FC2ブログ

富士御殿場口5合目近辺散策記 その2

本日AM3:44スタート。
20km走ろうと思ったがつらくて、すぐに17kmに変更した。
月間走行距離200km到達。

*****

深夜0時登山開始。すぐにつらい。山道というより砂地の砂利道。足を前に出しても足を取られてずり落ちる。
脚力の違いが如実に現れるような道だ。心が折れる。さぶろうさんに励まされる。歩幅とリズム。リズムで登る感じだと教えてもらう。リズム、リズム。

途中で気がついたが、僕らは下山道を登っていた。下山道のほうが地面が柔らかいため、足を取られやすい。気づいたときには僕の足は地上から30cmのロープをまたぐ力も残っていなかった。
でも、さぶろうさんもアベシルさんも普通に登っていたので、やはり脚力の違いだろう。砂地の砂利道の登りで嘘はつけない。

続いてやってきたのが睡魔。いつも夜更かしばかりしている僕は、最近どうしようもない睡魔というのがわかってきた。

それは後頭部に時空の歪みが現れる。ちょうど目の裏側。時空の歪みを説明すると『ウルトラQ』のオープニングみたいな感じ。それが後頭部の奥のほうに現れる。グワングワンと。
そうすると目に見える景色も併せて歪む。歪むと目が回るので、何もできないし何も考えられない。寝るしかない。

なので目を閉じたまま登る。たまに目を開ける。どうせ地面しか見ていない。メガネが邪魔だ。
いつも走るときはコンタクトなのだが、今回は歩きだし、長時間コンタクトだと疲れるのでメガネにした。
でも山は暗いし、地面ばかり見て汗がレンズに落ちるのでメガネをはずし裸眼にした。メガネはリュックにかけておいた。

睡魔に襲われながら、足がずり落ちながら、呼吸が荒いまま、ゆっくりと登る。というかほとんど登れていない。さぶろうさんもアベシルさんもどんどん先に行き、その都度立ち止まっては僕のことを待っていてくれる。

今回はまずい。まだ序盤でこれはまずい。1時間半くらいしか登ってない。さぶろうさんが、回復があるよ、と励ましてくれる。
たしかに長時間動いていると、動けなくなってもまた動けるようになる。いつもさぶろうさんはそう言っているし、僕も体験したことがある。しかしこんな序盤で体が動かなくなるなんてことはなかった。

もう頂上まで行くのは無理だろうと思い始めていた。すでに立ち止まりながら、ゆっくりとしか進めない。体が冷えて寒い。
待っていてくれる2人も体が冷えてくるよなぁ、と思いながらも立ち止まり、リュックからウェアを取り出して着る。

その後、2人の待っているところまで登り、登山開始からわずか2時間後、AM2:08 僕はリタイア宣言をした。

『とりあえず私、寝ます。なので先に行ってください』と…。
CIMG3827.jpg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



夏休みの宿題

夏休みの宿題って毎日コツコツと計画どおりに終えるタイプでしたか?

ほとんどの人は最後の日にためてしまった宿題を泣きながらやっていたのではないでしょうか?

はい。それは私です。

8月の月間走行距離も200km超えるぞ!なんて偉そうに言っていたな。
トレイルも折り交ぜて200kmだぁ!なんて息巻いていたな。

大変だよ、そんなの。

火曜日、夜に20km走って
水曜日、朝に5km走って、夜は力尽きて
木曜日、朝、先ほど4時から15km走って

あと残り17km…。

もうほとんど泣きながら走ってるような感じだよ。
いや、そんなのこだわらなくていいじゃん、とも思うけど、ねぇ?
初フルの35km過ぎくらいで、この時のがんばりが生きてくるかもしれないじゃん?

なわけで、いまだ難しい残り17km。
あぁ、小学生の頃を思い出す。来年こそは、ちゃんとやろうって毎年思ってたなぁ。

すいません。そんな事情で富士山撃沈レポ、今日はお休みです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

富士御殿場口5合目近辺散策記 その1

8月26日に富士山へ行った。さぶろうさん、アベシルさんと。深夜0時登山開始。
IMG_0035.jpg
IMG_0036.jpg

その前に、富士登山をすることになった経過。いつものことながら富士登山計画が出たのが水曜夜。もちろん企画はさぶろうさん。ほぼ思いつきだと思う。どちらにせよすぐに乗る僕。で、そのまま決定。準備期間3日間。でもそのくらい普段からニュートラルにしておかないとなかなか日程調整して行くのって難しいからね。

僕は25日午前中はsan-anさんのマイコース企画。その日の夜に出発し、深夜0時より登山開始。
すごく無駄のない埋め尽くされた日程だけど、土日はいつもこんな感じだからあまり気にしていなかった。
ハセツネ試走の翌日に高尾に行ったときから、僕の中では何か大事な部品がなくなってしまったような気がする。

マイコース企画を終えて家に帰ってきたのが午後4時。午後8時40分に家を出る予定。
マイコースの写真を送ったり、最後の準備をしたりしたあと午後5時から仮眠。ダメだ、ワクワクして寝らんない(笑)でも目を閉じて横になっているだけで違うだろうと思い、そのままジッとしていた。
結局、眠れることはなく、7時には起きて、ご飯を食べたり、持ち物の確認をしたりしていた。

車で高尾山口駅へ。さぶろうさん、アベシルさんとの待ち合わせ場所がそこだった。
僕やさぶろうさんも急な計画だけど、アベシルさんは今日富士山行きを決めたらしい。しかも仕事終わり。さらにリュックがなくてお子さんに借りてきたとのこと。

こういう人、好き(笑)

そのまま、僕の車で富士山御殿場口へ出発。
車の中でのさぶろうさん、テンションマックスだった。ここまでウキウキしてるの見たことないような。富士山ってやっぱり違うのかな、存在が。

高速道路を順調に走っているのを満足気に眺め、カーナビの到着時刻を逐一確認し、その度にウンウンと頷きながら、順調だねぇ、順調過ぎるのが怖いねぇ、とニコニコしながら言っていた(笑)

僕は昼間、炎天下の中、走ってきたけど、この時点ではとくに疲れは感じていなかった。
なので大丈夫だろうと思っていた。
ただ唯一の不安というか気がかりなことがあった。
こういう無謀な計画を立てて不安に思っている時には、いつもさぶろうさんが「大丈夫、大丈夫」と言ってくれた。
その時には、ホントかな?と思うのだが、さぶろうさんの言うことはいつも正しく、ホントに大丈夫だった。

しかし、今回は一度も大丈夫とは言わなかった。逆に僕は今回はそんなに不安ではなかった。
でもさぶろうさんはいつも正しい。大丈夫と言わないってことは普段より大変だから気を引き締めろってことだと思った。

まぁ、そうは思ってはいたんだけどね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ブログ村マイコースシリーズ~san-anさん 後編~

ちょうど折り返す手前あたりだったと思うけど、san-anさんの後ろに付いて走ってみた。毎回そのマイコースの方の後ろに付いて走ってみたりしている。こういう機会ってあまりないし。
僕がその走り方について技術的な何かを理解できるわけではない。ただ後ろでその走り方を見たいと思うから。

で、san-anさんだけど、ブログを読ませていただいていて、以前から僕はsan-anさんにとても純朴な人のよさを感じていた。
実際にお会いしてお話すると、それに加えて理知的で落ち着いている印象も受ける。
そう、san-anさんのことを熱いとはいうけれど、それはつくばとかのレースレポを読んでそう思うので、普段は純朴で優しい人と思っていた。
まぁ、実際のところはわからないよ。あくまで僕のイメージ。あまりほめてもあれなんで(笑)

それで後ろに付いて走っていると、そういう純朴な優しさを感じた。って意味不明でしょ?そうなんだ。これをうまく説明する自信がないんだ(笑)
走り方は熱いのではなく優しい走り方だった。もちろんゆるいジョグだからというのもあるけれど、後ろで走っていて、こっちも走りやすいと感じる走り方だった。それを優しい走りというのかよくわからないけど、でもたぶんそういうのって人柄が出るんじゃないかと僕は思っている。
歩き方と走り方と人柄についてはいつか他の機会に書ければと思う。

折返し11km。ここで対岸に渡る。
0825038.jpg
対岸を渡ってからうーぱぱさんにスイッチが入る。遥か先まで行き見えない。折り返してからは日差しを背中に浴び、さっきまで感じていた風も感じられず、じりじりと暑くなってきた。
0825041.jpg
やはりランナーの血が騒ぐのか。うーぱぱさんを追いかける2人(?)
0825044.jpg
ちなみにこの折返しから僕以外の3人の足取りが軽くなった。僕は10kmを超えてから徐々につらくなっている。なぜ?と思ってsan-anさんと怪盗さんに聞いてみると、やはり10kmくらいから足取りが軽くなると感じるらしい。
この辺りが走力の違いなんだろう。10kmでやりきった感じになるのと、スイッチが入ってくるのとで。
10km走って軽くなるなんて日が僕にやってくるのだろうか?

これ以降、僕の口数と写真がグッと減った。そんな余裕はない。暑くて暑くて。休憩や歩きを交えながら何とか江戸川コースを終える。

発案者、怪盗紳士。実行者、アレキ。ともに真間川へやって来た!!の図。
0825045.jpg

真間川をしばらく歩いていたがラスト1.5kmで再び走り出す。san-anさんがすごい勢いで走り出し見えなくなってしまう。写真中央の黒い点みたいなのがsan-anさん(笑)
最後に熱い走りも披露していただきました。
0825046.jpg
午前8時55分スタート。距離22km。時間3時間6分37秒。タイムは休憩等すべて含む。

走り終えた後は、ご自宅で涼ませていただき、シャワーも浴びさせていただき、なしとぶどうと麦茶をいただき、ランとブログの話で盛り上がった。
僕が勝手に人のマイコースへ行くということを始めたのに、多くの人にいろいろな気遣いをさせてしまい申し訳なく思うが、それでも来てよかったと毎回思う。

san-anさんの奥様の話が他の方のレポでも出ているけど、僕は、大のおとな、おっさん4人がお互いをHNで呼び合いながら盛り上がっている話を、終始笑顔で温かく見守っているかのように話を聞いている姿が印象に残ってる。

怪盗紳士ってなに?なんなのその名前?なんてことは思ったりしない(笑)

本当にいろいろとお世話になりました。ありがとうございました。

その後はファミレスで遅めのランチ。それにしても毎回思うけど走ることとブログ。この2点のみの話題で話が尽きない。今回もとても楽しかった。

マイコース紹介していただいたsan-anさん、参加していただいた怪盗さん、うーぱぱさん、炎天下の中、お付き合いいただきありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ブログ村マイコースシリーズ~san-anさん 前編~

ブログ村マイコースシリーズ灼熱の8月編。そのラストを飾るのは暑い夏でも熱い走りのsan-anさんです。
それにしても本当に灼熱の中、なんと22kmも走ってきました。

今回参加していただいた方は、ついにこのマイコース企画の発案者、あの怪盗紳士(敬称略)が初参加。
そしてマイコースシリーズ第一弾でお伺いさせていただいたうーぱぱさんも参加していただきました。

恒例のマイコースシリーズ集合写真。
0825002.jpg
今回のマイコースはsan-anさんのブログタイトルでもある『江戸川 真間川ランニング!』ということなんですが、私あまりよくわかっていませんでした。まず真間川があり、それが江戸川に繋がっているという事実を初めて知りました。
行ってみるもんだ、マイコース。

なのでまずは真間川から。
0825003.jpg
江戸川まで約2km。行きは江戸川までのアップ、帰りはダウンジョグに最適とか。それでも走り始めた頃はこの真間川往復4kmがマイコースだったとのこと。
元気にスタート。
0825004.jpg
前にも触れたけど、同じ年齢、同じくらいの持ちタイムのsan-anさんと怪盗紳士。いい友、いいライバル。その2人の走りを間近で観られるなんて。熱い2人の背中。
0825005.jpg
真間川を軽くジョグ。暑いけどまだまだ余裕。いや、ホントに。まだ僕でも余裕。そして一気に視界が開ける江戸川へ。
0825007.jpg
0825012.jpg
0825013.jpg
涼しげな川や、その川辺で少年野球の子どもたちが試合を行っている。のどかといえばのどかな土曜日。

そんな中、淡々と黙々と走る僕たち。
いや、そんなことなかったな。けっこういろいろお話しながら楽しく走っていた。
話に夢中になっていつの間にか歩いていたこともあったような…。柄パンの購入先も確認しておいたし。
0825020.jpg
走る道は広いし、もちろん信号なんてないし、少年野球の子どもらはいるし、こんなに広く感じる川もある。ここはランニングコースとしては最高の場所だね、と思う。いや、当初は思った。
0825026.jpg
そんなときにいきなりこんな動物が!!!
0825028.jpg
すごい、江戸川。ウマがいる。クマはいなくてもウマはいるらしい。思わずsan-anさんとのショット。

河川敷は日陰がない、という事実に思い知らされるのに時間はかからなかった。このいつまで続くんだ?と思う道。河川敷の風景はわりとのどかで楽しいのだが、でもマイコースとなればそれを毎日見るわけで、単調といえば単調。でもそれを楽しいと思えるか単調と思えるかは本人次第なわけで、自分の体調や気分のバロメーターになるのかもしれない。
今日は楽しいと思うよ。僕は楽しかった。みんなで走るからね。
0825029.jpg

ここで怪盗紳士情報。
この人はどんだけくそ暑い中走っていても給水に水とかスポドリとか取らない。いつものように躊躇せずアイスカフェオレを購入していた。この後も、僕はきちんとチェックしてたけどグレープジュースとか炭酸飲料とか飲んでた。
0825036.jpg
後編へ続く~。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

無事に帰ってきました

この記事のタイトル、マイコースシリーズ第三弾に参加された方々に宛ててますね。
あとsan-anさんの奥様にも(笑)

マイコースシリーズお疲れ様でした。いろいろとありがとうございました。
本来であれば昨日のうちにマイコースシリーズの記事をアップしなくてはいけないところでしたが、諸事情により遅れてしまいました。申し訳ありませんでした。

とにかく無事に帰ってきました。今日の夜にはマイコースシリーズの記事をアップしたいと思います。

で、え~と、なぜ遅れたかと申しますとマイコースシリーズ終了後の夜から出発して、そのまま深夜0時より富士登山を敢行いたしました。
で、先ほど15時半ごろ帰宅しました。

それで、富士登山ですが、完全なる撃沈、屈辱のリタイアをいたしました。一緒に登っていただいた、さぶろうさん、アベシルさんには多大なご迷惑をおかけしてしまいました。本当に申し訳ありません。
あっ、お二人はきちんと登頂され、ご来光も拝めたようです。

なので、まぁ、相対的には楽しかったです。
それに、ただのリタイアのはずが、ブログ的には面白いネタも拾ってしまい、転んでもただでは起きないとはこのことです。

この富士登山、このままでは終われません。日程的には来年になるかもしれませんが、リベンジが必要です。
さぶろうさん、アベシルさん、来年必ず一緒に、よろしくお願いいたします(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

明日はブログ村マイコースシリーズ第三弾!!

さて、残暑厳しい8月のラストを飾るブログ村マイコースシリーズ第三弾はsan-anさんです。

san-anさんのほうでいろいろ計画を立てていただいており、すべてはサプライズ?ということで謎に包まれております。
私もsan-anさんの記事で事態を把握しておりますので、皆さんと同じ心境です(笑)

参加表明もとくに必要ないとのことですので、当日、参加されたい方は気ままに参加されればいいようです。
わかっていることは明日の朝8時30分にJR市川駅北口に集合ということです。あとはsan-anさんにおまかせ。付いていけばいいようです(笑)

もし、仮に参加したいということを事前に伝えておきたいという方がいらっしゃれば、私にご連絡ください。
当然、san-anさんには言いません。そして当日何かの都合で遅れたりなんかした時には、私の威信にかけてお待ちするという特典がつきます(笑)

連絡先:aleki21@hotmail.co.jp

謎に包まれているとはいえ、河川敷を走るということは確実に決まっていることだと思います(笑)明日も暑いと思います。参加される方は各自給水に気をつけて一緒に楽しく走りましょう。

なんかマイコース企画、合同練習会みたいになってきた(笑)それはそれで楽しい。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

走り続けることが重要だ

このブログを書き始めたときに書いたかもしれないが、僕が日々走っていて、一番の目標に掲げていることは「走り続けること」だ。
自分のような自堕落な人間が、決して楽ではない走るという行為を一年以上続けることができた。これは自分でも驚くべきことだ。

そしてそれを今後も続けていきたいと思っている。かなり強く。それは僕が走り続けたいと思う明確な理由がいくつかあるからだが、それはここには書かない。

とにかく走り続けたい。まぁ、でも走るのってそんな楽しいわけでもない。だから「走り続ける」という大きな目標のためにいろんなことを考える。

それほど必要でないラングッズを買ってみたり、いろんなレースに出場しようと思ったり、速くなりたいと思ったり、達成感や、充実感を求めてみたり、山へ行ってみたり。
こういった事柄はあくまでも本来の「走り続けること」という目標のための補助的なものだ。もちろん僕にとっては。

それで走り続けることができればいいと思う。でもじゃあ逆に走れなくなるときってどんなときだ?
それは、もう走りたくなくなったとき。環境がそれを許さなくなったとき、仕事がすごく忙しいとかね。あとは故障。

この故障って厄介で、どれだけやれば故障するとかわからない。でも故障して走れなくなると走り続けることができない。
昨年の11月頃から、負荷をかけた練習をした。なんかいろいろ本とか読んで楽しかった。インターバルやらビルドアップやらLTペースやら最大酸素がどうとか。それまではただ5kmを何も考えずに走るだけだった。それでも走り続ければいいんだけど、飽きてくる。

そんな練習を2か月続けてたら太ももの裏が痛くなった。それでやめた。たぶん、まだそんな練習に耐えられる体ではないんだろうと思った。
また以前のように何も考えずに走るようになった。キロ6分でどこまでも走ればいいじゃん、と思うことにした。
その時点で、5月にフルマラソンを走ろうと思っていた計画をあきらめた。

その後、体幹トレーニングとかストレッチとか本を見ながらやってみた。体を作る。まずはそこからなんだと思った。

そのままたらたらと走り続け、春になってからは距離を延ばした。最近では山へ行って長く動き続けることを目標にしている。
負荷をかける練習に比べれば体が痛むことは少ない。とくに山はほとんど痛まない。でもロードだとゆっくりでも20km以上走ると足首とか太もも裏とかが痛くなる。でも、だんだんと頃合いがわかるようになってくる。
これ以上やると痛みが出るとか、こんだけ休むと痛みがひくとか。
そんな感じで自分の体を確認できれば、また負荷をかけることができるかな?秋にはフルも待ってるし。それに体だって出来てきたかもしれないし。

そう思って6月に再度負荷をかける練習をしてみたら、やはり太もも裏が痛むし、左足首も痛んだ。おそらく自分の体重のせいもあるんだろうけど、再度、負荷をかけることをあきらめて距離を延ばすことを選んだ。たぶん距離を延ばすことによってこういう痛みも出ない体になるんじゃないかという思いもあった。距離を延ばすことでも、それなりに痛みは出るけど負荷をかけるほどではないので走り続けながら痛みを取りたいと思った。

負荷をかけて速くなるよりも、負荷をかけずに、故障するかもと思わなくてすむ方を選んだ。それは今も変わらない。
記録の向上や、充実感や達成感を求めて追い込んだ練習の結果、走れなくなってしまう方々がいらっしゃる。その故障の苦しみをブログ等で読ませていただくと、本当につらいだろうなと思う。でもそこを乗り越えて復活する姿はまたそれも感動的だったりする。まったく知らない人なのに嬉しくてウルウルすることもある。

僕だったらそこで走ることを止めてしまうと思う。ヘタれだしゆるいし自堕落だから。だから故障するかも?と思う何段階も前で止めてしまう。根性がないからだけど、それでも僕の最大の目標は走る続けることだから。

だからサブ4を目指すランナーに負荷をかけた練習が不要なのではない。そもそも僕はサブ4を具体的に目指しているランナーではないから、必要か不要かもわからない。
ただ、継続的な負荷をかける練習というものは、今の僕には不要だということだ。


それでもそういった練習法があるということ、実際にそれがどういう練習なのかを見せてもらえたこと、またそれを詳しく解説してくださる方がいるということ、それらのことは僕には必要だった。それは素直にそう思う。

虐められたなんて思ってない(笑)ゼーハーするの嫌いじゃないし。でもやっぱりもっとみんなとおんなじような走力になってからでないとダメかもな。WSを7割じゃなくもっとゆるめで取り入れてみようかな。ゆるめって言葉いいな。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

富士登山の思ひ出

いたるところで富士山のお話を読ませていただくので自然と思いだす。
もうけっこう前、30歳の時に富士登山をしたことがある。それまで登山の経験は一度もない。その後も一度もない。

そもそも富士登山をしたのも登山をしたいと思ったわけではない。その当時の仕事が毎日とても忙しくて、しかもチームで取り組まないといけないような仕事で、さらにそのチームの上司や後輩すべてが飲みに行くのが大好きな人々で、なので仕事を終えると毎日飲みに行っていた。
10時半まで仕事をしても終電まで飲みに行く。チームで飲みに行くわけだから翌日二日酔いでなんて言って休むわけにもいかず。その頃の僕の家庭は崩壊寸前だった。いや、ホントに。

まぁ、飲みに行くのは断ればよかったんだろうけど、それはそれで楽しかった。その日の嫌なことはそこでケリを付けることもできた。

でも、そんな生活が続くうちに、30歳になったということもあったけど、自分の心が汚れているように感じた。
こんなドロドロの生活なんて望んでいなかった。オレはどうしたんだ?きっと清らかな心を失くしてしまったんだ、と思った。

そこで『清らかな心を取り戻す旅』をしようと思った。

夜中から一気に富士山を上り、体内の酸素を使い切り、脳の酸素も使ってしまうと、モルヒネを使用したかのように意識が朦朧とするはず。そのまま登り続け、頂上で朝日を浴び、その朝日に包まれたときに、神の啓示のような何かが僕の体に舞い降りてくるのではないだろうか?

と思っていた。そうすることによって清らかな心を取り戻すことができるだろうと思った。

早速、登山専門店に行って、とにかく必要最低限のものをくれと、もうリュックくらいでいいから、と言うと、そんな態度の僕に店員さんが「あなたは山を舐めてます」と。
散々、山がどれだけ恐ろしいのかこんこんと説教を交えて説明され、結局かなりの買い物をした。合羽が2万くらいしたもの。ゴアテックだかなんだかいって。
それ以来、使ったことないからなくなったかと思ってたらまだあった。
0823002.jpg
5合目まで車で行って夜の10時から登り始めた。毎日飲み歩いてて運動なんかしていない体にはかなりつらかった。
でも歩いていればいつかは辿り着く。ゆっくり自分のペースで歩く。とにかく寒かった覚えがある。歩いていれば寒くはないが休憩するとすぐに寒くなる。
しかも8合目くらいで、ツアーのお客が山小屋からわらわらと出てきてすごい渋滞になる。昼間登って明け方まで山小屋で休んでから登るらしい。すごい人。迷子のおばあちゃんを探すツアーコンダクターや岩を登れず立ち往生するおじいちゃんやらで大変だった。

渋滞で動けなくなると体が急激に冷えて、どんどんつらくなった。立ち止まったまま前の人が進むのを待っている状態が続く。寝ていないし高度もあがるから、頭は痛くなってくるし、意識も朦朧としてくる。寒くてしかたない。途中の斜面で諦めて寝ようとするが、岩が冷たくて寝ていられない。どこにも逃げ場がない。

う~ん、今こうやって思い返してみてもつらかった。それなのにこんなところでマラソンをするっていったいどういうことなんだろう?理解不能だ。

結局、10時に登って7時過ぎに頂上に着いた。頂上手前で朝日を見ることはできた。雲が自分より下にあるから、自分が逆立ちしているように思えた。
登ってみて、登らないと見られないこの景色を見ることができて本当によかったと思った。あまりにつらかったので一度で充分だとも思った。

せっかく苦労して富士登山をしたが、清らかな心が戻ってくることはなかった。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

チーム75kg返り咲き10km走

え~と。すいません。9時ごろ完成予定。通勤電車の中で書きあげます。

最近、巷ではチーム75kgの存在が明らかになっている。

いや、そんな大げさなものではない。一般的なランナーに比べて、明らかに体重が重いだろう?という人たちのことだ。
とくにマラソンという競技においては単純に体重が軽いほうが有利とされているので、マラソンカテにおいて75kgという体重は異端と言わざるを得ない。

しかし、なぜそんなランナーらしくない体重の彼らがランナーとして認知されているのかというと、それは彼らがランナーとして突出した何かを持っているからだ。ただのランナーではない何かを。

ちなみに私も体重75kgだが、突出した何かは持っていない。スピードトレーニングにも付いていけない。一般的なランナーですらない。

しかし、なぜか私もチーム75kgの一員だ。隙あらばTシャツ作ろうかと思ったぐらいだ。ほら、昔のGメン75みたいなロゴで作ったらかっこよくない?

話しがずれた。私がチーム75kgの一員なのは、そのチームの中心的人物である○○○○○○さんとBMI値が全く一緒であるという理由からだ。
ちなみに私とBMI値が一緒ということが○○○○○○さんを落ち込ませるらしいので今回は完全に伏字だ。

そう、このチームの最大の弱点は誰もがこのチームにいることを誇りに思うどころか恥に思うため、結束力が皆無ということだ。

前置き長いな(笑)

そんなわけで体重75kgだったのだが、先月終わりの広島旅行あたりで内臓が疲れていた頃に体重が73.4kgになった。
おお、久しぶりに体重落ちた。よし、このまま落として夢の60kg台へ突入だ。一般的なランナー目指してがんばるぞ!と思った。
今は夏。黙っていても汗をかく。今、痩せなくていつ痩せるのだろう?

この間、ご一緒した新横の雅さんは充分痩せていらっしゃるのに体重管理には気を使っていた。私の体型を見て、まだ汗かきそうな体型だ、と仰っていた。
いや、体型はそうなんですが、実は素晴らしいBMI値なんですよ、と言おうと思ったが黙っていた。

とにかく体重管理も含めて初めてランナーと呼べるのだろう。

それにもかかわらず、この方は山へ行き、過酷なトレーニングをしているのになぜか体重は増えている。

この方なんかはほとんど寝ずに走り回っているのに、体重が増えている。まぁ、75kgないのが救いだ。

ダメだ、管理がなってない(笑)
そう思いながらふと気付く。オレ、内臓疲れてたの治ってから体重計のったことあったっけ?

あれ?

体重計にのってみる。75kgを超えていた。

今朝は5km走ろうと思っていたが、10kmに変更した。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ブログ村マイコースシリーズ~たのくるさん 後編~

さて、後半。

ここから先、当分写真がない。あまりにつらくてそれどころじゃなかった(笑)
先ほどたのくるさんの記事を確認したら、僕は100m走をしたことになっているらしいが、すでに記憶がない。人間って本当に恐ろしい体験は記憶を封印してしまうらしいが、ひょっとしたらそういうことかもしれない。

次はインターバルをやったと思ってた。インターバルが1kmを3回。この時、すでに僕の太もも裏はプルプルしていた。あぁ、そうか100m走ったところで太ももがプルプルになったんだ。記憶が繋がった。

先ほどのWS走は7割の力でダッシュと仰っていた。インターバルを始める前にも僕だけが質問。今度は何割の力ですか?

『出来うる限りの速さで走れ』という回答だった。

もうこのインターバルの途中で力尽きる自分が見えた。それであれば力尽きるその前に、サブ3のスピードを体感しようではないかと思う。
なので、たのくるさんと雅さんに頼みこんで、サブ3ペースで走っていただく。それに僕らは付いていき、付いていけなくなったところでそれぞれの走力でインターバル開始という流れになった。

雅さんを先頭にサブ3ペーススタート!!

うそぉっっ!!!

信じられないスピード。あわよくば500mくらいは喰らいついてやるぜぃ!と思っていたが、実際は150mくらい。あのスピードで42.195km走るなんて、あれがマラソンなら僕のはウォーキングでいいと思う。
150mのサブ3ペース走で力尽きた僕は、その後のインターバル走をキロ7分で走っていた。
しかも途中でbgさんが都合により帰られるため、皆さんにご挨拶してから帰りますと言ってスタート地点まで歩いているのを発見すると、なぜか僕も一緒にスタート地点へ歩き出す。少ない時間でしたがbgさんとお話できてよかったです(笑)

雅さんも僕らを見つけて途中で切り上げ、たのくるさんは僕らに気付かず3本走り、その後をkinさんが付いていく。やはりkinさん慕っている。弟子の素質あり。

bgさんが帰られた後は、ダウンジョグ。コースを変えてたのくるさんに付いていく。ここから写真復活!!
歩道橋を越えていく。
0819022.jpg
歩道橋の上から。国道17号。
0819023.jpg
↓ほら、よりそう2人、師弟愛(笑)こちらのコースはより木々に囲まれて涼しいコースだった。
0819026.jpg
しばらくしてたのくるさんの後ろに付く。そういえば僕の目的の一つ、たのくるさんの走りの秘密を探るというのがあった。「仙人のようだ」とか「宙に浮いている」とかいう噂は本当なのだろうか?
このピントが合っていない写真。実際には何枚も写しているのだが、これが一番まともに写っていた。まともに写ってこのボケっぷり。動きが速過ぎてピントが合わないのだ。しかもこれでも昨日足首を痛めたとかで、本調子ではないのだ。結局動きが速過ぎて宙に浮いているかどうかはわかりませんでした。
0819030.jpg
そんな感じで練習は終わり。一応10kmくらいは走っておきたいと僕が言うので、10kmまで距離を稼いで終了。
練習終了後はたのくるさんお気に入りの極楽湯へ行く。あともう少し練習が続いていたら僕は本当に極楽へ行っていただろう。

たのくるさんの練習メニューに付いていけず、適当に手を抜いていたが、これは言いつけを守らないとダメだろうということでたのくるさん推奨メグミルクは飲んでおいた。
0819032.jpg
ご飯を食べながら、いつものように皆さんと共通の話題で楽しんだ。

今回のスピードメニュー。たぶん今の私には必要ないと思います。スピード練習をするほどの力が自分にはないと思いました。他の方々が軽めのメニューと仰られていますが僕はまったく付いていけなかったし。でも今後も走り続けていれば、いつか必要になるだろうと思える練習でした。そういう意味ではためになる練習内容でした。そして、そんなときに近くでご自分を追い込んでおられる方がいらっしゃるこの場所へ、また気軽に来てみようかなぁ、と思いました。近いしね。

あと最初に「部活か」って書いたけど、本当に部活みたいだった。とても懐かしかった。もちろん今よりは動けたと思うけど、夏の暑さと、夏のつらさと、夏の気持ちよさ、それはあの頃の部活と一緒で、とてもいい時間を過ごすことができた。

一緒に参加された皆様、マイコース案内していただいた、たのくるさん、ありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ブログ村マイコースシリーズ~たのくるさん 前編~

ブログ村マイコースシリーズ第二弾はたのくるさんのマイコース上尾運動公園へ行ってきました。
今回はbgさんkinさん新横の雅さんと3名の方々も参加してくださり、わりと賑やかなマイコース訪問となりました。

3名ともはじめてお会いしたのですが、初対面の印象を簡単に説明すると、bgさん→イケメン、kinさん→でかい、新横の雅さん→物腰ソフトで優しい、でした。簡単な説明で申し訳ありません(笑)

前回うーぱぱさんのマイコース訪問のときに『楽しすぎる』と書いたけど、今回も楽しかったですがそれよりもなによりも思ったことは

『部活か!!』ということでした。

まぁ、まずは証拠写真である集合写真。
0819001.jpg
これさえ撮ってしまえばと思うが、そんなに甘くはない。たのくるさんは気合が入っており、会ったときにはすでにすごい汗をかいていて入念なウォーミングアップを済ませていたようだ。
この集合写真を撮った場所を陣地にしたんだけど、ここが集合場所からちょっと歩いたところにあって、それはここに屋根があるからという理由だったのだが、たのくるさんは早く走りたいらしく、ここへ向かう途中も、歩くのがもったいない、別に陣地はどこでもよかったな、などと呟いていて、もう気合いの入りようが違っていた。

とにかく走ろうということでまずはジョグ。
0819005.jpg
この緑の部分がゴムチップ?になっていてアスファルトよりも全然走りやすい。足に優しい。800mの周回コース。ヤッソ800ができるんだよね、とたのくるさんが仰っていたが、たぶん苦しい練習だろうと思ってそれがなんなのかは尋ねなかったが、丁寧に教えてくれた。
0819006.jpg
ジョグなのに、速い。すでに速すぎる。体感的には5分40秒。僕にとってはジョグではない。しかしもちろん皆さんは私より全然走力が上。しかも気合の入ったたのくるさんがホスト。
ここで相関関係を書いておくと、たのくるさんとkinさんは師匠と弟子。たのくるさんと新横の雅さんは年齢的にもタイム的にもよきライバル。bgさんはイケメン。あっ、いや、とても素直な方で、年上の方を敬うといった当たり前のようで難しいことをきちんとやられる方であった。

つまり、このジョグで僕が他の方に「このペース速くないっすか?速くね?」と言っても皆さん苦笑いをするばかりで涼しい顔で走られていた。弟子であるkinさんもライバルである雅さんも敬うbgさんもたのくるさんが絶対王者なのだ。(←若干大げさ)あぁ、これは完全アウェイの日だなと思う。

ジョグの次は、スキップとバウンディング。スキップ?バウンディング?なにそれ?スキップなんて小学生以来か?これなんなの?という訝しげな視線を3人に送るも素直な3名の方々はすぐにとりかかる。ちなみにたのくるさんはすでに一番先に。
0819010.jpg
↓さすがは弟子。一番うまかった、スキップ(笑)
0819009.jpg

続いて100mWS走3本。これが簡単に言うと全力ダッシュの7割の力で走るということらしい。
ワタクシも走り始めて2年目になります。長距離ランナーを目指しています。しかし今のところ全力ダッシュをしたことがありません。全力ダッシュをしたことがないのに、全力の7割のダッシュってどのくらいなのかわからないんですけど?

そんな僕の訴えは誰の耳にも届かずに鮮やかな夏の空へと消えていった。
ダッシュ連続写真の始まり
0819012.jpg
0819013.jpg
0819014.jpg
0819015.jpg
↑見て、見て。さすが弟子。ダッシュも軽快だ。
一本目を終えて談笑していると、たのくるさんの、休んでは意味がない、との言葉ですぐさま2本目、3本目へ。みんなで順番に走っていくのだが、僕だけですね。どんどん抜かれていったのは。

100mWS走3本を終えて、ヘロヘロでジョグしていると雅さんが優しくフォローしてくれる。
「ダッシュはいい練習ですよ。この練習で1センチでも足を上に上げれるようになったら、その1センチが42.195km続いたら、確実にタイムが上がりますからね」
すごい、すごく説得力のある言葉だ。なるほど。そうか。地味なことでもそれが長い距離積み重なればすごいことになるんだ。

よしがんばるぞぉ、と思ったのだが自然の脅威もまた説得力がある。
0819016.jpg
見て、この暑そうな夏の空。こんなの熱闘甲子園とかの後ろで流れる映像の空だよ?今日何度だったんだろう?恐ろしくて調べなかったよ。

後半へ続く。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

明日はブログ村マイコースシリーズ第二弾!!

明日はブログ村マイコースシリーズ第二弾。たのくるさんのマイコース上尾運動公園へ行ってきます。
詳細事項はたのくるさんの記事にありましたので読んでいただければと思います。

参加者にはbgさんkinさん新横の雅さんがいらっしゃいます。

とても楽しみです。

上尾運動公園は周回コースのようですが、私が普段走っているコースに周回コースはありません。私の住んでいるところにも1200mの周回コースがあって一度だけ行ったことがあるのですが、一度だけでそれ以来行ったことがありません。
なぜなら、飽きるから、と1周終わるたびに心が折れそうになるから、です。

ですから、そんな周回コースをマイコースに設定しているという人に興味もあります。よほど自分を追い込める人間でないと周回コースで日々練習するのは難しいんではないか?と思っています。

周回コースということからか、明日はスピードメニューを中心に行われるようです。たのくるさんのほうで張り切って練習メニューを作成されているようです。
たしかに周回コースでLSDとかって地獄のような気もしますね。だからといってスピードメニューが天国というわけでもありませんけど…。

どちらにせよ、私は速く走れませんから、それなりにこなしてこようと思ってます。他の人より数倍早く限界が訪れる人間ですからね。まぁ、スピード練習メニューってどういうものがあるのか教わってこようと思ってます。

あとは、せっかくサブ3ランナーもいらっしゃるのですからサブ3のスピードを体感してこようかと。
サブ3ってたしかキロ4分15秒とかそのくらい?私はキロ6分…。100mくらいならなんとか付いていけるかな?
みんなで一斉にスタートして、誰がどこまで付いていけたかとかやったら面白そうですね。
最後は2人での争いになるでしょうし。

まぁ、そうやっていろんなこと考えると楽しみです。暑いとは思いますので体の状態を確認しながら、がんばりましょう。
明日はよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

悪い予感のかけらもない15kmランニング。

ちょっとタイトルhideさん風。

最近、夜走るのが嫌で、それなら朝走ろうと早く寝るも、夜更かしは得意だが早起きは苦手なので、結局起きられずに、あ~よく寝たってぐあいになる。

今朝は4時に起きることができた。ちょっと、これから走るの?と思ったががんばって外へ出た。4時37分スタート。
なんか急に15km走りたくなった。いや時間がない。できれば6時前には戻りたい。
いや、だって走りたいんだもの。いいじゃん、15kmで。会社遅刻しちゃえばいいんじゃね?むしろ休んじゃえばいいんじゃね?

キロ6分より速く走れば6時には戻れるのにそんな選択肢は僕にはない。

ごめんなさい。ここでちょっと中断。もう仕事へ行く時間です。所詮はしがないサラリーマン。遅刻する勇気などないのです(笑)
続きは通勤電車の中で書きま~す。

朝4時半はまだ暗い。この間の高尾もそうだった。でもだんだんと明るくなる。このだんだんと明るくなっていく中を走っていくのは気持ちがいい。
朝4時半の空気も気持ちがいい。ひょっとして朝4時頃に世界中の空気を入れ替えているんじゃないかと思えるくらい新鮮だ。
そしてこういうことはいつも、さぶろうさんが教えてくれる。

5時とか4時半とかっていう無茶なスタート時間は家庭を愛するがゆえだけでなく、こういうことに僕らを気付かせてくれるためなんじゃないかと思う。

コンタクトもせず、久しぶりに音楽を聴きながら、暗い中を走り出した。
やはりいつものように足が重い。お尻の下あたりから太もも裏がとくに重い。
まぁ、いいさ。ゆっくり走ろう。

5km地点。橋の上。ここで折り返せば10km。どうする?
ちょうど夜明けだ。太陽が上ってくる。

すすめ。まっすぐ。

そのまま走る。橋を降りると見渡す限り平面で田んぼばかりだ。
そこで、ふとこの間の高尾の1号路で、さぶろうさんに教わった脱力走りをしてみる。
本当は坂を駆け下りるときの走り方なんだけど、やってみたくなった。
全身の力を抜いて走る。手を飛行機の羽みたいに広げたりしながら脱力しながら走る。

だらだら手を広げながら、太陽が少しずつ顔を出すのを感じながら、しんとした空気の中、走り続けるのはなんとも気持ちいい。

そっか、これだぁ。この気持ちよさだ。これがあればタイムとかサブ4とか別に関係ないや。
いや、別にサブ4は狙ってないけど。

おおぉ、楽しいぃ。気持ちいいぞぉ。

力を抜いて手を広げて走るなんて『おかあさんと一緒』に出ている子どものようだか、楽しいものは楽しい。
結果、この脱力走りの区間のタイムが一番早かった。不思議なものだ。

7.5kmで折り返す。今度は太陽に向かって走る。だんだん疲れてはくるが、淡々と走る。

橋の上に差しかかった時、RCサクセションの『スローバラード』が流れた。
橋の上を太陽に向かって走りながらスローバラードを聴いた。いい歌だ。
仕方ないので忌野清志郎のマネをしなが一緒に歌った。

悪い予感のかけらもない♪

よく、こんな歌詞思いつくものだ。
うん。でもいいぞ。悪い予感のかけらもない。すごくいい。

今日の15kmはとても楽しく走ることができた。
走り終えた後は、少し慌ただしかったけど、とてもよかった。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

悪いひとたち

お盆休みはもう終わったのかな。僕は普通に仕事だったけど、昔に比べてお盆の時期に仕事へ行く人が増えたような気がする。
以前はもっと驚くほど電車が空いていたけど、今はもちろん普段よりは空いているけど驚くほどではない。

あっ、今日はランの話ではない。ためになる話でもない。むしろスルーしてもらったほうがいいかも。
でもランの話もしようか。昨日平日朝ラン5kmしてなんかよかったので今日も朝ランしようと思ったら寝坊した(笑)夜にがんばろうっと。以上。

お盆休みってそもそも夏休み?本人のための休み?
提灯ぶら下げて、道に迷わないようにってしといて、家に家人が誰もいないってどういうことだろう。それって悪いひとたちだな。
いや、元々悪いひとだよ、僕は。

生きいくのに必死になれば、余裕もないだろうな、そんでギスギスして悪いひとになっていくのだろうか?
いや、そうではなくて元々悪いひとなのにうまくごまかしていて、それがさらけ出されるだけだろうか?

まぁ、どっちでもいいさ。かわいそうだよな。帰ってきても悪いひとは家にいないのさ。

リトルボーイを落っことした人は悪いひとなんだろうか?
昔、テレビで見たよ。もうすっかりおじいちゃんになったその人は、陽の当たるリビングでソファに座りながら、キノコ雲の写真を飾ってやがったよ。あれは完ぺきな作戦だったなどと言ってたよ。
でも、本国じゃ英雄さ。いいひとだよ、きっと。

その本国を作るにあたって、たくさんのインディアンを迫害したひとたちは悪いひとたちなんだろうか?
肥沃な土地から追い出し、枯れた土地に追いやった。金が取れる土地だとわかるとさらにそこを追い出した。

何を話し始めたんだ?僕は。なんか今日は21歳の気分。もちろん悪いひと。あおい、あおい。

これを書いている間、ずっとヒグラシが鳴いている。朝も夕方もヒグラシは鳴いている。
僕はヒグラシが好きだ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

今から朝ラン

最近、自分のブログタイトルが、マイコース、マイコースばかりなので、今日は違うタイトルにしようと。
でも、そうだよね。第2弾ももうすぐだし。終わったの書いて、次の書いてってやると、マイコースばかりになるね。

まぁ、第2弾はたのくるさんのところへ行きます。

私が思っていた以上に、反響があるようで、たのくるさんのマイコースには、bgさんkinさん新横の雅さんが参加を表明されています。

なんか楽しくなってきた。それにしても毎回私がいろんなところへ行くということなんですが、今回は近くなのでわりと楽。むしろ参加表明された方々のほうが、どこから来るんですか?という状況。企画でもないし、煽られたわけでもないのに(笑)
楽しいですね。みんな走るの好きなんだなぁ、と思う。頭が下がる思いです。

今回、場所が近い変わりに、たのくるスペシャルメニューの練習内容を作成されていただいたようなので、ゼーハーゼーヒーしてみようかと思います。最近速く走ったことないし。いや、速く走れないし(笑)
また詳細決まりましたら記事にします。

参加したいと思う方、マイコース来て、と思う方。連絡いただければ検討します。

aleki21@hotmail.co.jp

あっ、やべっ。今日はタイトルどおり朝ランしようと思ってたんだ。行ってきま~す。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ブログ村マイコースシリーズ~うーぱぱさん 後編~

うーぱぱさんのマイコースはとても走りやすい。
ちなみに僕のマイコースでは歩道を走っているため、だんだん段差がストレスになる(ぷぷっ、だんだんだんさ?)
それに人もまったくいないが、ここではたくさんの人が走ったり散歩したりしていてなんかいい。道が広いからそれだけ多くの人がいても気にならない。
812029.jpg
折り返してからも疲れを感じさせない疾走感漂う2人。それにひきかえ僕はこの写真を撮るためにダッシュしたところで足が終わった…。

疲労困憊で水をかぶる図。
PAP_0003.jpg
僕はいつも人の走り方を見るのが好きだ。人それぞれで同じフォームの人はいない。
うーぱぱさんはランナー体型で痩せておられるが筋肉はしっかりとついていて、だからなのか走り方も力強い。
腕の振りも足の運びも力強く走る。今回は僕と一緒に走るということでかなりゆっくりと走られていたが、本気で走るとその力強さがよくわかるような気がする。

そして今回はじめましての、よんたろうさん。僕はすっかり、よんさんの魅力に取りつかれてしまった(笑)
これはもう説明が難しい、魅力的な何かをお持ちの方である、としかいいようがない。
そして驚くのはよんさんの走りである。よんさんは泣く子も黙るサブ3ランナーだ。サブ3っていうのはフルマラソンで3時間切ってしまうことね。これって並大抵の難しさではない。並大抵でないってどんな難しさ?と訊かれても僕にわかるわけがない。だってフルマラソン走ったことないし(笑)とにかく難しいとしか言いようがない。

そのよんさん(すいません、勝手によんさんと呼んでしまって)走っていても足音一つ立てない。呼吸音などまったく聴こえない。いつの間にか前や後ろを縦横無尽に走り回っている。
挙句の果てには道ではない場所まで走り出す。
812034.jpg
それはもはや走っているのではなく、瞬間移動しているといってもいいくらいだ。へ?いつの間にこんなところに?と驚きの連続だった。

まぁ、そんな感じで、ホントは10km過ぎたあたりで僕はもう苦しくて仕方なかったが、そういうのも皆さんと一緒に走ることで何とかなってしまう。

ゴールまであと1kmくらいだとうーぱぱさんが言ったとき、うーぱぱさんは嬉しそうにダッシュして坂道を駆け上がり、僕らにもダッシュするよう要求する。
もう無理だってば。よんさんは瞬間移動中。
PAP_0000.jpg
この坂を超えるとさらに長い坂が待っており、そこも嬉しそうに力強く、うーぱぱさんは駆け上がっていった。僕は坂に気付かないふりをしていた。
812036.jpg
はるか前方に、うーぱぱさんは写っているが見えない。
ちなみにうーぱぱさんは、この2つの坂を止まらずにダッシュできれば、今日はいい練習ができたと思うそうだ。
止まったり、歩いたりしてしまったときは、今日は練習ですらない、ただ走っただけ、と思うそうだ。
ブログ村ってこういう思考回路の人が多いような気がする(笑)

ちなみに僕は10kmを60分切って走った日には、いいペースで走れていい練習だったと思う。
10kmを70分かかってしまった日には、今日は長く動くいい練習ができたと思う。
こういうのが後々になって響いてくるんだろうな。

そんな感じで15.40km走った。トータルタイム1:49:29。平均ペース7:07。
タイムは休憩やコース説明や写真撮影や水かぶりなどの時間もすべてひっくるめたタイムになる。

その後は、うーぱぱさんのお心遣いにより、シャワーを浴びさせていただき、コーラや梨をごちそうになり、ファミレスのバイキングで朝食を食べた。
3人ともごく普通の食欲の持ち主だったのでとくに書くべきことはない。
朝食を食べながら、走ること、ブログのことなどのお話をした。興味のあることが同じことなので話が尽きなかった。

これって、本当に楽しいよ。流行るかもね。マイコース訪問。ブログ村のいろんな方々が、いろんな方々のマイコースを訪問したら面白いかもね。

とりあえず、僕のブログ村マイコースシリーズ第一弾は終わった。何度も言うが想像以上に楽しかったので、今後が楽しみだ。

うーぱぱさん、よんたろうさん、ありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ブログ村マイコースシリーズ~うーぱぱさん 前編~

行ってきました。ブログ村マイコースシリーズ第一弾。うーぱぱさんの柏へ。
結論というか感想から言うと 『楽しすぎる』 この一言につきる。

怪盗紳士の思いつきは素晴らしかったということですね。
自分が感じた楽しすぎる気持ちを文章で記事にできる自信がないので、うまく伝わらないかもしれませんが、でも、書いてみます。

集合はAM5:30。少し早めの5:15頃到着。うーぱぱさんを待っていると自転車に乗ったよんたろうさんがやってくる。初対面なのになぜかお互いすぐにわかった。
今日はよんたろうさんも一緒に参加していただきました。
とりあえず写真。
812001.jpg
もう、この写真さえ撮れば走らずに帰ってもいいんじゃないかと思った。
まぁ、そんなわけにもいかない。なぜなら、彼等はランナーだから。早速走り出す。5:22スタート。

うーぱぱさんのマイコースは、ジョグ用に近所をぐるりと2kmの周回コース、その後は、大堀川沿いから手賀沼へと抜けるコースということだ。
2人とも軽快だ。
812002.jpg

うーぱぱさん飛ばし過ぎ。ピント合いませんから(笑)
812007.jpg

ここが大堀川沿いの遊歩道。基本的に道はフラットで信号もなく、水辺の道なので普通の道路より涼しい。ストレスのないコース。
812008.jpg
08120001.jpg
これは常磐線の線路の下だったかな?
812013.jpg

そして、本日のメインと言っても過言ではない手賀沼コースへと。
この手賀沼はバイク用と歩行者用で道が分かれており、それでもそれぞれの道は広くて走りやすい。ここまでで6kmくらいかな。あとはこの手賀沼コースでその日の体調や気分で距離を調整するそうだ。手賀沼1周して帰ったら全部で35㎞くらいになってしまうと思う。

とにかく自宅近くからここまで、走りやすい道ばかり。まぁ、毎日のように走るコースなわけなので自然とそういう道を選びつつ、現在のコースへと変化していったのだと思う。
またこのような気持ちのいいコースも電灯はなさそうだったので、朝ランしかしないと仰るうーぱぱさんにはうってつけのコースということになる。
812016.jpg
ね?ずっと気持ちがよさそうなコースでしょ?
812021.jpg

大きな沼が見えてきたあたり。この辺で白鳥をよく見かけるとのことで、じゃぁ、それを見て折返しましょうと話していた。
812023.jpg
でもそんな都合よく白鳥なんているのかねぇ?とも思っていた。すると沼には何羽かの白鳥がたしかに浮いている。写真を撮ろうと思ってもちょっと距離があるのでうまく写せない。
するとそれに気付いたかのように白鳥は岸にあがり、ひょこひょこと歩きだす。あれ?こっちに来るよ。
待っていると上がってきた。どうやら白鳥にも歓迎されたようだよ。たぶん。きっと。
ここで折返し。来た道を戻る。
812028.jpg
う~ん。マイコースシリーズ。基本は一話完結でと思ってましたが、ごめんなさい。後半へつづく。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

本日はブログ村マイコースシリーズ第一弾!!

そんなわけで、本日はブログ村マイコースシリーズ第一弾うーぱぱさんのところへお邪魔しに行きます。
いったいどんなふうになるのか、今からドキドキします。

うーぱぱさんと同じく柏で日々練習されているよんたろうさんも参加される予定です。
初めてお会いするので、これもまた楽しみです。

昨日、高尾に行って、昼間寝ようと思ったけど、そんなに眠れなくて、なので夜10時には眠くて寝たのですが、1時に起きてしまいました。

楽しみだぁ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

高尾から陣馬往復~サブ4じゃ甘い説は本当だった!

今日はさぶろうさんと高尾~陣馬往復、約26kmくらい?を走ってきた。

最近、さぶろうさんはとても忙しく、天子山地へ行ったり、クマ準2級の資格を取得されたり(嘘)しているのに、無理を言ってお付き合いしていただいた。いつもありがとうございます。

スタートAM4:30。なので2時過ぎに起きて、3時に家を出た。最近そういうのとくに何とも思わなくなってきた。
DSCF3008.jpg

まだ4時30分は暗かったので、スタートする前に今回新たに購入したハイドレパックの装着の仕方をさぶろうさんに教えてもらったりしていた。

全然関係ないけど、ハイドレの水を飲むときにちょっと首を傾げてチューブを咥えて飲みますよね?
あの姿を見るたびに、水を飲んでいるのではなく、誰かに指令を出しているように見えていた。電人ザボーガーっぽくね?と思っていた。

なので僕も電人ザボーガーグッズ欲しい!!って思ってたのでついに購入した。あっ、それ以前に買った指先が出る手袋もそういうヒーローもんの主人公とかしてるし、そう考えるとトレランって子どもの頃にやっていたヒーローもんごっこの延長?と思わなくもない。違うのか?

この高尾山口駅から高尾山までのTTがあるんですよ。とさぶろうさんに教わり、試しに僕もやってみる。なので僕が先頭。ちなみに青い人とか富士の人とかは30分切る感じで走るらしい。
僕は3分で歩いた。走る場所じゃない。結局47分くらい?かかった。

トレイルランニングっていうわりには、僕はきっちり歩いている。もう上りは諦めている。諦めたうえで最近はいかに速く歩けるか?というのが課題だ。ってもうランニングになってない。

高尾山っていうのは比較対象がハセツネコースしか知らないけど、走りやすいコースだ。なのでここから軽快に走っていきたいところだが、まぁ、歩く、歩く。またそれが楽しい。
今回のトレイルは『楽しい』がすべてだった。走ることも、いや歩くことも、それ以外のことも。さぶろうさんと一緒だとホント楽しい。これマンスリー企画でお願いしますと言っておいた。

まぁ、歩いて、走って、話して、歩いて~の繰り返し。
さぶろうさんからは以前より強くなっていると言われたが自分ではよくわからない。それどころか今回は初めて僕が先を走ったけれど、後ろで見えないはずのさぶろうさんの強さを感じた。

僕のペースに合わせなくてはならないから、それよりもさらにわざと遅れて、その後一気に駆け上がったり、僕が歩いている場所でも、もも上げしながら走ったり(←若干脚色)と、遅いペースの中でも自己鍛錬にいそしんでおられた。

やっぱり、サブ4じゃ甘い説は本当だった。やれるよ、この人もっと先までやれるよ、ということをヒシヒシと感じた。

そんな感じで僕はゆるく、さぶろうさんは厳しく折返しまで到着
0811001.jpg

ずっと歩いてばかりいたのに、足がちゃんと終わるのが悲しい。20kmを過ぎると走れる場所でも走れなくなった。う~ん、やっぱりまだまだ。この終わった感じが出ないうちに走り終えることができればいいんだけど。
さぶろうさんは全然余裕。多分、今後はハセツネの練習と同時にサブ3.5の練習も行うのだろう。

結局6時間かかった。最後の1号路を駆け下りたのが楽しかった。

走り終えた写真。
0811002.jpg
朝、4時半スタートだとこの時点でまだ午前中(笑)午前中までに帰るのが今日の我々の最重要課題。

最近、なぜか日程調整が難しいので、今後は僕のスケジュール管理もさぶろうさんにお任せして、また一緒に山へ行きたい。なんたって山はいいんだろうから(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

年内の参加レース

昨日の記事でちばアクアラインマラソンに参加することになったことを書いたけど、年内に参加するレースをまとめてみた。

10月7日 流山ロードレース(10km)
シーズン初レースは勢いのみでエントリーした大会。とくに10km走に興味もこだわりもなく、ただ単に一緒に参加される方々と楽しい思いをしたいというそれのみでの参加。アフターの中華料理屋さんがお楽しみ。
それだけ。って、それじゃ、あまりにもあれなんで10kmは昨年初めて出たレース以来なのでその初めて出た10kmが自己ベスト。なので、それを更新すること。おぉぉ、それってPB更新ってやつだ。プロテイン・ボムだ!!

10月21日 ちばアクアラインマラソン
昨日の記事で軽く触れたように、なぜかこちらが私の記念すべき初フルマラソンになりました。
う~ん。なんかこう気分が盛り上がらない。でも、高速道路の上を、海の上を走るからね。そんなこと普段はできないからね。カメラは持っていかないとな。タイムどころじゃないな、これ。きれいな写真をたくさん撮って記事にしたいな。あれ?何しに行くんだろう?いや、フルマラソンとはどういうものか?を感じてくる大会。

10月28日 手賀沼エコマラソン
アクアラインの翌週ですよ。初フルの翌週のハーフ。まいったな。まぁ、でも手賀沼はいいコースらしいので、それをじっくり見ながら走りますよ。ここもタイムどころじゃないな、きっと。って何しに大会出てるんだろう。

11月3日 味の素スタジアム42 .195kmリレーマラソン
これ、いまだに何をするのかよくわからない。何人かでフルマラソンの距離を走るらしい。アクアライン、手賀沼、と続いて3週連続。なにやってんだろう。いや、でもこれもきっと楽しいはず。それに僕は0.195kmだけ走ればいいんじゃないかな、たぶん。他の走りのプロの方々が走ってくれると思う。そう考えると楽しいような気がする。皆さんの走りを眺めつつ応援する大会だな。きっと。

11月25日 つくばマラソン
本命の大会。うまくいえないけどとても楽しみ。今、がんばっているのもこれに出るため。当初の目標では背中を追えるまで追う、と思ってたけど、どうも覚醒なされたようだ。まぁ、おかしいと思ってたんだ。僕も。それでも楽しみだ。ここへ向かって走り、そしてこの先へ向けて。

12月2日 川口マラソン
これは出るかどうか考え中。昨年初めて出た10km。最近の記事で書いたTシャツが欲しい大会。

12月23日 足立フレンドリーマラソン
走り納め。う~ん。1年って早いね。ここまで無事にたどり着ければいいな。そういえばコースが全部河川敷のコースって出たことない。これが初めて。風とか強いと心折れるだろうなぁ。でもいいの今年最後だから。風に吹かれて、いろんなもの振り返れば。

とまぁ、こんな感じです。うまくすべての大会に楽しく参加できれば、それでいいと思います。
さて、現在、深夜2時22分。起きてたんではありません。起きたんです。なぜならこれから出かけるから。
それでは、また。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

勇気を出して初めての告白

はい。タイトルのとおり、勇気を出して初めての告白をしたっていうお話です。

あれは5月頃でしたか。僕が生まれて初めて告白をしたのは。
相手は、少しはにかみながら、考えさせてくれと、そう言いましたよ。

もう待っている間は、気が気ではなくて、ドキドキしっぱなし。
しかも、なんとなく相手からは良い返事がもらえそうな雰囲気がすごく漂っていて、だから返事をもらえるのがすごく楽しみでしたね。

しかし、まさかな、まさかの、断りの返事。もう、びっくりしましたよ。

もう捻くれて、やけになって 「へん!別にオラだって、そんなに好きってわけでもなかったのさ、なんだってんだ!べつにかまわねーよ、へん!」 とか言いながらやけ酒飲んでふて寝したものです。

まぁ、僕だってもういい大人。そんなことは忘れ、また新たな出会いを求めて、前向きに生きていかなければならない。そんなふうに思えるって、ホントに素晴らしい。
それにそんな相手を忘れるためにも、早く2回目の告白をしてしまったほうがいいとも思える。とはいえ、そんな大事な告白をそんなホイホイできたら苦労はしないけどね。

とにかく、断られた過去のことなど忘れ、新たな出会いに向け日々邁進していたところで、まさかの、まさかの、やっぱり、あなたのことが忘れられない、とそんな言葉をかけられる。

いや、今更何を言ってるんだ。もうオラはそんなことは忘れて新しい自分に生まれ変わったんだ。もう遅い、遅いよ、なんであの時に言ってくれなかったんだよ!!

そうは言ったものの、やはり僕が勇気を持って初めて告白をした相手。一度は気持ちの整理をしたものの、そんな言葉をかけられると気持ちが揺らぐ。
そんな揺れる想いを持ち続けながら、数日間、悩みに悩んだ。

やはり、僕もあなたのことが忘れられないようだ。
一度は吹っ切れたし、告白をした当初のような熱い気持ちも残っていない。まぁ、せっかく相手がそう言ってくれるなら、いいか。せっかくの初めての相手でもあることだし、などとおざなりな気持ちであることも否めない。

そう。もうすでにどうでもいい感じも漂っているが、それでもやっぱり勇気を出して初めての告白をした相手なのだ。

そんなわけで、よろしくお願いします、と答えた。

そして、そんなわけで、僕の初のフルマラソンはつくばではなく、ちばアクアラインマラソンになった。
二次抽選とかいうのがあって合格してしまったのだ。
あまり人気ないみたいですね。噂のようにホントに第1回で終わってしまうのかも…。それはそれで貴重な参加になるのか。
ま、そんなことはどうでもいい。初フルが1ヶ月早くなってしまった。がんばらなくては。とりあえず今から朝ランなるものをやってこようかと思ってます。たぶん。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ねむすぎる

いやぁ、眠い。なんでだ?

僕はいつもだいたい9時ごろに家に帰ってそれからご飯を食べて少し休んでから走りに行くんだけど、昨日も一昨日もその少し休んでいるうちに眠ってしまった。

まぁ、日曜も月曜も3時に寝たから、一昨日は眠くなってもおかしくはない。でも一昨日7時間は寝たであろうはずなのに、昨日も眠くて仕方ない。
3時に寝ていたって仕事中眠くなることはなかったのに昨日は仕事中も眠くて仕方なかった。

う~ん、いったいなんだ?僕だけもう秋?それとも春?

あまり寝なくても平気なのってわりと便利なんだけど、このまま1日6時間以上寝ないとダメ、とかになってしまうとその睡眠時間の間にできていたことができなくなるわけで、そう考えるとちょっとゾッとする。

今日は5時になっても起きる気にならず、6時まで寝ていた。8時間は寝たであろう。
睡眠欲のリミッターがはずれてしまったようだ。当然2日間のランオフ。

こんなに眠くなるのに心当たりがあるようなないような何とも不思議な気分だ。
それにしても、寝ないでいろんなことやってます、となれば寝た方がいいよ、と同情もしてもらえるだろうけど、ちゃんと寝ることができて困ってます、って言っても、いや、いいんじゃないの、それ。ってことになるよね。

そっか。いいのか。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

汗とTシャツと私

暑いなか走っていると汗でビショビショになる。
ランニング用のシャツを着ていても、発汗量に追いつかないらしく、Tシャツが胸やらお腹やら背中やらにぺったりと貼りつく。
このぺったりと貼りついている状態がすごく嫌だ。でも夏だから仕方ないよね。

元々、ランニング用のシャツって普段は着ない。ランニング用というかポリエステル素材のシャツ?綿Tシャツしか着ない。
なので走るようになってからそういうTシャツを買うようになった。けっこう値段が高いので安いのしか買わない。値段の違いがよくわからないし。

だから、この間、わざわざ尾根緑道に行ったときも、1000円のミズノのTシャツだった。短パンはユニクロで1000円。帽子はスポーツデポオリジナルで1000円。バンテリンサポーター1480円×2。とにかく安めで。

トレイルへ初めて行ったときにはモンベルへ行ってウェアを買った。山へ行くのだから山用のほうがいいかと思って。
4000円くらいした。買う時ちょっと躊躇したもの。でもこのウェアがどんなに汗をかいてもぺったりとならない。
やはり値段の違いはこういうところに表れるのかぁ。

そのウェアを着てから、普段のランニングで汗だらだらかいてTシャツがぺったりと貼りつくのが余計気になるようになった。まぁ、気になっても仕方ないけど。

広島に行ったときにも走ったんだけど、その時に着ていたTシャツは走り出して初めて出たレースでもらったものだった。
ちなみに、よく参加賞のTシャツがたくさん溜まってジャマだ、みたいなことを聞くけれど、僕は走り出してから、10kmのレースを1回、ハーフのレースを4回出たけれど、参加賞でTシャツがもらえたのは1回だけだった。
でも、まぁ、そんな欲しくてたまらないというほどでもないけれど。

それで、そのときは何の気なしに広島へその参加賞のTシャツを持っていき、初めてそのTシャツを着たわけだけど、これがなかなかいい。もちろん汗でぺったりとなるけれど、その後の乾きが今まで僕が着ていたTシャツより断然早い。
考えてみれば自分で選んでいない唯一のTシャツじゃないか。これってすごくいいやつなのかな?

デサントというメーカーのTシャツだった。ネットでこのデサントのTシャツを探してみるもそんなに多くは出回っていないようで、なかなかよさそうなのがない。

仕方がないので今年もそのTシャツがもらえるレースに出ようと思った。つくばの翌週というのが気になると言えば気になるが…。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ブログ村マイコースシリーズ~灼熱の8月編~

今日は10km走ろうと思ったが様子見で5kmにした。土曜日にグリグリゴリゴリいつもより強烈にやられたからだ。
土曜日に整体へ行った。行く前から体の調子が悪いのはわかっていた。
整体の先生(僕の友だち)曰く 『オーバーワークだ!』

すごいよ、トップアスリートみたいだよ。月間200km走ったら体にガタがきたよ。まぁ、小学4年生で40肩だって言われるくらいだからね。いい筋肉ではないんだよね。
で、「なに、なに、どうすりゃ治るの?」と一応、聞く。

「走るのやめれば治るよ。でもなぁ、走って得られるものもあるんだろ?う~ん、まぁ、今までどおり続ければ?現状維持くらいなら何とかするからさぁ」

わかってるよ。彼はわかってるよ。さすがに僕の体を20年以上触っているだけのことはある。

さて、僕が得られるもの。達成感でも充実感でもいいけど、そんなことよりもっと重要なものが得られるんですよね。
それを求めに行きましょう。灼熱の8月編。ブログ村マイコースシリーズ8月の日程が決まりました!!!

8月12日(日) うーぱぱさん。
うーぱぱさんは『うーぱぱの週末ランニングin柏』というブログをやられています。まぁ、皆さん知っていらっしゃるとは思いますけど一応、紹介ということで。
in柏ってくらいですから、当然マイコースは柏のどこかになります。今のところスタートはAM5:30の予定。ホントは5時がいいらしいのを無理言って5時30分にしてもらいました。(うーぱぱさんのブログすぐに見てみてね(笑))

私がこんな無謀な企画を実行に移そうとしたところ、温かなコメントを頂き、マイコースへぜひ来てね、と仰っていただきました。
うーぱぱさんは普段の練習内容を書かれることが多いのですが、いつも自分を追い込んだ練習をされていて、以前私はその15kmビルドアップ走の記事を読んだだけで苦しくなったことがあります(笑)

8月19日(日) たのくるさん。
たのくるさんは『週3日の練習でサブ3を目指す練習日誌』というブログをやられています。まぁ、皆さん知って~(以下略)
たのくるさんのマイコースは今回のシリーズで私の家から最も近い場所にあると思われます。ですので私としては遠方続きの訪問だと疲れてしまうので、遠方と遠方の間に挟めるなぁとか、たのくるさんには大変失礼ですが、まるでローテーションの谷間的な位置付けにしていたのですが、ってホントに失礼だ。ごめんなさい。

しかし、たのくるさんもとても楽しみにしていただいているようなのと、たのくるさん曰く、マイコースは2箇所あるとのことなので、まずは1箇所、早く行こうということで決めました。いや、もう1箇所行くかどうかは考え中ですけど(笑)
近くていいんですけど、なんか練習が厳しそう(笑)時間はまだ未定。朝やることは決まってます。場所は上尾運動公園ですね。

8月25日(土) san-anさん
今回のこの企画を持ち込まれた怪盗紳士(敬称略)。その怪盗紳士が指名したsan-anさん。『江戸川 真間川ランニング!』というブログをやられています。まぁ、皆さん~(以下略)
当初、一発目にsan-anさんと思っていたのですが、いろいろ日程調整をするうちに3番目になりました。しかし、先ほどの怪盗紳士。このお二人は年齢は一緒。持ちタイムもほぼ一緒で、よきライバルであり、よき友である。
らしいのです(笑)

そんなわけで怪盗紳士が皆さんのマイコースに興味があると言って始まったこの企画ですが、たぶん彼はsan-anさんのマイコースに興味を持ってこの企画を思いついたのでは?と邪推しています。
もちろん私もsan-anさんの熱い走りを、しかもご本人のマイコースで見られるというのが今から楽しみです。いや、ホントに熱い走りをされたら私付いて行けないから困りますよ(笑)そういうていでお願いします。
時間は午前中。場所は江戸川 真間川ってことでいいと思います。すいません。まだあまり詳しく聞いてないです(笑)

そんな感じで灼熱の8月編は始めたいと思います。9月はまだ考えていませんが、今回みたいに2~3名の方のところへ行けたらいいなと思います。

今回のマイコース。近くだから一緒に走ってみたいとか、近くないけど同行したいとか、そういうのありましたらご連絡ください。それ以外に、自分のマイコースにも来て!とかでも大丈夫です。くどいですが検討はします(笑)
あと、私が訪問する方々のお知り合いとかで直接ご本人さんと連絡を取って当日参加されてもいっこうに問題ありません。

連絡メール aleki21@hotmail.co.jp

怪盗紳士が思いつき、即座にさぶろうさんが煽って(笑)、それに乗った私。
でも、こうやって、マイコース来てもいいよ、って言ってくださる方々がいなければ絶対に成立しないこの企画。
こうやって物事が進めば進むほど、そう言ってくださる方々への感謝の念が増えるばかりです。
ありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

おろしたてのシューズ

昨日の撃沈20km走。新しいシューズで走った。今まで履いていたシューズのアウトソールが削れていたのと、1000kmを超えてしまったので新しいのにした。
これね。アシックスのニューヨークGT2160ってやつね。サブ4までのランナーはこれで充分!!!みたいな売り文句のやつね。
0804003.jpg

で、ちなみに今まで履いていたやつね。これね。アシックスのニューヨークGT2160ってやつね~以下同文。
0805001.jpg

で、さらに前に履いていたやつね。これね。アシック~以下同文。
0805009.jpg

って、どんだけ2160なんだよ?って話ね。そうそう。今日の話はこれね。

走り出してすぐに膝が痛くなった話は以前にしたけど、その時にちゃんといい靴履かなくちゃダメだよ、的なアドバイスをネットとかで見かけて、さらにどんな靴がいいのか?というのを調べていると、まぁ、この靴に辿り着く。

でも、走り出した当初はランニングってお金かからなくていいなぁ、なんて思ってたのに、これがたしか1万円くらいしたんですね。1万円?ってすごくびっくりした。それまでは3000円くらいの靴だったからね。

でも、まぁ、膝が痛くては仕方ないってことでGT2160を購入したわけです。それでその後、新しいモデルGT2170が発売されると、このGT2160は6500円くらいに値段が下がっていたわけで、しかし、そのくらいの値段で売っていると瞬く間に売り切れになるわけで、なので安くて自分のサイズがあるうちに買いだめをしたわけです。
毎年モデルチェンジしているみたいだから、旧型になってもそんな変わりはないだろうしね。

その時には、いい買い物をしたなぁ、僕がサブ4達成するなんて当分ないし、いやもしかしたら一生ないし、だったらこのGT2160でいいじゃないかと思ってた。
しかし、今になってみると、もちろんこの靴でいいんだけど、要所、要所で靴を選び、購入するということは走り続けるうえで重要なモチベーションアップの機会だということに気付く。

それで、この間、尾根緑道に行ったときに皆さんがアディダスのシューズについて話してたのを聞いていて、そういえばアディダスってシュッとしててかっこいいなぁ、トレランの靴はアディダスだし、膝が痛くなったときに普段履き用に買った靴もアディダスだし、う~ん、フルマラソン用にアディダスの靴、買っちゃおうかなぁ、いやGT2160あるけどさ、あるけどね、と思った。

早速、スポーツデポに行って試し履きをしてみた。店員さんにアディダスのボストンとCS7を出してもらって履く。
でも僕の足幅が広いのか合わない。店員さんはワイドもありますよ~なんて言って持ってきてくれたけど、シュッとしてるのがかっこいいのにワイドはなぁ、なんて思ってたら今度はワイドだとでかくて合わない。

う~ん、なんて思っていると店員さんはあっさりとアディダスはお客様に合わないようですね、などと言う。
へ?なに?アディダスってお客様拒否するんですか?買う前から人を選ぶんですか?などと思いながらもしっくりこないのは事実だから仕方がない。

でもなんか悔しいのでアシックスのDSトレーナー17を履いてみる。やはりアディダスよりしっくりくる。
ははは。アディダスには認めてすらもらえないんだ。シュッとする仲間に入れてもらえないんだ、と思いつつDSトレーナーでもいいかと思ってくる。

しかしそのDSトレーナーを履いた僕の足を店員さんは何度も触りながら、まだ合っていないようですね~と言い、おもむろにアシックスニューヨークGT2170を持ってきて、お客様にはこれが一番合うと思いますよ、と言い放つ。

いやいやいや、これじゃ振り出しに戻るみたいになってるから。全然モチベーションアップじゃないから、と思いながら一応、履いてみると今までで一番しっくりときた。

店員さんはとても親切に対応してくれたんだと思う。しかし、僕には靴なんか選んでいる暇があったらもっと走り込んだほうがいいですよ、と言われてるかのように聴こえた。
そうですね。モチベーションとかどうでもいいですね。走りますよ、ぼかぁ、走りますよ。ええ。と思い、お礼だけ言って、とぼとぼと帰ってきた。

シュッとした靴。無理らしい。でもホントのこと言うとGT2160。あと2足あるんですよね。まぁ、たしかに靴なんか選びに行ってる場合じゃないですね…。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

撃沈の20km走

内臓が疲れてて走るの休んでたらよくなってきて、だけど今日は走る予定ではなかった。病院と整体がある日だ。
朝から、体のある一部分を診てもらうために病院へ行った。その病院は予約制なので9時に行った。

したっけ、予約は来週になってますけど?と言われてあっさり帰ってきた。車で30分かかるのに…。
暑さで頭もやられてるらしい。この間も職場で午後2時半ごろ、隣の人に「あれ?昼休みってまだだよね?」と言ってとても冷たい目をされた。

とにかく家に帰ってきた。整体は夕方なので不意に時間が空いた。走るか?この炎天下の中?

でも、前から不思議に思ってた。僕は高校生の頃、サッカー部だった。サッカー部だから炎天下だろうがなんだろうが外で走りまわっていた。
その当時は熱中症なんて言葉はなかった。練習中に水分を摂るなどもってのほかだった。なのに倒れている人なんてほとんどいなかった。

だからいけるんじゃね?とたまに思うこともあった。
走るようになって炎天下の中、走ったのはこの間の広島が初めてだ。でも川辺だったから道路よりは涼しかったと思う。
まぁ、とにかく午前10時半にスタートした。今日は20kmをキロ6分で走ろうと思った。

あちぃ。暑すぎる。道路が熱い。あぁ、なんてこったぁ。キロ6分は3kmで終了。あとは惰性に任せて足を進める。
全然走れない。でもおかしい。内臓のムカムカはない。暑いけどフラフラになるとか、気持ちが悪いとかもない。なのになんで走れないんだ?
なんか足全体が重い。まぁ、でもいいや。タラタラ走れば。

橋の上はやはり少しは涼しい。別に写真を撮る必要もないのに足を止められるという理由から写真を撮ってみる。
0804006.jpg
これ橋の上から撮ってます。ほら、広島の川と違って荒川は川がどこにあるのかわからないでしょ?
橋を半分以上渡ってやっと川が見える。それにしても見渡す限り平面だ。
0804007.jpg

この先はもうヘロヘロ。10km折返し地点にローソンがあって、今までそのローソンに立ち寄ったことはないけど、今日は絶対に立ち寄ろうと思いながら走る。場合によっては救護を依頼しようと思った。
でも、まぁ、何とかローソンまで辿り着き、ガリガリくんとスポドリとおにぎり梅干し入りを購入した。
0804008.jpg
うまいね。ガリガリくん梨味。しばらく日陰で休む。それにしても暑い中ずっと走っていきなりローソンの冷房にあたると体が拒否反応を起こしたよ。なので買ってすぐに外へ出た。

しばらく休んで走り出すと、やっぱ休めば走れるんじゃん、などと思いながら走る。ただ前半は太陽がうまく雲に隠れていたが、後半は容赦なく太陽の光が降り注いでいた。

14km過ぎで足が止まった。そこから先は、歩く、走る、歩く、走る、の繰り返し。こんなに長い距離歩きを交えたことはなかった。トータルで2km以上歩いたかもしれない。
走っているときがキロ7分くらいで、歩いているときがキロ12分くらい。

とにかく足のどこが痛いのか、重いのか、よくわからないくらい足全体が痛く重かった。もう走るのなんてやめて家に帰りたいが、それは、もう折返しコース。早く帰りたければそのコースを走らなければならない。
とりあえず無事に家に着いた。もうこれはご褒美を買うしかない、ええ買いましょう、ということで買った。
0804009.jpg

やはり、熱中症には気をつけて、こまめに水分を摂って、炎天下の中など走ってはいけません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広島に行っとったけん 最後まで(写真ラッシュ)

そんなわけで今日もマツダスタジアム。
728064.jpg
昨日は内野席だったけど、今日は外野席。スクワット応援で盛り上がるのだ。
728065.jpg
しかし気温35度の直射日光。しかも試合は昨日と同じワンサイドゲームで9対2。家族はもう疲弊している。僕だって疲れてる。でも前田を見たい。出てくるのか?
しかし子どもが汗まみれで疲れ切った顔で、夜の宮島を見てみたいというので、そうだな、そうだ。いくらなんでもこれはかわいそうだ、ということで7回終了で球場を出る。
まぁ、8回に前田出たらしいけどね(泣)
そのまま電車で宮島へ。
728076.jpg
7289829.jpg7280200.jpg
もう観光客もほとんどいなくて店も閉まっていたけど、それが却って静かでよかった。夏の夜って感じでゆっくり子どもと散歩した。
下2枚は妻が携帯で撮ったもの。デジカメよりいい感じなのがちょっと腹立たしい(笑)

慌ただしい昼間に比べて夜はゆったり過ごすことができた。お酒も昼間のビール一杯のみ。

3日目朝。4時半に目覚まし。5時に起きる。今日が最後だ。走るぞ!ってことで5時半スタート。
広島駅前をスタート。
729093.jpg
走り出すと体が重い。なんか胸もムカムカ、胃も鈍い痛み。疲れてるなぁ。気分を盛り上げるためにここを上ろう。
729096.jpg
階段を駆け上がる。ちょっとロッキー気分。上からの眺めは?
729098.jpg
そんな大したことないな。

しばらく道路を走る。今日は平和記念公園のそばの川の上流を目指して下って行こうと思う。
川に辿り着く。それにしても荒川と違って見応えのある川だ。さすがに朝だと走っている人や散歩している人がたくさんいる。そうだよね。こういうの涼しいうちにやらないとダメだね。
729100.jpg
遊歩道に飽きると草の上を走ったりして、気持ちいい。
729101.jpg
729102.jpg
今日も原爆ドーム到着。
729103.jpg

この建物の真上に原爆が落ちたらしい。上空で爆発したんだけどね。
729104.jpg
平和記念公園をぐるっと1周したりしながらまた川へ戻る。
729106.jpg
その後、しばらく川を走るが、ちょっと気になって道路に戻る。そこから駅の方に向かって走る。だんだん暑くなってきた。またもや水が欲しくなる。でも街中だからすぐに補給できた。
しばらく道路を走ってやっと着いた。
もうヘロヘロだね。だってカメラのストラップ写っているの気付いてないし(笑)
729107.jpg
729108.jpg
今日はもう帰るから中へ入ることもない。またしばらくはお預けだ。来年もまた来たいなぁ。
せっかくだから球場の周りをグルっと走ってみた。
729109.jpg
そのままホテルまで。16kmを2時間かけて走った。昨日と合わせて28㎞。
今回初めて旅ランっていうのをしたけど、歩いても車でも電車でも気付かないものを、走らないと見えないものが、見られたような気がする。うん。こういうの、いいね。改めて走り出したことをいいことだと思った。
また走りに来よう。
最後にこれ。
729110.jpg
昨日の宮島でたくさんあなごめしの看板があったけど全部お店が閉まっていたので、気になって気になって仕方なかった。
新幹線の駅で売っていたので思わず購入。内臓が鈍く重かったのに、食べれちゃうもんだな。

おしまい。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

7月から8月へ

昨日いつの間にか眠ってしまったので広島旅行記は今日は中止。

7月の月間走行距離が走り出して初めて200kmを超えました。まぁ、超えたというか200kmちょうど。
200kmなんて走れるもんなんだぁ、というのが正直な感想。昨年の今頃はそんな数字を思い描いたこともなかった。

そんなわけで8月も引き続き200kmを目指したいとは思っています。

ただ、7月ってキロ6分も切れずにたらたら走ってただけだからなぁ。それでも200kmは大変だったのに、さらに暑くなる8月にそんなことできるんだろうか?とも思ってます。

7月にいい練習だった、と思えたのはハセツネ試走、高尾トレイル、尾根緑道、と全部一人で走っていないときばかりです。
すごいな、みんなで走るのって。

改めて、皆様に感謝いたします。

8月は、あれだ。『ブログ村マイコースシリーズ』やるよ。もうほぼ8月の日程は決まりました。近日中に記事にします。
日に日に楽しみになっていく。

ここ数日、体がだるくて、とくに内臓というか胃から胸にかけて気持ち悪いというか、でも食欲は普通とか、まぁ、夏バテっぽくなってます。
こういうの暑いと水分もたくさん取ったりで内臓が疲れてくるんだろうなぁ。こういうことと付き合いながら、うまく疲れを抜きながら、そしてマイコースシリーズで皆さんから元気をもらいながら、何とか8月も200km超えるぞ!!

あっ、そうそう。7月末に今日10km走ればちょうど200km行くな、と思って内臓がだるい中、何とか走ったんです。
もう1kmで心が折れて、その後はキロ7分でしか走れなかった。何とか走り終えて200kmになったわけですが…。

走り終えたら、久々に乳首が痛くなった。今もヒリヒリする。なんでだろう?疲れが溜まっていたからだろうか?
どうも、あれですね。乳首って繊細だから、健康のバロメーターなんだろうな(嘘)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広島に行っとったけん 2日目の途中

2日目。4時半に目覚める。携帯の目覚ましの音で。しかし、なんでこんな時間に目覚ましが鳴ったのか理解できない。それでまた寝る。

7時半に目覚める。やってもーた。あぁ。これでこの旅行記ブログに書けない(笑)
念のため外を見る。すでに眩しい日差し。無理。ふてくされてベッドでゴロゴロ。携帯でブログを更新してみたりボーっとテレビを見たりなんかする。空しい。

今日の予定はなんだっけ?マツダスタジアム2日目(笑)
そうだ、でも今まではナイターだったからちょっと遠出していた。3年前は宮島。昨年は呉。でも今年は15時試合開始だから遠出ができない。平和記念公園とか広島城とか近場を散策するとかなんとか言ってたな。

もう一度、外を見る。直線的な日差し。はぁ~。
意を決して隣の部屋の妻のところへ。皆が路面電車で移動する中、一人走って行く、それも遠回りして行く、というプランが受け入れられるとは思えない。なんでわざわざ旅行にきて別行動する意味があるの?と言われるだろう。

しかし、あっさりOK。ほら、今まで山に行って帰ってこなかったりだとか、深夜3時過ぎに走りに出かけていったりだとか、自分でもおかしくなったとは思っていたけど、どうやら家族も麻痺してきたらしい。

みんなで朝ごはんを食べに行き、そのまま広島駅から出発!
広島市街はいくつもの川が流れ、いくつもの橋が架かっている。大まかに地図で調べ、駅から一番近い川を下り、他の川と合流する地点で、その他の川を上ると平和記念公園に辿り着く。
728020.jpg
728021.jpg
こんな感じで川辺を走る。炎天下の9時40分スタート。暑い。暑すぎる。でも川の近くなので少しは涼しい。
とにかく川辺を走る。海に近いからか土手のようなものはなく、すぐそばを川が流れているので気持ちがいい。
でもいくら僕が能天気だとしても、ほんの少し昔にはこの川にも多くの人が横たわって亡くなってしまったのだろうと思わざるをえない。子どもの頃、泣きながら何度も読んだ『はだしのゲン』の場面のように。

そう考えると、わざわざ暑い中、好き好んで走っているのだから、暑い、暑い、言ってる場合でもない。
僕は体を動かすことができるし、動けるうちは暑かろうが動かせ。
まぁ、でもこんな時間に走っている人は誰もいなかったけどね。
728024.jpg
しばらくは遊歩道のような走れるコースが続くが、突然道がなくなる。仕方がないので普通の道路を走るが暑さが倍増する。このまま道に迷ってしまうのかと思った頃に合流する川と出会う。
728027.jpg
728028.jpg
今度は上流に向かって走る。また遊歩道があるので川辺を走る。もう汗だくで6kmくらいでフラフラになる。自動販売機を探しながら走る。なかなかない。
とにかく水分を、ということでこの地下道はダッシュ。余計喉が渇く。この後、無事に自動販売機で水を購入。
728030.jpg
そろそろ平和記念公園だ。↓写真にとくに意味はない。ただ撮ってみたかった。
728033.jpg
到着。原爆ドーム。
728034.jpg
8km走って疲れ切った人
728037.jpg
しばらく平和記念公園を散歩。
728040.jpg
今度は広島城へ向けて出発。
かつてこの壁の向こうには広島市民球場があった。
728046.jpg
広島城。
728059.jpg
そのてっぺんからの写真。
728060.jpg
家族も徒歩移動だったので汗だく。このままホテルまで戻る。僕はもちろん走る。駅までの歩道がとても広く、強い日差しのせいで誰も歩いていなかったので残り2kmを5分30秒で走ってみる。
ポケットに入れていたカメラと携帯が重いので右手にカメラ、左手に携帯を握りしめながら走る。
そのまま勢い止まらず、広島駅前の人通りの中も走り、南口から新幹線口の地下道も走り抜ける。もちろん地下道を走っている人なんかいない。

全行程12km。すごいね。これが旅ランってやつだよ。すごいよ、オレ。ランナーっぽいよ。
すぐにシャワーを浴びてスタジアムへ行く準備。今日はもう飲まないぞ。もう暑くて内臓もいかれつつあるし。飲むの禁止。

その前に腹ごしらえ。あれ?
728062.jpg
つづく。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして9年目に突入!
そろそろどうにかしないとな。

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ランキングに参加しています。よろしければお願いします。
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
ブログ村新着記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR