02

04

コメント:

俺のHDD事情

以前、龍馬伝ってタイトルの記事を書いたときにテレビのHDD事情について書いたことがある。

テレビを録画しているHDDの容量が常にギリギリなのだが、そこに録画されているものはすべて僕が録画したものだし、家族が録画したものについては容量足りないから早く観てよ、とせかすので家族はいつも怒っている。

最近、毎週『北の国から』が再放送されていて、ほら、あれって長いから容量沢山取るし、それを確保するために、他の番組を観ては消すという作業を気合を入れてやらなくてはならないので、リアルタイムでテレビを観る時間などなく、常に過去に生きる男となっている。さらに言えばとても走るどころではない。

そんでいつもは録画したタイトルを眺めながら適当に観たいものを観ているんだけど、あまり気乗りしないものは当然、そのままになっていて、一番古くに録画されているものは何なんだろう?と思って確認してみると、それは『素晴らしき哉、人生!』という映画で2012年に録画されたものだった。

5年前のかよ!と思ってさすがに古いものを見てやろうと思ってこれを観た。なんか5年越しの想いというか、すっきりした。

次に古いものは2013年に録画した別府大分マラソンだ。これは川内くんと中本くんの競り合いがあまりに素晴らしくて感動したので、永久保存版になっている。なのでこれは消せない。
ちなみに録画してある番組は100本近くあるのだが永久保存認定されているものは今のところ4本しかない。

あっ、別大に出られる方、がんばってくださいね(←今日のマラカテ用記事)

次に古いものはリーガルハイというドラマの第9話でこれも今のところ永久保存版だ。
堺雅人って俳優を観たのは深夜ドラマで本上まなみと共演していたのが初めてで、ずっとニヤついたまま演技しているように見える堺雅人のことがすごく気になって、それ以来、気が向くと彼の出るドラマや映画を観ていたんだけど、このリーガルハイの第9話の堺雅人がすごすぎて消せないでいる。

それにしてもあまりにどうでもいい話だな。テレビの録画の話なんて。

ま、いいか。

次に古いものも2013年に録画したものでヒッチコックの『めまい』だった。
これも観てようやく消せた。それにしてジェームス・スチュワートなんてとくに好きでもなんでもないのに2作連続で彼が主演の映画を観ていた。まぁ、でもとにかくすっきりした。

そんで心置きなく『北の国から 87初恋』を観ようとすると、子どもからそんなものは一人のときに観ろ!とクレームが入った。

いやいやいや、おまえこれは名作だぞ?れいちゃんはかわいいし、ドキドキしていた尽くしだぞ?ほら、昔、家族で北海道に行ったときに、富良野でもらった地図にれいちゃんの自転車のチェーンがはずれた場所って載ってて、そこを見に行ったの覚えてないのか?
あぁ。そうかお前はまだ赤ん坊だったもんな。まぁ、とにかく観てみろよ、これすごいから。それにちょうど今のお前と同じ年だよ、純くんが中学3年生の頃の話だぞ!
え?これ昔、無理やりみせられた?最後に泥の1万円札が出てくる話だろ?って、そうそう、それだよ。でもさぁ、ほら久しぶりに観てみるのもさ~。

一人で観た。

89も名作だからと言ったけど、それも以前無理やりみせられたようだ。
今日にでも一人で観ようと思う。

そういえば、この間、相棒で中園参事官が家で過ごす様子が描かれていた。
わりと家族に邪険に扱われていて、娘にはウザって言われてるし、奥さんにはタロットカードのセミナーに出かけるからご飯は勝手に済ませてと言われてるのを聞いて吹き出してしまった。
タロットカードのセミナー気になる(笑)

で、そのことを家族に伝えたものの、みんな反応がいまいちで、いやいやいや、これはあれだ、相棒始まって以来の出来事でとてもすごいことなんだぞ?
かつて中園参事官のプライベートが描かれたことがあったか?と力説したけど、やはり反応は薄かった。

これって、かんくろーくんの奥様しかわからないな、と思った。

で、とにかく何が書きたかったかよくわからないけど。

別大とかいろんなレースに出られる方々、がんばってくださいね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

01

19

コメント:

グロスでGO!のつづき

以前グロスでGO!というタイトルで記事を書いたことがある。

なぜだかその記事はクールビューティについて書かれていて、グロスでGO!のことについては触れられていない。
まぁ、それを言ったらクールビューティについても書かれてはいないけど。

会社で追い詰められていたのだろう。珍しく仕事のことをたくさん書いている。

その後のクールビューティとその仲間たちについて何か書いてもいいけど、やっぱやめとく。
あのあと、女性陣に締め上げられたり、いろいろあったけど、3ヶ月を過ぎてもなんとか仕事へ行けているので、なんとかなっている。

って、そんな話じゃねえ。グロスでGO!についてだ。

あれは昨年の夏のことだ。

ナイトトレイル雲取山40kmをなんとか無事に終えて、お風呂に入ったあとにみんなでご飯を食べていた。
そんなときに今回の雲取山の先導者を務めていただいたriverさんが、フルのベストタイムが4時間何十秒だかって言うのを聞いて、え~もったいない、あと数十秒じゃないですか?みたいな話をしていた。

riverさんは古河はなももでそのタイムを出したのだが、ぜんざいエイドがすごくよかったと仰っていた。

え?そのぜんざいを端折ればサブ4いけんじゃないの?むしろ来年はぜんざいやめてチャレンジしちゃえば?みたいなことになった。
しかし、ぜんざいエイドを端折るわけにはいかない、むしろサブ4より重要なことだ、とriverさんは力強く仰った。

だったら5分20秒で走り続ければいいんじゃないの?それならぜんざい食べても余裕だし、下手すりゃグロスでサブ4いけるんじゃないの?などとキロ7分40秒でしか走れない僕は、人のことだと思って気軽に言った。

すると、す~さんの旦那さんが実は自分もネットでサブ4しかしたことないんだよね~と言い出した。
マジすか?つーかサブ3.5とかいってると思ってた。じゃ、今度はグロスでサブ4ですね、なんてこれもまた他人事のように言っていた。

で、考えてみたら、僕が遠い昔にサブ4を取ったときもあれはネットでサブ4だった。
あの時はまだ純真なおっさんだったから、まぁ、グロスでサブ4は次回にお預けだな、なんて軽く考えていたけど、そんなチャンスは二度と訪れることはなく、今では20kmも走れなくなっている。
昨日も12km走ったけど、全然走れなくてキロ8分を超えていた。

まぁ、あれだ。
フルのタイムってどれくらい?って訊かれたときに、サブ4、なんて答えて、そのあとに訊かれもしないのに、ネットだけどね、とボソッと呟かないといけないのとかもうめんどくさいじゃん?

なら、あれだ。
この際、今度の古河はなももでみんなでグロスでサブ4取っちゃおうよ、もうこうなったらグロスでGO!だよ。

そんな具合に盛り上がった。

それが僕の古河はなももマラソンにエントリーした理由だ。

ちょうど3月って名古屋とか静岡とか板橋とか佐倉とか他にもいろいろフルはあるだろうからさ。
もう、みんな、こそっとネットだけどね、って付け足すのめんどくさいじゃん?
だからみんなでグロスでサブ4目指そうぜ。陸連登録なんてしなくてもロスタイムたくさんあっても、そんなことには負けないくらい余裕でサブ4やりゃいいんだよ、そんなもん。

いけ!グロスでGO!

ってなことを考えていた。
3月にレースを控えているネットタイム保持者を巻き込んでいろいろ盛り上げちゃうか、なんて考えていた。

ま、だから、そういうことなので、この記事を読んでグロスでGO!の主旨に興味をもたれた方がいらっしゃいましたら各々で適時がんばってください(笑)

いや、あれだよ。
その時は盛り上がったけど、僕の今の状態はそれどころじゃないよ。

そんなわけで、僕の古河はなももマラソンでの目標は、完走!それのみにさせていただきます。

でも僕は、そんなグロスでGO!な皆さんのことを全力で応援しますからね!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

05

コメント:

今年もよろしく

年末年始のお休みは走って走って掃除して、走って走って掃除したるでぇ~、と意気込んでいたはずなのだが、ふとした心の隙間というか、あなたの心の隙間埋めますってな感じで、なんだかよくわからないけど、というかいつもどおりに廃人のように過ごしていた。

テレビを録画するHDDの容量があとわずかになったため、走るとか掃除するとかそういうことではなくて、早く観て消さないと次の録画予約が~という自転車操業的な感じで、完全にソファと一体化していた。

おかげで元旦の夜中から、いつ録ったのかわからない、クリント・イーストウッドの『アイガー・サンクション』という映画を観てしまった。
ちなみにスティーブ・マックイーンは好きだけど、クリント・イーストウッドはそれほど好きではない。

調べてみると、どうも駄作とこき下ろされている映画のようだったが、たしかに駄作だった。

だって主人公のクリント・イーストウッドは殺し屋で、依頼された人を殺すためにアイガー北壁にアタックしなければならないという、なんとも意味不明な映画なのだ。

しかし、このアイガー北壁にアタックするためにクリント・イーストウッドがトレーニングをするのだが、そのトレーニングは山の中を走るというものだった。
1975年のこの映画。リュックはもちろん布だし、綿のシャツにジーンズという格好で山へ入るから、それだけで大変そうだ。

まだ、たぶんトレイルランニングなんて言葉があったかどうかも怪しい時代に、登山のトレーニングとして山の中を走るんだ、と思ったし、そんな、山の中を駆け回りながら体力をつけていくその姿を見ていて、僕は、なんとなくやっぱり山は走らなくてはいけないのかもしれないな、と思った。

映画そのものは本当に意味不明だけど、そのトレーニングの場所であるモニュメント・バレーやアイガーの風景を見ているだけで、何となく楽しかった。

それでも僕は、そのまま三が日を廃人のままで過ごし、昨日4日からは仕事始めだった。

昨日の朝、スーツのズボンを穿こうとして、僕は驚き、慄き、そして少し冷静になったあと、静かに深く息を吐いた。

大きく息を吐き、お腹をひっこめたところで、素早くズボンのボタンを留めた。
そうしないとズボンが穿けなかったのだ。

やべぇ、冬のスーツで今、穿けるものはこれしかねぇ。その唯一のズボンがこの奥義を使わないと穿けなくなっているなんて、明日からいったいどうすればいいのだ。

仕事始めはゆっくりする間もなく慌ただしく一日が過ぎていったのだが、僕のお腹には何かの罰のように常に鈍く苦しい痛みがあり、今週末には新しいスーツを買いにいかなくてはならないな、と朧げに考えていた。

いやいやいやいや、そうじゃねえ。

家に帰ってから、とにかく10km走った。いや、正確には走るのと歩くのの中間くらいだけど、それでも、外で動き続けていれば何かが燃焼するはず、と思いながら10km走った。

今年は、これからどうなるのかなぁ。

とにかく今年も皆さん、よろしく。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

31

コメント:

今年もお世話になりました

毎年大晦日はピーナッツをすりこぎですり潰すという儀式を行います。

ピーナッツの皮を剥きながら、それを食べたりしながら、そんでお酒を飲みながら、ピーナッツをすりこぎですり潰します。

なますが、うちのなますにはドロドロにしたピーナッツを入れるんだけど、だから何十年も前から行っている儀式です。

あまりにめんどくさいので普段はお酒を飲まない僕でも飲まずにはやってられないし、さっきまで飲みながらピーナッツをすり潰してたけど、今は酔っ払ったので子どもにやらせています。

機械とか使えば簡単なんだろうけど、あえて不便なことをやるということが儀式のようなことになるんだと思います。
だからすり鉢とすりこぎは年に1回しか使いません。

これで今年も終わる。

ランブログということで言えば、今年はひどい年でした。
全然走れないし、走る気力もないし、レースもDNSとかDNFの連続だし。

本気で走るのやめようかとも思ったし。

僕は家族が好きです。

今みたいに家族と一緒にいられればそれでいいです。

ホントはもう少し子どももマトモに育つといいのにな、とかあるんだけど、でもそういうことで悩んだりするのも含めていいのかもしれないな。

それでも、働いたり、家族と一緒にいたり、とかそういう場所だけではない場所が僕にはあるんだということが、とくに今年は、そう感じることができました。

リアルな現実の社会で生きてるのにさ、所詮ネットの世界でバーチャルな感じのところで自分の言いたいことを書きたいように書いて満足している奴らなんて、自分も含めておかしい奴らに決まってる、なんて根底では思うんだけどさ。

でも、そんな場所での温かさみたいなものも、たしかにあるわけで、そんなことを例年以上に感じることができて、そういう意味ではいい年だったなぁ、と思う。

ま、酔っ払いの戯言です(笑)

来年はもっと走れるといいなぁ。

で、来年もよろしく。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

12

30

コメント:

かみつきデブ 後編

う~ん、こんな年の瀬に、他の人は2016年を振り返るとかって壮大な記事を書いているのに、かみつきデブっていったいなんだろう?

まぁ、いいか。

足立フレンドリーのアフターの翌日から、ここ数ヶ月痛んでいる腰の痛みがさらにひどくなって、連休中は走るどころかほぼほぼ横になっていた。
もちろん、こんな絶賛年末大掃除中!みたいなこの時期に横になって過ごすとなれば家族に罵られたりもするさ。それもグダグダになるまで飲んだ翌日から痛みもでればそうなるさ。

で、月曜日にはこの腰の痛みが出てから最大の痛みが襲ってきて、普通だったら悩む間もなく会社休んでやる!と思えるような痛みだったのだが、皆さん、ご存知かと思うけど、僕の今の会社での立場ではそんなこと言えるはずもなく、またこの日はただでさえいつ帰れるんだろう?と思うような仕事が待ちかまえていたので、それはもう僕には珍しく這うようにして仕事へ行った。

明らかに僕の動きがおかしかったらしく、会社ではいろんな人にどうしたの腰?と訊かれたけど、もちろん誰にも今日は早めに帰ったほうがいいよと言われるわけでもなく、久しぶりに脂汗タラタラでなんとか仕事を終えた。
家に帰って、仕事納めまであと2日、オレの身体はもつんだろうか?と思っていたけど、腰をなでなでしていると、右の腰のあたりに軟骨のような骨のでっぱりを見つけて、その軟骨を押し潰すようにグリグリしていると、なんか楽になるように感じて、それからはずっと軟骨グリグリしながら、この2日間を乗り切った。

その軟骨グリグリの治療法が正しいのかどうかはわからない。

で、整体の先生に診てもらったんだけど、そんなに腰は悪くないよ、とのことで、じゃぁ、この痛みはなんなんだ?ってことになる。

そしたら、先生は、今の体重になったのってどのくらいの期間でなった?と訊くから、昨年の11月くらいから今年の1月くらいの間で7~8kg増えて、そのまま現状維持って感じかな?と答えると、それが原因だな、と仰る。

いきなりデブはダメだよ、いきなりはさ。たぶん急激に太ったから神経が圧迫されるかなんかで痛みが出るんじゃないかな。
やっぱ、いきなりデブだといろんなところに急激に負荷がかかるからさ、じんわりデブだといいんだけどね、じんわりだから筋肉もそれに応じて耐えられるようになるしね。なるんならじんわりデブだよ、いきなりデブはダメ。
それにいきなりデブになったってことはろくに動きもしなかったんだろうし、動けるデブならまだいいんだけどさ、それで動かないとなると最悪だね。だからいきなりデブじゃなくて、じんわりデブで、さらに動けるデブが理想だね、ってことだった。

そんな話を聞きながら、おまえ、何回デブって言うんだ?って思った。さらに動けるデブって理想なのか?とも思った。

まぁ、とにかく今さらじんわりデブにはなれないのだから、せめて動けるデブを目指すか、と思った。

そんなことを考えていた時に、20代前半の頃にバンドをやっていて、そのバンド名をかみつきデブにしよう!って思ったことを思い出した。
英語ができるやつに、オレ、バンド名をFat Bites(ファット・バイツ)ってしたいんだけど、そうしたらかみつきデブって意味になるか?って訊いたら、バンド名なんてある程度適当でいいんだよ、って言われたので、じゃあ、ファット・バイツでかみつきデブだ!って思って一緒にバンドやっている奴らに話したら、みんな無言だった。

いいと思ったのになぁ、Fat Bites
ほのぼのレイクの人みたいなおっさんが睨みながら歯をむき出しにしてて、その歯がギザギザになっているっていうイラストをバンドのロゴにしてとか考えてたのになぁ。

ほのぼのレイクの人。
20161230MG_2474.jpg

とまあ、そんなことを思い出したって話。
ホントしつこいけどいいと思うんだけどなぁ。
これからバンドとか始める人とかいたら勝手に使っていいくらい気に入ってるんだけどなぁ。

まぁ、とにかく、それでは皆さん、よいお年を(笑)

僕は、動けるデブを目指します。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

プロフィール

Author:アレキ
走りだして5年目に突入!!!
このまま走り続けたい

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad