09

28

コメント:

東京マラソンは落選、あっ、東京マラソンも落選、だ。

記事にするほどのことでもないと思いましたが、東京マラソン落選しました。
抽選落ちてばかりだから落ちるの前提で青梅とか考えてたけど、青梅は平日朝からエントリーなのね。
昼休み携帯からエントリーできるのか?

それにしても東京マラソン当選するとは思ってなかったけど、当選しなくてよかった。ブログ村とかでいろんな人の東京マラソンへの想いとか読むと、そういう人たちを差し置いて出る気にならない。
もう少し経験を積んでからだな。まぁ、経験を積んだところで当選しなくては走れないから、一生走れないかもしれないけど。

火曜日に撃沈30kmペース走をして、水曜日は飲み会でランオフ。昨日の夜、走ろうかと思ってたが眠気と30km走のダメージ、踝の下の痛みと太もも裏の張りがあったので、早く寝て今朝走ろうと思った。

でもさぁ、最近涼しいから。よく眠れて起きられない(笑)寝坊した。

ただ、どうしても気になってることがあって、それを確かめたかったので15分だけ走りに行った。

一つは踝の下の痛みがどうなっているか。30km走の翌日は歩くだけで痛かった。この箇所はいつも痛いからあまり気にしてないんだけど歩くだけで痛いのは今までなかったから。まぁ、昨日は痛みは治まってたけど。

もう一つはこれ↓
0826007.jpg
この富士登山のときのメガネ。実はこの日、初めてかけたメガネだった。買ったばかり。5000円だったけど。

スポーツ用ということで走るときに使用できるかを試したかった。普段はコンタクトなんだけどだんだん面倒になってきたから。ただ僕はすごい汗っかきなのでレンズに汗が落ちて見えなくなるのが嫌で、それでコンタクトにしていた。涼しくなってきたから使えるかな、と思ったので試してみた。

時間がないし、踝下にも優しそうな以前から気になっていたこのコースを走ってみた。
IMG_93091.jpg
距離が250mしかなかったので何度か往復して2.7km走った。
踝下は走れないほどの痛みではないし、メガネも大丈夫だった。

よ~し、これで準備万端だ。
なんの?
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

09

27

コメント:

平日30kmペース走…を歩く

火曜日の話。

7月~9月は月間走行距離200kmを超えることが目標だった。
先週、内臓疲れから1週間ランオフをした。結果として今は内臓の嫌な感じはなくなったのでよかったと思う。

しかし、そのランオフのおかげで走行距離は125km。あと75kmもある。半ばあきらめていた。

でも、初のフルに向けて立てた目標。7月、8月は何とか達成できた。それが最後の月に未達成という尻すぼみな感じが、なんかフルとかもうダメな気がする。

う~ん、どうしよう。とにかく20kmくらいは走ってみよう。目標に届かないとしても、近づける努力はしてみよう、と思った。

しかし、家に帰る途中で、どうせ無理なら、いっそのこと30㎞走るってのは?
そもそも、山へ行くようになってスタミナが付いてるはず、というこの『はず』というのが本当かどうか試したことがない。
本当にスタミナ付いてんのかなぁ?自分ではよくわからない。
実際にスタミナが付いているのなら平日夜の30㎞走などできないことではないんじゃないか?
仮にダメだとしてもどの程度でダメになるのか試してみるのも悪くない。自分の力が今どの程度なのか知ることも必要かもしれない。

この間、長野へ行く車中で、僕らは寝ないで行ったわけだが、そんな中、チャレさんが、寝ないで山へ行くのはハセツネのいい練習になるね、と言っていたことを思い出した。
寝ないで山を登るなんて僕にはマイナスなイメージしかなく、だから多少不安もあったが、寝ないで夜間走行をするハセツネのいい練習になると言われれば、そうか、寝ないのはただの練習なんだ、とたいしたことでないように感じた。いや、僕にハセツネの練習はいらないけどね。

まぁ、なので平日夜の30㎞走をするとどのくらいの負担がかかるのか試してみようということで走ってみた。

最寄駅でカロリーメイトとバナナを買ってそれを食べて牛乳飲んでから午後8時半スタート。30kmペース走。キロ6分で走ることが目標。
先週ランオフしている間にいつのまにこんなに涼しくなっていたんだ?走れる、走れるぞ。

キロ6分ペースで、と思っていたのに5分30秒~5分40秒。最近は2km走ったらペースが落ちていたのに、涼しいからかそのままのペースで進める。
ペースが速いな。これで30㎞持つのか?でも久しぶりにキロ6分を切って走れると、やはり気持ちがいい。もう気持ちいいのが優先だ。いけるところまでいってしまおう。

20kmまでは何とか走れた。そこから急に失速。動けない。歩きだす。
足のどこが痛いのかわからないくらいいたる所が痛くなるという久しぶりに味わう感覚。そのくらいロードでのロング走をしてきてなかったんだ、と実感する。

折返しコースだから進まないと家に帰れない。歩きと走りを交えて、何とか家に帰った。
なんとも悲惨な残り10km。歩きながら、初フルまであと1ヶ月もないのに30㎞を走ることもできないなんて、全然ダメじゃん、と思った。
初フル、歩かず完走なんて無理だな、と思った。あぁ、悔しい。

前半15km 1:24:24 平均ペース 5:37
後半15km 2:01:32 平均ペース 8:06

すごい撃沈っぷりだ。

10km 55:52 平均ペース 5:35
20km 60:04 平均ペース 6:00
30km 90:00 平均ペース 9:00

最後の10km90分って…。走ってもキロ8分かかって、歩いてもキロ10分だったので、もう走る意味を見いだせなかった。

トータルタイム 3:25:56 平均ペース 6:52

まぁ、でも今の段階で30kmをまともに走れないということがわかったんだからよしとしよう。たぶん。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

26

コメント:

ブログ村マイコースシリーズ~のべさん 後編~

チャレさんと一緒に頂上に着いたとき、みんなは斜面の向こう側にいた。その斜面を越えるまでは、なんだよ、頂上っていってもたいしたことないな、と思っていた。
しかし、その斜面を越えたときに見えた風景に、僕は思わず「おおぉぉー」と叫んだ。すごいよ、この景色!!
僕が辿り着く前に、みんなも同じように叫んだらしい(笑)
これ読んでいただいてる方々は、他の方のレポでもう嫌というほど写真を見ていらっしゃるかもしれませんが、今一度新鮮な気持ちで見ていただけると助かります(笑)
0922032.jpg

チャレさんが、ここの景色は奥行きがあると言っていた。そしてモンブランはもっと奥行きがあるらしい。
写真って難しいね。写真には写らない美しさがあるから♪
0922039.jpg

みんなで記念撮影。ここに登ってくるまではけっこうガスっていて景色が見えなかったりもしていた。
だからここでこの景色を見られたときの僕も含めたみんなの興奮の表情と、この景色を見せることができて安堵の表情を浮かべ、さらにみんなが喜ぶ姿を見て嬉しそうな表情の、のべさんが印象的だった。
0922034.jpg

僕らのために重い荷物を持ってきてくれたhideさんが早速ラーメンを作ってくれた。ホントかっこいいよ、hideさん。
そういえばhideさんが登山者の人に頼まれて、写真を撮ってあげてたけど、その登山者の方の一眼レフのカメラを構えたhideさんの姿に一同かっこいいの声があがっていた。このくらい誉めればいいのかな(笑)
0922IMG_1931.jpg

頂上はかなり寒かったのでこのラーメンは本当においしかったよ。
0922047.jpg

さすがは自分撮りの達人、kantokuさん。カメラを向けられると自然に出てくるポーズ(笑)今回kantokuさんとは初めてお会いしたのですが、う~ん、初めてという感覚ではなかったですね。なんでだろう?
0922050.jpg

そういえば、さぶろうさんもカメラ向けるとすぐにポーズできるなぁ。お二人はすごいな。
0922051.jpg

そうそう。僕は普段、自分から写真を撮ってくれということはまずない。なのに今回はかなり興奮していたんだろう。撮って、撮っての連発(笑)以下その写真
0922044.jpg
0922045.jpg
0922049.jpg
↑の写真、坂道ダッシュしてるんだよ。高地トレーニングの坂道ダッシュ。すごいよね、オレってばランナーだよ、そうだ、我々はランナーだから(笑)
0922NEC_0498.jpg

みんなでラーメンを食べた後は、時間の許す限り、稜線を縦走した。真ん中らへんに見えるのがリンさんですね。
これ時間があれば縦走ってもっとやってみたいな。あっ、でも、あれだ、今回ちょっとしかやらなかったのに帰りの登りでかなり息が切れてつらかったな。だから、いいかな。
0922055.jpg

チャレさんとはここでお別れ。この後、テントで1泊するらしい。たしかに山の男って感じがするもんな。
0922058.jpg

で、僕たちは下界へ。しかし、あれだ。今回のコースはのべさんが選んでくれたのだが、一番走りやすいコースとのことだった。
まぁ、登りは仕方ないとして、あれ?登ってきた道を下るんだよな?あの険しい登りを下る?険しい下り?あの道のどこが走れるんだ?
僕が真顔で、あの道のどこに走れる箇所があったのか?とのべさんに質問するも、かなりの愚問だったらしく、みんなはあっさりと走って下って行った。
僕は登山靴なので走ることができないhideさんを見つけると生涯の伴侶のように寄り添い、付き添って、一緒に歩きながら下山した。

話によると岩場のゴツゴツしたところもハセツネ間近のさぶろうさんが激下りをしたらしい。そしてその激下りにもめげずに、のべさん、リンさん、kantokuさんは付いていったらしい。
途中の休憩場所で僕たちを30分も待っていたらしい。僕らは相変わらず登山者を抜いていたにも関わらず。さすが、さぶろうさん。ハセツネが楽しみだ、とプレッシャーを与えてみる(笑)

休憩場所の後に、僕も少し走ってみたけど、足首痛めたさぶろうさんは痛めたはずなのにメチャクチャ速くて、それに遅れずガシガシ進む、のべさん。跳ぶように、跳ねるように、飄々と進むリンガンガーさんと、なんだか付いて行くのがバカバカしくなるほど速いので、止めた(笑)
で、水を飲む。
0922IMG_1939.jpg

とっても楽しい時間が終わってしまった。もちろん最初の登りの時には来たことを後悔していたけど、もうこの時点ではそんなこと忘れていた。ホントに楽しかったよぉ。
0922DSCN1221.jpg

で、お風呂行ってぇ、のべさん的には近いけど、都会っ子の僕らには遠く感じたお蕎麦屋へ行ってぇ。ここのお蕎麦おいしかったよぉ。
0922065.jpg

で、解散と。まぁ、ここから家に帰るまでまだまだだけどね(笑)
300922066.jpg

いろんな人のマイコースに行っているけど、ホストの人はいつも大変だと思う。僕の大変さは肉体的な大変さで、ホストの人はいろいろな気苦労があると思う。
だから僕はいつもありがたいなと思う。何度も言うけど、来てね、って言う人がいないと成立しない企画だし、来てねって言った段階でいろんな気を使わなくてはならないからだ。
のべさんもそうだったと思う。でもとても楽しそうでもあった。もちろん僕らも楽しかった。

ちょっと今回はマイコースレポというより、おっさんたちのはしゃぎっぷりを紹介するレポになってしまったけど、でもよかった。
のべさん、参加された方々、ありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

25

コメント:

ブログ村マイコースシリーズ~のべさん 中編~

さぁ、本日のメインイベント  あっ、違った。デザート、デザート。ということで登山口へ車で。
今回はクマとかマムシとかそういう危険なものには出会わずに済んだ。それはそれでなんかなぁ、という方へ(笑)
けっこういたね。猿は。
0922NEC_0447.jpg
今回驚いたのはのべさんのふくらはぎ(笑)これ、写真で見るよりもっと恐ろしいことになってる。僕が山へ行った時に、重力を無視した走りで僕のことを抜いていくトレイルランナーに会うことがあるけど、その人たちとまったく同じふくらはぎだ!!と思った。だんだん人間のふくらはぎとは言えないような形になりつつある。
あっ、そうそう。昨日書けなかったけど、のべさんの走りは実直な走りだった。一歩一歩着実に踏みしめるような走り。うん、いつものように意味不明な説明だけどそんな走り。
0922019.jpg
登山口駐車場で。ここから登山口まで600mの登り砂利道。のべさんとしてはそこも走れとのことなので走る。
もうそれだけできつい。やばい、と思う。なんかやばい気がする。
0922020.jpg
蝶ヶ岳に行くので1327m登ることになる。まぁ、この数字がどういう意味を持つのかはよくわからない。ただひたすら登ろうね、ということだ。
0922023.jpg
登りだしてすぐにつらい。しかし他の方々はさすがウルトラランナー。にこやかに穏やかに雑談しながら登ってる。僕だけがゼーハーしている。これって、こういう展開どこかで経験したような気がする。
あぁ、そうだ。初めてのトレイルでの最初のきつい登り、スタート地点前の登りのときだ。あれから全然成長していないってことか…。それにしてもホントみんなすごい。へばっている人は誰もいなかった。
0922NEC_0468.jpg
一人だけへばってる(笑)3分の1くらい登ったところで最初の休憩。と言っても座ってるの僕だけ。誰も息一つ乱れていない。これ大げさに書いているわけではない。本当に乱れていない。いつものことだけど力の差を痛烈に感じる。
0922DSCN1165.jpg
先頭をいくhideさんはなんか不必要なほど大きなリュックを背負っていて、本人はハセツネに向けての練習のためと仰っていたが、中には4リットルの水とラーメンとガスバーナーが入っていて、頂上で僕らにラーメンを作ってくれた。
そんなことは言わずハセツネの練習のためなんていうところがかっこいいよね。でもそんな重い荷物を持ちながらも信じられないペースで登っていき、僕らを引っ張っていたので僕はつらくてしかたなかった。

この写真もよく見ると、さぶろうさんとのべさんは笑顔。何か楽しい話をしていたんだと思う。僕だけがなぜか遠くを見ている。全然話が聴こえてない(笑)
0922DSCN1169.jpg
この登りも歩きやすいほう。もっと険しい道が多かったような気がする。
20120922IMG_1925.jpg

今回はいつものトレランのようなアップダウンがあるわけでなく、とにかく頂上までずっと登り。3時間くらい登っていたかな。とにかくつらかった。僕だけが。ただ、今回は登山者の人たちもけっこういた。ハセツネコースではほとんど人に会わないし、高尾は早朝だから人に会わない。

それでその登山者をすごい勢いで抜いていく。もちろん僕らだって歩きだ。でもその歩きの速度が全然違う。そのことにすごく驚いた。だから僕一人だけゼーハーしながら何とか付いていって自分では撃沈の手前だと思っているのに、登山者の人たちをどんどん抜いていく自分もいるわけで、自分がどういう状況なのかよくわからなかった。

登りの後半、残り3分の1くらいではとうとうみんなにも付いていけなくなり、一人になった。もう心肺はずっと追い込まれている。しかし、それでも足は止まらず、みんなには付いていけないけど、相変わらず登山者よりは早いので抜いていく。
なのでみんなに付いていけないふがいなさと、それでも登山者を抜いていく不思議な感覚で、得意のリタイア宣言をするタイミングもわからず、登山者の方が抜くのを待っていてくれたりするので立ち止まるわけにもいかず、自分の状態がわからなかった。

そんな感じで登っているとチャレさんが待っててくれて優しい笑顔でポールを差し出してくれる。あぁ、これもどこかで経験した覚えがある(笑)
結局、最初のトレイルからそんなに走力は変わっていないような気がする。
でも今回のポール。前回はUTMF仕様でとても感激した覚えがあるが、今回さらに、僕の走力が変わらなくてもポールのレベルが上がってる。UTMB帰りのポールだ!!しかもチャレさん曰く、帰国後初めて使ったとのことだ。

すげえ、もしかしてこの土、モンブランの?モンブラン産?などと一気にテンションが上がる(笑)

その後、頂上までチャレさんと一緒に登った。チャレさんはとても優しい人だけど、厳しい一面もあり、トレランのことや山のことをいろいろと厳しく教えてくれる。でもその厳しさは優しさからくる厳しさだ。
僕らはわざわざ山を走るわけだから、そういう面では山に対して真摯な姿勢で臨まないといけない。そういったことを丁寧に教えてくれるような気がする。

あぁ、今日はずいぶん長かった。まだ頂上まで辿りつかないですね。つづく。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

23

コメント:

ブログ村マイコースシリーズ~のべさん 前編~

のべさんのマイコースへ行ってきました。
土曜日、深夜0時に家を出て、23:10に家に着きました。完全日帰り。滞在時間12時間、移動時間11時間。

いやぁ、遠いよ、長野。すっごい遠いよ。軽々しく行くよ、なんて言うもんではない。
でも、長野まで行ったかいがあった。すごいよかった。行ってよかったよ。

僕の車でさぶろうさんhideさんチャレンジャーさんと一緒に行った。
車中では3人が出場するハセツネのレース構想話やチャレさんのUTMB話で一通り盛り上がってもさらに時間が余るほど遠い(笑)いや、まぁ、それ以外でも話は尽きないけどね。
あっという間というほどではないが、たくさんの楽しい話をするうちに朝5時過ぎ、長野県安曇野市へやってきた。

今回はそれに加えて、茨城からkantokuさん、そしてサプライズで新潟からリンガンガーさんも参加していただきました。

で、前記事で僕以外はみんなウルトラマンだ、みたいなことを書いたけど、このリンガンガーさんもまた恐ろしい人で、10月には隔週でウルトラマラソンに参加するほどウルトラが好きらしい。
僕が必死こいて月間走行距離200kmを達成しようとしているのに、それをたった2日で達成してしまうのだ。もう何を言ってるのかよくわからない。

ウルトラ六人衆。もう一人いたらウルトラセブンになったのに。ブログ的にはそのほうが面白いなとか考えてしまう自分が嫌だ(笑)
010922004.jpg

そして本日のメイン、のべさんのマイコース、あずみ野やまびこ自転車道へ。ところが不思議なことに、なぜかみんな乗り気でない(笑)
ホントにやるの?とか車で待ってるから終わったら呼んで、とかあとでのべさんに写真を送ってもらおう、とか。まぁ、ホストも企画者も同じノリだったような気はするけど…。

しかし、なぜ、我々が今、ここにこうして集まることができたのか?それは我々がブログ村のマラソンカテゴリーにいるからだ!!
そんなことを思い出し、ここをがんばらなくてはカテゴリ変更することになってしまうので焦って走り出す。(嘘。みんな快く走ってました)
20120922011.jpg

見えにくいけど、ランシューではなく登山靴を履いてのラン。なんで?
20120922007.jpg

自転車道入口。
20120922012.jpg

ここがのべさんのマイコース。川辺を走るのだが、上流の川だからか走っている間ずっと川のせせらぎが聴こえるのがとても気持ちいい。
040922015.jpg
終始、リラックスした和やかな感じで走るウルトラランナー。
020922013.jpg
それを撮るわたくし。なぜかトレランシューズ(笑)
030922IMG_0232.jpg
安曇野はとても静かな街だった。そんな場所で朝っぱらから、こんな大人数で和気あいあいと話しながら走っているので、とても目立っていた。多分、翌日には街中の噂になっていたことだろう(笑)
050922017.jpg
このあずみ野やまびこ自転車道は15kmある。なので最長30㎞走ることができる。当然、マイコースだからなるべく長くゆっくりとそのコースを見せてもらうわけだが、なぜか2kmで終了(笑)
見てください、この余裕のある笑顔を見せるランナーたち。全然疲れてない。むしろ力を温存しているようだ(笑)
0922DSCN1150.jpg
わずか2kmで終わってしまったため、のべさんの走りをじっくり見ることもできなかった。一応少しは後ろについていたが、なんだろう?なんかそわそわしていてそれどころではなかった。企画者として大変申し訳ないことをしたと思う。
しかし、今回参加していただいた方のレポにここまでマイコースのことが書かれているレポはおそらくないだろうと思う。そういう意味ではよくやった。いや、そういう問題ではないな。

以前から、記事で書いているが、のべさんは毎週末、北アルプスの山へ行き、そこをマイコースだと言い張っていた。
なので今回はせっかく長野まで来たので、マイコースの梯子?をすることに。あくまでこれがメインコースで週末マイコースはデザートみたいなもんだけどね。うん、デザートだよ、たぶん。そりゃ、まぁ、中にはご飯よりもケーキのほうが好きという人だっていると思うけど、でもまぁ、とにかくデザート開始(笑)
一同、車に乗り込み三股登山口へ。

そういうわけで、今回のマイコースレポ、デザート付きのため大変申し訳ありませんがいつもより長くなってしまうと思います。
つづく。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

21

コメント:

明日はブログ村マイコースシリーズ第六弾!!

明日はブログ村マイコースシリーズ第六弾!!のべさんです。

今回唯一の関東地方から外へ出てしまいます。さらにこののべさん、8月あたりから週末は山ばかり行き始め、なんと山がマイコースだと言いだす始末(笑)
その執念に負け、今回は山へ行きます。そう、のべさんのマイコースは山です。あっ、でも普通のマイコースもチラッと見てきます(笑)せっかくですからね。そうそう長野なんて行かないし。

私がこのブログ村マイコースシリーズを実行しようと思った時には、一人でその方のマイコースへ行くことを想定していました。
しかし、いざ始めてみると、いろんな方々が参加表明をされ一緒にマイコース訪問に参加していただき、そのことも毎回楽しみになっています。

今回の長野はさすがに一人で行くものだろうと思っていたのですが、のべさんのマイコースが山らしいという情報を得た際に、私自ら同行者を誘い、一名は確保しておいたわけですが、いざ蓋をあけてみると今までで一番参加者が多いかもしれません。

というか、平日仕事終わりの深夜に出発し、日帰りで帰ってくるこの計画に続々と参加表明するブログ村の方々はあれですか?○○なんですか?(笑)

そんなわけで今回の参加者です。
さぶろうさん
hideさん
チャレンジャーさん
kantokuさん

あのですね。のべさん含め、私以外は皆さん、ウルトラだとかウルトラトレイルだとかに出ていらっしゃる方々です。チャレさんなんてこの間、UTMBから帰ってきたばかりじゃないですか。

え?はい?ええ。私、今までの最長距離レースはハーフマラソンですが、それが何か?

で、私だってよく山とか行っているから大丈夫なんじゃないの?なんて思われるかもしれません。
でものべさんが走っている山って標高2800mとかそんな山なんですよ?私が行く、高尾とかって600mくらいですからね。
もうそうなってくるともはや山ですらない。私が行っているのは丘ですよ、丘。山はいいなぁ、なんていう資格すらないですよ、ははは。

とかなりビビってますが、このウルトラマンたちに守ってもらえばいいかと思ってます。

で、もしかしたら、というかなんとなくですが、まだ参加者がいらっしゃるような気がしています。まぁ、それはあとのお楽しみでいいですかね。

今回はちょっと遠くですし、強行スケジュールですし、山ですし、とにかく事故のないよう、ケガのないよう、気を付けて行きたいと思ってます。
いい大人が遊びまわるのはいいことですが、そういった無事に終えることが必須条件ですからね。

そんなわけで行ってきま~す。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

21

コメント:

初フルまであと1ヶ月

初フルまであと1ヶ月。それほど緊張とかはないけど、早いなぁ、と思う。
なんかいろいろやってがんばろうと思ってたけど、とくに何もやっていないような気もする。

いや、やっているんだよ。僕一人で走っていたら、もっとひどいことになっていたはず。
でも、目に見えるような成長は感じられない。

まぁ、今のところ2時間50分を切るとか、サブ3を盗るとか、サブ4とかも考えていない。
初フルを走るとどんな状況になるのかがまったく想像できないので、タイムとかまったくわからない。

ただ、できれば歩かずに、そして一定のペースで走りきりたいという思いはある。
歩かずに一定のペースで走れれば、タイムもそれほどひどいものにはならないんじゃないかと思う。
崩れなければ4時間半はきれるよねぇ?たぶん。

そして、その一定のペースで走るということに関していえば、最高の練習をさせてもらったんじゃないかと思う。
山へ行ったり、マイコースへ行ったり。明らかに僕より走力が上の方々と一緒に走ることができた。これは大きい。
そんな今まで体験してきたことが、何らかの結果となり表れるときなんだね。初フルって。

先週の内臓疲れがあったので、思い切って今週はずっとランオフにしている。とくに内臓は変わらない。
日常生活を送るには問題ないレベルだから、このランオフがなんか嫌だ。
久しぶりに走ってみたら1kmも走れなくなっているんじゃ?などと不安に思う。
しかもいきなり山だし(笑)

月間200kmは狙っているので来週距離を稼ごうと思う。来週末は予定ないから。

つくばマラソンに当初はエントリーするのをやめようと思っていた。それで勝田に出ようと思っていた。
でも、その後も見据えて、つくばにエントリーすることにした。なので勝田はやめようと思った。

そうすると1月に出るレースがなくなるので新宿シティに出ようと思った。今年は抽選だった。
昨日かな?抽選発表があった。ネットとか見てると落ちたなんて人を見かけない。

まぁ、ええ、そうですね。

1月のレースがなくなった(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

20

コメント:

ハセツネコンプリート!! ~後編~

内臓は相変わらずで、いっそのこと吐いてしまえば楽になれるのにとも思ったが、そういう種類の気持ち悪さでもない。鈍く重く、それはそこに留まっている。
ムカムカを抑えるためにずっとコーラが飲みたいと思っていた。炭酸飲料を飲んで思い切りげっぷをしたいと思っていた。

でもここは山の中。コーラなどない。

ハセツネコースは、ほとんど人がいない。手つかずの自然というわけでもないのだが、その、人もいない、何もない、ということが、このコースの魅力でもあり、怖いところでもある。
そう、僕にとってはその居心地のよさと、緊張する怖さ、という感情を同時に合わせ持つ不思議な空間だ。

つらいまま歩いているといきなり視界が開けた場所に出た。今日一番の景色。
0915014.jpg
僕らが今日このコースを進んでいて他の人たちに会ったのは、せいぜい数人。一日に数人、多くても数十人、それだけの人しかこの景色を見ることはないのかな。たったそれだけの人にこの景色を見せるために、この場所はずっと待ってるんだ、と思った。
いくら体調不良でもこういう景色が見られれば悪くはないかもな、と思ったのもつかの間、ここから急な登りで心が折れる。

0915015.jpg
こうやって写真で見ると10kmから11.7kmまでえらい時間がかかっているような気がする。ここから先も内臓はおかしかったが、治ったり、またつらくなったりの繰り返しだったので、治まったときには走れるところは走り、そうでないときには止まらないように歩いた。

そしてこのあたりから、ハセツネコースを試走していた女性2人組と抜いたり抜かれたりを繰り返していた。
彼女たちは僕より年齢が上だと思う。明らかに。そしてほぼ同じペースでゆっくりと淡々と進んでいく。走れるところは走る。ゆっくりだが確実に走る。
僕らは、僕の調子が戻ると彼女たちより速いので抜いていく。しかし僕が歩くことしかできないと彼女たちに抜かれる。
あとで少しお話しさせていただいたが、昨年に引き続き、2度目のハセツネ出場をするらしく、今日は第2関門まで行くそうだ。スタートから第2関門まで40km弱。すごい。

とにかく彼女たちは一定のペースで淡々と進み、僕らは僕の体調次第で不安定に進むため、抜きつ抜かれつの繰り返しだったのだが、この間、彼女たちはとても大きな声でずっとおしゃべりをしながら歩いて行くのだ。
それも、今、この場で、まったく必要のない会話で。だって洗濯ものがどうのこうのって話してたもの。

あの、そりゃ、ハイキングとかだったらわかるけど、このコース、けっこうきついと思うよ。まぁ、僕が基準にはならないけど、僕はまったく話す余裕などなく心臓バクバク言うほど心肺も追い込まれていたし。
この先どうなるんだろう?と不安にもなっていたし。

そんなときに後ろから、とくにどうでもいい楽しそうなおしゃべりが聴こえてくると、それはもうとてつもないプレッシャーでもあり、また自分がこのコースにふさわしい人間ではないということを思い知らされる。

そんな感じで、後半は大きなプレッシャーとともに歩いていた。連行峰かな?その登りの連続。登り終えたと思うとまた登りが始まるといったことが繰り返されていたところで、2度目のリタイアを考えた。
これはもう無理だ、さぶろうさんに言おう。そしてリタイアすることであの女性2人組のプレッシャーからも解放されようと思った。

やっとさぶろうさんが待つところへ辿り着いたのでリタイア宣言しようとすると、またもやさぶろうさんが先に、このままもう少し、ほんのちょっとだけがんばって走れれば間に合いますよ。あと45分くらいです。今までがんばったのにもったいないですよ、あと45分、走れるところは走れれば充分に間に合いますからと言う。
さぶろうさんが今後のコースを説明してくれているところ。
0915017.jpg
45分?今まで5時間近くがんばってこれた。それで残りたった45分。いや、もちろんその後のバス停までの2.5kmは入っていないはずだからホントはもっと長いはず。でも、まぁ、いい。そのことは考えるのやめよう。
たった45分なんだからへばろうが吐こうがいいじゃないか。45分だけがんばろう。そうだ、そうしよう。

さぶろうさんってホントのせるのがうまい。

そんな感じで残り45分。走れるところは走り、何とか予定時刻ぎりぎりに第一関門の浅間峠にたどり着いた。
そしてバス停へ向かう。しかし、ここからの2.5km。最初は歩いていたが、どうにもバスの時刻に間に合うか不安になり、かなりの激走をした。今日一番の激走がハセツネコースではない場所だった。

ちなみにこの場所は、僕が初めてハセツネ試走のお供をしたときに、スタート地点ですらなかった急な登りの場所だ。今回はそこを下った。
バス停に着いたのは、バスが来る3分前だった。すごい達成感だったよ。

先に到着していたはずのhideさんがバス停にいなくて、もう武蔵五日市駅へ向かっているようだった。hideさんは途中でコースロストしてしまい、その後、炎天下の中、ロードを駅まで走って帰ったそうだ。
相変わらず、すごい。

そんなわけで、誰もケガもなく、無事に終えることができた。
IMG_0188.jpg
NEC_0137.jpg
無事に終えることができれば、あとは楽しい思い出だ。いやいやいや、違うよ。違う。このコースはきついよ。もう2度と行く必要はないよ。いいか、また行きたくなったらこの記事を読み返すんだぞ!!
コーラに、ガリガリくん。
0915020.jpg
これでハセツネコース走破をした。コンプリート。全部で18時間50分かな?もちろん分割して走っているし、すべて明るいときに走っている。
これを一気に進み、夜間走行もすると思うと、改めてハセツネってタフなレースだと思う。分割で18時間50分だと完走はどうなんだろう?とか考える必要はない。だってレースに出る気はないから。

それにしてもこんな大切な試走に付き合わせてくれたことに感謝したい。そして迷惑かけっぱなしなのに温かく面倒を見てくれたことにも感謝したい。
3人とも本番はがんばってくださいね。応援してます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

19

コメント:

ハセツネコンプリート!! ~前編~

順番が逆になってしまったけど土曜日に行った山のこと。

はじめに、忘れないうちに自分のために書いておこう。
いつも終わってしまえば楽しいことしか思い出せないと書いていたけど、まぁ、今回もそうなりつつあるけど、いやダメだ。

ハセツネコースきつい。やっぱつらい。きつすぎる。しばらく経って、また行ってみようかなどと思ったら、お願いだからこの記事読み返して(笑)

土曜日AM5:00武蔵五日市駅集合。さぶろうさんとhideさんとハセツネスタート地点の五日市中学校をAM5:15出発。
IMG_0179.jpg
IMG_0180.jpg
今回はハセツネコースのスタート地点から第一関門の浅間峠までの22.6km。そこからバス停までの2.5kmの計25.1km。
今回のハセツネコース試走のお供をすることで、今までの試走のお供と合わせると僕は何とハセツネコース71.5kmを走破することになる。ハセツネに出る予定も、出たいとも思っていないけど…。

とにかくスタート。しばらくはロードを走る。この辺は後の渋滞に引っかからないように急ぐのだろうなぁ、とかそういうレースについての考察はいらない。僕には関係ないからね。
で、走り出してから気付いたんだけど、考えてみたらハセツネって山岳レースなわけで、なのにスタートが山ではなく中学校なわけで、そうなるとこのスタートからの区間っていうのは、ほとんど登りじゃないか!!と思う。

実際、そうだった。でもわりと今まで鍛えられていたからだろうか。いや、もちろんhideさんやさぶろうさんに着いていけるほど速くはない。でもどうしようもないほど遅れもしない。
苦手な登りばかりの道をひたすら歩く。
この5km地点だってもうゼーハーしてたような気がする。本番だったらあと66.5kmもあるのか?あっ、いや本番僕には関係ないから。
0915005.jpg
10km地点に辿り着いた時にはすでにhideさんはずっと先に行ってしまっていた。消えるように行ってしまったよ。相変わらずすごいな、この人。
さぶろうさんもかなりの余力はあるのだが、いつも申し訳ないが僕に付いていてくれる。
0915006.jpg
そしてこの10km地点くらいかな?僕の調子がおかしくなる。内臓が鈍いような痛いような気持ち悪いような、とにかく走るとそれが顕著に現れる。
元々歩いているほうが多いのだが、今回はバスの時間があるので、走れるところは走らないと間に合わなくなる恐れがあった。こういうとこってバスが1~2時間に1本だからできれば乗り遅れたくない。

しかし、走れない。早歩きもままならない。歩くのはできる。あぁ、つらい。登りは内臓にはこないけど単純につらい(笑)登りが終わって少し走れるような下りになっても内臓つらくて走れない。

歩く、歩く。登りばかり。たまの下りも内臓つらい。あぁ、もう嫌だ。なぜ、こんなところにいる?なぜ自ら斜面を好む?あぁ、そうだ。オレってばもうリタイア癖がついているじゃないか。さぶろうさんに先に行ってくださいって言えば楽になれるじゃないか。簡単なことだ、もう無理って言えばいいんだよ。ほら、あそこで待ってるぞ、あそこに着いたら言えばいいんだ、もう無理だって。ヘタれでゆるいんだから許してくれるよ、きっと、たぶん。

さぶろうさんのもとへ辿り着く。僕より先にさぶろうさんが「いいペースになってきたよ、前回の私のペースより早いですよ。このまま行けば充分間に合います」と言う。
へ?そうなの?がんばれば間に合うの?じゃぁ、まだがんばってみようか。後で聞いたところ、本当はいいペースにもなっていないし、間に合うかもぎりぎりだったらしい。さすがさぶろうさん。

休憩のときは堪らず、地面に寝てしまった。内臓を伸ばしたかったから。背中に木の根が当たるようにして寝た。
でも、そんな地面に寝ているなんて本当のヘタれに見えるから寝ながら写真撮ったりして、いや、まだ少しは余裕がありますよ、というふりをしてみる。まぁ、ばれてるけどさぁ。これがその写真。
0915007.jpg

この後、意識朦朧というかボーっと歩いていると、さぶろうさんがいきなり「マムシ!!」と言う。
へ?なに?なに?しばらく気付かず。いや、ホントだ、マムシだぁ。
0915011.jpg
こんなの気付かずに踏んづけてしまったらと思うと恐ろしいよ。気付かない分、クマより危ないかもしれない。ポイズンリムーバーも必要な気がしてきた。

僕らのヒーロー、マムシと戦うさぶろうさん。
0915012.jpg
僕はここで、またリタイア癖がムクムクと湧き上がってきた。なぜならネタはもう拾ったから(笑)

一話完結のつもりが、まさかの続く。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

18

コメント:

ブログ村マイコースシリーズ~新横の雅さん 後編~

よこはま月例の会場を後にして、一旦、雅さんのご自宅へ荷物を置かせてもらいに行き、今度はその自宅前からマイコーススタート。
日産スタジアムとその周りの新横浜公園、普段はそこによこはま月例のコースである鶴見川も交えてのマイコースということだ。

この道はずっと桜並木になっているらしく春にはとても見応えのあるロードになるそうだ。
0916010.jpg
日産スタジアムへ続く道。
0916011.jpg
このまま日産スタジアムの周りを走る。この道の下にも道があり、そこを走ると雨に濡れずに走ることができる。
実際にこの後、けっこうな雨が降ってきて、下の道を走ったりもした。
0916012.jpg
それにしても、なんというかこういう場所を走るというのが、なんか不思議に思えた。実際にここを走っている人もけっこういるらしいし、道は広いし、信号ももちろんないし、走りやすい。
今までのマイコースで走りやすい環境と言えば、河川敷とかちょっとした自然的な場所になるのだが、これは完全に人工的な場所。しかも僕からすれば、たとえば東京ドームとか国立競技場とかって、何かを観に行く場所で、そこで走ったりするなんて考えたこともないから、とても新鮮に思えた。いや、でもかなり走りやすい。

それにしてもこういった人工的なマイコースになるのは、やはりここがよこはまだからなのか?(笑)
日産スタジアムを風を切って走ったら、映像的にはかっこいいよなぁ…。
0916015.jpg

日産スタジアムをグルッと周ったあとに、そのまま新横浜公園へ。雨が強く降ってきたり、やんだりの繰り返しだったが、まぁ、雨が気持ちいいくらいだった。
0916016.jpg
よこはま月例では6kmしか走っていなかったけど、ここではもうヘロヘロで本当にゆっくりとしか走れなかった。
雅さんやS氏も同じようにゆるジョグに付き合ってもらい、いろんなお話をしながら走った。

雅さんは軽快に走る。ふくらはぎなんかも細くてスラッとしている。僕が山を走っている時にすごい速さで抜いていく人のふくらはぎは、ちょっと人間的に理解できないふくらはぎをしているけれど、雅さんのふくらはぎはその対極にあると言ってもいい。
体の重さを感じさせないので、スピードを出そうと思えばすぐにトップスピードにもっていけるし、そこからの走りもいい感じで力が抜けているというか、必死で走っているようには見えないのに速い。
ホント、いろんな方々と一緒に走らせてもらっているけど、それぞれの走りを見るのはとても楽しい。それを自分の走りには生かせないけれどね。

坂道ダッシュをしようということでする。この坂道がすごくいい坂道だった。なんだよ、いい坂道って?と思うかもしれないけれど、いろんな人のマイコースで坂道ダッシュをやらされた身としてはなんとなくいい坂道がわかってくる(笑)
簡単にいえば、勾配と距離のバランス。心折れずにがんばろうと思えるギリギリのところ。そんな坂道だった。
0916017.jpg
こんな感じで6.5kmを雨に降られながらのゆるいジョグで終えた。もうヘトヘト。

この後、雅さんのご自宅で、シャワーを浴びさせていただき、飲み物や食べ物をいただき、しばらくゆっくりさせていただいた。
雅さんの奥様にいろいろおもてなしをしていただき、本当にありがとうございました。奥様も走られる方で、今回は故障中ということでしたが、11月のレースに間に合うといいですね。

で、この後、雅さんのランニングとは他の趣味というものに軽く度肝を抜かれたが、しかもちゃんと写真も撮ったが、やはりここはあえて触れないほうがいいような気がしたのでパス(笑)

近所にランチを食べに行き、そこでたくさんの楽しいお話が聞けた。まぁ、もちろんS氏いるから(笑)、ここでの話題はその話題?なんの話題?

ま、そんなわけで今回のマイコースもとても楽しかった。雅さん、参加された皆様、ありがとうございました。

*****

番外編
0916028.jpg
0916030.jpg
マイコース終えたあと、きちんと家族サービスしてきましたよ。
それにしても僕はみなとみらいとか赤レンガパークとかランドマークタワーとかこれらの言葉にずっと違和感を持っていた。なんでだろうと思ってたが、今日わかったよ。
僕がよこはまに訪れたのは20年ぶりくらいなので、よく聞く地名が『あぶない刑事』で止まっていたからだった。
『あぶない刑事』で赤レンガ倉庫はおしゃれな場所じゃなかったもの。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

17

コメント:

ブログ村マイコースシリーズ~新横の雅さん 前編~

え~と、行ってきました。ブログ村マイコースシリーズ第五弾!!
今回は新横の雅さんのマイコースへ。雅さんのマイコースでは本日よこはま月例が行われていましたので、それにも参加。
0916001.jpg
今回はさぶろうさん親子も参加していただきました。

で、そんで、え~と、う~ん、ああぁぁぁ、まだるっこしい(笑)

前日に急遽参加表明していただいた、謎のS氏。今回は写真も素性もNGということです。
私自身、初めてお会いしましたし、今までお話したこともありませんでした。でも一度もSさんとは呼びませんでした。お名前は知っていましたからね。
まぁ、さぶろうさんがいなければ、この方があの方だと気付きもしませんでしたけどね。

でもはっきり言うと、今回のマイコース企画。この方の参加がネタの3割に該当していますので、配慮しつつ記事書くのめんどくせぇ(笑)

それでも、このS氏の参加が私としてはとても楽しくて、そしてとても嬉しかったです。
この方が何を思ったのか、マイコースシリーズに参加しようと思っていただけたことがとても嬉しかったし、この企画いろいろと大変なんですがマイコースやっててよかったと心の底から思うことができました。

あとね、いろいろお話させていただいたんですけど、たぶんいいお友だちになれそうな予感がしました(笑)
きっと、今後、またどこかでお会いすることができるような気がしています。今度はNGなしで。

なわけでS氏抜きでの恒例の集合写真。どうでもいいけど今回初めて写真にモザイク入れることができたよ。成長してるよ、オレ。と思った。走力は上がらないけど…。
0916IMG_0191.jpg

よこはま月例では1kmや5kmや3km、10kmなどがあって今日は10kmは中止になったけれど、その時に出たい種目に出ていいというかなり自由な大会。
まずはアップ代わりに1kmに全員で参加。このシステムけっこう面白いかも。

ここで一番衝撃を受けたことは、いつものようにキロ6分を切れない僕の前を、キロ6分を切って爽やかにゴールを駆け抜けたさぶろうさんのご子息の存在だった。すごいよ、ホントに。

続いて5km部門。スタート時点で雅さんやS氏の姿を見失ったので、まぁ、いつものようにゆるジョグ。
途中で雅さんとすれ違ったので慌てて写真を撮った。
0916004.jpg
雅さんが速いのは当然知っているのですが、こうやってすれ違うと改めて雅さんの速さに驚きます。風を切って走るってこういうことを言うのかぁ、と思った。
なので僕が風を切って走れる日は来ないな、と思う。だって雅さんはこの5km、年代別1位だったからね。

僕も何とかゴール。でも2ヶ月ぶりくらいにキロ6分を切ることができた。28分でキロ5分36秒ペース。
う~ん、このペースで走れたのかなり久しぶりだ。調べたら6月7日以来だった。レースってやっぱすごい。
0916IMG_0203.jpg

よこはま月例に参加されていたどないさんともお話することができました。ちなみに本当はこの隣にS氏写ってます。ブログでは絶対に使わないという条件で写真を撮らせていただきました。おかげで写真切り取りの術も覚えることができたよ。
0916007.jpg

続いて3kmコースでさぶろうさん親子が出場。やっぱり見るからに速そうだ、さぶろうJr。
1kmと3kmと計4km走っているので、すごいなぁ、とお子さんとお話してたら、けっこう抜かれたので悔しいと言っていた。
その反骨精神というか、向上心というか、それか!!オレと違うのはそこか!!と反省しながら、そういう気持ちはどこから湧き上がってくるのだろう?と思いつつ、これはさぶろうさんの血を受け継いでいるからだろうか?それとも奥様の?と考えていた。
0916009.jpg
そんな感じで蒸し暑かったけど、楽しくレースに参加できて、とても面白かった。マイコースレポらしくないけど、まぁ、いいか。
あ、あと関係ないけど、僕が初めて高尾トレイルに行ったときに案内をしていただいた、ひいさんに偶然お会いしたのでご挨拶をした。なんかこういう偶然って嬉しい。

ここで、さぶろうさん親子とはお別れ。前日のハセツネ試走でお疲れの中、参加していただきありがとうございました。
雅さんのマイコースはこのよこはま月例の河川敷のコースと日産スタジアムの周りを合わせたコースなので、この後は残りのマイコースをS氏も引き続き参加していただいて、3人でダウンジョグへ。
そして、続きは後編で。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

16

コメント:

本日はブログ村マイコースシリーズ第五弾!!

本日はブログ村マイコースシリーズ第五弾!!新横の雅さんのところへお伺いします。

雅さんのマイコースでは本日よこはま月例マラソンが行われているため私も参加します。
けっこう楽しみ。まぁ、マイコースシリーズとレースのコラボになるわけですね。

なんでもよこはま月例には毎回1000人くらいの参加者がいるそうなので、このマイコースシリーズ最大の参加人数になります。すげえよ、マイコースシリーズ(笑)

そんな記念的な第五弾のマイコースシリーズに参加してくださるのはさぶろうさん。今回はレースのみの参加になります。お子さんとご一緒に1kmランに参加されるようです。

あとは今回もまったく存じ上げていない方が参加されるようです。雅さんのところへ参加表明の連絡があったそうです。
前回のまつよしさんのミステリアスさがまだ残っているようです(笑)これも楽しみです。

それでは新横の雅さん、参加される方々、本日はよろしくお願いいたします。

あっ、そうそう、私は昨日山へ行ってきました。先ほどまでその記事をアップするべくがんばっておりましたが、断念いたしました(笑)
そんなわけで順番が逆になってしまいますがマイコースシリーズの記事の後に更新いたします。山のことについてはさぶろうさんのところへ行くと詳しく書かれております。

とりあえずまだ時間があるので再度寝ます(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

14

コメント:

3連休の予定

なんでそんな予定など書かなくてはいけないんだ?と自分で思うけど、まぁ、書いてみたかっただけ。

土曜日はいつものように山へ行きます。いつものように5時スタートです。なので3時40分に家を出ます。なので最近は金曜日だけ定時で帰って早く寝るようにします。迷惑をかけてもいけないし、私自身がより楽しめるように。
昼過ぎには帰ってこられる予定なので午後はゆっくりします。次の日もでかけるからです。

次の日は、よこはまというところへ行きます。関東在住の方以外にはこの温度差が伝わりにくいと思いますが、私はさいたまけんというところに住んでいます。関東地方は一都六県で構成されていますが、さいたまけんから見ると、この横浜のあるかながわけんとうきょうとはちょっと別格扱いになります。もう少し詳しく言うと東京都内と都下という区分けもありますが、それはややこしくなるのでまた後日。

とにかく、その一都一県についてさいたまけんの人があまり親近感を持つことはありません。どちらかと言うと、ケッ、と思ったりします。まぁ、羨望と憧憬が嫉妬と憎悪に変わるとでも申しましょうか。そんな大げさなもんでもないか。
たとえばさいたまけん在住の人は渋谷より新宿、新宿より池袋のほうが落ち着きます。いや、赤羽が落ち着くという人は逆に東京の人です。

このさいたまけんの立ち位置的にとてもよく似ているのがちばけんです。しかしあまりにもよく似ているため、それほど協力的な関係ではありません。
なので、その二県はお互いに、海もないくせに、とか東京に憧れてなんでも東京って付けたがるくせに、などと言ったりします。
関東地方には他にも県がありますが今日はこれ以外の県は出てきません。また関係が複雑になって説明が面倒だからです。

って、何を書きたかったんだ?あっ、そうそう。それでそんな私にとっては敷居の高いかながわけんへ行ってきます。
しかも私の弟はよこはまに住んでいます。私は、さいたまけんで生まれ育ったくせに、なんでそんなかっこいい風を装ってよこはまなんぞに住んでいるんだ!と憤っているので一度も彼の家へ行ったことがありません。

ちょうどいい機会なので、マイコースが終わったら彼の家へ初めて行ってみようと思っています。姪っ子も2人いるし。
そしたら、私の家族全員も行きたいと言うので、みんなで弟一家の住む家へ遊びに行くことになりました。一緒に夕飯でも食べてこようと思います。

巷の噂では、アレキは家族をないがしろにして、遊び呆けてばかりいる、と言われているようですので、ちょうどいい機会です。
走ることによって家族サービスまでできる。あぁ、走るってすばらしい。
たぶん。

月曜日はゆっくりと休んで疲れを取ります。でもそんなゆっくりばかりしているといろいろと用事を言いつけられるかもしれないので、近所でも走りに行こうかと思います。いやいや3日連続で走るのはちょっと、と思いますが、どうしようかな。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

13

コメント:

いれものづくり

最近、疲れてるみたいですよ、とか体調悪そうですよ、とかちゃんと睡眠取ってくださいね、とか疲れてるくせに毎日更新しようとするから最近のブログつまんねーよ、とか来年ハセツネ出るつもりなんでしょ?とかいつになったら速くなるの?練習法が悪いのでは?とかどうしたらクマに会えるんですか?とかいろいろ言われることがありますが、夏になって朝ランするようになってからのほうが睡眠は取れていたりする。

なんで朝ランのほうが睡眠が取れるの?走る時間は一緒じゃない、と思うけど、朝ランの場合だと時間がないので走るだけにしてるからだ。

夜だと、走る前に準備運動して、着替えて、コンタクトして、コップ一杯の水飲んで、走って、ストレッチして、筋トレして、さらにネットして、目が冴えて睡眠不足だった。

朝だと、目が覚めて、着替えて、コップ一杯の水飲んで、走る。以上。

夜の時にいろいろやっていた時間が今は睡眠時間になっている。
土日が早起きになったこともあって平日も夜更かしよりは早起きのほうが都合がいい。

それなのに、疲れは以前よりある。月200キロ走るようになってまだ身体が慣れていないのかもしれない。

内臓もけっこう疲れる。で、この内臓だけど暑いから水分たくさん取って胃とかに負担がかかって疲れるんだと思っていたんだけど、どうもそれだけではないようだ、と最近気付いた。

僕は、極端に筋肉が少ない。若いころも筋トレしても筋肉なんかつかなかった。ま、ゆるいからそんなに追い込まないだけかもしれないけどね。
そんで腹筋なんてほとんどないんじゃないかと思う。タプタプしてるよ(笑)

そんな状態で日々走ったりしていたら、着地衝撃を受けるたびに内臓があちこち動き回ったり、捻じれたり、グルングルンしたりするんではないだろうか?
それで、内臓が疲れるんじゃないか?と思った。いや、科学的根拠はないけど。

その内臓グルングルンを最小限に防ぐ役目を仰せつかっているのが、腹筋という名のいれものなんではないか?と思った。

そんなわけで3日前から(笑)腹筋運動を始めた。フルマラソンまでに間に合うかな?
あっ、でも1日1000回とかはやらないから一週間でこんなに変わったよ!なんて写真はないからね!前フリじゃないからね!(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

11

コメント:

ブログ村マイコースシリーズ~kinさん 後編~

昨日の続き。
タイトル:海辺のランナー
0909024.jpg
そういえば名前まだ言ってませんでしたね。当日サプライズ参加はsan-anさんです。あぁ、もう知ってるのか(笑)

で、こういうこと書くと本人嫌がるかもしれないけど、昨日の記事で僕が5kmくらいでやばいと思ったって書いたでしょ?
ちょうどその時に休憩したんだけど、その休憩のときにsan-anさんは僕の顔をジッと見てたのね。
で、走り出したら僕の横に来て並走したんだけど、san-anさん明らかにペースが遅いのよ。前を走るkinさんと華さんにどんどん離されていく。ゆるランにも関わらず。
でもsan-anさんはとくに気にせず、僕にいろんな世間話をしてくるわけ。で、僕も楽しく世間話をしてたわけ。
そうしたら気分が悪いの治って、走り終えた頃には病み上がりには見えませんよ、と言われるくらい元気になった。

こういうのってsan-anさんだけでなく、僕がマイコースや他でいろんな人たちと一緒に走らさせていただくとけっこうある。こういうさりげない気遣いが。
走るようになって、走る人たちと接することになって、僕が得ることのできる貴重な体験であり、貴重な出会いだと思う。今回はいろんなところでsan-anさんに助けられた。

さて、マイコースホスト。真面目で優しいkinさんは至るところで僕たちにいろんな説明をしてくれました。華さんやまつよしさんはきちんと聞いていて、それぞれご自分のブログでちゃんと書かれています。
私はうろ覚えです。メモしとけばよかった…。

2回目ダッシュが始まったのは覚えてる。これもkinさんが走れと(笑)僕がトップに走って皆さんの写真を撮ることに。
さぁ、どうぞ。
0909025.jpg
0909026.jpg
0909027.jpg
san-anさんが速過ぎてきちんと撮れなかった。しかしその後のkinさんは姿すら写ってなかった(涙)ごめんなさい。
決してダッシュさせられた腹いせじゃないよ(笑)
お詫びの写真。対岸へ渡るため橋を渡った。
0909028.jpg
この後に、僕はいつものようにホストの後ろに付いて走ってみた。kinさんも優しい走りだ。付いていきやすい。リズムが安定しているからなのかな。まぁ、kinさんの走力だと安定しているのが当たり前なのかな。
kinさんってミステリアスなんだけど、いろんなもの取っ払うと真面目でいい人というのが残る。うん、いたってシンプル。いい子なんだよ、この子はって感じ。誉めてます(笑)
だから走りもシンプルで真面目でいい人っていう部分が大半で、ところどころミステリアス。
何だよ、その説明、それってどんな走りだよ?って質問は受け付けないよ。僕だって何となくで書いてるからね(笑)

で、やっと集合写真場所へ。半分以上走った後。遊びに来たわけじゃないのにリゾートね。
そうそう、まつよしさんがいきなりタオルを広げたのでちょっとビクッとした。よくわからないけど、なんかこだわりがあるみたい。いいと思います(笑)
0909030.jpg

続いてkinさんお気に入りの休憩スポット。遠く富士山まで見えた。まぁ、富士山嫌いだけど(笑)
みんな富士山見ながら、ネコさんいるのかなぁ?って言ってた。もうみんなの心では富士山と一体化してるんだと思ったけど、さっきブログ見てみたらこの日は行ってないみたい。
kinさんは普段は夜ランなのでここで夜景を見ながら物思いに耽るんだそうだ。そんな時間あったら早く寝ればいいのに。って嘘です。物思いに耽るの嘘です。
0909031.jpg

この後、ディズニーランド&シーをグルっと周った。たしか中からは外の建物とかが見えないように設計されてるんでしょ?夢の国だから。
外をグルッと周るとそんなことないよ。夢と現実が織り交ざって、まさに夢のような夢だ(苦笑)まぁ、たまにはいいよね。
0909036.jpg
夢の国から離れればコンビニも見つかる。残り1.5kmくらいで初のコンビニ休憩。
0909040.jpg
ここまで食べてしまった後で、写真を撮るのを思い出した。ちなみにアイスなんか食べてたの僕だけ…。
0909041.jpg
ラスト500mの直線を上げれる人は上げようということになってkinさんにキロ5分で引っ張っていってもらうようお願いするも、すぐに引き離された。4分半くらいじゃないの?あれ。
san-anさんがキロ5分で引っ張ってくれたので並走する。つらくて500mが精一杯だったけど、やっぱりキロ5分だと風が気持ちいいね。秋になれば少しは速くなるのかなぁ。ま、ゆるいままだな。

そんな感じで、19.5km。2時間58分51秒(休憩、撮影、すべて含む)
終わった時には暗くなってたね。でも全員きちんとがんばって走りきった。
華さんとまつよしさんは今回初めてご一緒させていただいたけど、まぁ、お二人とも緊張されていたとは思いますが、二人ともつらいときでも笑顔で走っておられたのが印象的でした。

kinさん、参加された皆さん、ありがとうございました。今回もとても楽しく過ごさせていただきました。

この後、華さんはお帰りになられたけど、僕らは飲み会付きなので飲みに行きました。でもそこでの写真もお話もブログ的には一切なし。それは参加した人たちの胸の中へ(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

10

コメント:

ブログ村マイコースシリーズ~kinさん 前編~

ブログ村マイコースシリーズ第四弾。行ってきました。kinさんのマイコースへ。

浦安駅で待ち合わせ。今回参加していただいたのは流山ロードレースにも参加される、マイコースシリーズ初の女性参加華さんと前記事でもお伝えしましたミステリアスなまつよしさん

まつよしさんにお話しお伺いしたところ、先週からブログを始められ、ブログ村に登録をし、いきなりのマイコースシリーズ参戦という何とも行動力のあるお方でした。
ちなみに今秋のつくばマラソンが初めてのフルマラソンになるようで、現在トレーニングも追い込み時期になっているそうです。

華さんはとくに説明いらないですよね?ブログ村ランキング上位にいらっしゃるし。どんな方なのか?それはなんというかミステリアス(笑)
かわいらしい女性でした。走ることを楽しんでいらっしゃる様子が伝わってきます。

で、病み上がりの身としてはとにかく集合写真を撮って早いこと終えてしまえ、と思ったのに、まさかのkinさんからNG宣告。
なんで?写真撮ったら僕が逃げてしまうと思ったのかしら?なんてことではなくkinさんは集合写真撮影ポイントをご用意されていたようだ。

そんなわけで、なぜか今回の集合写真は後編で。いや、もったいぶっているわけではないよ。ホントに。
いくらミステリアスシリーズだからって、ねぇ?あっ、そうそう。もう一人参加者がいらっしゃいましたよ。
この方です!!誰でしょう?  いいなぁ、今回のミステリアスシリーズ(笑)
0909001.jpg

とりあえず走ろう。だって我々は…(言葉呑み込んだ)
0909002.jpg
すぐに堤防へ。
0909003.jpg
きたよ、川。あれ?これ何川なんだろう?訊くの忘れたよ。やっぱ病み上がりはダメだね。
0909005.jpg
始まったばかりでみんな元気なのにヤミアガリアレキはもうダメ。疲れた。
0909006.jpg
ああっ! この方がミステリアスなまつよしさんです!
0909007.jpg

さぁ、お待ちかね。僕が今回やりたかったネタのひとつ。たのくるさんマイコースにkinさんが参加したときにやりたくてやりたくてうずうずしていたのを何とか封印し、本人マイコースまで取っておきました。
↓の写真にはタイトルがあります。
0909009.jpg
『東京がひとつになる日。』←クリックしたら10秒待ってね。藤原選手の次の写真だ!
わかりましたか?ふふふ。僕は関係ないのに自分のネタにしてしまった。

いやぁ、もう満足。もう帰ってもいいくらい。
そんなこと思ってたらいきなりダッシュとか言い出すkinさん。
坂道を見たらダッシュすべし、という師の教えがあるらしく、全員ダッシュさせられる。
さすがkinさん。忠実だから記録ものびるんですね。
0909012.jpg
0909014.jpg
この空、見てくださいよ。暑かったよ。とくに病み上がりには堪えたよ。5km走った時点でクラクラしてやばいと思ったのになぜかそのあとは楽になった。本当に不思議。
体がつらいのに走ってるうちに元気になったり、逆に楽だったのにつらくなったり、自分の体ってわからないよね。
限界もさぁ、自分じゃわからないんだよね。最近とくにそう思う。難しいよ自分の管理。

そんなこと言っているうちに半分くらい走ったのかな?
葛西セブンで走ったコースらしい。この中も走ってみたよ。
0909018.jpg
ここから先は海辺。そう、僕の住んでいる場所にはないもの。それは海。あぁ、海辺を走るだなんてかっこいいなぁ。逆光のシルエットがさらにかっこいいような気がするぜ。潮風が気持ちいいぜ。潮風ランニングだぜ。
0909020.jpg
後編へ続く。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

09

コメント:

本日はブログ村マイコースシリーズ第四弾!!

え~、一応、昨日ゆっくりとしてまして、とくに痛みも出ず、さらに今朝になるまで様子を見ましたが、今朝も昨日と同様痛みはないので、予定どおりマイコース行きます。

まぁ、それでも万全の態勢というわけではないと思いますので、あとは走りながら、状態を確認しながら、ゆるゆるとやりたいと思います。
でも、あれだ、考えてみたら、その方のマイコースをその方とともに紹介するというのがこの企画の本来の趣旨ですから、あれ?オレ走らなくても成立するんじゃね?とも思いました(笑)

で、今回のマイコース訪問はkinさんです。

場所と時間はkinさんの記事にあるとおり15時に東西線の浦安駅集合だそうです。そこから先は、秘密、謎、ミステリアス。

さらに、今回の参加者ですが、私の把握している限りは2名の方が参加してくださります。
華さんとまつよしさんです。

華さんとは初めてお会いするので、とても楽しみです。しかもマイコース企画初の女性参加。これはかなりすごいこと。こんなこと想定していませんでした(笑)いや、だって、いつもおっさんしかいませんからね。まぁ、それはそれでいいんですけど。

さらにまつよしさん。大変失礼かもしれませんが、このまつよしさん、私は今までまったく存じ上げておりませんでした。面識はもちろんありませんが、ネット上でも関わったことがなく、まつよしさんがブログをやっておられるのか、ブログ村に登録されておられるのか、まったくわかりません。この何もわからない感じがとても楽しみです。

さすがは、ミステリアスkinさん。集まる参加者もミステリアスです(笑)

今回の『ミステリアス・ブログ村・マイコース・シリーズ』 皆さんも楽しみにされていることと思います。レポとかきっと楽しみにするよね。これ、きっと。

う~ん。謎は謎のまま。人物写真なしのレポもありかなぁ、などと今は考えております(笑)

いつものようにいきなりの参加もOKだと思いますので、急に時間が空いたとか、無理やり時間を空けたとか、そういう人の参加もお待ちしております。

それでは、kinさん、華さん、まつよしさん、本日はよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

08

コメント:

復活かな?

いやぁ、驚いた。

あっ、まず前記事にコメントいただいた皆様。返信が大幅に遅れてしまい申し訳ありませんでした。

いやぁ、ちょっと体調が思わしくなく、ブログ更新とか走るとか全く無理でした。今日久しぶりにPC起動しました。

私の体調不良の経過など誰が知りたいんだ?と思わなくもないですが、まぁ、メモということで。

水曜日の朝。
口の中が少し痛い。あまり気にせず普通に過ごす。昼くらいからどんどん痛みが増し、鼻の奥のほうも痛む。
口の上あごあたり、前歯の裏、そこがとても痛くて、あとは放射状に顔全体から頭までが鈍く痛む感じ。
夜には痛みで泣きたくなるくらい痛かった。ちょっとありえないくらいの顔の痛み。
家に帰ると、何もせずにすぐに寝た。寝られるが2時間おきくらいに目が覚めて、目が覚めるとすごい痛みを感じるので、うわぁ、早く寝なくちゃ、となる。

木曜日。
朝になっても痛みは変わらず。痛みに波はあるものの最大の時は自然と涙が流れてくる痛み。仕事休む。
さて、病院は何科へ行けばよい?歯の痛みはないので歯科はないなと思う。なんとなく口内ヘルペスではないかと思う。疲れでなるらしい。
まぁ、疲れてないかと言われれば疲れてる。自業自得的な感じはするけれど。
近所の皮膚科へ。つーか、あれですね。平日午前中の皮膚科ってこんなに混んでいるんですか?ちょっとびっくり。
1時間以上待った。その間も痛みは続き、顔を覆ってしまうような体勢でないとつらいような痛みも。そうそう、なんとなく病院で診てもらう前に痛み止めは飲んではいけないのかと思って飲んでいなかった。まぁ、痛み止めがあまり好きではないというのもある。

やっと診察してもらうも、うちじゃないねぇ、の一言。へ?そうなの?違うの?
でもその先生優しくて、口腔外科の急患の病院を調べてくれて予約してくれて紹介状書いてくれた。
予約は夕方だったので、また家に帰って痛みに耐える。寝れれば痛みは感じない。でもそう寝られない。
そういえば昨日の昼から何も食べてない。でも口内が痛いと食べる気にもならない。

夕方、口腔外科へ。いろいろ調べるも原因はわからないとのこと。とりあえず1週間様子見て、とのこと。
へ?じゃぁ、この痛みとあと1週間付き合うの?と思っていると痛み止めは出すからとのこと。抗生剤とか出すと原因がわからなくなるから痛み止めのみだそうだ。
根本的な解決にはなってない。でも仕方ない。歯ぐきの奥が化膿して膿が溜まって大変なことになってますよ!とか言われなかっただけマシなのかな。
家に帰ってやっと痛み止めを飲む。ロキソニンね。

効かねぇ。全然痛み変わらねぇ。あぁ、痛い。寝る。結局何も食べず寝た。

金曜日。
痛み変わらず。またも休む。このまま痛みが変わらないのかなぁ、と不安になる。
昨日とほぼ同じような一日。時折どうしようもないくらい痛む。痛み止めは飲まなかった。たぶん効かない。
しかし午後からは泣きたくなるほどの痛みはなくなる。痛くなってもその手前くらい。
さらに夜22時を過ぎた頃、何となく痛みが和らいできたような気がする。あれ?もしかしたら?とりあえず寝る。そうすれば、もしかしたら朝になれば?

土曜日朝。
すっきり痛みが取れたということはないが、昨日までの泣きたくなるような痛みはない。今までのダメージとして鈍い頭痛はあるが、それ以外の痛みは格段によくなっている。よかった。
とりあえず今日はじっとおとなしくして、明日の午前中もおとなしくして、マイコースシリーズへ行きます。
やはり、あれですね。日常を普通に過ごせて初めて、走るということができますね。この3日間、走りたいとかまったく思えなかった。
でもこのまま痛みが続いたらとか、長引いたらとか思うと、僕が勝手に立てた予定がすべて流れていくから、そこはなんか寂しく感じた。

*****

こういうのネットでいろいろ調べるでしょ?そしたら口内というのはわりと繊細で、しかも原因不明で治療法もないという病気がけっこうあるらしいのね。そんな珍しくもなく罹る人もけっこういるらしいのよ。
そんで、口内の痛みが一生消えず、治療法もないという病気もあって、それを解説する病院の先生のコメントがあまりにすごかった。

『アメリカン・フットボールのプレイヤーのように、人は痛みがあってもプレーする方法を学ぶことが大切です』

いやいやいや、無理だってば。そんなの。例えがすごいよ。そもそもアメフトの選手になんかなれないし。
ま、とりあえず痛みが治まってきたのでよかった。アメリカン・フットボールもやらなくて済みそうだし。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

05

コメント:

富士御殿場口5合目近辺散策記 ラスト

AM8:00 再度、登山開始。
0826002.jpg
やはりつらい。つらいもんはつらい。
でも今日はきちんと登山道から登った。朝だからライトもいらない。夜中より楽だ。寒くもない。
日差しが強くて暑かったが途中からは冷たい風が吹いてちょうどいい。ゆっくりと歩幅とリズムに気をつけて登る。
うん。いい感じだ。つらいことはつらいが、このペースでゆっくりといけば頂上まで行けそうな気がする。
でも、もうそんな時間はない。まぁ、いいさ。長く動く練習だ。
0826006.jpg
昨日は暗くてわからなかったけど2000mは超えていたんだ。御殿場口は1400mって言ってたような気がするから600m以上は登ったのね。

昨日の4つづら折りに辿り着く。ゆっくりと地面を見ながら登る。砂に埋まっているのかもしれない。
よく注意しながら登ったがメガネは見つからない。そして昨日の最高地点、リタイア宣言したところまでやってきた。

ここまでで1時間40分。昨日より少しだけ早い。さて、これからどうしよう?メガネはなかった。あれだけ探してないのだからもうないんだろう。
このまま2時間まで登るか、もう降りるか、どうする?

長く動き続ける練習だ。とりあえず先へ行こう。メガネはもうあきらめた。さぶろうさんのメガネ借りればいいよ。
それか落し物センターとかあるのかなぁ?落し物センター頂上にあったら嫌だな。
登り始める。相変わらずつらいけど、練習、練習。

そして、登り始めて1時間52分。奇跡が。



あったっ!!!
0826007.jpg
びっくりした。なんでこんなところに?拾った人がかけていってくれたんだ。
う~ん、まさに奇跡的な出会い。こんなところにかけられても普通は見つからないよ。

しばらくメガネを見つけた喜びに浸る。もう2時間登るとかどうでもよくなっている。このまま動きたくないので意味もなく写真を撮ってみたりする。
0826012.jpg
0826008.jpg
この中央の黒い人↓僕が座っていると話しかけてきた外国人。新潟のどこかの大学院で勉強しているらしい。ちょうど自衛隊の演習の大きな音が鳴り響いているときで、この外国人に、中国と韓国との外交政策についてレクチャーしてもらった。ちなみにリュック2つ背負ってた。よくわからない。
0826013.jpg
10分くらいボーっとしていたけど、結局、再び登り始めた。
2時間経ったけど、何となくまだ2人はやってこないような気がして、2時間30分まで登ることにした。
もう今回の富士登山も終わりに近づいている。ぎりぎりまで楽しもうか。砂利道のザクザクした感触を確かめながらゆっくりと登る。きついけど楽しい。ような気がする。

2時間30分登ったところで下山道へ移る。大砂走りの最後のほうだからか駆け下りている人はいなくて、みんな歩いている。その中を一人駆け下りてみる。
うぉぉぉ!!! 楽しい。楽しくて一人じゃもったいない。ここは2人が来るまで待っていよう。
斜面に座って2人の到着を待つ。今回はこの斜面から見える景色しか見ていないけれど、とくに飽きることはない。
0826014.jpg
0826017.jpg
10分ほどここで座って待っていると、ひときわ大きく間隔の開いた足音が聴こえてくる。そして『うっひょ~』という叫び?
間違いない。振り返るまでもない。さぶろうさんだ。

アベシルさんは少し遅れていたので2人で大砂走りを駆け下りる。さぶろうさんに駆け下りるコツを教えてもらう。
楽しいぃぃぃ。
IMG_0064.jpg
とても気持ちよくて立ち止まったときに叫びたくなって、楽しい気持ちを出したかったのに、出てきた言葉は 「くそぉ~!!」だった。
まぁ、自業自得とはいえ、やはり頂上まで行って、ヘロヘロになりながらもこの大砂走りを駆け下りたかった。

アベシルさんもすぐに合流し、3人で下山した。
0826018.jpg
帰りの車では、疲れ切った2人にずっと
「ねえ?これ来年絶対リベンジしないといけないんで、来年も絶対付き合ってくださいね?ね?絶対ですよ?じゃ、いつにします?今度は計画的に絶対に行きますよ!」
と言い続け、煙たがられていた。

頂上まで行けなかったことは残念だったけど、やっぱりいつものように終わってしまえば楽しい思い出だ。

でも、絶対来年行くよ。この2人連れて必ず。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

04

コメント:

富士御殿場口5合目近辺散策記 その4

下山に2時間かかった。2時間かかって登ったところを、2時間もかかって下った。
歩く。倒れこむ。砂利のベッドで寝る。寒くて目が覚める。立ち上がる。歩く。倒れこむ~の繰り返し。最後のほうでは砂利のベッドが心地よく感じたくらいだ。

そういえばこのとき空にいくつかの電飾のような明りが見えたけどあれは何だったのかな?
夜空に花火よりは小さい丸い電飾みたいなのがいくつも点灯していた。星より大きく、花火より小さい。
気のせいだな、きっと。メガネもかけてないし。

AM4:30頃、辺りは明るくなった。ご来光が見られるかもと思ったが、リタイアした人間にそんなもの見る資格はないと思って見ずに寝てしまった。砂利のベッドで。
0826001.jpg

こうやって書くと大変な思いをしているように感じるが、いや、実際に僕は大変だったが、問題はすべてこれが5合目近辺で行われていることにある。
5合目近辺って、さぁ、これから頂上目指して頑張るぞ!!! とか、やっと長い旅が終わった、あと少しで駐車場じゃないか、今までの苦労に比べればあとほんの少しだ、頑張るぞ!!! とかいう人しかいないのだ。

そんなところで朦朧として砂利のベッドで寝ている人間など、僕しかいない。だから何度か、大丈夫ですか?と声をかけられたくらいだ。
そのたびに、ありがとうございます。眠いだけなんで大丈夫です。と答えた。

AM5:10 御殿場口に到着。車の中で即寝た。暖かい。

AM7:40 目が覚めた。さて、これからどうする?朦朧としているので、以下誰かとの会話。

「これからどうするってこのまま車の中にいるの?」
「だって疲れたし、眠いし、体のあちこちが痛いし」
「2人が戻ってくるの12時だよ?それまでここで眠るの?わざわざこんなところまで来て、睡眠不足解消して、よく寝たなぁ、って言うの?」
「だって、じゃあ、登ってみなよ、つらいんだから。またあの砂利道を登るなんて考えられないよ。どうせ今から登っても頂上へ行けるわけでもないし」
「わかった。じゃあさ、とにかく車から出てみようよ。もう暑くなってるからそのウェア脱いでしまっちゃおうか?それでついでにリュックの中身整理してみようか?もしかしたら落としたと思ってたメガネが入っているかもしれないよ」

とりあえず外に出てみる。足とか強張っている。また登れるとは思えない。言われたことをやる。
頂上で飲んでみようと思っていた缶コーヒーを3本リュックから取り出す。もう必要なくなったのでパンを食べながら缶コーヒーを飲んだ。メガネはなかった。

「どう?動けるようになったんじゃないの?とりあえず昨日と同じ2時間だけ登ってみようか?別に頂上とかいいじゃん、どうだって。山に来たときっていつも長く動き続ける練習のために来るんでしょ?だったらとりあえず2時間登ってみればいいじゃん。ついでにメガネも探してみようよ」

リュックを背負い歩きだす。とりあえず長く動き続ける練習だ。2時間登ってみよう。

そうだ、それで 『メガネを取り戻す旅』 へ行こう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

03

コメント:

富士御殿場口5合目近辺散策記 その3

リタイアするにあたって、今後の打ち合わせをする。←これ文にするとおかしいな(笑)
明日の昼12時に駐車場で落ち合うこと。もし僕が回復して頂上へ向かっていたとしても午前9時半を過ぎたら、そこで下山を開始すること。この2つを決めたと思う。

僕の富士登山はここで終わり。あとはタイトルのとおり5合目近辺をうろちょろしていた。
2人が先に行ったあと、僕はその場に寝転びながらズボンを取りだして穿いた。そして寝る。すぐに起きる。ダメだ、寒くて寝られない。起きあがる。立ち上がる気力はない。すぐ後ろで話声がする。

あれ?2人はもう行ったはずなのにと思う。他の人のようだ。彼らはキツイな、と話している。でもリタイアはしない。声に余裕がある。まだまだこれからという感じだ。そうだ、こんなところでリタイアする人なんていないはず。
彼らが行ってしまったあとで僕は立ち上がった。まだ時間はたっぷりとあるんだ。ゆっくりと登ればいいじゃないか。さぁ、行こう。
数メートル登って、ふと思う。

あれ?オレ、メガネどうした?

顔中を手で触ってみる。メガネかけてないみたい。そういえばさっきウェアを着たときにリュックを降ろしたな。メガネはリュックにかけていたから、そのときに落したんだろう。まぁ、いいや。メガネのひとつやふたつなくしたって。先に行こうと登り始める。

いやいやいや、ここまでオレが運転してきたんだった。メガネないと帰れないじゃん!! げげっ、どうしよう?メガネなしで運転なんてブログ(法律)的にまずい。車の運転を他の人に頼むのは保険の契約的にまずい。
うわぁ、探さなきゃ。探そう。まだ時間はたっぷりとあるんだ。たしかつづら折りになっている道を4本分くらい下ったあたりでウェアを着たよな。

つづら折り4本分の道を地面にライトを照らしながらゆっくりと降りる。あぁ、こんなことならLEDのライト買っておけばよかった。たいして高くなかったけど、そんなの買ってナイトトレイルとか誘われたら困るな、と思って買わなかった。それにしてもつづら折り4本分って単位はなんだ?4つづら折り?

結局、その4つづら折りをライトで照らしながら2往復したけれどメガネは見つからなかった。その頃にはずっと下を向いて歩いていたからか、寒さ、睡魔、疲労に加えて気持ち悪さまで増えていた。

AM3:10 リタイア宣言した場所まで戻ってきて、ここで下山を決意する。この間、同じところを行ったり来たりしただけ。

でも、もういい。帰ろう。身の危険を感じているときにメガネどころではない。こうなったら車を運転する時には、さぶろうさんのメガネを借りよう。そんで高尾あたりでメガネ屋探そう。それでいいじゃないか。もうこれ以上考えられない。
あとはさぶろうさんのメガネが老眼用でないことを祈るばかりだ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

02

コメント:

南高尾トレイル

さぶろうさん、もっちもっちさんと南高尾トレイルに行ってきました。いつものように早朝5時スタート。
もっちもっちさんとははじめまして。以前からそのご活躍ぶりをお聞きしていたのでお会いできるのが楽しみだった。だって、ウルトラの翌週にウルトラ走るお方なんですよ?ちょっとどこかがおかしいとしか思えません(笑)

しかし、もっちもっちさんは、とても穏やかに「変態ではなくて、頑張りやさんなんです」と仰っていました。
もっちもっちさんがそう言うとなぜかそんな感じに思えてくるので、今日のところはそういうことで(笑)
IMG_0080.jpg
IMG_0081.jpg
今日はさぶろうさんが、いつものさぶろうさんではなかった。これに尽きます。ハセツネまであと1ヶ月ちょっと。完全にハセツネモード。とにかく歩かず、走る、走る。僕なんかすぐに置いていかれる。

実力者のもっちもっちさんもサクサク登っていく。もっちもっちさんの走りが見たくて後ろに付こうとするも2秒で離された。
速過ぎて写真を撮ろうにも追いつかない。
0901002.jpg
今回のコースが、けっこう僕にはキツくて、登りと下りが小刻みにやってくる。息をつく暇がまったくない。僕は登りは歩いているんだけど、それでもキツい。速く歩くという僕の課題などできる余裕もない。

トレイルを始めてからロードで歩くのは抵抗なくなった。コンビニ休憩も問題ない。そう考えると鍛えられているんだろうか?と思わなくもない。
いや、鍛えられている部分はかなりあるはず。それはわかる。しかし後退した部分もある。あぁ、歩いていいんだぁ、とか休もうかぁ、とかそういうこと。気持の問題だね。

なので、今回はずっと 「あぁ、リタイアしていいんだぁ」と思っていた(笑)今日の目標はリタイアしないだった。
いや、でもホントにきつい登りを登っているとリタイアしたあの時を思い出す。そんでいいんじゃないの?帰れば?と思ったりもする。

ところどころで待っててもらう。僕が辿り着くとさぶろうさんは走り出す。何度も言うけど、今日のさぶろうさんホントすごかった。
でもこの辿り着いてすぐに走り出すというペースも悪くないと思った。たぶん僕は歩いているから歩きながら休んでいるんだと思う。

ここが唯一の開けた場所らしい。富士山も見えた。しかし僕は疲労困憊でどれが富士山かわからなかった。
でものべさんが登ってるので、一応、それらしい山に向かってピースサインをしておいた。
0901004.jpg

この後、けっこう走れる区間が続く。なんかそこも僕は疲れてた。いや、いつもと同じなのかも。さぶろうさんがいつもより速くて付いていけないからそう思ったのかな。わからないな。

途中で豪雨。川の中を走っているかのよう。もちろんさぶろうさんは奇声をあげながらスピードを緩めることなく、楽しそうに駆け上がって行く。
0901006.jpg
0901007.jpg
この豪雨だけど、なんかよかった。涼しくなったのはもちろんだけど、水が地面とのクッションのような役割をしていて下りも躊躇せず、ガンガン下れた。とさぶろうさんに言われてなるほど、たしかにそうだ、と思った。

高尾山に着いたときにはもう雨は上がり、晴れていた。雨上がりの晴れ間は気持ちいい。
IMG_0085.jpg

高尾山口。今回のコースの最大の難所はこの場所。なぜならここへ辿り着いた時点で、もうすでにゴールした感覚になってしまうからだ。
ここから先、また山に入るなんて思いつきもしない。あれ?なんでみんなコーラ買わないんだろう?と思ってた。
IMG_0086.jpg

まぁ、でもまた山へ入る。いきなりの急な登り。
で、いつものとおりここから先は写真がない。つらくてそれどころではない。ここからはずいぶんとお二人を待たせてしまったように思う。歩きもヘロヘロだった。なんか根本的に鍛えなおすというか、走ること以外でも考えていかないとダメだなと思った。
この辺りでは走ると内臓も痛くなってたから、内臓も考えないとな。

今日はとくにネタもなくわりとあっさりと終わった。いや、そもそもネタを作るために出かけているのではない。練習をするために朝早くから出かけているのだ!!!
それに、そうそうネタなんて転がっているわけではないさ。

IMG_0089.jpg
最後のこの写真は、さぶろうさん渾身のネタ(笑)詳細はさぶろうさんのブログで。

さぶろうさん、もっちもっちさん、ありがとうございました。またぜひ行きましょうね。いつものように終わってしまった今ではとても楽しかったことしか覚えていない。
さぶろうさんのネタも覚えているから楽しかったことだ(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

09

01

コメント:

ブログ村マイコースシリーズ~激動の9月編~

激動の9月編。何が激動なのかよくわかりません。すいません。とりあえず響きで決めました。

さて、9月もマイコースやります。やってしまいます。どうも富士登山、撃沈して5合目あたりをうろちょろしていただけなのに長くなりそうな予感なので、このような記事も挟みつつお送りいたします。

え~と、まずですね

9月9日(日) kinさん
ブログタイトル『自己満足のランニング』
日本ブログ村マラソンカテというところは、やはり皆さん健全な市民ランナーが集まるところですから、深夜は閑散としています。
そんな深夜に精力的に動き回っている人の一人がkinさんです。もう一人は私です。
以前など、二人の記事が深夜2時過ぎの同時刻にアップされ、その後、それぞれの記事にお互いがコメントしたのも同時刻という深夜の奇跡的なコラボをしたことがあるくらいです(笑)

そんな二人が一緒に走るのに、朝ランなどできるでしょうか?(いや、できはしない)反語ですね。
というわけで、今回初の夜ランをしようと思ったのですが、それじゃ、写真撮れないじゃん、ってことで夕方ランをすることになりました。午後3時ごろ開始予定です。場所は…どこだっけ?浦安って言ってたかな?すいません、確認します。
で、今回せっかくの夕方ランなので、その後、飲み会付きです。飲み会だけの参加も特別にありです。
あぁ、どうしよう?早く終わりにして飲みたいから走るペース上がっちゃうな、キロ5分だな(笑)

9月16日(日) 新横の雅さん
ブログタイトル『50代のマラソン挑戦。~完走・観走・感走~』
ブログタイトルのとおり50歳を過ぎてから走り始めた雅さんですが、メチャクチャ速いお方です。
サロマ湖ウルトラマラソンでは100kmをキロ5分ペースで走るという、いったいどういうことなんですか!!と軽く問い詰めたくなるような走りを見せてくれます。
年齢的にもタイム的にも、素晴らしく速いではないですか?と思う私は凡人です。雅さんは今後も進化すべく、ストイックに鍛錬の日々を送っています。

この9月16日、雅さんのマイコースではよこはま月例マラソンという大会が催されているようです。
雅さんもほぼ毎月参加されているとのことですので、私もこのレースに参加してみようと思います。
1kmの部というのがあって、それは子どもたちがたくさん走るらしいので、それがちょっと楽しみです。私も1kmのみの参加でいいような気がします。
このレースに参加したあと、雅さんと一緒にマイコースをダウンジョグできればなぁ、と考えています。ダウンジョグで充分ですから、私は(笑)

9月22日(土) のべさん
ブログタイトル『ここで走っていいですか?』
とうとうやってしまいました、わたくし。ついに関東地方脱出です。長野県など行ったことがありません。あれ?軽井沢は長野ですか?じゃぁ、行ったことあります。
のべさんに、マイコース行くよ、と言ってから、どうにも不穏な動きをし始めています。最近では、山がマイコースだと言い張るようになっています(笑)
7月なんか毎日走ってますからね、たぶん走り過ぎでなにかがおかしくなっているんだと思います。山がマイコースなんてありえないですから。
たぶん、ちょうど今頃、富士山へ向かっているようです。私は富士山嫌いです(笑)

それで、私の家から車で3~4時間かかります。日帰りで行きます。深夜2時ごろ出発予定です。
私一人だと車中で寂しくて泣いてしまいそうなので、もう一人同行者を連れて行こうと画策しています。
そんなのこの企画を煽って現実のものにしたあのお方しかいません。まだ家族の承認を得ていないようです。
これだけは何としてでも許可を得てほしいと思います。
というか、あれだ、まぁ、いいや。書いてしまえば(笑)

さぶろうさんが参加されるということです(笑)よろしくお願いいたします。

まぁ、一応、まだ仮です。

こんな感じで9月のマイコースシリーズやっていきます。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
現在AM2:44 先ほど起きました。また今日も山へ行ってきます。あっ、富士山じゃないよ(笑)

プロフィール

Author:アレキ
走りだして5年目に突入!!!
このまま走り続けたい

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad