--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06

11

コメント:

オールナイト山手線一周ジョグとエア柴又60K

ハローCQ CQ
現在赤羽駅。時刻はPM7:45
どうぞ。

オレにだってささやかだけれどプライドくらいあるさ。
悔しいと思う気持ちだって少しはある。
自分に負け続けることだって、無条件に受け入れてるわけじゃない。

それでも見てみないふりをしていた。
一人で面倒でつらいことをやる意味なんてあるのかって思っていた。

だけどオレの気持ちはもう決まっていたんだ。
できるかどうかなんて大した問題じゃない。
やるかやらないかが大切なことなんだ。

埼京線ができる前に赤羽線ってやつがあった。
赤羽~十条~板橋~池袋とわずかな距離を走る黄色い電車だったように思う。

その赤羽線に沿って池袋へ行く。そのまま山手線を一周する。途中、皇居も一周する。
そうするとトータル距離が60㎞になるんだよ。
これがどういうことだかわかるか?

山手線を一周できなかったオレ。
エア柴又を完走できなかったオレ。

その二つをいっぺんに成し遂げてやろうってことだよ。
なぁ、それってすごいことだと思わないか?
オレの笑顔は卑屈じゃないかい?
今夜こうして夢見たみたいに、オレは生きていきたい。

ふふふ。

まぁ、そんなわけだから。
とにかく行ってくるぜ。アディオス!






行ってきたぜ(笑)



マジで死ぬかと思うくらい寂しくてつらかった。

でも、これで山手線一周とエア柴又60Kをコンプリートだ!!!

さぁ、早く帰って寝よう。

############

上の文は走る前に書いておいたやつだ。

どっちもリベンジかけてめでたしめでたしってパターンしか考えていなかった。

うん。そう。



制限時間の9時間を大幅にオーバーしちゃったの(涙)

仕方がないから山手線ダジャレをコンプリートしてやったぜ。
走りながら急遽考えたから、すげえ疲れたよ。

twitterで夜中ずっとダジャレ投稿してうるさかったと思います。
すいませんでした。

とにかく寝よう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

06

03

コメント:

オールナイトダジャレ山手線1周ジョグ ラスト

やっと終わった(笑)

長かった。いや、ホントに長かった。何度か今日は更新すんのめんどくさいから中止!って思ったりもした。
しかし、朝、起きて、携帯から確認すると、わかってはいることだけど深夜0時に安定の更新をかましていやがる。

何となく、その流れに乗らなくてはという思いから何とか更新してきたけど、やっと解放されるぜ。
毎日更新してる人は本当にすごいわ。

実際会うとポーカーフェイス気取りのおっさんなんだけどな。
なんでレポだとあんなに弾けておもしろいんだろう?
リトルあやたが書いてるのかな。

高田馬場でコンビニ休憩があり、たまさんにあと何km?って訊ねると、あと4kmくらいと答えるので、いや、あと4kmだとつらくて止めたくなるからあと3kmということにしようと提案し、あと3kmだよ!あと3kmがんばればいいんだからね!と言うと、きんきんさんに、山手線一周してないのに一番達成感を得ようとしてるのがなんかムカつくわ~みたいなことを言われ、それでもめげない、憎まれそうなニューフェイスなアレキは、あと2駅だよ!あと2駅!と周りを励まし続ける。

その隣りでポーカーフェイス気取りのおっさんが、あるときニヒルな渡り鳥、みたいな感じで涼しい顔をしているので、まだまだ走れそうじゃないですか?と言うと、いやぁ、もう脚が終わってるからと言っていたけど、たぶんあともう1周できそうな感じだった。
ほら、あと1周しても100kmもいかないし、かつて118km走ってるしさ。

そんな感じで次は目白駅へ向かって走り出したけど、まさかのここへきて、こんな最後になって長い長い上り坂が待ちかまえているなんて思いもしなかった。
そもそも今まで長い長い下りなんてなかったのに、なんで長い長い上りがあるのか意味不明だった。収支はどうなってるんだ?

それでも誰も歩かずに走っているので、仕方なく僕も走った。隣にいたあやたさんは全然余裕でさっさと先へ行ってしまった。
気の遠くなるような坂道を何とか上り切ると、そこが目白駅だった。

坂道を駆け上がりやり切ったオレたちの図。
20160521IMG_9927.jpg

長い闘いだった。ようやく次がゴール地点の池袋駅だ。
オレたちのオールナイトダジャレ山手線一周ジョグもとうとう終わりに近づいていた。

そんな風に感傷に浸っていると、またもや周りから山手線一周していないのになんだそのえせ達成感っぷりは?と指摘が入った。

なんだろう?そんなのってなんだか寂しいことだよ。ステキなことはステキだと無邪気に笑える心が好きさ、とアレキは思った。

寝ていないと、こんなことを思ってもなんだか許せる気持ちになるから不思議だ(笑)

とにかくあと一駅だ。
池袋へ向かって走った。走って走って走った。
みんなのペースは自然とあがった。
20160521IMG_0881.jpg

そしてゴール!!!

20160521IMG_9198.jpg

いやぁ、やったよ。やり遂げたよ。まぁ、ちょっと便乗した部分は否めないけど、充実感に溢れた達成感だったよ。
なかなか山手線一周と思わせておいての中央線ルートってやる人はいないだろうから、そういう意味ではよかったと思う。
まぁ、もしまたいつか機会があったら山手線一周にチャレンジしてみたいけどね。

それにしてもゴール後、そのままR2さんとあやたさんが松戸のつけ麺屋へ行くと聞いて驚いた。
大阪からやってきて山手線一周するだけでもすごいのに、松戸がどこにあるのか知っているのだろうか?
さすがはただのポーカーフェイスおっさんではない。

しかも、なんつーか、オチまで掴んで帰っていったし。さすがだ。

主催者のたかしさんのレポはとっくに終わっているというのに、さらには山手線一周もしていないのに、長い長いレポを書いてしまって申し訳ありませんでした。
一緒に走ってくださった皆さん、お見送りの皆さん、ありがとうございました。

またこの長いレポをいつもいつも読んでくれてありがとうございました。

走っているときもレポを書いているときもとっても楽しかったです。

おしまい。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

06

02

コメント:

オールナイトダジャレ山手線1周ジョグ その8

本隊に合流して、次は新大久保だ!オレは十分に休んだから元気だ!

マクドナルドで本隊を待っているときに、やじるし.さんから代々木あたりまで皆さんをお迎えに行きますか?と言われたが、1ミリたりとも戻りたくない!と言って断ったから体力温存されてて元気だ!

と思って走り出したのに脚が重すぎる。脚が固すぎる。マクドナルドの固い椅子のせいでケツも痛い。

【あっ、ちなみに新宿南口のマクドナルドは24時間営業だけど朝の4時半までしかいられません。
なぜ4時半までしかいられないのかは、完全なるお店の都合です。お店の都合で4時半までしかいられないけど24時間営業と書いてある大きな看板が掲げてあります。
もし、今度誰かが山手線一周して、本隊から離脱して、新宿で本隊を待たなければいけないということがあるとしたら、参考にしてください】

今まで走り続けた本隊の皆さんの、おおよそ気持ちのいいペースに付いていくことができない。たくさん休んでたのはこっちのほうなのに。

でもウルトラだって走り出しは信じられないほど脚が固くて重いけど、それでもがんばって走り続けているうちに走れるようになるはず!と思いながら脚を出し続ける。

それにしても最近、10kmとか30kmとか走ったくらいでウルトラの80km地点の気分が味わえるという簡易ウルトラマラソンを実行できるオレの脚ってどうなんだろう?と思わなくもない。

そんな簡易ウルトラ脚を引き摺って新大久保までやってきた。もう完全に朝だ。
駅にやって来て電車が動いているという事実に直面すると、なぜ、いまここで走っているのか?ということがよくわからなくなる。
それでも本隊の皆さんの元気さに押され、さらにその次を目指すことになる。

高田馬場を目指しているところで、ムネコフさんに何かを話しかけられた。
ムネコフさんは心底ダジャレの部を楽しんでおられ、真摯にダジャレと向きあっていたんだけど、それでも参加者の方々にもいろいろと話しかけたりしていた。

あの、僕はよく思うけど、いろんな人のブログを読んでいると、私はコミュ障です、なんてのをよく見かけるんだけど、まだ、シャイとか人見知りとかならともかく、コミュ障とかになってくると、いやいやいや、それネタでしょ?と思わざるを得ない。

自称コミュ障の人のブログを読むと、大抵は、仕事ができて、仕事の取引先なんかとも華麗なコミュニケーション能力を発揮されていて、もちろんマラソンの練習もきっちりされて、常にPB更新をして、とても読ませる文章を書き、実際にお会いした人の感想なんかだと素晴らしい人格者みたいに書かれていることがほとんどだ。

自虐も度を過ぎると嫌みにしかならないこともある。
これは常に本物の自虐レポを目指している僕にとっても非常に難しい課題である。

って自虐について偉そうに書くと意味不明であまりよくわからなくなるな。

で、何を書きたいのかわからなくなってきたけど、とにかくムネコフさんは本物のコミュ障だ(笑)

人の目を見て話すことがまったくできない。これ、人とのコミュニケーションでは一番基本的なことだ。
ほら、よく目を見るのが難しいのならおでことか眉間のあたりを見ましょうね、とか言われたりするよね?

ムネコフさんはこちらを一切見ずに話しかけてくれるので、最初は自分に話しかけられてるのかよくわからない。

極度の恥ずかしがりやなんだろうか。
それでもムネコフさんはいろいろと気を遣いながらその人に合った話題を選んで話しかけてくれる。

そのあたりの人懐っこさがなんかかわいい(笑)
コミュ障なのに人懐っこいという矛盾した性質を併せ持つ特殊なムネコフさんに対して好感しか持てない。

これから何回くらい会って、何回くらいお話すれば僕のことを見ながら話しかけてくれるのだろう?と思うと今後が楽しみだ(笑)

高田馬場へ向かう道の緩やかな上りや下りで脚が本当につらくなって、もう嫌だと何度も思って、池袋まであと2駅なのに止めたくてしかたなかったけど、せっかくここまで来たのに、それはもったいなくて、だからみんなにラスト2駅だよ!とかあと4kmだよ!とか声をかけて自分を鼓舞するという方法を取りつつ、みんなと同じ達成感を得るためには、みんなと同じ山手線を一周してきたという一体感を醸し出す、という意味も込めて、声をかけながら走った。

そんな感じで高田馬場にたどり着く。

あと2つ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

06

01

コメント:

オールナイトダジャレ山手線1周ジョグ その7

新宿駅に着いたときには29.5kmになっていて、もうこれ以上一歩も動けないと感じていたから、やはりショートカットして正解だった。

だって、5月は今日初めて走ったのだから。

とりあえず時間潰しでどっかで休もうということになって、すぐに目のついたマクドナルドに入った。
オレンジジュースを注文して客席のある2階へ行くと、ほぼほぼ満員だった。

そうか。金曜日の夜に飲んで、帰れなくなった人たちが始発を待っているのか。
これじゃ、迂闊に襲撃なんかできないじゃないか。

深夜3時過ぎのマクドナルドなんてガラガラだろうと思っていた僕は少し驚いた。
カウンターの席しか空いてなくて、固くて座り心地の悪い丸椅子に座った。
まぁ、ここに1時間半も居座る方も悪いのかもしれないけど、この椅子はないだろう?と思うような椅子だ。

ここでゆっくり休んでリフレッシュしてみんなと合流して池袋までがんばるぞ!と思っていた気持ちが萎えてきた。
さらに始発待ちの周りのお客さんたちが醸し出す、あの独特などんよりとした雰囲気にのまれて、自分も飲み疲れたような気持になってきて、そうか、ここで始発を待てばいいのか、と思うようになってきた。

iPhoneの電池はすでに切れていたので、やじるし.さんに本隊の移動状況をツイッターで確認してもらっていた。
こういうときダジャレは都合がよかった。どんなダジャレかはあまり確認しなかったけど、どこの駅にいるのかはすぐにわかった。

身体が冷えてきたので今度はホットコーヒーを買って飲んだ。

ハセツネや信越などで夜もずっと体を動かしていたことのある僕は、やじるし.さんに向かって、夜中は眠いし体も疲れてもう動けないって何度も思うんですけど、夜明けとともに体が元気になって動けるようになるんですよ。だから今はヘロヘロでも夜が明ければ元気になるし、また夜から朝になる瞬間って空気が気持ちがいいんですよね、と半ば窓の外の遠くを眺めながら、かっこつけて言ってみた。

しかし、そんな夜明けの瞬間を、マクドナルドの淀んだ空気の店内で、テーブルに突っ伏していたり、飲み過ぎて目が虚ろだったりする多くのお客さんと一緒に過ごしていると、全然元気になどならず、本当に電車で帰ろうと思い始めてきた。

椅子に座っているのもつらくなってきて、外はけっこう明るくなってきた朝の4時半に外へ出て、新宿駅南口へ向かった。
20160430IMG_2051.jpg

休んでいる間に、完全に脚が固まった僕は歩くのすらつらくてしかたなかったのに、やじるし.さんたら、なぜだかいきなり走り始めた。

早朝の新宿駅前でインターバルをかましているやじるし.さんの図。
20160521IMG_0895.jpg

4時半になると本隊もやってきて、再会の喜びを分かち合った。
そのつもりだったが皇居で別れたときと同じように、誠実にダジャレ任務を遂行するダジャレ隊を待ち、それが終わるとそそくさと次へと進んだ。

久しぶりに走ったので脚がガクガクしていたが、皇居前の時よりも明らかに本隊のペースが速く、このペース速くね?とmizoreさんだったかな?に訊いたら、そう、アレキさんがいなくなってから格段にペースが上がったんですよ、とのことだ。

ははは。
やはりオレ、ランナーに向いてないのかもしれないぜ!

しかし、もう山手線は動いている。着いて行けなければ電車に乗って池袋で待っていればいい。
いや、ここまで来たらゴールの達成感はみんなと一緒に味わいたいから、一つ手前の目白駅で降りて、ゴールを目指すという手もある。

そういった後ろ向きな事柄については、いろんなアイデアが湧きだしてくる。

まぁ、そんな感じで早朝の新宿駅を駆け抜けた。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

05

31

コメント:

オールナイトダジャレ山手線1周ジョグ その6

みんなと別れて二人で西へ向かう。
ここからは少し気持ちを切り替える。

まず道に迷いたくない。最短のコースを1ミリでも少なく走っていきたいからコースロストなんてもってのほかだ。
そのため今までポケットに入れっぱなしだったiPhoneを取り出した。

実は僕のiPhoneは3年半以上使っているためバッテリーのもちがよくない。
だからこのオールナイトダジャレ山手線と銘打ったダジャレについても、ツイッターにダジャレを投稿するルールになっているのだが、それがどんなダジャレなのかをリアルタイムで確認することができなかった。

そんなことを確認したらiPhoneの電池がもったいない(笑)

なので、ごえもんさんがいきなり駅前でケツを出すのも何のことやらさっぱりわからず、ただの怪しい人だと思っていた。

しかしこれからはそうも言っていられない。グーグルマップだけが頼りだ。
とにかく最短で進むのだ。

あと中央線の駅だけをなぞると駅の間隔が長くなるので、同じ路線を走る総武線の各駅を巡ることにした。
今まで山手線の駅の間隔の短さに救われてきたので、駅間は短ければ短いほうがい。

そんな感じでスタートする。

ちなみに後で知ったが、東京駅から新宿駅まで最短ルートは7.5kmなんだけど、総武線沿いに進むと13kmもあった。

1ミリどころじゃねーし!

本隊と合流する時間を考えれば全部歩きでも充分間に合いますからね、ゆっくり行きましょうね~と、やじるし.さんに伝えると、はい!という返事が返ってきたものの、いきなり颯爽と走り出すやじるし.(敬称略)

ちょっ、ちょっ、あれ?

やはりあの軽やかなフォームは本物だったらしい。走りたくてうずうずしているように見える。まぁ、仕方がないので着いていく。

このあと、やじるし.さんといろいろお話をしながら進んだけど、簡単に説明すると

アレキ、やりやがったな!の巻。
やじるし.かき氷の食べ方がわからない?の巻。
二人で延々とお互いのブログを褒め合う!?の巻。

の計3本だった。

そんな感じでけっこう淡々と走り続ける。
やじるし.さんは優しく、歩きたくなったらいつでも言ってくださいね、と言ってくださるのだが、相反して軽やかに走り続けるので、そんなことを言い出せる雰囲気ではなかった。

そんな感じで、お茶の水、水道橋、飯田橋ととくに何の問題もなくサクサク進む。

市ヶ谷で自販機休憩をして、四ッ谷、信濃町と進む。
信濃町の手前で、このへんに迎賓館があるんですよ、とやじるし.さんが仰るので、なんですか?それ?と訊ねると行ってみましょう!となる。

深夜2時。当然のことながら真っ暗なのでよくわからない。
それでもあの門のところへ行って中を見てみましょうということになる。

門のところには警察官が立っていたけど、まぁ、それは気にせず中を覗いてみるが、暗くてよくわからなかった。
今度は昼間に行こう。
20160430IMG_2040.jpg

サミットだからかよくわからないけど、とにかく警察官が多くて、パトカーは巡回しているし、警察官もこの迎賓館の周りに何人も立っていた。

僕は、山で挨拶をするというのは、私は怪しいものではないですよ、というのを示すためというのが理由の一つだと思っているのだが、違うのかな?

人気のないところで会うわけだから、相手を安心させるための挨拶というかそんな感じ。
高尾山の山頂とか人がぎっしり埋まっているところでは誰も挨拶なんてしてないし。

そんなわけで自分は怪しい人間ではないですよ、ということを伝えるためだけに、すれ違う警察官に対して、にこやかに元気よく「こんばんは!」と挨拶をしていた。

深夜2時過ぎに元気よく「こんばんは!」と挨拶することが、怪しい人間ではないと証明することになるのかどうかはよくわからなかったけど。

50m間隔くらいで警察官が立っていたので10人くらいに挨拶したけど、みんな暇だったのか深夜2時にも関わらず元気よく挨拶を返してくれた(笑)

千駄ヶ谷あたりからかなりつらいし眠いしで朦朧としてきたけどここまでくれば新宿はあと少しだと思って、相変わらずサクサク走り続けるやじるし.さんに着いていく。

代々木あたりで踏切を通過して、あれ?山手線に踏切ないって言ってたじゃん、たまさんの嘘つき!と思ったけど、しばらくして山手線じゃないことに気づく。

すっかり山手線一周している気分になっていた。

そんな感じで新宿駅に着いたのは深夜3時10分。
あまりにまじめに走り過ぎたようで本隊がやってくるには、あと1時間半くらい待たないといけないようだった。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして7年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。