11

30

コメント:

明日はブログ村マイコースシリーズ最終章!!

つくばレポの途中ではありますが、とうとうやってきました。ブログ村マイコースシリーズ最終章!!

明日の怪盗紳士(敬称略)でついに終わりを告げます、ブログ村マイコースシリーズ。
今まで応援していただいた皆様、本当にありがとうございました。
突拍子もないことを始めたにも関わらず、温かな目で見ていただきまして大変感謝しています。

アレキは知らないけど、マイコースシリーズは知ってるよ、なんていうお声もいただきました。
この企画がいかに秀逸なもので皆様に愛されていたかを物語るような言葉でございます。

え~と。まぁ、挨拶はそんなところです(笑)

明日の怪盗紳士のマイコース詳細は、いつものように怪盗さんの記事で確認していただくと助かります。
上野原駅に9時45分集合だそうです。上野原駅ってどこだよ?と思った、あなた。私もよく知らないのです。
車でお越しいただく際には事前に怪盗さんにご連絡いただくようお願いいたします。

怪盗さんのマイコースは平坦な道ではないと容易に想像することができます。
でも、まぁ、実際にどんなところかまったく聞いていませんので楽しみです。

ブログタイトルのとおり…ではないか。ちょっと違いますが間違いなくサブ3を盗ったサブ3ランナーですので、マイコースは『サブ3ロード』ですね。

今のところ参加者として私にご連絡いただいた方が2名いらっしゃいます。
1名は先日のつくばで見事サブ3を盗ったあの方ですね。あっ、週3日のあの方ではないほうのあの方ですね。ややこしい(笑)

私はサブ3ランナーに挟まれ、捕えられた宇宙人みたいに走るのでしょうか?

そして、もう1名の方は、怪盗さんのマイコースの記事の『新しい風』という言葉に感銘を受けて、参加を表明された方のようです。ブロガーではないそうです。ランナーではあると思います。
あまり詳しいことはわかりませんので当日のお楽しみということで。

あっ、ちなみに11月30日PM9:18現在、女性からの参加表明はありません(苦笑)

いや、でも怪盗さんのほうに連絡来ているかもしれないし、当日いきなりのサプライズ参加もあるかもしれないし…。
当日いきなり気が向いての参加もお待ちしています!

そんな感じで行ってまいります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

つくばレポは明日の朝、更新する予定です。
スポンサーサイト

11

30

コメント:

つくばでのできごと その4

すっ転んだ痛みは薄れてきていた。擦りむいたらしく血がタイツに張り付いているようだ。
ふくらはぎから足首への痛み、重み、強張り、は相変わらず。とくに右足ふくらはぎが痛い。
そして、それとは別に左足首の嫌な痛みが出てきた。その左足首の痛みをかばうからか右足全体に負担がかかり痛くなる。
それでもタイムは変わらない。

11km 5:47
12km 5:45
13km 5:48
14km 5:44
15km 5:5128:55)(1:27:07
平均ペース 5:47

もうつらくて、つらくて、早くやめたかった。13km過ぎにゼリーを補給。心肺は大丈夫だけど、とにかく足が痛い。前回のアクアラインではこのあたりでずるずると失速していった。でも今回は2つのことを思いながら走った。

1つは手賀沼ハーフのこと。手賀沼ではキロ5:22ペースで走ることができた。今はそれよりも遅いペースだ。だから少なくとも21kmまではこのまま走れるはずだ。
もう1つは30kmペース走。キロ6分で走りきることができた。だから30kmまではキロ6分で走れるはずだ。

練習でできないことは本番でできるはずはないが、練習でできたことは本番でできるはずだ、と思い込んだ。

ん?なんかかっこいいなオレ(笑)

ただ、ペース走では30km以降は走れる気がしなかった。だから今回も30km以降はどうでもいいと思った。
とにかく30kmまではキロ6分を維持しよう。その後は歩けばいいじゃないか。そうだ、歩こう。それも優雅に歩こう。悲壮感漂わせずに優雅に歩いてやろうではないか。優雅なままゴールゲートをくぐってやろう。
うん、そうしよう。そのために30kmまではがんばろう。

16km 5:48
17km 5:36
18km 5:38
19km 5:58
20km 6:0329:03)(1:56:10
平均ペース 5:48

この区間は折返し区間だったので真ん中の道へ移動して、ブログ村の皆さんを探すことに徹した。なんといっても元気をもらえるし、気も紛れる。
そのために5:40を切った区間がある。でもすでに夢見るタイムではないので、この区間は夢の余韻だ。
怪盗紳士(敬称略)、san-anさん、さぶろうさんに声をかけることができた。san-anさん、さぶろうさんはやはりでかいし、怪盗紳士はTシャツ効果でわかった。
san-anさんとはハイタッチをすることができた。元気をもらった。それにしてもみんな速い。5分40秒って遅いな?と思えるくらい速い。

しかし、折返しの手前、20km地点でとうとうキロ6分を超えてしまう。もうここからはさらにつらくなるいっぽうだ。
時計だけが頼みの綱だ。ラップを計ることが生きがいであり、心の拠りどころだった。

時計を見る。4分半を過ぎている。そろそろ距離表示の看板があるんじゃないか?看板を探しながら走る。あった!時計を見る。5分20秒。あそこまで6分超えずに行けるのか?難しいかもしれない。ミニ関門に引っかかってしまうぞ。急げ!距離表示地点で時計のボタンを押す。よし、なんとかクリア!次のミニ関門まではまだある。とりあえずゆっくり走っていい。あぁ、これでまた1km減ったぁ

ほぼずっとこの繰り返し。1kmごとに帳尻を合わせる作戦(笑)

21km 6:21
22km 5:58
23km 5:50
24km 6:38
25km 5:5830:45)(2:26:55
平均ペース 6:09

キロ6分を守れなくなってくる。左足首の痛みもひどくなってきた。折返しでkantokuさんのマイコースでご一緒させていただいた、みっちーさんとすれ違ったので声をかける。初フルだと仰っていたが、とても余裕があるように見えた。すごいな。僕もがんばらなくては。

今回1kmごとのラップを確認できていたことで、この6分を超えてしまうポイントがすべて給水地点だということに気付いていた。前半は立ち止まらず、歩かずに2、3口飲むだけだったが後半になってからは、立ち止まりはしないものの、歩く人たちを避ける余裕もないため、飲み物を取るために自分も歩くようになっていた。飲む量も増えていたため、そのまま歩きながらゆっくり給水していた。

給水の遅れを取り戻すために、骨盤を動かして歩幅を広くしようと思い、道路に映る自分の影を見ながら腰をフリフリして走ってみたが(笑)キロ6分を切ることは難しくなってきた。

やっと25km。たぶんあと2回です。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

29

コメント:

つくばでのできごと その3

ゆっくりと動き出し、スタート地点へと向かう。歩くくらいのスピードなので走る必要はないのだが軽くジョグをしてみる。
ずっと走っていないので不安なのと膝や足首の状態を早く確かめたいのだ。

スタートロスは5分超えだった。今回も携帯のアプリと腕時計のストップウォッチの二段構え。
今回はストップウォッチで全ラップを取ることができた。このストップウォッチがなければ完走も危うかったろうと思う。

スタート直後、混雑はしているもののわりと走りやすい。走っている人たちのペースがキロ6分を超えてはいない感じ。アクアラインに比べて周りの人たちの走力が違うのだろうか。

僕は走り出して、すぐに茫然としていた。もう足が痛い(笑)
膝は痛くなかった。いける。ふくらはぎから足首までが重く、固く、痛い。筋肉痛のひどいやつみたいな痛み。テーピングがきつすぎたのだろうか?着地するたびに痛む。
ちなみに左足首が痛いのでテーピングをしたのだが、バランスが悪いような気がするので、いつも痛くもない右足もテーピングしている。なので両足痛い(笑)

あぁ、この痛みっていつもの練習でも途中で歩くやつだ。この状態であと42km?
でもやめるわけにもいかない。だってまだ始まったばかりだ。この段階でアクアラインのときの27km過ぎの絶望的な気持ちを思い出した。
たぶん今日はあのときの絶望的な気分を持ち続けたまま走り続けるのだろうな、と思った。

1km 5:59
2km 5:51
3km 5:56
4km 5:45
5km 5:5429:25)平均ペース 5:53

最初の1kmが6分を超えていなかった。足は痛いけど走れてはいるのかと思う。ならばとにかく10km走ってみよう。
ほら、マイコースシリーズで10kmを超えるとスイッチが入ったようにみんなが速くなったじゃん?
あんなふうに10km走ってみたらスイッチが入ったように足の痛みも消えるかもしれないじゃん?
と気持ちを上げてみるが、自分だけはスイッチが入らなかった事実に気付く。

2kmで5:51となったことからとにかく10kmまで走れるだけ走ってみようと思う。
とりあえず誰かいいペースで走っている人をみつけようと思いキョロキョロしながら走っていると…。

完全に、完璧に、すっ転んだ。道路に反射板が埋め込まれていて、それにつまづいた。
僕は路上で一回転しながら「すいませ~ん!」と声を上げ、後ろの人たちに踏まれては困るので、すかさず立ち上がり、走り出した。
けっこう密集していたのに、周りの人々は「うぉぉぉ」という低く鈍い声を上げながら、まさに蜘蛛の子散らすように飛び散っていった。
僕が起きあがったときに隣にいた女性が「大丈夫ですか?」と言ってくれたが恥ずかしくて顔を見ることすらできずに「大丈夫です。ありがとうございます」と言った。

全然、大丈夫じゃねぇ(笑)

右肘と右ひざを打った。CW-Xが破れたかどうかが気になって仕方ない。しかし人が多いし転んだ後だし、立ち止まれない。
痛い。右手の平も痛い。あぁ、こんだけ痛みが増えれば走り出した当初の痛みなど気にならなくなるのでは?と思ったが、そんなことはなく痛みが増えただけだった。

もう帰りたいと思った。もう、帰ろう。走りながらそう思った。まだ走れるのに2.5kmでフルマラソンをリタイアする人っているのかなぁ?と思った。でも、いてもいいんじゃないかな?と思った。
ブログ村陣地に荷物を置いていなければ、ここでリタイアして帰ったと思う。

とにかく体のあちこちが痛く、もう帰りたいと思うのだが3kmのラップを確認するとそれほど落ちてはいない。
やっぱり10kmまで。そこまで走ろう。

06km 5:53
07km 5:35
08km 5:39
09km 5:44
10km 5:5628:47)(58:12)平均ペース 5:45

僕の、夢見る少女じゃいられない作戦。今回、夢を見ながら走ることができたのは7kmと8kmだけだった。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

28

コメント:

つくばでのできごと その2

ブログ村陣地は和やかな雰囲気を醸し出しつつも、静かな闘志が湧き上がってくるような、なんとも言えぬ緊張感が漂っていたように思う。
とりあえず集合写真。
1125002.jpg
ひょっとするとなんとも言えぬ緊張感の理由はショッカーの指先に原因があったのかもしれない(笑)
↑の写真に写ることができなかった人がいたのでもう一枚。
1125003.jpg
あっ、今回のレポで使用した写真は、る~ぷさんhideさんつくさんにいただきました。ありがとうございました。

写真を撮り終えた時点で、スタート地点へと向かう。スタート30分ちょっと前。僕はグロスとか関係ないし、こんなに早く行く必要もないのだが、一人でここにいるのもあれなんで一緒に行った。
でも結局、スタート地点では一人だった。Fブロックなんてブログ村にはいないみたいよ(笑)

ゆっくりとスタートを待つ間、考えていた。この間のキロ6分でつかまえて作戦。キロ6分でどこまでも行くという作戦。
しかし僕にはもう一つの作戦があった。『夢見る少女じゃいられない』作戦。
この作戦は少しでも夢見て走れないものか?という趣旨のもと考え抜かれた作戦だ。

マラソンをある程度きちんと走ってみたいと思った時に出てくる数字がキロ5分40秒
しかし今回はキロ6分で進む作戦。その差20秒はつらい。5分40秒で走ったら後半失速することは目に見えている。
かといって前半を6分で走り、後半さらに加速するなど到底無理な話。たとえば間を取って5分50秒で入ったとしても後半追い上げるには5分30秒とかで走らなくてはならず、それも難しい。

う~ん、う~んと思ったときに、ふと気付く。今まで5分40秒という数字に捉われすぎていた。
いいですか。仮にず~っと5分40秒で走り続けたらフルは3:59:06で走ることができる。そう、サブ4というやつだ。
したっけ、あれですよ、3:59:06ということはまだ53秒も余裕があるということですよ!

なんてことだ!すごいじゃないか!
この事実に僕が気付いたときには、ちょうど雨が止み、虹が出たくらいだった(嘘)

そんなわけでキロ6分でどこまでも行く作戦の最初の5kmをキロ5分50秒で走る。5kmを走り終えた時点で、調子がよければ10秒あげる。悪ければ10秒さげる。
10秒あげた場合にはそこからずっとその同じペースを保ち続けていられる限りは、僕は夢の中にいることができる。後半あげるとかしなくてよい。ずっとそのままのペースでいいのだ。
10秒さげた場合には実務的に当初の4時間半という目標をクリアすればいい。簡潔に冷静に事務的に…。

うん。いい作戦ではないか。どちらに転がってもいい作戦になるだろう。
6分から5分40秒だと難しい気がするけど5分50秒から5分40秒だといけそうな気がする。すごいぞ、なんで10秒もゆっくりできるんだ?
なんか騙されているような気もしなくはないが、夢を見るというのはそういうことだ。

そんなことを考えながらスタートを待っていた。今回1枚だけの自分で撮った写真。
1125004.jpg
遠くのほうで微かな音が聴こえる。やがて群衆がゆっくりと蠢いていく。
始まった。僕にとって今季前半のピークになるであろう、つくばマラソンが…。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

27

コメント:

つくばでのできごと その1

つくばマラソン。ちょっと気合いが入りすぎたのかもしれない。気負いすぎ?
なかなか調整というかそういうのがうまくいかなかった。まぁ、大ざっぱなのであまり考えていないというのもある。
でも、調整がうまくいってもタイム的にはそう変わらないと思う。あまり関係ない。
ただ、つくば当日に気持ちよくレースに臨めるかどうかってこと。調整しても実力があがるわけでもないし、調整でタイムが大幅に変わってくるほどシリアスランナーでもない。

だからあんま言い訳っぽいのは嫌なんだけど、まぁ、メモ。つーか、あれだ。1時間近く自己ベスト更新したのに、なんだ、言い訳って?自分らしくない(笑)

2週間前から、ほとんど便が出なかった。いきなりシモの話かよ?まぁ、仕方ない。
今はそんなことないんだけど若い頃はガラスの胃腸(笑)と呼ばれていて、一週間くらい出ないのは当たり前だった。そして下るの繰り返し。
もうそんなことなかったので、いきなりこんなふうになってびっくりした。久しぶりの感覚。お腹の中がどんどん固くなって、何、これ腹筋?って勘違いする感覚(笑)
2週間まったく出なかったわけではなくて2~3回ちょっとだけ。でもなんか栓がされたように出てくる気配はなく、まぁ、出ないもんはしょうがないよね?ってことになる。以前だとこういう時は下剤も効かない。
なのでカーボローディングなんてとんでもない。そんなに自らたくさん入れてどうする?って感じ。むしろ控えめな感じというかごぼうばかり食べていた気がする(笑)

で、5日くらい前から右ひざが痛くなる。歩くのは平気だけど階段の上り下りでは手すりにつかまらないと痛い。
それと同時に左足首も痛かった。これはいつものことなので気にしていなかったのだが、いつもと痛む箇所が違っていた。
この痛みによって当日までランオフ。まぁ、走れなくもないとは思ったけど、当日に余計痛くなったら嫌だし、お腹は固いしで、なんとなく気分が下がる。
で、僕は今までのレースの傾向からすると前日に走ったほうが調子がいい。そんな気がする。まぁ、手賀沼前日の山はやり過ぎだけど。
なので気持ち的にはあまりよくなかった。でもそんなこと思ってもレースはやってくる。何とか気持ちだけでも盛り上げたい。

当日はAM2:30起床(笑)
たいてい、持ち物とかの準備って当日の朝やるから早起きになる。事前にやっておけよという話だけど、何となく当日の朝やるほうが気持ちが盛り上がる気がする。儀式みたいなね。深夜3時とかって時間がまた儀式っぽいしね。

便は多くはないけど出た。それでちゃんと出たと思い込んで納得させることにした。足首にテーピングを巻いた。膝の痛みは治まってきているように感じた。
これでいけそうな気がする。よし。行くぞ。AM5時20分に家を出る。コンビニでおにぎり2つ買ったけどお腹が張ってるので食べたくない。でもさすがに朝食は食べないとなぁ。だって42kmも走るんだからさ。

始発に乗る。乗換えが2回あるからそのときにトイレに行こうと思ってた。大はとっくにあきらめていたので小のためにね。
最初の乗換えでトイレに寄る。小をしているときになんか感じる。あれ?しっかり嵌っている栓がズレてきている気がする(笑)
念のため個室へ移る。しばらくボーっとしてるも、ええぇぇぇ!!と思うようなことになり、おおぉぉぉ!!となるようなことが起こる。

電車を乗り過ごしてしまった。しかし、いつものタポタポのお腹に戻った。ホームでおにぎりを食べた。不安材料が一つ解消された(笑)

今日はここで終わりにしようかと思ったけど、便で終わり?と思ったので、もう少し続く(笑)
7時半過ぎに駅に着く。シャトルバス待ちですでに大行列。列に並びながら、元々並ぶとか混雑とか好きではなく、おいしいお店に並んで待つくらいなら食べないという選択をしてきたのに、なぜ苦もなく並び、お金を払って、つらい思いをしに行くのだろう?と思いながら2つ目のおにぎりを食べる。

る~ぷさんが設営してくださっているブログ村の陣地へ行く。温かく迎えてくださりまして、本当にありがとうございました。

いきなり、サブ3を目指すランナー2人に挟まれるサブ4.5を目指す人の図。
1125001.jpg

そっか。当たり前のことだけど同じ距離走るのに1時間半も違うのか。やっぱりすごいな。
なれなれしく話しかけちゃダメだな(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

25

コメント:

つくばマラソンの結果

つくばマラソン参加してきました。
私がこんなこというのもあれですが、つくばマラソンというものに魅せられて、その思いを胸に秘めながら日々練習される方々が、今まで体内に蓄積してきたものを、一気に放出する日が今日なんだ、ということがなんとなくわかったような気がします。

いや、なんとなくですけどね。

いい大会でした。来年出るかどうかは今のところよくわかりませんけど(笑)
というか、やっぱり、なんでフル走る必要あるの?と何度も思いました。

しかし、今日はいろんなドラマが生まれたようです。サブ3を達成された方々とかいろいろ。まぁ、詳しくはそれぞれのブログで。

私も詳しくは知らないのです。だって、私がゴールして陣地に戻ったときにはすべてが終わって、みんな酒飲んでたもん(笑)怪盗さんとかワインをボトルで飲んでたし。

天候もよく、気温もちょうどいい。まさにマラソン日和でした。個人的には同県にお住まいの方々とご挨拶できましたので、参加してよかったです。

詳細は後日改めて書きたいと思います。

あっ、タイムですね…。

ネットタイムで4時間21分。
グロスタイムで4時間27分。

自分としては、走る前はもう少しやれるだろうと生意気にも思っていたのですが、実際に走ってみるとそんなことはなくて、逆によくここまで粘れたなぁと思いました。
つまり、完全に過信していたようです。ゆるいくせに腹黒いようです(?)

まぁ、でも当初の4時間半という目標はクリアしたので、とりあえず次のステージへ進もうと思います。
え?なになに?次のステージって?と思いました?
それは、つくばレポが終わってからのお楽しみで。いや、別に楽しくないけどね。

つくばレポ、目標は3回で終わりにします(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

25

コメント:

本日はつくばマラソン!!

とうとうやってきた。もう今日はつくばマラソンだ。

結局、ずっとランオフのまま。
なんか自分で思っていたような準備ができなかったのは残念だ。でもまぁ、それも自分だからね。

体調は万全とは言い難いし、不安でいっぱいだけど、でも、たぶんチャレンジするってそういうことだよね。
この歳になってくるそういうことあまりないしね。いや、ほとんどない。

あの、僕は高校生の頃にやっていた部活はお気楽な補欠だったんだけど、中学の頃にやっていたのはレギュラーだったんだよね。市の大会では1位とか2位とかだった。いや、なんで今になってそんな遥か昔のそれも地味な自慢話を?ってことではなくて(笑)

それで、その部活の試合前っていつも吐き気がするほど緊張するんだよね。大きな試合になればなるほど。まぁ、皆さんご存知のようにかなりのヘタレだからね。
手にはいつも変な汗かいて、自分の体が自分ではないような感覚になった。足が浮いているというか、フワフワして落ち着かない。
もう、逃げ出したいというか、消えてなくなりたいと思っていたような気がする。

それでも試合が始まってしばらくすると、自分の意識と体の感覚が一致するようになってきて、そうなるともう試合に集中できる。でもそれができないとそのままズルズルといってしまう。
中学3年の最後の大会で、これ勝てば関東大会へ、というときにズルズルいってしまった。
それが最後かな。そういう吐き気がするような緊張感。

大人になると、そういう緊張感ってなかなかないと思う。いや、生きていくのは大変だから、もっと鈍くて長くて地味な緊張感はあるような気はするけど。
まぁ、とにかくその中学の頃の、吐き気がするような緊張感に近いものが今回はあるような気がする。

そんな緊張感を大人になってまた味わうことになるとは思ってもみなかった。
しかも、走り続けていれば、またこれからもそうなるんだと思う。
こういうの楽しいんだろうな。たぶん。

今日はつくばに限らず、いろんなところでフルマラソンやるね。みんなそんな緊張感を感じているんだろうか。
そんなものは強い大人は感じないのだろうか。
よくわからないけど、とにかく皆さん、今日はがんばりましょう!!!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

23

コメント:

流山からつくばへ

明後日はいよいよつくば。今シーズン、僕のレースは流山から始まった。そして前半のピークはこのつくばマラソンになる。あとは年内は12月に足立フレンドリーがあるだけ。それはもうダウンジョグ的なもの?(笑)
年明けの予定もすでに4月まで全部埋まっているがまだお知らせしていない。まぁ、ちょっと事情があるので、それはつくばが終わったらにしよう。

そうそう、昨日もう新しいランニングマガジンが届いていて(笑)それを見てたら1年分のレースの予定表があった。
面白いのでそれを見ていたら流山ロードレースのあった10月7日は全国で16のレースが載っていた。この16のレースがその日あったすべてのレースではない。
なぜなら流山ロードレースは載ってなかったから(笑)

神宮外苑24時間は載っているのにハセツネも載ってないな。だからこの日は少なくとも18のレースがあった。
雑誌にすら紹介されないようなローカルな流山、しかも雨が降った流山。でも僕の中ではとても盛り上がった。
それはブログ村からたくさんの人が参加したからだ。参加者もフルを2時間50分切ってしまう人からフルを走ったことない人(当時)まで幅広い参加者でそれも面白かった。
そしてそのたくさんの参加者を楽しませようといろいろ計画を立て、実行してくれた人がいたからこそ楽しめた。(←ここ重要)

なんだろう?ただレースに出るだけではない。このレースをみんなで盛り上げようという純粋な気持ちが皆さんにあるから楽しいんだと思う。

それでもレースを終えて中華屋で打ち上げをしていると、みんなの関心はすでに流山のことではなかった。
ハセツネもうすぐスタートするね、とか速報そろそろだね、ということだった。
そう、この日は新潟シティもあった。その速報をみんなで待っていた。そして見事なサブ3盗ったよ、の速報。
祝杯だよね。その場にいるみんなでさぁ。

この千葉か埼玉かわからないようなローカルな流山にブログ村から10人も集まり、それぞれが記事を書けば、当然流山一色になる。実際に冗談で流山ネタで3日はひっぱる?みたいな話もあった(笑)
でも、みんな1話完結。そりゃ、そうだ。この日の一番は新潟だとわかっているから。ハセツネもあったけど、これはたぶん精魂尽き果ててレポ書き上げるのに時間かかるだろうし(笑)

自分が参加したレースが盛り上がれば、やはりそれは嬉しい。でも自分が参加していないレースだってそこに参加している人たちの思いが伝われば、そのレースやその人たちの走りを盛り上げたいし、自分のことのように嬉しく感じると思う。
そこに勝ち負けなんてない。win win の関係?相乗効果?気持ちや思いって増幅していくもんだと思うけどな。流山に出て皆さんとご一緒させていただいて、そんなこと感じたよ。

やばっ。つくばまでのレース全部書こうと思ったのに流山でこんなに書いちゃったよ(笑)

10月21日はちばアクアラインに参加。24のレース。猪苗代とかタートル、甲州フルーツ、大町アルプス、あとたくさん(笑)
10月28日は手賀沼に参加。この日は17のレース。柏崎、しまだ大井川などなど。
11月3日は味スタ。7レース。湘南国際、八ヶ岳スーパートレイルとか。

そして今週末はフルがたくさんだ。大田原、福知山、つくば、大阪、神戸、香川。

こうやって毎週末、各地でいろんなレースが行われている。そのレースのそれぞれにいろんな思いがあるんだろう。
僕はつくばに参加する。楽しみだ。サブ3目前の人もいるし、復活にかける人もいるし、サブ3.5を狙う人も、サブ3.5を狙うことを頑なに拒否している人もいる(笑)

問題はそれらのドラマが、僕が走っている間にすべて終わっているということだ(苦笑)
できればブログ村の陣地にお邪魔したいとは思ってるけど、いつまで経っても僕だけ帰ってこないのは目に見えてるからなぁ…。

いつも僕より圧倒的に速い方々と一緒に走る機会が多いけど、このつくばでは同じような走力の人たちと一緒にレースを走ることになるね。当たり前か。
それも楽しみだなぁ(笑)
同じような思いを持ってがんばろう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

昨日もランオフでした。レース直前になってヒザが痛いとか書くの反則だろ?って自分で思うのですが、ちょっと今までの痛みと違うものですから。
でも、まぁ、今日はちょっと試してみます。試走?(笑)
僕はあまりサプリとか薬とか好きではないのですが、まぁ、いざとなったらロキソニンでいけると思いますので大丈夫です。いつだったか顔面が痛くなったときにもらったやつがけっこうあるのよね。

11

22

コメント:

キロ6分でつかまえて

机上の空論とか捕らぬ狸の皮算用とか言い方はいろいろありますが、今回のつくばマラソンの設定ペースがほぼ固まりました。

タイトルがほぼ強引だが『キロ6分でつかまえて』作戦にします。

まぁ、簡単に言うとキロ6分でどこまでも、です。
今回のつくばでの私の目標タイムは4時間30分以内。その4時間30分で走ろうと思えばキロ6分30秒くらいのペースになる。
しかし、前回のアクアラインでも同じような設定にしていたが、後半は同じペースで走ることなど無理だった。貯金が必要だ。
それとこの間の30km走でキロ6分で走り切れたことも大きい。なのでキロ6分で突き進む計画。

ちなみにキロ6分で最後まで走り続けられた場合、タイムは4時間13分になる。
30kmまではキロ6分で走り続けることができて、その後、失速したとして最終的に4時間30分を切る場合には、30km以降は7分22秒ペースで走ることができればよい。
ちなみに前回のアクアラインマラソンでの30km以降の平均ペースは8分46秒だ。
最悪、今回もそのペースになってしまったとしても30kmまでキロ6分が守られれば4時間46分でゴールできる。

前回のアクアラインが5時間14分だから、それでも28分も自己ベストを更新することができる。
28分もあったら川内くんなら9km以上走れてしまうではないか。いや、なぜ川内くん?と言うのは無しで。

まぁ、とにかくそう考えると、僕のつくばマラソンは4時間13分から4時間46分までの間にゴールする可能性が高いはず。ずいぶんと範囲の広い予想タイムだな…。

そういったわけで、つくばではこの作戦にしようと思っているのだが、なんか、ねぇ?夢がないというかなんというか。
ブログタイトルに夢って2つもついてるわりには堅実というかなんというか。いや、もっとひどいタイムも考えられるけど、ねぇ?でもねぇ?

これ、たとえばキロ6分で走り続けた場合、かなり苦しい場面でもキロ6分で走り続けることができるのだろうか?
苦しさを耐えて、それを乗り越えて4時間13分と、少し楽して4時間29分だったら、どっちを選びますか?というかどっちでもいいよ、と思ったりしませんか?
いや、むしろ4時間29分のほうがやり切った感が出るかもしれない。そんなことを考えながらキロ6分をキープすることができるのだろうか?(いや~略)反語ね。

とまぁ、そんなことを考えている。でも自分の走力はよくわかっている。まだ夢を見るような走力には辿り着いてはいないことは。

それでも、ひょっとして?とか、ここ死ぬ気でがんばったらもしかして?とか、思いたいよねぇ。
そういう夢のさわりくらいでもいいから残っているようなプランはないものだろうか?とずっと考えていた。
キロ6分で走る!!と決めた時点で自ら夢のさわりすら放棄していることになる。

そう思いながらパズルのようにタイムを組み替えていたら、ほんと、ほんの少しだけ淡い夢を見られそうな作戦が誕生した。
まぁ、それを達成できることはほぼないし、だったら『キロ6分でつかまえて』作戦にしようよ、とも思うけど。

どちらにするかは当日に決めようと思う。どっちにしようかなぁ。
淡い夢のほうは、どんな設定タイムかはあえてここには書かない。なぜなら淡い夢だから。

ちなみにタイトルは『夢見る少女じゃいられない』作戦だ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

う~ん。昨日の夜から右ひざが痛い。寝れば治るかと思ったけどそうでもない。試しに今日走ってみよう…。

11

21

コメント:

ジョグスピード

僕は、ランニングマガジンを年間定期購読している。
でも、勝手に毎月送られてくるとあまり読まずにすぐに翌月の分が送られてきたりする。やっぱり自分で本屋さんへ行って買ったほうがいいかもしれない。
あっ、でも年間定期購読のほうが安くなるんだったのかな。でも読まなきゃ意味ないな。

というわけで今ごろ先月のランニングマガジンを読んでいたら、川内くんのマラソン論というのが載っていた。
川内くんの練習法というか、存在自体が珍しいだけあって、やはり言っていることも面白いような気がする。

その中で気になったことが、川内くんは週に2日ポイント練習を行って、残りの5日はジョグのみなんだそうだ。
二部練もしないし、ジョグの日には流しも入れないんだそうだ。5日間はジョグのみ。

『ジョグのみ』

いい響きだ(笑)

それでその川内くんのジョグスピードはキロ5分なんだそうだ。川内くん曰くキロ4分はジョグではない。それはペース走だ、とのことだ。
川内くんのレースでのペースはキロ3分くらいなのかな?そうなるとジョグスピードは2分も遅いことになる。

その2分差というものが誰にでも当てはまるとしたら、僕のジョグスピードは7分半とか8分とかになってしまう。
それとも遅い人ほど実際のペースとジョグスピードの差を縮めるものなんだろうか?そんなわけないよな。
でも今の時期にキロ8分とかでジョグしていたら全然体が温まらなくて寒くて走ってられないと思う。

サブ3ペースの人ですらキロ6分15秒のジョグになってしまうから、そんなのかったるくて走ってられないくらいのスピードなんだろうか?
う~ん、でもそうなると川内くんのキロ5分の体感スピードは僕のキロ8分の体感スピードと同じなのか?すごいな。

よくいろんな人の記事でジョグとかLSDとか見かけるけど、その速度は人によってまったく違う。
まぁ、それは仕方ないにしても、その人のレースペースとジョグスピードの差もまったく違う。

とりあえず、川内くんの言うことを信じるとしたら、僕のジョグスピードがせめて体が温かくなるくらいの速さになりたいものだ。そうしないと真冬はジョグができなくなってしまう。

ん?体が温まるって最低でも7分くらい?ってことは5分?無理だな…。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

20

コメント:

つくばへ向けての高尾トレイル

日曜日の話。

つくばまであと一週間。どんな練習をしよう?20kmペース走?25kmLSD?

いや、やはりここは山だろう。それしかないはずと思い山へ行く。今回はいつも山へ連れて行ってくださる方がレースのため、なんと『はじめてのひとりやま』デビュー。高尾へ。

AM6:00に高尾山口駅着。駐車場にいつもよりたくさんの車が停まっている。はて?あまり気にせず用意する。
ちょっと思うところがあってこの高尾山口駅~陣馬山往復にどのくらいの時間がかかるのか確認したかった。
前回、初めて行ったときが休憩時間抜いて5時間30分。今回は5時間を切れればいいかと思っていた。よし、がんばるぞ~、と思いながらスタート!

あの~、いきなり稲荷山コースの入り口がわかりません(笑)

そうなんだ、いつもただボーっと後をついて行くだけだった。しかもスタート時は緊張とワクワク感からどうでもいいことをペラペラと話しかけているから何にも覚えてない。迷惑だったろうな(汗)
本当に『はじめてのおつかい』みたくなってきた。とりあえずしばらくうろうろするもわからないという結論に達したところで、登山客の方々をよく見かけることに気付いたのでついていく…。まぁ、結局はそういう作戦。

気を取り直してAM6:20スタート。前回ここから山頂までのタイムトライアルは47分だった。でも今回はあれから成長しているはずだし、なんといっても今回はタイムを気にしている。うん、うん。行くぞぉ。走るぞぉ。
たぶん、この区間、走ったの20mくらい。もう、すぐに歩いた。結果46分。微妙に1分成長していた…。

その後もタイムトライアルとは言えないような歩きと走り。いや歩きと歩きと歩きと走り。まぁ、いいじゃん、山なんだから、と訳のわからない気持ちも芽生え、陣馬山へ進む。陣馬まで2時間30分以内に着けばいいなぁ、と思っていたが無理だった。2時間43分。
1118004.jpg

今日は富士山もよく見えた。
1118005.jpg
陣馬山山頂にはけっこうたくさんの人がいた。山登りのシーズンなのかなぁ、と呑気に思う。あっ、高尾から陣馬まではほとんど人に会わなかった。

とりあえず復路は2時間17分以内に帰らなければ5時間以内にならない。無理だろう、いやでもたしか帰りは下り基調なはず。たぶん。うろ覚え。
そう、こういうかかった時間とかコースとかもおまかせだったからよくわからないな。緊張感が足りない。いかに頼り切っていたことか。

まぁ、行こう。この時期、捻挫とかシャレにならないので、下りはゆっくり走る。そして普段走らないちょっとした登りとか、きつい登りを登り切ったすぐ後とかを走るようにする。全体的にゆっくりと、でもいつもより走る区間を多くする。

でも、あれだ。時間を気にしながら走ると山は一気につまらなくなる。時間を気にせずに走りながら、あれぇ?こんなに速かったのぉ?っていうのが理想だな。一人もあまり面白くない。まぁ、話相手がいないからね。それでもなんと言えばいいのか、足が地面を踏んでいく感覚?そういうものが嬉しく感じる。

一丁平?もみじ台?あぁ、調べる時間がない(笑)とにかくそこの坂道を走り切ることを目標にしているので走る。ゼーハーからゼーヒーになる。たぶん歩くほうが速い。それでも走る。ここだけは何としても。
その坂を乗り越えた時点で陣馬から1時間30分。あれ?これって2時間きれんじゃね?と思う。う~ん、時間とかコースとかやっぱりわからないので根拠はまったくない。でもいけそうな気がする。

いけそうな気がしただけだった。そこからすごい人。なんで?なんなの?今日はなんかのお祭り?走るどころか歩くのも大変。
時間が気になる。でも危なくて走れない。あ~、あ~。やっぱり時間なんて気にしてはいけない。
ケーブルカー乗り場のあたりは身動きできない。すごいな、これ。ようやく1号路へ辿り着くと、驚くべき光景が。
道が人で埋まってる。登ってくる人たちで道が見えない。なんだ?今日はなんだ?ず~っと下まで人で埋まっているのが見える。
これ、何万人って規模の人が今、高尾山にいるのではないだろうか?たぶんその人たちの重みで標高が3mくらいは下がっているだろう。すごいな、これ。

2時間切りはあきらめ、下る。1号路の道はほぼ埋まっているので道の端の砂利の部分をジョグで走る。そんなところジョグしている人は僕しかいない。
たくさんの登ってくる人たちに奇異の目で見られる。久々に使ったよ、『奇異』なんて言葉。まれに、「あの人、走ってるよ」なんてささやき声まで聴こえる。

いや、でも2時間切りがぁ。

2時間12分かかった。計4時間55分。まぁ、いいか。
ゴール地点でなぜ今日こんなに混んでいたのかやっとわかった。
1118006.jpg
1118007.jpg
紅葉の季節だったようです(笑)

いや、山の上はまだ紅葉になってなくて、この辺りは朝はまだ薄暗かったので見てなかったので気付かなかった。
元々、完全インドアなので紅葉の時期だから出かけようではないか!という考えも持ち合わせていない。

まぁ、そんな感じで『はじめてのひとりやま』無事に終えることができた。ケガなく終えることができればつくばへ向けたかなりのいい練習になったのではないか?と根拠なく思う。

それにしてもあれだ、もう少し自覚を持とう。
でも、今度はまた一緒に行こう(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

19

コメント:

ブログ村マイコースシリーズ~helloweenさん 後編~

おぉぉ、ウェアの色が!

タイトル『信号機』
1117010.jpg

しばらく進むと国道246号線に入りその国道を進む。helloweenさんのご近所には多摩川もあるらしく、のどかなマイコースという選択肢もあるのだが、そこはhelloweenさん。だてにサブ3を取ってはいない。常に、己に厳しく成長するような課題を出し続けるために、あえてきついコースを選択するのだそうだ。ここもアップダウンが気に入って走っているらしい。
↓このダラダラと続く上りがけっこう長い。それに加えてhelloweenさんのジョグは速い。このあたりだんだんとみんなが無口になっていく。僕は誰にも話しかけてもらいたくないと思っていた(笑)
1117011.jpg

誰とも話をせずに暇なのでまた1枚。
タイトル『信号機2』
1117012.jpg
このあと、helloweenさんの後ろについてみた。流山ロードレースでもhelloweenさんの走りを見ていて、そのときにも思ったのだが、helloweenさんの走り方は、躍動感があると言えばいいのか、とにかく跳ねるようにして走る。
いろんな人の走り方を見たけれど、ここまで跳ねるようにして走る人はいない。思わずsan-anさんの後ろにもついて確認してしまった。
しかし、跳ねるようにして走るのに体がまったくぶれない。上半身がまったく動かない。体幹がかなりしっかりしているのだろうか。
跳ねるように走っているのに体はぶれることがないので、すごくゆっくりと走っているように見える。でも騙されてはいけない(笑)
この走り方が技術的にどうだ、というのはもちろん僕にはわからない。でも滅多にいない走り方であり、なおかつやたら速いということは理解できた。

たぶん、ここで、ジョグが速過ぎると文句を言ったのではないだろうか?違ったかな?
さすがは微笑みの紳士。珍しく満面の笑みで返してくれた。
1117013.jpg

国道からはずれ、一般的な道路へ。ここでも坂が…。そして相変わらず速い(笑)
1117014.jpg

速いお2人が並んで走ると、そこはもう僕にはわからない世界なので、息を潜めてそっと後ろを付いていく(笑)
1117015.jpg

時折り、冷たい雨は強くなったり、止んだりを繰り返しながらも走る。今回helloweenさんのマイコースは16kmを走る予定でいたが、ここでhelloweenさんが恐ろしいことを言いだす。
なんとこのマイコース。12km地点で一度ご自宅の前を通るのだ。そのご自宅の前を通るのに、そこからまた4km走るというのだ。そんなことできますか?毎日が精神修練の場ですよ?

今回は、その精神修練の機会が僕に回ってきた。helloweenさんが朝の5時頃にいつも葛藤しながら勝ち続けてきたマイコース精神修練の部。今回はマイコースシリーズなので僕に決めてもらっていいですよ、とのこと。
雨も強く、冷たい。来週はつくば。心なし訴えかけるようなsan-anさんの眼差し(笑)
しかし、そんなことにも負けずに走り続けたからこそ、栄光のサブ3を勝ち取れたわけなのだ!!!

はい。ここで終了にしましょう(笑)

なわけで本日のマイコースは12kmで終わりにしました。申し訳ありませんでした。

そんな常に自分にストイックなhelloweenさん。しかしそんなhelloweenさんのもう一つの顔。
それがこれ↓
1117017.jpg
ビール好きな人は普通は箱買いとかして安く買いますよ。しかしhelloweenさんは常にストイックなのでいつも2本と決めたら2本しか買ってこない。お菓子だって少なめだ。やはり走るうえで節制は大事だからね。さすがです。
で、このローソン。ビールが足りなくなって買い足しに行く近所のコンビニ(笑)もちろんお菓子も買い足しに行く。

さらに何度もローソンへ買い足しに行って、恥ずかしくなるとその先のセブンイレブンまで足を延ばす。そのセブンイレブン(笑)
1117016.jpg

常に目標を掲げ、自分を高めるために禁欲的なまでに練習を続ける日々。故障しながらも復活に向けて努力を怠らない日々。
でも、やっぱり車のハンドルだってあそびが必要ですから。いや、むしろあそびのほうが重要かもしれませんから。
だから、これでいいんです。たぶん。

その流れで昼ごはんは大盛りのお店へ。このチャーハン大盛りで1.2㎏だそうです。それでも普通のチャーハンと値段は300円しか変わらない。お得です。大人数で注文すれば…。
1171018.jpg
見て、この大きさ。
1117019.jpg

僕はわりと小食なの。でもこの流れで頼まないわけにはいかない(涙)
食べても食べても減らない。4分の1くらい残してしまいました。ごめんなさい。
一流のランナーは食べることも一流のようです。helloweenさんに限らず、san-anさんも新横の雅さんも完食されていた。すごい。やはり僕が速く走れる日はやってこないと思われます。
この日はもうずっとお腹が減らなかった。

そんな感じで今回も無事にマイコースシリーズ終了いたしました。今回も楽しく過ごさせていただきました。
helloweenさん、そして参加された皆様。ありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

18

コメント:

ブログ村マイコースシリーズ~helloweenさん 前編~

ブログ村マイコースシリーズ第十弾!!行ってきました。今回はhelloweenさんです。

事前にご連絡いただいていた新横の雅さん佐藤さんと駅で待ち合わせ、helloweenさんに車で迎えに来ていただき、さぁ、出発だぁ!と発進しようとしたところ見覚えのある方がやってきた。

san-anさんでした。

いつも参加していただきありがとうございます(笑)

そのままhelloweenさんのご自宅前まで移動し、マイコーススタート!!
ゆるいジョグ。これがマイコースシリーズの掟(笑)もちろん例外も何度かありました。しかし、ジョグはゆるく。これ基本。
それなのにhelloweenさんのジョグ、超速い…。軽快にどんどん進んで行く。
1117001.jpg

ほら、san-anさんも遅れまいと心なしか必死に見えるでしょ?
1117002.jpg

helloweenさん速い、速い。今回は昨年の板橋でサブ3を取る直前によく走っていたという16kmのコースを走る。
街の中を駆け抜けるようなコース。helloweenさんは朝ランなのでここを朝4時頃から走るんだそうだ
1117003.jpg

なんとか追いつき、いやぁ、ペース速いですよ、いやいや、そんなことありませんよ、と穏やかな笑みを浮かべるhelloweenさん。
あっ、嘘です。そんなやり取りはなく写真を撮りましょうということです。
1117004.jpg
撮影は佐藤さん。ありがとうございます。まぁ、徐々に、徐々に、そのうち後ろ姿からね(笑)
そんなわけで集合写真。
1117005.jpg

写真を撮ると、また速ジョグへとhelloweenさん。ぐんぐん進む。
1117006.jpg
ここで僕はふと疑問が生じる。このマイコース、街中を駆け抜けるコース。人も車もけっこう通る。まぁ、普段は朝ランなので今日ほど人や車がいるわけではないけれど、それでもまったくいないわけではないと思う。
このコースを板橋でサブ3取る前によく走っていた?どんなスピードで?

気になった僕はすぐさま佐藤さんに4分15秒で走るようお願いして、一緒に走ってみる。
いや、20mくらいしか走れないけど、はえぇ、街中で4分15秒はえぇし、こえぇ。
それにしてもすぐに4分15秒で走ってくれる人々と走ることができるということはとても貴重なことだと改めて思った。

こうやって、走りながら入れ替わり立ち替わり、いろんな方々とお話しながら走る。自分がいろんな方々とお話しながら走ることも楽しいけれど、このようにお話ししている人たちの話を聞きながら、その前や後ろを一人で走るのも、また楽しい。
1117007.jpg

1117009.jpg

いつものように動物バージョン。
1117008.jpg
つづく。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

17

コメント:

本日はブログ村マイコースシリーズ第十弾!!

とうとうブログ村マイコースシリーズも第十弾。二桁ですね。そして残すところあと2つ。

節目の第十弾はhelloweenさんです。
先日の坂東いわいハーフでは、見事復活ののろしをあげようかというほどの好調っぷりを見せつけました。
これからどんどん本調子に戻られていくのでしょう。楽しみです。

本日は先週に引き続き、新横の雅さん佐藤さんが参加されるようです。よろしくお願いします。

今日も二度寝してしまいました。でも今日はちゃんと走るし、それにそのあと、helloweenさんらしいとんでもない昼食が待ってます。なんかすごいことになりそう…。

JR武蔵小杉駅に9時半集合だそうです。当日いきなりの参加もお待ちしています。

楽しみだ。それではまた。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

16

コメント:

思いどおりにならない平日

夏くらいから土日の走行距離はけっこう多くなっている。
もっと前はどちらかはランオフにしていたけど、やはりある程度走ろうと思うと土日に走らないと距離が稼げない。

まぁ、マイコースとかいろいろあるから土日に走ることはとくに抵抗もなく、けっこう走れてしまう。
その反動なのか平日があまり走れなくなっている。やっぱり土日でやりきった感じになってしまうのだろうか。

朝のほうが気持ちよかったので8月くらいから朝ランにしたのだが、今になって寒いから夜に変えたいのに体が付いていけず、相変わらず夜には眠くなり、朝は3時とか4時とかに起きてしまう。

まぁ、それでもいいんだけど。
今週はつくば2週間前だから平日もほぼ毎日走っておこうと思ったのに、昨日も今日も4時に目覚めたものの再び寝てしまった。
まぁ、体が疲れている感じもあるから、眠いのなら寝てもいいんだけど、でも来週はあまり走らないようにしようと思ってたから、やはり寝ている場合でもない。休みたいなら来週休めばいいのだ。

体と対話したうえで休みが必要だ、と判断したのか、ただ単に、いやぁ、寒いし眠いしと思って走るのやめたのかいまいち判断つかないし。いやだ、いやだ。

なので最近は平日はいつもブルーだ。

別に書く必要もないけど先月に今後の練習計画を立てた。

月曜は土日の疲れを癒す感じで5kmジョグ。
火曜休み。
水曜は10kmペース走。今のところ5分40秒くらい目安。
木曜は8kmジョグ。そのうち3kmを陸橋を5往復。ダッシュまではいかない。
金曜休み。

あとは土日は両日走る。今後は平日はずっとこんな感じで土日で強度をあげていこうと考えている。
でもこの平日の予定どおりには走れていない。

以前は平日のほうががんばれて土日はやる気がなくなっていたのに、なかなか思うようにはいかないね。

いやぁ、今日は二度寝しちゃったからブログ更新も危うかった。まぁ、昨日もだけど。
なのでなんの意味もない内容で15分で書きあげてしまったよ。まぁ、昨日もだけど。
手抜きな内容でごめんなさいね。まぁ、昨日もだけど。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

15

コメント:

マスクマンブルース

私はマスクが嫌いだ。マスクにまつわる嫌な思い出もある。昔はマスクしたままなんてわりと失礼だろ?という風潮があったような気がする。口○女とかもあったし(笑)

でも、今は一年中マスクをしていたって不思議がられることはないほどマスクは市民権を得ている。
それでも私はマスクが嫌いだ。

風邪をひいたときにはエチケットとして当然だろ?という風潮には抗えないので1日2日くらいはしているが、極力しないように努めてきた。人がいなければ必ずはずす。
それほどマスクが嫌いだ。

そんな私が、そんな私が、先日風邪をひいてから、今日まで毎日ずっとマスクをしている。
風邪のほうはだいぶよくなっているのに、マスクを手放さずに毎日している。

なんで?

そう、つくばがあるからだ。

つくばまでに風邪をぶり返したくないからだ。

それにしても毎日マスクをしていたらマスクの効果というものに改めて驚かされた。
人に風邪を伝染さない。人から風邪を伝染されない。そういう効果のみではない。

・息が湿っぽくなるのでミニ加湿器になる。
・息をすると苦しいのでミニ高地トレーニングになる
・何となく太もも裏の張りも和らぐ気がする
・足首の痛みが取れたかもしれない。

マスク、いいですね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

14

コメント:

30kmストーンズ走

日曜日のお話。

つくばまで残り2週間ということで30kmペース走をする最後のチャンス。
でもさぁ、風邪もひいていたし、昨日はマイコースで17.5kmも走ったし、今日は雨が降るっていうし、どうしよっかなぁ、なんて思ったものの、さすがにフルマラソンを走ったことのある違いがわかる男アレキ。
私ごときの走力の人間が、30km走をやらずしてフルを走るだなんて、裸で戦場を歩くようなものだよ、と自分に言い聞かせて走ることにする。

今回はキロ6分で走ってみようと思う。そして気を付けることが二つ。

味スタのときにsan-anさんに、アレキさんはストライドが広いですね、と言われた。
ところが今まで、自分ではQちゃんばりのピッチ走法だと思っていた。あれ?そうなの?オレ、ストライド広いんだ、と思いつつ、試しに最後の2kmを歩幅を狭くして回転力で走るようにしてみると、その2kmが一番速かった。
やはり、ピッチ?オレ、ピッチ?と改めて思った。ピッチのほうが上体がぶれないような気がするし、着地もそっと降ろせるので足首もそんな痛まないような気がする。
なので歩幅を狭く、回転とリズムで。

あとは昨日、新横の雅さんに教えてもらった、腿で走れ! これはどういう意味かというとうまく説明できない(笑)
まぁ、とにかく腿で走るのがいいと実践を交えながら教えていただいたのでそれも試す。以上二つ。

30kmをキロ6分で走ったら3時間もかかるじゃないか。しかも今日はペース走だから携帯のアプリのアナウンスを聞きながら走る必要がある。ならば音楽も聴きながら走ろうではないかということになりiPhoneにRolling Stonesのアルバムをぶち込む。
僕はとくにRolling Stonesが好きなわけではないのだが、キロ6分というスピード設定にちょうど合う音楽なのではないか?と思ったのだ。なんか、ほらルーズというか、あのタメのあるリズムがキロ6分!!って感じがしませんか?しないか。

まぁ、そんな感じで走り出す。ストーンズはシャッフルで。記念すべき1曲目は『Street Fighting Man』
ほぉぉ、こいつはいい曲だ。幸先いいね。

歩幅が狭くなると速く走っている気がしない。こんなペースでいいのか?と思う。これじゃ遅過ぎだろう。1km過ぎてアナウンス。速過ぎた。えぇ?これで、こんな速いの?
いつも焦って歩幅が広くなってたのかな?いいな、この走り。省エネっぽくて、それでいて速い。うん、いいぞ。
5:30
5:23
5:35
5:42
5:31

27:41
キロ6分にするためにペースを落とそうとするがダメだった。
走りやすい速さだからこれでいっかとだんだん思ってくる。
5:40
5:45
5:52
5:57
6:00

29:14(56:55)
8kmで早くも疲れてきた。
ほら、やっぱり気持ちいいペースじゃダメだろ?ペース走なんだからさ。
5:56
5:56
6:17(ここで給水・補給)
5:49
5:46(15km折返し地点)

29:44(1:26:39)
13km手前、自販機の前で立ち止まって給水。なんかもう嫌だ。走りたくない。なんか力が抜ける感じがしたのでゼリーを補給。
あぁ、どうしよう、もう走りたくない、なんて考えてたら自販機で買ったゲータレードRUNをすべて飲み干してしまった。
お腹たぷたぷでさらに走りたくない。でもここで折り返しても26kmになる。それなら30km行くか…。とりあえず走る。

折返し地点まで来て、また走りたくなくなった。つらくて仕方ない。これキロ6分って設定に無理があるのでは?
そうだよ、フル4時間半が目標なら6分半でいいんだよ。なんだよ、キロ6分って。どっからそんな数字持ってきたんだよ?と気を取り直してキロ6分半に再設定。そして走り出す。
6:16
6:14
6:08
6:09
6:06

30:53(1:57:32)
不思議なことにキロ6分半でいいと思ったら気が楽になったのかキロ6分に戻りつつある。このペースでもつらくない。
なんだろう?体って、脳って不思議だ。
5:59
5:55
5:56(給水)
5:53
6:00

29:43(2:27:15)
この区間は体感的には明らかにスピード落ちていると感じていたのに、実際はそうでもなく、寧ろさっきの区間より速くなっている。不思議だ。
22km過ぎで2回目の給水。自販機で買ったポカリを飲み干した。たぷたぷ(笑)
6:14
6:09
5:48
6:03
6:04

30:18(2:57:33)
脚は25kmまでで終わった。あとはもう気力。
最後の1kmなんて前傾姿勢になって体を倒れこませるようにして、ほら、転んじゃうぞ!! 嫌だったら脚を出せ!! と思いながら走った。そうしないと脚などもう前に出なかった。

余力を残して30kmなんて無理だね。
あと12km走る力はまったく残ってなかったね。
つくばもちょっと厳しそうだね。
とりあえずキロ6分ペースのまま30km走り切れたことだけは、まぁ、収穫だね。
歩幅を狭く回転とリズムで、そして腿で走る。これいいね。
ストーンズはキロ6分の音楽としては最適だね。
とくに『Jumpin' Jack Flash』がよかったね。
日曜日の話を今さら書いたけど、せっかく30kmも走ったのだからネタにするべきだね。

まぁ、そんな感じ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

13

コメント:

ブログ村マイコースシリーズ~さぶろうさん 後編~

皆さんをお待たせしながらも何とかゴール。しかし、今回はここでは終わらない。
というかもう一つ、僕がリクエストしていたコースがある。自販機で買った水を飲みながら、そんなリクエストなんかしたことを激しく後悔していたことは言うまでもない。

以前、さぶろうさん家のご近所でガソリンを入れたことがあって、そのガソリンスタンドがすごい勾配のところに建っていた。なぜこんな斜面にわざわざ建てたんだ?と思いながら、周りを見渡すと平坦な場所などなかった。
念のため、さぶろうさんにこの道はマイコースか尋ねてみると、そうだとのことだった。

考えてもみてほしい。たとえば僕が今日は5km走りました、とブログに書いたとして、さぶろうさんも同じことを書いたとする。字面だけ見れば同じ5km。でもこの斜面とどフラットな道では内容がまったく違うではないか。
これは、どれほど違うのか実際に走ってみなくては…。と思った。

こんな道ね。
もちろん写真より本物はもっとひどいことになっている。なんだろう?雪が降って積もったならば、必ずやソリ遊びをしたくなり、実際にソリで下ってみたら、想像以上にスピードが出て身の危険を感じる、といった感じの坂道だ。
111001-2.jpg
まぁ、リクエストしたのは自分だから走り出すも、全然前に進まない。
111002-2.jpg
こんな大勢で走って知り合いに会ったらどうしよう?と言いながらサクサク進むさぶろうさんと、同じようにこの近辺に住んでいらっしゃるからかサクサク進む皆さん。
皆さん、ホント、息一つ乱れずに走っていた。これって、あれですよ、あの、なんだ?エチオピアの選手は子どもの頃から山道を一日7kmは走るため~以下略。みたいな流れと一緒のことですよ。まったく…。

ちなみに新横の雅さんも余裕で走っていらっしゃったし、佐藤さんもきついと言いながら足取りは軽かったです。
あっ、そうそう。雅さんは家から21km走ってこられてます。それから参加。ホントに恐ろしい方だ。
まぁ、私だけですよ…。いつものことだけど。

ほら、ちょっと上ったつもりが屋根の上だもんね。
111003-2.jpg

上って、下って、また上ってのあたり。真ん中らへんに一人遅れる僕が写ってる。
111004-2.jpg
皆さん優しいですよ。こうやって待ってくれて写真まで撮ってくれる。まぁ、何となくニヤニヤしながら写真を撮っているような気がしなくもないですが、とにかくありがたい(笑)
111005-2.jpg

またまた下って。これも本物はもっと急な坂。でももう驚かない。だってこんな道ばかりだもの。
111006-2.jpg
で、また上り。いったいいつまで続くのだ。この坂道無限ループ、と思いながらもリクエストしたの自分だし。
しかも、さぶろうさん、私の体調を考えてか7kmのコースを6kmに変更されていたし。
まぁ、がんばろうではないか。
111007-2.jpg

またもやshokiさんが気にかけてくれて一緒に走る。ホントいつも申し訳ない。あっ、でもshokiさんとお話してたら昔は生活圏内が僕と同じような場所だったらしくローカルネタで盛り上がって面白かった。
あのロッテリアの上の貸しレコード屋でね、あぁ、そこ私もよく行きましたよぉ、みたいな感じで(笑)
111009-2.jpg

で、まぁ、そんなことを話しながらもがんばって走ったつもりが、エチオピアランナーに敵うはずもなく、またしても皆さんお待ちのようで…。
待たせてるの図。
111008-2.jpg

そんな感じで無事に走り終え、さぶろうさん宅でコーラとフルーツをいただきました。さぶろうさんと奥様にはいろいろお気遣いいただきありがとうございました。
さぶろうさんのお家にお邪魔させていただくや否や、アレキさんは泊ったことあるんでしょ?と皆さん口々に仰る。あぁ、あの時の苦い記憶が蘇る。都民の森の駐車場め(笑)
改めて、その節はありがとうございました。

その後は、みんなで食べ放題のお店へ昼ご飯を食べに行った。味スタ以降、さぶろうさんと私の食欲はおかしなことになっていた(笑)

ここでの話は楽しかったなぁ。アベシルさんは以前お会いしたときより先の展望がすごく開けて見えて心なしか表情まで明るく凛々しくなっているような気がしたし、shokiさんはかすみがうらへの意気込みが素晴らしかったし、佐藤さんは、あまりに詳細なレースコースの話しっぷりに、この人もうすぐレース出るな、と思ったし、新横の雅さんのウルトラの走りっぷりのお話はいつ聞いても楽しいし、もっちもっちさんのつくばへの熱い思いと熱い走りがとても楽しみだし、さぶろうさんは山の話はとても楽しそうにするのに、フルマラソンの話題になると急に興味は失せてサラダバーへ行ってしまうし(笑)
111010-2.jpg
そんな感じで、楽しく過ごさせていただきました。
うまく言えませんが、そして何度も言いますが、ここは遠い。遠すぎます。でもここで出会った人たちはなんか私にとって心地よく過ごせる方々なので、やはりまたいつかここへ来て、また一緒に走れることができたらいいなぁ、と思いました。

参加された皆様。さぶろうさん。さぶろうさんの奥様。本当にありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

11

コメント:

ブログ村マイコースシリーズ~さぶろうさん 前編~

行ってきました。ブログ村マイコースシリーズ第九弾!!はさぶろうさんのマイコースへ!

今回私はとんでもないことをしでかしまして、まさかの遅刻をしてしまいました。カーナビの指示に従い、都内を抜けようと試みたところ、普通に渋滞しておりまして、一応それを見越して出たつもりだったのですが結局30分の遅刻をしてしまいました。
今までインドアだった私は環八なんて走ったの15年ぶりくらいでしたがホント気が弛んでおりました。

そんなわけでさぶろうさんはじめ、参加していただいた方々をお待たせするという失態をやらかしてしまいました。しかし、そこはさすがの猛者ランナーの方々。
今日は18.5kmも走ろうという予定なのに、私を待っている間にアップの5kmジョグをされていたとのこと。
本当に申し訳ありませんでした。

アップのジョグの様子。
11100-1.jpg

私の到着後に改めて撮影。
今回、参加していただいた方は新横の雅さん、アベシルさん、shokiさんもっちもっちさん、そして佐藤さん。で、本日の主役さぶろうさん、私の総勢7名という大所帯です。
11101-1.jpg
11102-1.jpg

まずは以前車で通ったことのある11.5kmのマイコースへ。
このマイコース、なんで僕が走りたいと思ったのかというと5.75kmの折返しコースなのですが、ず~っと長くゆるい上りと下りが続くのです。ゆるくもないんだけど、でもまぁ、この辺りだとゆるいほうなのかな。それで後半最後の道が下りになっていて、最後はトンネルの中。
車でそこを通った後から、このコースを走ることについてよく考えるようになっていた。

そのコースを上ったり、下ったりしながら、ゼーハー言い続け、何とかがんばって、それで最後の下りを、あとちょっとがんばればゴールだぁ!と思いながら走る。
その、あと少しと思いながら走っている場所がトンネルの中で、そのトンネルを走り抜けて、外へ出た瞬間の景色の変わり具合、景色の広がり具合、空気の変わり具合と、もうゴールだぁ、と思えるその組み合わせが、なんかいいなぁ、と思ったのです。
それを楽しみに走り出す。
11103-1.jpg

これこれ、このトンネルね。でも行きは当然上り…。
11104-1.jpg
トンネルの中。
11105-1.jpg

わりと皆さん気ままなペースで走り出す。これだけの人数だとそのほうが何となく面白い。いろんな方と終始入れ替わりお話しながら走る。この入れ替わる方々とお話することがたくさんあってすごく楽しく走ることができた。
今回は折返しまではゆっくり、折返し後はわりと真剣に走ろうと決めていたけど、それはとくに気にせず各自それぞれがいいペースで走る。

主役のさぶろうさんは先頭を颯爽と走っていた。なのでさぶろうさんの後ろを走ってみる。
11106-1.jpg
山へ行ったときにはいつもさぶろうさんの後ろを走っているのでよく知っているけど、でも考えてみたらロードでは初めてかもしれない。
走りの前に気になったふくらはぎを撮影。これ本物はもっとすごかった。ハセツネ仕様だった(笑)
11107-1.jpg
さて、さぶろうさんの走りだけど、さぶろうさんはわりとかっこよく走る。いやこれ誉めなくてはと思って書いているわけではない。

今までいろんな方の走り方を見てきたけど、簡単に言うと『力強い走り』と『静かな走り』が対極に位置していて、それで分類していく感じ。力強い走りは、陸上部っぽいというかそういう走り。静かな走りは足音も聞こえず、というかホントに走っているの?と思えるような走り。
ちなみに速さはどっちの走りでも関係ないみたい。力強いから速いとか静かだから速いということでもない。まぁ、僕が適当に書いているだけだから。

さぶろうさんの走りは、それらの走り方が振り子のように両端にあるとすれば、ちょうどその真ん中の中間点にある。とてもバランスのとれた走り方をしている。
一つだけ気になるのは、たしか以前にご本人も仰っていたと思うが足首が若干、内に入る。とくに左足。グネってしやすいのかな?
まぁ、でもバランスの取れたかっこいい走りだから余計目立つのかもしれない。

とまぁ、そんな走りを見たり、お話したりしながら走っていると、けっこう暑かったからか、すでにへばる。
他の方々は信号にひっかかると、ちっ、って感じだったけど、僕は赤信号が友だちだった。
信号待ちの図。
11108-1.jpg

折返しに辿り着く前にすでにヘロヘロ。だらだらと走る。shokiさんが僕のことを気にかけてくれて一緒に走ってくれた。とりあえずなんとか折返し地点まで。
折返し地点のこの柱にタッチしてから折り返すのかぁ、と写真を撮っておいたけど、考えてみたらそんな説明は受けていない(笑)
なんでそんなこと思ったのだろう?意識朦朧?せっかく撮ったので載せておこう。
11109-1.jpg

後半は真剣に走る予定だったので、一番に走り出し、まぁ、皆さんご想像のとおり、すべての人に抜かれ、優しいshokiさんに励まされながら走っていた。なので後半は写真なし。
新横の雅さんともっちもっちさんには熱いデッドヒートをするよう依頼してあったので、抜かれるときには写真を撮ろうと思っていたのに、二人が僕を抜いたときには、彼らの姿は見えず、ただ風だけが通り抜けていった(笑)

そんなわけで、朝は遅刻して待たせた挙句に、また待たせることに。
ゴールした後、アレキを待つ人々の図。
11110-1.jpg

トンネルの中をがんばる!と思ってたのに結局、ただのジョグに終わってしまった。これ悔しい。リベンジしたいけど、ここはけっこう、いやかなり遠い。でも機会があればまた行きたい。

まぁ、機会なんてわりとあるんだよね…。つづく。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

10

コメント:

本日はブログ村マイコースシリーズ第九弾!!

さて本日はブログ村マイコースシリーズ第九弾!!

さぶろうさんのマイコースへ行ってきます。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、このブログ村マイコースシリーズ。そもそもは私がわざわざ尾根緑道まで走りに行ったことが事の発端となっております。

尾根緑道もさぶろうさんのマイコースですが、ここはちょっとマイコースとしては出来が良すぎ(笑)もっと地味でよいのです。
あっ、そんなことを言いたかったのではないのです。その尾根緑道。私の中ではとてもいい印象が残っています。
今回もその時に一緒に走っていただいた方々が来ていただけるということなのでとても楽しみです。

なんなんでしょうね。本当にサラッと行って、サクッと走って、チラッとお話して帰ってきただけなんですよね。その時。
でもそのとき、一緒に走った方々のことはやはり印象的ですね。ロクにお話もせずに終わってしまったんですけどね。

まぁ、かっこよくいえば走りで会話してきたんでしょう。いや、私には無理だな(笑)

今回はもっと地味なコースなんですが、私が自分で走りたいと思ったコースなので楽しみです。
2つのコースを走るのですが、その2つとも私のリクエストです。これはもう平地に住んでいる者からすればなんだこのコースは?と思うようなところです。
まぁ、そこが日常の方にとっては何がおもしろいのか?ということでしょうね。
とにかく楽しみです。それと同時になんか、あぁ、もう終わりに近づいているんだな、マイコースシリーズとも思っています。

いつもマイコースシリーズの記事を書くときは参考までに以前の記事を読み返すのですが、昨日はお腹が痛かったこともあって何もすることがなかったので過去のマイコース記事全部読み返してしまいました。
自分で書いたはずなのに、面白いなぁ、これ、よくこんなの書いたなぁ、と一人にんまりしながら自画自賛していました(笑)

今はあんなの書けないなぁ、とも思いました。ちょうど潮時かもしれませんね。

とちょっと湿っぽくなったところで今から準備して行ってきま~す。
あっ、風邪のほうは順調に治っているようです。まぁ、体調を見ながらゆるく走ってこようと思います。

って、体調関係なくいつでもゆるいですけどね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

09

コメント:

風邪をひく

風邪をひいた。

一昨日の朝から喉が痛くなり、仕事から帰ってきた夜には声が出ないような状態になっていた。頭も痛く、熱は微熱。
僕は5,6年前に喉のポリープを除去する手術をした。いや、それ自体はたいした手術ではなかったけど。生まれて初めて入院した。

それ以降、喉が痛くなる風邪になると、その喉の痛さが尋常でないくらい痛くなる。えぇぇ、ちょっとなにこれぇぇぇ、しんじらんねぇぇぇ、と思うくらいの痛さ(笑)

今回も喉の痛さが尋常ではなかった。でも年に1回あるかないかだからつい忘れちゃうんだよね。そういうことって。またなって初めて気付くというか。

まぁ、でもこんな時期に風邪をひくなんて完全にたるんでる。舐めてる。手洗いうがいってきちんとやらなければ。
つくばに向けて気合が入っていたはずなのに、きちんと入っていなかったというか。全然ダメじゃんというか。

でも、まだ致命的ではないな。レースの直前とかに風邪をひくとかではなくてよかった。体調管理も気をつけよう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

07

コメント:

つくばにむけて考える

昨日、家に帰ると先日のちばアクアラインマラソンから葉書が送られてきていた。裏を見ると完走証だった。へ~、葉書が完走証になるんだぁ、と思いつつその下にはつくばマラソンからの封書が置いてあることに気付く。

もう残り20日きってしまった。いよいよつくば。
僕はつくばにエントリーするつもりはなかったのだが、いろいろ考えた結果、エントリーした。そのいろいろ考えたの『いろいろ』が今後に活かせるかどうかも、つくばでの走りにかかっている。このままではいろんな方に迷惑がかかってしまう。まぁ、それはそれで面白いのだが…。

アクアラインでは4時間半を切るということを目標に掲げた。それが順当にこなせていれば今回のつくばはキロ6分ペースで走ることが目標だった。4時間13分くらいね。でも、アクアラインでは5時間14分もかかったから、そんなの目標にしたら自己ベストを1時間も縮めてしまうことになる。それはちょっと現実的ではないし、そんなに縮めてしまったら今後が苦しくなる。地味に自己ベスト更新のほうが楽しめるではないか(笑)

そんなわけで4時間半という目標を再度設定しようと思うが、ただ4時間半だとキロ6分半くらいで走ることになる。この6分半で走るということが僕にとって走りやすいペースなのか?と考えるとそれがよくわからない。
まぁ、後半失速することを考えれば、もう少し速めのペースでいいと思うけど、じゃぁ、どのくらい?って思う。

妥当なのはキロ6分で走って、前半で貯金してあとは4時間半超えないように粘る。かな?
いっそのこと5分40秒で走っちゃう?とも思う。
いやいやいや、そんな調子に乗ってはダメだ。やはり目標タイムの適正なペース6分半より気持ち速めで走る。

などなど、走らずにただ考えるだけだと、楽しい(笑)

でも自分の走りやすいペースってどれくらいなのかいまいちわからない。考えてみたら、いつもキロ6分とか思って走っていても、実際はそれより遅いか速いかでいまいちキロ6分ペースを体で覚えきれていない。
そんな曖昧なペースで42kmを走ってしまって大丈夫なんだろうか?と思う。

キロ6分半だと若干、足を温存して走る感覚になるけど、でも今までの乏しい経験からすると足を温存してもしなくてもあまり変わらない。むしろ温存したのに足が動かなくなってるじゃん!と思うことが多い。
そうするともったいないというかじれったいというか、せっかくのつくばでそんなこと思いながら走りたくない。

5分40秒というペースは今までずっと意識しながら走ってきたからペースとしてはわかる。でも、これ、ここでこのペースはいまいち冒険だよな、と思う。いや~、無理だろう?と思う。

とりあえずそんなことを考えている。まぁ、時期的に今週末に30km走をやると思われるので、そこで試してみようか。
というか30km走、いまだに余裕を持って終わったことない。まずは余裕を持って30km走るところからか。ペースとか考えるところまでいってないな。

日曜日は坂東とかいびがわとかレースもありますね。レースに参加される方はがんばってくださいね。
私もその頃、30km走りながらいろいろと試行錯誤しようと思います。考えるのは好きなのですが実践するのは嫌いです。まぁ、でもレースでがんばっている皆さんがいると思えば30km走れるでしょう。たぶん。きっと。

あっ、そうそうアクアラインが終わったとき、真剣に痩せることを考えた。チーム75に甘んじていてはダメだ。あそこは私のような平凡な人間のいるところではない。少しでも痩せて、少しでもつくばを快適に走ってやるぅ!と強く決意したものです。

なんですか?あの味スタでの飲み食いっぷりは(笑)
つくばまでに痩せる…。はい、消えたぁ(キンキン風)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

06

コメント:

長瀞トレイル

先日、ブログ村マイコースシリーズでbgさんのところへお伺いした際に、お宝登山・長瀞アルプストレイルレースというレースにbgさんが参加されるので、一緒に試走に行きませんか?というお話があり、あぁ、行きましょうということで11月4日に行ってきました。
近所ということもあり、bgさんの車に拾ってもらい乗せていってもらいました。ありがとうございました。

ちなみにこの前日、私が味の素スタジアムで笑い続けていた頃、bgさんは湘南国際フルを見事PB更新で完走されています。
前日フルを走っておられるのに翌日トレイル。こういう方が本当のタフなんだと思います。しかもこの日もガンガン走られておりました。

さて、この長瀞(ながとろ)の宝登山(ほとざん)、埼玉に住んでおられる方にとってはなじみのある場所ではないかと。
小学生や中学生の頃の遠足の定番となる場所だった。埼玉全域というわけでもないのかな。でもこの宝登山に登って、ライン下りとかやってる川の石畳でお弁当を食べるという流れだったと思う。

ちなみに小学5年生の時に行ったときには小さな博物館に行かされて、そこに三つ目のブタがホルマリン漬けにされているという、小学生としてはあとで夢でうなされること間違いなしというものを見せられた記憶があるけど、誰かご存知のかたいらっしゃいますか?(笑)

まぁ、とにかくそういった子どもの頃に登った山というイメージがあることから、ワタクシかなり舐めていました。いや、たいしたことないだろうと。山ではなく丘だろうと。ハイドレいらないだろうとペットボトルにしたし、リュックもいらないかも?などと思ってました。最初に謝っておきます。大変申し訳ありませんでした。(山にね、謝ってるのは)
というか、いつまで経っても私の山力(やまぢから)は上がらないようです。あっ、すいません、やまぢからなんて言葉はありません。でもなんとなく伝わるよね?雰囲気が。

ほらね。最初からもう付いていけない。激しく遅れる。
1104IMG_1997.jpg
ちなみに今回はbgさんと、あともう一人Kさんという女性も一緒でした。お二人ともこのレースに参加されるための試走。僕はいつものとおり試走のお供。

このKさん。今回が初のトレランということでしたが、とくに登り。速い速い。
僕も最近わかってきた。だいたい初めてですって言ってもそういうことなんだということが…。

そりゃ、もう遅れっぱなし。それにしてもなんで山って登りから始まるんだろう?なんて根源的な問題を考えながら汗だくで登っていた。
1104IMG_1998.jpg

500mもない山なんですぐに山頂には着くものの、まぁ、登りのつらさに標高は関係ないのかな。いや、そんなことないよな。
1104IMG_2005.jpg
ここから先は、とにかく走りやすいトレイルが続く。というかほとんどそうだった。なので逆につらい。ずっと走らないといけないから。山頂までの登りもたぶんレースでは走らないといけない場所になると思う。レース出なくてよかった(笑)
1104IMG_2010.jpg
とにかく走る。走らなくては申し訳ないような道が続く。あぁ、こういうタイプの山もつらいなぁ、と思う。
1104IMG_2013.jpg
折返しのあとで急な登りがあるのだが、そこはさすがに走れないので歩く。ここで僕はなんというか、初めて登りを楽しいというか、あぁ、これ、これ、いつものやつだ、とちょっと嬉しくなったりした。人間って、慣れって恐ろしい。

この坂道の斜度はけっこうなもので、本番ではここを下るはずなんだけどコースを逆走してしまったので今回は登った。最近、登りでもたまに走ってみようと思うようになったので走ってみるの図。すぐにbgさんに抜かれたけど…。
1104IMG_2026.jpg

そんな感じで3時間ちょっと。13kmくらいを走って終了。途中で道に迷ったり、コースを逆走したりもしたけれど、まぁ、何となく試走はできた。気候もよくとても気持ちよかった。
この後は、温泉で汗を流して気持ちよく帰ることができた。

bgさん、Kさん、ありがとうございました。でもこれレースはけっこうつらそう。お二人ともがんばってくださいね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

05

コメント:

笑い続けた味スタ駅伝

11月3日に味の素スタジアムへ行ってきました。駅伝に参加。
1103002.jpg
メンバーはsan-anさんリンガンガーさんさぶろうさんうーぱぱさん。とりあえず皆さんの記事も読んでみてください。誰のを読んでもとにかく笑えます(笑)
1103004.jpg

とにかくずっと笑い続けてた。だって、ほら。
1103009.jpg
1103011.jpg
1103012.jpg
1103016.jpg
ジョーカーが出来上がるまで、バットマンは微動だにせず、誰とも話せずに黄昏ていました。マスクをすると、視界が狭まり耳も聴こえなくなるらしい(笑)

1103017.jpg
もうこの時点で駅伝とかどうでもいいはず。周りには仮装している人もあまりいなくて、というかいたとしてもここまで徹底的に仮装している人などいない。このバットマンスーツ7㎏ありますからね。地味にジョーカーも4Kgくらいあるらしいけど(笑)

1周2kmのコースをたすきを繋げて42.195km走るという今回の駅伝。誰がどんな風に走ってもいいのですが、1回2kmずつを順番に走ることにした。
元々ゆるいランのはず。とにかく今日はアフターが楽しみ。ところがこの1周2km、これが厄介。たった2kmと思うのかみんな真面目に走る、走る。なぜか僕までキロ5分を超えないというルールを適用される。
つーか、今までキロ5分を超えなかったことって1度か2度しかないんですけど…。

まぁ、でもバットマン速く走れないだろうし、バットマンより遅くなければいいかなと。実際に6分半くらいかかってた。
しかし、ジョーカー恐るべし。キロ4分で走る。ジョーカーにキロ4分とか必要ないし(笑)
1103IMG_0385.jpg

バットマンスーツでの試走を終えて本来の姿へ。身軽になって嬉しいのかキロ4分を切って3分台で走り出すsan-anさん。まさに水を得た魚のよう。
1103IMG_0387.jpg

↓汗でメイクが落ちてきてるのわかりますか?後半ドロドロになってた(笑)それでもスピードは落ちずにガンガン抜いて走るジョーカー。
1103IMG_0390.jpg

ラストでまたもやバットマン試走、うーぱぱさんよりたすきをもらう。うーぱぱさんの躍動感ある動きに対して、微動だにできないバットマン(笑)
1103IMG_0392.jpg

そんな感じで楽しくというか、苦しく走りました。タイムは3時間11分。僕は何とかキロ5分を見ずに9分50秒あたりで4回とも走ることができた。こんなにキロ5分を切って走ったことない。修行かと思った。
結果として、インターバルの練習みたくなり、中身としても大いに満足して会場を去る。

その後は、楽しみのアフター。すごかった。安さが売りの中華チェーン店でなぜか一人6000円という、これ家族で行ってもこんなに払ったことないような驚きの飲み食いっぷり(笑)
とにかくレースもアフターも笑い続けていた。こんなに笑い続けていたの何十年ぶりだろう?翌日は笑いすぎて喉が痛くなった(笑)
あぁ、本当に楽しかったです。参加された皆様、本当にありがとうございました。

ちなみに、私の手元にはレシートがあります。

生ビール(中) 38杯
サワー 15杯
ホッピー 2杯
計 55杯


となっております(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

04

コメント:

ブログ村マイコースシリーズ~感動の巨編:最終章~

ことの発端は怪盗紳士(敬称略)のどうでもいいような思いつきの一言。
その一言によって、様々な人間が動き、多くのドラマを生んできた(?)このブログ村マイコースシリーズ。

とうとう、今回をもちまして終了とさせていただきます。いやぁ、長かった。そして短かった。つらかった。もちろん楽しかった。まぁ、感慨に耽るのは完全に終えてからにしましょうか。
それでは最終章の予定です。

11月10日(土) さぶろうさん
ブログタイトル『さぶろうのマラソン好日録』
まぁ、とくに説明は不要でしょう。通常、このブログ村マイコースシリーズは、マイコース来てね、と言っていただいた方のところへお伺いしているのですが、さぶろうさんからはとくに、来てね、とは言われていないのです。
じゃ、なぜ?と思われますよね。それは9月のマイコースシリーズでのべさんのところへお伺いした帰りに、たまたま車でさぶろうさんのマイコースを通ったのです。そのときは「ここがマイコースなんですよ」「へー、そうなんですかぁ」というような会話で終わったのです。

しかし、その後、私はずっとそのコースが気になってまして、ほら、もう私のように人のマイコースばかり行っていると、このマイコースには何かがある、みたいなことがわかってくるようになるんです。ええ、なんたってマイコース・ソムリエですからね(嘘)
そんなわけで、今回は私のほうからさぶろうさんにお願いしました。一見、地味なマイコースなんですよ(さぶろうさん、すいません)でも、私はそこを走ってみたいと思っているので、またそう思わせるコースなので楽しみです。

11月17日(土) helloweenさん
ブログタイトル『ハロウィン成長記』
helloweenさんといえば、サブ3ランナー、大食漢、微笑みの紳士、という、よく食べ、よく走り、よく笑うといった感じの方ですね。そうなのか?
最近の、というかけっこう前から、故障と闘いながら走り続けているランナーでもあります。

自分の立てた目標を達成するために、それこそ身を削るような思いで練習をして、そしてその目標を達成する姿をブログをとおして見させていただくということは、ブログの存在意義を大いに感じられるときでもあります。
しかし、その身を削るような練習がときに故障となり、その故障がまた長期間に渡るものであると、これはまたつらいものであり、そういった苦悩の日々もブログをとおして知ることができたりします。もちろん、それを乗り越えてまた復活する瞬間も。

helloweenさんが故障をしながらも、またそれを乗り越えようとしている過程も、そしていつか復活することも、いつもブログを見させていただきながら素直に応援したくなるような方です。
で、まぁ、いつもブログで知るだけというのもなんですから、ちょうどご本人からの申し出もありましたので会いに行きましょう、ということで楽しみにしています。
もちろんラストスパートはさせません(笑)

12月1日(土) 怪盗紳士(敬称略)
ブログタイトル怪盗紳士の弾丸「第32回つくばマラソンでサブ3の完走証を撃ち抜く!」
やっと、辿り着いた(笑)以前から言っているようにこのブログ村マイコースシリーズの最終回は怪盗紳士です。
怪盗紳士といえば、以前から、我々の胸を打つようなひた向きな努力を続け、ついに先日の新潟でサブ3を盗る!といった快挙を成し遂げました。あぁ、ホントによかった。最終回で慰めにいかなければいけなかったらどうしようと思ってました(笑)

まぁ、しかし本来のタイトルどおり、あくまでもつくばが本番。ということでつくばの翌週にお伺いすることにしました。見事2回もサブ3を盗ったあとに、マイコースを凱旋ランする計画です。まぁ、山梨県上野原、山はたくさんありますが人はあまりいなさそうですけどね。あっ、でも温泉があるそうです。
それで、このマイコースシリーズ。いつも他の参加者の方々がいたりして大変ありがたいと思っています。でも、私のほうからぜひ来て!と強く勧誘することはありませんでした。まぁ、企画の趣旨からいって私一人だとしてもとくに問題はないからです。

しかしですね、今回はちょっとお願いします。それも女性の参加をお待ちしています。もうね、サブ3盗った怪盗紳士のもう一つの壮大な夢を叶えさせてあげたいではありませんか。グランドスラム達成させたいではありませんか。
そういったわけで、どういったわけかよくわかりませんが、女性の参加を強く希望いたします。場合によっては私が車で送り迎えすることも厭わないと考えておりますので、まずはお問い合わせを(笑)

以上、そんな3名の方々で行います。
今のところ、3名とも午前中に行う予定です。早朝とかにはならないと思います。詳細はそれぞれの方が記事であげると思いますが、私の方で記事を書くかもしれません。その辺は流れで。
いつものように参加希望の方は、コメントいただくか、メールをいただくか、それぞれの方々に直接ご連絡いただくかでお願いします。

連絡メール
aleki21@hotmail.co.jp
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

11

03

コメント:

撃沈でいいじゃん、手賀沼 ラスト

15km過ぎ。もう足がダメになる。自然と歩幅が狭くなる。歩幅が狭くなるのであれば回転をあげるよう意識する。小さく細かく速く。
昔、読んだ漫画で、相手の懐に潜り込みパンチを放つインファイターボクサーが唱えていた言葉だ。小さく細かく速く。
シンプルでわかりやすく奥が深い。その言葉を呟きながら僕も走った。『小さく細かく速く』
それでも今までは抜いているほうが多かったのに抜かれるようになってくる。小さく細かく遅いのかもしれない。

体感的にはキロ6分のスピードまで落ちた気がする。せめて6分は超えたくないと思う。(実際にはキロ5分30秒くらいだった。1~15kmまでの平均ペースは5分18秒くらい)
もうすぐ橋が見えるはず。とりあえずそこまで。試走しておいて本当によかった。こんな走りをすることになるとは思わなかったけど。
橋を渡る。わりと嫌なのぼり。小さく細かく速く。橋を渡り、橋の下へ。また遊歩道。距離合わせかゴールとは逆へ行き、400mくらいで折り返す。

16.5km。橋の下を右折する。ここでまさかのファイブくん、僕の横を通り抜ける。うぉぉぉ!!!ファイブくん!!!と思う(笑)

ファイブくんに付いて行くが走りに勢いがあるため離される。すぐに20mくらいの差。道の両側。ファイブくんが右側、僕が左側を走る。付いて行くのがつらい。
もう、いいよ。元々、ファイブくんの走力は上なんだよ。付いてくのつらかったし。さぁ、先へ急いで。
なぜか20mから差は広がらない。彼もつらいのか?こちらとしては生殺し状態だ。

あぁ、もう無理だ。ん?あれ?でも待てよ。たしか19.5km地点で華さんが応援してるはず。何とかそこまでは今のペースでがんばりたい。
あれ?仮にそこまでがんばれたとして、そうすると残り1.5kmくらい?え?たった1.5km?そこまでいけば残りもがんばれるじゃん。

華さん…。なんて絶妙な位置で応援してくれているんだ!!素晴らしいじゃないか!!

もう、がんばる以外に選択肢はない。19.5km地点。華さんみっけ。ハイタッチしてもらう。元気をもらって残り1.5kmでファイブくん追い上げ。
しかし、ファイブくんだって残り1.5kmだからかがんばっている。10mまで差を縮めたものの、そのまま縮まらない。
僕は、えぇ?なんで?ハイタッチしてないくせに。君のそのがんばりはどこから来るのだ?と思う。

残り1.5kmとはいえ、この辺りは試走もしたし、マイコースでも走ったので距離感がすごくよくわかる。すごくよくわかるのもつらい。10m差は縮まらない。
そのまま差は変わらず残り200m。携帯を取り出しタイムを確認する。自己ベストは間違いない。1秒でも速くと思いラストスパート。おぉ、ラストスパートできるじゃん!スピードも歩幅も明らかに違う。
おぉ、ファイブくんに近づいて行く。相変わらず道の両側を走る。追いつく、もうすぐで追いつくぞ。ゴールも間近だ。

そこで、うーぱぱさんの記事を思い出す。ゴール地点で写真を撮られてその写真付きの完走証が送られてくると。
そうだった、そうだった。まっすぐ前を向いて爽やかな顔のつもりでゴールを駆け抜ける。

うぉぉぉ!!! ファイブくん見逃した(笑)

勝負はどちらが勝ったのかわからない。でも、いいさ。勝敗なんてちっぽけなことさ。
それにしても最後にはスパートまでかけることができた。ふと、思う。

「撃沈じゃないじゃん、手賀沼」
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ゴールしてすぐにブログ村陣地へご挨拶に。汗だくのままかけつけるも、皆さんすでに着替えも終わり、陣地撤収直前。
どんだけ速いんだよ、皆さんは。う~ん、これはつくばは一人陣地設営だな…。

total time 1:53:17 平均ペース 5:22

11

02

コメント:

撃沈でいいじゃん、手賀沼 その3

新たな相棒、ナインさんに付いていく。速い。3m後を付いて行くのが精いっぱい。なんでこんなこと続けなくてはならないのだ?
あっ、そうだ、撃沈したいからだ。撃沈するまで走り続けたいからだ。

必死で付いていきながら少しでも楽に付いていける方法を探る。視線を遥か先に定めてみる。ほら、手賀沼の雄大な景色を見れば…。うわぁ、あんな遠くまで走るのかよ。つらいよ。
視線をナインさんの頭に定める。とくに楽でもなんでもない。ナインさんのお尻。うわぁ、直タイツ? 却下で。ナインさんの足元。これはまぁまぁ。自分の足元。なんか下を向き過ぎ。結局、視線が定まらず余計につらい。

そんなことを考えながら、気を紛らわせながらナインさんに付いていく。この区間、今から考えると相当耐えに耐えた区間だった。道も単調だということもある。ただ、この時点ではとにかく10kmまで。それ以上はもう歩こう、10kmまで耐えようと、そう思っていた。
そんな感じで10kmまであと少し。9km過ぎの給水地点で水を飲む。今回も止まらず。そしてむせる。

あれ? うわぁぁぁ!!! ナインさん見失う(笑)

でも、もういいや。10kmまであと少しだ。そのまま走り続ける。10km地点を通り過ぎる。そのときに携帯をポケットから取り出して初めて時計を見る。

53:09

やはり。すげぇ。いや、僕にとってはね。僕が普段走っているほぼ10kmコースのベストは54:36だし、10kmレースのベストはこの間の流山の57分だ。
やった。よく、やった。がんばった、がんばった。おつかれさま。今日の任務完了。あとはゆっくり流せばいいんでないの?

あれ?でも撃沈したいってことは余力がある間はペース落とさずに走れってことぉ?
もう、いつやめてもいいってことは、やめる直前までは撃沈覚悟で突っ込めってことぉ?

あれ? どうやらそうらしい。中間地点を超える。遊歩道は終わり一般道へ。試走時に道を間違えた地点だ。ここを右に曲がるのか。
この11~12km区間がなぜか一番速かった。唯一5分を切っている。たぶん付いていく人がいなくなってペースがわからなくなったのだろう。まぁ、でもペースなんてクソクラエ、撃沈なんだぜぇ、オレは!と思っていたのでいいんだけど(嘘)
そしてもちろんそんな速さで走り続けることができるわけがない。

12km。来た。これがあの馬の背?試走できなかった二段坂?気持が折れる。この坂で今までのスピード維持できるわけがない。ゆっくり走ろうよ、もう。

妄想コーチ現る(笑) いや、簡単に言うと自分だよ、きっと。心の声だよ、たぶん。

「おいおいおい、なんだよ?もうやめちまえよ。無難にまとめるくらいなら走るのやめちまえ!撃沈したいんだろ?なんでペース緩めようとするんだよ?小さくまとまるなよ。そのまま突っ込めよ、嫌ならいいんだよ、もう歩いちゃってさ。もう今日の練習は終わってんだからさ。自分でやめないだけだろ?だったらペース落とすなよ。それがやだったらもうやめちゃえ!やめちゃえよ!」

なんで今日はこんなに怖い人が現れたんだ?とにかく走る。このあたりは沿道の応援も盛り上がっていたのでがんばることができた。
ヘロヘロになりながらも坂を超え、下りはバンバンしながら駆け下りる。ペース守れているのかなんだかよくわからない。

それでもなんとか15kmまでやってきた。そしてこの時点でもう足が終わった。前に出ない。歩幅が明らかに狭まっている。でもここまで来るとなんとか最後までがんばりたい。手賀大橋ももうすぐだ。あそこまで行けばまた何とかなるはず。
たぶん。きっと。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

<参考>
ファイブくん区間 1~5km 26:35
ナインさん区間 5~10km 26:34
妄想コーチ区間 10~15km 26:32

11

01

コメント:

撃沈でいいじゃん、手賀沼 その2

ファイブくんはわりとガタイがよく、年齢30代半ば、走りはわりと軽やか。というか後ろからしか見ていないので年齢は適当です。
橋を渡って右折して広い道路へ。ファイブくんはやはり速く、気を抜くと置いてかれそう。
1km過ぎたあたりで、いきなり横からガーミンくんが話しかけてくる。あれ?スタートで見失ったのにいつの間に横にいたんだ?ちなみにガーミンくんは一緒にアクアラインも走った僕の友だちのことね。
ガーミンくんの話ではこのペース速過ぎ。5分20秒だとのこと。なので抑え目に走るとのこと。さすがガーミンを持っているだけのことはある。

つーか、5分20秒?このペースが5分20秒なら、その集団を淡々と抜いているファイブくんのペースは?そしてつい3日前に4ヶ月ぶりにやっと5分40秒ペースで10km走れるようになった僕のペースは?

まぁ、いい。考えない、考えない。なんたって今日は撃沈だ。行け、行け。

それにしてもつらい。いつまで経っても2kmがやってこない。ファイブくん速過ぎ。これがマイコースシリーズだったらファイブくんの横へ行って「ペース速くないすか?」と言っているところだ。
やっと2kmの表示が。まだ2km?これから20km近くも?今までこんな長い2kmを走ったことがない。ん?でも実際は今までにない速さで走っているはずなのに…。

ファイブくんが人混みをすり抜けて加速するたびに、慌てて加速し、その度に足が悲鳴を上げ、こんなこといつまで続けられるのか不安になる。3kmの表示がいつまで経ってもやってこないので、そうか、見落としたんだな、と思いながら必死で食らいついていく。しばらくして見落としていない事実を突きつけられる。
でも、試走しておいてよかった。なんとなく道がわかっているというのはいくらかの気休めにはなる。

とりあえず何とか5kmまでがんばろうと思っていると4km過ぎたあたりで人が多くなる。ファイブくんは前を走る2人組を抜けずにペースが落ちる。僕はその2人組に最大限のエールを送る。

手賀大橋がもうすぐだ、と思う。橋を通り越せれば、気持ちを立て直せるような気がする。そこまで付いていければその先も付いていけるような気がする。
手賀大橋を渡る。ここは歩道と道路の片側が走れる場所だったのでわりと渋滞していた。よし、橋だ、という思いと渋滞でペースが落ちていることからファイブくんの後ろにぴったりと付く。

橋を渡りきり、橋の下へ向かう。5km過ぎで給水があるので水を取る。この間のフルと違って立ち止まらずに二口。それでもむせる。

あれ? うわぁぁぁ!!! ファイブくん見失う(笑)

走りながら探すもわからない。どうしよう?という気持ちと嬉しい気持ちが半分半分。
とりあえず今までのペースで走っていると、運よく、ファイブくんと同じようなペースで走っている人を見つける。
ナインさん(仮名)は年齢は50代前半。スリムなお方。走り方にちょっと特徴があった。あっ、今回も後ろ姿しか見ていないので年齢は適当。

それにしても付いていくのはいつも男性ばかり。そりゃ、いくら僕がゆるキャラだからって女性のほうがいいに決まってる。でも何度か試したことはあるもののって試したのかよ?とにかく女性だと歩幅の関係かリズムの関係か付いて行きづらい。なのでいつも男性、ほぼおっさん限定で付いていくことにしている。なので人に付いていく作戦はたまにしかやらない。

ここからの5kmから10km区間は付いていけそうな気がしていた。なぜならこの間、試走したときに、おじいちゃんと熱いデッドヒートを繰り広げた区間だからだ。
ちょうど橋の途中で抜かれて、そのまま100mくらい離されて、ジリジリと追いかけて、抜き去って、勝ちを確信して、ウイニングランをしたのが10kmあたりだった(笑)
まぁ、キロ6分半の攻防だったけど。

だから、うん、ここ、いい道路だよ、と思いながら息も絶え絶えにナインさんに付いていった。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

プロフィール

Author:アレキ
走りだして6年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad