12

31

コメント:

いろいろお世話になりました

休みの間は毎日更新するよって言ってその気になって更新する気でいて記事を書いていた。3日前。

その日は黒田が広島に帰ってくるという内容の記事を書こうと思っていた。

黒田が広島に帰ってくるというこの出来事はプロ野球史に残るような歴史的な出来事であり、仮にそうでなくても個人的には涙がこぼれそうな、前田智徳が引退した後の今シーズンはカープ女子とかいろいろ人気が出て来ても、なんとなく気乗りしなかったけど、来シーズンはこれは気合を入れないとな、と思えるような出来事であり、そのあたりの、黒田が帰ってくることが他のメジャー帰りの人たちとは何が違うのか、広島カープというチームがどのような特殊なチームなのか、またなぜそんなチームのファンになってしまったのか、をいろいろ書いていたら、やはりというか、いつものようにかなりの長文になってしまい、そんな長文を読み返したところで、オレっていったい何をやっているんだろう?と思ってしまった。

そもそもこんな長文な思いをブログに書くっていったいなんだろう?と根幹を揺るがすような思いを持ってしまって、こんなことになんの意味が?と思いつつ、そのまま書くのをやめてしまった。

まぁ、でも、とにかく今年もあと少しで終わるわけで、今年もたくさんの人と一緒にレースに出たり走ったり山へ行ったり飲んだりとか、あとは会ったり話したりしたことなくてもネット上でのつき合いも含めて、僕にとってのささやかな楽しい時間を持たせてくれた方々には、本当に感謝しています。

いろいろとお世話になりました。ありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

12

28

コメント:

コンタクトランニング

僕は近眼で、最近は老眼も入ってきているような気もする。
普段はメガネを使用して、走るときはコンタクトレンズを使用する。
でもコンタクトレンズを装着したりするのが面倒なのでいつからかその辺を走るときはメガネになった。
いつからメガネになったのだろう?ゆるジョグしかしなくなってからだろうか。
その都度その都度足のどこかが痛いとか言いながら走るようになってからはロードでゼーハーするような走り方はしなくなった。
僕はすごい汗っかきなのでメガネだととても走りにくいのだが、ゆるジョグだからまぁいいかと思うようになり、そんでメガネにしたんだと思う。
山に行けばゼーハーするし、長時間動き回るし、脚にも優しいしで、だからロードでの走り方ってほとんどゆるジョグになっていったのかな。

11月3日に関北連練で20km走ってからまったく走っていなくて、そんで、あれだよね?いつものような走った後のアフターではなくて、走らないけど飲むってやつやらない?ということでやさぐれ軍団は走らずに飲み会を開いてくれて、それはもう楽しかった。

で、そのときにあまりに走っていない僕の不甲斐ない姿を見て、明後日朝から走るから一緒に走りましょうなんつって僕を救いあげてくれて、僕は48日ぶりに10km走った。
その辺を10km走るだけなのに48日ぶりという気持ちの昂ぶりからか、僕はコンタクトレンズを装着して走りに出かけた。

久しぶりの10kmはもちろんゆるジョグだけど、それなりにキツくて、そして楽しかった。
久しぶりのコンタクトレンズはうまく装着できなかったのか違和感があった。

家に帰ってから髪を切った。僕は自分で髪を切る。もう5年くらいかな?髪を切るときはコンタクトレンズのほうがいいので、大抵は走った後に髪を切ることが多い。
その後にシャワーを浴びて、それからコンタクトレンズを外そうとした。

指を眼球にそっと触れる感じでコンタクトレンズを外すのだがうまく外れない。あれ?なかなか外れないぞ。久しぶりだからかな。
少し強めに眼球に触れてみるものの、それでも外れない。しばらくそれを続けてみるもののやっぱりコンタクトレンズは外れない。
そのうちに眼球が痛くなってきたところで僕は気が付いた。

コンタクトレンズどっかに落としてたみたい(笑)

どうりで眼球が痛かったはずだ。きっとシャワーで流れてしまったのだろう。
そんなわけでこの休み中にコンタクトレンズを買いに行けるといいな。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

27

コメント:

好きな言葉は投げっぱなしジャーマン

お久しぶりの更新です。

しばらく更新しないうちにブログ更新なんてまったく気にならなくなって、このままフェードアウトしてしまおうかと思っているのですが、まぁ、そう思うとなぜか逆に行きたくなる不思議というか、昨日で仕事納めで今日から休みになったのですが、昨日なんかは上司からの今日はこれから飲みに行きませんか?という誘いを軽く空気読めない感を出して、いえ、他に予定が入っているので、と言い、他の人と飲みに行くという、うまくない、イケてない、そんな感じで過ごすアレキは、そりゃ、いろんな問題山積みだわさ、走る気力もなくなるだわさ、スタップ細胞は見つからないし、ナッツは袋に入ったまま出てくるし、まさにナッツ・アレキ、アレキ・リターンってな感じだよね、そりゃ、もうね。

ふう。息継ぎなしで一文だ。

で、せっかくの暦のおかげで9連休なので、ここはあえて逆に、何が逆だかよくわからないけど、休み期間限定毎日ブログ更新を自らに課してみようかと、ほんの10分前に思い付いたのです。
それによって何かが変わるのか、何も変わらないのか、いやいや夕焼けはいつだって変わらずに僕には優しいんだよ、なんてことになるのか、はぁ?なんだそれ?とも思うけど、そんな気分で、そんな気分を一言で言い表すと表題のとおり、投げっぱなしジャーマンということになる。
はぁ?なんだそれ?と思うけど、いずれにせよ、走る気力がなかろうがなんだろうが、まだ魂の限界を迎えてはいないので、とりあえず投げるさ、投げっぱなしだけどね!

とまぁ、そんな感じ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

14

コメント:

笑って 笑って 笑って

♪スマイル スマイル スマイル♪

なんか、もうね、最終的には笑うしかないって感じになるよね。やっぱね。
そう、とにかく笑ってればなんとかなるよね。とりあえず。
さ、がんばって。

この間、これ観て、一人で思い切り吹き出してしまった。
改めて、ほんとこの人すごいね。笑うしかないもの。



ねずみ色に輝くアスファルトは自分の脚で。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
今日のBGM:ブランキー・ジェット・シティ『人殺しの気持ち』

12

12

コメント:

夢のないはなし

昨年の12月に年末ジャンボを購入した。年末ジャンボなんてかなり久しぶりに買った。
なんでそんなものを買ったのかというと、もうあれだ仕事なんかやってられっか、と思ったからだ。
1億円だか2億円だか当てて、正月休み明けにそのまま仕事復帰することもなく辞めてしまおうと思ったからだ。

もうオレは永遠の休暇を取るのだ!チャーリー・パーカー聴きながらパーマネント・バケーションだ!走るのはすでに休んでるけどね!

よく、宝くじが当たっても仕事は辞めないと思う、とクールに言い放つ人がいるけど本当なんだろうか?
僕にはできない。だって1億円だか2億円だか持っているのに、つまりは億万長者なのに満員電車に乗れたりするのだろうか?
電車の中にぎゅうぎゅうに押し込まれて肩とかぶつかったり足を踏まれたりしたときに、なに、これ?だってオレ億万長者だよ?なんでぶつかったりするわけ?って思わないのだろうか?

それにしても億万長者って最近聞かない言葉だ。たしか億万長者ゲームって昔あったよな。のどかな時代だ。

ま、とにかくこれから先に僕が1億円も稼ぐことはないだろうから、それだけあれば仕事なんて余裕で辞められるわけだ。ウハウハだ。
でも、僕は知っている。ここから先は気を付けないといけない。

宝くじに当たった人がそのことを身内に話したところ、そのお金を目当てにたくさんの親戚とかが群がってきて、半ば恐喝気味にお金を借りにきて、そんな人たちにお金を貸し続けるうちにお金はなくなり、それでもお金を借りに来て、もうないと言っても信じてもらえずに恐喝され続けたって話を昔読んだことがある。週刊誌に書いてあった。

なんて恐ろしい話だ。だから僕が宝くじに当たったことを誰にも話してはいけない。身内だろうが兄弟だろうがそんなことを話してはいけない。どこから知らない親戚がやってくるかわからない。もちろん妻にだって話してはいけない。冷静に考えれば血の繋がりすらないじゃないか。

って、あれ?宝くじに当たったことを黙ったままどうやって仕事を辞めればいいのだ?それをどう納得させるのだ?
う~ん。とりあえず黙って仕事を辞めて毎日スーツを着てどこかへ出かければいいのかな。公園で鳩と戯れるとか。

平日の午前中に地元のマクドナルドでは100円のコーヒーをゆっくりと飲みながら時間を潰してるたくさんのおじいちゃんを見かけるけど、それもみんな姿勢を正して、無言でボーっとコーヒーを飲んでいるけど、あれって家にいると、お義父さんちょっと掃除するから散歩でもしてきてよ、なんて邪険に扱われつつ、一応300円くらいは渡されて、どこにも行くあてはないし300円しか持っていないから、あんな固い椅子のマクドナルドで100円コーヒー飲みながら午前中いっぱい時間を潰すのかと想像すると悲しくなってくるのだが、宝くじが当たって億万長者になったら、その仲間入りができるということだろうか。

億万長者でマックの100円コーヒーか。座れるだけまだマシなのか。

それだったらいっそのこと億万長者はあきらめて、謙虚に1000万円くらいが当たるほうがいいのかもしれないな。
いやいやいや、1000万円だったら家のローンすら返せない。車だってもう10年近く乗っているし、最近やたら壁やら屋根やら塗り替えませんか?って営業の人が家に来るし、塾や学校にだってお金がいる。

1000万円なんてすぐになくなっちまうじゃねーか。せっかく当たっても僕の暮らしは何も変わらない。そういう意味でははした金じゃねーか1000万円。
実際に1000万円なんて見たことないけどなぜだかはした金に思える。

そんなわけで1億円当たろうが1000万円当たろうが300円しか当たらずに仕事を続けることになろうが、あまり受け入れたくない現実しか待っていないのかと思うと、その宝くじが当たっているのかどうかも調べることもできずに、もう1年が過ぎようとしている。

まだ封も開けていないのに、もう今年の年末ジャンボが発売されているんだってね。
どうしようかな。買おうかなぁ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
先週の映画:『リトル・ダンサー』
イギリスの田舎町はなんで絵になるんだろう。

12

10

コメント:

電卓フィクション

この間、電卓が欲しくてアマゾンを眺めていた。

う~ん、「アマゾンを眺めていた」って字面だけ見ると詩的だ(笑)

そうするとあれって、勝手にというか奉仕的にというかお勧めのものが表示されてくるでしょ?
そんで電卓をいろいろ見ていたから、お勧めはもう電卓だらけなんだけど、その中になぜか1枚だけDVDがあって、それは『ヴァニシング・ポイント』という映画だった。
その映画を観たことはなくて、どうも70年代のロード・ムービーらしい。

ほら、僕って70年代の映画好きじゃないですか?それよりも何よりもロード・ムービー大好きじゃないですか?もう映画なんてロード・ムービーだけでいいと思っている人じゃないですか?
デッドマンだってパリ、テキサスだってテルマ&ルイーズだって、それこそ昔からあるありふれた国境の向こうメキシコへ逃げるやつだって大好きじゃないですか?

ってそんなことアマゾンに教えた覚えはないのに何で知っているんだろう?と思いながら、DVDって1000円もしないし、買ってみようかなぁ、と思った。

昔、ブルース・ブラザーズのDVDが1000円で売っていて、サントラ盤より安い事実に衝撃を受けて、それからいろんな映画のDVDを買っていた時期もあったが、もう何年も購入したことがない。
ブルース・ブラザーズってすごいよ。だってそのDVDは吹き替えがなくて字幕のみだったのにまだ字幕が読めない当時5歳くらいの僕の子どもは飽きることなく大笑いしながらたまに踊ったりしながらブルース・ブラザーズの映画観ていたからね。

話がずれた。とにかくDVDを買うといつでも観られると思うからかそのDVDを観ないという法則に気づいてしまってからDVDを買わなくなった。家にはパッケージすら開けてないDVDがたくさんある。
でも、まぁ、たまにはいいか。どうせ走ってないしなどと思いながらカートへ入れる。

そんなときにふと思い出して検索かけてみる。

うげぇぇ。いつの間に。もう2年も前に発売されていたとは?なんてこった。

僕が好きな映画の一つに『八月の鯨』という映画がある。おばあちゃんとおじいちゃんしか出てこない地味な映画なのだが、これがすごくいい映画なのだ。
おばあちゃん役のリリアン・ギッシュはこの映画の出演時で90歳を超えているのにとてもチャーミングで素晴らしい女優だった。

この映画がなぜだかDVD化されておらず、だからもう観ることはできなくて、以前はことあるごとにDVD化されてないか調べたりしたものなのだが。
2年も気づかなったなんてちょっと愕然とした。残りの人生少なくなっているのに迂闊だった。ヘロヘロ走ることにかまけていたばっかりにまったくなんてことだ。

当然これもカートに入れた。

こうなってくると俄然やる気スイッチが入ってくるというかノリノリになってきて、やっぱさぁ、年末年始の休みなんてゴッドファーザー三部作を観るっていうのが正しい休みの過ごし方なんじゃないの?なんて思いながら三部作をカートに入れてみたり、そんでしばらくして3作目だけはカートから出してみたり、ミツバチのささやきってDVDあるのかな?なんて思って調べてみるとやたらプレミアついてたり、トゥルー・ロマンスのデニス・ホッパーははずせないよなぁ、と思いつつカートに入れた後に、あれ?っと思い調べてみるとすでにDVD持っていたり、そういえばタランティーノって最近聞かないなぁ、なんて思いながらやっぱりパルプ・フィクションくらいは持っておくか、年末年始の休みあるし、と訳のわからない理由でカートに入れたりしていた。

とまぁ、そんな感じで電卓フィクション。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
今日のBGM:ラモーンズ 『電撃バップ』

12

06

コメント:

今週の音楽

走っていないのだからもはや走ったネタは一切無視して書いてみる。そのうちマラカテ以外になっていてもいいかもしれない。

高尾山宴会の帰り道何となく歌を口ずさんでいた。

♪わたしもうやめた 世界征服やめた 今日のごはん 考えるのでせいいっぱい♪

なので家に帰って相対性理論を聴いてみる。


水曜日に突然どんとを思い出す。どんとっていくつで死んだんだろう?
うげっ。いつの間にか僕はどんとが死んだ歳よりも長く生きていた。
初めてローザルクセンブルグを観たときは度肝を抜かれた。たしかテレビ埼玉でやっていたんじゃないかな。
その後のボ・ガンボスも好きだった。


走り出してからはCDはほとんど買わなくなった。走り出す前の数年間はバカなのかと思うくらいCDを買い漁っていた。
そうせざるを得なかったというか、まぁ、とにかくたくさんCDを買ってiTunesに入れて、それで満足してしまってあまり聴いてないというアルバムがたくさんある。
今、確認したら僕のiTunesには22352曲入っていたから、もう新しいCDいらないよね。死ぬまでにあと何回聴くことができるんだろう?ってな話だ。
ちなみに22352曲を全部聴くのに58日かかるらしい。もちろん寝ずに聴いてね。

木曜日に、なんだっけあれ?映画のタイトルがアルバムタイトルになっていてその映画の主人公名の曲があるバンド。
そのバンド名が思い出せずに朝の通勤電車で悶々としていて、あれマニック・ストリート・プリーチャーズだっけ?ということで聴いてみる。
マニック・ストリート・プリーチャーズはリアルタイムでは聴いていなくて、数年前にアルバムを5枚買った。いや5枚組で2000円だったから買ってしまった。
以前から知ってはいたけど音がきれいなので興味がなかったのだが、まぁ、安いしということで。

うまく説明できないけど僕は音がきれいな音楽はあまり好きではなく、なんか引っかかるというかザラザラするというかそういう音楽が好きだ。

ちなみに音が引っかかりすぎてびっくりしたのがギターウルフだ。ギターウルフっていわゆる逆輸入というやつで日本でデビューしたときに気になってHMVに試聴に行ったけど、店員さんに、あの~このヘッドフォン壊れてますよって言ってしまったほどの爆音だった。

これはライブの音源だけどCDもこれと変わらない。ラジカセで録音したってもうちょっとマシな音で録音できるんじゃないかと思う。でもそれがギターウルフのよさなんだろう。デビューアルバムのタイトルが『狼惑星』ってだけで痺れる。

とにかく木曜日からマニック・ストリート・プリーチャーズをずっと聴いていた。音がきれいで明るいけど、でもじっくり聴いてみると、それはそれでいいんじゃないかなぁ?なんて思いながら聴いていた。
歳とともに音楽が耳に残らなくなったけど、聴ける音楽の幅は広がったように思える。


とくに3rdアルバムの『The Holy Bible』が適度に疾走感もあるし明るいしいいなぁ、なんて思っていたら、このアルバムはNMEが選んだ最も暗いアルバムベスト50の第1位なんだそうだ。

オレ、どんだけ暗いんだ。

そして、そもそも映画のタイトルと同じアルバムということで聴いてみようと思ったのだが、それはマニック・ストリート・プリーチャーズではなくてプライマル・スクリームだということに後で気づいた。

来週はプライマル・スクリームをじっくり聴いてみるか。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

05

コメント:

雑記!俺にとって俺だけが!

あれ?タイトルに雑記ってつけなきゃダメなルールだよね?(笑)

@@@@@@@@@

小学生の頃に、この時期になると冬の間もずっと半ズボンで過ごせるか?という勝負を友だちとしていた。

あの頃の半ズボンって最近の子どもらが履くようなヒザ上まであるようなハーフパンツ的なものではなくて、太ももがすべて露出しているような、う~んと、それホットパンツ?的な半ズボンだったので、それはもう太ももがヒリヒリの真っ赤になり、結局ひと冬を越せる者は誰もいなかった。

その10数年後に、太もも露わなミニスカートで越冬できる女子高生が現れたときには本当に驚き、そして尊敬した。

オレたちが成し得なかったことを彼女たちはいとも簡単に成し遂げていた。

僕が小学生の頃の女子高生はスカート長かったからね。

で、話変わるけど、僕はずいぶん前からコートを着る期間は1月から3月までと決めている。

なんでそんなルールを課しているのかは忘れてしまったけど、年内にコートを出すのははなんとなく負けた気がするし、4月になると新入社員らしきフレッシュな人々が街を歩いていて、彼らのほとんどはコートなど着ていないので、気持ちの奥底に微かなフレッシュさを持ち合わせている僕は、彼らに倣って4月1日にはコートを着て仕事へは行かない。

コートを脱ぎ捨てよ、街へ出よう

ってな感じで。

そんなルールになんの意味があるのかは自分でもよくわからないけど、まあ、そんな感じで過ごしている。

当然今年もまだコートは出していないし、もちろんマフラーとか手袋なんて小賢しいアイテムも身に付けない。

さすがに今週は寒くなってきたので、もう春秋もののスーツではなくて冬もののスーツに替えようかなと思った。

安定のTEAM75。

だから、まあ、寒さはまだ何とかなるんだけど、周りを見渡すとスーツだけの人などほとんどいないので、なんとなく視線が痛いというか、いや、僕だってサイレント・マジョリティ側にいたいんだよ、という切実な思いから、早く年が明けないかなと思う。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

01

コメント:

マジかよ、キクチ

土曜日、いい肉の日は高尾山で山宴会でした。
参加された皆さま、ありがとうございました。

おもてなしの達人であるローラさんをおもてなすというちょっと無謀なことも考えたのですが、私にそんなことは無理なので気遣いの鬼瓦、あっ、いや違った。気遣いの鬼proceed2600さんにお願いしました(笑)

気が向いたら詳細書くかもしれません。ほらっ、そのへんはイケてないブロガーだから気分で(笑)

とにかくすごい楽しかったよぉ。そんでみんなやっぱりすごい優しいよねぇ。ホントありがとうございました。

とりあえず今後ですが、東京マラソンのスタートラインに立てるようにがんばろうと思います。
また、リンさんと一緒に走れるかね。どうかね。

あっ、タイトルなんだよ?って話だよね。
さっきユーチューブでこれ観てたんだ。



この人すごいよ。広島歴代セカンドで最高かもしれない。正田は好きだけどさぁ。もっと言うと正田のグローブが好きだけどさぁ。

いや、1年目から試合に出ていたんだけど、正直1年目に見たときにはちょっと無理かな、なんて思ってたんだよ。
ホントすいませんでした。すばらしいです。

そんな感じで日々過ごしてます。走ってない、走ってない。キレてない感じで。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad