FC2ブログ

日本山岳耐久レースの結果について

結果は第一関門(22.6km)でDNFだった。

レポ書くかわかんないから、とりあえずいろいろ書いておく。

今年もエントリーはしていて、まぁ、なんかこのレースをきっかけにまたいろいろできるようになっているといいなぁ、と思ってエントリーしたんだけど、とくに何も変わってなくて、でもこのレースはいろいろと嫌いじゃないから、なんの準備もしていないけど、できれば完走したいなぁ、と思いながら会場へ向かった。

すべての補給食を自分で持っていかないといけない大会なんだけど、もちろん僕は固形物が好きなので、みかんとからあげとおにぎりをリュックにいれるため、一度はリュックにいれた賞味期限切れのジェルなどは放り出した。

制限時間の24時間すべて使いきるつもりでいたから、当日の気温は低いほうがいいなぁ、と思っていた。
寒いくらいのほうが完走へ近づけると思っていた。

元々、人より水分摂取量は多いけど、練習していないと水分の摂取量はさらに増えるから、水分を我慢することができなくなるから、まぁ、だからそういう準備もしてなかった。水分我慢する練習。

当日は暑かった。駅から会場へ歩いただけで汗だくだった。
で、スタートしてたぶん5kmくらいでもう気持ち悪くなって、ヘロヘロになって、そんで入山峠(7km)で座って休憩した(笑)
参加した人はわかると思うけど入山峠で休憩している人、見たことない。

そこでガスター10を飲んで先へ進んだけど、まぁ、グダグダだ。

どのくらいグダグダかというと市道山分岐(11.7km)でライトを取り出さないといけないほどだった。
いくら何でもここでライトを取り出すとかどういうことだ?と自分でも思った。
今まで気にしたことなかったけど、ゆるいゆるいと言われている関門時刻が気になった。

いつものように第一関門に着く前に何度も山に毒づいて、絶対に第一関門でやめてやる!と強く決意しながら一人で山道を進んだ。

第一関門に着いて、もうこの先行きたくないよ、と思いながらトイレへ行って、ポールを組み立てて、みかんを食べて、時間は本当に厳しいけど、まだ関門には引っかかっていない。脚は非常に疲れているけど、もう一歩も動けないよ、というほどでもない。

あぁ、先へ行くしかないんだな、と思った。

そこで、ふと残りの水分を確認すると、お茶が300mlしか残っていなかった。
唯一の水分をもらえる月夜見まであと20km。時間にして6時間くらい。

あれ?

これが嬉しい悲鳴というやつかな。

違うな。

とにかく先へ行くことを諦めた。

そんで終わり。

今年は試走も一度も行かなかったから本番で、そうだ、このコースすごくつらいんだったって思い出していた。
自分は、すべてにおいてやる気がなくなっているんだろう、と思った。
出れなかった人に申し訳ないなと思うくらい無様だった。

まだレポ書いてないけど、この間の皇居とか高尾とかああやって遊んでくれる人たちもいるし、何もつらいレースになんてエントリーしなくても、気持ちいい程度の関わりでいいんじゃないかと思い始めていた。

ただハセツネエントリーしたころにもう一つレースにエントリーしてて、それが12月にあるんだよね。またつらそうなやつ(笑)

とりあえずそれが終わるまではあまりごちゃごちゃ考えるのはやめようと思う。
あと、それが終わるまでは何のレースにもエントリーするのはやめようと思う。
もうエントリーきっかけでやる気出す作戦とかいらない。

++++++++++++++++++++++++++++++

ハセツネスタート前のグランドで、男性から声をかけていただいた。
いつも読んでます。もうお腹がよじれるくらい楽しませてもらってます。今年はエントリーされているのかなぁ?と思っていたんですよ、と仰っていただいた。

彼は今年初めて参加したそうで、一緒に参加される連れの方もいらっしゃるようで、その方も僕のブログを読んでるんですよ、と仰っていた。

ハセツネ同志のでんさんにも久しぶりに会って、そしたら一緒にいたでんさんのお友だちも僕のブログをよく読んでます、とくに信越の記事は何度も読みましたと仰っていただいた。

最近、まともに更新してないし、未完の記事は増える一方なのに、そんなことを言っていただいて、とても嬉しかった。
ハセツネスタートしてしばらくは、そういった方々のためにこのレースが終わったら未完のハセツネレポ2年分を書き上げよう!なんて思ってた。

今はよくわからないけど(笑)

でも、そうやって声をかけてくれる方々や、久しぶりにお会いできた方々や、あと応援にきてくれた方々も、なんだろうね、感謝というか暖かな気持ちにさせてもらえることがとてもありがたい。

走るとかブログ書くとかただの個人的なことが、ただの個人的なことではないと思えるというかなんというか。

まぁ、よくわからないけど、とりあえず、それが今の気持ち。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



君らどころか私がまったく興味のない日本山岳耐久レースについて話そう

こういうのっかりかた、嫌いではない(笑)

言葉って不思議だね。

実はさ、承認欲求って言葉に飽きてさ、なんか使いたくないなんて思って。
言葉って飽きるんだね。

でも、そしたらさ、皇居と高尾のレポ書けなくなってさ。
だってタイトルに承認欲求使わないわけにはいかないじゃん。
でも、飽きちゃったんだもん。仕方ないよね。

だもんで☆さ。まぁ、あとで書くよ。

それより、とりあえず、いきなりだけど、今年のアレキの月間走行距離をお知らせしたい(笑)

01月 64.65km
02月 0km
03月 0km
04月 37.3km(奥三河のみ)
05月 0km
06月 140.75km
07月 39.35km
08月 24.3km
09月 33km
10月 21.5km

みんな知っていると思うけど、こうやって書いてみるとまぁ、ひどいな。

そんな感じで生きているオレ様が、日本山岳耐久レースについて何を話すことがあるだろう?

今回エントリーされた皆さまにはぜひがんばってほしい。
僕にとってもとても思い入れのある大会だから、このレースに挑むにはそれなりの準備とトレーニングに励んだものが参加してほしい。

もし、仮にエントリーしたときにはやる気があったとして、それなのに何の準備もしてこなかった人は、そのことについて日々猛省を促したい。
400字詰め原稿用紙7枚以上の反省文を書いてほしい。

あっ、すいません。わたくしごとでした。

先週、奥武蔵に行ったら、脚をグネってしまって、翌日は脚をテーピングでガチガチにして車に乗って仕事へ行った。
なんか、とてもホッとしている自分がいた。

これを最後に、ここ1~2年のレースをエントリーしてやる気を出す作戦がすべて空振りに終わるこういったなんやかやにケリをつけられるな、なんて思った。

過去に4回参加して、3回完走して、第一関門へ行く前に止めたいと毎回必ず思うこの大会。
水のうまさに感激するこの大会。
夜中の山道を一人で黙々と歩いていると清々しい気持ちになれるような気がするこの大会。
みかんとかからあげとか持ってきといてよかったぁ、と思うこの大会。
オレ生き続けるには痛めつけられる必要があるからさぁ、と思うこの大会。

もう、いいや、と思った。

そういうの、もういいや、と思った。

そしたら、昨日あたりから普通に歩けるようになった。走ると痛いから走れないけど。

う~ん、う~ん。中途半端なグネリだなぁ。
まぁ、わかんねーな。当日の朝にどうするか決めよう。
もし出たとしても今回で最後にしよう。

もう、こういう繰り返し、いろんなレースに失礼だよ。

でも、あれだな。

噂どおり来年復活するのかな?

だとしたら来年出るのかな?

そしたらオレもまた一緒に出たいと思うのかな?

だったら今年も出とけばいいのかな?

あぁ、何の準備もしてなくて申し訳ない思いでいっぱいだけど。
なんか汚してるような気がしてさ。

でも、完走してえなぁ。

とりあえず昨日8km歩いた。
今日は6km歩いた。

その10倍歩かなくちゃいけないのにさ。

バカだな。

今週末も奥武蔵に行きたいな(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして9年目に突入!
そろそろどうにかしないとな。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ランキングに参加しています。よろしければお願いします。
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
ブログ村新着記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR