01

31

コメント:

キャンプイン

最近はあまりテレビ観ないからあれだけど、あれだけどってなんだよ?って思うけど、2月1日ってプロ野球のキャンプインだよね。

昔はプロ野球ニュースなんてのがあってよく観ていたけど、このキャンプインのニュースを観るのが僕はけっこう好きだった。
たぶん開幕のニュースよりも好きだった。

さらに言うと、キャンプインのニュースよりもその前の正月明けくらいから始まる自主トレのニュースのほうがもっと好きだった。

もう自主トレ始動なんてニュースを観ると、まったく運動なんかしていなかった僕でさえテレビを観ながら、う~ん、自主トレ始めなきゃな、などと思い、朝もやの中、ゴルフ場を走る自分を想像したりなんかしていたものだ。

なんか、わくわくするんだよね。自主トレ始動とかキャンプインって。なんでだろう?

あっ、あれあれ。僕が中学生の頃、ジャッキーチェンの映画がとても流行っていたんだよ。酔拳とか蛇拳とかそういうの。
で、あれってほとんどパターンが一緒なんだけど、最後の敵を倒すところよりも、その前の修行のシーンのほうが好きだった。
言ってみれば最後の戦いのシーンはちょっと間延びした感があるし、おまけのようにさえ感じてしまう。修行のシーンは吸い込まれるように真剣に観ていたように思う。

それと同じ感覚なのかな?違うか?

ま、どちらにせよ、明日からキャンプイン。
そのワクワク感に便乗して、僕も明日からキャンプイン。
もちろん気持ちだけね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

01

30

コメント:

偉大なるペーサーの方々

先日の葛西レポは珍しく一回で書き終えたので、それで終わりにしようと思っていた。

僕はいつも携帯のアプリでタイムを計っているが走っているときは見ない。
そのラップタイムを昨日、眺めていたら改めてペーサーをやっていただいた方々のレベルの高さに驚いた。

なのでそのことを書いてみる。ちなみに今は通勤電車の中。書き終えられるかドキドキ(笑)

ペーサーは20kmまでがsan-anさん。そこに怪盗さんも並走したりしていた。
20km以降がうーぱぱさん。そこに新横の雅さんや、わっちょさんが並走。そんな感じ。

1kmごとのラップは載せないけど30km区間のうち29kmは5分35秒から5分46秒の間で走っている。すごくね?

5kmごとのラップは5分40秒だと28分20秒ペースだよね。
28分00秒から28分36秒の間で走ってる。

10kmごと。56分40秒ペース。
56分19秒から57分08秒の間。

そして30kmのタイムが2時間50分12秒。平均ペース5分40秒。

つじつま合わせではなく、本当に一定のペースで走ったのだ。

これ、すごいよ。しかもsan-anさんの記事をみるとアップダウンは同じ負荷で走れるように配慮されている。
ホントすごい。偉大なるペーサーの方々だよ。もう感謝、感謝である。

こんな偉大なペーサーの方々は3月24日はそれぞれのレースへの出場が決まっている。

今からでも遅くはない。みんなで一緒にサブ4ペースで古河はなももマラソン走ろうよ!
いや、だってまだ古河はなももエントリー受付中だから(笑)
しかも公認コース申請中らしいよ。
冗談です。ホントにされても困ってしまう(笑)

偉大なるペーサーの皆さん。本当にありがとうございました。

あと、今まで僕は多くの方々と一緒に走らせてもらう機会に恵まれた。
それはなかなか心地よいものだ。
レースやアフターをご一緒させてもらうのも楽しいけど一緒に走るというのはまた別の楽しさがある。

今まではゆるいジョグでお話しながら走るというものだったけど、今回はみんなと真剣に走るというのが初めての試みだった。
もちろん今までも、そして今回も僕が一番走力が低いので、みんなが真剣に走ったらレースと同じで一緒には走れない。
今回は僕と華さんの設定ペースで一緒に走るということで、真剣に一緒に走ることができた。

走っている間はほとんど話もせずに淡々と走り続けていたけど、それでも走り終えたときの充実感と一体感は今までに感じたことがないほどのものだった。
すごく幸せな気持ちを感じた。

まぁ、最後のダッシュがなければもっと一体感が増したかもしれないけど(笑)

でも、心地よかったよ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

29

コメント:

私をサブ4に連れてって~葛西30K~

行ってきました葛西臨海公園。
図々しくもたくさんの方々の力を借りて30Kペース走をしてしまおうという企画 『私をサブ4に連れてって』 あっ、ちなみにどうでもいい話ですが私はこのタイトルのもとの映画を観たことがありません。

参加者の方々は、san-anさんkinさんうーぱぱさん新横の雅さん怪盗紳士さんまつよしさんちゃららさん、わっちょさん、華さんです。

あっ、あとこの日は世界同時多元中継にて、たーはるパパさんあやたさんも参加されました。

とりあえず集合写真。まつよさん、またタオル?(笑)
0127001.jpg

前日、荒川30Kに参加されてお疲れのはずのkinさん。まぁ、私が無理やり誘ったという話もありますが、kinさんには陣地設営、コース案内、写真撮影とあらゆるところでお世話になりました。

コースは反時計まわりで走った。←これ覚えておいてね。
あらかじめお願いしていた第一ペーサーsan-anさんを先頭にGO!
0127P1000317.jpg

san-anさんはとても律儀な方で、真剣にペーサーをやっていただいた。どのくらい真剣かっていうとみんなで話をしてもまったく話に入ってこずに、終始ペースを確認しながら走っておられた。
僕はマイコースシリーズで何度もsan-anさんの後ろを走ってきたので、とても安心するというか、ペースのことなどまったく気にせずにただsan-anさんについていけばいいんだ、と思うことができた。
0127P1000318.jpg

今回は、ちゃららさんとわっちょさんははじめまして。ちゃららさんは3月の佐倉が初フルでまだフルを走ったことがないけどハーフの持ちタイムが1時間43分とか、わっちょさんは一昨年の初フルで余裕のサブ4。しかも月間走行距離が100kmにも満たない状態でのサブ4という僕にとっては意味のわからないホンモノのランナーたちだった。

10kmまではかなり余裕があった。これも一人だったらへばっているはず。途中でちょっと苦しいなぁ、とか思ったときにはsan-anさんの後姿だけを見て何も考えずに走った。コースは適度にアップダウンがあり、ちょっと苦しい上りもあったけど、わりといい刺激になりよかったように思う。

怪盗紳士さんはいつも優しい。僕や華さんがウィンドブレーカーを脱いだ途端にそれを取りにこられて陣地へ持っていってくれたり、常に僕たちの状態を確認しながら「給水は大丈夫ですか?」と訊いてくれる。来週本命レースの別大が控えているというのに細かなところまでフォローしていただいた。
0127P1000325.jpg

12kmで給水。休んじゃダメだよ、とのことで1分半くらいでスタート。
うーぱぱさんは全員の貴重品を背負って走ってくれた。ペーサーになったり後ろへついたり、励ましの声をかけてくれたりとサポートに徹していただいた。あっ、そうそう。皆さん大きめの財布はやめましょうね。すいません。僕のが一番大きかった…。

前日荒川30Kに参加されたまつよしさんもゆるジョグのあと、ささやかな応援部隊として活躍していただいた。控えめな声援に心が和んだ。
そして、絶えず後ろから静かに見守ってくれる新横の雅さん。雅さんだって来週別大だ。怪盗さんとお二人ともがんばってくださいね。

これ、写真で見ると景色はきれいだし、楽しそうに見えるでしょ?暖かくて風もなかった。でもみんなほとんど話しもせずに黙々と走っている。はじめてのちゃららさんとわっちょさんがいろいろとお話してくれていたが、それがいい感じで気が紛れた。お二人とも呼吸が乱れることなく会話しているので、そうか、そうだ、5分40秒ってそんなに速くないんだなと思えることができた。

僕も当初は話したりしていたのだが、隣で軽やかに気配が感じられないほど静かに走る華さんに気付き、やばい、これは僕だけが走りきれないパターンのやつだ、と思い、自重することにした。走りきれない可能性が充分にあるのは僕だけなのに呑気に話などしている場合ではない。

すごい写真だよね。kinさん撮影。
0127P1000328.jpg

20kmで再度給水。同じく1分半くらい。この辺りからペーサーがうーぱぱさんになったかな。新横の雅さんも前に出てきたような。まぁ、とにかく豪華ペーサー陣。僕はついていけばいいだけ。
ただ20km過ぎてからはけっこうつらくなってきた。隣の華さんを見るとまったく疲れた様子はなく淡々ときれいなフォームで走られている。先週千葉マリンで激走したというのにすごい。これはホントにやばい。二人揃って走りきることができて初めてこの企画が成功したと言えるし、なにより豪華ペーサー陣に申し訳ない。

そんなわけでなりふり構わず完走を目標にする。
葛西臨海公園の道は広くて走りやすい。でも広いということは外側をずっと走っていたら遠回りじゃね?ということで、なんとなく無意識に動物の本能的にインコースを走っていた。
それを意識的にきっちりとインコースを走ることに専念した。少しでも距離を短く、道路ぎりぎりのところ。木の枝とか当たっても気にしない。誰にもこのコースは譲らないという確固たる意志で走り続けた(笑)

なので写真で振り返ってみてくださいね。僕は必ずインコースにいると思う。
0127P1000343.jpg
0127P1000360.jpg
0127P1000371.jpg

残り4kmくらいからはもうつらくてつらくて何とか走っていた。しかもコース上に距離表示はなく、1周4kmのコースなので最後は2km地点で30kmになる。2km地点がどこかわからない。いったいどこがゴールなんだ!と思いながらひたすらインコースを走る。

何となくここが終わりらしいというところまでやって来た。あぁ、みんなのおかげだよ。ここまでやってこれたのは。やはり仲間ってすばらしい。涙が出そうだ。嬉し泣きしながら立ち止まろうとすると何人かがダッシュを始めた。え?ここからダッシュ?僕はその瞬間に彼等は違うグループだと思うことにした。いや、仲間じゃないからと思うことにした(笑)
0127P1000381.jpg

そんな感じで30km。僕の時計だと30km地点で2時間50分12秒。完全にぴったり5分40秒ペース。すごい。すごいよ豪華ペーサー陣。
サブ4ペースで30km走りきれたのは初めてのことだ。本当に一人でできるようなことではない。本当にありがたい。

今回、このような身勝手な企画を立てたのに、それにこんなにも多くの方々が参加していただき、しかもきめ細やかなサポートをしていただきとても感謝しています。
考えてみれば、私がブログを始めて、そして続いているのはこういう方々と一緒に走ることができるからなんだ、と改めて気付かされました。
ブログを書き続けているうちにいろんなことや思いが出てきたりもしますが、一番大切なものはこういうことなんだと思いました。

なので今後もこういったことを大切にしながらブログを続けていきたいと思います。
本当に皆さんありがとうございました。ブログをとおして応援していただいた皆さんもありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

28

コメント:

とりあえず葛西30K~私をサブ4に連れてって~

葛西30K無事に走ってきました。
とにもかくにも参加していただいた皆さま、ありがとうございました。
余裕はまったくなく、何度もくじけそうになりましたが、皆さまに守られているような感覚の中、走りきることができました。
これを一人でやるということは無理だと思いました。改めて皆さまの優しさを噛みしめながら走った30km走でした。

また、この日は一人で30km走を行った人や、レースで大きな目標を立てた人や、いろんな方々もがんばっているはずと思いながら走れたこともよかったです。
なんか、こういうのいいですね。場所も地域も走る内容も関係ない。ただ、どこかでみんな走っているからがんばろうと思えることが心地よかったです。

30kmを走りきった直後。
0127P1000381.jpg

ほぼ5分40秒ぴったりのペースで走れたと思います。嬉しいのもあるし、ホッとしたのもあるし。
走り終えた直後から足裏がとても痛く、今も痛いですが、これはおろしたてのシューズをあまり慣らさずに履いて走ったからだと思います。

ここで30kmを走りきれたことは大きい。いや、サブ4目指すとかそういう意味でも大きいですが、みんなと一緒に走りきれたことが大きい。
このゴール直後、汗が目に入って涙が止まりませんでしたよ(笑)

あっ、私も (笑) 使わずに済むかと思ったのに…。

詳細は改めて書きます。本当にありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

27

コメント:

今日は葛西30K~私をサブ4に連れてって~

いよいよ今日は葛西30Kペース走です。いや、ただの練習なんですけどね。
でも一人でやるとしたらこんなにつらいものもないわけで、楽しみとまではいかずとも、いや、楽しみだ。あっ、今、瞬間でアフターのこと考えたのは内緒。

今日はレースもたくさんありますね。勝田や若潮や新宿シティ。
勝田には私の友だちも出るから、がんばってほしいです。あっ、そういえば新宿シティハーフは私も申し込んで抽選ではずれたんだった。当たった方々は東京の街を駆け抜けてくださいね。
大阪国際と大阪ハーフ。大阪国際は、今までにないほど気になっています。夢のような大舞台だ。楽しんでくださいね。

大阪ハーフのあやたさん、そして一人河川敷30Kペース走を行うたーはるパパさん、私はたぶん今日の30Kは10Kあたりですでにつらくて嫌になると思いますので、お二人のことを考えながら走りたいと思います。

それにしてもあれだ。感激的な葛西30Kになりそうです。
私たちの呼びかけにこんなに素晴らしい方々が集まってくれました。本当に感謝いたします。豪華ペーサー集団の方々。連れて行く組はすごい。これだけいればいい風除けに、あ、いや違った、すいません。

【サブ4に連れてって組】

華さん
アレキ

う~ん、先日の千葉マリンの結果を見ると、もはや華さんも連れて行く組のような気もしますが、でも、まぁ、油断は禁物だ。きっちり佐倉で決めていただきましょう。

【サブ4に連れて行く組】

san-anさん
うーぱぱさん
新横の雅さん
怪盗紳士さん
わっちょさん

豪華ペーサー陣。本日はよろしくお願いします。終わってみたらペーサー陣のみでゴールしていたということにならないよう、華さんよろしくお願いします(笑)
ちなみに、わっちょさんは今回初めてお会いします。ブログはやっておられないようですが、今回の趣旨に賛同していただいての参加です。
東京マラソンに参加予定だそうです。男性です。

【前日荒川30K参加のためのゆるジョグ組】

kinさん
まつよしさん

前日に荒川30Kに参加されているにも関わらず、今回参加表明をしていただきました。もう嬉しいことです。本当にありがとうございます。

【故障明けのため30Kでなく15Kくらいで組】

ちゃららさん

故障明けにも関わらず、今回参加表明をしていただきました。気付くと速く走ってしまうという性質の方らしいので今日は一緒に5分40秒でがんばりましょう。でもくれぐれも無理はなさらないでくださいね。

こんな感じで今日はがんばります。
いや、全国的に普通に練習をされる方々もたくさんいるはず。そんな方々も一緒にがんばりましょうね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

26

コメント:

文章について

あまり人の記事にのっかって記事を書くのは好きではないのですが、先日の怪盗紳士さんの記事はとてもよかったので、書いてしまおうか。

怪盗さんの記事。
『ブログ・・・それはインパクトだ!』

まれに私は、私のブログを読んでいただいている方から、文章がうまいですね、と言われることがある。
でも、自分で書いているときは、ちゃんと伝わるのだろうか?なんでこんなに無駄に長いんだろう?と思いながら書いている。
しかし、私はプロの物書きではないので、とくに反省することもなく意味のない文章を書き流している。たぶん書き流すという言葉もないだろう。

私が思う、いい文章を書くコツは怪盗紳士さんが仰っている、書き終えた文章を読み直して削る、ということに尽きる。それ以外にないと思っている。
でも、私はそれをしない。まぁ、できないということもある。できないから無理してまでしないと言うべきかな。

文を削ることが、なぜいい文章を書くコツなのか?それはいつも私が自分に問いかけていることでもある。

『誰もがこんな長い文章を最後まで読むと思うなよ!』ということだ。

ブログという形態を取っている以上、そこに必ず読み手の存在がある。そんなの関係ない、自分のメモみたいなものだと言う人もいるかもしれないけど、公開している以上は、そこに読み手は存在している。
そしてその文章を読むかどうかは読む人々の判断に委ねられている。こんなの長くて読む気にならないよ、と思えばいつでも途中でやめていい。

書き手が何か重要なことを最後まで長々と引っ張ったとしても、読む人がそこに辿り着く前にやめてしまえば、その文章のほとんどに意味はなくなってしまう。そう、文章が伝達の手段だとすれば、読んでもらうことが一番大切なことになる。
だから文章を簡潔にする必要がある。大切なことを最後まで読んでもらうために不必要なものをできるだけ削る必要がある。

でも私はそれをしない。ここまででもずいぶんと長い。怪盗さんなら3行で書けるかもしれない(笑)
私がそれをしないのは単に甘えているだけだ。だから怪盗さんは甘えていないということになる。

私がブログランキングに参加している以上は、読み手が増えていけば、それは嬉しいことである。
ただその読みに来てくれる人を増やすためにいい文章を書こうとかはあまり考えていない。
今は一日100人以上の方かな?200人?あまりアクセス確認していないのでよくわからないけどそのくらいの方々が読みに来てくれる。

でも、私は自分がブログを書き始めた頃の30人くらいの人を想像しながら、その30人くらいの人々へ文章を書いている。
その30人の人々が具体的に誰なのかなんてわからないし、もちろんその方々が継続して今も読みに来られているかもわからない。
でもなんとなく、私のブログを読みに来てくれる人々が増えても減っても、その30人くらいの方々は変わらずに私のブログを読みに来てくれるのではないか?と思っている。
そして、その30人くらいの方々は私の文章が無駄に長くても最後まで読んでくれそうな気がする、と甘えているのだ。そんな30人の方々がいることで私はブログを続けてこられたのだと思う。まぁ、想像上の30人かもしれないけど。

で、まぁそんな言い訳を用意して、日々長々と無駄な文章を書き流している。

だから私が唯一気をつけていることは、私の文章は最後まで読まれないことが多々あるだろうと思いながら文章を書くことだ。
たとえばこれ。(注:これから書くことは嘘だよ。完全な嘘ね)

アフターで怪盗紳士さんは酒癖が悪く、一人ずつじっくりとネチネチグチグチと説教を始めた。そんな怪盗さんをなだめすかし介抱していると最後には泣き上戸なのかワンワンと泣き出した。



なんて嘘です。怪盗紳士さんは名前のとおり、穏やかな紳士でした。

こういう書き方をしないことだ。だって最後の嘘ですってところまで読まれなかったらと思うとゾッとするでしょ?
読み手は途中でやめてもいいんだよ。そしたら嘘のつもりが本当になることだってありえる。ましてや不特定多数の人が読みにくるブログだしね。
なんかだんだん何が言いたいのかわからなくなってきた(笑)
まぁ、難しいことだ。でも難しいことだからいつも気をつけていないと。

大切なのは想像力と集中力だ(←なんかかっこいいな。オレ)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

25

コメント:

シューズ、再び

僕が走るときに履いているシューズはアシックスのニューヨークGT-2160だ。
以前、アディダスってかっこよくね?と思い、靴を見に行ったものの、なぜだかニューヨークを勧められるという結果に終わったことがある。

そのときの記事。『おろしたてのシューズ』

その後もニューヨークGT-2160で走っていた。まぁ、とくに何の問題もない、いいシューズだ。
それでたまたま年末頃だったか、甥っ子の靴を一緒に買いに行ってくれないか?と義父に頼まれた。甥っ子は陸上部だ。

義父からすれば孫に靴を買ってあげようと思ったらしいのだが、どんなものがいいのかわからない。それで最近僕が走っているという情報を聞きつけたので、買いに行ってきてほしいということだ。
僕だってそんなに詳しいわけではないので行ってもしかたないのだが、まぁ、かまわない。

で、彼と一緒にあのスポーツデポへ行ったわけだ。
彼にどのくらいの距離を走るの?と訊くと、一度3㎞のレースにいきなり出されてペケ2だったと言う。
へ~、と思いながら、そのときのタイムはどれくらい?と尋ねると、11分台だったとのこと。
へ~、そうなんだぁ。って11分?3㎞11分?あぁ、ほぉ、そうなんですかぁ、となぜか敬語になる。

スポーツデポの店員さんにこの中学生の靴が欲しいと伝え、どんな靴がいいか尋ねると、あろうことか店員さんは、アディゼロ・ジャパン2を持ってきた。

へ?アディゼロ・ジャパン2?ちゅーがくせーにあでぃぜろじゃぱんつぅぅ?

え?僕にはジャパンどころかアディダス全否定だったよね?挙句の果てにニューヨーク勧めて振り出しに戻ったよね?いや、あなたがあの時の店員さんだったかわからないけど、それじゃ、なに?それはスポーツデポ全体の総意として受け取っていいわけ?あれ?75kgくらいありそうな奴はニューヨークにしとけ!って朝のミーティングかなんかで話したりしてるわけ?

あー、すっきりした(笑)

いや、すっきりはしない。彼が試し履きをしながらアディゼロ・ジャパン2の購入を決めた後、耐えきれなくなった僕はその店員さんに話しかけてみる。

「あの~お兄さん、私は今、ニューヨーク履いているんだけど、そろそろ卒業したいなぁ、と思っているんですよ。それで次に履くシューズってどれがいいと思いますか?」

そういえば前回はまだフルも走ったことなかった。そうだ、そう考えるとニューヨークをやめたいなんて時期尚早だった。なんと思いあがった考えだったのだろう。暴言と言ってもいいかもしれない。恥ずかしいことをした。スポーツデポさん、すいません。

でも今回はフルを2回も走ったことがある。前回とはわけが違う。そうだ、ニューヨークからの卒業だ。
これはっきりと口に出したよ。卒業したいって。そりゃ、いきなりアディゼロ・ジャパン2とは言わないけど、まぁ、なんかそれなりにかっこよくて軽いやつを勧めてくれるんじゃないのかな?と思った。

店員さんはいろいろ悩みながら、う~ん、それだとこれかな?う~ん、でも、とかぶつぶつ言いながらアシックスのDSトレーナーを勧めてきたが、どうも店員さんの中でそれは腑に落ちないようで、甥っ子にアディゼロ・ジャパン2を勧めたときのような歯切れのよさが消えていた。心なしか表情に精彩さも欠いていた。

そして、店員さんの表情がパッと明るくなった後、快活な表情で話し始めた。

「今、履いていらっしゃるニューヨークにインソールを入れるのがいいと思いますよ」

「・・・・・・・・・・・・」

おろしたてのニューヨークスリムGT-2160
0124001.jpg

まぁ、勧められるままにインソール買ったけどね…。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

24

コメント:

とくになにもないけど

最近、僕は毎朝記事をアップする。
朝は6時に起きればいいのだが、記事を書くために4時半から5時の間に起きる。

今朝も4時45分に起きた。何を書くか?と思いながらPCの前に。

あれ?あれれ?FC2の管理画面にいけないぞ?なんでだ?
あぁ、もう。時間がぁ。

いや、イライラしちゃだめだ。そもそも無料で使わしてもらってるのではないか。
とりあえずメモ帳に下書きを書いておこう。あっ、写真も撮っておかなくては。

そんな感じで書き終える。まだ管理画面にいけない。

ま、いいや。朝ごはん食べて、洗濯物干して、Yシャツにアイロンかけて、ゴミ捨てに行って、歯を磨いて、あれ?まだいけない。

もう間に合わないな。電車の中で更新するか。記事と写真を携帯宛にメールして出かけた。

電車の中。どうしたFC2?全然いけないぞ。
そのまま昼休みもいけなかった。

今は行けた。あっ、今は帰りの電車の中ね。
でも今さらというか、なんとなく今朝書き上げた記事をアップする気になれず、とくにどうでもいいことを書いちゃった。

あ~あ。こんなことなら今朝は6時まで寝てればよかったよ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

23

コメント:

葛西30K融通きくよ~チーム75の皆さまへ~今日のインターバル

タイトルに内容詰め込みすぎた(笑)

一つめの連絡事項です。
今週日曜日に行われる葛西30Kペース走。集合時間が午前8時45分でしたが、乗り継ぎが悪いとのことですので改めて調べたところ、8時44分とか8時46分に到着する電車があるようなので、集合時間変えます。

ええ、融通ききます。自由ですから。この間、尾崎豊聴きましたから。

なので集合時間は午前8時50分にします。
参加される方々、申し訳ありませんがよろしくお願いします。

二つめ。

チーム75という非公式なチーム(?)があるのですが、まぁ、昨年の2月から体重が変わらない私はずっと75kgです。
走行距離は増えているというのに変わらない。それほど、そんな言うほど食べてもいない。と思われるのに変わらない。
なので最近は体重計にのることすら放棄していた。4ヶ月くらいのってなかった。最後にのったときはもちろん75kg。

ほら、何となく毎日自分の体と付き合っていれば、あれ?最近痩せたような気がする、と思う瞬間があるでしょ?そういったときにだけ体重計にのろうと思っていた。
もうね、瞬間瞬間を大切にしながら生きていけば、それが長い人生に繋がっていくみたいな感じ?ちょっと違うな。

まぁ、とにかく痩せた感がしたときに体重計にのろうと思っていた。でもこない。そんな日はやってこない。それでも周りのチーム75と思われる人々もとくに減っていないようなので気にしてなかった。仲間、仲間。

でもさすがに4ヶ月くらい未計測は焦る。3月のフルだって近づいてくる。なぜこない?なぜ痩せたかも?ってこないのだ?
我慢できなくて、体重計にのってみた。


77.4Kg

これ、あれだよ。寒波で体重計壊れたか、体が壊れたかどっちかだよ。おかしいよ。まったくもっておかしいよ。
もうこうなったらチーム75のTシャツ作ってやろうかな?普通はチームでTシャツなんてかっこいい!とか仲間ってすばらしいって再認識できるね!とかそういう趣旨なんだろうな。Tシャツ作るの。

戒めでしかない…。多分チーム75と思われる人々もこの話題には華麗にスルーするはず。一人で作って古河はなももで着てやろうかとやけになっている今日この頃。

そんなわけで77.4kgという数字に愕然としつつも今日のインターバル。もうインターバルやる前から77.4kgでインターバルなんてやったらあまりに高負荷すぎて体に悪いんじゃないか?とずっと思っていた。
そのせいかどうかわからないけどまったく成長せず、むしろ後退。でも、まぁ、やっただけいいか。
( )はつなぎの200mのタイム。

4:55(1:37)
4:48(1:40)
4:47(1:57)
4:54(1:55)
4:53(1:54)
4:55(1:55)
4:38
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

22

コメント:

ブログ村マイコースシリーズ~アレキ 後編~

おいしいいちごも食べられてすっかり満足。あとは帰るだけ。
今までマイコースシリーズを読んでいただいていた方はわかるかもしれないが、僕のレポは後半の写真が驚くほど少ない、実際に走っているときは後半の口数も少ない。
だって夏で暑かったり、スピード練習だったり、30km走だったり、山だったり、坂道ばっかだったり、チャーハンだったり、熊が出るような峠道だったりして、とても疲れるからだ。

でも今回は写真も少なくないし、口数も少なくなかった。だってどフラットだから。体に優しいどフラット(笑)
そんな感じで走り続ける。

元々僕はブログを書くよりも他の人のブログを読むほうが断然好きだ。最近は自分の記事を書くのに時間を取られているが、以前はいろんな方の過去記事を読み漁ったりしていた。
そんな僕の印象に残っている記事に一昨年のつくばマラソンのさぶろうさんと★ponkoさんのコラボ記事がある。
お二人の記事を合わせて読んだときの感動はすごい。あっ、一昨年のつくばはsan-anさんのもいい記事だったなぁ。やはりつくばすごいなぁ。

↓そんなお二人のつくばマラソン以来の並走を見て一人興奮していた。
01200021.jpg

並走写真が羨ましかったので僕も撮ってもらった。
来週、大舞台を控えた国際資格ランナーと並走させてもらう図。
01200023.jpg

山へ行くようになってから毎回走力のなさを痛感する僕は、このどフラットなコースがいけないんだと思い、坂道トレを取り入れた。しかし、さぶろうさんのマイコースへ行ったときにそこの坂道の斜度を見て、僕の坂道は坂道じゃない、窪みだ、と思った。
でもせっかくなので坂道トレにも付き合ってもらった。
01200025.jpg
01200026.jpg
01200027.jpg
01200029.jpg

ここゆるくて長い坂なので下りが面白い。どんどん速く走れる。
01200028.jpg
01200030.jpg

こんな感じでゆるく走り続けた。走りながら理論派で実践派のたのくるさんに解説をしていただいた。どフラットなコースの利点とか坂道トレの利点とかインターバルの利点とかをキロ7分でゆっくり走りながら説明していただいた。
ん?あれ?キロ7分?(笑)

ゴール直前のやはりフラットな道。ここはいつも余力が残ってればダッシュする。これもタイトル付けられそうだな。

『光のあるほうへ』
01200032.jpg

こんな感じで16.5kmを2時間で走った。休憩すべて含む。

やはり、普段一人で走っているコースをみんなで走るというのはとても不思議な感覚だった。そして面白いというか嬉しい。
今まで僕はいろんな人たちのところへ行ったけど、みんながこんなふうに喜んでくれたのだとしたら、なんかやってよかったな、と改めて思った。
それと同時に今回はさぶろうさんに来ていただいて、僕が行ったときにはこんなふうに出来ただろうか?とか、いろいろ知らないところでご迷惑をおかけしたんだろうなとか思った。でもみんな嫌な顔せずに歓迎してくれたなぁ、と改めて皆さんの優しさを感じた。

うん、とても楽しかった。乗り気でなかったけど、やってみてよかった。
今回、この企画を立ち上げていただいた、さぶろうさん、参加していただいた皆さま、本当にありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

21

コメント:

ブログ村マイコースシリーズ~アレキ 前編~

皆さまに惜しまれながらも終わったはずのブログ村マイコースシリーズ。
相変わらずの思いつきから急遽復活。しかも今回はさぶろうさんがわたくしアレキのところへ来ていただけるという。これは楽しみだ。

って書いたけど、ホントはそんなに楽しみではなかった。だって自分がいつも走っているところだし。レポもお任せで僕はサラッと書こうかと思っていた。
でもやっぱり楽しかった。なので今までのマイコースシリーズ風にちゃんと書いてみようかと思ったのでいつものように2話完結です。

急に決まったことなので、さぶろうさんと2人かもと思っていたのですが、前日くま練でご一緒させていただいた、きぐまさん★ponkoさんが参加してくださりました。
そしてなんと当日いきなり参加の、たのくるさん。え~と…。あの…。元気ですよ~!(笑)

やはり女性が参加すると華やかになってくるね。ブログに彩りが(笑)
今日は写真撮り忘れないぞ!ということで集合写真。
01200001.jpg

そんな感じでスタート。住宅街を抜けてゆっくりジョグ。
01200002.jpg

そして、いきなりというか、ずっとずっとどフラットなコース。ちなみにさぶろうさんのマイコースは平坦な道がまったくないので、戸惑っておられたようだ。
だってこの↓の写真。ゆるい上りですと言っても、さぶろうさんだけ、嘘だ、フラットでしょ?と言い、他の埼玉在住の方々は、あぁ、上り、上りですね、とすぐにわかる(笑)
01200004.jpg

ここで4kmくらいだけど、あまりの平坦さに、さぶろうさん、もう飽きたとおっしゃってた(笑)
01200006.jpg

荒川の橋。ここは景色が抜ける感じで、ここだけわりと好きな場所。
01200009.jpg

ここも上りなんだけどさぶろうさんは気付いていない様子(?)
01200013.jpg

他の方々はすぐに気付く(笑)
01200014.jpg

今回は16kmくらい走ってみようということで、7.5kmあたりで折返し。その直後で犬と戯れる図。
★ponkoさん撮影。このコース何度も走っているのに、ここに犬がいることすら知らなかった。なんか新鮮な気がしたので載せてみた。
01200015-1.jpg

そして、本日のメイン。ストロベリーロードでの小休止。ん?なんかこれ絵のタイトルみたいだな。
いつも一人で走っているときに見かける直売のいちご販売所。走りながら一粒で売ってくれないかなぁ?と思ってた。でもさすがに恥ずかしくてそんなこと言えない。
だから今日は堂々と買いましたよ。
01200016.jpg

ほら、おいしそうでしょ?
01200017.jpg

あまりに変わり映えのしない平坦な道にネタを見つけられず、ようやく格好のネタを見つけたブロガーたちの図(笑)
01200018.jpg

そして食べる。おいしかったよ。何度か買ったことはあるけど、この場で、しかも走っている途中で食べるってすごくおいしかった。
01200019.jpg
『ストロベリーロードの小休止』

そんな感じで、マイコースシリーズ。
後編へつづく☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

20

コメント:

くま練、走る。★Running

まず最初にごめんなさい。タイトル無理やりすぎました。

私は東京で生まれ埼玉で育ちました。今までそこから出たことがありません。なので西の方がさっぱりわかりません。地理に弱いというのもあります。
先日、旅番組を観ていましたが、岐阜と三重と滋賀の位置関係と違いがさっぱりわからないことに気が付きました。三重県に行って琵琶湖があっても驚かないと思います。すいません(笑)

でも、きっとそれは西の方の方々も埼玉と群馬と栃木の位置関係と違いがわからないのと一緒かな?と思いました。わかるのかな?

埼玉と群馬と栃木は関東の北の方にあります。一緒でいいと思います(笑)関東北の方と覚えてください。そして今日はそんな関東北の方の聖地とも言われる熊谷スポーツ文化公園(通称:熊スポ)へ行ってきました。ここで練習することをくま練と言うそうです。

前置き、ながっ(笑)

とりあえず以前から気になっていたので行ってみた。ウレタンチップの足に優しいコースが4.8kmもあるという大きな公園だ。
とりあえず行ってみると、熊スポでよく練習(くま練)されているというきぐまさん★ponkoさんにお会いすることができた。

きぐまさんは来週、大舞台でのレースがあり、お二人とも緊張感に包まれながらのくま練だというのに嫌な顔一つせず、私をエスコートしていただいた。
4.8kmのコースをゆっくりジョグ。熊スポの圧倒的な広さに驚きながらキョロキョロしながら走る。お二人にいろいろ公園の説明をしていただく。

熊谷ドームというらしい。王蟲かと思った(笑)
0119001.jpg

一緒に走っているときは、お二人ともおとなしくておしとやかな女性にしか見えない。1周し終えたあとはそれぞれの練習へ。
きぐまさんは15kmビルドアップ走。★ponkoさんはそれに並走されるという。いっぱしのランナー気取りでラップはどれくらいですか?などと尋ねてみるも、最初は4分40秒で入って~といきなり4分という数字が聴こえた時点でもうよくわからなかった。当然のことだがやはり彼女たちは只者ではない。

それでもせっかくご一緒できたのだから、500mでもいいから一緒に走ってみようと思う。コースは2.5kmのコースでスタート。
僕にとって4分台のスピードはかなり無理をするスピード。でもお二人の軽やかな走りについていくとなぜだかいつもより楽に感じる。これって普段のインターバルよりも速い設定だよ?
そのまま2kmくらいまで何とかついていけた。いやぁ、よかった。いい練習になった。ありがたい。と自分だけすっかり練習を終えた気分で、しかも逃げるようにコースも変えてゆったりジョグへ。そのまま4.8kmコースを2周した。

そのままお二人と顔を合わすこともなくキロ6分くらいでゆるいジョグをしていたが、今、ここであのお二人はえらい速さで走っているのだ、と思うと僕の身も少しは引き締まり、キロ5分55秒くらいで走れた。

ラスト1周の最後のほうで、僕の後ろから爽やかなそよ風が吹いてきて、え?冬なのにそよ風?と思うと、それはきぐまさんだった。きぐまさんは優しく「がんばって」と言ってくれて、颯爽と駆け抜けていかれ、僕は、そのそよ風に春を感じた。

そんな感じで練習は終わり、公園内のレストラン「くまどん」で一緒にご飯を食べた。
iwatobiさんお薦めのカレーうどん(並)
0119IMG_9445.jpg

いろいろとお話ができてとても楽しかった。きぐまさんも★ponkoさんも常に高い目標を掲げながら日々練習をされているようなので、ゆるいはずの僕もほんの少しは高みを目指す人間になれたかもしれない(?)

きぐまさん、★ponkoさん、ありがとうございました。
また機会がありましたら一緒に練習させてください。今度は3km限定で(笑)

あっ、集合写真撮るの忘れた(汗)
ホントだよ、ホントに一緒にくま練したんだよ、嘘じゃないからね(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

19

コメント:

葛西30kmペース走について~私をサブ4に連れてって

まずは昨日の記事へのクリックありがとうございました。皆さまの優しさが充分に身に沁みました。
あんなしょーもない記事にクリックしていただき感謝の言葉もありません。

それで私もよくわからないのですが、たぶんクリックは何回しても1日1クリックで計算されると思いますので、連打されても変わらないとは思うのですが、連打していただいた方々につきましては、そのお姿を想像し、その方々のことを愛おしいと思いました。

ちなみにいただいたINポイントは過去最高でした。今まで一番多かったポイントは初フルのレポの時で、たしか320ポイント。今まで300を超えたのはその1回限りでした。

今回は380ポイントでした。あの記事で過去最高とはなんというか新たな十字架を背負ったような気にもなりますが、それでもあの私の苦い記憶が昇華され、淡い青春の記憶になったのだと思います。たぶん…。
本当にありがとうございました。

さて、先日の『私をサブ4に連れてって』企画。30kmペース走のお知らせです。

日時:1月27日(日)午前8時45分
場所:葛西臨海公園駅改札出たあたりらへん集合

いつものように曖昧な感じで申し訳ありません。
考えてみたら私、マイコースシリーズとかほとんど丸投げでまともに企画したことありませんでした(笑)
以下、思いつくまま記載。

・8時45分集合で9時過ぎにスタートできればいいかと思います
・着替えるところはありません
・コインロッカーはあるそうです
・トイレや自販機もあるそうです
・私のほうで荷物置き場用に大きめのシートを用意しようと思ってます
・でも貴重品は各自で管理をお願いします
・サブ4に限らず他のペースやLSDでも大丈夫です
・だいたい3時間程度を考えています
・コースは葛西7時間走の時のコースが4kmぴったりらしいのでそのコースにしようと思ってます
・なのでペースが違っても出会える可能性がありますね
・アフターも考えてます。もちろん参加は自由です
・葛西駅行きのバスに乗り、途中でスーパー銭湯があるのでそこでお風呂に入ろうと思ってます
・アフターは時間的に居酒屋がやっていなさそうなのでファミレスになるかもしれません
・そうすると味スタの二の舞になるので注意が必要です。
・地図とかきゃぷちゃーっていうのに挑戦しようと思いましたが面倒だったので参考HPにしました
葛西臨海公園で走ろう

こんな感じかな?何か足りないところとか気付いたこととか情報とか教えていただければ幸いです。
あっ、ちなみに雨天や雪の場合は中止になりますが、その連絡方法はまだ決めていません。まぁ、記事アップすることにはなりますね。

今のところの参加者です。

サブ4に連れてって組
華さん
まつよしさん
みわっちさん
アレキ

サブ4に連れていく組
san-anさん
kinさん
うーぱぱさん
新横の雅さん
さぶろうさん(検討中)

いよいよ来週ですね。キロ5分40秒で30㎞も走れる気がしません。
他にも参加される方、募集中です。コメントかメール連絡お願いします。
aleki21@hotmail.co.jp

あっ、明日はブログ村マイコースシリーズ。アレキ編だよ~。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

18

コメント:

思い出の1500m走 番外編

昨日の記事で怪盗さんから、サッカー部ってモテモテですか?とコメントがあったので、そのことについて。

1500mには関係ない話なので番外編にした。いや、そもそも本編も1500m関係なくなってるよね?という指摘はなしでお願いします(笑)

サッカー部はモテモテだ。でもサッカー部だからといって誰もがモテモテではない。当たり前のことだ。
元々モテる人がサッカー部に入ればモテモテになり、そうでない人がサッカー部に入ってもなんら変わりはしない。だからさらにモテ格差が広がることになる。世の中の不条理さを学ぶことになる。

あれはバレンタインデーの時のこと。この言葉を聞いただけで顔をしかめる人とほころぶ人がいるだろう。もちろん僕はしかめる人。いや、むしろ歪める人だ。

まぁ、とにかく、そんなときにサッカー部でもかなりのモテモテ君である僕の友だちが苦悩の表情を浮かべてやってきた。
そして、その苦しい胸のうちを僕に向かって切々と吐露したのだった。

話の概要は、彼が好きだった女の子から、チョコを渡したいから今日一緒に帰りましょう、と言われたとのことだ。

いい話ではないか。なぜ苦慮する必要があるのか?
問題はふたつ。
一つめ。彼は自転車通学。彼女は電車通学。いや、たいしたことじゃないよね?自転車学校に置いていけばいいじゃん。
二つめ。この話を僕が聞かされているときに、彼はすでに紙袋から溢れんばかりの大量のチョコを持っていた。

モテモテ君だからたくさんの人からチョコをもらい、それが紙袋いっぱいになっていたのだ。
そんなものを持って自分が好きな女の子と一体どうやって一緒に帰ればいいというのか?

それが彼の苦悩だった。そんなこと知るか。
でもその解決方法を僕だけが知っていた。

寒い日だった。
電車通学の僕は彼の自転車に乗っていた。自転車のカゴには溢れんばかりの大量の彼のチョコ。僕のバッグの中にはチロルチョコすら入っていない。
こんなときはあれか?尾崎豊とか聴けばいいのか?自由っていったいなんだ?

これが、サッカー部ってモテモテですか?と言われて僕が思い出したこと。

え~と、ふだんは書かないのですが今日は、今日だけは書かせてください。

クリックお願いします(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

17

コメント:

思い出の1500m走 その4

前回がやっと高校生になって1500m走という言葉が初めて出てきたところ(笑)

いや、これホントに若い頃の1500m走のタイムを書きたいだけの話だったのよ。なんでこんな壮大な物語になってしまったのだろう?

高校生になって最初の1500m走が7分くらいでペケ2だった。中学で部活をやっている頃はクラスで半分より上。みんな同じように部活を引退し運動から遠ざかっていたはずなのに、なぜ僕だけがこんなに遅くなるのだろう?という疑問。
まぁ、それはわからない。基礎体力が一気に落ちる体質なのかな。

高校生になるとサッカー部に入った。小学生の頃に少年サッカーをやってはいたものの、お荷物のような存在だった。中学の卓球ではレギュラーだったのに、なぜサッカーを?
もう暑い夏に体育館を締め切って、暗幕までして、運動するのがほとほと嫌になったから。太陽を欲していた、太陽の下で動きたかったから、というのが最大の理由。

どこのサッカー部もそうなのかわからないけど僕がいたところではレギュラーになる人は1500mのタイムは全員5分を切っていた。というか5分切れない人は部員の中で数人だけで、その中に僕も入っていた。
50m走では6秒8ではレギュラーが難しかった。それより速いとまぁまぁ試合には出られる。

逆に6秒8でレギュラーになれる人というのは、ボールを持っても走るスピードが変わらないとか、あまりに粘っこいディフェンスをするとか、砂利交じりの土のグランドなのに躊躇せずスライディングが出来るとか、そういう人たちだった。
あっ、躊躇なくスライディングをする人はみんなから恐れられていただけでレギュラーではなかった。

1500mで5分など切れないし、50mを6秒8で走れるわけもない僕はお気楽な補欠として3年間を過ごした。
部活で10km走ることもままあったけど、僕はだいたい3km地点の墓場で時間を潰すか、僕の前の人が折り返してきたら、その時点で折り返したりして、まともに10km走ることはほとんどなかった。

その頃は部活中に水を飲むなど禁止という時代だったが、試合や練習試合のときに試合に出ている人はハーフタイムでポカリが飲める。それも氷でちゃんと冷やしたやつ。これは試合に出ている人しか飲めない。だから当然僕は飲めない。

なのでポカリを作る人に積極的に申し出て、粉末のポカリを氷水に入れて、まず僕がこっそり飲む(笑)暑いときのポカリはおいしいからごゴクゴク飲む。
やべっ、飲み過ぎたと思いながら飲んだ分を水で埋める。試合に出ているレギュラーの人たちはその薄めたポカリを、うめぇ、とか言いながら飲んでたね。

あぁ、今日も1500m関係なかったですね…。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

16

コメント:

すべては雪のせいなのか?

今まで山を走りに行ってて、それでもとくにトレイルのレースにはそんなに興味がなかった。
いや、単純につらそうだから。道が狭いから渋滞とか避けるためにダッシュするとか、その後も後ろに人が着いてプレッシャーかけられるとか、そういうの怖いから。そんな理由でがんばって、それで山で動けなくなったらと思うと怖いでしょう。

だからレースにはエントリーしてなかったのに、なぜだか4月の青梅のトレイルレースにエントリーしたわけで、エントリーしたからにはきちんと完走はしたいわけで、そのためには山へ行かなくてはと思っていたわけで、なので山練ということでさぶろうさんと一緒に予定を立てていた。

今週末はその青梅の高水山トレイルレースの試走をしようではないか!と思っていた。

しかも、こうやって一度トレイルレースをエントリーしてしまうと次のレースもあっさりとエントリーできるようになったらしく、昨日、道志村トレイルレース(ハーフ)にもエントリーしてしまった。
なんかけっこう大変なコースらしいところ。大丈夫なんだろうか?いや、山へ行って鍛えればいいじゃないか、と思っていた。

話しによると一昨日の大雪で山はしばらく行けないようだ。なかなか溶けないらしい。そうすると凍ってるから危ないよね。うん。うん。

そんなわけで週末の山練は中止。そしてなぜだか違う企画が浮上。あれ?

詳しくはさぶろうさんのブログで。

う~ん。僕にとってはそんなに魅力的な企画ではないが、今までやってきて、相手がどんな気持ちだったかはわかるということなのかな。

ちなみに何の面白みもないコース。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

15

コメント:

フロストバイトロードレース

フロストバイトレースに参加してきた。
朝、起きたときのあり得ないくらいの足の痛み。筋肉痛なのか何なのかわからない。今日ハーフを走るとか到底思えないほどのつらさ。
そっか、やっぱり昨日の高尾みたいなのをトレイルランニングと言うんだなぁ、と思った。

もう朝からまったくやる気はなく、会場で着替えるのも嫌なので走れる格好で、荷物も極力少なくし、コンタクトをするのも嫌でメガネで走ることにした。
ってどんだけ嫌なんだ(笑)でも富士五湖ではコンタクトではなくメガネにしようかと思っているので、いい練習だなと言い訳しながら家を出る。

一応、スタート2時間前に最寄駅に着いたのに、ちょっと信じられないくらいの大渋滞で、そこからみんなのもとへ辿り着くのに1時間以上かかった。セキュリティチェックとかあるからね。
もう皆さん着替え終えていて、バットマンですら着替え終えていて(笑)ちと焦る。ゼッケンつけてトイレ行って、そんでスタート地点へ。ゆっくりする暇もなかった。
今回はレイさんとはじめまして。差し入れをいただいたり、写真を撮ってもらったりとありがとうございました。
ジョギンガーさんもいらっしゃったのですがご挨拶できませんでした。次回お会いできたら挨拶したいと思います。

のべさん、リンさん、さぶろうさん、san-anさんでスタート地点へ向かう図。
0115076.jpg
この人たち、かなりの注目を集めていた。もちろんジョーカー、バットマン組。いろんな人たちに声をかけられたり写真を撮られたり。僕は大笑いしてばかりだったけど。san-anさんの必死さについ笑ってしまう。

昨日の高尾で、さぶろうさんは仮装で1時間50分切りと仰っていたのでさぶろうさんについていこうと思っていた。でかいし、着ぐるみだしでいい風除けにもなるし(笑)
スタートしてすぐに二人で、そんな目標タイムは無理だと悟った。さらに1km過ぎでさぶろうさんにも付いていけずに早くも路頭に迷った。

沿道の応援で『ラスト20km!!』と言っていた方がいらっしゃったが、まさにあと20kmどうしよう?という感じ。何の目的もなく20kmなんて走れる気がしない。
とにかく足が痛くて重い。あれ?こういうつらいのどこかで体験した覚えが?なんだっけ?

今の状態がフルマラソンの25km過ぎと同じ状態であることに気付く。あの絶望的な気持ちが蘇ってくる。
そっか、それじゃ、フルマラソンの後半の練習だと思えばいいのか。つらくても歩かないとかそんな練習。嫌な練習だ…。

僕のフロストバイトロードレースレポはここでおしまい。この後、ずっとつらい練習を続け、足が重くて走れずに、そのうちバットマンに抜かれるんではないか?と怯え続け、なんとかゴールした。ハーフのワーストタイム。2時間14分。

今回の教訓としては、前日に山へ行ってはいけないということです。でも、さぶろうさんやのべさんやる~ぷさんも山へ行ったけど僕のようなひどい走りはされていなかったので、まだまだ僕の地力が足りないということだろう。

今回のフロストバイトレースで僕が楽しみにしていたことの一つに、ハンサムネコさんにお会いできることがあった。今までお会いしたことなかったし。
お会いしたらいつもネコさんが自分撮りする写真に入れてもらうのが今回の目的です!と前日のべさんやる~ぷさんに話していた。2時間14分もかかってゴールしたことでそんなことすっかり忘れていたのにる~ぷさんに言われて思い出した。

で、これ(笑)
0114DSC02627.jpg

で、これもしかしたら全員入れるんじゃね?ということで、これ(笑)
0114DSC02630.jpg

ちゃんとした集合写真も撮っとくかということで、これ。
0114IMG_0714.jpg

その後、アフター。アフターはネコさんにチーム75としての心得をたくさん教えていただいた(半分嘘)
0114IMG_0718.jpg

そんな感じで、レースとしては散々というか、自業自得な結果に終わってしまったけど、まぁ、元々、遠くから来るのべさんやリンさんにも会いたかったし、san-anさんのバットマン改良版も見たかったし、ネコさんにもお会いできたしで、楽しかった。

それで、最後に、いつもsan-anさんの必死さを笑いの種にしている私ですが、今回は奇跡の写真がありまして、これは本当にかっこいい。
傍から見ればというか私から見れば、笑えるようなことも、こういったことがあるから、やはり何事も真剣にやるべきなんだなぁ、と改めて思いました。

あまりにかっこいいのでここにも載せておきます。レース中ずっと寄り添うように走られて、この写真も撮られたリンさんの優しさも感じられる1枚です。
0114137.jpg

参加された皆さま、ありがとうございました。写真をいただいた皆さま、ありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

13

コメント:

高尾トレイルランニング

山初め(やまぞめ)行ってきました。
のべさん、アベシルさん、さぶろうさん、る~ぷさん、チャレさん、私。

まずは集合写真。
0113003.jpg
る~ぷさんのいきなりの参加に驚きました。何度かお会いしたことはありますが、今回山をご一緒させてもらってたくさんお話ができて楽しかったです。

とりあえず今日のコースは高尾山口駅~高尾山~景信山までは決まってた。さぶろうさんとアベシルさんは都合により、そこまでしか行けないとのこと。
明日はフロストバイトレースに出る人が4人もいる。まぁ、ゆるゆるとそこまででいいんじゃないの?と思ってた。思ってた…。

とりあえずスタート。たぶん気温は氷点下だったはず。それなのに信じられないほどの薄着でやってきたアベシルさん。だって走りに来たからとのこと。うん?たしかにそうだ。走りに来たんだ。たぶん。
アベシルさんとのべさんは勢いよく稲荷山コースを駆け上がっていった。あぁ、ホントに走りに来たんだね、と思いながら歩く(笑)

高尾山山頂からの富士山。天気も良く、いい気分だよ。山納めもいい天気。山初めもいい天気。よかった。
0113005.jpg

山頂で。
0113007.jpg

そのまま先を進む。実はチャレさんは年明けから体調を崩しており、この日が初ラン。もちろん山初め。やっぱり山はいい、とか山は気持ちいい、とか言いながら進むうちに、高尾の山がチャレさんのハートに火をつける。

僕は、あれ?こんな登り、走ったことあったっけ?あれ?ここは歩くとこだよね?あれ?こんなペース速く走ったことあったっけ?と思う。
昨年からいろいろと山へ行ってきたが、今日初めてトレイルランニングというものを知ったような気がする。でも、何もレースの前日に知る羽目にならなくてもいいような気はする。
それにしても、そんなペースに誰も苦もなくついていく。さぶろうさんも僕と一緒に山へ行くときとは別人のように走っている。改めて、いつものことだが皆さんとの走力の違いを実感する。

景信山でアベシルさん、さぶろうさんとはお別れ。もう先へ行く気満々のチャレさんと、せっかく来たのでというのべさん、陣馬までは行ったことがないというる~ぷさん。そんな中、たしかなにか帰らなくてはいけない用事があったはず、と思いながらも思いつかずに、ずるずると先へ進む。

こっからさらにチャレさん先頭で引っ張る、引っ張る。いつもの穏やかなチャレさんではない。やはりいくつもの厳しいレースを走り続けてきた闘う男の顔だ!(若干大げさ)
チャレさんの嬉しそうで楽しそうな顔を見ていると、ペース速くないすか?とかここ走るんですか?とも言えずについていくが、とうとうつらくて、僕は途中でさりげなく先頭に立ち、歩き始める。そうすると皆も歩く。走力が上の人たちと一緒に走り続けるうちに手に入れた技術の一つだ(笑)

そんな感じでみんなでいろいろお話しながら陣馬まで歩く。る~ぷさんとは走力はかなり違うのに、話はかなり弾んだ。共通の話題が多かったのだろう(笑)
陣馬山。
0113011.jpg
陣馬山からの富士山。
0113012.jpg

復路のほうが走りやすい。だから折り返してすぐにチャレさんはすぐに走り出す。まぁ、僕としてもここから走るために体力温存として、さっきは仕方なく歩いたのだ。たぶん…。
いやぁ、帰りはつらかった。最後のほうはついていけなかった。でも、まぁ、姿を見失うほどではなかったので、けっこう頑張ったよ。最後のもみじ台は今日も何とか走りきれたし。
でもあれですね。チャレさんはもちろん、のべさんもる~ぷさんも息がまったく乱れない。人がゼーヒー言っているのに普通に話しかけてきやがる(笑)

1号路を歩きながら、いろんなお話をしながら進む。この時点で明日のレースのことなど誰も口にしない。いや、できる状態ではない。
0113014.jpg

でも楽しかった。一緒に走ってくれた皆さま、ありがとうございました。今年もこれを初めにたくさん山へ行きたいと思いますので、またつきあってくださいね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

今日、これからフロストバイトレースです。
ちょっとありえないほどの筋肉痛になってます。
今日の目標は2時間30分で…。

01

12

コメント:

山初め(やまぞめ)

今日は山初めで高尾山に行きます。ちなみに『やまはじめ』ではなく『やまぞめ』と読んでください。書き初めみたいに。
そんな言葉あるのか?と思われるかもしれません。ありません(笑)でも、いいんです。言葉なんてそんなもんです。響きとかそういうの優先です。
明治時代とかの漢字の当て字とかもかなり適当です。下手すると適当に書いたものが主流になったりもするのです。言い訳はここまでにします。

のべさんが明日のフロストバイトレースに出場するため長野からやってくるのですが、ついでに高尾山にも行きたいとのことなのでご一緒させていただきます。
つーか、あれなの?わりと地味なハーフのレースに出るために遠方からやって来て、高尾山もセットで行くというのが最近の主流なの?(笑)まぁ、どーも高尾がメインになりつつあるようだけど。

あとはさぶろうさんとチャレさんも一緒に行きます。リンさんはどうなんだろう?
それにしても相変わらず、僕の周りはウルトラとかウルトラトレイルランナーばかりだ。これって幸せなことなんだろうな。けっこうなプレッシャーだけど。

ま、とにかく山初め(やまぞめ)。楽しんできます。明日のフロストバイトレース。そういえば私も参加するんだった(笑)

フロストバイトレースはとくに目標もないので楽しんで走りたいと思っています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

11

コメント:

こぼれおちるもの

ブログって難しいと思う。

昨日、san-anさんが書かれていたけどそれでも僕は順調にここまでやってこれたのかもしれない。もちろんそれは僕の力というよりはいろんな人が支えてくれたから。

最初の記事をアップして2時間くらいで初コメントをいただいたし、ブログを初めて1ヶ月後くらいには見えない大きな力によって、とんでもないことになったりもした(笑)
また、ブログを続けていればいろんな方とも交流することができるし、なのでブログを書くことは面倒な時もあるけれど総じて楽しんで書いていると思う。

それでもブログを書くということは気を使う行為でもある。自分のための自分の場所だ!ということも言えるけど、不特定多数の人に読んでもらうことを前提にすれば、書けることと書けないことの区別、書きたいことと書きたくないことの区別をしなくてはならない。

まぁ、そんなことは当たり前のことなんだけど、でも、その選別が難しいものも時にはある。正直に書きたいと思うこともある。自分のことは書いてもいいけど、そこに第三者を登場させないと書けないものだと、そのために書かない、あるいは書けないこともある。
あとはマラソンカテだからね。あまり関係ないことはダメなのかもしれない。でも、それも気持ちの浮き沈みと走りの関連とか言えば何を書いてもいけるのかな。

そういう意味では、日々、自分が過ごしていく中で日記的な役割も担っているブログだが、そこには必ずこぼれおちているものもある。

昨日、仕事を休んだ。休みなのにスーツを着て、車に乗って、高速道路に乗り、北へ北へ走った。
空は澄み渡り、遠くの山々はくっきりと見えた。FMラジオからはどうでもいい会話ばかりが流れ、その後、奥田民生の歌が流れた。奥田民生あったよな、と思い、ラジオを消して奥田民生の曲を流した。
寂しい田舎だった。近くに雪を被った山があった。
寂しくて、切なくて、悲しい集まりだった。楽しくて、賑やかで、希望があったはずなのに。許されないことをした罰なのかな。

僕は早すぎるとは思わない。でも遅くもない。後悔しないと言えば嘘だけど、でもやり直してもまた同じことをするものだ。

僕は走り出すようになってから、たまに思う。
パソコンのキーボードとか冷蔵庫の扉とか、販売する前に何度も叩いたり、何度も扉を開け閉めしたりして、耐用回数を調べたりする映像をテレビで見たことがある。

僕が動けなくなったとき、僕の目が覚めなくなったとき、そのときまで僕は走り続け、そして僕の体を動かせる耐用回数の限界近くまで走り続けていたいと思う。

これ以上はもう走れないです。耐用年数が過ぎてしまいました、ってなるくらいまで動き続けていられたらと思う。それが明日でも別にかまわないのだが、まぁ、明日ではないんだろう。

だからいつか来るそのときまで、僕は走り続けていたいと思う。そうしないといけないんだと思う。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

10

コメント:

ミトコンドリアと負けのインターバル12km走

『私をサブ4に連れてって』企画。たくさんのコメントや参加表明ありがとうございます。
よりいっそう楽しい企画にできるようにがんばります。引き続き皆さまのご参加お待ちしています。

*****

最近というか以前からマラソンカテの中でミトコンドリアがタイトルに含まれていたり、記事に書かれていたりするのを見かける。
僕は子どもの頃から勉強ができず、とくに算数と理科が苦手だったので、あまりよくわからずにそれらの記事を読んでいた。ミトコンドリアを増やすのが走ることにいいことらしい。それ以上のことはよくわからない。

で、何となくミトコンドリアについて書かれた記事を読みながら、珍しく妻に話しかけた。やはり会話は夫婦の潤滑油。本来は他人なのだから思いやりというものが大切だ。

「あのさぁ、よくわからないけどミトコンドリアを増やすと走るのにいいらしいんだってさ」
「ふ~ん、あっ、そう」
「でもさぁ、なんで皆、そんな虫みたいなの体内にいるわけ?」
「はぁ?ムシ?なにムシって?」
「え?いや、あの、ほら、あれだよ、虫っていうか、あれ。微生物っていうの?」
「はぁ?微生物?それってミジンコのことじゃないの?」
「へ?ミジンコ?あれ?ミトコンドリアってミジンコの仲間みたいなやつじゃないの?」

もうね、その後、ちょっと大変。妻は、手を力なく広げて首を振りながら「やれやれ」ポーズをして、子どもの成績が悪いのはあなたのせいだ!とか言いだす始末。

やっぱ余計なこと話しかけるもんじゃないよ。

そんなわけで今日もインターバルやりました(笑)
年明け一発目。今日の目標は5分ギリギリでいいから10本やること。結果として惨敗です。1本走った時点で負けが自信から確信へ変わりました。

4:58(1:29)
5:03(1:42)
5:00(1:47)
5:01(1:44)
5:06(2:08)
4:51

5本目に5分を超えてるのに、つなぎで2分を超えた時点でもう心が折れた。結果6本で終了。
ダウンジョグでタラタラ1周走っている間に、なんか悔しくて、というか走力後退してるじゃん、とか思って、それで1周走り終えた後にもう1周走ってみる。

4:39

まぁ、なんとなく納得して帰った。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

08

コメント:

私をサブ4に連れてって

え~、半ば強引なタイトルにしてしまいましたが、私は3月24日の古河はなももマラソンにてサブ4を目指しています。
そして、同じ日の佐倉朝日健康マラソンにて華さんもサブ4を目指しています。
同じ日に同じようにサブ4を目指しているのなら、30kmペース走でも一緒にやりますか?なんていう話がそもそもの発端なのですが…。

考えてみたら、ここブログ村はそういう時に力を貸してくれる素晴らしい方々が集まっている場所ではないか!と。
そんな人々の力を使わない手はないではないか!と。

そんなわけで30kmペース走ペーサー募集!!の記事です(笑)
なんとも他力本願なお願いで申し訳ありません。

日時:1月27日(日)午前9時くらいスタート予定。
場所:葛西臨海公園

以上です。
いや、すいません。このくらいしか決めていません。とりあえず徐々に決めていきます。

とにかくまずは私たちをキロ5分40秒で引っ張ってくれる人募集いたします。
そして私たちと同じように春にはサブ4!とか今年中にサブ4!なんて思っている方たちも一緒に走りませんか?

さらに、それ以外のペース、サブ3とかサブ3.5とかサブ4.5とかのペースでの30km走をしたいという人や、いやいやそんな30kmなんてイヤ、3時間LSDならやってもいいかもという人も、とにかくロング走をしたいという方々の参加もお待ちしています。

冬の寒い日に一人でロング走は心が折れますよね?ならば一緒に走ってしまえ!そして同じ設定タイムの人を見つけてしまえ!という作戦です(笑)

とりあえずそんなことを考えています。参加したいという方はコメントかメールをいただければと思います。
詳細は少しずつ記事にしていきます。実は私、葛西臨海公園ってあまりよく知らないのです。
着替えるところはないようです。なので終わったら近くのお風呂さんとかへ行くかもしれませんし、アフターもやりたいと思っていますし、そういったことも含めて今後、話を詰めていく予定です。

とりあえず今日のところは1月27日(日)に葛西臨海公園で30kmペース走をしますので、一緒に走りませんか?という記事です。
参加者がいらっしゃらないようでしたら普通に華さんと2人でやろうかと思っています。
その時は、華さんに引っ張ってもらおうと思っています。華さんよろしくお願いします(笑)

こちら連絡メールアドレス。マイコースの使いまわし(笑)
aleki21@hotmail.co.jp
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

08

コメント:

思い出の1500m走 その3

こんなの書いてましたね。続き。ってそういえば1st yearとかもあったな…。
中学で卓球部でレギュラーだったとかそんなところからですね。

で、まぁ、レギュラーとはいえ僕の基礎体力が劇的に向上するわけではない。よく走らされていたけどいつもペケのほうだった。
顧問の先生が初めて僕の走る姿を見た時は、真剣に走っていないと思ったらしく殴られそうになった。

あっ、そうそう。僕の中学生の頃に体罰なんて言葉はなかった。日常的に殴られてた。先生たちは竹刀とか木刀とかを持ちながらウロウロしていた。
まぁ、生徒も荒れていた。僕の一つ上の世代の方達は中学校という公的機関とは別の公的機関に収容されていたりもしていたし、そういうこともあって市内の暴力的な教師が僕の中学に集められていたというのもあった。

それでよくわからないけど勉強も市内の中学校では最下位だったらしく、これはもう運動に力を入れるしかないということで部活がとても厳しかった。
部活が休みなんて試験前しかなかったし朝練は6時からあったし。冬とか家を出るときはまだ星が出ていた。
夏休みも冬休みも部活がないのは3日くらいしかなかったし、それ以外で部活を休もうとすれば親の直筆の手紙が必要だったし、とにかくたくさん殴られた。

卓球ってその頃、21本3セットの試合だったような気がするんだけど、試合の時には顧問の先生がパイプ椅子にふんぞり返って座っていて、1セット終わるたびにそこへ報告に行く。床に正座してね。
そんで『21対17で負けました』なんて言うと、その言葉を言い終えると同時に殴られたりする。一度なんか勝ったのに殴られたことがあって、あれはなんだったのだろう?そんなに点を取られやがってと言っていたような気がするが、間違えて殴ったんじゃないかな?

まぁ、そんな感じだったので市内では敵なしだった。あっ、殴るって顔は平手でみぞおちはグーで殴られてたね。つーか、こうやって書いてみると今では尋常ではない世界だな。今、教師が暴力奮ったらとんでもないことになるもんな。

これね、こういう権力のある人が暴力で抑えこむという構図はとんでもないことで、絶対に間違っている教育だとは思うんだけど、これを体験したことによって、その後、大人になったときに起こるいろんな理不尽な出来事にも耐えられたということもある。難しいね。

あれ?なんの話だっけ?

1500mだ。え~、中学のときの1500mのタイムを僕は覚えていない(笑)
もちろん走るのは遅かったけど、こういう感じで走らされていたので、だんだんと速くなり、持久走とかでは真ん中より上くらいになっていた。短距離は相変わらずリレーで同じチームになった人たちに嫌がられていた。

でも、そうやって日常的に運動していれば持久走もすごく遅いわけではなくなったけど、部活を引退して運動もしなくなり、高校生になって初めて走った1500m走では7分くらいでクラスでペケ2だった。これもちゃんと走った結果。
なんだろう?やっぱり筋力がすぐ落ちるのかな?いや、元々筋力がないのかな?他の人たちだって運動してなかったはずなのになんで僕だけこんなに落ちるのだろう?と思っていた。

やっと1500m走って言葉が出てきた(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

07

コメント:

ストロベリーロードでジェットにんぢん40km走

あ~あ、もうタイトルがちょっと頭の悪い人みたくなっちゃってるよ…。

今日は40km走をやった。昨日の怪盗さんのロング走に参加したかったけど、昨日は家族が全員揃っていてちょっと一人出かけるのは無理だった。
一日過ぎただけで、いつものように 『ひとりぼっちのにちようび』 になったのでそそくさと出かけた。

昨日は速く走るつもりで走れなかった10km走。今日は完全にウルトラの練習。ゆっくりとキロ6分半~7分が目安。
なんか練習もいろいろで面倒だな。

前回の半分走の反省も込めて、たくさん着こんでスタートしたら、わりと今日は暖かい日で、暑くて、暑くて、やる気がなくなる(笑)
でも昨日、彼らは53kmも走ったのだ、と自分に言い聞かせながら何とか走る。
最初の1kmが7分32秒もかかってさらにやる気がなくなる。でも、まぁ、やらないわけにはいかない。だってもう100kmエントリーしてるし。
かったるくても7分32秒でもなんでもいいから走ろうと思いながら走る。橋を超えて5kmを過ぎる。ここからどんどん人里離れて民家も少なくなり畑ばかりになる。

いや、違った。実はこの道は『ストロベリーロード』と呼ばれているとてもおシャレなネーミングの道なのだ。ほら、なんか『ストロベリーロード』って名前だけで、ビートルズが曲作りそうだよね?そうそう、そんな雰囲気のある通りなのだ。

あっ、念のため言っておきますが私のマイコースシリーズをやる予定はありませんので、このおシャレな通りを紹介することはできません。皆さんの心の中で想像してごらん(笑)

そんなストロベリーロードをかったるそうに走っていたらiPhoneからGO!GO!7188の『ジェットにんぢん』という曲が流れて、それで少し元気が出た。

真っ赤に染まる 夕日に映ったものは
ジェットにんぢん

ジェットにんぢん 空とぶにんぢん
きのう見たんだ 夢じゃないのさ


みたいな歌で、そっか、いちごもにんじんも赤だね、とか思いながら走った。

でも全体的に今日はだるかったかな。
13km地点の自動販売機でスポドリ500mlを補給。やはりしばらく立ち止まっていた後は体が冷える。暑くても着こんでいてよかった。
19km地点で前回、心が折れたマクドナルドに着くが、ここを振り切らないと先が見えない。今日は立ち寄るものか、と思いながらも、でもなぁ、と思いながら走っているとThee Michelle Gun Elephantの『ダニー・ゴー』が流れて、それで少し元気が出てマクドナルドをスルーする。

振り返らず 錆びた風は続くだろう
ざらつくダニー かき鳴らしていくんだろう


マクドナルドをスルーして20km地点で折返し。また人気のない道へ戻る。やっと半分か。23kmくらいからもうつらい。つらくてつらくてしかたない。騙し騙し走る。

それにしてもなんだ。今日一日ほとんど走って終わるな。こんな時間あったら、銀座へお出かけして、デパートでお買い物して、ちょっとおいしいもの食べて帰って来られるじゃないか。あっ、いや、銀座へお買い物なんて行ったことないけど。
あれだな、今度生まれ変わったら、100kmマラソンにエントリーするような人間ではなく、銀座でお買い物するような人間になろうと思った。

27kmのコンビニで休憩しようと思う。コンビニと思いながら走っているとさらにいいことを思いつく。あのコンビニ、たしかミニストップだったはず。
ミニストップって中で食べられたよね?雨風凌げるってことだよね?暖かいよね?それってソフトクリーム食べろってことだよね?
0106IMG_4610.jpg
ミニストップのお姉さん天使かと思った。
ついでにお昼ごはんもということで、サンドイッチと温かい缶コーヒーとスポドリ500mlを補給。あぁ、もう出たくなかったけど、でも行かなくては。

その後もタラタラとというか見た目タラタラでホントは必死で走る。36km地点の自販機で水を500ml補給。
そのまま何とか40kmを走ることができた。

タイムが4:39:48で休憩総時間が38:11だったのでトータル5:17:59かな。

それでもあんまりやり遂げた感じはなかったな。だって100kmってあと60km走らなくてはいけないんだ…。
40km走っただけでずっと足が痛くて呻いていたって言うのに。
不安だ。何がチャレンジだ。まずいな、怖いな、不安だ。

まぁ、ソフトクリームはおいしかった。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

06

コメント:

すべてはサブ4のために 【其の弐】

前回何となく、というか続編でもないのに【其の壱】としてしまい、申し訳ない気持ちになったので【其の弐】も書いてみることにしました。
しかも、前回って10kmをゆるジョグで、みたいなこと書いたんじゃなかったっけ?
それなのに今回は10kmをゼーハーで走るという内容です。あぁ、迷走(笑)

3月のフルでサブ4を目指すとは言ったものの、具体的に何をすればいいのかということは実際のところはよくわからない。まぁ、うだうだ言わずに走れ!ってことだよね。
でも、きっと効率的な、自分に合った練習法なんてのもあるかもしれない。そういったことを探してみるのもいいかもしれない。

でも、3月ってすぐだからね。探しているうちに3月だね。きっと。
で、困ったときの神頼みではないけれど、僕がもらったアドバイスの中で

・10kmで50分切り
・ハーフで1時間50分切り
・30kmペース走をキロ5分30秒で走り切る


というのがある。これらができればサブ4ができるのではないか?ということだ。ちなみに今の僕はどれも達成できていない。
で、一番短い10kmで50分切りってどうやればできるんだ?と思っていた。
通常は距離が短ければ平均ペースも速くなるのに僕はあまり変わらないから余計難しい話だと思っていた。現時点では10kmよりハーフのほうが速いからね…。

そんなわけで、とりあえずサブ4はおいといて10kmで50分切りをするには?と思っていた。50分切りってキロ5分切らなくてはいけないからね。僕には難しいよ。でもこれができればいずれはサブ4なんだね、きっと。
あれだね、風が吹けば桶屋が儲かるとか、わらしべ長者とかそういうことだね、きっと。

そんなときに何となく始めたインターバル。これか?これが10km50分切りの秘密兵器か?と思った。ちょうど雑誌にも10km50分切りのメニューみたいなこと書いてあったし。
なのでこのインターバル。とりあえず10kmで50分を切れるようになるまで続けようと思っている。

そんで、最近インターバルのせいかわからないけどスネが痛くて、ちょうどお正月だしということで今週はインターバルは休みにした。だから今日は10kmをゼーハー言いながら走ってみようと思った。
10kmなんて最近はキロ6分くらいでしか走れない。なんとなく10kmコースはゆっくり走っていいコースになりつつあった。

今までのこのコースでのベストは54:36。平均ペース5:28。昨年の5月に出したタイム。今日はこのベストを超えるべくがんばろう。インターバルの途中成果を出すときが来たのだ。行くぞ~。

55:45。平均ペース5:35

走力あがってないじゃん…。あれ?

10km50分切りの挑戦はつづく☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

05

コメント:

仕事始めとか

1月4日からお仕事開始。
なんかあまり休みボケとかならず普通に月曜日が来た感じで仕事へ行ったら、今日金曜日だってさ!嬉しかった(笑)

実は新年にあたり1月は毎日走ってやろうかと思っていた。ジョグノの人を毎日埋めてやろうかと思っていた。
そしたら1月3日ランオフ…。3日坊主ですらない…。

いや、知り合いの家族が急にやって来てさぁ、そんでみんなで焼き肉食べに行ってさぁ、なんかまだ2日しか走ってないのに、いや、オレ今月毎日走るからたくさん食べていいんじゃね?などと思ってさぁ、そしたらお腹いっぱいになってさぁ、そんでさぁ、寝ちゃった。てへっ。

そんなわけで今日はもう新年早々に目標を見失ったので、とても寒いし走る気も失せて、しかも妻が仕事が遅くなったので、夕飯作ったりしてたらもう面倒になって、なんか疲れちゃったなぁ、今日もいいよ、明日がんばればさぁ、てへっ、って思ってた。

でも、皆さまのブログを読ませていただいていたり、明日の怪盗さん多摩川走破に思いを馳せたりしているうちに、ダメだ、ダメだ、全然ダメだぁぁぁ!と思うことができたので、走りに行こうと思った。その時、すでに23時30分を過ぎていた…。

0時45分に家に帰ってきた。やっぱ走ったあとは、走ってよかったって思えるんだよねぇ。

明日の怪盗さん企画。とても楽しそうで参加したかったのですが、都合つきませんでした。
参加される方々は寒さに負けずにがんばってくださいね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

02

コメント:

走り初めは月明かり15km走

え~と、今年も走ることにブログに楽しみながらがんばっていきたいと思います。
いろんなところで走ることやブログやブログ村が盛り上がっていけばいいと思います。
そのために私もいろいろ盛り上げていければいいと思います。
早速だけど年明け早々、企んでいることがあるので近いうちに記事にしたいと思います。

皆さま、本年もよろしくお願いします。

で、走った話。というか、年末の休みに入る頃から、なんというか気が抜けたというかタイミングよくというか体のいろんなところが何となく痛くなった。人間の体って自分に都合よくできてるもんだ。まったく。
スネとか足首とか膝とかそういうところに加えて腰も痛くなってきて、そんで、まぁ、そういう総攻撃に負けた(笑)

それで、さすがに年も明けたし、しかも当初の予定では年末がんばるぞ計画立ててたのに、ずっとランオフだし、さすがに今日は走ろう、なんて思ってたけど朝は寝過ごした。はは。もう力ない笑いしかないね。ふふ。へへ。ほほ。

それぞれの実家に顔を出し、だらだらと過ごしつつ午後9時過ぎに家に帰る。さすがに走らなくてもいいんじゃ?と思いつつも今日を逃したら年末年始の休みずっとこんな調子だ、と思い10時から走る。

とりあえず10km走ろうと思う。3km走ったくらいで足が痛くなる。まぁ、故障の痛みではなく筋肉痛みたいな痛み。スキーとかやるとスネあたりが筋肉痛になるけどそういう痛み。あっ、すいません。僕はスキーやらないからわからないや。バッティングセンターに久しぶりに行くとスネ辺りが筋肉痛になるけどそういう痛み(笑)

まぁ、とにかく足がなまってるんだろう。そうなると痛くて速くは走れない。タラタラと走る。
あまり寒くはなかったのでタラタラ走っても大丈夫そうだ。それならどうせタラタラしか走れないんだし距離を延ばしてしまおうか?と思う。
10kmコースは町外れの橋を渡ったところで戻ってくるんだけど、15kmは橋を超えてさらに進む。そこから先は民家もあまりなく道も真っ暗なので夜は行かないようにしているのだが、なぜか今日は空が明るいので、行ってしまうことにした。

7.5km地点で折り返した時に、空がなぜ明るいのかがわかった。月が明るいからだった。帰りは月に向かって走るようになった。足はどんどん痛くなっていたけど、タラタラ走ればいいんだし、空を見上げると月は明るいし、星もけっこう見える。そういうのを見ながら気を紛らわせる。

橋へ戻り、月を見ながらそこを渡っていると、iPhoneからRadioheadの『Creep』が流れた。月明かりに包まれながらこの曲を聴いていると、なんとも不思議な気分になった。月の中から音楽が流れているような、そんな感覚。

ウォークマンを初めて見たのは中学2年生だった。それまで音楽を外で聴くということがなかった。そしてそのウォークマンを友だちに借りて、初めて外で音楽を聴いたとき、僕はその音が空から降ってきたのだと思った。

月明かりに包まれながら『Creep』を聴いていたら、そのときのことを思い出した。
今年最初の走りは月明り15km走って書こうと思った。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

プロフィール

Author:アレキ
走りだして5年目に突入!!!
このまま走り続けたい

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad