03

30

コメント:

手おくれか

おもしれえ事になるだろうと
ふんぞり返ってたぜ

余裕かまして もてあまして
人生長えとタカくくってたぜ


         『手おくれか』


この曲のタイトルは『手おくれだ』ではなくて『手おくれか』っていうタイトルで、たった一文字しか変わらないけど、それで意味が全然違うものになっていて、そこが好きだ。

日本語って同じような意味でもそれを示す言葉はたくさんあって、またその言葉によって微妙なニュアンスを変えることもできて、だから昔はそんな日本語がけっこう好きだった。
言葉を探せば、自分の心情に寄り添う言葉に近づくことができたし、同じことを伝えるにしてもリズムを生むこともできるし、さざ波を起こすこともできる。ってそういう話はいいや。

人生って長いのかね。そんなことあまり考えないけど、昨日また一つ歳を取って、改めて40数年も自分がこの世に存在しているのかと思うと、すごいことだと思ったり、うんざりしたり。

さすがにもうこの歳では手おくれだと思うことのほうが多いわけで、それでもまだ、手おくれか?ホントにもう手おくれなのか?(反語)ということも多々あるわけで、とくにここ数年は、そういったことを、いや、まだまだもう少しやってみよう、と思えることが増えてきて、それもまた楽しい。

そんなわけで、新たな1日目。早速寝坊して、ルート変更を余儀なくされた僕はさっきから『手おくれか?』と呟いている。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

03

27

コメント:

70kmってなんだよ

いやぁ、なぜだか古河はなももレポ。放置されてて申し訳ありません。
なんだかんだなかなか書く時間がないというかなんというか。

さすがにレースレポってわりと、さぁ、書くぞ!って思わないと書けないので、その、さぁ、書くぞ!って時間が取れないというか、そういう気分にならないのかな。

先週の日曜日は山へ行って、打ちひしがれて帰って来たんだけども、それも書かなくては。いや、書くよ。いやいや、書きたいんだよ(笑)

で、さすがにその山で、オレ、チャレ富士完走マジでやばいじゃん、という事実に直面いたしました。
つーか、あれだよね。ここ半年くらいまともに走っていないくせに、何となくどうにかなるんじゃないの100km?なんて思っていたわけですよ。これがまた。

慢心というやつですか、これが?とにかく、何をやればいいのかもわからないけど、やらないとまずいよこりゃ、ってようやく気づくわけです。
世の中にはフルマラソンの翌日に40km走る人もいますからね。全然がんばれてないぞ、アレキ。ってな感じです。

そんで山の翌日、私はお休みをいただいていて、子どもの卒業式に参加したのです。卒業式うんぬんは置いといて、午後から走れるんじゃね?と思っていたのです。
子どもの卒業式で休むのに勝手に一人で走りに行くわけ?と家族から文句を言われるかもしれないけど、そんなものは、あれですよ、この支配からの卒業ってなもんです。

したっけ、家族からは文句どころか義妹が引っ越しをするので、その手伝いをしろ、と。
なんか急に決まった引っ越しらしく業者はどこも埋まってて断られたようなのです。

なので、子どもの卒業する姿を見ながら感慨深い思いに浸ったりだとか、子どもの頭を撫でながら6年間ご苦労様、なんてことを言う暇もなく、老体に鞭打ちながら冷蔵庫やら洗濯機やらを運んでいたわけです。

そんで、あらかた終わってから、僕はその義妹の引っ越し先から走って帰ってきました。地図では16kmって出てたけど、道に迷って19km。

で、今日は帰宅ランをしました。
ホントは昨日がノー残業デーなのですが、雨が降るというので無理やり残業してやりましたよ。そしたら雨降らなくて、そんでふて寝してやりましたよ。

だから今日は少し早く会社を出て、18kmの帰宅ランをしようと思っていたのですが、昼間すごいがんばってる人もいたようなので24kmに増やしてみました。

でも、もう15kmくらいからつらくて、つらくて、つらくて、ヨレヨレのヘロヘロでまったく余裕などなかったです。ウルトラだとあと85kmもあるのに、いったいどうしたらいいんだろう?
そんで24kmってめちゃくちゃ長いよ。めちゃくちゃつらいよ、と思いながら走りつつ、不意に『70kmってなんだよ!』と路上で叫んでしまったよ。

全然がんばれてる気がしねぇ(笑)

しかも家に帰ってから、これだ!このスーツやら何やらが入っているリュックが重いのがいけないんだよ!こいつのせいだ!と思って重さを量ったら4kgしかなくてびっくりした。ハセツネのときのリュック7kgあったからね(笑)

ま、そんな感じで、やっぱりゆる~くがんばってますってな話。

あっ、チャレ富士。ざっくりとキロ6分半で行こうとか思ってたけど、信号待ちを忘れてた。今日思ったけど、信号待ちけっこうつらい。待つのもつらいし、走り出しもつらい。だからキロ6分半で走ってももっと遅くなるということだ。

あと1回コンビニ寄ったけど、早めに食べてても気づくと10分とかすぐに経っている。エイドは基本止まらない感じ。食べるのは歩きながらにしよう。

なんとかがんばれても制限時間との戦いになりそうな予感なので、そのあたりを再検討。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

21

コメント:

古河はなもも レポ その4

うげぇ。なにが行って戻って30kmだよ。片道で30kmじゃないか。つーと、この道あと3kmもあるってこと?あと3km進まないと収容車までたどり着かないってこと?

もう、無理だよ。ここでやめられないのかな?やめたいな。やめようよ。もう疲れたときに1km歩くのも試したし、仲間内最終ランナー・アレキはもう仲間とすれ違うこともない。楽しみはもう終わったのだ。

そんなことを思いながら立ち止まって休んでいると、周りの景色にふと気づく。

今日の自分のタイム。5時間切れるかどうか。初フルアクアラインのときとほぼ同じタイムだ。
そのくらいのタイムでの30km地点ともなると、なんかもうすごいことになっている。
もうすでにその前から予想以上の暑さとタイムの遅さのせいなのか、給水所にコップはなくて、両手を出してそこに水を注いでもらうシステムになっている(笑)
走りよりも歩きが主流だし、歩道ではもんどりうってストレッチをする人々。ここらあたりになると走っている人などほとんどいなくて、もうマラソンとも思えない。

それでも彼らはあきらめない。
コップがなくても文句も言わず、水を両手に注いでもらい、その水を飲み干せば、先へ進むし、少しでも早く歩こうと腕を必死で振って歩いている人もいる。歩道でストレッチしてもきちんと車道へ戻ってくる。
もちろんサブ3とか3.5とか目指して走る姿や、最後まで歩かずに走り続ける姿も心奪われるが、なんだろう?このあたりの走っているとは到底思えない、歩き倒している時点で目標とかも見失いそうなのに、誰も立ち止まって、もう、やめだ、やめだ!とか言う人はいないし、そこをあきらめずに歩き続ける姿というのも、なんか痺れる。

なんか、オレ、この景色好きだ(笑)

自分もその一員だってことに気づかずに、彼らのろくに動けもしないような懸命さに心奪われていた。
そんなことを思いながら、なんとなくこの風景を楽しみながらタラタラと進んでいるうちに、ようやく交差点まで戻ってこられた。すれ違いを3回やり切ったわけだ。

31km 8:19
32km 7:17
33km 9:24
34km 7:19
35km 6:57
39:16

そして、この時点で33km。そう、あのスタッフのおかげで33km。よし。これは、もう行くしかないでしょ?行けるでしょ?みんなが待ってる応援地点35km地点へ!
いや、まじめな話、35km地点には行きたいと思ってはいたものの、行けないな、と何度も思っていたので、誤差3kmは大きかった。

いける。あと5kmだったら無理だったけど、あと2kmならいける。でも、あれだ。あまりに遅いし、膝が痛い情報は入っているかもしれないからもう撤退してしまったかもしれない。
あぁ、そういえば走っているみんなもとっくにゴールしてしまっている頃だ。あれだ、とりあえず35kmまで走ったら、みんなに先に撤収して飲みに行ってて、とメールしよう、と思いながら走る。

34kmの手前くらいで、長くてゆるい上り坂が目の前に見えて、一気に気持ちが萎える。一応、走っていたけれど、その坂を見て、立ち止まろうかと思うくらい気力が萎えた。

そんなとき、その長くてゆるい上り坂の向こうから、歩道をすごい勢いでこちらへ向かって来るなにかが見える。

光?風?そよ風?

うぉぉぉぉぉ。

る~ぷさんと、きぐまさんと、★ponkoさんだよぉ~。すごい速さだよぉ。キロ4切ってるよ~。
僕の周りはほぼ歩きだし、僕だってキロ8分半とかで走っているから、そんな中をキロ4くらいで走ってくる彼らは何か違う生物のような気がした。

3人がニコニコしながら、手を振りながら近づいてくる姿を見ながら、もちろん僕は汗と鼻水の他に、もう一つの液体が流れ出るのを感じていた。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

20

コメント:

古河はなもも レポ その3


21km 8:47
22km 7:42
23km 6:59
24km 6:47
25km 8:18
38:33

そのままレイさんと一緒に走りながらすれ違う仲間を見つけ声をかける。レイさんは足首が痛いらしく、ここを折り返して交差点に戻ってきたらリタイアするという。

僕もそのつもりで一緒に走る。だってバットマン&ジョーカーに、アレキを止めろ、と頼まれて、それで待っていてくれたのだし。

しかし、なぜだかレイさんと一緒に走っているとあまり膝が痛まない不思議。けっこう楽しく走ることができた。メンタルか?やっぱメンタルなのか?

交差点に戻った時点で23km過ぎくらい。
さて、どうしよう。やめるか?でも、あぁ、見たい。すれ違う仲間たちをまだ見ていたい。

とくにさぶろうさんの疲弊ぶりはすごくて、それはケガのために練習できなかったにも関わらず、自分の限界値で走り続けているからだろうけれど、それでもすれ違うたびに声をかけてくれて、でも疲弊しすぎていて、何を言っているのかいまいちよくわからない。

そんな状態でもあきらめずに完走しちゃうんだろうな、だってさぶろうさん強いから、と思ったら、その走る姿をまた見てみたいと思って、今度は真っ直ぐの道を進んだ。

レイさん効果でしばらくは淡々と進んだものの、急に膝は痛くなり、脚全体も重く、痛く、もう走ることが非常に困難になる。あぁ、なんでさっきやめなかったんだろう?なんでかっこつけて先へ進んだのだろう?自分を罵倒しながら歩き出す。

もうほぼ歩きながらも、すれ違う仲間を探す。こちらも余裕がないため、声をかけられないこともしばしば。

それでも必死で走るみわっちさんを見つけて、よしよしと子供のことを目を細めながら見るお父さんのような視線でその走る姿を眺めたりとかして、僕が仲間内では最終ランナーで、すごいタラタラ走っているのに、なぜか保護者的な目線で、みんなの走る姿を暖かく包み込みようなまなざしで眺めていた(笑)

そのうちどうにもつらくなって、あぁ、もうやめよう、交差点に着いたら即やめよう、と思いつつも、でもこれってウルトラの練習になるな。ウルトラ終盤の脚が動かない状態で歩いたらどのくらいのペースで歩けるんだろう?

そう思ったら1kmずっと歩いてみたくなり試しに歩いてみた。なんとかキロ10分台で歩きたいものだ、とか思いながら歩くと10:33だった。

そんなことをしながら気を紛らわしながら、ようやく折り返しの交差点に戻ってきた。もう歩いてばかりだし、脚は痛いし、これでフルを走っていても意味はない。もはや走ってもいない。目の前にある収容車を眺めながら、ふと、コース上に立っているスタッフの人に訊いてみた。

ここから最後の折り返しまで行って戻ってきたら何kmになるんですか?

今が27kmだから、行って戻って30kmだね。

そっか、30kmかぁ。キリがいいな。ってことはあと1.5km進んで戻ってくればいいんだ。全部歩きだっていいんじゃないか?

もうずいぶん長い間30kmなんて走ったことないし、今日はチャレ富士へ向けてのロング走だし、そう考えると30kmで終えるということは妥当な距離のような気がした。

26km 7:25
27km 10:33
28km 10:37
29km 8:25
30km 10:35
47:35

よ~し。あとたった3kmだ。がんばるぞぉ。おー!と思いながら最後のすれ違いゾーンへ進んだ。

でも、こういうときのスタッフの言葉には気をつけたほうがいい。なぜならいつまで経っても折り返し地点はやってこずに、もう歩き倒して、目が虚ろになりながら、なんとか折り返し地点までやって来て、あと半分か、と思ったときに目の前の距離表示板には30kmと表示されていたからだ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

19

コメント:

古河はなもも レポ その2

11kmあたりで給水所があり、普段だったら立ち止まらずに2口くらい飲めばいいものを、とにかく暑いのでゆっくりと2杯の水を飲んだ。

11km 6:12
12km 5:51
13km 5:46
14km 5:55
15km 5:43
29:27

13kmあたりで、マルさん夫妻が応援にいらっしゃっていて、お二人の元気な応援に元気をいただいた。
この時点では暑いものの、とにかくペースは維持していて、脚は重いものの心肺にはまだ余裕があった。最後までいけるのかは自信がなかったけど、でも行けるところまでがんばろうと思っていた。膝はまだ痛くなかった。

この古河はなももマラソンはなんといってもすれ違いの多さが特徴のコースだ。全部で6~7回はすれ違いポイントがあったはず。すれ違いポイントで一緒に走っている仲間を探していると気がまぎれるし、自然とペースも保っていられる。

また、もし見つけることができなくても7回もあれば1度くらいは必ず見つけることができる。多くの人と参加されるようであれば、けっこう楽しめるレースだと思う。

あれ?そういえばなぜか、のべさんだけ一度も見つけることができなかった。
必ずは見つけられないかもしれない(笑)

そんな感じで、暑いけど、みんなを探しながら走っていた。ノブノブさん、ネコさん、shinさん、みわっちさん、怪盗さん、栃木のやすさん、さぶろうさん、おっとーさん、レイさん、バットマン&ジョーカー、すーぴーさん。

のべさんは見つけられなかった(笑)

順調なはずだったのに15km地点でいきなり膝が痛くなった。最近は膝が痛くなっても20km過ぎだったし、この間、奥武蔵で26km走ったときはほとんど痛まなかったので大丈夫かな、と思っていた。

でも、まぁ、5分台で走っていることはなかったので、やっぱり負荷が違うのかな。
痛くて思わず立ち止まり、膝をモミモミする。そのあと少し歩きながら、キロ7分くらいで走ると、膝は痛くない。しかし、そのまま1kmくらい走ると再び膝が痛くなり、立ち止まってヒザモミモミ。歩いてキロ7分で走り出し1km走るとまた痛む。の繰り返し。

いきなりのキロ7分だとすごく遅く感じる。どんどん抜かれる。
後ろを走っていた、おっとーさん、レイさん、すーぴーさん、そしてとうとうバットマン&ジョーカーにも抜かれる。

でも、みんな抜くときに優しい言葉かけてくれるんだよね。嬉しかったなぁ。

16km 6:32
17km 7:28
18km 7:17
19km 7:32
20km 7:10
35:59

ついには座って膝をモミモミしながらくつろいでいたら、リンさんがカメラを持って走ってきたので慌てて立ち上がり、意味もなく腰に手を当て、偉そうにしている図。
21040316004.jpg

20km地点かな?レイさんが僕のことを待っててくれた。
レイさんは脚の状態が思わしくないので元々ハーフでリタイアするつもりだったのだが、バットマン&ジョーカーに僕のことを止めて一緒にリタイアさせて、と頼まれたとのことだった。

このクソ暑い中、しかも仮装での初フル。それなのに人のことを心配する余裕まであるとは…。
バットマン&ジョーカー恐るべし。
きっと次はウルトラを走るんだろう(笑)

そのままレイさんと並走する。途中でたぶん昨年も応援してくれたきれいな女性が、チーム75頑張って!と応援してくれた。

ま、ヒザが痛くても飛び上がって、ありがとう!と答える(笑)

いや、なぜかレイさんと並走しているときはあまりヒザが痛まなかった。
メンタル?メンタルか?弱いのメンタルか?

ハーフまできたときに、レイさんにどうします?と訊かれる。
ちょうどこの交差点ですれ違いの大セールが始まる場所だった。

つまりこの交差点を軸に左に曲がって折り返し、真っ直ぐ行って折り返し、右に曲がって折り返すという3度のすれ違いゾーン。必ずこの交差点に戻ってきて、しかも、この交差点には収容車も止まっている。だから、ここに戻ってくればリタイアできる。

う~んと。

とりあえず左に曲がってみましょうか?
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

18

コメント:

古河はなもも レポ その1

古河はなももマラソンに参加した。
昨年はリンさんに連れられてサブ4奪取できた思い出深い大会だ。

今年はあまり走れなかったり膝の具合がいまいちだったりとあるけれど、昨年以上に仲間がたくさん参加するのですごく楽しみだった。

会場に着いて、陣地にしようと思っていた体育館がシートを敷いてはいけない場所になっていたため、急遽場所を変更した。
そのため、陣地を探したのにたどり着けなかった方もいらっしゃったと思う。
改めて、申し訳ありませんでした。

僕にとって1年振りのフルマラソン。でもチャレ富士へ向けてのロング走。それでもやっぱりフルマラソンって緊張するな。だから集まってくる人たちとまったりと過ごす。

ホント、こうやってみんなで集まるとレース前とレース後が楽しい(笑)
21040316001.jpg

今日はすごく暑くなりそうだ。
そんな日にバットマンは初のフルマラソン(笑)
と同時にそんなバットマンに負けたら?と思うと、急にプレッシャーに襲われ出すアレキ。

何色もあるはずの75Tだが、なぜだか偶然にもこのTシャツを選んでいた。
21040316002.jpg

そんな感じでスタート。
21040316003.jpg
この写真はる~ぷさんが撮ってくれたのかな?
今回は応援の方々に助けられた。
proceed2600さん、iwatobiさん、る~ぷさん、★ponkoさん、きぐまさん、R2さん、ワタナベさん、マルさん夫妻。

マルさん夫妻とは3回くらい会った気がする。

その都度、その都度、みんなが真剣に応援してくれる姿を見て元気をもらった。

今回のレース。どんな感じで走るのかまったく決めかねていた。
サブ4ペースで行けるところまで行くとか、キロ6分でサクッと走れるのか試すとか、完全チャレ富士仕様でキロ6分40秒で走り続けるとか、いろいろ考えてみたけれど、結局は走り出して決めることにした。
最初の1kmで決めよう。

01km 5:49
02km 押し忘れ
03km 11:40(5:50)
04km 5:49
05km 5:47
29:05

走りだしてすぐに、なんか僕に似ているポッチャリした男性が前を走っていて、なんとなくその人に着いて走ったら、最初の1kmが5:49だった。

なのでペースは5:50に決める(笑)
ポッチャリ男性はすぐに見失ってしまったけど、さすが僕に似ている体型の人だ。

このペース走りやすい(笑)

マラニックとか言っていた、さぶろうさんはサブ4ペースを刻んでいたので、追い付かれて、そして抜かれる。

やっぱ強いわ。ここ2ヶ月くらい月にフルの距離も走れてないのに。

proceed2600さんは序盤で応援してくれていた。
突然視界に現れた、ぐわTと星の顔(笑)
サプライズだったらしく、本当に驚いた。
ありがとうございました。

06km 5:42
07km 押し忘れ
08km 11:47(5:53)
09km 5:49
10km 5:51
29:09

とにかく暑い。まだ序盤なのに給水所はまだか?と思いながら走っていた。
でも、まだペースは大丈夫。ポッチャリ5分50秒はいいな。

ただただ暑い。でもこのペースで走り続けたい。キロ6分を見ないってわかりやすいペースだ。

10km地点ですでにヘロヘロだった。
iwatobiさんたちが応援してくれていたけど手を上げるのが精一杯。
る~ぷさんの、もう全然余裕ないよ~、という声援が聞こえた(笑)

あと32kmかぁ、と思うとすぐに力が抜けそうになる。

そういった類の絶望感はこれからまだまだ味わえるから。
まだまだ序盤だから、と自分を慰める。
って慰めになっていないな。

ま、そんな感じで走ってた。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

17

コメント:

古河はなももマラソンの結果

古河はなももマラソンに参加してきました。

05km 31分
10km 29分
15km 29分
20km 35分
25km 38分
30km 47分
35km 39分
40km 40分

total 5:07

15km地点で膝が痛くなり、そこから先は、止まって、モミモミして、歩いて、走って、抜かれ続けて、の繰り返しで、こんな状態で、しかも歩きまくって、もうフルなんか走ってる意味ないだろ?これ。

と思いながら、リタイアどころを探していたんですけど、ほら、あれ、フルのプレッシャーから逃れるために今回はチャレ富士の練習ということにしちゃったからさぁ…。

それだと、歩くのも練習とか、長く体を動かし続けるのも練習とか、そんなこと思ってるうちに、止めどころがわからなくなった(笑)

それでも、タイムに関わらず、フルを走るのってやっぱりキツくてツラいから、沿道の方々やブログ村の方々の応援がとてもありがたくて、嬉しくてなんとか完走できました。

ホントありがとうございました。

陣地設営するから、とか偉そうなこと言っておいてグダグダになってしまい、本当に申し訳ありませんでした。

あと、私が一番遅いゴールになりましたので毎度のことですがお待たせし続け申し訳ありません。

まぁ、最近は最後だとみんなに応援してもらえるからいいな、とも思ったりしております(笑)

とにかく楽しかったです。
お疲れさまでした。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

16

コメント:

はなもも陣地移動の続編

この写真の奥です(笑)
ホント、バタバタですいません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

16

コメント:

はなもも陣地移動のお知らせ

当日いきなりでバタバタですが、陣地変更いたします。

体育館内でシートを敷けないため、また外が暖かいため、競技場内にシートを敷きました。

競技場入り口から左側に沿って80mくらいの場所です。

いきなりの変更で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

16

コメント:

はなもも陣地のお知らせ

先ほど、はなももマラソン会場へ到着しましたが、昨年男子更衣室だった体育館は荷物置場となっており、なぜかシートの使用が禁止されております。

まさか(笑)

とりあえず体育館を入って一番奥にいますが、これはどうしよう(笑)

以上、現場からでした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

15

コメント:

明日は古河はなもも!

実は、昨日の夜に記事を書こうと思っていた。

『滑り込みセーフ!』というタイトルで。

皆さんは覚えていらっしゃるだろうか?

一年のは元旦にあり、とでも言うべく体重にのったところ、ワタクシの体重が81.7kgもあったことを……。

その後も、あまりにふがいないラン生活は続いた。

1月の走行距離は119km

2月にいたっては72km

いかに2月に45年ぶりの大雪が降ろうとも、1ヶ月かけてもチャレ富士を完走できない。

3月になり、少しは改心したワタクシは昨日までで71km
まぁ、あまり急激に増やしてもあれなんで、でもうまくやれば今月200kmいけるかも?などと打算している。

そして、元旦以降、体重計にはのっていなかったものの、なんとなく体感で77kgくらいにはなってるな、これ?と思っていた。
もちろん75kgまで落としたいものの、77kgなんてもはや許容範囲。TEAM75は大らかな心であなたをお待ちしています、なのだ!

ふふふ。ふふふのふ。これ、記事になりますよね?81.7kgから77kgに落としたって記事になりますよね?

念には念を入れて、昨日は5km走る予定だったのを5kmのウォーキングに変更した。明らかに脂肪燃焼時間が違うはず。
もう、マラソンそのものの練習とかどうでもよくなってる。カーボインなんて恐ろしくてやっていない(笑)

そんな感じで、昨日は家に帰って意気揚々と体重計にのり、そのままの勢いで記事を上げる予定だった。

80.0kg

そのままふて寝した。

いつもレース前日はゆるゆるで5km走るようにしているのだが、10kmに増やすことにした。

明らかに、もうマラソンとかどうでもよくなっているような気はするが、でも、まぁ、いいか。

じゃ、これから走ってきま~す。

+++++++++++++++++

明日ですが、古河駅からのシャトルバスが7時から運行開始のようですので、それに乗って、会場へ行こうと思います。
なので7時半には陣地設営できるかな?昨年もその時間でしたが体育館はガラガラでした。
空いていればステージの真下に設営します。
スタートが10時なので、その40~50分前くらいまでは陣地にいると思います。なので各々お好きな時間に来ていただければよろしいかと思います。

では、明日参加される皆さま、よろしくお願いしま~す。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

13

コメント:

さぁ、古河はなももだ!

今週末はいよいよ古河はなももマラソンだ!

とはいえ、私の場合はチャレ富士ヘ向けてのロング走という位置づけにして、フルのプレッシャーから逃れることにしました。

そもそも、あまり走ってないし、膝も痛いしで、完走すら不安だったけど、なんとか昨日坂道ばかりの道を20km以上走ってみました。まぁ、古河はなももは完全フラットが売りのコースだから坂道意味ないけどね。
でも、走り終えて、少し余力が残ってることと、相変わらず膝は痛むけど、今日になってもひどくはならずいつもと変わらない痛みであることから、完走はいけるだろう、と本日、確信いたしました!(笑)

そんなわけで古河はなももへ向けての30kmペース走とか一度もやってないし、それどころかロードで30kmを止まらず歩かず走ったのは昨年の古河はなももマラソン以来(笑)であるが、でも、まぁ、いいのだ。

で、昨年同様、関東北の方連合であるワタクシは陣地を設定しようと思います。
今年は昨年以上に参加される方々がいらっしゃるようなので楽しみです。もしよろしければお顔をお出しいただけると嬉しいです。

たぶん、今のところ体育館に陣地設定する予定です。ステージの真下がいいね。うんうん(笑)
ただ、昨年は体育館が男子更衣室と言われていたような気がして、そうすると女性は入れないのかしら?いや、でも女性もいたような気がしたなぁ?

まぁ、それであればとりあえず陣地は陣地で、スタート前にどこかで集合してもいいですしね。昨年で言えばスタート10分前になっても自分のブロックに余裕で並べる感じでしたので、時間はあるような気がします。

アフターもやろうと思ってます。これも特に事前に決めずに、その場の流れでやります。だから当日いきなりの参加、不参加なんでもOKです。たぶん古河駅前とかその辺でやります。

いやぁ、フルなんて憂鬱でしかなかったのに、なんか楽しくなって来たぞ~(笑)

当日、ご一緒される方は非コメに連絡先を入れてもらえれば連絡いたしますし、何も入れずに当日のTEAM75集団を探して自力でたどり着いてもらっても大丈夫です(笑)

あっ、あと古河はなももLINEを立ち上げてもらってるので、LINEをやってもいいな、と思う方はご連絡ください。
あっ、LINEは私はよくわからないので、連絡いただければ、私がさぶろうさんにお願いして招待してもらいます(笑)

とにかく楽しみです。それではよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

12

コメント:

ヒザに霧中 ラスト

そんなわけで名古屋ウィメンズマラソンを見ながら、今まで僕が人から聞いたりネットで見たりしたヒザの知識を総動員した。

膝痛といえばそれはもうスクワット。これ膝痛とスクワットは同義語でもいいくらい。膝が痛い!と言ったらスクワット!って答えるくらいね密接なつながりがあるからね(?)

スクワットは大腿四頭筋を鍛えるのかな。太もも前面。
このスクワットにもネットで調べるとありとあらゆる種類のスクワットがあるようだが、まぁ、ごく普通のスクワットにした。しゃがむやつね。これを朝晩20回ずつ。
これ、やってみて思ったけど20回って2分ぐらいでできる。朝なんか家出る直前に思い出すのでスーツ姿でスクワットしている(笑)

次に内転筋とかいうやつね。これは太もも内側の筋肉。よく見かけるのがボールやクッションなどを股に挟んで締め付けるようなやつね。これはまぁ、テレビを見ている時とかにやるようにしている。まぁ、ボールでもクッションでもなく座布団だけど…。

あとは中殿筋。これは以前から気になっている筋肉なんだけど、これって左右のブレに対応する筋肉らしいのよ。踏ん張るときの筋肉。走るということはバランスを取るということでもあるから、その左右のブレが膝に負担がかかることになって、膝が悲鳴を上げる。ということなのかなぁ、と思う。
なのでなるべくぶれないように中殿筋を鍛える。ちなみに僕の中殿筋と呼ばれる個所を触ってみてもまったく筋肉がない。あからさまにのっぺりしている(笑)こんなところに筋肉つくのだろうか?と思う。

中殿筋の筋トレは横になって脚を上げる。10回くらい。これだけ。でも中殿筋がまったくない僕は足があまり上がらないし、めちゃくちゃつらい。まぁ、地道に、地道に。

ハムストリングスの筋トレ。太もも裏ね。これは以前からハムストリングスが痛むので思いついたときにやっていたけど仰向けに寝て、両足を立てる。ってうまく説明できないな。こういうの苦手(笑)
まぁ、『ハムストリングス 筋トレ』って検索すると一番メジャーなやつ(笑)回数は10回。

太もものストレッチもやる。仰向けに寝ながら足を折り畳むやつね。

あとは体幹トレみたいなのを一種類。腕立て伏せみたいなの態勢になって肘をつけて30秒から1分ジッと耐えるやつ。説明が小学生みたいだ(笑)
これは、たのくるさんの記事で見たから、これを読んでる皆さんも見たことあるだろうと思う。残念ながら今は見られないから記憶の片隅から呼び起こしてみてください(笑)

これらのことをやってみようと思う。
スクワット以外は寝ながらやれることだから、微動だにせずにゴロゴロしながらテレビを見ているときにやればいいじゃないか、と名古屋ウィメンズを見ながら思ったのだけど、考えてみたら平日はテレビを見ないのでテレビの前でゴロゴロすることなどなかった。

でも、まぁ、仕方ないよね。筋トレのためだもの。なんとかがんばって平日もテレビの前でゴロゴロしようと思う。がんばるぞ~。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

11

コメント:

ヒザに霧中 その2

今まで筋トレとかストレッチとかは走った日にそのままの流れでやっていたので、走らない日は何もしていなかった。

そうすると今のように走る日そのものがほとんどなくなってくると、何もやらないので日に日に衰えていく。

だからといって、うぅ、って吐息を漏らしたり、うぉりゃ~、と雄叫びをあげたり、筋肉に話しかけたりするような本格的な筋トレなど僕にはできない。
あくまでも高齢者の方々がよりよい日常生活を送るために補助的な筋肉を付けるような、そんなイメージ。

そんなことを、名古屋ウィメンズを観ながら考えていた。
テレビの中で必死に走っているランナー達をゴロゴロしながら見ているうちに、あれ?この時間にやればいいんじゃね?ということに気づく。

筋トレやストレッチをやるぞ!と息巻くよりも何気ない日常の中で、たとえば歯を磨くとか顔を洗うとかそういったレベルで習慣的にやれればいい。

そう考えると、ダラダラしている時間はたくさんあるのだから、そのダラダラ時間でキリッとしなくても、ダラダラからダラくらいにほんの少し意識を変えればできるんじゃないかな?
たとえばゴロゴロ横になるのは今までと同じで、ほんの少しだけ足を上げてみるとか(笑)

一度集団から離された木崎選手が再度追いつく粘りの走りに感動しながら、そんな結論にたどり着いた。

え~と、さらに続くようだ(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

10

コメント:

ヒザに霧中 その1

昨日、名古屋ウィメンズマラソンを観戦しながら、あっ、もちろんテレビで観戦しながら考えていた。

このヒザ何とかしなくちゃいけない。

昨日18km走って、できれば今日も走ろうと思ったけどやはりヒザが痛む。
そろそろ根本的に考えないといけない。

昔、テレビでサッカーの中山のことをやっていたのを観たことがある。時期的にはW杯で活躍していた頃だから全盛期と言ってもいいかもしれない。

でも中山はその時すでに膝がボロボロでまともに立てる状態ではないらしく、踏ん張ったりもできないくらいで、それはサッカーを続ける限りは治らないというようなことだった。

それで中山はオフシーズン含めて常に膝周りの筋トレをしていて、その筋肉に膝の代わりをさせているということだった。
で、使いものにならない膝の代わりを膝周りの筋肉にさせるためにはちょっと常人では考えられないくらい追い込んだ筋トレをしないといけないんだそうだ。

ま、詳しいことは忘れたけど、そんな感じ。

日常生活を送るのも大変な膝を持ちながら、その努力で非日常的なパフォーマンスをする中山は本当にすごい人だ、とその番組を観ながら思った。

なわけで、膝周りの筋トレをやってみようと思う。
ま、僕は常人以下の頑張りと常人以下のパフォーマンスでいいのでそんなに追い込んだりはしなくていいけど。ま、そもそも追い込めないけど。

元々、筋肉がない身体であり、筋肉がつきにくく、落ちやすい身体のような気がするけど、まあ幸い、立てないほど膝は悪くないので膝の補助的な筋肉があればいい。

それでも、筋トレなんて好きではないし、筋トレのためにまとまった時間を取ろうとすると、多分数日でやらなくなってしまうだろう。

なので、そういった筋トレ、あるいは筋トレのようなものを一日のいろんな場所に滑り込ませて、あまり負担に感じないようにしようと思う。

チャップリンだったっけか?習慣になれば大抵のことはできる、と言ったのは?
まとめてやればきつくて面倒な筋トレも少しずつ分散させてやればそれほど面倒にも感じないだろうし、習慣になるかもしれない。

まぁ、それでもただ走るだけに比べれば面倒だし、そのただ走るだけだってけっこう大変なのだが、名古屋ウィメンズでの木崎選手の粘り強い走りを観ながら、がんばろうと思った。

どの筋肉をどんな風に、そして一日のどの部分に滑り込ませるのかは、次回へ続く(笑)

ま、そんなの興味ないでしょうけど自分が忘れないために書いてみようと思う。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

09

コメント:

15kmの怪

けっこういろいろな記事を読んでて最近気づいたことがある。

たとえば50km走をやりました(キリッ)とか30kmペース走をやりました(サラッ)とか書いてある記事よりも、15km走ったけど、いやぁ、キツかったぁ、って書いてある記事を読むほうが、なぜか僕もがんばろう!と思える(笑)

昨日は仕事だったので、でも土曜日だから定時で帰れるだろうと目論んで、帰宅ランを決行することに決めていた。
ちなみに会社から家まで走ってしまうと37kmもあるのでそんな無謀なことはできない。

会社から走って途中で電車に乗るか、電車を途中下車して走って帰るかだ。

途中で電車に乗ると汗臭いため、混み具合によってはまた750円グリーン車にしないといけないし、途中下車だと電車に乗っている間、ずっと降りたくないという心の葛藤に耐え忍ばなくてはならない。

でもさすがに走っているのに750円余計にかかるということに納得できなくて途中下車することにした。

しかし、あぁ、今日は土曜日だった。電車すごく空いてるんですけど?座れてしまった(笑)

22.3km地点で降りようと思ったのに、車内はとても暖かく、このまま春の陽だまりの中で、うつらうつらしていれば家まで帰れるんだよなぁ、と思ったら、ドアが開いても席を立つことができなかった…。
すげぇ、ゆるっぷりだ。オレ。

仕方がないので次の駅で降りて、トイレで着替えてようやく走ることに成功した。距離は乗り過ごした分、縮まって18.6km。

いやぁ、つらかった。キロ7分半でしか走れないのに脚の至る所が重くて痛くてつらかった。いやぁ、つらい。マジでつらい。ってしつこいな。

16km過ぎくらいからやはり膝が痛くなり、何度か立ち止まって膝をモミモミして歩いて走る。
膝は痛くなるけど、休み休みなら走れるようになるし、とりあえず古河はその作戦でいけるかな。

やっぱ、通常のごくまともな一般人は20km以下でいいような気がする。

さて、もうすぐ名古屋ウィメンズマラソンスタートですね。
悔いなく楽しんでください!応援しています。もちろん関東北の方から(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

08

コメント:

掘ってみる、墓穴

いや、あのね。名古屋ウィメンズが楽しそうで楽しそうで楽しそうだからさ。

羨ましい気持ちから、ウヒョヒョ、とかウヒヒとかってキノッピー的な邪な気持ちで、応援団にプレッシャー与えてやるぜ、フヒャヒャヒャ、なんて思いながら、昨日の記事書いてみたけど、見事に自分の元に帰ってきたわ。完全なブーメラン状態。

ごめんなさい。私が悪かったです。
名古屋、以前から応援に行ってみたいなぁ、とは思ってはいたものの、今回は行けそうにはありません。

もし、来年行けるようなことになればその時は、ランスカで…。あっ、いやいやいや、また掘るところだった。あぶない。

もしTEAM75グッズにランスカが作られたら、その時は…。あっ、いやいやいや。学習しなくちゃ。あぶない、あぶない。

あっ、もう、梅が咲いてるねぇ。春はもうすぐだ。

そんなわけで本日土曜日はなぜか仕事へ行かなくてはならず、今は通勤電車の中です。

改めて、名古屋ウィメンズマラソンに参加される皆さま。がんばってくださいね。

大応援団の皆さま。応援がんばってください。そしておもしろレポを楽しみにしています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

07

コメント:

名古屋へのひとり言

週末は名古屋ウィメンズマラソンですね。

ここに焦点を絞って練習されてきた方も、そうでない方もとにかくいろんな形で楽しまれてきてください。

都市型の大規模なマラソン大会なのに、まさかの女子限定のレース。

なんかもったいないぞ、名古屋、とか、都市型大規模マラソンでの女子限定レースっていうのもおもしろいかもね、とも思う。

いやね。この名古屋ウィメンズマラソンは僕がいつか出てみたいレースの一つに入っているんだけど、現状では出ることができない。たとえばサブスリーとか、もっと早く走ることができたとしても出られないレース。いや、まあ、早く走れないけどさ。

でね。以前から僕は思っているんだけどこれだけ大規模な、半ばお祭り的なレースでもあるのだから、なんかこう器の広さを見せてくれないだろうか?と思ったりもする。

たとえば、ランスカ履いたら性別に関わらず参加できるとかさぁ(笑)
そしたら躊躇なくランスカ履くなぁ、とか。

なんてことを思ったりする。

でも、あれだね。せっかくブログ村からたくさんのおっさん、いや、男性が応援に行くようなのだから、あれだったらいっそのことみんなランスカ履いて応援したらいいのになぁ。

女性限定の名古屋ウィメンズマラソンの沿道でランスカ履いて応援する男性達って絵になるなぁ。

いや、もしかしたらそのおかげで来年はランスカ履けば参加できるようになるかもしれない。

バニーガールとかチアガールとか気合いの入った仮装ではなく、さりげなくランスカを履きこなして欲しいなぁ。

うん。いいなぁ。ランスカ(笑)
楽しみだなぁ。ランスカ(笑)

なんか目が離せないぞ、名古屋。

あれ?違うのか。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

06

コメント:

夢のような夢だ

5年前の今日の朝は晴れていた。でも昼前くらいから雨が降り出して、けっこうな本降りで、そしてそれはとても冷たい雨だった。
いつの頃からか時は無情なほど早く過ぎていくものに感じるようになったのだが、それはそれでいいような気がする。
このまますごいスピードで時が過ぎ去ってしまえばいいと思う。
僕が心待ちにしているゴールは決まっていて、その日が早くやって来ればいいのに、と思いながら日々を過ごしていることは5年前からまったく変わってはいないけれど、それでもそこへ行くまでの過ごし方はずいぶんと変わってきた。
そんな毎日の過ごし方をこれからも大切にして行きたいし、そんな過ごし方を教えてくれた人たちとこれからも過ごしていきたい。
それでも、僕がその日を心待ちにしていることはまったく変わらない。だから今起こっている出来事はすべて夢みたいなものだ。
それでも同じ夢ならば、夢のような夢でありたい、と思うようになった。それだけで充分だ。感謝。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

05

コメント:

土曜日の昼

とくに書くことないんだけど、たまには思いつくまま通勤電車の中からお届けします(笑)

昨日R1グランプリってやってて個人的には以前からBKBが気になってたんだけど、あのうすい感じが気に入ってたので、まぁ、順当な感じ。

僕が小学生の頃は土曜日も学校があって給食はなくてお昼に帰れるんだけど、土曜日はいつも全力ダッシュで帰っていた。

なんで土曜日に全力ダッシュで帰っていたのかというと『お笑いスター誕生』という番組が土曜日の昼からやっていて、それを観たいから全力ダッシュしていた。ちなみに学校が終わる前に番組は始まってしまうから少しでも長く観るために本当に必死で走っていた。

考えてみたらあの頃にもピン芸人はたくさんいたなぁ。
九十九一とかでんでんとかコロッケとかイッセー尾形とかミスター梅介とか…。
あぁ、また郷愁の海に溺れてしまいそうだ(笑)

それで、その番組を見終わってから昼ごはんを弟と買いに行く。
僕はカギっ子だったので昼ごはん代が置いてあって、それで近所の和菓子屋みたいなところへ弁当を買いに行く。

その頃にはほか弁とかもなくて、総菜屋とか和菓子屋とかが弁当を作っていた。
その和菓子屋には、のり弁と鮭弁と幕の内しかなくて、僕らはだいたいはのり弁を買っていた。

それでそこには缶のポカリスエットが売っていて、それを買って飲むのが僕らの楽しみだった。

その当時、スポーツドリンクがまだ粉で売っていた頃にポカリは缶で売っていて、しかもまだ缶ジュースが100円の頃になぜかポカリは110円で売っていた。

その10円分、お高くとまっている感じが何ともいえない高級感を醸し出していたし、親からお金をもらえる土曜日の昼だけはその高級感溢れるポカリスエットを飲むことができた。

と、まあ、そんなことを思い出した。

全力ダッシュとスポドリの話なのでマラカテOKだな(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

04

コメント:

【感謝】さよなら、TEAM75

一昨年の秋ごろから自虐的な意味でのTEAM75という言葉が出てきて、そんで昨年のフロストバイトでネコさんと75kgについて語り合い、そしたらネコさんのブログでひっそりとイラストが掲載されて、そのイラストを携帯に保存して2月頭の皇居ランの時に、気のないさぶろうさんに何度も見せて、青梅マラソンでネコさんからイラスト許可を取り、2月終わりの大山登山での駐車場の中で、今の75Tの素案を見せてもらいながら、俄然やる気になったさぶろうさんから熱いプレゼンを受けた(笑)

そんなことを思い出しながら、続々とあげられるTEAM75記事を見て、とても嬉しく思う。
思い付きで始めたこのTシャツがここまで大きなものになり、そしてみんながそれを楽しんでくれる姿は何とも言えないし、どこかの大会や、ひょっとしたらその辺を走っている時でさえ、このTEAM75Tシャツによって繋がりが広がるのかもしれないと思うと、なんかワクワクする。
ホント、購入していただき、そしてそれを楽しんでくれている皆さまには感謝の念でいっぱいです。ありがとうございます。

そんなTEAM75グッズ。気づいたら思いついたはずの僕がこんなに購入していた。完全に踊らされてる(笑)
ちなみに家族の分として購入したものはここに写ってないからあと6~7アイテムはあるはず(笑)
140304IMG_8757.jpg

さて、タイトルの【さよなら、TEAM75】ですが、一応、今回をもって、TEAM75Tグッズの販売は終了ということらしいのですが、でもそんなことは今までのように皆さまの大きな声があれば再び軽いフットワークで動き出すことも考えられるのでよくわかりません(笑)

それよりも何よりも、この上の写真の75Tグッズですが、実はここに写っていないTシャツをもう1枚持っています。
そのTシャツはオリジナルのネイビー75Tなのですが、まだ梱包されたまま封も開けておらず大切にタンスに保管されています。
べつにそのTシャツが初版で将来プレミアが付くとかそういうことではありません。

なぜそのTシャツだけ大切に保管しているのかというと、そのTシャツだけサイズがLだからです。
他のものはすべてLLなのです。

そう、いつか晴れて僕がそのLサイズの75Tシャツを着られるようになったとき、きっとその時は僕がTEAM75をさよならする日なのだろう。
僕は高らかに宣言するのさ。

さよなら、TEAM75ってね。

あっ、なんか今、鼻で笑った人が5人はいたね。たぶん。

最後に、ここまで果てしない壮大な景色をありがとうございました。粘り強く頼み続けた僕は正しかった。本当にありがとうございました、さぶろうさん。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

古河はなももはTEAM75祭りだ。

03

03

コメント:

鴻巣から古河へ

う~ん、なんともいいね、この関東北の方の地名タイトル(笑)

ハーフマラソンのダメージは右膝内側の痛み。まぁ、これは最近ずっと悩まされている痛み。骨?軟骨?そんな痛み。
でも、痛みは和らいできているから、まあ、騙し騙しかもしれないけど、様子見ながら。

左脚の太もも裏と太もも前も痛むけど、この痛みは筋肉疲労的な痛み。右脚かばうから、それでかな。太もも裏は歩いてるとたまに攣りそうな痛み。ま、でもこれらは大したことはないだろう。

で、もう古河はなももまであと2週間切った。今シーズン一度もフルマラソン走っていないから最初で最後。

ホントは、ハーフマラソンの翌日にさらっと軽々10km走れるくらいの肉体的余裕さがあると、フルマラソン完走が見えてくるんだけどそんな余裕はなかった。

いや、もっと言えばハーフマラソンの翌日に山へ行けるほどの肉体的余裕さがあればいいんだけど…。

古河はなももマラソン。どんなことになるかよくわからないけど、あと2週間。
タイムよりもダメージを少しでも少なめにしての完走を目指す。そのための肉体的強さをあと2週間がんばってみようかな。

フルマラソンを走ればどんな形であれ、それなりにダメージは残るだろうけど、4月にはもっときついレースが待っている。古河はなももでしばらくランオフが続くような走りをするわけにもいかない。

ま、じゃ、そんなレースをホイホイエントリーするなっつう話だけど、その時には、多分レースの頃には圧倒的に肉体的タフさを手に入れているんだろうな、と思っている(笑)

とりわけチャレ富士は完走したい。なので今は全てがチャレ富士に繋がればそれでいいと思う。

そんなわけでダメージあまりなくフルマラソンを完走する。

それが古河はなももマラソンでの目標。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

02

コメント:

鴻巣パンジーマラソン レポ

3月1日午前7時50分。目が覚めた。目覚ましなどセットしていなかったので、こんな時間になってしまった。
たしか、今日は鴻巣パンジーマラソンの日だ。スタート時間は何時だろう?
すぐそばにまだ封もあけていない鴻巣パンジーマラソンからのお知らせがあるのだが、布団から出るのも億劫なので携帯で調べる。

9時半スタートか…。なんとなく微妙な時間。

鴻巣パンジーマラソンからのお知らせ。封はあけていないけど、ナンバーカードが同封されていることは何となくわかっていた。つまり今年から受付がいらなくなったのだろう。ということは9時半ぎりぎりに会場到着でもなんとかなるんだろう。
この鴻巣パンジーマラソンは僕の家から一番近いマラソン大会だ。この時間でもまだ間に合う。

でも…。あぁ、行きたくない。

とりあえず、起きる。そんでインスタントコーヒーを入れてパンを焼く。外は雨が降っている。

あぁ、行きたくない。

妻が、今日はマラソン大会なんではないか?と訊ねる。
気のない返事で、あぁ、と答えつつ、足の裏がね、なんか腫れてて痛いんだよね、ととくに訊かれてもいないことを答える。小さな子どもがお腹が痛いから幼稚園に行けないと訴えるかのように…。

ふ~ん、そうなの。でも行きなよ、お金がもったいない。
え?あぁ、うん。そうだね。まぁ、そうだ。

ゆっくりとパンを食べ、さらにもう一枚追加で食べて、そしてシャワーを浴びる。これから雨の中、汗まみれになるのにシャワーを浴びる必要があるのか?ということだが、まぁ、なんとなく時間の流れから逃れたいというか、このまま9時半になってしまえばいいのにという思いから、一つ一つの動作を丁寧に行うことを心がける。

会場へ着いたらすぐに走れるように着替えてゼッケンもつけて、その上にジャンパーを羽織る。あぁ、なんとかギリギリ間に合いそうだ。くそっ。
外へ出ると、本当に雨が降っている。これから雨の中20kmも走るなんてどうかしてるとしか思えない。もう、なんというかハーフマラソンを走る意義を見出せない。まぁ、自分で好き好んでエントリーしたんだけども。

会場到着がスタート10分前だった。すぐに荷物を置いてジャンパーを脱いでスタート地点に立ったのが7分前。
まったくやる気がなく、それでもチャレ富士へ向けての距離を踏む練習だと思い納得させる。一人だったら雨が降っている時点で走らないのだからいい練習になるじゃないかと無理やり思う。キロ7分でゆるゆるジョグだ。

そんでスタート。スタートロスが2分くらい。最初の1kmが渋滞により6分26秒。

まずまずのはずのタイム。ゆるじょぐキロ7分。でも、なぜか何となく楽しくなってきた。どうせゆるジョグなら、ちょっとゼーハーしてからゆるジョグにしてもいいよね。

01km 6:26
02km 5:29
03km 5:37
04km 5:42
05km 押し忘れ


やっぱり5分40秒ってつれぇ。でも最近思うんだけどキロ7分で走ってても同じように序盤はつらくて、8kmくらい走ると少し楽になるように感じる。
だから今日も8kmまでは我慢だ、と思いながら走る。

06km 10:46(5:23)
07km 5:24
08km 5:30
09km 5:25
10km 5:29


やっぱり8kmあたりで少し楽になるというか落ち着いた。最初の1kmの借金も返済したから、あとは5分40秒ペースで走れれば2時間切りかぁ。まぁ、目標としてはキリがいいけど、このペースで最後までいけるのだろうか?最近はキロ6分でだって走れてないのに。でもハーフだと先が見えるからいいな。8kmから15kmくらいまではひたすら耐える。15kmまでいけば先が見えてくる。これがフルだと15km地点なんてこれからくる絶望に身構えている頃だ。

11km 5:31
12km 5:25
13km 5:27
14km 5:33
15km 5:22


10kmあたりからすれ違いが始まって、知り合いがいるわけではないけど速い人たちを見ながら走っていると何となく楽に走れる。そのまま13kmくらいまでは楽に走れたような気がする。で、14km過ぎから膝が痛くなった。
最近は膝が痛んだらすぐに止めるようにしているが、今日はどうだろう?このままいけば久しぶりに2時間切れるし、そもそもこんなペースで走ったことも久しぶりだ。少し我慢して走り切ってみようと思う。

16.0975km 7:21
17.0975km 5:22
18.0975km 5:29
19.0975km 5:24
20.0975km 5:25
21.0975km 5:07


最後の5kmはほんとつらかった。今まであまり練習できていないし膝は痛いし。
でも、まぁ、走れないわけではないし、とにかくもうすぐ終わりだと思いながら走った。

そんな感じで無事にゴール。翌日である今日は膝がすごく痛いですが、でも、まぁ、現状の力を出して走れたので満足感のようなものもある。

走る前は嫌だな、とかめんどくせえな、とか思うこともあるけど、でもやっぱり走ってみれば、走ってよかったな、と思う。
あとは膝の痛みがあまり長引かないといいかな。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

03

01

コメント:

【速報】鴻巣パンジーマラソン

今日ブログ村で鴻巣パンジーマラソンに参加してる人いるんだろうか?

だからこその速報だ(笑)

自分時計で1時間57分。

ここのところの体たらくっぷりから考えると、まあまあ走れたなぁ、と思う。
単純に嬉しい。

だってね、つい気になって、今、調べたらキロ5分40秒で走れたのって

古河はなももマラソン以来だから(笑)

すごいことだ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

プロフィール

Author:アレキ
走りだして5年目に突入!!!
このまま走り続けたい

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad