになる。山の中をキロ6分切って走るって、どう考えても想像できないスピードだ。

7時間で走る人と20時間で走る人の図。または無駄なものがない人と無駄だらけの人の図(笑)
20150725IMG_1405.jpg

今年は7時間切り目指すんですか?と訊ねたら、条件が整えば狙うと仰ってました。マジでかっこよかった。がんばってほしいです。まぁ、お前ががんばれよって話ですけどね。

別れ際に言うかどうか迷っていたのだが、僕たちもハセツネに出るんですと言うと、たぶんポールを使ってゆっくり下ってきた僕たちはどう見てもハイカーにしか見えなかったので、少し驚かれた表情をされていたので

あの、上田さんがハセツネコースを3周すると、僕と一緒にゴールできるんですよ

と言っておいた。

そんな感じで鞘口峠までやって来て、そのまま都民の森駐車場まで下りた。
最初に道に迷ったので21km。先週は25km。

そこでしばらく休憩をしてからバスの時刻を見るとバスは1時間20分後。
しかし、今日のアレキはちょっと違う。
なにせハセツネの覇者に出会って、力をもらえたのだ。たぶん。

そこからロードを12km走った。下り基調なので、まあまあ走れるのだが、つらいことはつらい。
でも、僕にはあまりにも無駄なものが多すぎるのだ。その無駄なものを取り去らないといけないのだ。

しかし6kmも過ぎると、標高が下がってきたこともあるのだろう。僕もK12R2さんもユデダコのようになり、身体中に熱が溜まるので、滅多にない自動販売機を見つけ、そこで小宴会をする。
それでも歩いたり走ったりしながらなんとか12kmを走り切ることができた。

まあ、かなりグダグダのしかもポール付きだったが、最後のロードを走れたし、というか走る気になれたので、よかった。

K12R2さん。
2週連続でお付き合いいただきありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

07

26

コメント:

山練習 7月18日編

山のトレーニングということで先週の日曜日と今週の土曜日にK12R2さんとハセツネコースへ行ってきた。
先週がスタートから第一関門の浅間峠まで。今週が浅間峠から鞘口峠まで。

とにかく暑かった。とくに先週は暑くて山の中なのに熱中症かと思うくらいヘロヘロになった。
そして、やっぱりやばかった。僕の脚力は相当だらしないことになっている。
秋までに多少はまともな脚力になるのだろうか?間に合うのだろうか?

K12R2さんの車に乗せてもらって4時半集合、5時半過ぎにスタート。
早朝にスタートしたっていうのに、すでに暑い。なんとかロードの部分をタラタラ走り切ったけど、登山口である今熊神社に着いたときには、もう帰りたくなった。

ここのところいつも脚とかお尻が疲れていて、ちょっと走っただけで筋肉疲労的な痛みが出る。たいして走ってないのに。
でも、まぁ、そんなこと言ってる場合でもないので、そのまま山を上る。

ハセツネコースはスタートからアップダウンを繰り返しながら徐々に高度を上げていく。このアップダウンを繰り返しながらというのが厄介だ。
今回、初めてハセツネに出場するK12R2さんに、2回も完走したワタクシがいろいろとアドヴァイスでもしようと思っていたが、登山口に入ってすぐに置いていかれた。

ちなみにアドバイスと書かずにアドヴァイスと書いた方が何となく偉そうなのでアドヴァイスと書いてみた(笑)

こんなに早く一人旅か。それもわりと僕に近い人種のはずのK12R2さんにこんなに引き離されるのか。オレ、ダメだな。
とわずか2km走ったくらいで反省の日々。今日はこのままずっと反省し続けるのだろうか。

入山峠まで1時間50分以上かかった。ここ僕の脚で1時間30分くらい。あぁ、ダメだ。全然ダメだ。
入山峠でK12R2さんが待っているかと思ったがいなかった。あれ?コースロストしたんだろうか?それとも調子がよくてサクサク先へ進んでしまったのだろうか?

5分くらいそこにいたけど先へ進むことにする。コースロストしたとしても、今日の僕とK12R2さんの状態ならすぐに追いつかれるだろう。

その後は、もう、つらい、苦しい、暑い、の3つのみでとくに取り立てて書くこともない。

ハセツネのコースはとくに眺めがいいわけでもなく、第一関門までだとここくらいしか撮るものはないという写真を一枚だけ撮っておく。
20150719IMG_1392.jpg

ヘロヘロになりながらなんとか醍醐丸へたどり着こうとする頃にK12R2さんに追いつかれた。
ちなみに醍醐丸まで、昨年のハセツネのタイムより1時間以上遅かった。

醍醐丸の手前で頭がクラクラするし多少気持ち悪くもなったので長めの休憩を取った。

そこで驚愕の事実が。

今日のゴールまで残り10kmなのに、僕もK12R2さんも水分が残りペットボトル1本しかなくなった。
K12R2さんは2リットル用意していたし、僕なんか3リットル用意していたのに(笑)
ハイドレだとまずいからペットボトル持参したんだけど、ペットボトルだとゴクゴク飲んじゃうんだよねぇ。

とにかくこの暑さで残り500mlはまずい。そんなわけでここから先は完全歩きの省エネハイキングへと変更だ。
まぁ、それまでもそんなに変わらないけど。

残り3kmの地点で水3口くらいになったけど、醍醐丸から先はいくらか復活したようでわりと楽だった。完全歩きで気が楽になったのかな。

そんな感じでなんとかゴール。ゴール地点のバス停には自動販売機がないので、そこからさらに1kmくらい歩いて、やっと自動販売機にたどり着き、歓喜の声を上げる。

ちなみに、今年の山練のキーワードは『山を下りた後のロード』ということにしていた。

それは僕はいつも山ではそんなに走れずに歩いてしまうので、やっぱり肝心なときに走れない。練習でできないことは本番でもできない。
だから山でヘロヘロになったその足を、さらにロードを走ることによって鍛えあげようじゃないか、ということだ。
山だと歩くのに躊躇ないけど、ロードだと走らないと負けみたいな雰囲気になるし、山の帰りのロードだと基本下り基調なので、なんとか走れるだろうと思っていた。

そうしないとオレたちは強くなれんのですよ!と行きの車の中でK12R2さんに力説していたのだが、自動販売機の前で小宴会をした後は、1時間後にくるバスを何の疑問も持たずにしっかりと待って、バスで帰った(笑)

来週だ、来週こそ頑張ろう、などとは思わずに、バス停の裏に流れる川の水に浸されながら、気持ちよくバスを待っている図。
20150719IMG_1396.jpg

あっ、そうそう。帰りにリュックの整理をしていたらまだ開けてないアクエリアスがリュックの底に転がっていた(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

07

24

コメント:

ガーミンくんがガーミンくんでなくなった日

先週の金曜のことだ。20時待ち合わせで飲みに行った。

たしか昨年の年末あたりに飲んだから、今年初めて会った。

全然痩せねぇとか言ってビールとか飲んじゃダメでしょ?と言われて、いや一杯だけだって次からはいつものグレープフルーツサワーはやめてハイボールにしよう!糖質カットだ!ということで2時間ちょっとで2人でハイボールを7~8杯飲んだ。

ガーミンくんって誰?ってところからかもしれないけど、ま、そこは省く。

とにかく、もうガーミンくんはガーミンくんでなくなった。
なぜならもうガーミンが必要なくなったからだ。

ここで言っていいのかよくわからないけど、半月板の故障に悩まされていた彼は、実生活にも支障をきたすようになって、ついには膝の手術をされたようだ。
おかげで経過は良好らしいけど、やはり元通りというわけにはいかないし、もう怖くて走れないということだ。

僕たちは一緒に走り始めていて、だからけっこうな間、同じような風景を一緒に見てきた。
そして、まだまだこれから同じような風景を見ていくのだろうと思っていた。
その同じ風景を見ている僕たちのことを優しく見守ってくれる人もいたな。

僕たちは、いや、少なくとも僕は、もう何もなくて、あとはただの暇つぶしだから、そこへ向かって時間を潰すだけだ。
その暇つぶしとしての走ることは、ただの暇つぶしではなくて、いろいろなことを見たり感じたりさせてくれるので、わりと好きだ。

仕事のこと、走ること、生きること、そういったものと折り合いをつけながら、どうやって時間を潰していくのかを彼とハイボールを飲みながら話した。

ま、そんな時間もすべては暇つぶしだ。でも、どうせ時間を潰すのなら、少しでも濃密な時間潰しをしたいものだ。

話変わるけど、僕もフェスとか憧れるぜ。ちょうどいろんなフェスが開催され始めた頃は、子どもがまだ小さくてそんなの行ける雰囲気じゃなかった。
今になったら今でもうタイミングを逃してしまった気がする。フジロックとか一度でいいから行ってみたかったなぁ。富士なのに苗場だけどね。

そんなわけでエアフジロックが開催されてるらしいので、のっかっておく。



何年か前に出たよね?違ったかな。

まぁ、とにかくフェス気分だ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

07

17

コメント:

5kmをなめるな!

ほら、ブログ村のみんなって平日でもたくさん走るじゃん。最低でも10kmくらいはさ。
いや、ほんと10kmなんて少ないくらいだよね。それだと今日は10kmしか走れなかったなんて書かれていそうだもんね。

でもさ。

5kmをなめるな!って話だ。

あれ不思議なものでさ。僕なんか平日全然走っていなくても、5kmどころかゼロなのにさ、なんかいつの間にか10km走れないんなら意味ないな、とかさ。
何とか時間作って5km走るくらいなら今日は明日のために休んで、明日がっつり走ったほうが練習になるな、とかね。いつの間にやらベテランランナー気取りさ。
だって中途半端だもの。5kmなんてさ。

でもね。

5kmをなめるな!って話だ。

わずか5kmのために洗濯物増やすのもあれだしな。有酸素運動は30分過ぎてからが意味があるとか言うしな。
不経済だよ、5kmなんてさ。やっぱ最低でも10kmは走らないと。5kmじゃ充足感的なものもないよ。
だから5kmなんて意味ないから今日は休んでOKだよ。だって5kmだもん。

でもさ。

5kmをなめるな!っつーの。

覚えてるだろう?走り始めた日のことをさ。5kmを必死で走っただろ?どんなに遅くてもいいから歩かないってことだけ決めて走り出したよな。
風が頬をすり抜けていく感じとか、なんか懐かしい感じがしてさ。気持ちよかったよ。
でも初めて5km走ったときのタイムは43分で、キロ8分越えてるからね。風なんか感じるわけねーよ。そんなのマボロシだよ。
それでも走り終えて家に帰るとき、なんか気持ちよかったよな。

だからさ。

5kmをなめるな!って。

30分も走り続けられるなんてすごいよ、5km。
準備も含めて1時間もあればすべて終わるよ、5km。
夏だもん、洗濯物だってそんなに増えないよ、5km。
走らないよりは絶対に練習になるってば、5km。
それこそ隙間時間で行けちゃうよ、5km。

つーわけで。

5kmをなめるな!

ってことを自分に言いたい(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

07

16

コメント:

富士登山競走のお付き合い

日曜日にまたまた行ってきた。富士登山競走の試走へ。
まぁ、このレースに出るわけではないので試走ではないけれど。
☆ponkoさんとiwatobiさんと一緒に行きました。

今回は関東北の方連合の総長iwatobiさんがやって来られましたので、無様な姿は見せられないと思ってはいたものの、しかし、それが私の純粋で正直な姿なので、仕方がないんだ、ということにスタート後2分で気づく(笑)

いや、でもホントに全然ダメでしたね。いや、いつもダメだけど。

スタートから五合目までを走る予定だったが、富士吉田に着いた頃にはけっこうな暑さになっていて、そこはもう目で合図して、少しでも短くということで浅間神社からスタート(笑)

20150712DSCN1702.jpg
やはり2秒で先へ行ってしまった☆ponkoさん。この写真では遥か先に写っているけど、見えない。
iwatobiさんも日頃からアップダウンの道ばかり走っておられるので、準備運動がてらに写真を撮った後には、脱兎のごとく坂道を駆け上がってしまい、開始5分で安定の一人旅が始まった。

前回試走に来た時には馬返し~五合目とトレイルの部分を走ったけど、いや、歩いたけど、今回はロード。
しかも前回に比べて、僕も奥武蔵とか坂道を走ってきたはず。だから最初のロードはきっちり走ろうではないかと思うものの、すでにつらい。

というか富士登山競走のロード区間って見た目緩やかに見えるんだけど、走ってみるとその斜度のきつさに気づく。
とくに中の茶屋から先はかなりえげつなかった。

あとは、結局、五合目なり山頂なりずっと上り続けるわけで、それもどんどんつらくなる上りなわけで、この絶望感は半端ないコースだと思う。
休みどころがなくて、その休みどころを見つけてしまうと、それはもうレースからはじき出されてしまう。

本当に、純粋に、日々鍛え上げた人たちが参加するレースであって、だからあのヘロヘロのゴールシーンの動画を見るとかっこよくて痺れるんだと思う。

だから、オレには関係ないんだってば、とかブツブツ言いながら、ロード区間も歩いたり走ったりダラダラで、なんとか馬返しまでやってきて、そんでここから五合目まで行くのかと思うとあまりにクラッとしたので、今日はトータル20kmくらい走れればいいから、10km進んだ時点で折り返そうと決める。

なんか前回よりもさらにきつくて、遅くて、もう、そういう自分の状態に毒づくことしかやることなくて、そんで10km地点に着いたときには、あまりに中途半端な場所だったので、この先へ向かうかどうか考えつつ、ダラダラと上っていた。

この日は、試走をしている人がたくさんいて、当然ここまでもたくさんの人たちに抜かれまくっていたし、たくさんの人とすれ違ってきた。
僕は下を向きながら、なんだこの坂、とか思いつつも挨拶を交わすのだが、ちょうどこのあたりで、アレキさんですか?と声をかけられた。
爽やかな笑顔で、いつも読んでます。がんばってください、と声をかけていただき、嬉しかった。

その後も上り続けながら、なんとなく反省した。
あんな風に声をかけていただくことがあるのに、そんな時に坂道に毒づいているアレキの姿を見せるのは実に忍びない。

もっと、まっとうに、生きよう。そう、思った(笑)

全然関係ないけど、昔、スーパーMMCってのがあって、そのMMCが何の略かわからなかった僕は、もっと、まっとうに、貯金しよう、かと思っていた。

そんな感じで四合目までやってくると、いい雰囲気を醸し出したおじいちゃん二人組がバーナーとか出して本格的に休んでいたので、思わず腰を下ろしてしまい、今日はここがアレキ認定仮五合目ということで、折り返すことにした。

☆ponkoさんとiwatobiさんはすでに本当の五合目まで行っており、本当は折り返した☆ponkoさんたちに合流する予定だったのだが、そこはもう先に折り返す(笑)

ま、追いつかれたけど。

そんな感じでかなりグダグダだったけど、やらないよりはマシ!がモットーなので充実した富士山練になった。

誘っていただいた☆ponkoさんありがとう!
iwatobiさんも今度は奥武蔵にも行きましょう!

7月の日照時間て、この週末の前までは24分だったって知ってました?
だからみんなこの週末でお出かけしたんでしょうね。
帰りの中央道がとんでもないことになってた。

あまりに混んでいるので上野原で降りて、かの有名なカリスマブロガーの近所を通ったので、上野原では有名なパチンコ屋の写真を撮ってカリスマブロガーに送りつけてやったのに気付いていただけなかったようだ。

ま、とにかくみんな無事に家まで帰ることができたのでよかった。

もっともっと坂道練習をしたら、また富士登山競走の試走をしたいと思った。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

07

15

コメント:

すべてのヘタレ野郎どもに捧ぐ

ホントはサマータイム・ブルースというタイトルで書いていた。

サマータイム・ブルースといえばエディ・コクランとかザ・フーとかRCとか場合によっては渡辺美里なんだろうけど、でも、やっぱり子供ばんどだろう。

誰が後に、うじきつよしがあんな風になるなんて思っただろう?

ま、でも、暑い夏がまたやって来る~とかって、いい曲だよ、サマータイム・ブルース、みたいな能天気なことを書いていた。

全然関係ないけどタクアンが好きで、でもタクアンの食感がバームクーヘンみたいだったら果たして好きだったろうか?なんてことも書いた。

しかし、今日は急遽記事を変更することにした。
臨時ニュース的な扱いだ。オレは今、猛烈に震えている。

なんてな。

僕のブログを読みに来ていただいている方々はブログ村の他の方々のブログも読まれているのだろうか?

平日朝ランで20km走ったことが日常のささやかな一コマ的な目線で語られていたり、気温35度だっつってんのに、いつものペースで走れなかった、追い込みが足りない、なんて反省だらけの記事があったりと、なんというかそんな感じのものが満載だ。

で、たぶんそういう記事を読んで、よぉ~し、メチャメチャ刺激受けた!オレもがんばるぞ!って人はあまり僕のブログを読まないんじゃないかと思う(笑)

で、そうじゃない人は、傷ついた羽根を休めるツバメのように僕のブログへやって来て、その記事を読んで、ホッとするとかほっこりするとか安心するんだと思う。

今日は、そんなすべてのヘタレ野郎どもに捧げる記事だ!

散々ダラダラ過ごしてきた僕だけど、とうとうやる気になってきたぜ!

ホントはそんなやる気になってないから、こうやってブログの記事にしてみるんだぜ!

とにかくもう時間がない。あと2ヶ月で仕上げないといけないんだから何とかするしかないんだぜ!

とりあえずこれから2ヶ月はカール断ちするぜ!
あまりにひどい仕打ちだが仕方がないんだぜ!

だって昨日、現状確認のために久しぶりに体重計にのったら83.2kgもあったんだぜ!

この間、テレビで岡村隆史が出てたから、子供に、あれ?今日アレザップのやつやるの?って訊いたら、すげぇ、真顔で、アレザップって何?って言われたんだぜ!

あぁ、あぁ、ライザップね。

とりあえず2ヶ月で8kgおとすぜ!

どうすれば痩せるのか?その方法はまだよくわからないんだぜ!

そんで昨日の夜は平日だってのに15kmも走ってやったぜ!

ホントは20km走ろうと思ったけど下方修正したんだぜ!

どうがんばってもキロ7分だったぜ!

しかも、明日の夜は走れないから下方修正した5km分は朝ランしてやるぜ!と思って、今朝は4時半に起きたけど、想像以上に足首が痛かったから、もうランオフだぜ!

ダメじゃねーか、オレ。

でも、夜に走った翌日の朝は、まだ足首が回復してないということを知ることができたんだぜ!

とにかく、暑い夏がやって来たし、オレはこの夏、ハイで飛ばすぜ!って感じなんだぜ!

だから、このブログを読みに来ていただいている方で、そんな僕のようなヘタレな野郎どもへ。

まだ間に合う。夏はこれからなんだぜ!

だから、一緒にがんばろうぜ!がんばるんだぜ!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

07

10

コメント:

ほんの72g

わずか72gなんだよ。

太るわけねーと思うんだけどな。

たった72g

ノンフラャーとか書いてあるし。



なんでだろーなぁ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
タイトルは、ほんの5gから取りました。
どんな映画かも忘れてしまった。

07

08

コメント:

君はもう知ってるか?

走っただけでニュースになる(笑)
詳しくはここ

ここのところほぼ毎日更新していたんだけど、唯一月曜日だけ更新できなかった。
それなのに、なぜだか、その月曜日がインポイントもアウトポイントもここ一週間で一番多かった。

なんで?って思ったら、どうやら怪盗さんの記事の中で僕をリンクしてくれたので、そこから多くの人が流れてきてくれたようだ。

ってことは、あれか?とくに記事更新しなくても怪盗さんにリンクしてもらえれば、怪盗ポイントが入って普段よりもポイントアップということなんだろうか?

すげえな、怪盗ポイント。

ってことは、あれか?毎日リンクしてもらえれば、記事更新しなくても大丈夫なのか?

すげえな、怪盗ポイント。

話変わって、日本山岳耐久レース、通称ハセツネは毎年10月中旬の3連休に行われていた。
ところが今年は、毎年春に行われていたUTMFが9月後半に変更になったため、ハセツネも気を遣ったのか、日程が変更になり10月下旬になった。

これ、単純に日程が変更になったと思ってはいけない。
10月の中旬と下旬では、気温がかなり違ってくる。しかも奥多摩。

いかにTEAM75の僕でもハセツネでは深夜2時頃はかなり寒かった。それが10月の下旬となると、さらに寒くなる。

ずっと動き続けられればいいけどまともに動けなくなったらイチコロだ。

なんかイチコロって言葉いいな(笑)

ウェアを一枚増やすとかで対応できそうなもんだが、そこはハセツネ。
すべてを自分で用意しなくてはならないのでとても難しい。
毎年僕のリュックは7kgになるからね。まあ、半分は水分だけど。
とにかくウェア一枚増やすということはミカン一個減らすとかしないといけないので、それはもう苦渋の選択だ(笑)

ないな。今年はないな、と思った。

って、そんな話ではなかった。

とにかく毎年10月中旬に行われていたハセツネの日程が変わった。

となると毎年ハセツネと同時期に行われるあのレースに出られるんじゃね?と思ったわけだ。

流山ロードレース、通称ガラパンロードレース。

どんなレースかって?



こんなレース。
10040021.jpg

こちらが本家。
7d641ca33ccda764ce8386004746e3d5.jpg 

本家とのコラボ。
1007IMG_20121007_091345S.jpg

それにしても、あれだ。
たぶん、走り始めてからこの時が一番痩せていた。73kgくらい。
このときはまだフルマラソンも走ったことがない。
走っても痩せないよ(笑)

san-anさんエントリーするのかなぁ?
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

07

07

コメント:

奥武蔵ウルトラマラソン レポ 前編

もうなんのレポを書いていいのか何を書いてないのかよくわからなくなってきた(笑)

東京マラソン(未完)
古河はなももマラソン
チャレンジ富士五湖(未完)
奥武蔵ウルトラマラソン
キタタン

こんなもんか。まぁ、全部書くかわからんけど(笑)
それにしても東京マラソン以外は全部DNFじゃんか。軽くへこんだ。書き出さなければよかった。

そんなわけでタイムリーな話題のキタタンではなく、あえての奥武蔵ウルトラマラソンレポ(笑)

今回はいつもと切り口を変えて、オクムで出会った人々。

10km~15km地点のあたりで、いつもブログ読んでますと声をかけていただいた。
その後、しばらくお話させていただきながら並走したのだが、そこはもうオクム。上り区間の道だった。
その時点で、すでに息絶えていた僕は上りは歩いていいルールを設定していたが、まぁ、せっかくなのでがんばって並走した。
もう、ゼーハーすごくて大変だった(笑)

で、その話しかけていただいた方は、僕と同じくらいの歳の何の変哲もないおっさんだったのだが、あっ、いや、すいません(笑)
とにかくごく普通のランナーでしたが、なぜだかその方と一緒に青年が2名一緒に走っておられて、その2名の青年が二人ともイケメンで爽やかでかわいらしくて、さらに完全なランナー体型でシュッとしてスラッとしてて、オクムの上り坂を軽やかに走っていた。
あの、よく、女性のことを妖精のようだ、ということはあるけれど、この青年2名はかわいらしくて、男性だけど妖精のようだった。
そのオクムの妖精を両脇に従えていた普通のランナーのおっさんは、その妖精たちの力なのか何なのか、やはり軽やかに走られていて、その姿を眺めながら、とても羨ましく思った(笑)

25kmあたりで僕はどうにも足首が痛くなって座って休んでいた。すると逆走した女性がやってきて、大丈夫ですか?と声をかけてくれた。とりあえず休んでますといいつつ、逆に僕がどうされたんですか?と訊ねると、リタイアしたのだが収容車は当分やって来ないから自力で戻ったほうが早いと言われたので、戻るところだ、とのこと。
ここからゴール地点までまだ10km弱はあるだろう。けっこうなアップダウンもある。つらいなぁ、奥武蔵。リタイアしても苦難の道が待ってるのか、と思った。

その女性は座り込んでる僕の様子を見ながら、どうしますか?一緒に戻りますか?みたいなことを訊いてこられたので、一瞬、じゃあ、僕と一緒に戻りましょう!と言いそうになったが、あっ、そうだった、顔振峠でK12R2さんとmizoreさんが待っているんだった、チッ、と思いながら、とりあえず行けるところまで行ってみます、とその申し出を断った(笑)

ユガテのエイドだから27kmあたりでバドガールの一団に出会った。その後、僕が先へ進んでいると、そのバドガールの一団も場所を移動するらしく、しばらく一緒に歩いた。

と言っても、バドガールの一団にはなぜか男性バドガールが一名いて、一緒に歩いたのはその方のみ。女性の方々は軽やかに僕のことを抜き去って行った(笑)
そのバドガールのおっさんとしばらく一緒に歩きながら話をしていると、そのチーム75ってよく見かけるけど何のチームなんですか?と訊いてきた。

いきなり訊かれたからか、なんとなく僕は、どんなに走っても体重が75kgより減らないって意味らしいですよ、と他人の風を装った(笑)

さらに、私の知り合いにもそのTシャツ着ている人がいて、他で知り合った人もそのTシャツ着てたので、~さんのこと知ってます?って訊いても知らないって言うんですよね、と仰るので、

なんか、そもそもはブログが発祥らしくて、そのブログで売り出したらしいんですよね。だからチームとは言っても、横の繋がりはあまりないのかもしれないですよねぇ、とさらに装う。

バドおっさんは、なるほど!だから~さんのこと訊いても知らなかったんだ、そうなんですか、やっとわかった。なんで同じチームなのに知らないんだろう?って思ってたから。なるほど、ブログなんですかぁ。それにしてもそのTシャツ着てる人、よく見かけますよねぇ。

ええ。けっこう売れてるらしいです。でもレースでこれ着ている人が走ってると、全然知らない人なんですけど、親近感が湧いて声をかけたりしちゃうんですよねぇ。

そうでしょうねえ。そっかぁ。ブログなのかぁ。と納得したようで、バドおっさんはおもむろに走り出した。

歩いていた僕は当然おいていかれた。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

07

05

コメント:

キタタンの結果

雨の影響でコース変更、距離短縮ということだったのだが、現地へ到着するとさらなるコース変更、距離短縮ということで、県境尾根分岐までの上りと姫次への上りがなくなるという、絶望部分がすべて消えて、もはやそれってキタタンとすら呼べないじゃんと思いつつも、いろいろ検討による検討を重ねて安全に大会を開催してくれたことには感謝しております。

深夜1時に起床して大雨の中、2時に出発する自分のことをどうかと思ったりもしたが、まぁ、行ってよかった。

絶望部分がなくなったことで、これは完走しないとまずいよね?ちょっとねぇ、と思いながらスタートしたが、どこらあたりだろう?完走を諦めていると、車で通りがかかった怪盗紳士さんの声援を受けて、ちょっと元気が出る。

完走どころかこれって第一関門通過もやばくね?と思っていたときにまたもや怪盗紳士さんの声援を受けて、その後、なんとか関門1分前に通過。

まぁ、第二関門突破できなかったけどね(笑)

そして、カールももらえなかったけどね(笑)

怪盗紳士さんのおかげで第一関門通過できました。ありがとうございました。

これ、完走できないのちょっとまずいなぁ、とは思うけど、初動が遅れたと思って、今は通過地点ということに無理やりする。

あのさ、アリスのさ、きみはいなずまのように~♪って歌あるじゃない?
あれがさっきからずっと頭から離れない。アリスのことをとくに好きなわけでもないし、CDとかも持ってないんだけどね。
ゆあろーりんぐさんだー♪って後の、アァだかヌァァだかグァァって声を思い切りでかい声で出したいなぁ、とさっきからずっと思ってる。

なんだよ、それって思うけど。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

07

04

コメント:

おまえなめてるだろう その2

もし地球に摩擦がなかったとしたら、自転の遠心力でみんな吹き飛ばされてしまう、と昔、何かの本で読んだことがある。

それを読んでから、たまに、自転の遠心力でみんなが吹き飛ばされるさまを想像することがある。どこにもしがみつけなくて吹き飛ばされてしまうさまを。

だから摩擦は必要だ、ということなんだろう。

だからといって、ヒリヒリするような摩擦を自ら作り出すようなことはなるべくしたくはない。
痛いよ。ヒリヒリしてさ。摩擦って。何の解決にもならない。傷つけられたら傷つけていいという道理もない。
でも、摩擦は必要だ、ということなんだろう。やり方。バランス。

明日は北丹沢12時間山岳耐久レース、通称キタタンに参加する。
今まで2年連続で参加していて、2年とも第一関門で制限時間に引っかかり終了だ。
2年ともそこから第二関門まで歩いて行って、怪盗さんのエイドでニコニコしながら唐揚げを頬張るのが決まりになっている(笑)

いや(笑)ごとじゃねぇ。まさに、おまえなめてるだろう?って話だ。
たぶん、キタタンのコースを本当に12時間かけてよければなんとか完走はできそうな気がする。
でも第一関門も第二関門も通過時間は12時間ペースで進むと間に合わない時間に設定されている。

まぁ、日本三大山岳耐久レースの一つだからね。走力なければ出るなっつー話なんですよね。
なので、今年はギリギリまでエントリーしなかった。でも、結局はエントリーした。
なぜ、エントリーしたのかというと、この「おまえなめてるだろう」三部作の最後のレースのことを考えたからだ。

え?おまえなめてるだろうって三部作なの?まだ無謀なレースエントリーしてるの?反省しないの?バカなの?ってザワザワしない!(笑)

無謀なレースにエントリーして完走するには、やはりキタタンだって完走しておかないといけない。
あとね、キタタンのコースってけっこう好きなの。いや、ヒルとかいるのは嫌だけど、ロードも急登な山道も絶望的なほど嫌な気分になるけど、なぜだか、また行きたいなぁ、って思えるコースなのよ。なんでだろ?

そんな感じでエントリーしてしまったけど、相変わらずのカール三昧でまったく完走できる気がしない。
ちなみに付け焼刃だけどここ一週間はカール断ちしているからね!

あと、ここ数週間、週末は山とかオクムとか行って上りをがんばったつもりだけど、ほら昨日の記事で生きてる疲労が抜けないって書いたけど、そんな疲労が抜けないんだから、走った疲労など抜けるわけがない。
今週は駅の階段上るのにずっと休憩が必要だった(笑)

それでも、まぁ、明日はキタタンなわけで、完走できずとも、何かしらの成果を持って帰ってきたいと思う。
怪盗さんのエイドのパピコがさ、うまいんだよね。パピコ。←成果。

そういえば、僕の好きなTheピーズの歌詞で



って歌詞がある。
わざわざないものをあると仮定しておいてからの、飲まないさ、って。
すごすぎる。

そんなわけで50が近くなると、ボールが友だちではなく、疲労は友だちという、疲労も抱えながら疲労とともに明日はがんばってくるぜぃ。

翼くんだってそろそろ疲労が抜けないお年頃なんじゃないかな。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

07

03

コメント:

人間五十年云々

最近、人間ってやっぱり50年くらいまでなんだろうなぁ、と思う。
それ以上はおまけみたいなものなんじゃないかなぁ、と思う。

それは自分自身がここ数年、たいしたことではないけど体の不調みたいのものがいろいろ出てくるからなんだけどね。

5月くらいは右脇腹がすごく痛くて、触るだけで痛くて、ネットで調べると胆石とか脂肪肝とか肝炎とか肝臓がんとか出るから、風邪ひいて病院行ったついでに、そのことを話したら、それはすぐにCT撮りましょう!え?今からですか?はい!そうです!なんつってCT撮ったらどこにも異常はなくて、そしたら先生も前のめりでCT撮りましょう!なんて言った手前、何もないですねぇ、なんて言いながら明らかに落胆していて、そんで僕はすごく申し訳なく思いながら7000円も払ってきた。

その後、血液検査の結果を聞きに行った後に、そういえば足の裏が腫れ上がって痛くなるんです、ひどいときには歩けないんです、と言うと、親指の付け根ですか?と訊かれたので、いや、その時によって違いますと答えると、じゃ、痛風じゃなさそうですね~、と言い、もうその手の挑発にはのらないぞって感じで、まあ、足の裏にはたくさんの神経がありますからね、ははは、と軽い笑いとともに診察は終了した。

足の裏の腫れは一週間くらい前からまた出ていて、左足の踵の下あたりが赤く腫れ上がり、その後は足指の付け根あたりが腫れて、その時は歩くのもつらくて、今は小指だけが腫れている。

ま、そういう意味不明なものがたくさん出てくるし、老眼だって加齢臭だってあるし、そう考えるとやっぱ50歳までだなぁ、なんて思う。

ただブログ村でお見かけする50代の方々はちょっと信じられないくらい元気なのでそのへんは説明がつかない。
あれ、ホントは満身創痍で空元気だとしたら、僕は涙を流しながら尊敬するだろう(笑)

ここ半年くらいはホントに疲労が抜けない。走って追い込んだ疲労が抜けないとかではなくて、ただ単に生きていて疲労が抜けない。
夜は10時を過ぎたら起きていられなくなる。
家に帰るとすぐに横になる。場合によっては腹の上にカールがのってる。

昨年までなら早く寝ると翌日は4時過ぎには目が覚めて、朝ランなんかしちゃう勢いだったのに今は起きられない。

いろいろ準備して家を出るまでの数分の間とかでも横になってしまう。

もうあれかな?キューピーコーワゴールドとか飲まなくちゃだめなのかな?それか養命酒?どうすれば疲れが取れるんだろう?
ユンケルとかリポビタンDとかは毎日飲んだら体に悪そうだしな。
40代が働き盛りってホントかよ、とか思う。
なんなら元気な50代を通り越して年金生活者になりたいとすら思う。

今週前半は研修があったのだが、その研修の参加者は世代別というのかほぼ同世代の参加者だった。とくに知り合いはいなかったけど、なんか疲弊具合というか劣化状況というのか、こう同世代独特のものが見られて、みんなそこそこボロボロになりながら今までがんばってきたのね。そんでまだまだがんばらなくてはいけないのね。と思うと涙が出そうになった。

だからかどうかわからないけど2日連続で10kmも走ってやったよ!(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

07

02

コメント:

キタタン試走

今日から通常業務で8時更新。

ところでこれ、いつの話だっけ?
6月14日の話だ。

キタタンの試走に行った。チャレさん、K12R2さん、メテオデさん、もっちもっちさん(お久しぶりです!)、そして見城語録さん。

見城語録さんは僕が初めて山へ行ったハセツネ試走のお供のときに三頭山で出会った集団の中の一人だったらしく、あとでコメントをいただき知った。今回初めて一緒に走ることになった。

最近というか自分では明らかに走力の低下を感じていた。
走り出してから一番走力が低いような気がする。
そして、走り出してから一番体重が重いような気がする。

なので、この試走に行くのも当初は躊躇したけど、まあ、練習だし、道もわかるしということで参加した。
あとね、山だからね、経験とかで何とかなるんじゃね?という思い上がった気持ちがなかったわけでもない。

登山口までしか着いていけなかった。
登山口からの山だってみんなそんなガチでかけ上がっているわけでもないのに全く着いていけなかった。

まあ、仕方ない。

キタタンのコースは最初にちょっとだけ山を上って下り、そこからロードが7kmくらいある。
で、そのロードの始まりにコース上唯一の自動販売機がある。
でも序盤だし、ロードも始まったばかりだし、普通は見向きもしない。

今回、僕はその自動販売機でコーラを買って休憩した。
自分で、マジかよ!と思った。

当然のことながら7kmのロードを歩き混じりで進み、鐘撞山の登山口まで来たときには、このまま来た道を引き返そうかと思いながら道ばたに座り込んでいた。
まさかのトレイルなのに山に上らずに帰るとか、なんかホントひどい状態だ。

そこで休んでいると年配の女性がやってきて話しかけられた。
彼女も試走にやってきたらしく、しかも驚いたことに今日はフル試走をするとのことだ。

軽やかに立ち去る彼女を見送った後に、やはり第一関門までは行くかと思い、山を上った。

もちろん何度も何度も絶望感を味わい、先に進んだことを後悔した。
それでもいつかは終わるし、今日は姫次まで行くのはやめようと思っていたので、とにかくここを上れば終わりだと思いながら上った。

第一関門に着いたときには5時間を越えていた。ちなみにレースの制限時間は4時間30分だ。

第一関門から先はロードを10kmくらい走らないとスタート地点まで帰れない。

もうグダグダだった。
ロードでグダグダだとちっとも面白くない。
踵が痛いのを庇って走ると他の部分が痛くなるし、ちっとも面白くない。

走るのってつまらないな、と思いながら一人トボトボ帰った。
なぜか一番短い距離を走った僕が一番遅かった。

お風呂に入ってご飯を食べながらみんなといろいろ話をしているうちに今日はグダグダだったけど、またがんばろうと思えてきた。

そういう意味でもお付き合いいただいた皆さんには感謝です。
ありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

07

01

コメント:

僕はぬけがらだけおいてきたよ

今週は今日まで研修があり、その研修場所までは片道2時間の通勤時間がかかり、そんなに長く電車に乗っていると、ブログが更新できる(笑)

で、今日が最終日なんで、今日もゆっくりブログを更新しようと思っていたら、昨日宿題が出て、レポートを書いてこいとのこと。

いくら歳を取っても変わらない。
ギリギリになってからやる。すなわちこれから電車の中でやる。
子どもには余裕を持って終わらせろ、なんて言うのにね。
なのでブログ短め。

今日から7月だ。
タイトルどおり僕は6月にぬけがらだけおいてきたから、これからはちょっと気合い入れてがんばろうと思う。

ホントは5月からがんばろうと思ってたのにやっぱりギリギリだ。

またいろんな方に頼ってお誘いすると思いますけど、よろしくです。

課題は平日ランと腹出し解禁なるか。
いや、違った。腹出しなんかしない。

体重だ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad