--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03

21

コメント:

パンの耳 後編

みんなで生産性のある仕事をして、それを分配する?
それって、よくわからないけど、みんなで同じように仕事して、それで作ったものかなんかをみんなで分けるみたいなことなのかな?

そうゆうことだね。簡単に言うと。

それってさ、たとえば病気の人とか、あるいは障害のある人とか、もっといえばただのなまけものというか自堕落な人とかもみんな同じ仕事をするのかな?

もちろん病気で働けない人はしょうがないし、みんなと同じ仕事ができないような障害のある人にはできることをやってもらう。そこはみんなで助け合うんだよ。だからこそみんなで生産性のある仕事をするわけだし。
でも、自堕落とか怠け者とかそういうのは理由にならないよ。

でもさ、人それぞれ仕事の早さとか能力とか違うじゃん?そういうのはどうなるの?

それはその人のできる力を最大限出してもらえればそれでいいじゃん。みんな一生懸命仕事してるわけだし。みんなでカバーしながらさ。

たとえばさ、たとえばだよ?絵描きになりたいって人がいて、その人は一日中絵を描いていたいから、だからそういう生産性のある仕事はできないっていう人がいたらさ、その人はどうしたらいいのかな?

生産性のある仕事をして、それ以外の時間で絵を描けばいいんだよ。

いや、でもさ、絵描きになりたいわけだからとにかく絵を描きまくっていたいんじゃん?
ほら、昔だとよくパトロンとかさ、そういうのいるじゃん?スポンサーみたいなの。そういうの見つけてずっと絵を描いたりピアノ弾いたりして絵描きとか音楽家とかになったりするわけだろ?
そういう人はどうしたらいいんだよ?

そういう人はオレたちの目指す世界には存在しないんだ。とにかくみんなで生産性のある仕事をする。それが基本なんだ。それで仕事以外の時間で絵を描くなり、ピアノを弾くなりすればいい。それは自由なんだからさ。

あのさ、クラプトンっているじゃん?
あいつはヤク中で廃人寸前のところを友だちのジョージ・ハリスンが助けてくれてさ。それなのにそんな恩人のジョージ・ハリスンの奥さんを寝取っちゃってさ、そんで結婚しちゃったんだよ。ジョージ・ハリスンはそれでもそんな二人を祝福したりなんかしちゃってさ。
したっけ、クラプトンはその後もいろんなところで浮気とかしちゃって、他の相手と子ども作ったりもしちゃうんだよ。
そんで結局離婚するわけだけど、そのあとにクラプトンの子どもが亡くなったときにはアル中になっちゃってさ、そんでそんなアル中になったクラプトンを助けてあげたのはまたもやジョージ・ハリスンなわけ。
つまりさ、たぶん、お前の目指す世界ではクラプトンみたいな奴は絶対に生きていけないだろうし、そうするとお前の目指す世界では、お前の好きな『ワンダフル・トゥナイト』も聴くことができないってことなんだよ。

そうだとしても、それでも例外なく、みんなで助け合いながら生産性のある仕事をして、それを分配するんだ。それが理想の世界なんだよ。

あのさ、もしも、それでもそんな生産性のある仕事なんかしたくない!オレは一日中絵を描くんだ!っていう人がいたら、その世界では、そういう人はどうなるんだ?

みんなで生産性のある仕事をしていくことの大切さを理解できるまで説明するよ。

それでも、それでもさ、そんなのやりたくないって言い張ったらどうなるの?もうずっと絵を描くんだ!ってさ。

そうしたら仕方ないよな。そういう人はその世界での刑務所的なところへ行ってもらうんじゃないかな。

刑務所的なところ?

そう。

その、なんつーか、そのお前の言う刑務所的なところでは、あれかな?食べ物とかはもらえたりするのかな?

あぁ。まぁ、パンの耳くらいはな。

ふ~ん。そっか。パンの耳はもらえるわけだな、パンの耳は。

あぁ。

じゃぁ、あれだ。オレ、もし、お前らが目指す世界になったら、そんときはオレ、パンの耳をもらう人になるよ。オレはそれがいいや。

日が斜めに差し込む部屋で、ふとそんなことを思い出した。そして一人で力なく笑った。

あれから何十年も経つのに、お前の目指す世界はやってこないじゃないか。
いつになったらパンの耳をもらえる日がくるのだろう。

つーか、パンの耳を選ぼうとしていた自分はどこにいったのだろう。

にほんブログ村

こんな話マラカテじゃ書けない。
スポンサーサイト

03

19

コメント:

パンの耳 前編

前記事ではたくさんのコメントありがとうございます。
40過ぎて走り出してブログ初めて、そんで得たものってこういうことなんだなぁ、ってしみじみと思います。

なのでブログ消さないんだけどね。カテ変えて未練がましく残っているんだけどね。
ま、でも、それでいいじゃん。

++++++++++++++++++++++++

平日の朝、6時40分。いつも同じ時間。
6枚切りのトーストを一枚、インスタントコーヒーを飲みながら食べる。
トーストにはマーガリンを塗る。トランス脂肪酸とかどうでもいい。

バターよりマーガリンが好きだし、コーヒーよりインスタントコーヒーのほうが好きだ。
安っぽい人間なのだろう。

そのあとはお昼まで水を飲むだけだ。500mlの水を仕事場で一日かけて飲む。
ここ何週間か、日中は毎日慌ただしく時間が過ぎていくため、昼ご飯の時間が3時過ぎになることがよくあった。

3時過ぎるともうお昼とか食べなくていいんじゃね?と思わなくもないが、そこまで魂売ってたまるか!とも思うのでお昼を食べるようにしている。
3時過ぎにお昼を食べると、残業してもお腹が空かないので効率よく仕事をできるような気もする。

でも、なんとなく3時過ぎってお昼を食べるのに適した時間には思えない。窓から差し込む日差しは斜めになっていて、夕方に近づいているのがわかる。

そんな黄昏た感じで一人お昼ご飯を食べていると、自然と昔のことを思い出したりもする。

あれは25歳とかそのくらいのことだったと思う。友だちと2人で車の中にいた。

彼とは高校生のときに同じサッカー部だった。
同じサッカー部と書いたけど、彼はレギュラーで副キャプテンだったし、僕はお気楽万年補欠だったので、正確には同じではないのかもしれない。

彼のポジションは中盤だったけど、彼は試合中にうまく休むということができないため、守りも攻めも全力疾走で参加して、そんで後半は脚が攣って動けなくなるというよくわからないタイプの選手だった。
彼は人気者だった。そんな不器用な感じとか、真っ直ぐな感じとかがみんなに好感をもたれていたんだと思う。

たしか一度、僕が彼の家に遊びにいったときに話をされたんだと思うけど、彼はある特定の政党を応援していた。
で、まぁ、当たり前のことだけど高校生の僕にとって、そんなことはあまり興味のあることではなかった。

子どもの頃から、ある特定の政党とか特定の宗教とかあるいはその両方とかを支持している人は周りにけっこういたし、そんなこといちいち気にしてなかったし、高校生だった僕たちには好きな子のことだとか、W杯(そう、マラドーナのメキシコW杯)のことだとか、学校での出来事だとか、他に話すことはいくらでもあったからだ。

そんな彼と25歳くらいの頃に車の中に2人でいた。

たぶん、僕が彼を家に送ったのか、あるいはその逆だったのか覚えていないけど、とにかく停まった車の中で話をしていた。
車の中で話していたことは、今まで一度も話したことがない、その彼が応援している特定の政党についてのことだった。

「で、結局さ、お前らが目指している世界ってのはどういう世界なの?」

「簡単に言うと、みんなで生産性のある仕事をして、それを分配していくってことだよ」

「生産性のある仕事をしてそれを分配する?」

つづく。

にほんブログ村

03

13

コメント:

古河はなももマラソンの応援

昨日は古河はなももマラソンの応援に行ってきた。

つーか、ホントはエントリーしてたのに出なかった。
もう2ヶ月近く走ってないし、そもそも走っている場合でもないような、いや、走る気力もないような、とにかくDNSだった。

で、一応、riverさんとかぽんこさんとかを古河に誘ったの僕のような気がしたので、それはやっぱり人としてあれなので、せめて応援だけでもと思って出かけた。
車で行ったんだけど、車だと1時間弱で行けるのね。近いや、古河。

駅前に車を停めると応援ポイントまで4km以上もあって、そこをちんたら歩いて行った。絶対に走らない。走るもんか。
それでも最近歩くだけでも足の甲が痛くなるので嫌になった。

39km地点でプロシードさんとR2さんと一緒に応援した。

マジで速え~んだな、この人、と思いながらフジヤマさんに声をかけた。

あれ?早くね?もしかしてPB?って思うくらいの速さで走るたのくるさんに声をかけた。

たけしさんに力強く声援を送りたいと思ってピンクのシャツを探していたけど、声をかけることはできなかった。

この時間だとまだ来ねーな、と思っている僕の予想以上の速さで通過したキクチさんを見逃した。

この時間だとまだ来ねーな、と思っている僕の予想以上の速さで通過しそうなキミ兄さんをプロッシーさんが見つけてくれたので声をかけることができた。

はっちさんは通り過ぎたあとに気がついたので声をかけることができなかった。

プロッシーさんがワタナベさんがそろそろ来ると言うので思わず渡辺さんって誰?って訊いてしまった。
だから大きな声で「きうじ~!」って声をかけた。

いつものように怪我とか病気とかなんて、マラソンのタイムには何の影響も及ぼさないで軽やかに走り抜けていくmizoreさんにも声をかけた。

撃沈上等のTシャツを着た知らない人たちがたくさん走っていた。

くろいわさんは撃沈上等のTシャツを着てるから、とR2さんに教えてもらって、げきちん、げきちん、と言いながらくろいわさんを探した。
見つけたときは、くろいわ~!と大きな声で声援しようと思ったけど、その直前で、あれ?面が割れたらブログやめるとか言ってなかったっけ?と思ってなんとか言葉を呑み込んだ。

おかげで何も声をかけられずただやんわりとハイタッチをしたのだが、僕は名乗りもしなかったし、きっとこのおっさん誰?と思われたと思う。

スペシャルドリンクのボトルを2本両手に持ちながら走っているトヨチンさんを見つけたけど、39km地点でもそのボトルの中身は満タンで、あれいったいいつ飲むのだろう?と思った。
必死で走りながらも僕らの声援に応えてくれて、そんで両手が塞がっているのになんとか僕らにハイタッチをしてくれた。

みゃあこさんへ。
僕はニューハーフみたいだ、なんて言ってない(笑)
でもあの金髪のカツラの破壊力が抜群で、大爆笑するしかなかったのだ。
みゃあこさん全然おばちゃんでもないし、かわいいから、あのカツラがなければ充分チアリーダーとして通用すると思いますです。はい。

鈍足親父さんは脚が辛そうだったけど、それでも楽しそうだった。たまにレースで会うけど、いつも楽しそうに走っているように見える。

ザキさん走ってんじゃん、と思った。ザキさんはアレキさん走ってないじゃん、って感じの顔をしながら走って行った。

マサさんはいつものようにマサさんだった。いつも淡々と走っているような気がするんだけど、そうじゃないのかな。撃沈とかしなさそう。

この日、僕が唯一見たTEAM75Tシャツですーぴーさんはやってきた。古河はなももなんだよね、75Tデビューってさ。
それを見届けてくれたのもすーぴーさんだし、そんなすーぴーさんはサブ4確実って感じで走って行った。

で、やっぱりエイドを堪能したらしいriverさんとぽんこさんがやって来て、少しだけ並走して、それで走って行く彼女たちに大きく手を振った。

時間の都合で彼女たちを見送って帰ることにした。また4kmちょっとを駅まで歩いた。

久しぶりのマラソンの応援は楽しかったし、がんばって走っているみんなを見ているとなんだかいい気持だった。

それでも、僕もまたマラソンを走りたいとは全く思わなかった。

いつかまたそんな日がくるかもしれないけど、とりあえず今はまったくそんなこと思えなかった。

だからマラカテをやめることにした。

まぁ、マラカテやめるだけで人間やめるわけでもないし、ブログはそのままにしておくし、だからまぁ、とりあえずそんな感じでいいんじゃないかな。
今までいろんな人たちに出会って、それはそれで僕にとって大切なことだから、だからマラソンやめてもマラカテやめても、どっかでもし会うようなことでもあったとしたら、そんときはまたよろしく。

奥三河はレースではなくてただの旅行になりそうだな。

にほんブログ村

02

04

コメント:

俺のHDD事情

以前、龍馬伝ってタイトルの記事を書いたときにテレビのHDD事情について書いたことがある。

テレビを録画しているHDDの容量が常にギリギリなのだが、そこに録画されているものはすべて僕が録画したものだし、家族が録画したものについては容量足りないから早く観てよ、とせかすので家族はいつも怒っている。

最近、毎週『北の国から』が再放送されていて、ほら、あれって長いから容量沢山取るし、それを確保するために、他の番組を観ては消すという作業を気合を入れてやらなくてはならないので、リアルタイムでテレビを観る時間などなく、常に過去に生きる男となっている。さらに言えばとても走るどころではない。

そんでいつもは録画したタイトルを眺めながら適当に観たいものを観ているんだけど、あまり気乗りしないものは当然、そのままになっていて、一番古くに録画されているものは何なんだろう?と思って確認してみると、それは『素晴らしき哉、人生!』という映画で2012年に録画されたものだった。

5年前のかよ!と思ってさすがに古いものを見てやろうと思ってこれを観た。なんか5年越しの想いというか、すっきりした。

次に古いものは2013年に録画した別府大分マラソンだ。これは川内くんと中本くんの競り合いがあまりに素晴らしくて感動したので、永久保存版になっている。なのでこれは消せない。
ちなみに録画してある番組は100本近くあるのだが永久保存認定されているものは今のところ4本しかない。

あっ、別大に出られる方、がんばってくださいね(←今日のマラカテ用記事)

次に古いものはリーガルハイというドラマの第9話でこれも今のところ永久保存版だ。
堺雅人って俳優を観たのは深夜ドラマで本上まなみと共演していたのが初めてで、ずっとニヤついたまま演技しているように見える堺雅人のことがすごく気になって、それ以来、気が向くと彼の出るドラマや映画を観ていたんだけど、このリーガルハイの第9話の堺雅人がすごすぎて消せないでいる。

それにしてもあまりにどうでもいい話だな。テレビの録画の話なんて。

ま、いいか。

次に古いものも2013年に録画したものでヒッチコックの『めまい』だった。
これも観てようやく消せた。それにしてジェームス・スチュワートなんてとくに好きでもなんでもないのに2作連続で彼が主演の映画を観ていた。まぁ、でもとにかくすっきりした。

そんで心置きなく『北の国から 87初恋』を観ようとすると、子どもからそんなものは一人のときに観ろ!とクレームが入った。

いやいやいや、おまえこれは名作だぞ?れいちゃんはかわいいし、ドキドキしていた尽くしだぞ?ほら、昔、家族で北海道に行ったときに、富良野でもらった地図にれいちゃんの自転車のチェーンがはずれた場所って載ってて、そこを見に行ったの覚えてないのか?
あぁ。そうかお前はまだ赤ん坊だったもんな。まぁ、とにかく観てみろよ、これすごいから。それにちょうど今のお前と同じ年だよ、純くんが中学3年生の頃の話だぞ!
え?これ昔、無理やりみせられた?最後に泥の1万円札が出てくる話だろ?って、そうそう、それだよ。でもさぁ、ほら久しぶりに観てみるのもさ~。

一人で観た。

89も名作だからと言ったけど、それも以前無理やりみせられたようだ。
今日にでも一人で観ようと思う。

そういえば、この間、相棒で中園参事官が家で過ごす様子が描かれていた。
わりと家族に邪険に扱われていて、娘にはウザって言われてるし、奥さんにはタロットカードのセミナーに出かけるからご飯は勝手に済ませてと言われてるのを聞いて吹き出してしまった。
タロットカードのセミナー気になる(笑)

で、そのことを家族に伝えたものの、みんな反応がいまいちで、いやいやいや、これはあれだ、相棒始まって以来の出来事でとてもすごいことなんだぞ?
かつて中園参事官のプライベートが描かれたことがあったか?と力説したけど、やはり反応は薄かった。

これって、かんくろーくんの奥様しかわからないな、と思った。

で、とにかく何が書きたかったかよくわからないけど。

別大とかいろんなレースに出られる方々、がんばってくださいね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

01

25

コメント:

僕は恐竜

先週からそこそこ走り始めて帰宅ランとかもやってみたのだが、脚やらケツやらが痛くなったのに加えて、子どもが受験生とかって格好の言い訳ができたりしてしばらく走ってなかったのだが、土曜日に怪盗さんのお宅に招かれて、楽しい時間を過ごしたあとに、オレってもうランナーですらないのにこんな場所にいていいのだろうか?とふと思ったので、またがんばって走ろうという気になった。

で、月曜日に帰宅ランをやる気満々で、仕事へ出かけた。
会社の近くには着替えるところがまったくないので会社で着替えるのだが、もちろん僕が走っているなんてことは誰にも言ってないし、言うつもりもない。
仕事もできないくせに趣味だけは満喫かよ!と思われたら困るような立場にいるのだ。

ただ、同じフロアの男性の中で僕が一番遅くに帰ることが多いので、もう誰もいない更衣室で堂々と着替えている。
女性はまだ残っている人もいるので、着替えたあとは更衣室のドアからこそこそ様子を窺い、誰もいないのを見計らってダッシュで外へ出る。

そんな思いをして走り出したのに、まさかの1km走ったところで脚が痛くて痛くて思わず歩き出した。
歩いても痛いので今日は途中離脱して電車で帰ろうかと思ったのだが、次の駅まで3km弱はある。そこまでは進まないといけない。

いま、寒波きてるよね?それでも僕はチーム75だから基本薄着だよね?ペラッペラのウィンドブレーカー1枚羽織ってるだけだよね?
それでも走ってれば平気なんだよ。だってチーム75だから。

歩いてると寒いからたまに走る。走ると温かくなるけど脚が痛くなるしケツも痛くなるからまた歩く。
足が遅いとか息が苦しいとかならいいんだけど、走ることもできない自分が悔しくて悲しくて重くて鈍い。
先週だって走ったって言ってもがんばってキロ8分とかで、ホントかよ!とか思いながら走っていた。

もう走れないのかもしれない。僕は重くて鈍くて痛いから。
もう恐竜みたいに絶滅するのかもしれない。だって重くて鈍くて寒いから。

そんな感じでとぼとぼ歩きながらコレクターズの『僕は恐竜』という歌を口ずさんでいた。



コレクターズってデビューして30周年なんだそうだ。それで30周年記念に日本武道館でライブをするんだそうだ。
コレクターズがデビューする前に、デモテープ的なものが出回っていて、そのカセットテープを誰かにもらって聴いていた。
なので1stアルバムが出たときにはそのアルバムのほとんどの曲を口ずさむことができた。
それでも僕がコレクターズを聴いていたのはデビューアルバムだけで、その後はしばらく日本の音楽を聴かなくなったし、また日本の音楽を聴くようになってもコレクターズを聴くことはなかった。

そしたらいつの間にか30周年で、デビューして初めて日本武道館でライブをやるんだそうだ。

そもそもこう言ってはなんだけど、ほとんど売れていないと思う。熱烈なファン以外で誰もが知っている曲なんてのもないと思う。
それでも活動停止とかもせずに30年ずっと活動し続けてアルバムもコンスタントに出し続けて、ライブもやり続けてって本当にすごいことだと思う。
好きなことをやってこれたのかもしれないけど、いいことばかりじゃなかったんだと思う。
それでも地道に30年も活動し続けているコレクターズはすごいし、そんな彼らの日本武道館が成功するといいなと思う。

結局、そんなことを考えながらほぼ歩きで10kmを2時間かけて家に帰った。
ランニング用の薄い手袋をしていたけど、しばらく指を動かすことができないくらい冷えていた。
まぁ、風邪をひかなくてよかった。

僕には一つのことを根気よく続ける力はないけど、少しだけそういう人たちのがんばりを見習いたいと思う。

恐竜だって脚が遅い説と速い説があるから、いつか僕だって地上をすごい速さで駆け回る日がくるかもしれないしね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

プロフィール

アレキ

Author:アレキ
走りだして6年目に突入!!
走るのお休み中

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ランキングに参加しています。よろしければお願いします。

JogNote

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

ブログ村新着記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。