--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12

31

コメント:

2012年を振り返る(レース編)

2月
森林公園完走マラソン(2:04:54)
初めてのハーフマラソン。この時点で未知の距離を走った。
なぜこの大会を選んだかというと制限時間がなかったから。
ハーフマラソンなんてそんな長い距離を走り切れるのかも不安だったのに、さらに時間まで気にして走るなんて無理だと思った。

3月
鴻巣パンジーマラソン(2:02:09)
森林公園はアップダウンばかりのコースだったのに比べてこちらはどフラットなコース。そのため森林公園を完走して、ここで2時間を切るというのが当初描いていた計画。まぁ、計画はあくまで計画だった。

4月
行田鉄剣マラソン(1:55:39)
今のところ、このレースだけがたった一人で参加したレース。でも2時間切りを達成することができた思い出に残るレースでもある。こじんまりとしていていい大会だった。来年も参加したかったけど日程の都合がつかず断念。

5月
春日部大凧マラソン(2:04:26)
右肩上がりに記録が伸びていくのだろうとなんの根拠もなく思っていた僕の思いをへし折ったレース(笑)これつらかったなぁ。河川敷のところとか、とくに。このレース、しばらく出たくない(笑)

10月
流山ロードレース(57:13)
とりあえず、この写真お気に入り(笑)たのくるさんありがとうございます。
1007IMG_20121007_091345S.jpg
ブログ村のたくさんの人たちと参加したレース。とにかく楽しかった。helloweenさんと一緒に走ったけれど、誰かと一緒にレースを走るというのも楽しかった。

ちばアクアラインマラソン(5:14:33)
僕の初フル。
1021002.jpg
うーぱぱさん応援ありがとうございました。
1021028.jpg

手賀沼エコマラソン(1:53:17)
10月だけでレース3本も出ていたんだ。すごいな。まぁ、おかげでこの手賀沼は練習と割り切って参加した。
なので前日には山にも行ったな。それなのに何となく真剣に走ってみたくなり撃沈しようと思い立つ。今から考えると撃沈願望ってなんだよ?と思うけど、いいのか悪いのか結果として自己ベスト更新。付いていくのに必死なギリギリ感が走っているときはつらかったけど、終わってみれば楽しかった。

11月
味の素スタジアムリレーマラソン
1103017.jpg
これはもう面白かったなぁ。アフターも面白かったし。55杯も頼んだし(笑)それでもこれでキロ5分を切って走るということが何となくわかったので今にとても役立っているレースだ。san-anさんのおかげです。走力低くても、勇気を出していろんなところへ出ていけば、そうやっていいことあるよ、ってな話ですね。

つくばマラソン(4:21:07)
これも楽しかった。いや、つらかったけど楽しかった。なんだろうなぁ、もう、あまり感想も思いつかないな。来年も出たいな、このレース。レースというよりはレースに向けていろんな方々の気持ちが高ぶってくる様子を感じられて、それでこちらも気合が入ってくる感じがとてもいい。
1125008.jpg

12月
埼スタEKIDEN(25:13)
駅伝ね。わりかしというか思ってたよりも楽しかった。5km自己ベスト。もう少しがんばって25分切りたいね。

足立フレンドリーマラソン(1:53:50)
走り納めレース。これも楽しかったなぁ。なんかもう楽しいとしか思いつかない(笑)でもそれでいいんじゃないかな。アフターも楽しかった。
12230001.jpg

参考記録(月間走行距離)
01月 100km
02月 116km
03月 152km
04月 179km
05月 150km
06月 132km
07月 200km
08月 200km
09月 200km
10月 201km
11月 179km
12月 193km
total 2006km


来年の目標というか、まぁ、タイム的にはフルでサブ4というのを目指していきます。でも、それも何というかそれほどこだわりはないんだけど、でもそれを目指す過程が大事なので、がんばっていきたいと思う。
あとは富士五湖。これはもう完走。何とか完走できるよう日々大切に練習していきたい。まぁ、今日は走りたくないなぁ、なんてヘタレな気持ちも大切にしていこう(笑)
このサブ4とウルトラ完走が達成、あるいはある程度満足いく結果が得られたら次のステージも待っている。それも来年の話だ。がんばろう。

あとは来年もここで出会った人たちとまた一緒に走り続けていきたいよ。みんないい人たちばかりでとても楽しい。

このブログを読みに来てくれる人たちも本当にありがとうございました。
皆さまのコメントはもちろん、読みに来てくれるだけでも、これだけの人たちが読みに来てくれているんだぁ、と思うと、それだけでブログを更新する励みになってます。

そういった意味では、会ったことのある人も、ブログ上で交流のある人も、まったく交流もなく僕のブログを読みに来てくれる人も、皆さんのおかげで僕はこのようなことを楽しみながら続けていくことができています。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

皆さま、よいお年を。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

12

30

コメント:

2012年を半年分振り返る(日常編)

今年もあと2日。思えばというか、今年が始まった時点でこんな1年になるなんてまったく想像できない出来事ばかりでした。
そんなわけで写真での振り返り。それも私がブログを始めたのが5月1日からなので、そこからほぼ半年分を振り返ります。

そもそも今の僕がいるのはここが始まり。いやもっと前の喜多マラソンの応援とかブログを始めたとかコメント入れたとかあるけど、まぁ、走り出したという意味ではここ。この日、僕は初フルより緊張した。
そして、今までブログを書いてきたけれど、このときの記事が自分では一番好きなような気がする。
記事はこれね。123ラスト
ハセツネ試走のお供。
DSCF2630.jpg
三頭山で動けなくなった後の休憩。なんかこの写真好き。
hide 053

尾根緑道へ行ってきた。これがきっかけで怪盗紳士のコメントがあり、ブログ村マイコースシリーズが始まった。振り返れば今の自分にとってブログ村マイコースシリーズはかなり大きな部分を占めており、とても大切な出来事だった。そのきっかけになる出来事。遠くても無理して行ってよかったと思う。
DSCF2828.jpg

広島にも行ったね。旅ランというのを初めてやってみて楽しかった。
728027.jpg
728034.jpg

ブログ村マイコースシリーズ始まる。記念すべき1回目。うーぱぱさん。AM5:30集合だったな。
812021.jpg
たのくるさん。暑かったな。スピード練習、ようやく役に立ったと思えてきたかも。
0819016.jpg
san-anさん。この日も暑かった。それでも22kmくらい走ったような気がする。仲間と一緒だと走れちゃうんだよね。
0825028.jpg

富士登山。と言っても富士登山じゃないな。リタイアしたから。これは来年絶対にリベンジ行くよ。企画するから楽しみに待っていてください。御殿場口駐車場AM0:00集合だけは決まってます(笑)来たい人はみんな集まってください。あっ、アベシルさんとさぶろうさんは強制参加です(笑)楽しみだなぁ。
0826007.jpg
IMG_0064.jpg

kinさんマイコース。病み上がりだった。原因不明の顔面痛(笑)それでもミステリアスな回でおもしろかった。
0909014.jpg
新横の雅さん。日産スタジアムの周りを走るなんてかっこいいなぁ、と思った。いつも自分は田んぼとかだからね。よこはま月例もまた出てみたいなぁ。
0916015.jpg
その後、オシャレな街、よこはまを弟家族と一緒にご飯を食べに行った。このおシャレな街をマイコースにされている方もいらっしゃるみたいだから今度連れて行ってもらおうかな。
0916028.jpg

ハセツネコンプリート。前編後編
これでハセツネコース71.5kmを走破した。分割だし、ヘロヘロでいつも迷惑かけたけど、なんかわからないけど嬉しかったなぁ。いつも誘ってくれることに感謝。
0915014.jpg

のべさんマイコース。へ?マイコース?(笑)でもこれ感激したよ。来年もぜひ行きたい。いや、でも日帰りで(笑)これ来年も絶対企画しよう。
0922034.jpg
bgさんマイコース。僕の初フルに合わせて30kmペース走をしてもらった。本当にありがたかった。
1006003.jpg
kantokuさんマイコース。千波湖と奥久慈のマイコースはどちらも面白かった。まったく対極にあるコースだけど、どちらにもkantokuさんを慕う仲間がいるのは一緒だった。ちなみにこの写真よくね?絵ハガキみたいでしょ?(自画自賛)。何気にお気に入りの1枚です。
1013003.jpg
さぶろうさんところの坂。つらかったけど面白かったなぁ。また行きたいな。
111001-2.jpg
helloweenさんマイコース(笑)もはやチャーハンしか覚えていないかも…。
1171018.jpg
ラストの怪盗紳士。この並んだ走り、完全に部活だよね。峠走やりたい人はうってつけのコースだよ。
12010015.jpg

さのマラソンの応援。iwatobiさんの素晴らしい応援に触れて、さのマラソンランナーの温かさにも触れることができて、本当に楽しい体験だった。応援も面白いな。北関東の女神に感謝。
1209013.jpg

山納め。ゆっくり登ったから今年1年を振り返るというか、踏みしめる感じで楽しかった。わざわざ愛知から来たlauraさんにも楽しんでもらえたようなのでよかった。
12240003.jpg

すごいな。記事にするとすぐに終わって、とくにたいしたことしていないように思えるな(笑)かなり充実した濃い内容の日々だったような気がしてたけど。
まぁ、でもまた来年も続けていけるのだろうと思う。今年出会った人々とまた来年も楽しく一緒に走ることができるのだろう。そしてまた新たな出会いもあるかもしれない。

走ることもブログを書くことも、それはそれで楽しいことかもしれないけど、やっぱりそれによって出会った人たちと来年も走り続けることができれば、それが一番嬉しいことだな。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

28

コメント:

そして、山納めへ

足立フレンドリーマラソンの翌日は今年最後の山、すなわち山納めへ高尾山に行ってきた。ちなみに12月24日ね。クリスマスイブね。聖なる夜ね。口笛吹いてね。そこへ山。

lauraさんが高尾へ行くというので便乗して行くことにした。ワタクシメがご案内差し上げまするでござる。ん?日本語が変だ。でも僕は稲荷山コースの入り口すらわからないので、ここは私の師をお呼びしようではないか、でもクリスマス、聖なる夜、う~ん、ダメもとでと思いながら誘ってみると、さすが山好き。来ていただけました。

最近のインターバル続きでロードストレスが溜まっているさぶろうさんとロードをがんばろうと言いつつやっぱり足が山へ向くチャレさん、そして毎週のように日本百名山(←たしかそうでしたよね?)の伊吹山を登っている山好きlauraさん、私の4人で山納め。
12240001.jpg
後ろの地図を見ながらlauraさんに高尾山の説明をさぶろうさんがされていた。それを聞いて密かに、ふむふむ、なるほど、そうなんだぁ、と思っていた。やっぱ僕には案内などできない(笑)
12240002.jpg

今日は今までで一番見晴らしがよくて快晴だった。富士山もくっきり見えた。朝のうちはそれほど寒くはなく、ちょうどいい気温で、それもまた気持ちがいい。今年最後の山をこんなに気持ちよく登れることが素直に嬉しい。あまりの気持ちよさにいつものように登りでぶつぶつ文句を言わなかったので、かなりいい気分だったのだと思う(笑)
12240003.jpg

昨日はlauraさんと僕はレースに忘年会。チャレさんは7時間のトレラン。さぶろうさんは連日のロード練習なので、今日はゆる~くほとんど歩きで進むが、それでもわりと早く高尾山頂へ。
12240004.jpg

走るというよりは歩く。土の感触と落ち葉の感触を踏みしめるように歩く。
12240005.jpg

この霜柱。さぶろうさんが撮ったもの。いつもこういうのに気付いて写真を撮れるんだよね、さぶろうさんは。僕は絶対にスルーしてしまう。なのであえて載せてみた(笑)
12240006.jpg

今日はゆっくりトレイルなので城山で折返し。なめこ汁を食べる。なぜか朝よりもこのくらいの時間から寒くなってきたのでこのなめこ汁が体に沁みる。おいしい。とてもおいしい。持参したおにぎりも一緒に食べる。おいしい。とてもおいしい。おにぎりのおいしさ普段の2.4倍(当社比)
普段は早朝トレイルなので茶屋がやっているのを見たの2回目(笑)
12240007.jpg

帰りもゆっくり歩く。最後のもみじ台のところの坂はさぶろうさんと2人で走った。あの坂、絶妙な角度と長さだと思う。あそこを走るのがだんだん好きになっていくのが怖い(笑)
12240008.jpg

そんな感じで4時間弱?くらいかな。ゆっくりと山納め。とても楽しかった。lauraさんのおかげでこうやって山納めができてよかった。今年1年。思えば不意に山へ行くことになってからまだ半年経ってないんだ。あれから…。いや振り返りは別でしよう(笑)
12240009.jpg
やっぱり山はよかった。そして一人ではなくみんなで行く山もよかった。
お付き合いいただいた皆さま。クリスマスだというのにありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

それにしてもよくマイコースやら山やらいろいろ動き回っていたときにタフだ、みたいなことを言われていたけど、lauraさんは車で愛知県から片道350kmを運転してやって来て、皇居を走り、翌日はハーフマラソンに参加し、その後の忘年会では尋常でないお酒の強さを見せつけ、そしてさらにその翌日は高尾山へ行って、そのまままた350kmの道のりを帰るという。しかも1週間前にホノルルから帰国したばかり…。

こういう人が本物のタフですな。すごい。

12

27

コメント:

☆足立フレンドリーマラソン レポ ラスト☆

10km地点で時計を見ると、11時56分だった。スタートは11時なのでこのままのペースで2時間切りはいけるだろうと思った。まぁ、時刻合ってないから秒単位ではよくわからないけど。
とりあえず今のままのペースでいいんだな。このままいけばいいみたいだ。

5:27
5:23
5:22
5:23
5:17
26:52
平均ペース 5:22

12km過ぎたあたりで一度スタート・フィニッシュ地点を通り抜ける。まだあるのかと思いつつ、もう半分以上は走ったんだと思いなおす。
そういえば怪盗さんに全然会わないなぁ、どこで応援してるんだ?と思っていたら見かけた。手を振るも気付かない。声をかけようと思ったが微妙に離れていたので、面倒になりやめた(笑)
まぁ、お姿を拝見しただけで元気が出ましたよ。ええ。そうですとも。

そんなことを思っているともう折返しのランナーが返ってくる。なので真ん中らへんに移動しながら走る。これ見ながら走るだけで気が紛れるし、彼らの姿は本当に『走っている』ので見ていて気持ちがいい(笑)
そんな『走っている』集団の中にhelloweenさん発見!颯爽と走りながら片手をあげてハイタッチをしてくれた。う~ん、helloweenさんのことかっこいいと思ってしまった(笑)
目標の90分切りも達成されたようで、長い故障生活からようやく抜けだす時が来たようだ。他人事でも単純に嬉しいぞ。

そのまま走り続ける。だんだんつらくなってきた。スカイツリーが真横になったら折返しだよとスタッフの人が言っていたが、あんな大きいものそうそう近づくわけがない。
そんなとき遠くのほうで人の流れがおかしなふうに見える場所があるのに気付く。まさか…な。

人の流れは土手を登ってる。さらに下ってる。ここは折返しコース。つーことはあれをもう1回?ここへ来てまさかの連続アップダウン?
これつらかった。しかも登り切っても折り返したらもう1回やるのかと思うと達成感もなにもない。

この坂を下を向きながらへーこら走っていると、声をかけられる。
折返し後の2度目の登りも終えて、あとは下るだけだ、終わったぞ、という優越感に浸り切ったsan-anさんが坂の上から声をかけてくれた。
高い位置から僕を見降ろすsan-anさん。この図式。なんかイヤだ(笑)

まぁ、それでも元気出た。下を向かずに前を見て走る。

その後はうーぱぱさんともハイタッチ。あんだけやる気なかったはずなのにけっこういいペースで走っているように感じた。さすがジョグで鍛えていただけのことはある(笑)

5:21
5:28
5:13
5:42
5:05
26:49
平均ペース 5:21

折返し直前にkinさんが待っていた。おぉぉぉ、なんか元気出る。
なんかkinさんが優しく佇んでいるのが見えて、それ見て嬉しくなる。それで折返して戻ってくると僕によくわかるような場所に移動していて、また優しく佇んでいる(笑)それで写真まで撮ってくれる。kinさんらしい優しい応援だった。
12230002.jpg

そのままlauraさんともハイタッチ。これで第2折返しはみんなと会えた。やはり折返しはいいね。
残り3kmくらいからは余力を残さず行け~、という感じで。まぁ、それなりにがんばった。

5:13
0:45

total time 1:53:50
平均ペース 5:24

今回は自分としてはほぼ5分40秒で走れていると思っていた。スタートロスもわからず1分くらいだろうと思っていたら3分近くあった。5分40秒でもまあまあつらかったが、それは前日からのお尻と太ももの痛みとか、足の重さやだるさとか、そういった部分が影響しているのだろうと思っていた。
でも実際に終わってみるともう少し速いペースで走っていた。手賀沼の時は必死で走っていたペースとほぼ同じ速さを体感で5分40秒だと思うことができたことは、これっていいことなんですよね?違うのかな?

まぁ、とにかくそういった細かい話はいいやということで忘年会へ突入!
ここからよんたろうさんも加入。昼間から忘年会へ行ってくると言って家族を驚かせたようだ(笑)

オレ、グランドスラムを達成したようだ、という怪盗さんへのお祝いにワインを注ぐと、そのシャッターチャンスを逃さないブロガーたちの図。
12230003.jpg

いつものことながら楽しかったよ。詳細は割愛。でも昼の2時半から始めて2次会が終わったのが午後9時だったよ…。
12230004.jpg
皆さん、楽しいひと時をありがとうございました。

東京の東でヘロヘロになりながらも明朝6時半には東京の西へ行かなければというプレッシャーの中、帰路へ着く。
おしまい。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

26

コメント:

今日のインターバル情報

足立フレンドリーマラソンのレポの途中ですが、ここで今日のインターバル情報です(笑)

今日は北の風、気温2度。寒い、寒い。本物の寒いやつだった。
雪国の皆さま、ごめんなさい。

連休中のレースと山が効いたのか、足が重い。
朝からインターバルのことを思うだけで自然と吐き気が(笑)

4:59(1:28)
4:52(1:38)
4:47(2:00)
4:52(1:56)
4:50

これが限界。何が1本増やして9本だ。5本で終了。やはりへたれ。弱い弱い。

引き続き、足立フレンドリーレポをお楽しみください。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

あっ、レポは明日の朝、更新予定です。続きまだ書いてない・・・。

12

26

コメント:

☆足立フレンドリーマラソン レポ その2☆

スタート地点は目標タイム2時間のところでlauraさんと一緒にいた。いろいろとお話をしつつ、今日はどんなふうに走ろうか?と考えていた。手賀沼の時もそうだったけど、いつも直前まで決まらない。
手賀沼のときのような撃沈願望はなかった。というか何だよ、撃沈願望って?バカなの(笑)

とにかく今回はそんなのは嫌だ。とりあえずタラタラと走ろう。でもタラタラにも程度がある。やはり2時間は切っていないとダメだろう。もう2時間を見てはいけない人間なんだよ、オレは。
と何となくかっこつけてみたものの2時間以内だと5分40秒だからけっこうつらいよな、やっぱキロ6分?とも思う。どっちにしようかな。

そんな感じでスタート。スタート直前にlauraさんのベストが2時間ちょっと超えているということを聞いた。
ん?ということは僕が2時間切りを目標に走って、それにlauraさんが付いてくれば自己ベストを更新できるのか?
わざわざ東京まで来たのだから、ここで2時間切れたらいい思い出になるよね?
え?それって、もしかしてペーサーってやつ?オレ、ペーサー? 『ブログ村陣地へ最後に還る男アレキ』 がペーサー?

かっこよすぎるので、スタートしてすぐに5分40秒で走ることに決定!!(笑)

いつものように携帯アプリはポケットに閉まったまま。時計もストップウォッチ設定できず。さらに時計は時刻が合っていない。30秒くらい遅れているはず。スタートロスも何分かわからない。ホントにこれでペーサー?
いいさ、こうなったら自分の体感を信じるんだ。自分の走りで5分40秒。もうそろそろそういうことができてもいい頃だぞ、オレ。

なぜ、そんな自信に充ち溢れていたのか、今となってはわからない。それでも5分40秒で走ろうと必死だったので黙々と走り、たまに後ろに付いてきているlauraさんのことを確認しながら走った。
体感的には5分40秒で走れている感覚だった。これはこれで自分もつらいが、でも2時間切れればと思いながら走った。
じゃぁ、答え合わせ。

5:47
5:19
5:20
5:26
5:2227:14
平均ペース 5:26

やっぱダメじゃん(笑)
lauraさんはきっちり付いてきてくれていた。でもホノルルで痛めた足の痛みがぶり返したみたいで5km地点で、もう少しゆっくり走りますとのこと。
あぁ、それにしても何がペーサーだ。やはりそんなこと無謀な試みだったのだろう。lauraさんにはとても悪いことをしてしまった。自責の念に駆られつつ、たった5kmで目標を見失い、路頭に迷いながら、流れのまま一人で走った。残り16kmが何の意味もないものに思えてきた。

残り16kmと考えるとあまりにつらいので誰かの後に付いて行こうかと思ったが、やはり付いていきたくなるようないい感じのスピードとリズムで走っているのはおっさんばかりだったので、その作戦はやめた。走り納めでそれは、あまりにつらい。
そうこうしているうちに第一折返しを折り返して来たランナーが走ってくるので、真ん中あたりを走りみんなを探すことにする。今回は折返しが2箇所あったのでとてもよかった。
helloweenさんは見つけられず、san-anさん、うーぱぱさんとはハイタッチ。自分も折り返してすぐにlauraさんに声をかける。

5:23
5:26
5:27
5:18
5:2326:57
平均ペース 5:23

それにしても単調なコースだ。わかっていたこととはいえ単調だ。遠くに見える橋がいっこうに近づかない。それでも、この時点では時刻の合っていない時計を見ながら、とりあえずグロスで2時間切りを目標にしてみようかと思っていた。
ペーサー失格の落ち込みから立ち直り、そんな前向きな目標を再設定できたのは、ほとんど応援のいない、それも単調で地味な河川敷のコースに立っているボランティアの高校生の温かく熱心な応援のおかげだった。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

25

コメント:

☆足立フレンドリーマラソン レポ その1☆

今年の走り納め、足立フレンドリーマラソンに参加した。
今年一年、走れなくなるような大きな故障もなく、参加したレースは一応すべて出場し完走したわけで、そういったことに感謝しつつ、振り返りながら走るレースだ。いや、そんな大げさなものでもない。

前日に6km走ってみたところ、太ももとお尻の間に痛みがあり、着地するたびに響くような痛みだった。他にも痛みはあるけど、その痛みが一番気になった。
でも、まぁ、みんな走ってればどこかしら痛いんだろうし、それが大丈夫な痛みなのか、ダメな痛みなのかいまいちわからないし、だからまぁ、参考程度。

そんなこともあってかあまり乗り気ではない。というか朝の布団があったかくて幸せな季節になりましたね。布団から出たくない(笑)
しかし、今日はわざわざ愛知県からlauraさんがやって来る。お会いできるのが楽しみだ。それにしてもなぜlauraさんは東京の、しかも北千住のレースを1年の締めくくりに選択されたのか?いまいち理解できない(北千住の皆さま、すいません)

なぜなら、lauraさんはほんの2週間前にホノルルマラソンを完走されているのだ。
1年の締めくくりに相応しい、ホノルルマラソンのかなり華やかな記憶を、なぜ地味な北千住の河川敷のハーフマラソンの記憶で上書きをされようとしているのか?まったく理解できない(北千住の皆さま、すいません)

でも、まぁ、人にはそれぞれ事情があるのだろう。あっ、そうそう。事情と言えば、このレースの後にはブログ村の皆さんで忘年会が企画されていたのだが、僕はそれには参加する予定ではなかった。しかし当日になって結局は参加させていただくことになった。まぁ、楽しみだ。どのくらい楽しみかと言うと、走るのが面倒になったくらい楽しみだ。

レースの参加者はうーぱぱさんhelloweenさんsan-anさん、lauraさん。helloweenさんは90分切りを目標にすべくかなりの気合が入っていた。lauraさんはレースになのか、むさくるしいおっさんどもになのかわからないけど、けっこう緊張されていたようだ。それ以外の僕も含めたメンバーはそれなりに(笑)
むしろ応援にきていた怪盗さんのほうが気合が入っていた。スタートまでまだ時間がある会場でいきなりキロ4分で走り出したし、しかも僕たちより長い30km近く走ったみたいだし(笑)

そんな怪盗さんの快走を尻目にlauraさんから頂いた大量のお土産お菓子をつまんだりしながらまったりとスタートを待つ。
1224002.jpg
lauraさん、ありがとうございました。

今回のこのレース。河川敷の、しかも東京と言えど、地味な足立区の北千住のレースだけど(足立区の皆さま、すいません)レース自体はけっこうよかったです。まだ第3回のレースだけど運営もしっかりとされていたし、年末の高揚感みたいな雰囲気も感じられたし、みんな土手に敷物しいてまったりとしていたりなんかして楽しい感じ。ボランティアの高校生の方々の熱心な応援もよかった。今回は風もなく気温もマラソン日和だったのでさらにいい印象でした。河川敷でも地味でも悪くないじゃん、って思った。

そうこうしているうちにスタート時間。行ってきま~す。
12230001.jpg

あぁ、1回で終わらなかった…。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

24

コメント:

足立フレンドリーマラソン走ってきたよ

足立フレンドリーマラソン走ってきました。

風もなく、そんな寒くもなく、なかなかいい天候でした。
タイムは1:53:50でした。(自分時計)

自己ベスト更新ならずでしたが、自分としては前回の手賀沼よりも満足できるというか、まぁ、よかったです。
詳細は後日。あっ、今回のレポは1回で終わりにできそうな気がしてます。

それとアフター参加できない予定だったのですが、いろいろ変更があり、やっぱり参加しました。
いやぁ、すごかった(笑)

今年はこのレースが走り納めですが、明日は、いやもう今日ですけど、山納め(?)に行ってきます。早く寝なくちゃ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

23

コメント:

本日は足立フレンドリーマラソン

今日は足立フレンドリーマラソンです。

といってもとくに書くこともなく…。
あっ、河川敷で行われるレースって初めての参加です。何となく今まで敬遠していました。延々と続くコースが見渡せるし、風とか吹いたらとても寒そうだし。

でも、今年最後のレースで走り納めだし、年末感があっていいじゃないか、という友だちの誘いに従って出たわけです。
なんか、朝起きて布団から出たくなかった(笑)

それでもこうやってブログまで書いているのだから、まぁ、行きます。当たり前か。

走るのとは関係ないのですが、今日もまたいつもの皆さんにお会いできるのが楽しみです。あれなんですよね、いつもレース中は見かけないんですよね(笑)

それに今日はわざわざ遠方から、地味な河川敷のレースに参加される方に会えるのも楽しみです☆

私は今日はアフターには参加できませんが、年末だし、盛り上がるんだろうなぁ。いいなぁ。

ま、そんなわけで行ってきます。ブログもそろそろ始めようと思います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

20

コメント:

今夜はインターバルだから…あとCW-X補修の件も

更新絶賛お休み中ですが、今夜は更新いたします。
なぜなら今夜はインターバル走をやったから。
あんなつらい練習をしていながら記事を更新しないなんて、どうかしてますから(笑)

それにしてもインターバルってカーニバルみたいですね(意味不明)

さて、今日も1kmを5分で走る。つなぎの200mは70秒。で、前回は7本やったので今日は8本だ。

4:48(1:20)
4:48(1:24)
4:45(1:29)
4:49(1:38)
4:47(1:35)
4:47(1:59)
4:47(1:54)
4:41

う~ん。ペース速過ぎたのもあるけど、つなぎの70秒ってどうやったらできるんでしょうか?
それにしても疲れる。7本目くらいから呼吸音が変だった。なんかB級な電子音がしたな。
次回もやるのだろうか。次回は9本なのか?う~ん。どうしよ…。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

本日コメントをいただきまして、それはCW-Xの修理のことについてでした。
私は以前、ワコールにCW-Xを修理してもらったことがあり、そのことを記事にしています。この記事。
そのいただいたコメントによると修理の内容に変更があったようです。今までは送料無料だったのが、自己負担に変わったことと、修理できる状態も変更があったのかな?

いずれにせよ、私は直接確かめたわけではないので詳細はわかりませんが、ただ「CW-X 修理」という検索ワードでこちらのブログに来られる方もいらっしゃるようですので、一応記事にしておきました。
修理を検討されている方は事前にワコールへご確認いただくとよろしいかと思います。

コメントいただきありがとうございました。

12

17

コメント:

戯言

一つ一つの事情は大したことではないけれど。
全く取るに足らないようなことであるけれど。
全然問題ないはずなのに。

それでも、それらがまとめてやってくると。
細い糸がこんがらがって太い糸になるとか。
筋肉の筋が凝り固まって太い筋になり、やがて痛みへとか。
犬の毛が毛玉になって追加料金取られるとか。

まぁ、なかなか思うようにいかない事態が発生したりする。

そうなると、走りたいのに走れない。やがて走りたくない。

不思議なもので、走ることと書くことは連動した行為ではないはずなのに。

なぜか、書きたいのに書けない。そして書きたくない。

そんなわけで、ブログ更新一週間ぐらいお休みします。
若しくは更新頻度落とします。

ってすでに3日くらい書いてないけどね。時は無情だ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

14

コメント:

思い出の1500m走 その2

運動神経?運動能力?基礎体力?

やはり、小中学生の頃に運動ができないということは何かと生きづらい世の中になるので、いろんなことを考える。

彼と一緒に走り続けていたことは、彼の家庭の事情で終わりになる。
そして少年サッカー団も6年生になった時に僕の家庭の事情で辞めなくてはならなくなった。

そうなると僕の持久走能力はすぐに落ち、元にもどる。
でも、これいつも不思議だった。基礎体力って人によってかなり違う。

僕なんかはそうやってまたペケ争いに戻るけど、たとえば中学の時に、太いズボンを履いて、横浜銀蝿を敬愛して、えぇぇ、ちゅーがくせーのくせにそんなのすっちゃだめなんだよぉ、というようなものを吸い、いつもしゃがんでいて、運動なんかしないくせに、持久走大会では上位に入る人たちがいるというのは、全く納得できない事柄だった。

彼らの運動能力とか基礎体力は落ちないのだろうか?それに比べると運動しなくなった時の僕の落ちっぷりは何が違うのだろうか?

たぶん筋力じゃないかと僕は思っていた。僕は筋肉が本当にないし、つきにくい。まぁ、オレはマッチョになるぞ!と意気込んで身体を鍛えたことがないから、本当につきにくい体がどうかはわからないけど。

銀蝿組の彼らはゴツいというかそういう筋肉質な人が多かったような気がする。まぁ、そもそも体力も気力も持て余していて、ぶつけどころがないので銀蝿を敬愛しているのだ。僕とはスケールの大きさが違う。

中学生になった僕は運動部に入ろうと思っていた。僕の中学にはサッカー部がなかった。その頃ってまだそんなに人気のあるスポーツではなかった。全国高校サッカーの開会式は元旦に行われていて、それを観に来た人はその後に行われる天皇杯の決勝を観ることができたのに、見ないで帰る人も多かった。マラドーナのメキシコW杯ももう少し後の話だ。

それで、僕はテニス部か卓球部か迷った挙句に卓球部にした。決め手はテニス部には怖そうな先輩がたくさんいたからだ。

そこで驚くべき事態が発生する。
運動会だろうが持久走大会だろうが水泳大会だろうが、運動というものではいつもペケ争いをしていた僕が、一年生の秋の大会では、一年生で二人だけ試合に出られたうちの一人になり、そのもう一人の彼と出たダブルスでは市で3位になったのだった。

正直な話、生まれて初めてもらった賞状だった。

う~ん。どんどん1500mの話から遠ざかっていくぞ(汗)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

13

コメント:

インターバルな男の12km走

まぁ、あれです。たった2週続けてインターバルやったくらいで標記のようなタイトルを付けてしまう自分を、かわいいと思います(笑)

前回、インターバルのつもりがペース走の設定になっていたようなので、今回はきちんと雑誌を読みなおそう。まぁ、ペース走といっても設定守れなかったからそうでもないんだけど…。

(1) 4:50(70)

(2) 4:40(90)

この2パターンをやるといいんだそうだ。1kmのタイムと( )が200mのつなぎのタイム。なんかつなぎの時間を変えることで鍛えられる部分が違うらしいよ。よくはわからないけど。
ちなみにこれを5本やると5kmを25分切りの練習で10本なら10km50分切りの練習になるんだそうだ。

ただ、まぁ、前回の様子からいって、この設定タイムは厳しそう。段階を踏むということで

5:00(70)×10にすることにした。

よし行くぞ!

って2本目で早くも10本は無理と泣きを見せる(笑)しかもつなぎ70秒も無理。とりあえずできるところまでやってみようということになる。
結果はこれ。

4:56(1:19)
4:52(1:16)
4:54(1:20)
4:56(1:25)
4:57(1:29)
4:57(1:30)
4:48

5本終えた時点で、足がぁ、肺がぁ、全身がぁ、という状態になり、とにかく前回の6本だけは何とか超えようと思う。
そして、そんな自分の設定目標最下限に達した7本で終了した。

まぁ、2週続けてやったということで。
いまいちピリッとしないけど。
まぁ、ゆるっとでいいじゃないか、ゆるキャラだもの…。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

12

コメント:

思い出の1500m走 その1

ダニエルの表って1500mのタイムがあるけど、みんな1500mって走るのだろうか?
中学生とか高校生の頃だよね、1500m走るのって。

それで1500m走の思い出。

以前に、僕は運動神経が鈍くて、足が遅くてどうしようもなかったみたいなことを書いたことがある。

本当にひどかったよ。そんな恥部を曝け出さなくてもいいような気がするけど、50m走とかいつもクラスで最後の方だったし、逆上がりも中学3年くらいまでできなかったし、跳び箱は6段跳べなかったし、マット運動も前転しかできなかったような気がする。

あれね、リレーとかを体育の時間にやったりするけど、その同じチームに僕がいるとわかった時点での落胆するみんなの顔とかね。一生懸命走っているつもりなのに、なに歩いてんだよ、と言われたりね。あれさぁ、足の遅い人でへらへらしながら走っている人っていませんでしたか?あれ、ふざけて走ってるわけじゃないんだよね。あまりの遅さに恥ずかしくてへらへらした顔になっちゃうんだよね。
うわぁ、思い出したら悲しくなってきた(笑)

長距離は持久走って言ったよね?それも当然遅かった。でも短距離と違って長距離は走り続けるとわかりやすく速くなるんだなぁ、と思った。
それは小学5年生の時に、友だちにキャプテン翼くんみたいにサッカーが好きで上手な人がいて、その友だちに少年サッカー団に誘われて加入して、加入すると当然、他の人たちから、何だ?お前の足の遅さは?みたいになって、僕を誘ってくれた友だちが、じゃぁ、毎朝一緒に走ろうぜ、と言い出した。
自主練ってやつだね。

冬だったな。たしか。うす暗い中走り始めて日の出を迎える感じだった。1kmか2kmかそんなものだ。でもその彼と一緒にほぼ毎日走った。
今から考えるとなんで僕のことを少年サッカー団に誘って、そうやって一緒に走ったんだろう?だって彼は5年生でただ一人6年生のチームで試合に出ているようなとてもうまい人だったから。
まぁ、そうやって彼と毎朝走っていた。そしたらその年の持久走大会でいつもペケから何番目とかにいた僕が、真ん中あたりになっていてとても驚いたのだった。

運動についてはすっかりあきらめていたから、というか運動以外でもとくに得意なものはなかったけど、でも、まぁ、こんなに変わるものなんだ?とびっくりした。

あ、ごめんなさい。1500m走の思い出は高校生の頃の話を書くつもりだったのに、なぜか小学5年生。これ長くなりそうな予感。
不定期の続編で進むと思われます(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

11

コメント:

すべてはサブ4のために 【其の壱】

えーと、久しぶりに通勤電車の中で書きます。8時半くらい更新予定。
それにしてもタイトル今思いついたので何を書くのか自分でもよくわかりません。
今日は書くのやめようと思ってたくらい。

其の壱ってなってるけどとくに続編でもありません(笑)

う~ん、ちゃんと更新できるのか?

##########

先日、怪盗さんのマイコースへ行き、みんなでお昼ご飯を食べていたときに、サブ3.5を目指すには何をすればいいのか?という話題があがった。

つくばで見事サブ3.5を達成した(笑)怪盗さんが練習法とかを話していた。
怪盗さんは知識があまりないと自分では仰っているが、ご自分の考えや思いを的確にわかりやすく表現できる能力に長けたお方だ。ブログを読めばそれはわかる。なのでその話なり説明なりはとてもわかりやすい。

でも、僕にはサブ3.5など関係ないので気にしてなかった。話がひと段落した後に、サブ4を目指すにはどうしたらいいか?と怪盗さんに聞いてみた。

ご自分の考えや思いを的確に表現できる能力をお持ちの怪盗さんは、僕のことを一瞥した後に

「まずは、やせましょうか」と簡潔に言った。

はぁ、そうですか(笑)
でも、たしかにそうなのだ。僕に会ったことがある人はわかると思うけどまだまだ改良の余地がある、のびしろたっぷりの体型なのだ。
でもね。痩せない。だてにチーム75にはいない。

ちなみに走り始めた昨年の5月。体重は85kgを超えていた。
月間走行距離の変動は昨年5月~10月までが平均100km弱。11月~今年6月までが平均150km。7月~今までが平均200kmとなっている。

体重の変動は走り始めてから月に1kgずつくらい地味に減っていき、今年2月に75kgとなってから変動はない。減らない(笑)もう笑うしかない。

食べる量はそんなに多くない。まぁ、とくに食事制限とかもしていないけど。油っこいものとか肉とかもそんな食べない。とんかつとか年に1回食べるかどうか。ホントかなりささやかな食事だ。ご飯と納豆だけでも平気だし。

というか、食事の量が多かったとしても走り始めたときと量は変わっていない。走行距離は増えていて食べる量が変わっていないのに、なぜ体重が減らないのか?しかも、のびしろたっぷりなのに。まだ痩せる余地はたくさんあるのに!いったいどういうことなんだ!ったく、もう!プン!プン!

なんかすっきりした(笑)

月間走行距離が増えたことによって、1回の走る距離が長くなっている。あと7月以降、山にも行っている。
僕はこのロング走と山がいけないのではないか?と思っている。なんか身体が必要以上に体内にエネルギーを溜め込もうとしているような気がする。

体から
「あれ?なんだ、せっかく長い時間、耐えられるようにエネルギー溜め込んであげたのに、あまり使わなかったね?う~ん、でもとても残念だとは思うけど、余った分は引き取ってもらうようになるんだよね」と言われているような気がする。

そんなわけで痩せるには10kmくらいの距離をゆっくり走るのがいいんじゃないか、と思っている。

なので、サブ4達成のために今後は10kmゆるジョグに力を入れていこうと思う。たぶん。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
追記:タイトル変更しました。

12

10

コメント:

さのマラソンの応援に行ってきたよ

さのマラソンの応援に行ってきました。
なんでそんな遠くに?って思うかもしれませんが、自分でもよくわからないのです。

いやいや、僕の友だちが参加するので、なんとなく流れで、じゃあ、応援に行くから一緒に行こう!!となった。
まぁ、たまにはそういうのも面白いかもしれないし。

それで、このさのマラソン。自分が出るわけではないのであまり気にしていなかったけど、気付くと情報があまりに少ない。
事前に応援ポイントだとかどんな雰囲気の大会だとかを調べようと思ってもそれほど情報がない。

そんなときにiwatobiさんの、さのマラソン特集記事(?)を読み、大変感激した僕は思わずコメントを入れて、当日お会いできるといいですねぇ、となったのだった。

車で現地へ行ったが渋滞も全くなくスムーズに駐車場に止められるし、受付会場の体育館も静かな時が流れるようでまったくストレスを感じない、こじんまりとしたいい大会に思える様子。
受付会場。適度な人数(笑)
1209IMG_4000.jpg
今回、僕はまったく緊張していないのでレース前の雰囲気を楽しんでいた。いつもは出店のテントとかも見る余裕ないのに手袋買っちゃったりして、楽しかった。
ゴールゲートの写真撮ったりして。
1209IMG_4681.jpg
僕の今までの経験を総動員してもマラソン大会の先頭がどのようになっているのかは知らない。
それも見ることができて大変嬉しかった。この場所でも応援の数はまばらだった。
1209001.jpg
白バイもちゃんといるんだね。フムフム。勉強になるな。
1209003.jpg
がんばれ~、とかって恥ずかしくて声はかけられない。しかし、この後、僕は覚醒する。
1209005.jpg

とりあえずスタートを見送ってから、自分も走り出す。次の応援ポイントは20km地点。ホントはスタートを見ずに10kmへ行こうと思っていたが、出遅れた。
たらたらとのどかな風景を見ながら走る。
1209006.jpg
1209007.jpg
8kmちょっと走ってようやく20km地点に到達。スタートから1時間半経過くらい。
一人の女性が元気よく、明るく応援している。その女性は道路の反対側にいる僕に気付くと声をかけてくれた。iwatobiさんだった。

正直、ほとんど沿道に人はおらず、ランナーは黙々と走っているのだが、そんなところで明るく元気よく応援されているiwatobiさんは、多くのランナーを元気づけていた。
ハイタッチがとんでもないことになっている。たぶんハイタッチ率75%ぐらい(笑)いや、冗談ではなくホントに。
さのマラソンのランナーの方々も温かく、iwatobiさんの応援も温かいので、こういうマジックのような数字が成り立っているのだと思う。

僕は今まで喜多マラソンの応援しかしたことがなく、またそれはかなり小さな声で呟くような応援だった。ま、単純に恥ずかしい。
なので最初はiwatobiさんのお隣で、ボーっと見ているだけだった。しかし、そんな僕をも勇気づけることができる応援をiwatobiさんはされているので、だんだん声をかけるようになり、拍手をしたり、そして、ついに、手をそっと差し出してみた。

うぉぉぉぉ。ハイタッチだ!! すごい。みんなハイタッチしてくれる。笑顔でしてくれる人も、無表情でしてくれる人も、つらそうな顔でしてくれる人も、そのときのランナーの状態がわかるような気がするし、とにかく、楽しいぞ、これ。
そのまま調子に乗って、たくさん声をかけて、たくさんハイタッチをして、楽しいぃぃぃ!!!と思っていた。

それにしても、あれです。こんなにランナーを元気づけ、そして僕の勇気も奮い立たせてくれるiwatobiさんは素晴らしい方ですね。
まさに『北関東の女神』だと思った。

その後、iwatobiさんと30km過ぎに移動。
私設エイドでチョコを配る北関東の女神の図。
1209013.jpg

僕は40km地点へ行くために、途中で先に走って行くもiwatobiさんに抜かれる(笑)
それにしてもああいうバイク?自転車?よくわからないけど特殊な自転車ってすごいですね。水泳の蹴伸びの上手い人みたいにペダル一漕ぎでスーッと進んでいかれてました。

40km地点になるとランナーにも余裕がない。それでもハイタッチをしてくれる。
ヘロヘロでもわざわざ進路を変えてまでこちらに来てくれる人とか、ハイタッチではなく僕の手を握り締めてから力強く走っていく人とか、つらそうな表情の人がハイタッチしながらパッと明るい笑顔になったりだとか。これね、涙が出そうになる。

20km地点でも40km地点でも僕の友だちともハイタッチをしたんだけど、40km地点でその友だちが行ってしまった後でも、なんかこの場所を離れられなくてしばらく応援を続けていた。

うん。すごいよかった。
iwatobiさんのおかげです。本当にありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

09

コメント:

RUNNET EKIDEN in 埼スタ

タイトルのとおり、駅伝に参加しました。
今回は会社の人たちと参加しました。4人で1チーム。1人5kmを走って襷を繋ぐレースです。計8人で参加。

僕は会社の友人と一緒に走り始めたので、僕が走っているということは会社の人々も何となくはわかっている。
で、以前、飲んでいたときに、そんな走るなんてすごい、信じられない、私には無理、と皆が口々に言うので、いや、こんなの誰でもできるから、試しに5kmくらいで挑戦してみる?と言って、え~、いや無理、どうしようかなぁ、なんて話が盛り上がった。
でも、そういうのって飲みの席での盛り上がりだから大抵は、というかほぼ100%は冗談で終わるタイプの話。

僕は、そういうのを冗談で終わらせないのが好き(笑)

なので、そのまま本当にエントリー。皆さん、わりと一生懸命練習されていた。終わってみれば楽しかったようで、また5kmまでなら出たいと皆さん仰っていた。

一緒に走り始めた友人以外にはさすがにブログをやっていることまでは言っていないので、ここでは駅伝の詳細は割愛させていただきます。知らないところで勝手に記事にされても嫌だろうし。

1208IMG_9485.jpg
僕は今回1区を走った。最近、ダニエルの表とかが気になってよく見るんだけど、相変わらずうまく当てはまらない。
あっ、表とか載せて説明したいんだけど、それって何?きゃぷちゃー?やり方がよくわからないので文字のみでお伝えします(笑)

僕のベスト記録は

05km 27:19 平均ペース(5:28)非公認マイコース
10km 54:36 平均ペース(5:28)非公認マイコース
ハーフ 1:53:17 平均ペース(5:22)手賀沼エコマラソン
フル  4:21:05 平均ペース(6:11)つくばマラソン

となっていて非常におかしなことになっている。ハーフが一番速いって(笑)
なので今回は5kmの自己ベストを妥当なものに更新したいところ。
せめてハーフのペースよりも速くは走りたい。欲を言えば25分を切りたい。

疲れるね。5kmって。こんなに切羽詰まって5kmを走ったことがない。普段のマイコースだと無理だね。
4kmを過ぎた時点で、すごくがんばれば25分切れるかも?という感じだった。ただ今回はストップウォッチにしなくて時計のみで、その時計も微妙に時間が合っていなかったので計算できなかった(笑)
まぁ、余力を残さずがんばればいいのさ、と思いながら走る。がんばれ、オレ。

25:13 平均ペース(5:03

う~ん。あと少しだったのに。でも、まぁ、大幅に更新できたのでよしとしよう。
というわけでけっこう楽しかったです、埼スタ駅伝。気候もよかったし。

5kmとか10kmとか速くなるのはやはりインターバルとかのスピード練習がいいのかなぁ?
う~ん、あれ定期開催するの嫌だなぁ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

08

コメント:

そして、次のステージはチャレンジ富士五湖100kmだ!!

今後のレース日程。

12月23日
足立フレンドリーマラソン(ハーフ)
走り納め。風が強く吹かなければ自己ベストを目指したい。
風が強く吹いてたら今年1年を振り返りながら風に吹かれて走る。

1月13日
フロストバイトロードレース(ハーフ)
1月はレース入れるのやめようと思ってたのに、ついついエントリー。だってみんな楽しそうだったんだもん(笑)
なので楽しめればいい。

2月11日
森林公園完走マラソン(ハーフ)
昨年、生まれて初めて走ったハーフのレースがこれ。なのでエントリー。平地がなくアップダウンばかりなのでいい練習になるかな。

2月17日
青梅マラソン(30km)
これもみんな楽しそうだったんだもん 2 (笑)
フル前の30kmペース走のつもり。

3月2日
鴻巣パンジーマラソン(ハーフ)
フルの前にハーフ1時間50分切りたい。ここでできれば上出来。

3月24日
古河はなももマラソン(フル)
サブ4目指す。できるかどうかは知らない。でも目指す。

4月7日
Lafuma青梅高水山トレイルラン(30km)
初のトレイルレース参加。何も考えずにエントリーして、制限時間4時間50分って完走危ういことに気付く(笑)
今まで気にしていなかったトレイルでのスピードですか、課題は…。

4月21日
チャレンジ富士五湖(100km)
6月に僕はあることを妄想していて、それが頭から離れなかった。ただの妄想。その妄想を言葉にして、ある人に伝えてみた。その人は、いいんじゃないかと言ってくれ、そして、あくまで目安でしかないけど、フルを4時間半で走れる走力は最低限必要だと思うとアドバイスをくれた。
その言葉を聞き、僕はつくばマラソンにエントリーした。だからつくばマラソンにエントリーをしたときには、すでに、その先があった。

その時点ではまだアクアラインを走れるかどうかはわからなかったので、とにかくつくばで4時間半。それができればウルトラにエントリーと考えていた。
アクアラインで4時間半は遠かった。でもその翌日に富士五湖エントリー開始。初フルを終えたばかりで思考回路がよくわからなかった僕は即座にエントリーした。
今まで黙っていたのは、フルで4時間半が切れていなかったから。ブログネタのために体を張っているわけではないので、つくばで4時間半が切れなかったらブログではお知らせせずに富士五湖に参加しようと思った。完走できたら記事にすればいいし、できなければそのまま。

僕はたぶん今後も普通に走って、記録も普通で、とくに秀でたものがあるわけでもない人として走り続け、ブログを書き続けると思う。だから有益な情報もないし、人々が感動するような走りができるわけでも、人々が驚嘆するような走りができるわけでもない。
ゆるいし、弱いし、ヘタレだし、でも、まぁ、普通の人だよ。それが。
でも、それでも闇雲にウルトラ出てみよっかというわけでもないし、それがまたブログネタにもなるし、とも思っていない。
ゆるいなりに、真面目に取り組んで、それでもやっぱりゆるかったというのが理想かな(笑)
だから今回、つくばで4時間半を切れたのは嬉しかったよ。次への挑戦が堂々と出来ると思ったから。

そんなわけでチャレンジ富士五湖100kmやります。

でも、自分で決めといて何だけど、3月にサブ4目指し、4月に初トレイルと初ウルトラ。頭悪いですね。
また、それぞれの練習がちょっとずつ違うことをするというのが悩ましい。今の走力ではすべて足りない。

ウルトラにはスタミナを、トレイルにはスピードを、フルには折れない心を、心には花束を、くちびるには情熱を。それが僕に今、必要とされているものだろう。たぶん。

あっ、富士五湖エントリーした時点で次の妄想もしています(笑)それは無事にウルトラ完走できたらの話。
まぁ、そんな感じで次のステージへ。次の物語へ。

ものがたりはつづく☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村 

あれ?怪盗さんが使ったということは流行るよね?これ。

12

07

コメント:

ブログ村マイコースシリーズを振り返る

ブログ村マイコースシリーズ。
数字的なものをちょろっと出しつつ振り返ってみたいと思います。

まず、うーぱぱさんのマイコースから始まったブログ村マイコースシリーズ。全部で11名の方のマイコースへ訪問させていただきました。
このマイコースシリーズでは参加したい方は来てくださいね!とお願いしたことから実に多くの方に参加していただきまして、それがこのマイコースシリーズをさらに面白い企画にしていったわけで、そう考えると皆さんと一緒に成長していった企画だとも言うことができます。(←いいこと言うね)

全部で29名の方に参加していただきました。
私とマイコースのホストを除いた最大参加人数は7人で怪盗紳士(敬称略)の回になります。その次はkantokuさん6名、さぶろうさんのべさん5名でした。

最大参加回数は4回で新横の雅さんsan-anさん佐藤さんになります。
新横の雅さん、san-anさんがご自分のマイコースの回を含めてなのに対し、佐藤さんは純粋に参加者として4回なので、もう、これ、佐藤さん、どんだけマイコースシリーズ好きなんだよ?と。
しかも参加された際には、撮影係をしてくださり、皆さんに写真を配布していただいたりとご協力していただきました。
たぶん今後は佐藤さんが皆さんのマイコースを訪れてくれるかもしれませんね。楽しみです(笑)
ちなみに次が3回の参加で、さぶろうさんと、kinさんです。

ほぼおっさん参加者で埋め尽くされている中、なんと、女性の参加は2名。
華さんとみっちーさんです。やはり女性が参加された回は何かが違っていて、それはなんだろう?まぁ、やはり違いますよ(笑)
いつもとは違った雰囲気で楽しかったです。あっ、いや、いつも楽しいですけどね。

マイコース最長距離は30kmでbgさん。最短距離は10kmで、たのくるさんです。
まぁ、たのくるさんの時はスピード練習主体でしたので、どちらも同じくらいキツかったです。距離じゃないのかもしれませんね。

最大量1.2Kgはhelloweenさん。まぁ、これはあえて説明しません(笑)

私が、このマイコースシリーズに参加して、走った距離は187.05km。そして、私の総移動距離は1959.6kmでした。

これ、なんで総移動距離なんて載せたのかと言うと、私はこんなにがんばったんですよ、誉めてね、ということです。
わりと統計って数字だから本物っぽいけど、出す数字を選べるのでこうやって主観的な数字になってしまいます(笑)
ちなみにこの総移動距離ですが、2名の方の距離で半分弱になります(笑)

そんな感じで、数字に苦手な私が数字について書くとあまり面白くないという事実が判明しました。
そういえば昨日のインターバルの記事も、キロ5分で1km、つなぎ200mを1分で走ると、ペース一緒になるのでインターバルじゃないじゃん!というご指摘をお2人の方に受けました。
まさにその通りです(笑)雑誌を読み直したところ、1km4:50。つなぎ200mを70秒。合わせて6分なんだそうです。

で、まぁ、数字はともかく私がこうやっていろんな方のところへ行きましたが、本当にどこへ行っても楽しく過ごすことができました。
マイコースのホストの方は、私以上にこの企画を盛り上げようといろいろなことを考えていただきましたし、私より遠くから来ていただいた参加者の方々も多くいらっしゃいます。
たしかにいろんなところへ行く私は大変な部分もありましたが、行ってしまえば皆さんにお任せしているだけで、とくに何もしなかったような気がします。

そういった意味では、本当にこの企画、参加した皆さんで作り上げたものですから、次回は私がやらなくてもいいように思えます(笑)
いや、でも本当に私以外の方が行くマイコースシリーズや関東以外のマイコースシリーズなんてのも面白いと思います。関西の方でも面白いと言ってくださる方がいらっしゃいましたから、ぜひやってほしいなぁ関西編、いや、やるな。楽しみだなぁ、と思っています。

私の個人的なこととしては、29名の方々と知り合えたということが最大の収穫です。
もちろん初めてお会いする方ばかりではありませんでしたけど、このマイコースに行くことによって、さらに深くつきあえることができましたし、実際に初めてお会いした方々とも、その後、お会いしたときにはなんか親密度が明らかに違っていました。
マイコースを紹介された方々なんて、自分の大切なものを曝け出したくらいのことですから、やはり親密にならざるを得ません(笑)

これは、この皆さんとの出会いは今後も私が走り続けて行く限り、宝と言ってもいいかもしれません。

いや、終わってみれば本当に楽しかった。まだ、いろいろ書きたいことがありますが、もう涙で画面が見えないのでこれで終わりにします(笑)

本当にマイコース紹介された皆様、参加された皆様、マイコース記事を楽しく読んでいただいた皆様。心より感謝いたします。
ありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

06

コメント:

東京の西、味スタの残影、10km走

最近、東京の西の方では夜毎、インターバル走が行われているらしい。専用練習場も用意されている。すごいことだ。
楽しそう、いや、吐きそう?しあわせのぐるぐるだったっけ?でも東京の西は遥か遠く、そうそう行ける場所でもない。まぁ、行けたとしてもそもそも設定タイムが大幅に乖離している。

そんなことを何となく思っていたときに不意に思いだす。僕が住んでいる場所にも練習場があったはず。たしか市長が、アレキさんのために1200m周回コースの300mだけゴムチップに工事しましたので使ってくださいと言っていたはず。

え~、市長の申し出は嘘。ゴムチップが300mだけはホント。つなぎ目で足がガクッてなった(笑)
で、インターバルをやってみた。というかそもそも今の僕にはスピード練習は必要ないと思っている。なのでインターバルもとくにいらないと思っている。まだ早いと思う。

でもね。でもさぁ。味スタの時に、2km周回コースを計4回走って、そのどれもがキロ5分を切っていて、そんなにキロ5分を切ったことなどそれまでなくて、その時の残影?残像?名残り?ぬくもり?あれ、違うな。
とにかくあの時の走りをきちんと覚えておきたいと思っていた。もちろん味スタ以降、そんな速さで走れたことなどない。
あの時、最後の2kmが一番速かったんだけど、たしかsan-anさんが教えてくれたのかなぁ?あの走り方。

そんなわけでインターバルやってきた。
以前、読んだ雑誌で1kmを5分で走り、つなぎは200mを1分かけて走る。なので1200mを6分で走るというのが載っていたので、それを参考にしてみる。ちょうど1200m周回コースだし。つなぎ200mを1分は遅いかもしれないが、スタート時点で立ち止まって待っててもいいからその速さでやってみようって書いてあったように思う。
以下6本やった。( )の中がつなぎ200mのタイム。

5:03(1:23)
4:59(1:19)
4:51(1:20)
4:53(1:24)
4:54(1:24)
4:51

つなぎで1分全然遅くないし、むしろ間に合ってないし(笑)

ジョグも含めて10km走った。うん。つらいけど楽しいような、でもつらい。また機会があったらやってみよう。
ってなんかすごいやる気になっているように見えるけど、本当は嘘。いやインターバルは本当にやった。

実は昨日の夜、湯船にお湯を張った時点で給湯器がぶっ壊れて、一切のお湯が出なくなった。昨日なんかとても寒かったのに水しか出ない。
その時点で僕は走りに行こうかと思っていたのに、この湯船に張ったお湯が冷めないうちに家族全員が速やかに風呂に入るべし、という指令を受け、ランオフとなった(笑)

で、今日も水しか出ないので、お風呂屋さんにでも行こうと思ってて、近所の温泉へ行こうと思い立つ。
そんで走ってから温泉に行ったほうが気持ちよさそうだなぁ、と思ったときに、たしかその温泉の近くに1200m周回コースがあったなぁ、と思い出したので、行ってみた。

最初のジョグでは子どもを付き合わせ、その後は家族を車で待たせていて、6本目のインターバルを終えて、7本目をやるか迷っていたときに、もう行こうよ、という天の声を聞き、即座にやめた。

給湯器は明日、修理してもらえそう。
なので今度インターバルをやるときは、また給湯器がぶっ壊れたときまでないんじゃないかな。たぶん。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

05

コメント:

40km半分走

日曜日の話。

AM7:00スタートで40km走を行うべし。それが私の計画。
なぜにつくばの翌週に40km走など行うのか?昨日怪盗さんのところで峠走(?)17kmも走ったあとなのに?

いや、とくに理由はない。ただやってみたかったから。計画じゃないじゃん。さらに7時半に起きた…。
気を取り直してAM10:30スタート!

外は日も差して暖かかったのでウィンドブレーカーを着ずに出る。音楽を聴きながらゆっくりと6分半~7分のペース。
しかし、10kmも走らないうちから曇り空で冷たい風も吹いてくる。あれ?寒い。

でもしょうがない。とにかく走る。いつも僕は折返しコースを走る。しかもどんどん人里離れた場所へ進む。なので家に帰るにはどんなことがあっても走って帰るのが一番早い。
でも、さすがに20km進んで折返し人里離れバージョンは不安だ。行き倒れても誰も助けてくれない。
そんなわけで途中で右折をして、そのまま大きく旋回して、20km地点では国道にぶつかるようにした。そうすれば誰か助けてくれるかもしれない。

15km走ったあたりで、胸がヒリヒリしてきた。ごくたま~になる症状だ。逆流性なんとかってやつ?いや、診てもらったことはないのでよくわからない。でもこのヒリヒリはもう胸が痛くて、熱いものや炭酸のものを飲んだりすると胸が溶けてしまいそうなくらいヒリヒリする。

そうなると走ってもいられない。自然とペースが落ちる。いや、そうするととても寒い。冷えた汗がさらに寒くさせる。ペースを上げる。いや、胸が…。ペースを下げる。いや寒気が~以下エンドレス。

20km手前で国道にぶつかり、そこにはマクドナルドがある。すぐさま避難。暖かいぜ。この部屋。
この胸のヒリヒリには牛乳がいいのではないか?と個人的に思っている。膜がね、できそうな気がするよね。
そんなわけで10年ぶりくらいにマックシェイクを頼む。なんか走るとビタミンCとかも欲しくなる。オレンジジュースも頼む。え?今、ポテト150円なの?はぁ、そうですか、じゃあLで。あっ、ついでにチーズバーガーも。
そういえば昼だね、ちょうど。まぁ、いいか。

マクドナルドは暖かい。それでも体は冷えている。もうここから出たくない。見てるだけで外は寒そうだ。ここから20kmも走りたくない。
え?誰がここから20kmも走るって?ダメだ。もう走ることに対して現実味もない。もうやめよう。

さて、ここからどうする?大きく旋回したおかげで近道すれば10kmで済むだろう。いやいやいや、10kmとか走るって意味がわからない。もう完全に走ることとは無縁の生活を送っているようだ。10km走るのも想像できない。
家族に迎えに来てもらうか?いや、それは収容車に乗るよりも屈辱的だ。無理だ。タクシー乗れるほどのお金は持っていない。う~ん。どうしよう。

あっ、たしかこの辺に駅があったはず。電車で帰ればいいのだ。
マックを出て、1kmくらい走った。いや、寒いから走った。とても長い1kmだった。駅に着いたとき、ちょうど20kmを超えていた。

20kmを2時間半近くかかって走った。電車で8分だった。しかも車内は暖かかった。文明ってすばらしいと思った。
江戸時代には移動のために死んだ人がいるんではないだろうか?と思った。

足掻くように駅から自宅までジョグで帰った。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

04

コメント:

ブログ村マイコースシリーズ~怪盗紳士 後編~

たしか、もっちもっちさんかな?と楽しいお話をしていたときに、どうも話が弾まない。話は弾まないけど息は弾む。そうか、そうなのか、さっきから怪盗さんは先頭を黙々と走っていらっしゃる。わかっていたことだけど怪盗さんのペースが速過ぎて、そしてコースがキツ過ぎて話ができない。他の人たちも口数が少なくなっているような気がする。

怪盗さんの走りだけど、地を這うように走る。上下動はほぼない。力が抜けててスーッと移動していくようだ。なのであまり速く走っているようには見えない。まぁ、本人も今日はゆるジョグなので速くは走っていないと思う。それでも気付くと徐々に差は開いていく。
たとえばレース中に怪盗さんに付いていこうと思った人は途中で嫌になるんではないだろうか?なぜ差が開いていくのかわからないと思う。
あまり人と比較するのはあれだけど、よんたろうさんの走りにも似ているかもしれない。まぁ、よんさんの場合は走りではなくて瞬間移動だけど(笑)

話はずれたけど、とにかく怪盗さんのペースが速いのだ。でも怪盗さんにとってはこのアップアップの道も平坦な道に思えるらしい。それにあくまでもここは怪盗さんのマイコース。こうやって我々を案内してくれるのに、そんなペースが速いなどと文句を言ってはいけない。それだけはやってはいけないことだ。
12010012.jpg
僕の心の中で眠っていた、尖ったナイフが騒ぎだす(笑)

思わず怪盗さんを呼び止めて、ペースが速いと文句を言ってしまった。でも、まぁ、マイコースシリーズ。いろいろとキツい目にも遭ってきましたが、参加者の方は皆さんレベルが上だからなのか、決して無理とは言わない。
というか自らキツい部分へ飛び込んでいく人たちばかりだからなのかな。なので素直な心で物事を言えるのが僕の長所であり短所であるよう気がします。とただの言い訳です。怪盗さん、すいませんでした。


↓でも、ほら。ペースが落ちて怪盗さんが近くにいるよ(笑)
12010013.jpg

ペースは落ちたもののコースがどんどんキツくなってくる。もはやだれも話もしない(笑)
というか、なんだこれ?部活か!
12010014.jpg
こうなってくると完全に部活だ!
12010015.jpg
いや、もう合宿か!(笑)
12010016.jpg
ようやく折返し地点の名もなきコンビニへ。いや、名前はあるんだけど、たぶん世界に一つだけのオリジナルコンビニだろう。
12010017.jpg
相変わらず給水はコーヒーで済ます怪盗紳士。
12010018.jpg

このコース峠走じゃないですか!と怪盗さんに言うと、いやホントはこの先のコースがさらにキツいとのこと。ホントはそこまで行ってもよかったんだけど、つくばの翌週でダメージあるから今日はここまでにしたらしい。
よかったよ、つくばの翌週にしておいて。あっ、ちなみにこのコース。夜だと普通にクマが歩いているらしいので昼間しか走らないそうです(笑)

それにしても、そもそもこんなコースしかないのに、よく走り出そうと思えたものだと思う。最近のランニングとかジョギングとか、気軽にオシャレなイメージなどここにはない。
今の怪盗さんの走力になってしまえば、このコースはいい練習になると思うが、初めて走ってみようと思ったときにこのコースでは走るのが嫌になってしまうのではないだろうか?いきなり峠道で、それしか道がないのだ。

このあたりの禁欲的というか、ランニング、ジョギング、もちろん美ジョガーなんて響きが似合わないあたりが、おっさんの支持を上げる理由なのだろう。もう毎日おっさんだけが怪盗さんのブログをクリックして、おっさんだけの力でマラソンカテゴリー1位に押し上げていったのだろう。
そう考えると、やはり怪盗紳士、すごい人だ。
すごいぞ、僕らの怪盗紳士!(笑)

帰りはご褒美で下り基調。ここから参加でもよかった。ゆっくりと力を抜いて下っていく。残り2kmくらいで雨がポツポツと降り出し、残り1kmでは本降りになる。でも、まぁ、何とかゴールに辿り着き、無事にマイコースは終了した。私の携帯のアプリでは17.36km。1:48:31でした。

その後は車で温泉へ。温泉に浸かって疲れを癒していると誰かが僕に声をかける。はて?こんなところで誰?shokiさんでした。
shokiさん、温泉からマイコースシリーズ参加という、最終回にして今までにないサプライズな参加っぷり(笑)

その後は昼ご飯を食べて、いろいろといつものように楽しいお話をしました。
12010019.jpg
怪盗紳士さん、参加していただいた皆様、本当にありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

今回でブログ村マイコースシリーズは終わります。今まで本当にありがとうございました。
それで、ええと、なんというか、マイコースシリーズの統計?そんなものを出してほしいという要望がありましたので、まぁ、今までのマイコースを振り返るという意味も含めて、あとで記事にしてみようかと思っております。
統計なんて私の最も苦手とするもので、他に得意とする方に丸投げしたい気持ちですが、そういうわけにもいかないので近日中に記事にしたいと思います。
まぁ、統計は感覚で。

12

03

コメント:

ブログ村マイコースシリーズ~怪盗紳士 前編~

ブログ村マイコースシリーズ最終章!!行ってきました怪盗紳士(敬称略)のところへ。
上野原駅改札から出てくる人々は皆、ハイキングの格好をしているという、観光地?なに?というかなりののどかな場所。

そんな場所へ、怪盗紳士の人気の高さか、マイコースシリーズ最終章だからか、参加人数過去最多の8名+後に1名(笑)。しかも、ブログをまったくやっておらず怪盗紳士に会いたいがために参加したという純粋な、生粋な、怪盗紳士ファンが2人も参加していただきました。

すごいぞ!すごいぞ、僕らの怪盗紳士!!

え?女性の参加ですか?女性?

それはもう、ね?すごいぞ、僕らの怪盗紳士!!

では集合写真(笑)
12010002.jpg
san-anさんkinさんもっちもっちさん佐藤さん、そして怪盗ファンのNさんとSさん。怪盗さんと私。

Nさんは50代でフルを3時間10分台かな?Sさんは40代でフルを3時間40分台かな?いずれにしても走力は高く、さらに上を目指すべく刺激をもらうためにも今回参加されたとのこと。私とは志が違う。さすが。でもそういったことにこのマイコースシリーズがお役に立てばそれでいいんです。

スタートはパチンコ『NEW YORK』(笑)ここは流山かよ?と思いつつ和やかにスタート。
12010001.jpg
先日のつくばでサブ3を奪取された、もっちもっちさん。新たな目標はこれにヒントが隠されているのか?そうなのか?
12010003.jpg
このあたり、最初の1kmくらいしかなかった。平坦な道が。そんなわけで一番会話が弾んだ場所(笑)もちろんだけど走っている人など他にいない。大人数なので目立つ。
怪盗さん、近所なのにこのTシャツを着る勇気がすごい。すごいぞ、僕らの怪盗紳士!!
12010004.jpg
僕はこの2人が並んで走るのを見るのが好きです。夏以来のこの写真。しかも、文字付きのシャツを着てくるというちょっとした気遣いもいい。
12010005.jpg
あの~、だんだんと景色がおかしなことになってきているんですけど…。
12010006.jpg
これ写真じゃわからないかと思いますがすでに平坦な道などない。ず~と上り。きつい上りやだらだらとした上りや上りの種類はあるけれど、とにかく上り。
怪盗さんにとっては普通の道のため、グングン進んで行ってしまう。千葉や埼玉の平坦な道クラブの僕たちは全然付いていけない。
12010007.jpg
ほら、どんどん先へ行ってしまう。
12010008.jpg

先々週はhelloweenさんのところで大盛りチャーハンに苦戦したり、先週はつくば、そして今週はこのアップ、アップの続くコースを走らされるという、僕と同じスケジュールをこなしているsan-anさんと愚痴を言い合いながら走っていたように思う(笑)
12010009.jpg
↓ほら、みんな必死に上ってるでしょ?ほとんど無駄な会話なかったから。
だって、「これって富士登山競走のコースに似てますね」とか「乗鞍天空マラソンのコースがこんな感じですよ」とかそんなことらしいよ?
今まで、怪盗さんのブログで、「ジョグ10km」とかってあっさり書かれていたけど、騙されてた。こんなの全然ジョグじゃない。
サブ3を目指す皆様。このコースであればジョグでも必然的にサブ3を取れる走力が身に付くと思われます。いや、保証はしませんけど…。
12010010.jpg

この怪盗さん、なんと言っていると思いますか?
この先に上りがありますって言っているのです。じゃぁ、今、走っているこの道は上りではないとでも?写真では坂ってあまりよく伝わらないはずなのに、それでもわかるこの道はいったい上りではないと言うのですかぁ…。
12010011.jpg
そんな感じで、アップダウンではなく、アップアップな道を走り続け、さらに怪盗さんのジョグは速く、つらくてつらくて不満が高ぶるアレキはまだ、このあたりではおとなしくしていました。
しかし、ついに…

つづく。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

02

コメント:

つくばでのできごと ラスト

41km 6:44
42km 5:59
195m 1:1613:59)(4:21:05
平均ペース 6:22

そのまま走り続ける。前回もそうだったが、このへんはもう覚えていない。わりと長く感じた。それでもなんとかやっとゴールへ。
もう左足首が痛くてしばらく動けなかった。しかし、ただでさえブログ村陣地はもう撤収作業が行われているかもしれないので、なるべく急ぐ。でも痛くてなかなか歩けない。
ようやくブログ村陣地へ戻ると、当然のことだけど、もうすでに皆さんは着替えを終えて酒を飲んで盛り上がっていた。
1125007.jpg

サブ3は逃したけれど清々しい顔をしてワインを飲み干している怪盗紳士とか、体調不良なのに体を張って格好のブログネタである4時間3秒なんて奇跡的なタイムを叩き出したさぶろうさんとか、むしろ目標タイムを逃した人のほうが楽しそうに飲んでいたような気がする(笑)
しかし、そこはあれ。切り替えの速さというか、次へ向けての始動もお二人とも早かったので、むしろいいことなんだろう。

僕が辿り着いたときには当然のように皆さんのドラマは終わっていたので、いろんな人に通知表の成績を聞く、嫌な子どもみたいに、タイムは?タイムは?と聞きまくっていた。
1125008.jpg

改めて、ブログ村陣地にお邪魔することができて、楽しかった。
参加された皆様、応援していただいた皆様、陣地の設営をしていただいた皆様、本当にありがとうございました。

その後、人数も多かったので適当にばらけて、僕は、うーぱぱさん、怪盗紳士さん、san-anさん、たのくるさん、ノブノブさん、よんたろうさんと一緒に居酒屋へ。
つくば駅までゆっくり歩いたんだけど、不意に、なんだ、このおっさんの集団のサブ3ランナー率の高さは?と思った。
5割超えているではないか。本来は3%とかそんな割合ではないのか?

その事実に気付いてからというもの、僕は道行く人に「あのですね。私たちは傍から見たらただのおっさんの集団に見えるかもしれませんが、実はサブ3ランナーが半分以上いるという通常では到底考えられない特殊なおっさんの集団なんですよ。え?いや、あのサブ3っていうのはですね?フルマラソンで~以下略」と説明して回りたい衝動に駆られたが我慢した(笑)まぁ、どっちのおっさんの集団で認識されても僕はただのおっさんにしかならないし。
居酒屋ではいつものように楽しいひとときを過ごすことができた。

こうして、僕のつくばマラソンは終わった。(←この文いる?と自分で思う)

2回目のフルを走って思ったことは、フルって難しいということだ。足の状態は万全ということではなかった。でも仮に足の状態が万全だったとしたら僕はここまで粘って走ることができただろうか?とも思う。
今回はずっとつらかった。それでも何とか走りきれたのは、走り始めてすぐに足の痛みがあったり、転んだりして、今日はつらくなりそうだ、つらいままになりそうだ、と腹を括ることができたからじゃないかとも思う。
走っているときもちょっと気を抜いたらズルズルと落ちてしまいそうに感じた。これが最初は足の状態もよく、サクサク走れていたら、途中でつらくなったときにあきらめずに走ることができただろうか?と思う。

そう考えると、フルを走るって、今までの練習や走力や体調や調整や管理やそういうありとあらゆるものがバランスよく成立していかないと難しいのかもしれない。適度な逆境なんてのも必要なのかもしれない。

おわり。

今回もかなり長くなってしまいましたが最後までお読みいただきありがとうございました。
また応援のコメントやメールもいただき大変感謝しております。次回もがんばります。次回?

次のフルマラソンはもうすでにエントリー済みです。
次回は3月24日。古河はなももマラソン。

目指すよ、サブ4
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

01

コメント:

つくばでのできごと その5

26km 5:57
27km 6:22
28km 6:16
29km 8:22
30km 6:3133:28)(3:00:23
平均ペース 6:41

左足首の痛みが激しくなってきたことと、給水地点での遅れに焦ってきたことで、ちょっと一旦気持ちをリセットしようと思う。
28km過ぎのエイドで完全に立ち止まった。立ち止まったのは今日、初めて。本日一度も摂取していない固形物、バナナを食べる。スポドリ2杯飲む。

エイドで固形物を取るのはもうやめようと思う。時間がもったいない。あとは立ち止まらない、歩かない。とにかく時間短縮できるのは給水地点しかない。給水地点でのんびりしている場合ではない。
そんなことしていたら僕の優雅に歩く作戦が台無しじゃないか。足の痛みも優雅に歩くまで我慢だ。

と、そんなことを考えていた。
その考えが甘い考えなのか、厳しい考えなのかはよくわからなかったが、口にしていたお汁粉は甘くておいしかった。そう、ここはお汁粉エイドだった。

気を取り直して再び走り出す。ようやく30km地点到達。タイムは3:00:23。ほぼキロ6分だ。
よし!ここからはキロ7分20秒ペースで4時間30分を切れるはずだ。いける。とりあえず4時間半はいけるだろうと思う。
しかし、ここから7分20秒ペースで走ったとしても優雅に歩くほどの時間的余裕はない。小走りと歩きの繰り返しになる。それは優雅とは言わない。小走りなんてサザエさんみたいじゃないか。仕方がない。もうどうせ足はよくわからないくらい痛いのだ。優雅に歩けるまで走って貯金しよう。
そんなわけで歩くための走りをまた始める。

31km 6:20
32km 6:24
33km 6:38
34km 7:18
35km 6:4233:22)(3:33:45
平均ペース 6:40

7分20秒より速く走って貯金する。最初の1kmで60秒。次が56秒だから116秒。さらに42秒で158秒。もうラップを確認しながら貯金タイムを必死で計算していた。絶対に最後は華やかな感じで歩いてやる。タイムとか気にせずに手とか振りながらゆっくりと歩いてやるぞ。
いったい、どのくらい貯金すれば最後に歩けるのかな?と思っていたところで、とても嫌な事実に気付く。

このまま貯金できるとグロスでサブ4.5いけんじゃね?

とくにこだわりはないのでネットでもいいのだが、記録証のネットタイムのところには頼みもしないのに(参考)と書いてくれるらしい。参考ね…。へ~。けっこうフル走るの大変だと思いますよ。そんな僕の42.195kmに参考ね…。
う~ん。たしか5分くらいのスタートロスだったから300秒か?今、158秒だからあと142秒縮めればいいのか?あああぁぁぁ、いつになったら歩けるんだよ?

このあたりでkantokuさんが応援してくれていた。ショッカーの格好をしているくせに、やけに優しい言葉をかけてくれるので必死に涙をこらえた。だってショッカーを見て泣いているおっさんの図ってさすがにまずいよね?

36km 6:46
37km 6:36
38km 6:36
39km 7:09
40km 6:1433:21)(4:07:06
平均ペース 6:40

大学構内に戻ってきた。とうとうここまでやってきた。早く歩きたい。グロスで4時間半切りは38km地点でやっと目処がついた。ええと、ここから7分20秒ペースで行けばグロス4時間半切りだな。あれ?なんか歩くの厳しいような気がするな。

ヘロヘロになりながら銀杏並木の中を走っていると、ここって最後の力を振り絞って颯爽と走ることができたら気持ちがいいだろうなぁ、と思った。そういう人のためのコースなんだろうなぁ。すごく気持ちよさそうだ。このコースは最後までがんばった人のためのコースなんだと思った。いつかは僕も…。

いやいや、そんなこと考えている場合ではない。もう左足首は限界だし、計算はできないし、歩いちゃおうよ。グロスとかもうどうでもいいから。関係ないし。歩いちゃえ、歩いちゃえ。ユー、歩いちゃいなよ。
そんなことを思いながら走っているとhideさんつくさんてーいさんの姿が見える。応援してもらって元気が出る場所から歩き出す勇気は、僕にはない。

でもやっぱりこうやって応援してもらえると嬉しいし元気をもらうことができる。
1125005.jpg
1125006.jpg

そんな僕にhideさんは、まだ、これからだよぉ、がんばって、と言ってくれた。つくさんは、アレキさんすごい、4時間半のペーサーより前にいるよ!と言ってくれた。

へ?

4時間半のペーサーってそんな近くにいるの?あれ?貯金走りは?優雅な歩きは?

結局は最後まで走るしかないようだ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。